文章作成マシンとしてのChromebook

私の屋外での文章作成環境は長年ポメラ(POMERA)のDM100でした。軽量で乾電池で動く環境は非常に重宝しました。キーボードも良好でした。欠点はATOKがATOKといえないくらい変換が駄目だったこと。そして老眼になった私には見にくいこと。

まあDM200は高価だし、既にネットを使えない端末を持ち歩くのは非効率な時代になりつつあるので、今回Chromebook 14aを導入し、DM100を退役させました。

Chromebook 14aは1.33kg。ポメラと比べるまでもないですが、14型としては比較的軽量です。画面が大きいので見やすいです。まあサイズ的には持ち歩ける限界かな?と思います。それでもLet’s note+ポメラと考えると1台になったメリットは大きいでしょう。

文章作成とみたとき、大きなキーボードは打ち間違いが減り効率的です。キータッチは若干安物感がありますが、長時間打っても疲れませんので思った以上に良い感じです。あとは耐久性がどれくらいあるかな・・・・という点が心配点です。

肝心の変換効率ですが正直実用になるレベルです。Androidが使えるからATOKにしたら?と思われるかもしれませんが、Chromebookの通常利用では他の日本語変換は使えません。なので現状Chromebookが文章作成で使えるかは?標準の日本語入力に満足できるか??ということになるかと思います。

あと誤解があるのが、ネットにつながっていないと何も出来ないのでは?という点もネット接続なしで文章作成・保存はできますので安心してください。Windowsのソフトは使えませんが、意外とChromebookもアプリが豊富です。文章作成にはほとんど苦労しません。またポメラと異なり、普通にブラウザも使えますし、Evernoteなども普通に使えるので、デスクトップ環境とデータを共有することも簡単です。

そうなると文章専用では、もう少し画面が小さいChromebookでも良い気がします。私は一台に集約したいので14aにしましたが、もう少し小さいので大丈夫という方は小型化にこだわってもいいと思います。

EMOTETに注意!

最近、取引先等のメールアドレスで、頻繁にEMOTETというコンピュータウイルスによるものと思われるメールが配信されます。EMOTETについてはこちら(トレンドマイクロセキュリティブログ)

2019年あたりから感染拡大していたので知ってはいましたが、意外と少なかったため気にしていませんでした。コンピュータウイルスの中では「マルウェア」というものに属し、一旦おさまったかに見えたのですが、2020年7月頃に活動を再開・拡大したそうです。

基本的にはWordファイル添付してばらまくという手法です。リンクでダウンロード刺せる場合もあります。パスワード付のZIPファイルにすることによってウイルス対策製品の検知をすり抜けるなど巧妙化が進んでいます。

ばらまきメールの巧妙さがポイントです。正規にやりとりされているメールにRE:を付けたように返信を装ったり、文面も巧妙だったりします。請求書や給与明細を装ったり、新型コロナウイルスの注意喚起の書面を装ったり、協会からの連絡、取引先からの納品ファイルに装ったりもします。

感染は、そのWordファイルを開かなければいいのですが、万が一開いて感染したら・・・

・重要情報を盗み取られる
・ランサムウェアに感染する
・社内の他の端末に伝染する
・社外へのEmotetばらまきの踏み台にされる
最恐のマルウェア”Emotet”を徹底解剖。特徴と今必要な対策を解説します(LanScope) より)

などの被害が想定されます。まずは侵入させないことが重要です。

まずは感染していないかチェックプログラムをかけてみるといいと思います。EmoCheckで検索してみてください。

 

将棋の王将戦に見る高齢化と意識

将棋の王将戦の挑戦者決定リーグが本日開幕しました。開幕カードは最年少でタイトルを奪取したの藤井聡太二冠と、レジェンド棋士の羽生善治9段ということで注目していた方も多いかと思います。

将棋と言えば名人戦が有名で王将戦とは??と思う方もいるかもしれませんが、特に挑戦者決定リーグは過酷であることが有名で「将棋界で最も過酷」と言われています。というのは予選を勝ち抜いた7人による総当たりリーグ戦で、内訳はシード権4名と予選通過者3名となっています。つまり下から勝ち抜いてリーグに出場するのはたった3名しかいません。プロ同士の棋戦でここまで狭き門だとかなり厳しいと思います。またせっかくリーグ入りしても4名しか残留できません(うち1名がタイトルを取った場合は3名+タイトル陥落者)。維持するのも入るのも相当狭き門なのです。

そして今日の開幕局は、羽生9段の積極的な差し回しが功を奏して藤井二冠を撃破!意外にも羽生9段は藤井二冠に勝ったことがなく、これが初勝利!

