西武のドラフトを振り返る(2021年)

久々にスカッとするドラフトでした。西武らしさはともかく、世間的にも一番良かったと評価されるドラフトです。

まず宣言通り西日本工大の隅田知一郎投手を抽選の末獲得。四球団競合ということで、やはり今年の目玉です。それ以上に西武にとっては即戦力左腕は喉から手が出るほど欲しかったので良かったです。個人的にはそこまでのピッチャーには思えないのですが、来年5勝してくれれば・・・と思っていけば、意外と息の長いピッチャーになるかもしれません。西武であれば一年目から一軍定着は可能だと思いますので本人にとっても良かったのかな、と思います。

2位が望外。ここで獲得できると思われなかった筑波大の左腕、佐藤隼輔。ドラ一でもおかしくなピッチャーです。個人的には隅田以上と思っていました。ただ来年すぐには厳しいかな?と感じていたので、隅田が取れたことでじっくり行くことができるのではないでしょうか?どちらにせよ西武は、今年左腕で2勝しかしていないのだから、即戦力左腕2名の加入は、新人とはいえ大幅な戦力アップといって過言ではないでしょう!

3位はびっくりしました。まだピッチャーで行くのかな?と思ったのですが、1、2位が予想以上に良かったので余裕ができたのでしょうか。若干不安の残るキャッチャーに大学ナンバーワン捕手との声も高い中央大の古賀悠斗を指名。古賀はドラフト当日、ホームランを放つなど縁起が良さそうです。今のところ弱い中央を支えているキャッチャーですので、西武には最適です?良い補強ができました。

4位は個人的にイチオシの八王子学園八王子の羽田慎之介。未完の大器。西武らしさ満点の超大型左腕です。怪我があったとはいえ、高校時代に消耗していない逸材。192㎝の長身と左腕です。そして・・・西武球場の近所に実家があるという縁。自転車でドームまで15分です。本人も憧れのチームといっている相思相愛。じっくり体力をつけ、変な遊び?を覚えず真面目に取り組めば4年後にきっとリーグを代表する左腕になってくれると思います。

5位は八戸工大一高の 黒田将矢。速球自慢の右腕ピッチャーです。もうここまでくると左腕にこだわること無く、将来性で選んでいいと思います。スライダーが使えそうです。意外と早く1軍に上がってきそうですが、じっくり育ててみたいです。

6位は、白鴎大の中山誠吾。ロマン枠?と思われる190㎝97キロの大型遊撃手。大きな体ですが俊敏な動きで珍しいタイプの選手です。体つきからパワー自慢というイメージがありますが、器用で守備が堅実な感じです。もちろん長打力が開花すれば、次世代スラッガーにもなり得る素材です。6位ながら将来が楽しみです。

個人的にここまでみて、近年のドラフトで間違いなく一番の成果です。もちろん実戦で活躍してくれて初めて成果と言えるのですが、まずは低迷する西武に、久々の明るいニュースです。

ちなみに近年もドラフトはそこそこ良かったんですよね。ただ入ったあとがね。一部輝く選手がいる一方、特にピッチャーの伸び悩みは顕著。だからこそ今年の新人には活躍してほしいですね。もちろん、他の若手も奮起して欲しいところです。

i-ARMの年間使用料の改定

株式会社建築ピボットの国産BIM(だよね?)のi-ARMの年間使用料が改定となりました。

基本的には変更がないのですが、複数年で割り引きする制度ができました。

具体的には1年毎だと118800円だが、3年間だと10%引き、5年間だと20%引きだそうです。単純に5年契約だと1年当たり9万5040円となり、年間10万円を切るので、非常にお買い得と言えそうです。ただ、ここまでの長期契約。前払いになるのか?それとも分割になるのか?など細かいことは書いてありません。果たして5年後までこのソフトがあるのか?など、動きの早い時代ですから、心配も残ります。もう少し心理的に楽な?感じのほうが良かったかもしれません。

この件について、メーカーから詳細は販売店に知らされていません。何か資料がきたら、詳細を報告したいと思います。

PIXUS XK100

昔プリンターコーナーで店員していたこともあり、毎年プリンターの新機種の発表は楽しみにしていました。しかしある頃から興味が失せ、最近は店のプリンターコーナーは素通りすることが多くなりました。これは、プリンターの性能が私が満足する性能に到達し、ある程度の価格の機種であれば、どれを選んでも問題ない、と判断したからです。

