DiffPDFは無料ながら便利なPDF差分チェックソフト

構造計算書の出力チェックは、確認検査機関の担当だけでなく我々も頭が痛い。変わった部分だけ抽出・・・したいのは誰でも感じること。

DiffPDFは計算書などのチェックに使いやすいPDF差分チェックソフトです。

例えば、kizukuriの金物の引き抜きや金物名が変わったかをチェックすると、上のような表示に・・・。数字は全部変わっているが、金物はH25だけ変わっているのがわかるように薄い赤色で表示してくれるのだ!!

もちろん完璧ではないですが、かなりチェックが楽になります。変更したページだけを抽出・・・なんて機能が欲しいです。まあフリーですから。

有料でも良いので高性能なPDFのチェックソフトが欲しいです。今のところ、有料のものも一長一短です。

PDF内のテキストだけをチェックするソフトもあります。いろいろ試してみます。

455幅のK型筋かいの「つくば耐力壁」

株式会社つくば創研(株式会社タナカの関連会社)が、455幅の2段タイプのK型筋かいの評定を昨年取りました。この手の商品はBXカネシンでも柱一本タイプのベースセッターが発売されていますが、使う場所の制約が多かったです。こちらは柱に挟まれた壁なので使いやすそうです。

幅によってそれぞれの許容せん断耐力を規定しているのが特徴。910,1000,455,500の幅を規定してます。普通の3尺も規定があるのが嬉しいです。階高によって2種類の倍率が規定されている上、構造用合板と合わせて使った場合の許容せん断耐力もきていされているので便利です。

肝心の倍率は想定していたより安全を見ているのか低めに設定しています。その分施工はしやすそうです。455幅で合板込みだと4.99倍~5.89倍相当なので、使い勝手は良さそうです。かべ大将のようにパッケージ化(柱頭柱脚の金物は付属していない)しているので管理しやすそうです。

グレートコーナー25kN

BXカネシン紹介したので、今度はタナカ。

昨年11月に発売されたグレートコーナー25kNは、ビスどめタイプで25kN出る!!驚異の金物です。1階柱脚部には使うな!と明記されています。2階芯ズレで25kNのホールダウンが使いにくいことがあるので、これはこれでアリかと。

ただし、断面寸法105×150以上のオウシュウアカマツE105F300同等以上が必要です。つまり無垢材が多いリフォームではほぼ絶望的かと。新築では使い道が多そうです。

108kN!!!のホールダウン金物

BXカネシン株式会社より、108kNの引き抜きに対応できる金物が発売されました。

MPホールダウン108です。(プレスリリース

座金やアンカーボルトも専用設計でシリーズ化しているので安心して使えます。

ビスは、高耐力フレックスホールダウン60と同じで一般的なホールダウンと同じように施工できます。もっともビスの数がとてつもなく多く(35本付属)施工にも注意が必要そうです・・・。

テレワーク導入か・・・

日に日に報道が深刻化し、企業の対応も多くなっている新型コロナウイルス。電通本社ビルの全5千人がテレワーク・・・などのニュースが流れるたびに、大きな体力のある会社と零細の差を感じます。

さて、私の事務所は言うまでも無く後者。主に地元民で社員を構成しているので、電車にほとんど乗る必要はない反面、テレワーク化は遅れていました。セキュリティ、守秘義務が大切だということもあります。が、パソコンで仕事が出来るのでテレワークには向くので、これから考えて行かないとな、と思います。

私のノートパソコンだけは、外部からファイアウォール越しに安全に入れる仕組みを導入しています。なので私だけはなんとかなります。この仕組みは特殊な設定と特殊なアプリを組み合わせるだけなので、会社内でセッティングすればノートパソコンならどれでも社内アクセスができるようになります。この仕組みを使うには、専用のノートパソコンを社内に配備しなければなりません。概ねデスクトップのデュアルディスプレイ構成の我が社には頭が痛い問題です。2019年以降導入のパソコンはノートパソコンでリプレイスと決定しているので、2024年までには全パソコンがノートパソコンになり、持ち帰るときの安全性、教育などが終了すれば、在宅テレワークが可能になりますが、まだまだ先のことですし、果たしてその頃には、もう少し良い仕組みが出来ているような気がするのでわかりません。