この勝負は素晴らしく、藤井二冠にも勝機はありました。しかしその論評やネットの意見を見ると悲しくなります。そしてこの過酷なリーグの顔ぶれを見て、やっぱりそうなのか、と思ってしまいます。

まず今回のリーグは、非常に豪華な顔ぶれで過去にタイトルを持っていた棋士及び現在タイトルを持っている棋士で構成されています。なので見応えは十分です。しかし・・・。若い藤井二冠に惑わされていますが、その次に若いのは永瀬王座(28才)です。永瀬王座は若手の強豪として知られていますが、もう28才なのです。羽生9段が王将を獲得したのは25才。そのときは実は他はコンプリートしており全7冠を独占しました。羽生9段は別格だから・・・というかもしれませんが、20代前半でタイトルを取っている棋士は意外と多いので、高齢化していると言われても仕方がありません。他は30代前半に3名いるものの、40代も2名います。過酷なリーグなのに、若手が少なく、藤井二冠以外は元気がないように見えます。ちなみに前回は40代3名でした

将棋界の序列は強さ、すなわちタイトルを持っているかどうか?で決まります。いくら過去に実績があっても明確な基準があります。これは将棋連盟のHPでも明確で、タイトルを失うと下位になります。そして序列は上座下座でも明確に出ていて、たとえ70才の無冠のレジェンド棋士であっても、タイトルを持っている高校生棋士の下座になってしまうのです。

今回、実績では羽生9段のほうが、の論調が多かったです。今の日本はすべてそれです。羽生9段の実績は、日本人なら誰でも知ってるくらい偉大です。それに異論は唱えません。しかし勝負の世界、しかも現役同士の戦いに、実績など関係ありません。少なくとも勝負しているプロはみんなそうです。ガチンコに真剣勝負しているからみんなを引きつけるのです。今日もNHKニュースで「藤井二冠敗れる」という速報にかみついた方が多かったですが、少なくとも今日の勝負は羽生9段が勝ったが、現在の序列では藤井二冠のほうが上で、注目度も上なので、このような報道の仕方も無くはないのです。レジェンドの羽生9段の勝利を素直に喜びたいのですが、反応が保守的でなんだか今の日本を象徴している出来事なんだな~と感じて暗い気持ちになります。

まあ、そんな中だからこそ、高校生棋士、藤井二冠への期待がものすごく大きいのかもしれませんね。また50才にもなる羽生9段の活躍で元気をもらう中高年者も多いことと思います。私も見終わった後、仕事がはかどりました。そんなものです。

ちょっと考え方が変わるだけで、見え方も変わるというもの。実績だけでは勝てないことは羽生9段が一番わかっていて、「やり方を変えた」とおっしゃっていました。普通にやったって強いのに、まだまだ勉強して強くなろうとしているんだから頭がさがります。また子どもの年齢より下の藤井二冠の将棋を勉強している・・・本当にすごいです。年齢やいろいろな事に理由をつけて努力しないのはもったいないです。

若さや年齢やできない理由を一回忘れて取り組みたいものです。できないことを何かのせいにしていませんか?今の日本や自分に一番足りないもの・・・それを今回の対局で再認識しました。頑張らねば。

Chromebook 14aでAirMirrorが使えた!

