新型コロナウイルス」タグアーカイブ

やはり侮れないワクチンの副反応 新型コロナウイルス

昨日、無事2回目を打ってきました。もちろん新型コロナウイルスのワクチン(ファイザー)です。

いろいろなデータを駆使し、1回目はほぼ反応なし、2回目は高熱でるも問題ないレベル、と予想していました。1回目は予想通り、若干肩が痛いレベルで何事もなく。2回目に望みました。

問診で高熱が出やすいので出たら鎮痛剤?を飲んでくださいと言われました。たぶんそのようなデータがでているのでしょう。私ももう少し痩せていれば良いのでしょうけど、これに合わせて5キロ程度体重減しましたが、まだまだですからね。

そして、金曜日の1時半頃に2回目のワクチンを打ちました。特に異常はないが、なんだか嫌な予感がしたので、すぐに事務所に引き上げ、事務作業を終えてから早めに帰りました。なんか変程度で体温がおかしいこともありません。

そして翌日。明らかに体温が高いのですが、寝覚めも良く、健康そのもの。体温は37度代後半・・・。やはりね。と思いました。通常この体温だと骨(関節)が痛かったり筋肉痛っぽかったり、頭がボーっとしたり、兆候があるのですが、それらはまったくなく。他の副反応独特の症状もありませんでした。まあ普段とまったく違う感覚(熱はあるがだるくない)というのが不思議、という感じでした。

というわけで予定通り土曜日は休みました。いろいろやらなければならないことは多いのですが、仕方がありません。明日は働きたいのでもう少し我慢してじっとしています。

デルタ株時代の新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスへの対策がだいぶ浸透してきた矢先、この夏の感染拡大。きっと今までの対策に穴があったに違いない・・・・と考えるのが妥当で、その研究は進められています。まず第1に今まで対策的に間違えていたのだが、感染力がそこまで高くなかったから見過ごされてきた部分と、デルタ株固有の特徴の2種類があると思います。特にマスクさえ付ければ良い、という間違ったルールが感染を拡大しているように思えます。またそのマスクを外すときが一番危険というのは間違いないことも分かってきています。

デルタ株という観点で見れば、非常に感染力の高いウイルスであることは間違いなく、今までのあまり効率が良くなかった対策でも防げていた物が、防げなくなっているようです。体内のウイルス量が従来の1000倍以上といわれ、周囲にまき散らすウイルス量が増えるのでは?1人が感染させられる人数が多いのでは?と言われています。これは、たとえ外出が少なく、人に会うことが少なかったとしても、外で家族の1人が感染すると、家で家族に感染させる確率が高くなるのは間違いなさそうです。事実家庭内感染が増えています。

従来からの新型コロナと考えると、飛沫感染ばかり気にしている人が多いのが気になります。デルタ株になって顕著になってきましたが、従来の新型コロナも空気感染は発生しており、上記のように感染力が上がったウイルスになれば、さらに空気感染の確率が高くなります。

・外食控える。外でマスクを取るときは、人が周りに居ない屋外などに限定すべき

・家庭内でも外と同じ対策をする

・換気をこれまで以上に、頻繁に行う。換気扇を回し続けるなど工夫する。l

です。何か新しい対策、というより、今までよりも更にしっかり対策をする、というのが正しいような気がします。新型コロナは、感染しても無症状の人が多く、特に若者の感染はわかりにくい傾向があります。それでも感染力がある場合があるそうなので、よりしっかりした対策が必要です。

あくまで現時点での私の備忘録です。私は今まで通り、自分が感染しているものと考え、他にうつさない、という発想で対策していきます。一人だからと言って、他の地域に行く等というのは、感染を広げる行動になりますので、避けたいところです。

デルタ株とはなんぞや??

新型コロナ対策は、昨年春くらいからほとんど変わっておりません。そして守っていれば比較的感染しにくいのも確かです。一部緩んできている感じはしますが、概ね日本は守られているような気がします。しかしこの夏の暑い時期に感染者が急増しているのは違和感を感じます。

この文章は自分で整理するために「新型コロナ デルタ型変異ウイルス 感染力、重症化リスク、ワクチンの効果など 現時点で分かっていること(忽那賢志:感染症専門医8月1日)」を見ながら自分で理解しながら書いています。後半のラムダ型も同医師の「新型コロナ 南米で拡大しているラムダ型変異ウイルス 現時点で分かっていることは?」を参考にまとめています。正確な記事を知りたい方はリンク先へどうぞ。私のブログはあくまで私向けにまとめています。

その要因の1つをデルタ型変異ウイルスの増加にあると仮説が建てられていて、それが信じられるようになりました。しかし従来も変異株はいろいろ出てきました。それに比べて何が違うのでしょうか?