さて、今年のキャノンのPIXUS XK100はどうか??PIXUSシリーズは、私が店員を開始した頃にできたシリーズ名なので思い入れがありますね。初期のころは、エプソンの写真印刷品質の高さに対し苦戦を強いられていましたね。その代わりビジネス文書などの印刷ではアドバンテージがありました。もっともその頃はHPのインクジェットプリンタも台頭し、使い勝手でも選ぶ人が増えていました。また低価格ではレックスマークがありましたし、ゼロックスもインクジェット(レックスマークのOEM)を出していました。またシャープも(以下略)。

XK100は、実売4万円台の比較的高価なモデル。複合機で高機能ながらランニングコストを更に追求したモデルとなっています。染料4色と顔料ブラックという組み合わせで、ビジネス文章も写真もと欲張ったモデルです。インクが新タイプとなり、価格を大幅に下げたため、最近流行のボトルでインクを補充するモデルにはかなわないにしても、L版縁なしプリントが約9.8円とかなり健闘しています。大量に印刷しない人にとってボトルタイプは、製品価格も高く扱いにくいので、このタイプは未だ貴重です。

家庭用モデルなのですが、新型コロナで家庭で仕事をする人も多く、各社そのようなことにも対応できるモデルを多数揃えることになりました。デザインもビジネスを意識したもので、例えば設計事務所に置いておいても違和感がない感じです。逆に昔のキャノンを知っている人からは、キャノンぽくないな~と思うかもしれません。操作性はかなり改善されました。

逆に目に見えるスペックなどは、この10年あまり変わっていないのも事実。はがきは背面だし長型3,4号の封筒にも対応、折る前の往復ハガキに対応。このあたりが限界なのかな??年賀状印刷の需要が無くなってきているので、ハガキに対する意識もそれほど上がっていないのも気になります。40枚というのは、一般の方には十分ですが、法人で使うにはちょっと頼りないです。また普通紙のトレイ・カセットの給紙はそれぞれ100枚。まあ家でちょっと仕事を・・・という点では過不足ないですね。名刺印刷を本格的にとかそのような対応もあまり進んでいません。まあ、完成度が高まっただけ・・・とも取れなくもない・・・。

というわけで、久々にチェックして見ましたが、正直欲しいとは思えませんね。まあ必要になったら考えます。

 

それでもiPhoneに乗り換えない理由

スマホはWindowsMobileやWindowsPhoneが好きでしたが、無くなったのでAndroidを使っています。別にAndroidが好きだったわけではないのですがね。

さて、初期にiPhoneを使わなかった理由は、おサイフケータイがないこと、防水がないことでした。iPadのユーザーであった私がiOSを嫌うわけもなく、隙があれば?購入したいと思っていました。しかもおサイフケータイ、防水もiPhoneでは当たり前になって久しい今であれば・・・。

さて、それでも購入しない理由は2つ。一つはボタンがないこと。まあこれは慣れかもしれないのですが、もう一つは指紋認証がないこと。こっちは致命的です。個人的には指紋と顔認証は両方必要です。価格的にもハイエンドはiPhoneより高いこともあるAndroidにこだわる理由はないのですがね。カメラも良いですし。

電池がそれほど持たないことと、超広角がないこと、防水でないことが欠点であるPixel4aを使い始めて1年。ほとんど外出しないことから、これらの欠点があまり影響しなかったのですが、緊急事態宣言が明けると、この欠点が顕著になってくるのは明らか。老眼もあり、スペック・実用性だけならPixel5aに乗り換えるのが完全正解なのかもしれませんが、ちょっと面白みがないのも確か。指紋認証なしでもiPhone使ってみようか?という勇気がどうしてもわきません・・・

建築とITのフォーラム2021(2021年10月19~21日 オンライン開催)

