府中市」タグアーカイブ

アメトーーク!の駄菓子大好き芸人(4月22日)

4月22日は、アメトーーク!で駄菓子大好き芸人だったのですが、先週は忙しく録画を見られたのは日曜日になってからでした。

過去の駄菓子特集でのノウハウの集積があったのか?駄菓子屋さんに配慮した心遣いをみることができて嬉しい部分も。特に価格をできるだけアバウトにしてくれたのは良かったです。

さて、出てくる駄菓子は比較的オーソドックスながら、お笑い芸人のセンスが光るプレゼンで楽しかったと思う視聴者も多かったと思います。その影響か?週末の駄菓子屋さんは、普段来ない客層が多く来店しました。私も珍しく店頭に立ちましたが、若いカップル・夫婦が多いなと感じました。テレビの威力が減ってきたと言われていますが、緊急事態宣言発令の日で、しかも店頭の小さなスペースだけの縮小営業中なのに、普段以上の売上げがあったことは、さすがだなと感じました。もっとも店主は、まったくアメトーーク!のことを知りませんでしたが(汗)。

モロッコヨーグルは普段それほど売れないのですが、急激に売れて店頭商品がなくなるほど。バックヤードから商品を出してきました。

番組で紹介された駄菓子の中で特に売れたのが、さくら大根。またあまりクローズアップされませんでしたが、モロッコヨーグルもかなり売れました。他も紹介された駄菓子は軒並み売れましたね。うまい棒やキャベツ太郎は聞かれることがほとんどなかったことから、この二つはコンビニやスーパーでお馴染み過ぎるので別に駄菓子屋で買うほどのこともない、ということでしょうか??ちなみに私の駄菓子屋ではキャベツ太郎は売れないので、ずっと販売していません。

サワーペーパーは知らないお客様が多くて、番組で見て買っていった方が多かったです。

というわけで、値札付け、品出し、接客と珍しくお手伝いをさせていただきました。緊急事態宣言下なので、厳重に対策を講じての営業で、皆様に不自由をおかけします。不要不急の外出を控えてどうしてもというときにご来店いただければと思いますね。こちらも店の外でお待たせするのは心苦しく感じていますが、ご来店時にはご協力よろしくお願いします。

「Catfishなおうち」第10回配信(2020年10月24日配信)

「Catfishなおうち」はポッドキャストのシステムを使ったネットラジオです。主に構造系のことをつぶやいていきます。ブログ、なまあず日記styleのネットラジオ版です。

「Catfishなおうち」第10回をお送り致します。第9回はこちら

今日は、一日休養を取ったので元気です!!なのでちょっと長いです。記念すべき第十回目ということで新コーナーも始まりました。

DJしろなまずの質問回答コーナー(新コーナー)

特集:楽天モバイルは府中市で使えるか?

ネットラジオ「Catfishなおうち」
・収録・提供 なまあず日記style(スタジオKatamachi:東京都府中市)
・メインパーソナリティー DJしろなまず  ちなみ(AITalkより)
・バックミュージック 「Gunshot Straight」 MusMus
・CM 駄菓子屋なまあず

特別定額給付金???

聞き慣れない言葉が、私の周りで飛び回っているので調べて見たら、新型コロナ対策の家計支援の給付金で、例の30万が10万で・・・とか議論されていたものです。

もう受け取っている地域の人もいますが、大都市はこれからのようです。受け取り方は主に2つ(行政によって異なるの??)。オンライン申請と、郵送申請らしい。私はスマホがZenfonenなので、このオンライン申請するためのアプリが使えない??との話題がよくtwitterで流れていました。オンライン申請にはマイナンバーカードが必要で、そのアプリ??が使えるスマホがあるとかないとか。ただパソコンがあればChrome拡張機能でできるのに・・・とも思ったのですが、パソコンを持っていない人や、格安スマホなどで使えない機種があるとか・・・難しいですね。私もすぐに10万欲しいですが、このように面倒なら、郵送申請を待った方がいいな、と思います。

郵送申請は私の住む府中市は5月下旬だそうです。まあマイナンバーカードも持っていないし気長に待ちましょう。これを機にマイナンバーも普及すればな、と思いましたが・・・・やはり市役所に人が殺到したそうです(涙)。

新型コロナを機に、リモートワークを始め、新しい働き方、生活様式が始まりました。若い人には良い契機なのかもしれませんが、年配者には辛いですね。また新たな問題点も出てきそうです。どちらにせよ、早く新型コロナ消え去ってほしいものです。今日は暑い・・・。

コロナに負けるな in fuchu

主に府中市の新型コロナ情報を、主な新型コロナニュースと一緒に時系列にまとめたサイトです。個人備忘録ですが、一応公開しています。府中市にも通称アベノマスク届き始めたようですね・・・。

なまあず日記Styleがネットラジオに!!「Catfishなおうち」をPodcastで公開中。spotifyとituneにて。

 