電話も話し放題の端末を揃えているので、電話打ち合わせも問題はないです。まあテレワークが必要な状況が来てはほしくないのですが、人不足でそのようなことが必要になる・・・と考え整備を進めてきました。果たして・・・。

PDF図面・計算書の自動比較・差分比較

この仕事を長くやっていると、計算書の照合や比較、図面の新旧の比較などチェックしなければならないことが多いです。幸いDRA-CADは新旧図面の比較が非常に楽で制度が高いのでCAD図面は心配ないのですが(それでももう少し使い勝手に気を遣って開発して欲しかった・・・)、PDFの計算書はね・・・面倒です。

Acrobatの上位版にはついていますが(年会費制のアレ)、他のPDF変換・編集ソフトにはついていません。DocuWorksにも有料プラグインで良い物(KDplug_in Differ for DocuWorks)があるので、こちらをお勧めしますが、PDFは有料も含めても一長一短。とりあえず個人的に良さそうだな、と思う物を紹介します。

・DiffPDF

フリーで使える(有料版もあり)、PDF比較ソフト。英語版ですが、操作は簡単です。精度はそれほど高い!と感じないけど、手軽で良いです。

・XOR for Windows

Microsoft Storeで入手できるので、購入しやすいです。サブスクリプション制で1ヶ月は無料で使え、その後は月2000円で使えます。よく考えるとAcrobat DC Proのほうが安いので、価値があるかないかは別として、機能差を考えても・・・考えないで購入すればいいのです!!!

まだ機能的には高くないですし、操作性も直感的でないので、??と思えますが、精度が高く、実務で安心して使えそうな感じです。ページ物で、次の指摘事項などにEditorのように飛べれば計算書チェックにも十分使えます。日本の方が作っているので日本語版ですので理解しやすいです。今後楽しみなソフトです。

・Adobe Acrobat Pro DC

アドビの純正で月1580円で使えます。年契約が必要ですが。見た目もなかなか良いし操作性も良いので、PDF変換も含めAdobeが必要!!という人には高いようですが、最善手でしょう。精度的にはXORのほうが高そうなのですがね。できれば複数のソフトを使って精度を高めたいところです。悲しいことに私が持っているAdobeの買い切り版(CS5.5)に入っているAcrobat DCには付いていなかったりします(涙)。もちろん現在のCreative Cloudには付いているので、illustratorなどを使っている人はチェックして見てね。

DocuWorksではKDplugがあり、高いとは言え、明らかに良さそうなので、これを購入するのが良さそうですが、PDFで貰うことも多いんだよね・・・・・。

ソニーおまえもか!!Xperia 10 Ⅱ

ソニーの新作スマホが発売されました。上位機種は5Gになりましたが、ミッドレンジモデルは4Gのままですが完成度が高くなったXperia 10 Ⅱを発表しました。

昨年出たXperiaの新シリーズは縦長でもちやすく、スマホの新しい潮流を作りました。その割に平凡だし、まだ荒削りという気がしました。それは過去のシリーズもそうで、ZシリーズにしろXシリーズにしろ・・・完成度が後で高まるようです。

Xperia 10Ⅱは、非常に良い子ちゃん的機種で、みんなが欲しがる機能をXperiaのミドルレンジに詰め込んだら、そうなるだろうな、という機種です。そーいう意味ではシャープのAQUOS sense3と似ているかもしれません。売れるかもしれませんが(事実sense3は売れている)、先がない機種といえるかもしれません。

まず3.5mmイヤフォンジャック復活!!これはまだまだイヤホンで聴く人が多いXperiaでは当然でしょう。次に有機EL。映像・音楽を聴くユーザーが多いXperiaはこのあたり妥協してはいけません。非常に良い流れです。そして、手で持てる横幅が狭い形を維持し、重量は驚異の151g!!もちろん防水ですし。それでいて3600mAhとバッテリー容量も増えています。3眼レンズもレベルダウンしてなさそうです。そしてSoCもスナドラ665とミドルレンジではかなり高性能!!

