特殊な部材をHOUSE-ST1で使う

木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1は木造軸組構法住宅の許容応力度設計2017に準拠した構造計算ソフトなので、基本は構造用合板や筋かいを基本に設計します。また大臣認定の耐力壁は倍率などを指定して入力します。しかし特殊な部材を入力するときは、注意が必要です。

最近流行のBXカネシンのベースセッターは、一本の柱が耐力壁になるので通常ならHOUSE-ST1では入力ができません。BXカネシンの会員メージにあるマニュアルを使って入力する必要があります。更にえば、専用のExcelシートで追加計算をする必要があります。

フロッキン狭小壁も同様に、メーカーのホームページの技術マニュアルを使って計算します。フロッキン狭小壁は、350幅でも計算できる狭小の壁で手軽に施工出来ることから人気が高いです。2,3階でも使えるのが強みです。ベースセッターより手軽ですが、寸法毎に微妙に耐力が変わるので注意が必要です。

本来なら、メーカーが各ソフト毎に説明を作ってくれれば良いのですが、そうではないのでソフト毎に工夫が必要です。私もソフト毎にちょっと手を加えて使いやすいシートを作っています。

ちなみに仕口ダンパーは、現状では使う事ができません。そもそも強度型で計算するので、ダンパー系はある程度固いもので大臣認定取得して壁倍率があるもの以外は計算で使おうと思わない方が良いです。

メーカーが完全に情報をクローズドにしているような部材は計算できません。そのような場合は、そのメーカー指定の構造計算にお任せしましょう。

木造建築物の振動障害に関する設計資料

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木造建築物の振動障害に関する設計資料 [ 日本建築学会 ]
価格:3960円(税込、送料無料) (2022/5/17時点)

楽天で購入

 

 

今年の新館です。住宅レベルだとあまり振動に特化した資料はないのですが、これは木造建築物の振動障害に関する設計資料です(そのままやんけ・・・)。

なかなか興味深い内容なので、講習会も受けたかったですね。書籍だけでも十分ですが・・・・

 

激安サーモグラフィー HIKMICRO B10 ファーストインプレッション

先日、紹介した激安なサーモグラフィーHIKMICRO B10。アマゾンギフトが溜まっていたので(ありがとうございます)特価のうちに買いました。この手のものは円安で今後高くなると思うので、今のうちに、ということです。

楽天でも購入できます。

もっと安価なサーモグファフィーがあるのに、B10を激安!といっているのは理由があります。他社も含め2万円台からあります。しかし仕事で使うには解像度が低く、温度差も大雑把で辛い物があります。私もFLIR C3を使っていました。約10万円の当時としては低価格機であり、スペックは低いものの、薄型軽量でフットワークに優れていたため、どこに行くにも持って行けて良かったです。

C3が現役なのに、B10を買った理由は、その性能の限界を感じたことと老朽化が進んできたことです。この手の機械はまずバッテリーがやられます。メーカーに言えば交換してもらえると思いますが、小さなマシンがいつ壊れるかわかりません。他にも傷んでいる部分はあるので、そろそろ交換時期かな、ということです。

次に性能です。C3は小型軽量で実画像も同時記録できますが、その実画像が実にチープです。これは同時に通常の写真を保存したい私にとって辛かったです。まあサーモグラフィ-で搭載していないものもあるので、贅沢はいえませんが。次に温度センサーの解像度が低いだけでなく熱感度も大雑把です。断熱を見るのなら、なんとかなりますが、漏水や筋かいなど耐震調査に使うにはいささか性能不足でした。まあフットワークと天秤にかけると、C3はとても魅力的だったのですがね。

そこで HIKMICRO B10です。スペック等は前回のブログに書いたので省略しますが、比較的新しい機種で持ち手がついている中では小型軽量です。まあスペックは水物とは言え、スペックだけ見れば、少し前の中級機に迫りますからね。

実際届きました。

箱はこんな感じ。説明書も多国語ですが日本語は入っていません。パッケージも日本語はありません。日本語がなきゃ嫌だという人は避けた方が賢明です。しかし本体メニューは日本語に対応していて、最初の英語メニューから切り替えれば簡単に日本語化できます。これはうれしいです。またメーカーホームページも日本語があり、使うには十分な情報があります。特にサーモグラフィーを使ったことがある人なら、簡単です。ユーザーインターフェイスは独特ですが、慣れれば非常に操作しやすいです。UIもいろいろあるんだなぁと改めて思わせる機種です。何しろ説明がないと辛いが、1回聞けば簡単な操作です。まあ、見ただけでわかるタッチ操作のC3に比べれば劣りますが。FLIR C3と同様に考えるのは価格差も考えると無理がありますね。この機種はあくまで低価格で高性能の部分だけを考えて使うのが吉です。