まず、感染力が違うと誰でも分かります。東京都では7月12~18の週で全体の46.3%を締めたそうです。8月には半分以上を占めていることが予想されます。大阪でも増えてきています。ということは海外から入ってきて東京から全国に・・・ということになるのでしょうか?

世界的に見ても100以上の国で広がっています。今回のオリンピックでも入ってきていることは間違いありません。イギリスでは99%、アメリカでも83%がデルタ・・・というデータもあります。この数字から見ても感染率が高そうだ、というのは一般民にも分かります。

ただ、どうすると感染するのか?が未だ明確になっていません。あくまで延長線上ということであれば、従来の対策である程度防げるはず・・・ですが、今分かっている特徴は以下の通りです。

・従来よりも感染者の体内でのウイルス量が飛躍的に多いこと

・感染してウイルスが検出されるまでが約2日間程度短くなる

・ウイルスを排出する期間も長くなる

この3つを総合して考えると、今まで「運良く」感染しなかった人々が、感染してしまっている、という状態なのでしょうか?上記を考えると政府がマスクを取るであろう飲食店での自粛を強く呼びかける理由もわかるような気がします。更に滞在時間が長くなりがちの飲酒を禁止するのも仕方が無いかなと思ってしまいます。

また、海外では、デルタ型は、重症化リスクが高くなるとのこと。日本では感染者数に対する重症化率はまだそれほど高まった感じはしませんが、海外だと顕著なようです。

ワクチン効果は?というと、日本でも高齢者の感染者数が減ってきていることから効果があると思われます。ファイザーの場合、感染予防効果や発症予防効果が低下する可能性はあるが、重症化予防効果は保たれているとのこと。アメリカのマサチューセッツ州発生のクラスター469人のうち(ほとんどがデルタ型)、346人がワクチン接種後だったそうですが、この数字を見る限り、ワクチンを過信しないほうが良いと感じます。接種していない人と大差がなかったようです。デルタ株は、明らかにワクチン効果が落ちていると思われ、日本の接種を受けた高齢者達も、このままデルタ型が広がると再び感染増とういこともあり得るかもしれません。

それらを受けても、新型コロナに対する感染対策は変わらないそうです。しかし日本の現状を考えると、より厳格にルール化し感染対策をしていかなければならないと感じます。おそらく個人・家族毎に対策の徹底度は大きく異なると思います。

・小まめな手洗い
・3密を避ける
・マスク着用
・ワクチン
・家族内でも対策を
・換気をする
・変なところを触らない、触ったときは即手洗い、消毒

さて、デルタ型に気を取られている間に、南米ではラムダ型が拡大しているそうです。デルタ型までとはまた違ったウイルスで、ペルーに関しては9割以上がラムダ型になっているそうで、デルタ型よりももしかしたら感染力が高いのかもしれないと危惧されています。さいわい日本にはまだ入ってきて無さそうですが、早晩入ってくることは間違いないでしょう。ワクチン効果もより下がるのでは?との予測があり、入ってくる前にデルタ型を早期に壊滅させることが求められます。

では、暑いですのでマスクを付けるだけでも大変ですが、まわりに移さないの意識を高めて対策をしましょう。自分一人だけなら大丈夫だろうが、今の感染状況を作っています。

 

 

ウッドショックを逆手に取った悪質なリフォーム営業手法

ウッドショックで大変なのは、材木を扱う商社さん、工務店さん、ビルダーさん、ハウスメーカーさん、職人さん・・・そして購入を希望するお客様まだ多岐にわたります。もちろん設計者も。しかしいつものことですが、その不幸を逆手に取ってうまいこと営業をしている人が出てくるのも仕方がないかもしれません。しかしながら、そんな業者は長続きしません。一時は良い思いすると思いますが、たぶん駄目だと思います。

ここで言っているのは、ウッドショックで木材が高くなるから、早く契約を決めた方が良いですよ、という類いの営業ではありません。これもある意味足元を見た営業手法ですが、営業さんを抱えているハウスメーカー等にとっても値上がりは脅威であり、早く決めれば安く材木を押さえられてお互いWin-Winになる可能性があります。もちろん行きすぎはよくありませんが、この程度はよくあることかと。そしてそれを警戒しなければと思う一般顧客はそのような話ではなく、冷静に判断できると思います。

