投稿者「しろなまず」のアーカイブ

来年を見据えて一貫構造計算ソフトの導入を考える

次々に構造担当が独立・移籍をしていったため、一貫構造計算ソフトが不要になり数年。しかし混構造などでも一貫があったほうが楽ですし、そろそろ欲しくなってきました。そこでこの夏に数年先を見据えて検討に入ることにしました。

第1候補はSS7。みんな大好きユニオンシステムです。現時点で比較的手軽で確認機関にもそこそこ受けが良くて、ユーザー数も多く、将来性も見込めるガチガチの本命です。古参のSS3ユーザーに受けが悪いのが気になりますが、それでもだいぶユーザーが増えた感があります。なにより比較的新しいプログラムの中では使われている率が高いのもポイントです。また木造オプションも発表され、木造対応も気になります。このタイミングで買うのは比較的新しいタイプを購入したいのは当たり前のことであり、設計が比較的新しいSS7は候補です。この夏に試用する予定です。

第2候補はSEIN La CREA。こちらは使っていたので、復帰となります。遅すぎる計算時間と、意味不明のウインド制御に悩まされましたが、鉄骨造では一番良さそう。Premium版になって劇速になったそうです。RC造がな~というのが現在の悩み。こちらも木造オプションがあるのがポイント。小型案件では比較的フットワークが良いので候補になります。

第3候補はASCAL。こちらは何回か試用しましたが、難解な操作で挫折しました。しかし価格も比較的やすく、木造のASTIMも出ていますので、候補です。近年操作性が改善されたのも追い風。設計や考え方が比較的新しいのもポイントです。

もっとも私が腕を上げて、もう少し無料版BEを使いこなせていれば、購入は不要かな?と考えていましたが、さすがにアラフィフで、これ以上の伸びしろは期待できないので、そろそろサポートも充実している市販ソフトに行きたいところです。

それにしても近年の木造対応の波は、過去では考えられませんね。ウッドショックで木造が止まっていますが、これが回復したら・・・木造ラッシュかもしれませんね。グレー本の欠点がはっきりしてきた今、2項ルートで木造構造計算できないと逆に厳しいかもしれません。

骨伝導ヘッドセット導入

 

私は、体質上汗かきで、特に耳に汗をかきます。これはヘッドホン・イヤホンを非常に使いにくい体質だといえます。耳に入れるタイプは夏はかなり厳しいです。耳を覆うタイプは、すぐに外してしまいます。冬は大丈夫ですが、夏は厳しいです。

別にヘッドホンなど使わなければいいのですが、新型コロナによりWEB会議などが増えて、使わないわけにはいかなくなりました。嫌だな~と思っていたところ、骨伝導タイプのヘッドセットならなんとかなるのでは??と思い導入しました。aftershokzのOPENMOVEです。

bluetoothタイプでのヘッドセットで、マイクもついているので電子会議に向きます。もちろんハンズフリーでの電話もOKです。軽量(29g)で防水なので、本来はスポーツで使うタイプだと思うのですが、先述の通り汗をかきやすい私には必要な性能です。ちょっと締め付けが強いですが、落ちにくいのとトレードオフなので使う人を選ぶかもしれません。またメガネの種類によっては干渉します。私は大丈夫ですが(試してから店頭で買いました)。メガネを使って頭の締め付けを減らすというテクニックも使えます。

個人的に気に入っているのがUSB-Cで充電できることと、マルチポイントベアリングに対応し、2台のデバイスにマルチベアリング接続出来ること。PCで会議をしているときに、スマートフォンに電話の着信があれば、スマートフォンに・・・が出来るかもしれません(まだそのような状況がありませんが)。

軽量なのと引き換えに、2時間充電で6時間です。今講習会に参加しているのですが、この講習は3時間半。一日のWEB講義とかだとカバーできません。もう少し充電が早ければ良いのですが。またBluetoothの通信距離が10mとありますが、事務所内では干渉があるのか?5mも厳しいです。