大きさを比べて見ました。C3のコンパクトさには勝てませんね。C3はポケットに入りますし。B10は持ち手があるので操作しやすいですし、見た目以上に軽量です。思ったよりしっかりした感じです。撮影は背後の赤いボタンで、前にあると思うと思いっきり戸惑います・・・。

最初から、結構バッテリーが充電されていまして、すぐ試すことができました。ちなみにバッテリー駆動時間が長いのもウリの機種です。充電器はついています。そして嬉しいUSB Type-Cタイプです。高速充電に対応していないと思いますが、充電器には苦労しなさそうです。ちなみに手持ちのモバイルバッテリーでも普通に充電できますので、汎用性は高いですね。パソコンに繋いでも充電できます。

起動して驚くのは、起動速度です。以前使っていたNEC AVIO G100も遅かったですが、C3も遅いです。サーモグラフィーは仕組み上、起動が遅いのは仕方がないのですが、すぐ調査したいときもあります。その点、B10は速いです。すぐに調査ができるレベルです。画面の動きも軽快で、画像が安定するまで速いので、調査がサクサク進められます。恐らく画面の切り替えが速くフレームレートが25Hzと低価格サーモグラフィーに比べて高くなめらかだからでしょう。C3に比べてここまでの差があるか、と思いますが、高額なG100よりもサクサク動くのは本当にビックリです。

液晶画像は若干コントラストが高いです。見やすいのですが、もう少し抑えてくれた方が微妙な温度変化がわかるのでは?と思います。ただくっきりして目が疲れない感じで、これはこれで良いと思います。

さて、解像度ですが、さすがにG100の320×240には劣りますが、C3の80x60に比べると圧倒的です。256×192という一見不思議な解像度ですが、ここまで高いと輪郭が十分わかります。熱感度0.04度はG100を上回るはずですが、個人的な感想では同等に見えます。というより十分すぎるほど高性能です。C3がおもちゃに見えるレベルの差を感じます。ただ液晶のコントラストが高いので、撮影時に、それほど温度情報があるように見えないので、リアルタイムに調査したいときは若干不利かもしれません。サクサク撮影できますから、撮影してなんぼ、ということでしょうか?

C3では難しかった壁内の筋かいを、かなり見つけることができました。分解能や熱感度が高いことがわかります。画面の表示がなめらかな反面、安定しないので、うまく本体を振りながら見やすいポイントを探す必要があります。特に温度差が大きいときなどは工夫が必要です。どちらかというと画面内の温度差が少ないときのほうが良好の結果となるようです。画面の色の安定性が低いので、高速に自動で色と温度を調整しているのだと思います。速すぎて安定しないのは、ソフトウェアの完成度が低いからなのかもしれません。改良を望みます。

メモリーは内蔵のみですので、USB Type-C接続で手軽に転送できます。USBで接続すればメモリカードのように読み書きできます。

解析については、メーカーホームページからHIKMICRO Analyzerをダウンロードしてインストールすればできます。高機能なソフトとは違いますが、マウスで手軽に任意点の温度を調べたり、できます。ただし日本語には対応していません。当たり前ですが他社の画像は認識しません。熱の範囲を絞ったりして、見やすくすることは出来ますが、今ひとつです。

アプリは無料でダウンロードできますが、日本語非対応です。ちょっと難しいです。

面白い機能としては、PCに接続して画面をキャストすることができます。パソコン側で見ることができるので、動画が撮影出来ない当機で、キャプチャーソフト併用で録画なども出来そうです。専用アプリなどは不要で、Windowsの標準機能だけでできるのが魅力です。

パソコンにUSBでつなぎ、本体からキャストをONにするだけで使えます。アプリは標準のカメラアプリです。通常のカメラと切り替えればOKです。普通に画面をパソコン画面に映しているので荒いですが、いろいろ使えそうです。

あと、通常カメラもついていて解像度も1600×1200なので期待していたのですが、正直裏切られます(笑)。携帯電話で写メールが出来たころの画像レベル?と思って頂ければと思います。C3等と異なり、撮影時にはどれか1つしか選べず、通常は、熱画像ファイルをHIKMICRO Analyzerで、エクスポートして通常の画像を出力するのですが、それも面倒です。まあ同時撮影できないと思っていたので、いくぶんマシですが、なんだかな~と感じます。