構造計算ソフトやDRA-CADで有名な、構造システム・グループで、2年ぶりに建築とITのフォーラム「建築デジタルトーンアンスフォーメーションの現在」を10月19~21日に開催するそうです。オンライン開催で3日間とこの時期のイベントとしては大規模なものです。ウェブセミナー主体で聞きたいものだけ自宅や会社で見ることができるので、見たいものがある場合は必見ですね!今まで東京に来なければ・・・というイベントが気軽にオンラインで全国から見ることができることが、新型コロナウイルスの蔓延で良くなったことの一つではないでしょうか?新型コロナ渦が終わっても、このようなオンラインイベントは残して欲しいところです。

携帯電話遍歴を追ってみる

この歳になると思い出せないことも多くなってきます。といっても今ほど忘れやすくはないのですが。

携帯電話はどのように変えてきたかな~と思い出してみました(長文です。ただの備忘録です)。

初代は、PHSサービスが始まった1995年 A121というアステルの端末です。薄型で電池がある程度もつのでこの端末を選びました。基本料金は安いが本体は高くてたしか4万円くらいしました。サークルの部室などでは使えず、アンテナがあるところに移動して電話していました。懐かしいですね。ポケベルは使わなかったので青春といえばPHSです。もっとも人付き合いしなくなっていた頃なのでそれほど活躍はしませんでしたけどね。

その後就職活動のために、ドコモTS206を購入。この端末はストレート端末で、比較的機能もオーソドックスで気に入っていました。このあと比較的東芝機が多かったような気がするのはこの端末のおかげでしょう(どれもひどかったですが汗)。

次はi-mode端末のN209i。折りたたみ端末です。嵩張るので嫌だったのですが、使って見ると非常に使いやすくて良い端末でした。i-modeの威力を感じましたね。大阪時代の最後を飾る端末でした。気に入った割に、その後NEC端末を使っていないことから何か足りなかったのでしょう。

建築業界に入ってきて最初に購入したのは防水のR691iでした。建築現場での利用を想定しました。気に入ったのですが、落として紛失しました。携帯電話紛失はこの機種が最初で最後です。

次はF505iGPS。最長の利用期間ながら、ほとんど使わなかった端末です。このころになると会社の携帯を持ち始めたため、プライベートの携帯が不要になりました。しかしGPSがついていてカーナビのように使えること、i-modeがきれいに使えることなど、ガラケーの集大成的魅力的な端末でした。その後、ソニーのガラケーが最後となりましたがやっぱりほとんど利用せず、スマホ時代にGalaxy note2を使い解約しました。どの機種も悪くは無かったのですが利用シーンがありませんでした。

その他、NTTパーソナルのピーインコンパクトを持っていた時期もありましたね。また実験でEMONSTERを買った時期もあります。

会社の携帯は、いきなりツーカーのTK22。安価だったので選んだのですが、予想外に良かったです。薄くて軽くて。忙しくて都内を走り回っていた頃なので、ドコモとの差もほとんど感じませんでした。ツーカーのサービス終了間際まで使いましたね。よく活躍してくれました。

auにそのまま移行して最初の端末がW31T。高機能でデザインが気に入り長期間利用しよう・・・と思ったのですが、次々に新しい機種が出続けるころで、買ったらすぐに他の機種が欲しくなりましたね。でも電話としては非常に高性能でした。TK22が軽かったのでそれと比べてしまったから評価が低くなりました。

次はGs One W42CAですね。やっぱり防水がいいということで頑丈な携帯に戻ってきました。登山などで便利な機能が多くてビックリしましたね。気に入りました。星を良く見に行っていたころなので重宝しました。ただ、ハードに使ったので思ったより速くガタが来ました。残念。

その次はW54T。東芝の多機能端末です。スライド式でテレビも綺麗でした。多機能で良かったのですが、若干トラブルが多い端末です。この頃から東芝に不満を持つようになりましたね・・・。

記念すべき業務用のスマホ第1号はIS02。懲りずに東芝製です。キーボード付で薄いのですが、致命的にバッテリーが持ちませんでした。サードパーティーの大きなバッテリーを併用していましたね。それでも持ちませんでした。Windows系のスマホは今に比べるまでもないですが、ミライが見えましたね。まさかその後iPhoneのようなものが一気に普及するとは思いもしませんでした。