まあ、今のところ気に入っています。周囲に大きな音がある場合は、付属の耳栓を使えばいいのですが、それが個人的に嫌なので・・・運用する場所を選びそうです。ただ外部とコミュニケーションを取りながら電子会議や講習もできるくらい、耳が空いていますので、これは非常に新鮮です。仕事中に会議、講習も可能なのでは??などと不謹慎なことを考えてしまうレベルです。

音も思った以上にクリアで聞こえやすいです。音楽を聴いてもまあまあ聴ける音質です(音質を追求している人にはそもそも向きません)。意外と良い買い物だったかもしれません。

 

水谷・伊藤ペア 卓球混合ダブルス金メダル

はい。新種目です。なので誰が勝っても初代金メダリストになるということでしょうか?ここのところオリンピックでは完全に無双している中国からみても同じこと。最強のペア(劉 詩雯選手大好きです)が決勝に残り、もう片方は・・・日本の伊藤美誠、水谷隼のペアでした。卓球は好きでよくやりますが、同じスポーツとは思えない(私のはピンポン)です。最初は一方的に中国のペースでしたが、3セット目以降日本が盛り返し、ゲーム数で逆転してしまうのは、やはり実力が拮抗しているからなのでしょう。3対3で最終ゲームに決着が委ねられます。

前半、うまくいかなかった伊藤選手がこの頃には波にのり、躍動していましたね。水谷選手の伊藤選手を活かすプレーも素敵でした。最後まで目が離せない熱戦でしたが、最終的には開催国日本に勝利の女神は微笑みました。

どの国、どの選手も新型コロナ渦で調整は難しかったと思います。そこに不満も言わずにできることをやり、自分なりのベストを尽くして闘う姿勢は本当に素敵です。中国ペアすごい素敵でした。

勝負が付いた後の、水谷・伊藤のハグが話題になっていますが、そんなことが微笑ましく思えるのが嘘に感じるくらいの緊迫した試合でした。いや~もう少しピンポンうまくなろう、そう思う日でした。

この日は、スケートボード女子ストリートも金銅を取りました。最年少でも話題になりまいたが、こちらもラスカルはどちらか??ということが話題になりましたが、朝のテレビで、どうやら「あらいぐまラスカル」に軍配が上がったようです。

全体的に開催国の利を活かして、好調にメダルを獲得しているように見える日本。そんな国別のメダル数なんて数えるのがつまらないくらい、面白い競技が目白押しです。別に全員他人(選手等に知り合い、親族が居る方は除く)なので、誰を応援しても良いと思います。別に応援する人がいなくても、この人素敵!とか、このプレー最高!この競技もっと知りたい!みたいな感じで楽しんでも良いと思います。

東京オリンピック開幕!!

待ちに待ったというか、延期があったために、本当に開幕したことに感動しました。いろいろありましたからね。個人的にはせっかく開幕したのだから徹底的に楽しもう!という主義です。スポーツ観戦は好きですし、そもそもテレビ派ですし、チケットも持っていませんでしたし。

見た競技は、女子ソフトボール、アーチェリー男女混合、男子サッカー対メキシコ戦、バスケット、ロードレース女子・男子、柔道、バレーボール男子、バトミントン・・・・結構見ましたね。もちろんほとんどは全てというわけではなく、メインで長く見たのは、サッカー、ロードレース女子、アーチェリー、昨日の柔道くらいです。四連休で仕事もいろいろありましたが、隙間の時間を活かして観戦です。普段見られないスポーツが見られるのがオリンピック最大の魅力です。どこが開催地かはあまり関係ありません。

開会式はかなり楽しみにしていました。入場行進好きですから。個人的にはシンプルと言われた今回の演出も長すぎるくらい。選手も疲れてしまうだろうからもう少し短くてもいいのでは?と思います。もっとも選手が楽しめれば、世界に開催国をアピールできるチャンスでもあるので良いと思います。素敵でした。我々が判断するよりも、日本と世界の子供たちが、これを見て、大人になったときにオリンピックの良い思い出になってくれればと思います。私にとってのロサンゼルスオリンピックがそうであったように・・・。

競技では、アーチェリー楽しかったですね。こんなに引き込まれるとは思いませんでした。男女混合団体を見ましたが、山内選手の選手歴の短さに驚かされましたし、フランスチームの失敗があっても動じず後につなげる姿勢が素敵でした。

