携帯電話遍歴を追ってみる

この歳になると思い出せないことも多くなってきます。といっても今ほど忘れやすくはないのですが。

携帯電話はどのように変えてきたかな~と思い出してみました(長文です。ただの備忘録です)。

初代は、PHSサービスが始まった1995年 A121というアステルの端末です。薄型で電池がある程度もつのでこの端末を選びました。基本料金は安いが本体は高くてたしか4万円くらいしました。サークルの部室などでは使えず、アンテナがあるところに移動して電話していました。懐かしいですね。ポケベルは使わなかったので青春といえばPHSです。もっとも人付き合いしなくなっていた頃なのでそれほど活躍はしませんでしたけどね。

その後就職活動のために、ドコモTS206を購入。この端末はストレート端末で、比較的機能もオーソドックスで気に入っていました。このあと比較的東芝機が多かったような気がするのはこの端末のおかげでしょう(どれもひどかったですが汗)。

次はi-mode端末のN209i。折りたたみ端末です。嵩張るので嫌だったのですが、使って見ると非常に使いやすくて良い端末でした。i-modeの威力を感じましたね。大阪時代の最後を飾る端末でした。気に入った割に、その後NEC端末を使っていないことから何か足りなかったのでしょう。

建築業界に入ってきて最初に購入したのは防水のR691iでした。建築現場での利用を想定しました。気に入ったのですが、落として紛失しました。携帯電話紛失はこの機種が最初で最後です。

次はF505iGPS。最長の利用期間ながら、ほとんど使わなかった端末です。このころになると会社の携帯を持ち始めたため、プライベートの携帯が不要になりました。しかしGPSがついていてカーナビのように使えること、i-modeがきれいに使えることなど、ガラケーの集大成的魅力的な端末でした。その後、ソニーのガラケーが最後となりましたがやっぱりほとんど利用せず、スマホ時代にGalaxy note2を使い解約しました。どの機種も悪くは無かったのですが利用シーンがありませんでした。

その他、NTTパーソナルのピーインコンパクトを持っていた時期もありましたね。また実験でEMONSTERを買った時期もあります。

会社の携帯は、いきなりツーカーのTK22。安価だったので選んだのですが、予想外に良かったです。薄くて軽くて。忙しくて都内を走り回っていた頃なので、ドコモとの差もほとんど感じませんでした。ツーカーのサービス終了間際まで使いましたね。よく活躍してくれました。

auにそのまま移行して最初の端末がW31T。高機能でデザインが気に入り長期間利用しよう・・・と思ったのですが、次々に新しい機種が出続けるころで、買ったらすぐに他の機種が欲しくなりましたね。でも電話としては非常に高性能でした。TK22が軽かったのでそれと比べてしまったから評価が低くなりました。

次はGs One W42CAですね。やっぱり防水がいいということで頑丈な携帯に戻ってきました。登山などで便利な機能が多くてビックリしましたね。気に入りました。星を良く見に行っていたころなので重宝しました。ただ、ハードに使ったので思ったより速くガタが来ました。残念。

その次はW54T。東芝の多機能端末です。スライド式でテレビも綺麗でした。多機能で良かったのですが、若干トラブルが多い端末です。この頃から東芝に不満を持つようになりましたね・・・。

記念すべき業務用のスマホ第1号はIS02。懲りずに東芝製です。キーボード付で薄いのですが、致命的にバッテリーが持ちませんでした。サードパーティーの大きなバッテリーを併用していましたね。それでも持ちませんでした。Windows系のスマホは今に比べるまでもないですが、ミライが見えましたね。まさかその後iPhoneのようなものが一気に普及するとは思いもしませんでした。

そして2011年。またしても東芝IS12T。WindowsPhoneで完成度が高かったです。イベントなどで外出が一番多かった時期、本当に活躍してくれました。これが無かったら切り抜けられないくらい。防水で薄型軽量。メールがらみがネックでしたが本当に大好きな端末でしたね。周囲がiPhoneになっていく中取り残された一因を作ったスマホです。

同じ年IS05を購入。これはAndroidの可能性を考え購入しましたね。比較のためです。WindowsPhoneが進化したので迷ったのですがNOKIAなどが国内機種をあまり出さないこともあり、こちらを購入しましたね。小型軽量で良い端末でしたがAndroid自体が未熟でした。そしてバッテリー問題・・・。シャープ製は最初で最後となりました。

