HOUSE-ST1」タグアーカイブ

HOUSE-ST1からKIZUKURIへ転送、その逆

今回は、HOUSE-ST1で入力してからKIZUKURIへCEDXM転送してみました。

まあ実務なんですが(汗)。KIZUKURIよりCAD下図が使いやすいからST1使っただけなんですけど。どちらとも無事NGなしで計算できました。

CEDXM仕様でソフトが作られていないのですべてが転送できないのは当たり前。樹種等は無理ですね。でも梁サイズや柱などは忠実に移せるので楽ですね。HOUSE-ST1から梁で難しいのは跳ね出し梁。KIZUKURIでは別別のコマンドですが、HOUSE-ST1は区別ありませんから。また母屋なども仕様が違うので転送できません。その辺りの違いがあるから、意外とCEDXMは難しいです。

というわけで、Wallstat転送も各社制約が多いのも頷けます。当面は柱位置、筋かい、梁、土台などの位置が転送できるだけでありがたいと思っておいた方が良いでしょう。

専用コンバーターを詳細に作っている会社もありますが、進化中のWallstatですからいつ仕様が変わるか分からない怖さもあります。相手側が無料で配布しているものとはいえ、開発する側はリスクがありますし、使っている側も同様です。

HOUSE-ST1からWallstatへのデータ変換

やっぱり最近の木構造のソフトウェアの話題はWallstatかな~と考えると、各ソフトがWallstat変換に力を入れるのは仕方が無いことかもしれません。最近もアドバイスが欲しいとソフトメーカーから依頼があったばかりです。ただ進化中のソフトで、完全にコンバーターなるものを作ると、ファイル形式が変わったときなど対応できなくなるので、CEDXM経由というのは、良い落とし所だと思います。しかしながら各ソフトで対応状況がかなり違うので使い方がわかりにくいというデメリットもあります。

HOUSE-ST1の場合、変換する形状が適したものであれば、比較的簡単に柱、梁は変換できます。壁仕様は後で定めた方が良いですし、手摺り・垂れ壁などの加味するなら、Wallstat上で入力が必要です。HOUSE-ST1はなぜか各階の荷重を自動転送できるようにCEDXMデータにインポートしているので、とりあえずの重量が設定されていて便利な反面、構造計算の重量で良いのか?ということは若干悩みます。

そのかわりシンプルな転送になっているので、何を加えるかは自分で予めフローチャートを作っておけば迷うことは少ないかと。

上記の動画は、簡単な木造2階建てを転送して揺らしてみるまでを動画化しています。Wallstatの変換スピードって本当に遅いな~なんて感じるかもしれません(これでも結構速いパソコンです)。あまり編集しないで(特に変換は)いるので、HOUSE-ST1をこれから購入しようとする方や、連携をやってみようと思う人は参考になると思います。

HOUSE-ST1 Ver8アップデート

先日(1/28)のアップデートにより印刷関連の不具合が出たらしく、その修正アップデートだそうです。

最近、取引先の都合でHOUSE-ST1よりKIZUKURIのほうを利用することが多いです。HOUSE-ST1もだいぶ追いついていますが、早く取引先からHOUSE-ST1で計算を!と依頼される信頼性が欲しいものです。

先日、社内版のKIZUKURIの動画マニュアルを作ったのですが、HOUSE-ST1より短いですね・・・つまりHOUSE-ST1よりKIZUKURIのほうが短時間で物件をまとめられるのです。HOUSE-ST1のほうが操作性は優れていると思えるのですが不思議です。原因はユーザーがよく言っている一部の欠点を改善しないことかな?と思います。

HOUSE-ST1 Ver8アップデート

はい。このタイミングですが、非常に多くのアップデート内容があります。

私が気がついていた内容もしれっと直っていて安心です。

計算モードについての変更がありますが、いままでも機能していなかったよーな気がします。

はい。法規計算で許容応力度計算の「しない」が消えています。できればこのまま「4号建物の壁量計算モード」を作って欲しかったな。

HOUSE-ST1 Ver8.0.0.2

HOUSE-ST1のアップデートが続きます。でも年内はこれで最後でしょう。プログラマ、サポートの皆様お疲れ様でした。

細かいバグフィックスがたくさんです。まあ大きな問題はないようですが、もうしばらく実用では様子を見たいところです。わたしのほうでもマニュアル作り中に大きな問題は見つかっていません。めり込みの部分の修正は評価が分かれそうです。ここまでするなら寸法の下に材種が入った方、よりスッキリしたのでは??なんて思います。個人的には、ここにホゾなどあったほうがチェックは楽でした。まあ慣れの問題だと思うのですが。