この機種は使い勝手とか、日本語化とか、そんなことではなく、できるだけ低価格で実用性の高いサーモグラフィーが欲しいという場合に買うものです。日本では知られていない企業の製品ですし、メニューが日本語化したからといって、不思議な表現もでてきます。また画面内の温度分布によっては見にくくなるのは、FLIRやNEC AVIOといった先行メーカーでは少なかっただけに(もちろんありましたが)、それが我慢できるのなら、間違いなく買いでしょう。正確な温度を測定というよりも温度変化から、筋かいの有無、壁内の柱の位置、断熱材の調査、雨漏りなどの調査などに向くでしょう。つまり建築向けです。2~3万の低性能のを買うなら5万出してでも、この機種のほうが全然良いでしょう。今回はスペックの差についてまざまざと見せつけられました。

 

Pixel 6a

googleは、ハードに関しても先駆的なものを開発していっていますが、なんだか迷走感が漂ってきました。それだけアップルが優秀だったということでしょうか?

昨秋発売された、Pixel6(Proも)は、画期的なデザインと機能で注目されました。それまでのPixelシリーズとデザインも性能も(重さも)異次元でした。しかしバグが多く評判は今ひとつです。また重すぎました。

そして毎年でるその廉価版のaシリーズ。発表がありました。Pixel6a。7月28日発売で21日から予約開始の予定だそうです。価格は53900円。まあ安価になりました。先日のSALEでのPixel6を買った人からみると、どう思うか気になります。

予想を裏切り、Pixel6とそれほど差異がありません。デザインはそっくり。Tensorチップもそのまま。つまりスマホの基本性能は変わらないです。6.1インチで178gと小型軽量化されたので、Pixel6の重量感が嫌だった人は歓迎するでしょう。もちろん5Gもサポート。

重量・大きさ意外の違いは、メインカメラのスペックが下がり、メモリが8GB→6GBとなり、バッテリー容量が変更になったくらいでしょうか?WiFi6も対応していますし、悪名高い指紋認証も継続しています。

ここまでくると何処でコストカットしているか?が怖くなるくらいです。概ね世間の声にあった廉価版になっているので、Pixel4aからの乗換を検討したいです。

建築系のeラーニング 日本建築学会

昨日も紹介しましたが、各団体がいろいろeラーニングのコンテンツを始めました。有料ですが意外と手軽なものも多いので、ぜひ、これからも実地での講習会の収録でも良いので公開してほしいものです。従来は大都市でしか開かれませんでしたが、これで地域差も幾分減少していくものと思います。

今日紹介するのは、一般社団法人 日本建築学会のeラーニングです。

主に、材料施工、構造、環境工学などのコンテンツが揃っていて、書籍はともかくeラーニングの価格は抑えめです。木造系だと、木質構造部材・接合部の変形と破壊が面白そうです。

収録されたもののほかに、ネットで受講できる講座も魅力で、昨日は、木造建築物の振動障害に関する設計資料の講習会も建築会館ホールだけでなく、リアルタイム動画配信も行われました。

今後もこのようなハイブリッドが主流になっていくと思います。定員に悩まされなくてすみますので、主催者・受講者ともメリットがあると思います。どんどん、このような講習を増やしていって欲しいです。

 

実用的な激安サーモグラフィー HIKMICRO B10

サーモグラフィーといえば、以前は100万円以上の高嶺の花でした。しかし近年どんどん安価なものが出てきて、断熱検査くらいに使えるものが数万円くらいになってきて、多くの方が建築でも利用するようになりました。

一方、以前の高性能で高価なサーモグラフィーを想像している人から見れば、廉価機はあまりにも性能的にもチープで失望した人も多いと思います。高価格機の価格は特に下がっていないことからも、安価なものは安かろう悪かろうでしかなかったのです。それでも用途によっては使えました。

私の場合、中級機であるNEC AVIOのG100が最初だったため、低価格機であるFLIR C3を初めて使ったときは、ある種のショックを感じました。解像度は低すぎるし熱感度も荒すぎました。断熱などでは良いのですが、耐震診断では正直性能不足を感じました。G100なら簡単に見分けられたものが、見えません。それでも小型軽量で何処でも調査ができるC3は買って良かったと思っています。

さて、今回紹介するのは、中級機は高くて買えない、低価格機では満足できない方向けの機種です。HIKIMICRO B10は実売価格6万を切る低価格機と分類される価格帯ながら、10万円以上の性能を持っているコスパモンスターのサーモグラフィーです。何と言っても256×192画素という中級機レベルの解像度が魅力です。そして熱感度にかんしては0.04度と下手な中級機を凌駕します。何しろG100の0.06をスペック上凌駕するわけですから。そして低価格機では嬉しい可視光カメラの性能もなんと2MP(1600×1200)と記録だったら十分な解像度がついているのが嬉しいです。C3もG100も本当に可視光カメラが悲しいくらい駄目でしたからね・・・。