私が聞いた悪質な事例は、とりあえず木材を発注したいので、設計内容も決まらないのに契約を推し進めた件。客は私が知っている方だったので正直衝撃を受けました。ちなみにフルリフォームらしいのですが、心変わりしないようにと、さっさと解体を開始したそうです。まあその最中にプランや価格が決まる・・・というものらしいですが、さすがに無理がありますよね。ウッドショックで木材を押さえて安くできる、という言い方で説得したらしいですが・・・。

同じような事例で、耐震補強計画すら出来ていないのに、契約を行い、解体時に補強設計をやり、結果的に耐震性が出なかった、という事例も報告されています。これは事前に補強設計をまともにやらずに契約したために起こった事例です。もちろんウッドショックで木材が入らなくなる、価格が高くなる、だから先に解体しあとで内容は決めましょう、という説得だったらしいです。根拠のない金額で契約したそうです。補強内容の報告はどうする予定なのでしょうか??現場の大工さんから情報が漏れたようです。

その程度のこと、どこでも行われている・・・という人もいるかもしれません。ウッドショックをネタに営業をするなんて当たり前では?と思うかもしれません。そこではなく、ウッドショックで大変だから内容も決まらず契約を行い現場解体を急ぐ・・・という手法が問題だと思っています。その結果、良い設計・良い施工ができれば問題がないのですが、上記事例は良い結果を生みませんでした。両方とも施主が望む耐震性は実現していませんし、恐らく価格不相応です。

もちろん新築に目を移せば、契約外の樹種を施主に無断で交換した件や、材料が入手できないので、耐震等級3取得を諦めさせた、などという事例も聞こえてきます。他にもいろいろありそうです。何事もそうですが、焦るとろくな事がありません。自分の目を信じてしまうのは仕方がないと思うのですが、一応気をつけた方が良さそうです。

新型コロナの自主検査

日本的にはあまり推奨されていませんが、新型コロナウイルス感染の検査キットは、そこそこの金額で流通しています。私も年末年始に忘年会や新年会に出なければならないことから(結果的に中止)検査キットを買っています。2種類も。

なぜ2種類なのかというと、信頼性の向上のためです。外国では一般的に使われているとは言え、医者でもない素人が使うわけで、使い方を間違えるかもしれませんし、ウイルス変異で対応できないものも出てくるかもしれません。ということで使っているのはこの2種類。

一つ目は抗体検査キット。安価なうえに精度が高いです。血液を採取するための方法を考えなければならないのが欠点です。初期の感染は検知できないですが、感染中から感染後にも過去に感染したかをチェックできるので重宝します。10分かからず検査結果が出るのもいいですね。穿刺針が若干怖いですが(汗)。社員は全員この検査を経験しています。今のところ感染した兆候はありません。

もう一つは抗原検査キット。こちらはPCR検査に近い形で、喉や鼻の粘膜唾液から検査を行え、採取後10~15分ほどで結果が出ます。初期感染もわかる反面、若干高価ですし、PCRよりウイルス量が多くないと検出できない欠点もあります。年配の方の家を訪問する前などに利用しています。こちらも今のところ感染した兆候はありません。

この2つを組み合わせれば、過去に見逃していたかもしれない感染を発見できる可能性は高いですし、感染したかも??と思ったときにとりあえず診断ができるので良い組み合わせだと思っています。もちろん体調が悪いときはこれらに頼らずきちんとした検査を受けるつもりです。

別に検査したからといって感染率が下がるわけではありませんが、日頃から注意を持続するためには効果があると思っています。

 

私が、新型コロナを時系列でまとめようと思ったワケ

コロナに負けるな!in fuchu

なまあず日記styleの趣旨とは離れますが、新型コロナウイルスを時系列にまとめた「コロナに負けるな in fuchu」というページを作成しています。これは情報発信というより、後の備忘録です。建築・IT系のこのブログでなぜ?と思うかもしれませんが、ネット・情報社会に潜む罠にはまらないためにやっています。あくまで自分で情報を収集し自分で考え・・・のためには、その場その場の状況を把握していく必要があるのです。それはもしその時点で間違えていても、です。

昔、耐震偽装事件(2005年)が発生した折、新聞などで事件を追いました。この事件は私の会社にも大きな影響を与えました。取材も受けました。私もまだ若かったこともあり、精力的に調べました。そしてニュースの流れが、次々に変わっていくことを肌で感じた初めての事件でした。

今回も結論が見えない未知のウイルスの件であり、いろいろ世論も変わっていくと思っています。それを肌で感じながら、地元目線で見ていこうと思ったのです。今後、建築系で未知の何かに遭遇したときにも、うまくまとめられるか不安なので、その予行演習でもあります。耐震偽装事件のときはまとめるだけで情報を発表することはしませんでしたが、次回の何かでは役に立てるかもしれません。

そんなわけで試行錯誤しながらやっています。忙しくなってしまったので更新は遅れがちですが、何かの役に立つのであれば幸いです。

謹賀新年

今年も皆様にとってよい年となりますように。よろしく!