そして2011年。またしても東芝IS12T。WindowsPhoneで完成度が高かったです。イベントなどで外出が一番多かった時期、本当に活躍してくれました。これが無かったら切り抜けられないくらい。防水で薄型軽量。メールがらみがネックでしたが本当に大好きな端末でしたね。周囲がiPhoneになっていく中取り残された一因を作ったスマホです。

同じ年IS05を購入。これはAndroidの可能性を考え購入しましたね。比較のためです。WindowsPhoneが進化したので迷ったのですがNOKIAなどが国内機種をあまり出さないこともあり、こちらを購入しましたね。小型軽量で良い端末でしたがAndroid自体が未熟でした。そしてバッテリー問題・・・。シャープ製は最初で最後となりました。

続けてXperia VLを購入。薄型防水で非常に良かったです。この時期からSIM差し替えを頻繁に行うようになりましたね・・・・。試行錯誤して機種選びで失敗を続けていましたが、これでようやく落ち着きました。ソニー製品が好きな私にとっては携帯電話系で唯一このVLだけが活躍しました。

次はAROOWS Z FJL22です。指紋認証がどうしても欲しくて購入。非常に便利でしたね。テレビも見やすかったし、申し分ない端末でした。iPhoneいらないな、と正直思いました。

この頃になると、通話が増え、個人所有のスマホもあったので、ガラケーがいいなと思っていたら、シャープよりAQUOS Kがでました。いわゆるガラホです。いろいろ裏技が使えた素晴らしいガラホでした。サイボウズ系のアプリを組み込んで便利に使いましたね。そのあとSHF33、GRATINAまでガラホを使いました。

しかし通話料金などの関係やスマホとSIMが共用できないことから、SIMフリーのスマホを購入することが増えてきて、SIMを標準に切り替えました。最初に買ったのがFreetelのREIでした。薄型軽量で良かったのですが何か物足りなく、Zenfone3に変えたところ、これが神機ですっかりASUSのファンになり、その後もZenfone5zを買いました。早くて薄いスマホのありがたみが分かりましたね。そのあとはXperia XZsの中古を併用し(おサイフケータイ用)、現在のPixel4aへバトンタッチします。

こうしてみると多くの端末を使ってきたな~と改めて感じます。もしかしたら抜けているかもしれません。意地でもiPhoneを買わないぞ。iPhone以外の神機を探そうという執念が感じられます。今考えると無理せずiPhoneを買った方が良かっただろうな~と感じます。そういえばバッテリーがへたって交換したことは皆無です。ハードに使っているようで短期間だったり、あまり使わなかったりで意外と使い切っていなかったようです・・・。

ちなみにですけど、知り合いに勧められて、大学時代は携帯販売事業に参入していました。今となっては黒歴史ですけどね。

 

 

 

そもそもi-ARMとは?アップデートとLAB-SS終売

9月15日に建築ピボットの建築設計プラットフォームソフトi-ARMがアップデートされました。このソフトは、当初「国産BIM」として開発がスタートしたようですが、最近は建築計画系のソフトとして大きく路線変更し、同社の日影・天空率・斜線と日射量計算統合ソフトのLAB-SSの機能を取り込み、後継ソフトとして進化しています。LAB-SSは建築ピボットの統合型の建築計画ソフトで、一定のシェアがあります。このソフトは2021年9月30日で販売終了して、正式にi-ARMを後継ソフトであると明記し、乗換を案内しています。

同社では、未だこのソフトの販売方法に迷いが見られるようで、i-ARMの活用方法というホームページで対象は書いているのですが、まだ漠然としています。また同社オンライン販売では「3次元建築設計システム」と書いています。逆日影や天空率ができることから、生活産業研究所のADSシリーズと同系列のソフトだと断言できるのですが、知名度は今ひとつ。価格もADSシリーズに比べて安価であり、逆に何か欠陥があるのでは?と疑われるほどお買い得です(初期導入時の価格がなく年会費だけのため)。逆に年会費が高く感じられるのが売れていない理由なのでしょうか?