「Catfishなおうち」第四回配信(2020年5月6日配信)

「Catfishなおうち」第一回配信(2020年4月5日配信)

「Catfishなおうち」第一回配信(2020年4月5日配信)

新型コロナウイルスでなにかに挑戦する人が増えているので自分もネットラジオに挑戦してみました。まだ試験段階ですので「Catfishなおうち」という番組をしばらく提供します。これで調整をして続けるかどうかを決定します。ブログと違って肉声が届くのではずかしいのですが、挑戦してみます。

「Catfishなおうち」は、ブログ「なまあず日記style」のネットラジオ版です。特に公開時間を決めていないので自由な時間に聞くことができます。建築、構造、耐震、自然災害とITをからめて話していきたいと思います。構成はフリートーク、週間建築ニュース、特集の3本立てです。BGMはMusMusさんの「Gunshot Straight」です。

さて第一回は、フリートークは始めたきっかけなど。週間建築ニュースは府中市役所の建築指導課の引っ越し、特集は設計図書の保存についてです。4号建築物の保存図書の注意点などを話しています。初回はこんな感じですが、次回からは構造、耐震が多くなってくると思います。お暇でしたらおつきあいくださいませ。

ネットラジオ「Catfishなおうち」
・収録・提供 なまあず日記style(スタジオ702:東京都府中市)
・メインパーソナリティー DJしろなまず
・バックミュージック 「Gunshot Straight」 MusMus
・CM なまあずショップ楽天市場店

府中からおもちゃ屋がなくなっていく

府中のトイザらスが3月に閉店になります。

カテゴリーキラーとは、特定の分野の商品を豊富に揃え低価格で販売する小売店舗のこと(もう少し細かい定義はあるけど)。その商圏にカテゴリーキラーが進出するとその商圏内のショップが閉店や縮小に追い込まれるので、ショッピングセンターとはまた違った意味で地元商店に嫌がられることが多いです。

おもちゃ屋のカテゴリーキラーといえば、トイザらス。アメリカニュージャージー州で1957年に開業。第2次大戦後のベビーブームで玩具需要も高く急成長しました。日本でもトイザらスが進出しましたね。しかしトイザらスなどかてギリーキラーも、ディスカウントストア等新たなライバルがでたうえ、最後にはアマゾン等の通販に追撃され、アメリカでは倒産しました。

さて日本では1991年に第1号店ができてから、日米貿易摩擦の影響もあり、広く普及しました。一方、地元のおもちゃ屋はそのあおりもあり、激減。スーパーなどのおもちゃ売り場も縮小・消滅していきます。まあこれは大型のショッピングセンターなどの影響もあるのですが。

府中では、長年おもちゃを販売していたスーパーが次々に撤退。昔はイトーヨーカドーや忠実屋、西友など府中は買い物場所が多かったです。それらが撤退していっても、再開発により伊勢丹府中店などができて、おもちゃなどを扱う店は残りました。そこにトイザらスやベビーザらスが出店したので、何も問題なかったはずなのです。

しかし高級なおもちゃ類を扱う伊勢丹府中店に続き、トイザらス府中店も3月に無くなります。そもそも再開発で駅前に大きなゲームコーナーのあるゲームセンターもなくなり、駅前に子どもが楽しめる施設が映画館しかないので仕方が無いのかもしれません。府中駅前のおもちゃ屋の雄「みのる屋」も再開発を機に閉店。各地域に残っていたおもちゃ屋さんも、次々に閉店していきました。

テレビゲームが流行ったことが大きかったですが、その後もカードゲームなど、おもちゃの動きは早く、小さな店では対応できないことが多かったです。しかもテレビゲームもスマホの普及で昔ほどの地位はなく、また通販に加え、オンラインで直接ソフトをダウンロード購入できるようになり、むかしほどおもちゃ屋に利益をもたらす存在になりませんでした。

しかし、このままでいいのでしょうか?やはり小さい子どもは店頭で、おもちゃがたくさんあるところで選んで買うことも育児上の意義もあるかと思います。また直接手渡しで買って貰う喜びもあります。府中ではおもちゃ屋が本当に壊滅しました。本屋さんも啓文堂など残っているものの、町の本屋はほとんどなくなりました。子どもも含め、地元で買い物を楽しむ場所が激減して、本当にいいのでしょうか?

通販ショップを運営している私がいうことでは無いのかもしれません。しかし通販も送料の値上がり、物価の値上がり、楽天市場などの度重なるルール改正など、決して将来は明るくありません。トイザらスのようなカテゴリーキラーも危機を迎えたわけですし、コンビニも岐路に立っています。通販がこれから明るい未来が続いていく・・・なんてことは絶対にないと思います。

まあ商売も戦争と同じで負けたら無くなります。でも次々に古い環境を打破して新しい商売を考えて行くのも人間です。果たして次はどうなっていくんでしょうか??