買うとしたらこういう機種が欲しい!!と思えるスペックです。そんな意味ではAQUOS Sense3と同様です。しかしね・・・。ミドルレンジとはいえ、驚きが皆無なのよ。それで海外勢よりは割高なのは目に見えている・・・。欲しいよ!絶対。これで安ければ!!という感じです。これでは先が見えています。多くの人が検討するミドルレンジだからこそ、とがった部分が欲しいですね。

最近のXperiaの迷走はソニーファンとしてはつらいところでした。ようやくまともなシリーズになりましたが、個性は逆になくなってきています。一時的には売れるでしょうけど、先はないです。是非是非、ちょっとでも他と違うんだぞ!!という気概を織り込んで欲しいところです・・・。

 

HOUSE-ST1 Ver7.5.1.8アップデート

構造システムの木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1がアップデートされています。12月以来ですが、軽微なバグフィックスです。

木造構造計算は、中高層が流行し始めましたが、ソフトウェアの進化が少ない年度でもありました。ストラデザインも久々に気合いの入った新バージョンを出してきましたし、他社も動きがありそうです。すでに新製品・新バージョンを出せば売れる時代は終わり、よりシビアな目でソフトウェアは見られるようになりました。サボっているとすぐに、シェアを失う、なんてこともこれからはおこってきそうな感じです。

DRA-CAD18 新機能・改良機能概要

構造システムグループのオンラインサービスから、DRA-CAD18 新機能・改良機能概要(PDF)をダウンロードできるようになりました。シンプルな12ページの冊子ですが、18の目玉であるクラウド&モバイルの活用など説明があります。あまり実例がない(特にマクロ)のが残念です。説明はホームページに載せて、こういった冊子には実例を載っけていった方が良かったとは思うのですが、十分魅力を堪能できます。ただユーザーならログインすれば見られるのですが、構造システムのユーザーではない方は個人情報を登録しないと見られないのが残念です。隠すことなどないとは思うし、その情報でDRA-CADを後から営業するとは思えないのですが・・・。

Surface Pro Xも良い感じ。iPad要らないかも??

マイクロソフトのタブレットといえばSurfaceですが、今年出たSurface Pro Xはなかなか良い感じ。なんと7.3mmのうす型ボディーです。ARM系のプロセッサなので、64bitのWindowsソフトなど動かないし他も制限がありそうですが、慣れたWindowsをこのうす型ボディで使えるのは大きな魅力です。

まず、重量は774g。13型という大きなボディの割に軽いです。これは従来の12.3型のSurface Pro 7とほぼ同等です。この重量でキックスタンドがついているんだから、ありがたいです。キーボードと持ち歩く場合、ペンをキーボードに収納できるのは便利。Surface ユーザーのうちかなりの部分がキーボードカバーを使っているのでこれでいいと思います。

ARM系を使っているので、もちろんnanoSIMで通信できます。たぶんChromeBookにSIMフリーのものがほぼないことから、ChromeBook風に使え、WIndowsのアプリがある程度使える、というのがキモかもしれません。キーボードを入れるとはっきり言って割高なので使う人は選ぶかもしれませんが。

ARM系ということで、スリープからの復帰が早くネット接続もすぐなので、ほとんどのSIMが入るノートパソコンより快適でしょう。もちろん動き始めればARMの速度が足を引っ張るのですが・・・。

OFFICEが使えてChromeが使えて、ATOKが使えてOneDriveが使えるので、私はこれで十分です。構造システム系のソフトは64bitなので難しいですが、DRA-CADやJWWは動きそうです。うん。これで十分です。

もちろんうす型ですが、ARMなので最大13時間のバッテリー駆動と実用十分です。ARMなんだからもう少し持つかな?と思いましたが、うす型軽量化で犠牲になっているんでしょうね・・・。