続けてXperia VLを購入。薄型防水で非常に良かったです。この時期からSIM差し替えを頻繁に行うようになりましたね・・・・。試行錯誤して機種選びで失敗を続けていましたが、これでようやく落ち着きました。ソニー製品が好きな私にとっては携帯電話系で唯一このVLだけが活躍しました。

次はAROOWS Z FJL22です。指紋認証がどうしても欲しくて購入。非常に便利でしたね。テレビも見やすかったし、申し分ない端末でした。iPhoneいらないな、と正直思いました。

この頃になると、通話が増え、個人所有のスマホもあったので、ガラケーがいいなと思っていたら、シャープよりAQUOS Kがでました。いわゆるガラホです。いろいろ裏技が使えた素晴らしいガラホでした。サイボウズ系のアプリを組み込んで便利に使いましたね。そのあとSHF33、GRATINAまでガラホを使いました。

しかし通話料金などの関係やスマホとSIMが共用できないことから、SIMフリーのスマホを購入することが増えてきて、SIMを標準に切り替えました。最初に買ったのがFreetelのREIでした。薄型軽量で良かったのですが何か物足りなく、Zenfone3に変えたところ、これが神機ですっかりASUSのファンになり、その後もZenfone5zを買いました。早くて薄いスマホのありがたみが分かりましたね。そのあとはXperia XZsの中古を併用し(おサイフケータイ用)、現在のPixel4aへバトンタッチします。

こうしてみると多くの端末を使ってきたな~と改めて感じます。もしかしたら抜けているかもしれません。意地でもiPhoneを買わないぞ。iPhone以外の神機を探そうという執念が感じられます。今考えると無理せずiPhoneを買った方が良かっただろうな~と感じます。そういえばバッテリーがへたって交換したことは皆無です。ハードに使っているようで短期間だったり、あまり使わなかったりで意外と使い切っていなかったようです・・・。

ちなみにですけど、知り合いに勧められて、大学時代は携帯販売事業に参入していました。今となっては黒歴史ですけどね。

 

 

 

そもそもi-ARMとは?アップデートとLAB-SS終売

9月15日に建築ピボットの建築設計プラットフォームソフトi-ARMがアップデートされました。このソフトは、当初「国産BIM」として開発がスタートしたようですが、最近は建築計画系のソフトとして大きく路線変更し、同社の日影・天空率・斜線と日射量計算統合ソフトのLAB-SSの機能を取り込み、後継ソフトとして進化しています。LAB-SSは建築ピボットの統合型の建築計画ソフトで、一定のシェアがあります。このソフトは2021年9月30日で販売終了して、正式にi-ARMを後継ソフトであると明記し、乗換を案内しています。

同社では、未だこのソフトの販売方法に迷いが見られるようで、i-ARMの活用方法というホームページで対象は書いているのですが、まだ漠然としています。また同社オンライン販売では「3次元建築設計システム」と書いています。逆日影や天空率ができることから、生活産業研究所のADSシリーズと同系列のソフトだと断言できるのですが、知名度は今ひとつ。価格もADSシリーズに比べて安価であり、逆に何か欠陥があるのでは?と疑われるほどお買い得です(初期導入時の価格がなく年会費だけのため)。逆に年会費が高く感じられるのが売れていない理由なのでしょうか?

建築計画系のソフトとしては、建ぺい率・容積率といった初歩から建築可能空間、斜線制限、天空率、日影規制、採光・換気・排煙、防火防煙区画、避難経路計算と機能満載です。このあたりの機能はADSシリーズに引けを取りません。さらに、環境解析機能が優れています。太陽光に関するシミュレーション機能が充実していて、日照時間、昼光、壁面日影など設計時に検討したい内容が含まれています。

そもそもBIMとして開発されたのですが、その機能が充実しなかったおかげなのか、スピードは早く建物のモデリングも簡素です。3Dの設計もできるわけですからおまけとしたら凄いことです(注:おまけではありません)。BIMなのでIFCの読み込みもできるわけで、他のBIMから読みこんで検討するには最適なソフトではないでしょうか?このあたりはライバルADSは、各BIMからのコンバーター・アドオンを開発しており、更に先に行っていますが、そこまで必要ではないケースでは追加費用もかからないので良いのではないでしょうか?