そのうえ、小型軽量でメモリも16GB、バッテリーも6時間連続使用と実用的です。フレームレートも25Hzとなっており低価格機の中では充実しています。100万円に近かったG100より勝っているところがあるのにこの価格というのは本当にビックリです。

そして・・・今ならアマゾンのセールで44030円と5万円を大きく割り込んでいます。ちょっと日本では見知らぬメーカーとはいえ、3年保証もあります。まあ信頼性と耐久性がどうなのかが気になりますね。添付のマニュアルは日本語対応していませんが、ホームページは日本語に対応していますので、使うのが難しいと言うことはありません。そもそも比較的単純な機械ですからすぐに慣れると思います。なかなかの強烈な価格です。欲しい方はどうぞ。

アマゾンのHIKMICRO B10の販売ページ

木造の許容応力度計算のWEB講習会

公益財団法人 日本住宅・木材技術センターといえば、グレー本。木造構造計算のマニュアルを作っているところですが、新型コロナもあってWEB講習会(動画配信)が始まりました。

といってもグレー本の、ではなく、「演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック」の講習です。まあやることは同じ。木造住宅の構造計算をWEBで学べるのだ。

と思って、クリックするとなぜかない(2022年5月11日現在)。まあ何かのトラブルやメンテナンス中なのだろうな?とおもったら、他にもWEB講習が。木造構造系では、ひとりで学べる中層木造建築の構造計算演習もあります。前編だけなら1万3千円。高いか安いかはその人次第ですが、まあまあ良心的。そしてそのページの上を見ると・・・運営しているのは公益財団法人建築技術教育普及センター!!まさかあそこが!建築教育動画プログラムの提供を始めるとは・・・。さすがに建築士の件はできませんからね。

今後、構造に限らず、計画系や設備系も増えていきそうです。面白そうな講座が増えていくことを望みます。

動画プログラム一覧(建築技術教育普及センター)

TOTOのおそうじ浴槽

以前は、ノーリツのユニットバスで自動で浴槽を掃除してくれる機能を絶賛していましたが(自分も使っています)、ノーリツが住設から撤退してユニットバス自体を作らなくなったので、どうしたものか?と思っていたら、OEMで他社に技術を提供していたんですね。

さて、TOTOの、おそうじ浴槽もその1つで非常に便利です。私が利用している世代より新しく、音声制御にも対応しています。仕組みは特に進化しているようには見えません。浴槽下部についた放水口から洗剤を噴出し浴槽内に充填させてから水で洗い流すを繰り返します。こびりついた湯垢は厳しいですが(それでもだいたい取れます)、毎日掃除しているのであれば、ほぼつきません。洗剤が届きにくい箇所がどうしてもあるので、完全に手洗い不要にはなりませんが、浴槽はいつもピカピカで気持ちが良いです。洗剤は、以前と同じでバスマジックリンです。結構高いので、安価なときにドラッグストアで買います(詰め替え用がコンパクトで安価なのでお勧めです)。

自動化が余り好きでない、私の母もおそうじ浴槽は愛用しています。高齢者ほど必要な機能だと思っていますが、若い人でもあれば便利です(実際私も利用していましたが、入浴が楽しくなりました)。

TOTOのもう一つの掃除の目玉である、床ワイパー洗浄は賛否がわかれますが、より衛生的になるということはありますので、訴求力はあります。しかしおそうじ浴槽ほどのインパクトはありません。

正直、ノーリツだけ・・・だと商品構成の問題もありましたが、TOTOが採用することによって、非常に導入しやすくなりました。入浴が好きな方は絶対付けたいオプションだと思います。タカラスタンダードなども導入して欲しいです。

今年のGW(備忘録)

今年は、いろいろと予定が4月中旬に集中したため、GWは意外と静かに過ごせました。まあ忘れてしまうので備忘録です。

4月29日(金:昭和の日)は、朝からエアコン掃除でした。部屋はロボット掃除機のおかげで少し片付いていたのですが、ちょっと掃除。午後からお仕事。

4月30日(土)は、母を連れて嫁の実家へ。母は退院時にちょっとだけ顔を見ただけだったので、連れて行きました。車で30分ということですが、GWなので若干渋滞で時間がかかりました。お土産を悩んでいる母に年齢を感じます。母も孫に会えて喜んでいました。私も週1くらいしか会えないのですが、今日は譲りました。どんどん目鼻立ちがしっかりしてきました。子どもの成長は早いといいますが、まだ一ヶ月経っていないんですよね。すくすく育ってほしいものです。