令和3年 正月 DJしろなまず

さて、2021年、令和3年を迎えました。新型コロナウイルス感染者が急増している状況下、先が見えない正月となりましたが、ゆっくり過ごせる方もいらっしゃったのではないでしょうか??

私は例年より冬休みが短いものの、みっちりお休みをいただきました。31日は「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」を見ながらの年越し。久々に日本酒をあけながらのゆっくりした年越し・・・前に寝てしまいましたが。

1日はゆっくりとした朝を迎え、ニューイヤー駅伝も見ずに、報道番組を見ながらの目覚め。実家に挨拶に行き(徒歩0分)、朝食を頂いて談笑。駄菓子屋も年末休みをもらっていましたが1日からオープン。もっともほとんど客は来ないですけど。事務所に行き、年賀状を整理。半分が旧住所で届く。まだまだ移転が徹底されていない模様。もっともワープロだからというところもあり、新事務所に来た方も直っていなかったりします。散歩は近所を中心にゆっくり歩きました。公園では子どもたちが親と遊んでいましたが今はこんなに少ないのだな、と感じました。新型コロナもあるからでしょうけど。今年も更に周知に努めます。夜は「芸能人格付けチェック!」と「月曜から夜ふかし 元日スペシャル」を見る。大好きな番組2本を酒を飲みながらゆっくり見られました。格付け難しいですねえ。私も牛肉わからなかったと思います(未だに肉の味がわからないので)。桐谷さんは、相変わらず桐谷さんでしたが、大量の将棋雑誌を捨てようか迷う桐谷さんに棋士としてのプライドを見ました。無事に将棋記者の方が引き取ることで決まったようで安心しました。

2日目は、箱根駅伝。早稲田は往路は評判が良いメンバーでしたが、疲れが心配でした。全体的に速度が上がらないなか、堅実な走りで創価大学が往路初優勝。青山は下位に沈み、改めて駅伝の難しさを感じました。早稲田は・・・5区に入るまでは本調子でもないがうまく繋いでいるように見えたのですが・・・明日は下位に有力校が揃い、厳しいシード権争いになりそうです。応援していた法政大は1区でまさかの区間賞!でしたが、後は・・・。あと沿道応援やはり多いですね。少なくはなっているのですが。個人的に甲子園が中止で箱根駅伝がほぼ普段通りなのはいかがかと思います。これなら甲子園も無観客でやって欲しかったな、と感じます。また箱根の応援団は駄目で、観客は大丈夫・・・というのも釈然としません。誰のための大会なのか?改めて考える事が必要かな?と思いました。ちなみに信長の野望 創造withPKをやりながら見ていました。上杉景勝で織田軍を迎え撃つ難しいシナリオ。魚津城を早々に見捨てて堅陣をもって対抗しました。真田を吸収していて武将の質はまあまあなのですが、武田軍が足をひっぱるひっぱる・・・。北条との関係が厳しいなか、築城を繰り返し対抗。結局時間内は凌ぎきりました。失った城は魚津城のみ。得た城は真田の城2つ。築城は5つ。大分上達しました。あとは、正月太りを警戒して、夫婦でバトミントン・・・すぐバテましたが、良い運動でした。その結果午後は爆睡しました・・・。夜は「さんまのまんま」を見てから、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?3時間半SP」。嫁が好きなのです。知っている地域が出ていたので注目していました。電動バイクならぬ電動自転車が欲しいな~と思いました。全体的にテレビ見まくりの正月です。運動は結構ハードに行いました。新型コロナご時世ですから、これもまたいいのかな、と思いました。

そして3日目。箱根駅伝の6区を見てから始動です。会社に来て明日始業の準備をしています。昨年は仕事を残しての年越しとなったので、今年は新年早々から忙しそうです。ただ新人も入ってきますので良いスタートを切れるように頑張ろうと思います。皆様も自分だけは大丈夫、と思わず新型コロナウイルス対策を十分に行い、良い年をお過ごしくださいませ。