Chromebookも含め、日々変わっていくものですし、環境によって変わっていくので全ての方に使えるかは、わかりません。特にネット情報は。私が発信している情報も特に断りがない限り、あくまで私の環境で、ということです。

さて、Chromebook 14aでスマホにリモート接続できたら良いな~と何気なくAirMirrorを入れて、ログインしただけであっさり使えました。便利!!これで社内で制御しているスマホシステムに簡単に入り制御できる!!普段はスマホでAirMirrorを動かしていたのですが、Pixel4aをAndroid11にしたら動かなくなったので(涙)どうしようか考えていました。任意のパソコンを電源ON・OFFが手軽になりました。

環境が整っていくとChromebookは本当に便利。起動が速いメリットが活かされますね。しかしCore iなどの高性能CPUとの差を感じることも多いです。通常使い以外で考える場合、ChromebookのCPUの低さが足をひっぱることが出てくるので、上級者?はできるだけCPUの速いChromebookを買うことを強くお勧めします!!

なぜそんなことを繰り返し言ってるかというと、Lavie Z(Core i5)をChromebook化したものは、起動など遅い(USBブートということもありますが)ですが、起動したあと、特にマシンパワーを使うシーンでは違和感なく使えていたのですが、Chromebook 14aの場合、起動やアプリ起動などキビキビしていて良い反面、Chromeリモートデスクトップで重い作業をしているときなど、通信回線以外の部分で遅さを感じてしまいます。理由ははっきりしていないものの、恐らく本体のCPUの差かなと。AtomをChromebook化したものとLavieZと比較しても同様に感じましたから。

まあ、一般的な使い方から乖離した使い方していますし、普通の人はここまで考えないし、もしスピード重視や使い勝手だけ考えたらExpertBookなど高速なノートパソコンを買った方が満足度は絶対高いわけで、あんまり気にすることではないのかな?と思います。

楽天モバイルの留守電の裏技

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は新しいサービスのため、既存のキャリアといろいろ違う部分があります。それは良い方にも悪い方にも存在します。今回はアプリを使って電話や留守電を使っている楽天モバイルだからこその、留守電の裏技です。

通常、キャリアの留守電を契約する場合、月額料が必要だったり留守電を聞くのに通話料が必要立ったりします。楽天はアプリの楽天LINKを使っているとき限定ですが、両方とも無料です。アプリで留守電が聞けるのは楽でいいですね・・・。でもアプリということは他のスマートフォンに設定できるのでは??と思ってしまいます。

そこで他のスマートフォンに楽天LINKをインストールして、SMSで認証します。このとき利用中の楽天モバイルの電話番号を指定します。すると認証が通り、楽天LINKの留守電機能が楽天モバイルのSIMが入っていないほうでも使えます。つまり2台持ちの場合、楽天モバイル端末だけでなく、そうでない端末にも留守電通知が来て、留守電を聴けるのです!!

まあ楽天が想定していない使い方かもしれないので、急に使えなくなったりする可能性はありますが、非常に便利ですね。2台持ちの場合、片方を家や会社に置き忘れた場合、留守電をチェックするのが非常に面倒だったりします。私の場合、スマート留守電を使っていたので、問題なかったのですが、それほど留守電を使うわけでもないので、こちらでいいかな??なんて思っています。

Chromebookでのリモート接続

一部の高性能なChromebookはともかく安価で手軽なChromebookではマシンパワーは期待できません。非常に軽快で快適♪との声も聞こえますが、それは一般的な用途であって・・・。

さて、Chromebook 14aでリモートで仕事してみました。一番手軽なのはChromeリモートデスクトップ。純正ですな。しかしJWWHOUSE-ST1など意外と引っかかります。Core i5のWin10機で今まで接続していたこともあり、ややもっさり感が否定できません。このあたりはやはりCeleronなんでしょうね。

まあ、Core i5のWin10機とはいえ、結局回線速度に依存するのは変わらないわけです。屋外環境でそれほどネット接続に恵まれた場所は少ないので、実際の影響はそれほどないでしょう。

しかし有料のSplashtopを使ってみると様相が変わってきます。Chromeリモートデスクトップだとコマ落ちみたいになるところも、ある程度追従してくれます。操作感は圧倒的に上です。Chromebookにはアプリがないじゃない?と思うかもしれませんが、Androidのアプリで接続できるのです。意外にも安定しています(メーカーもChromebookでの使用できることを記載していますね)。接続先がマルチディスプレイでも、その切替は楽でタッチでの操作性も高いので、今後はこちらを利用していこうかな、と思います。