とりあえず、年会費相当の約10万円で導入できる(翌年からもかかる)ので、試しで購入してみるのも良いかもしれません。

i-ARM Ver2(なまあずショップ楽天市場店)

 

2021年改訂版 瓦屋根標準設計・施工ガイドライン

平成13年に発行された「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」の改定版が発売になりました。

建築基準法の改正告示基準(令和4年から適用)に対応し、耐風診断・改修の方法の解説も載っています。瓦屋根を設計・施工する方は必須のバイブルになりそうです。

購入は建防協サイトより。

能登半島で震度5弱の地震

海沿いのちょっと大きな地震は怖いですね。津波の危険もありますから。今回は震源の深さが13キロ、マグニチュードは5.1と津波を引き起こすエネルギーはないのでほっとしましたけど。今回の最大震度は5弱。大きな被害は今のところ伝わってきていません。能登半島では、2020年3月にも最大震度5強の地震が発生しており注意が必要です。

ちなみに16日は海の向こうの中国四川省では、マグニチュード6程度の地震が発生し、3名ほど亡くなられたというニュースが流れました。建物の一部が壊れたり、酒造会社の保管していた酒が大量に漏れたなどの被害が伝えられています。地震が大きくなれば、被害もそれにつれて大きくなります。幸い、日本では震度5弱程度の地震では、大きな被害がでることは稀です。

静岡県の東海地震、関東地方の首都直下地震などは、いつも発生する、発生する、と言われ続けてなかなか発生しません。地震は他の自然災害と同様に気まぐれです。だから今まで起こっていなくても、これから起こらないとはいえません。富士山の噴火も同様です。いつ起こるかわからないこそ準備が重要なのです。

povo 2.0は改悪?

春先に始まったauの低価格プランpovo。他社に比べてトッピングなどが斬新でした。私も移動しました。キャリアメールが使えないなど欠点も多いですが、以前のプランより安価ですし、わかりやすいので良かったな、と思っていました。

それが9月にpovo 2.0になりました。一気に複雑化しました。どうもauはわかりやすいプランを作る気がないようです。一見安価になったように見えて、ルールが今までのpovoと異なり、一概に安く便利になったわけではないようです。せめて1.0を残して・・・ならわかるのですが、継続は出来るみたいですが、新規に1.0の契約はできないようです。

さて、良くなったところは多いですが、ここでは改悪の部分。まず大きいのはデータ通信超過時の挙動。1Mbpsだったのが、使い物にならない128kbpsまで下げたこと。これで速度制限を食らったら、ほぼトッピングを買わざるを得ないことになった。まあ安価なプランですし、この程度は良いかな?と思います。むしろ追加購入しやすいことなどメリットは引き継がれた形です。

通話では、転送電話ができなくなりました。これはahamoなどと同等になるということでしょうか?転送電話があるからpovoというユーザーも多かったことから残念です。かくいう私も転送電話を使うので、これは嫌ですね。料金かかっても欲しい機能です。キャリアメールもないことも含め、あくまでフル機能のプランではないことを理解した上で使う、とうのが正しい使い方なのではないでしょうか?

そもそもトッピングの継続などどうなるのか?など不明な部分も多いです。もしかしたら使いやすくなるかもしれないし、そうでもないかもしれません。正直auユーザーからpovo1.0に移ったユーザーがeSIMに乗り換えられないような変なルールをできるだけなくしてほしいものです。

構造モデラー+NBUS7 Ver.2オンラインセミナー(9/9開催分)動画公開

構造システムの一貫構造計算ソフト「構造モデラー+NBUS7」のオンラインセミナーの動画が公開されています。

そもそもの目標到達点に達していないのに、バージョンだけを上げていくのは本当にやめてほしいのですが、今年Ver2になりました。別にバージョンアップ代金発生していないだろうとか、そういう意味ではないです。他社もそのようなところ結構ありましたが、最近は激減しています。やはり名称も含めじっくり取り組んで欲しいところです。ともあれ、基礎の計算(オプション)が一応出たことで、実務で使い出した人も増えたと聞きます。私の所にも、購入相談がちらりほらり。個人的にも、試用させていただきましたが問題なく使えるし、あとは使うユーザーが増えて、具体的な改善要望が増えれば完成度が更に高まるのかな?と思います。