ロードレースは、府中が出ることもあってかなり期待していました。沿道にたくさん人が出たことは仕方がないかもしれません。が、私はテレビ中継・・・と思ったらテレビ無かったんですよね・・・。悲しいです。でもネット中継を見ました。府中の知った風景、大國魂神社を自転車が事故無く通り抜ける風景に感動。これが世界に放送されていると思うと素直に嬉しかったです。それよりもロードレース楽しい。本人達は大変だと思うのですが、給水を車から手渡しで受け取って仲間に持っていくとか、前半はしゃべりながら走っていたりとか。特殊な競技ですね。素敵な撮影にも引き込まれました。準備も大変だったと思います。ありがとうございました。

自転車ロードレース ロード男子個人ロードレース決勝(見逃し)

【金子・與那嶺 出場】自転車ロードレース 女子個人ロードレース決勝(見逃し)

トレンド席巻!自転車ロードレースのすごさ!東京オリンピック(NHK)

男子サッカーは、南アフリカ戦はじれったいですが、国と国との負けられない一戦の緊張感を感じました。メキシコ戦はあっという間に2点取りましたが、それでも終盤までお互いの攻め合いが魅力的でした。メキシコは1名欠けたあとに得点をあげる意地を見せました。これで次戦、どうなるか?非常に緊張感のある予選リーグになりました。

女子バトミントンは・・・強い。なんでこんなに日本は強くなったんでしょうか?理由はわかりませんが、このまま順調に進んでほしいものです。スピードはありますが、失速するのでテレビで観戦していても見やすいのがいいですね。

柔道は初日の高藤選手の金、思った以上に大変に見えました。他の試合、他国同士の試合も紙一重。熱戦続きでした。そのなかで兄妹で同日金の偉業を成し遂げた阿部詩選手、一二三選手は圧巻でした。対策されて決して楽ではなかったと思います。冷静にチャンスを狙う。これ大切と感じました。

競泳は、応援していた大橋選手の金。素敵でした。これだけの選手なのにオリンピック初出場。オリンピックは出るだけでも大変なのです。運も味方につけて圧巻でした。女子400メートルリレーは注目の池江選手が登場。全体の9位でしたが、日本記録に迫る記録をたたき出しました。池江選手がオリンピックに間に合ったことも感動です。その他の3名の選手も注目度が高くなって大変だったと思いますが足りなかった部分も感じて更に前に進めると思います。

ソフトボールは・・・とっくに過去の方(失礼)と思っていた上野選手の期待以上の奮闘で銀メダル以上が確定。チームも一丸となっていて素敵です。このまま決勝もがんばって欲しいです。

新型コロナ渦で、非常にモチベーション維持が難しい大会ですが、選手達は総じて良いパフォーマンスを見せてくれています。不運にも感染した方も多くいるようですが、そのぶん出ている方々が出られる幸運を感じながら真剣に勝負している姿は引きつけられます。

個人的には、入場行進の曲がゲームミュージックだったこと、カザフスタンのレジェンド オルガ・リパコワ選手の美しさ、競泳の速度付表示、など競技以外にもいろいろ目に付きました。こんな素晴らしい行事に、不満を並べてつまらなくするなんてもったいないですよね!まずは、見て、楽しんで、応援!それで十分だと思います。今週も忙しいのでなかなかじっくり見られないかもしれませんが、頑張って少しでも日本で行われるオリンピックを楽しもうと思います。

天井高が高い場合はサーキュレーターか?