5月1日(日)は、

5月2日(月)は、通常営業。ちょっとゆっくり目のお仕事でした。

5月3日(火:憲法記念日)は、駄菓子屋の改装を手伝いました。ハードワークです。ガチャガチャを直したり、玩具コーナーの設営を行ったり。新型コロナで限定営業だったものを、フルオープンにするため、結構大変でした。府中はくらやみ祭。例年は駄菓子屋は空いているのですが、ここ数年、祭りがないので混雑していました。今年は縁日はやるのでどうなることやら、と思っていたのですが、やはり比較的空いていましたね。面白いものにみんな行くものです。午後はお仕事ののち、納品がてらに近所の焼き鳥屋さんへ。なんだかんだ1日働いていたような(汗)

5月4日(水:みどりの日)は、午前中は母の通院の送り迎えと駄菓子の仕入れ。GW中ですが商品が足りなくなると困るので仕入れです。渋滞が凄かったです。近年、緊急事態宣言などで快適に道路が使えていたのですが、やっぱり明けると凄いですね。これはこれで嬉しいことなのですが、困った物でもあります。午後は、嫁の実家へ。久々に起きて迎えてくれた我が子。歌をたくさん歌ってあげました。笑顔が可愛いです。親馬鹿です。はい。その後、ベビー用品の視察へ。これからいろいろ必要なんだろうな~。

5月5日(木:こどもの日)は、お仕事・・・と思ったのですが、朝から大掃除。なかなか終わらないので午後までかかりました。主に、布団シーツやカバーを洗い、寝具のメンテナンスを行いました。またこたつを片付け、洗車なども。午後は墓参りと、お祭りの視察。今年は縁日だけ、といっていましたが、例年以上に混雑していたような(汗)。若者にとっては、御神輿や大太鼓よろ、縁日だよね、と改めて感じました。またGW後のための買い物も済ましました。

というわけで、どこにも出かけきるでもなく、GWは過ぎていきました。体調不良に悩まされた4月があったので自重したといえばそれまでなのですが、まだどこか本調子ではありません。まあこここまで回復したら十分です。5月は忙しいので、頑張っていきますよ~。

kyvol E30をゴールデンウィークに使って見て

はい。すっかり気に入ってロボット掃除機と生活しているのですが、毎日使っているからこそ気がつくこともあります。低価格機種とはいえ、1万円以内で買えるものがあるなかでは、しっかりした価格なわけで、しっかり働いて貰わねばなりません。

前の記事はこちら

ロボット掃除機 Kyvol E30は意外と高性能!

この機種で不安になる仕様と言えば、再度ブラシが1つしかないこと。下位機種のE20だって二つついているわけですから、この部分は欠点と感じる方がいると思います。事実、部屋の壁ラインで手回転するとき、両側にブラシがあったら取れたのにな、というゴミがあったのも事実です。なぜ付けなかったのでしょうか?逆にブラシは傷みやすくなくて掃除に支障がなければ、ないほうが良いのも確かです。個人の感想では、やはりあったほうが良いという結論です。ただ、ブラシは五月蠅いですし部屋形状や汚れ方によってはあまり関係ないという人もいるでしょう。kyvolシリーズは吸引力が強い反面排気も意外と大きいので、小さいホコリはそもそも飛んでしまいます。ブラシの回転でゴミをかきいれる反面、跳ね飛ばすリスクもあります。

結論だけいえば、この機種レベルなら一長一短で、それほど神経質に考えなくて良いかな?といった感じです。E20にないジャイロのおかげで、往復運動が安定していることを考えれば、E30をえらんでおいて正解だと感じています。またある程度掃除した後に部屋の外周ラインにそって時計回りに掃除してくれるので、ブラシが片側だけにあるデメリットも余り感じずに済むのかな?とも思います。

もっともそれ以前の問題として、隅をしっかり掃除してくれるところと、そうじゃないところはわかれます。また目に見えているゴミを回収せずに見ていてイライラすることもあります。これだけですべてまかなえるものではないのは理解していましたが、意外にショックです。もっとも目の前のゴミに惑わされる人間との相性はよく、人間がゴミがないな?と思っている部分もしっかり掃除してくれるので、ロボット掃除機の苦手な部分を理解して、手動で掃除を加えればいいかな?と思います。