構造モデラー+NBUS7低層版(年会費セット) なまあずショップ楽天市場店

異常震域と地震予知

子供の頃から、地震とか予知できればいいのに、と思っていました。台風だってだいたいの予測はできる(はずれることもある)、ゲリラ豪雨だって、確実ではないですが予報できます。地震もそのようになるだろう、と思っていました。

しかし予測できるであろうと思われていた東海地震は、あの通りですし、地震の周期説も怪しい感じになってきているなか、宏観現象で予想しようとする動きはネットをみてもまだまだ根強い。

それらが嘘だとか思うつもりはありません。私もいろいろな方の研究を覗いてみました。明らかに論拠がおかしいものだけでなく、様々な仮説をたて研究を重ねてるものもあります。そのうち確立されるかもしれません。期待もしているのですが、私の中で地震というものが、単独の自然現象に見えなくなってきました。

というのも、そもそも直下型地震と海溝型地震では地面が揺れるということは共通でも、メカニズムは違います。これらを一緒の手法で評価していいものなのでしょうか?しかも今朝の地震のように異常震域などとなると、その直上で何か地震予知が確立されていたとしても、地震が発生したのははるか遠くだった、などなる可能性があります。たぶん発生しうる地震によって予知方法は変えていくべきであり、研究も別個に進める必要もあるのかもしれません。

もっとも予知が必要なものといえば、大津波が発生するような近海を震源とする地震、都市を直撃する直下型地震がメインなのかもしれないので、他はそれほど考える必要がないのかもしれません。一時期は、無駄な研究しているなと思いましたが、最近のテレビでの報道内容をみると、少しずつですが、地震の真実に近づいてきていて、もしかしたら今考えられてないような手法で、予測が可能になるかもしれない、と感じるようになりました。

まあ、まだ先の話です。今は、発生することを前提に、備えをすることに重きを置いて、予知などのホームページをみて一喜一憂する時期ではないようです。

やはり侮れないワクチンの副反応 新型コロナウイルス

昨日、無事2回目を打ってきました。もちろん新型コロナウイルスのワクチン(ファイザー)です。

いろいろなデータを駆使し、1回目はほぼ反応なし、2回目は高熱でるも問題ないレベル、と予想していました。1回目は予想通り、若干肩が痛いレベルで何事もなく。2回目に望みました。

問診で高熱が出やすいので出たら鎮痛剤?を飲んでくださいと言われました。たぶんそのようなデータがでているのでしょう。私ももう少し痩せていれば良いのでしょうけど、これに合わせて5キロ程度体重減しましたが、まだまだですからね。

そして、金曜日の1時半頃に2回目のワクチンを打ちました。特に異常はないが、なんだか嫌な予感がしたので、すぐに事務所に引き上げ、事務作業を終えてから早めに帰りました。なんか変程度で体温がおかしいこともありません。

そして翌日。明らかに体温が高いのですが、寝覚めも良く、健康そのもの。体温は37度代後半・・・。やはりね。と思いました。通常この体温だと骨(関節)が痛かったり筋肉痛っぽかったり、頭がボーっとしたり、兆候があるのですが、それらはまったくなく。他の副反応独特の症状もありませんでした。まあ普段とまったく違う感覚(熱はあるがだるくない)というのが不思議、という感じでした。

というわけで予定通り土曜日は休みました。いろいろやらなければならないことは多いのですが、仕方がありません。明日は働きたいのでもう少し我慢してじっとしています。

noteの良さ

最近、Catfishなおうち for noteの記事を充実させています。何しろ使いやすいです。文字入力と写真程度で装飾はあまりできないから、集中して記事が書けます。またワードプレスみたいなアップデートもないですし、トラブルもほとんどないです。ワードプレスは歳取ってくると不便です。Editorとか変わってきましたし(古い方が好き)。進化しつづけることは、バグフィックスなどの面でも信頼感は高いのですが、別にこれ以上進化しなくても良いな、と感じるわけです。

おかげさまで、少しずつ読者も増えてきてフォロワーも10名になりました。なまあず日記styleと違い分野を限定して書き続けたいと思います。

HOUSE-WL Ver2アップデート(2.0.1.3)

2021年9月7日に壁式鉄筋コンクリート造構造計算ソフトHOUSE-WL Ver2がアップデートされました。同時にWALL-1もアップデートされています。3月以来のアップデートで、意外とたくさんの修正があります。アップデートするときは、現在計算を行っているもので影響がないか確認してから行いましょう。