 

住宅ローン減税、床面積40㎡から。平成21年度要件緩和

住宅減税、床面積40平方mから 21年度、要件を緩和(共同通信)

新型コロナで、コロナ関連以外の経済対策は下火になってきましたが、2021年度も住宅ローン減税は続き、要件が緩和されます。新型コロナ感染拡大に伴う負担軽減策としての通常より3年長い13年間受けられる特例措置については、原則20年末までの入居としている適用期限を2年延長する方向だという。

これは非常にお得なので、余裕があるならこの期間に住宅購入を検討するのは賢いと思います。新型コロナ禍では、経済的に影響がある仕事とない仕事の差が顕著です。そして流動的です。なので意外と余裕がある方も多いのです。そこが新型コロナ対策の難しいところだと思います。なのでGoTo関連もその方々を狙った施策に見えますが、感染に関してはそこまで気にしていられないということなのでしょうか??決定打が待たれます。

「Catfishなおうち」第14回配信(2020年11月23日配信)

第14回配信です。「Catfishなおうち」はポッドキャストのシステムを使ったネットラジオです。主に建築構造系のことをつぶやいていきます。ブログ、なまあず日記styleのネットラジオ版です。

「Catfishなおうち」第14回をお送り致します。前回までの放送はこちら

だいぶ収録に慣れてきたのか?しゃべりすぎてしまうことが多く今回は特集を収録できませんでした<(_ _)>。短く適確にしゃべる努力をしなければ、と思っています。久々に意匠設計してプレゼンしたのでテンションが高かったのかもしれません。

DJしろなまずの質問回答コーナー
建築設計事務所は食べていけるのか?

特集:
なし

ネットラジオ「Catfishなおうち」
・収録・提供 なまあず日記style(スタジオKatamachi:東京都府中市)
・メインパーソナリティー DJしろなまず  ちなみ(AITalkより)
・バックミュージック 「Gunshot Straight」MusMusさんより

・CM なまあずソリューション

加湿器を買う

新オフィスの生活にも慣れました。4方向に窓があるのは換気の上で本当に便利!中二階のありがたさも感じます。日当たりが良すぎて乾燥しやすい欠点があるので、加湿器を導入しました。

 

これです。まあ良いこといっぱい書いてありますが、やはり大手メーカーとは違いますね。秋口に新型コロナ対策として加湿器が有効という記事やニュースが流れたので、売れているのでしょうね。大手の商品は少なめでした。在宅勤務で使いたいという人も多かったようですし。

さて、この商品。値段的には安くはないのですが、大容量6リットルが魅力です。目に見えていますし。メンテナンスも空気清浄機併用タイプなどに比べても楽です。タイマーもついていて、ミストも3段階。自動湿度調整機能も付いています。リモコンも・・・と思うのですが、その機能設定は最低限。それぞれの機能を1ボタン割り当てているので、間違えることは少ないのですが、できることは限られています。まあ間違いにくいのはメリットといえばメリットです。逆に設定をボタンを押さない限り確認できないのは、嫌な方もいるかもしれません。

それなりに多機能で十分使えます。水滴の大きさも小さめで手で蒸気に触れても濡れる、ということはありません。昨年モデルに比べ除菌力がアップしているようですが、この手の機能をあまり信用しませんし、説明書にもこまめなメンテナンスは謳われているので、メンテナンスフリーというわけではありません。次亜塩素酸水に対応しているのはいいと思いますが、何か特殊なシーンでも無い限り使わない予定です。

この機種のハイブリッドというのは、基本は超音波式で、加熱ヒーターも併用できるのがポイントです。加熱式のほうが雑菌の繁殖は抑えられるので、うまく使い分けていきたいです。蒸気が熱くならないのがいいですね。音も比較的小さいですし。

出力が大きいので20畳くらいまで使えそうです。うちの事務所なら秋口は最低のミスト量で大丈夫そうです。

デメリットは、肝心の自動湿度調整機能があまりあてにならないこと。これはどの機種でも同様ですが、ムラが大きいような気がします。でも長時間運用では、無いよりマシです。またフタの取り外しが説明書と違うのも減点対象。これは添付で一枚紙でいいから追記して入れておいて欲しかった。

概ね使い勝手も良いですし、今のところ目立ったマイナス点もありません。水の中にアヒルを浮かべたら楽しいのにな~と感じますが、どうなんでしょうかね????