拍子抜けするくらい設定が楽で、すぐに使えるのがChromebookの良いところ。液晶を開いてすぐ使えるし、安定しています。ブラウザもタブを開けすぎなければ快適です。TwitterやFacebookの操作性も良好です。ブラウザでほとんどの業務ができ、たまにリモート接続で仕事、というサブ機には最適だと思います。

HOUSE-ST1 Ver8発表!CEDXMに対応

初心者でも扱いやすい木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1が2020年10月にバージョンアップされ、Ver8となります。既存ユーザーは有償バージョンアップとなります。10月からキャンペーンで新規・バージョンアップとも特価販売が始まります。

なお、今回のバージョンより64bit版のみの供給となります。32bitのOSを利用の方は要注意です。ちなみにWindows10とWindows8.1(それぞれ64ビット版のみ)の対応となります。

今回はグレー本の改訂ではありませんので、純粋に機能アップとなります。

目玉は、CEDXM対応でしょう。kizukuriなどライバルソフトは既に対応しているの周知の通り。今さら感がありますが、要望が多かったのでしょうか?インポート、エクスポートに対応しています。kizukuri同様データ形式から、純粋な互換性は期待できないとは思うのですが、作業の省力化及びWallstatとの連携などに威力を発揮しそうです。他社にはない隠し球もありそうです。

他は、機能アップしやすいところからやった感が強く、それほど魅力的なことはありません。その中でも軸数を200にアップ(従来は150)したのは、大きな規模や複雑な建物をやる方には魅力的かもしれません。しかしHOUSE-ST1の表示は細かいグリッドに向いていません。やはりグループホーム等ある程度大きめで整形の建物に向くバージョンアップと思います。

構造計算ルート2への対応もされました。筋かい負担水平力による応力割増を自動計算できるようになりました。従来は面倒でしたからね・・・。ルート2への要求も増えてきているので(あの高さに関する変更のせい)、出来るのは心強いです。

また、構造システム独自の構造系データベースk-DBから部材材質・接合金物をインポートできる機能を搭載しました。FAP-3やWOOD-STを使っている人にはメリットがあります。インポートレベルではなく、WOOD-STのように標準になれば良いと思うのですが、それはまだ先のことかもしれません。

他には、特定緩勾配屋根の積雪割増や、基礎ばりの2段配筋や返信布基礎の計算に対応しました。また出力・印刷機能も強化されたようです。

そんなわけで、期待されていたペントハウスの計算、本来の意味での斜め軸、4号建物の計算強化、構造図作図機能の強化などは、搭載されてなさそうです。またBIM対応や他ソフトとの連携強化も見送られたようです。まあ細かい部分はまだ発表されていないので、使い勝手等細かい部分に手をいれてくれることに期待です。

小さな住宅レベルでは、最大軸数150は十分であり、構造計算ルート2も不要です。また材質や金物のデータベースも、最初に使う物を登録しておけば不要であり、今回のバージョンアップで「HOUSE」とは何ぞや、とあらためて感じてしまいます。HOUSEと名前を付けているのに大型に対応しようとしたりするのはね。まあ他社にも十分悩みやブレはあるから仕方がないのでしょうけど。今回のバージョンアップの内容は他社だと「オプション」レベルですからね。まあバージョンアップの価格はオプションレベルなので問題は少ないのかもしれませんが、旧バージョンの持ち主が積極的にバージョンアップしてくれる内容か?という点では、ちょっと困った内容なのかもしれません。

もっとも、中大規模木造への対応は、構造業界から歓迎されます。CEDXM対応は、各社ともまだまだ使い道は未知数で実質Wallstatへの変換しやすさに使われている実状があり、それだけでも訴求力があるという悲しい状況ですので、魅力的に映る方はいると思います。