わが家は平屋で天井高が最大4.5mあるので、断熱性能が高いのに上の方に熱が集まりやすいです。勾配天井ということもあるので、エアコンかけても上部は暑めです。もっとも天井付近で作業しないので問題はなく、エアコン1台で32畳はよく冷えます。

しかしながら、勾配天井と同一レベルに小屋裏があり、そこで寝起きする私にとってはエアコンがまったく効きません。まあそれでも寝られるレベルではあるのですが(さすが硬質ウレタンフォーム140㎜)、これでも完全ではありません。何しろ熱が抜けないので。

小屋裏にエアコンを付ければ万事OKなのですが、通常の部屋が十分涼しいので寝るためだけにはもったいない気がします。そこで、サーキュレーターを使って見ました。以前の事務所で空調が悪かったので補助で使っていた物なのですが、今の事務所では使っていないので空いているものがありました。これをエアコンの風があたるあたりから上に向けて小屋裏まで空気を循環させてみました。効果は抜群でした。エアコンをかけると冷えすぎる問題も多分改善されます。しかし音が爆音。さいきんはDCモータータイプで静音でパワフルなものもあるので、それを購入しようと思います。

たぶん硬質ウレタンフォーム140mmだとウレタン下部まで熱が伝わってくるので、その表面に風を当てるだけで、放熱され輻射熱が減ると想定できます。小屋裏まで風が届くサーキュレーターであれば、さらに効果が出そうです。

 

32m届くみたいなので、これがいいかな・・・

構造計算書のCADデータ化

HOUSE-ST1では、計算書出力データをCADデータに出来て便利です。他のソフトでも出来ないかな~と思ったら、条件付でできることが分かったので書きます。

KIZUKURIの場合、計算書出力はテキストと線データは残っています。なので、KIZUKURIからPDFソフトで出力(私はAntena HOUSEのPDF出力ソフトで試しています)したものを、DRA-CADで読み込めば計算書をCADデータ化できます。DRA-CADなので、文字まで編集できます。斜め壁のモデル化の修正などで使えば便利ですね。

ちなみに多くのソフトでこの仕様はありますが、縮尺は反映できないので、狭義の意味でのCAD化ではない。あくまで活用は限定される。構造モデラー+NBUS7でもできた。文字変更も線編集もできる。うまく使えば略伏図を書くときにも使えそうだが縮尺が面倒なので、構造モデラー+NBUS7にはCAD変換機能を標準でつけて、縮尺なども合わせて欲しい所です。

 

KIZUKURIの通り芯をDRA-CAD人気の機能「文字アップダウン」で簡単に変更できる。

KIZUKURIの斜め方向のモデル化を略伏図ベースで変更できる。意外と便利かも??

そもそもHOUSE-ST1では当然のようにCAD変換できる。構造モデラー+NBUS7も縮尺が狂わないCAD変換機能を早めに搭載してほしい。

i-ARM Ver3.0.0.3

建築ピボットの建築設計プラットフォーム(そんな分類なのね、今。昔はBIMとして開発されていたはずだが)のi-ARMのアップデートが公開されています。アナウンスされているとおり同社の日影・天空率・斜線と日射量計算ソフトLAB-SSが終売となり、i-ARMに一本化されることを受けて、LAB-SSのファイルをインポートできるようになりました。またSketchUP2021ファイル形式に対応しました。また細かなアップデートがありました。前回からバージョン番号が3台になりましたが、大きな変化があったのでしょうか?最近、計画系ソフトとしてのi-ARMの問い合わせが2件ありましたが売れたのでしょうか??気になります。

またも緊急事態宣言

すでに、緊急事態とは?と感じる方も多いですが、一応言っておくと「それでも東京は緊急事態なのです」。

ただでさえオリンピックがあるという「緊急事態」なわけで、それに新型コロナの患者が増えているのだから緊急事態でないわけがない。まあ主義主張は皆様あるのはわかるし、それを否定するつもりはないのですが、一刻も早くこの状態を脱出したいのは皆同じなはず。なのでいがみ合いしないで、「自分が感染者だったと仮定して、その感染を他者に広げない」を原則に活動したいです。