HOUSE-ST1 Ver7&8のアップデート

珍しく木造構造計算ソフトHOUSE-ST1の新旧バージョンのアップデートが公開されています。

Ver8のアップデート内容は、なかなかディープなので、即アップデートしましょう。

イロイロ不具合が見つかっていますが、事前にチェック出来そうなものが多く、なぜこんな仕様にして、こうなった、的なものが多く、ちょっと残念。ここまでで納品したものは、Ver7とVer6の2物件のみ。まだ8での納品はしていません。仕様変更が意外と大変だったので(軸名・・・)、新規設計分からとなります。

来週は、いよいよKIZUKURI Ver8が使えるようになりそうです。斜め壁関連の処理や下図など、どのようにしているのか?非常に興味深いです。今回も実務者よりの機能なのでしょうか?それともプログラマよりの機能なのでしょうか??何の為のプログラムかによって、KIZUKURIが今後生き残っていけるかが決まるような気がします。

HOUSE-ST1のJWW変換が気に入らない方へ

まあ気に入らないのですが(爆)。DRA-CADのメーカーだから他のCADはどうでもいいのは確かで、DWGやJWWに変換できるだけでも有り難いです(本音)。

さて、HOUSE-ST1JWWへの図面変換が、Ver8からSXFになり使いにくいです。まあ嘆いていても仕方ないので、簡単な対策。一番楽なのは、DRA-CADファイルやDWGファイルに変換し、そのファイルをJWWに変換できるCADでJWWに変換する方法。基本的にどのソフトもJWWへの変換はSXFじゃないので確実です。DRA-CADの場合は、JWW変換時にVer3.51以前にして変換すれば基本的にOKです。

最近のJWWのアップデート時のドタバタは無料で使わせて頂いている身なので、仕方ないと割り切っているのですが、やはり毎年バージョンアップし、サポートもあるDRA-CADなど有料ソフトのありがたみは感じます。DRA-CAD19はもうすぐ発売です。DRA-CADの購入、バージョンアップは、なまあずショップ楽天市場店にて!!

HOUSE-ST1 Ver8を既存ユーザーが使うときに注意する点

HOUSE-ST1 Ver8は、機能的に前バージョンからそれほどアップしていないのですが、使い勝手が向上している良いバージョン・・・と思っていたのですが、実はいろいろ変わっています。某プログラマさん達も指摘していますが(汗)、意外と基本的な部分を作り直しているのでは?と思われます。

既存ユーザーでバージョンアップする方は以下の点を要注意です。

まず、64ビット専用になったこと。32ビットWindows10では動かないので注意が必要です。これは他のソフトもそうなっているので問題ないでしょう。動作の安定感も上がるでしょうし。

次に、CAD変換。構造システム系のCAD変換は優秀で、DXFだけでなくDWGやJWWも変換できます。もちろんDRA-CADも。さすがにCADメーカーを持っているだけのことはあります。しかし・・・今回他に先がけ、JWWの変換部分が変わったようです。具体的には従来方式からSXF方式へ変わったのです。JWWの古くから使っているユーザーはこれを使ったことがない人が多いので、戸惑ったようです。線の色で太さがわからないですから(他のCADの方には理解できないかもしれませんがJwwユーザーは色で太さを判断している人が多いのです)。なんで今さら変えたかな~?私は無理矢理通常の線種に変換しています。設定でどちらか選べるようになると良いのですが。

そして、@#¥/,”‘*(全て半角)の文字が入力できないという点。よくX1’のように合間の通り芯にダッシュを入れる構造屋さんは多いと思うのですが、急に禁止になりました。通り芯で過去に使っているファイルを開くと普通に計算できるのですが、編集で変えようとするとNGになります。なんだかな~という仕様です。なのでこれからは上記文字を使わないようにしなければなりません。また構造上の特徴など文章部分にも上記文字列を使えないので要注意です。サンプルでは使っているのにな~。

ということで、こちらも大被害。たくさんのサンプルの書き換えが必要です(涙)。せっかく使い勝手が良くなってもこのような制限でストレス溜まるようではねぇ。

ということで、64ビット専用版になったと同時に、ファイル構造も変わっていると思われます。今回初めてHOUSE-ST1を使う方には問題になることではありませんが、既存ユーザーは気をつけてくださいね。