ただ、名前がHOUSEである以上、住宅設計にある程度特化して進んで欲しいな、と、しろなまずは感じてしまいます。

ヤマベの木構造 現場必携ハンドブック

ヤマベの木構造は人気ですね。ネットフリマで2冊出品したのですが、あっという間に売れました。改定される毎に買っているので古い物なのですが(汗)。

さて、今回、動画付録がある改定版が販売されていますが、小型の本で「現場必携ハンドブック」という本があることは意外と知られていません。2013年に発売されています。小型なだけで狭い机でどれだけ有り難いか・・・・ということが思い知らされる本です。木造の構造計算に必要なデータがすぐに出てくるので重宝します。

本当は自分で自分専用のものを作ればいいのですが・・・なかなかその時間が作れませんね。


建築関係の本の売り買い

 将来、建築系の古い本で私設図書館を作る夢を持っている私。その私が最近メルカリで大量に建築(特に構造)の書籍を売り払っています。矛盾する行動になぜ?と思う方もいるかもしれないので、一応説明。

 文系出身の私ですが、本の購入の仕方は案外杜撰で、同じ本が複数あったりします。もちろん版が違えば内容が違う、ということを前提に購入(ヤマベの木構造はそれで3冊買ったりした)したものもあるのですが、純粋に間違えて買ったものもあります。また実務でも必要なく、将来的に図書館にも入れる可能性がない本もあります。役に立ちそうと買ったが自分には必要ない本もあります。そのような本を有益に活用してくれる方がいれば、ということでメルカリを始めました。ちなみに古本の購入は続けています。

 長期的に見れば、ダブったもの以外の販売はもったいないかもしれませんが、活用していただけるなら、それも悪くないと思いました。特に本棚の空きが逼迫して本当に必要な本が購入できなくなるのも、そう遠くないかも、という状況なので。

 引き続き建築知識の1973年以前のものや、旧耐震以前の構造技術書などはあつめています。雑誌系は広告を含めその時代が理解できるので貴重ですね。技術書は現在の技術書と比較してどうだかを確認するのに貴重です。木質構造設計規準やRC基準は何冊集めましたっけ??

木質構造設計規準の初版?ではなく10版なので昭和29年のもの。恐らく内容は初版と同じではないかと思う。結構貴重な内容が載っている。

断捨離

ちょっと後ろ向きに考えることが多くなっていたので、引越を機に断捨離することになりました。まあ、引越でもかなり捨てたんですが(大汗)。

小型の電子機器が好きな私。自分の使った物を売ったり他人に渡すのが余り好きではないので、溜まっていきました。会社も同様で10台以上のパソコンを一気に処理しましたねえ・・・。そしてスマートフォンも一気に処分することになりました。今回処分するのは、

WindowsPhone系
・EMONSTER
・IS02
・IS12T
・MADOSMA

Android系
・IS05
・Galaxy Note2
・Zenfone3
・Zenfone5Z
・LUMIA 720

です。比較的キレイな他の機種は、姉の娘などに上げたのでここには残っていませんが結構多くのマイナー機種を使ってきましたね(汗)。Zenfoneは売り払いました・・・。

残ったのは、Pixel4a(現主力)、REI(会社制御用)、Xperia Z3 compact(タブレット)、Xperia XZs(壊れたときの予備)、Rakuten mini(通話・テザリング用)です。

ノートパソコンも老朽化してきたので、リプレイス時期です。今回は新しい方のLet’s note RZ5が退役しそうです。2017年秋に導入したので、3年・・・かなり短い運用になりましたが、私の老眼の進行が早く10.1型のディスプレイでは仕事や作業に支障がでるということです。悲しいかなもっと小さな画面のパソコンを使ってきただけに、身体の衰えを理由に手放すのは悲しいです。ただSIMが入り、800gを切る軽量さ、頑丈さなど正直長期間使えると思っての導入だっただけに悲しいですね。そういえば私のLet’s noteはみんな短命でした。4台目だったんだけどねえ。長命のマシンが多いNECと対称的です。まあ完全に相性だと思いますが。Let’s noteがくる前の2016年には退役させると言っていた、中古で買ったLavie Zは未だ現役ですからねえ。

とりえあえずZenfoneと書籍を売り払ったお金で、14型を注文しました。おつりが出るなんて思いませんでした。今はノートパソコン受難な時代なのかもしれません。