「家族だから」「親しい友人だから」「久しぶりだから」と会食・食事時にノー警戒になる、などは論外と思います。またたまにはいいか、気分転換には必要!!!これも分かりますが、一人一人の行動の数が集まれば確率的には低くても感染者は増えると思います。まあしっかり対策が出来ていれば、恐らく政府は飲食店にあれほどの規制はしていないと思います。恐らく酒を飲むと必要以上に無防備になるということなのでしょう。確かに、居酒屋除くと、アルコール除菌などは徹底していても、マスクしないで大きな会話をしているところを見かけます。食べているときは難しいですが、しゃべるときはマスク・・・くらいの配慮はあってもいいのですが、実際は難しいです。そして、その状態で感染して、家に帰っても無防備。家族・子供に感染・・・これが現状の感染ルートで多いものなのかもしれません。旅行、会議なども同様です。それらをSNSなどであまり公開しないほうが良いと思います。みんながやっているから・・・になりかねませんので。人に触れる機会が多ければ感染リスクは高まります。まあ政府がすべて掴んでいるとは思えませんが、我々よりは掴んでいることは確かでしょう。

私も昔は、感染ルート把握と警笛のために、コロナに負けるな!!のコーナーを執筆していましたが、むなしくなってやめました。オリンピックの是非や、新型コロナの考え方以前に、そのような情報をまとめても対策としては意味がないからです。序盤の情報は、今後のために必要だと思い、加筆修正して残していこうと思いますが、広がった今となってはあまり意味がないと。自分だけは大丈夫、と思う人が多ければ、政府は必要以上の対策を講じてくるのは当たり前のことで、それを効果がないとか批判するのはいかがなものかと。もちろん必要以上に対策している人が多くいること、万全ではないかもしれないが、言われているレベルのことはしっかりやっている人が多いからこそ、日本はこのレベルで済んでいるのも事実だと思っております。それなのに日本は駄目だ的な発言が多いのも非常に残念です。

他国のように爆発的感染が起こり、更にたくさんの方が無くなる事態だけは避けたいです。そのためにできることから始めておきたいと思います。

熱海の土石流

7月3日午前10時半頃、静岡県熱海市伊豆山築で、土石流が発生。多数の家屋が流されるなどして、死者、安否不明者が多数。多数の方が避難を余儀なくされました。その大規模さは、下記の動画2本でご覧ください。

テレ朝NEW 【独自】ドローンでとらえた 熱海・土石流の爪あと

なんだか、ネットではおかしな方向に行っています。雨により土石流が起こったことが悲しむべきことで、その復旧に現地ではたくさんの方が尽力されている最中なのに、ネット上は違う方向に議論がいっていて、見ていて辛いです。もっとも辛いのは被災者の方々で、心からお見舞い申し上げます。


朝日新聞 5日の詳報 ホテルに560人避難 安否不明者64名

活発な梅雨前線の影響で、東海・関東地方で記録的な大雨が降り、その影響で土石流が発生した。県は災害対策本部を設置し、熱海市に災害救助法の適用を決め、陸上自衛隊が隊員を派遣。人が内部に取り残されている可能性が高いので、撤去などもなかなか進まない状況のようです。

ちょっと忙しい時期だったので、情報収集が遅れて、私が詳報を確認したのは昨日になってからでした。まさかここまで大きな被害になっているとは知りませんでした。ちょっとしたニュースなどは見ていて概況だけは把握していたつもりなのですが。

今回課題になったのは、所在が不明な方の把握が遅れたこと。これにより復旧作業や救助活動が非常に困難になりました。別荘地が多く、通常よりも更に困難でした。個人情報もありますしいろいろ難しい事がありますが、今後大きな課題になりそうです。また高齢者が多く75歳が100歳を背負って避難、などということもありました。高齢化社会の怖さを更に感じる事態です。

立地的には、日本を探せば、他にもこのような場所が多くあるそうです。そのすべてが今回のようなことを発生させるわけではないですが、可能性があります。もちろん行政なども点検、補修などをしている場合もありますが、私有地の場合は管理が行き届かない部分もあります。どちらでもすべて対応を完全に行う事は不可能です。発生しそうだったら避難、というのが現実的な対応になってしまいます。発生しそうの段階で予測できれば良いのですが。

もちろん、建築・土木的にも更に信頼性の高い擁壁、土止めを設計・施工していくことが重要です。しかしながら、いざ設計をすると予算不足という壁にぶつかり、小さくしてくれとか、無くても大丈夫にしてくれとか言われるのが現状です。また擁壁などは補修はかなり難しいのが現状です。更なる技術向上を目指さなければならないと思います。