建築計画系のソフトとしては、建ぺい率・容積率といった初歩から建築可能空間、斜線制限、天空率、日影規制、採光・換気・排煙、防火防煙区画、避難経路計算と機能満載です。このあたりの機能はADSシリーズに引けを取りません。さらに、環境解析機能が優れています。太陽光に関するシミュレーション機能が充実していて、日照時間、昼光、壁面日影など設計時に検討したい内容が含まれています。

そもそもBIMとして開発されたのですが、その機能が充実しなかったおかげなのか、スピードは早く建物のモデリングも簡素です。3Dの設計もできるわけですからおまけとしたら凄いことです(注:おまけではありません)。BIMなのでIFCの読み込みもできるわけで、他のBIMから読みこんで検討するには最適なソフトではないでしょうか?このあたりはライバルADSは、各BIMからのコンバーター・アドオンを開発しており、更に先に行っていますが、そこまで必要ではないケースでは追加費用もかからないので良いのではないでしょうか?

とりあえず、年会費相当の約10万円で導入できる(翌年からもかかる)ので、試しで購入してみるのも良いかもしれません。

i-ARM Ver2(なまあずショップ楽天市場店)

 

2021年改訂版 瓦屋根標準設計・施工ガイドライン

平成13年に発行された「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」の改定版が発売になりました。

建築基準法の改正告示基準(令和4年から適用)に対応し、耐風診断・改修の方法の解説も載っています。瓦屋根を設計・施工する方は必須のバイブルになりそうです。

購入は建防協サイトより。

能登半島で震度5弱の地震

海沿いのちょっと大きな地震は怖いですね。津波の危険もありますから。今回は震源の深さが13キロ、マグニチュードは5.1と津波を引き起こすエネルギーはないのでほっとしましたけど。今回の最大震度は5弱。大きな被害は今のところ伝わってきていません。能登半島では、2020年3月にも最大震度5強の地震が発生しており注意が必要です。

ちなみに16日は海の向こうの中国四川省では、マグニチュード6程度の地震が発生し、3名ほど亡くなられたというニュースが流れました。建物の一部が壊れたり、酒造会社の保管していた酒が大量に漏れたなどの被害が伝えられています。地震が大きくなれば、被害もそれにつれて大きくなります。幸い、日本では震度5弱程度の地震では、大きな被害がでることは稀です。

静岡県の東海地震、関東地方の首都直下地震などは、いつも発生する、発生する、と言われ続けてなかなか発生しません。地震は他の自然災害と同様に気まぐれです。だから今まで起こっていなくても、これから起こらないとはいえません。富士山の噴火も同様です。いつ起こるかわからないこそ準備が重要なのです。

povo 2.0は改悪?

春先に始まったauの低価格プランpovo。他社に比べてトッピングなどが斬新でした。私も移動しました。キャリアメールが使えないなど欠点も多いですが、以前のプランより安価ですし、わかりやすいので良かったな、と思っていました。

それが9月にpovo 2.0になりました。一気に複雑化しました。どうもauはわかりやすいプランを作る気がないようです。一見安価になったように見えて、ルールが今までのpovoと異なり、一概に安く便利になったわけではないようです。せめて1.0を残して・・・ならわかるのですが、継続は出来るみたいですが、新規に1.0の契約はできないようです。

さて、良くなったところは多いですが、ここでは改悪の部分。まず大きいのはデータ通信超過時の挙動。1Mbpsだったのが、使い物にならない128kbpsまで下げたこと。これで速度制限を食らったら、ほぼトッピングを買わざるを得ないことになった。まあ安価なプランですし、この程度は良いかな?と思います。むしろ追加購入しやすいことなどメリットは引き継がれた形です。

通話では、転送電話ができなくなりました。これはahamoなどと同等になるということでしょうか?転送電話があるからpovoというユーザーも多かったことから残念です。かくいう私も転送電話を使うので、これは嫌ですね。料金かかっても欲しい機能です。キャリアメールもないことも含め、あくまでフル機能のプランではないことを理解した上で使う、とうのが正しい使い方なのではないでしょうか?

そもそもトッピングの継続などどうなるのか?など不明な部分も多いです。もしかしたら使いやすくなるかもしれないし、そうでもないかもしれません。正直auユーザーからpovo1.0に移ったユーザーがeSIMに乗り換えられないような変なルールをできるだけなくしてほしいものです。