「Catfishなおうち」第9回配信(2020年10月20日配信)

「Catfishなおうち」はポッドキャストのシステムを使ったネットラジオです。主に構造系のことをつぶやいていきます。ブログ、なまあず日記styleのネットラジオ版です。

「Catfishなおうち」第9回をお送り致します。第8回はこちら

今日は、ちょっと愚痴が多いです。そして木造構造計算ソフトHOUSE-ST1 Ver8の紹介です。

 

週刊建築ニュース:マンションの販売下落

特集:HOUSE-ST1 Ver8の4つの目玉

ネットラジオ「Catfishなおうち」
・収録・提供 なまあず日記style(スタジオKatamachi:東京都府中市)
・メインパーソナリティー DJしろなまず 週刊建築ニュース ちなみ(AITalkより)
・バックミュージック 「Gunshot Straight」 MusMus
・CM なまあずソリューション

KIZUKURI Ver8発表

2020年11月20日にかねてより噂のあった木造構造計算ソフトKIZUKURI Ver8が発売となります。噂以上のことはないとは思いますが、久々の新バージョンとなります。

目玉の新機能は

・斜め壁に対応
・JWW下絵機能追加
・住宅営業支援システム「ALTA」との連動

です。すでに商品画像が斜め壁になって「予告」されていたため、知っていた方も多いと思います(たぶんミスなんでしょうけど)。金物選定はN値計算で対応・・・と書かれているので全面的に対応というわけではなさそうです(わかりません)。kizukuri最大のネックと言われていただけに、歓迎されるでしょう。

下絵機能はkizukuriが黒背景なので、白線をメインに表現されているようです。非常に効率が良くなる機能なのでこちらも利用者には歓迎されるでしょう。

梁の算定結果を梁の部材情報に取り込めるようになりました。kizukuriはオートで算定して、そこから数字を打ち直している人も多かったと思いますが、その結果を取り込めるようになりました。まあ修正するんでしょうけど(爆)。HOUSE-ST1のように必ず数値を入れなければならない構造計算ソフトに比べて操作しやすかった反面、仮定断面を出す訓練にはなりにくかったな~と思っていました。まあどちらにせよ作業しやすくなりました。

転倒モーメントによる短期接地圧の検討に対応しました。他のソフトでは既に対応済みが多いのですが、ようやく追いつきました。まあ手計算でできるんですけどねえ・・・。

他にも細かな改良があるようです。

当初は時代の先端を走っていたKIZUKURIもグレー本が出た頃から戦力不足が露呈していました。それでも計算しやすさとベテランの構造設計者に支えられてシェアを維持していました。しかしさすがに若手設計者には厳しくなってきました。そこで今回のバージョンアップです。斜め壁と下図はHOUSE-ST1の躍進の一つだった機能です。ついに老舗構造計算ソフトも、HOUSE-ST1を追うようになったと思うと感慨深いです。

CSTは建築CADのALTAに力を入れており、KIZUKURI買収もその一つだと思われていました。ようやくALTAとの連携機能が搭載されました。別ソフト同士の連携なのでどこまでうまくいくかは?わかりませんが、アーキトレンドのように同一会社内でも、それほど連携がうまく行っていないところを見ると、チャンスはあります。聞いたところによると、非常にスマートな方法のようです。ALTA、KIZUKURIとも生き残りをかけて、搭載してきていると思います。他社も油断はできません。

バージョンアップの間隔が短い割に新機能の搭載が微妙なのが残念です。真新しい部分が、ALTAを持っていないと実感できないのが何よりも残念です。斜め壁も下図も他社では既に普通ですからね。それと既存ユーザーのバージョンアップ間隔が短いのと金額が上がってしまったのが本当に残念ですが、今までが非常に良心的だったから仕方がありません。今回も最新バージョンの6.7~7.1の方のバージョンアップ金額は75000円ですが、6.6以前は180000円となっています。金額が11月19日前後で変わるようですが、今のところホームページでは金額に差異がありません。今後の機能搭載が有料なのかはわかりませんが、お財布に優しいソフトでなくなったことは間違いありません。競合他社は、今度こそチャンスだと思います。なので、KIZUKURIも次回のVer9は本当に頑張らないと地位が危ないと思います。