木造の壁倍率告示の改正と注意点(告示第490号)

3月26日に告示された第490号は、いろいろと波紋がでているようです(詳しくは技術的助言を参考)。同じく改正されたツーバイフォーでは高倍率が可能になったと歓迎の声も聞かれますが、在来の反応はイマイチ。個人的にはこのような高倍率化は壁の強度以外の部分で問題が発生しそうで、慎重にいきたいので、しばらくは静観するつもりです。さっそく国土交通省住宅局建築指導課建築物防災対策室長より、注意喚起がでていることから、現場での知識提供や習熟に一層力をいれなければならないと思います。

ツーバイフォーでは従来最高倍率だった3.5倍が改正で最高4.8倍になります。在来工法では、構造用パーティクルボード、構造用MDFが追加されました。構造用合板についてもくぎの種類間隔等でより高倍率の耐力壁が実現しやすくなりました。また従来限定的過ぎた土台等にくぎで打ち付けた受け材等に耐力壁を施工する際の仕様についても拡充・明記されたことによってバルコニー等で使いやすくなりました。

心配なのは、「可能になったよ~」ということだけ伝わり、納まり、釘、間隔、施工方法などが伝わらないこと。国も告示レベルの公開だけでなく、講習会やテキストの配布など考えて欲しいところです。またKIZUKURIのような壁倍率で入力するソフトは構わないけど、HOUSE-ST1など壁材種を指定して入力できるソフトには早めに反映して欲しいところです。その際納まり図を参照できたり、印刷できたりする機能があれば施工ミスは防げると思います。今回の告示はブログに書こうか?迷いましたが、思った以上に情報発信している人が少ないので唖然としました。時代が確実に変わってきたな~と感じます。

住木センターは最近矢継ぎ早に新着情報を更新していますが、この件の最近の記載はなし。本来はグレー本等の書籍の発行元だからこそ、いち早く情報公開してほしいところですが、ちょっと残念です。その点ツーバイフォー協会はいち早く告示改正について公開してくれたのでありがたかったです。

構造用パーティクルボードはN50@75mm(外周)N50@150(その他)で4.3倍確保です。これくらいあると木造2階建てで外部に筋かいを設けなくて済むので断熱苦労しないでいいので楽です。構造用合板の9mm以上でCN50@75mm(外周)CN50@150(その他)で3.7倍です。手軽に入手できる構造用合板でこの倍率を壁量計算レベルで使えるのはいいですね。CN50である点は注意が必要です。少なくとも外部で筋かいダブルは不要になります。ちなみに構造用パネルは同じピッチでN50で同倍率になっていますが何かの間違えじゃないかと不安になります。

大臣認定を使わず高倍率を設計できるのは、構造計算を行うほうにとっても有り難いです。面倒な認定書をつけなくてすみますし(未だに求める検査機関があるのは残念)。

受け材・床勝ちの件はまた後日。

丸鋼ホールダウン(BXカネシン)

もう1つカネシン。

こちらは丸鋼を利用し、しゃくり加工を施した木材に金物を納めることで、木材の表面から金物を突出させずに、非常に高耐力を実現できるという金物。二本1組施工で最大120kNという夢のような高耐力を実現できます。柱梁の欠き込みが必要なので注意が必要です。プレカットで対応してくれるのかしら??

このような金物の研究開発には敬意を表しますが、設計者はなるだけこのような金物を使わないでも済む、無理のない設計を心がけたいものです・・・。

ベースセッター(BXカネシン)

BXカネシン渾身の新製品は4月20日発売予定だそうです。

要は木造の柱脚です。450幅の壁柱を耐力壁にできる素敵な柱脚です。

私がよく使うJ耐震開口フレームは240mmですので(柱105を含んでも)幅は小さくできるのですが、こちらは一本の壁柱で施工が済むので楽ですね。450の米松集成柱の価格がどれくらいか?が気になりますが。

ベースセッターのせん断耐力は短期8.8kNなので意外と設計しやすいかもしれません(無理しませんし)。簡易ツールで通常の許容応力度設計に組み込めるので、構造計算出来る人にとっては、設計の幅が広がるかもしれませんね。

WOOD-ST Ver1.0.0.3

木造構造計算ソフトWOOD-STのキャンペーンが終わった直後のアップデートです。キャンペーン期間になかなか改良が進まなかったのは残念ですが、構造設計者の期待はメーカーに届いているはずです。今後もどんどん改良していって欲しいですね。

さて今回のアップデートは、操作の改良、バグフィックスです。エラー判定が改善されたのは良かったです(ただでさえ計算書が多いのに、メッセージ無しでエラーがないか探すのは厳しいので)。

計算に関わるバグフィックスも行われていますので、すぐにアップデートしましょう。地味にサンプルの改良も進んで?が減りました。次回はもう一つサンプルを加えて欲しいです。

ARCHITREND ZERO Ver4の外皮性能計算プログラムの連携オプションが3Dカタログ.com標準サービスに!

福井コンピュータのARCHITRENDといえば、住宅建築CADで大きなシェアを誇っており、その機能の高さ、効率の良さは定評があります。反面ソフトの代金が高いとか、サポート代金が高いとか言われてきました。機能が良ければ高いのは当たり前で、それを納得のユーザーが活用していました。しかし最近サービスの改悪が目立ち、ユーザーの間でも???ということが多いです。

たとえば初心者向けのスクールサービスは値段が上がったのは納得できても、そこのマニュアルなどの配布がなくなった件は納得できません(ここは私の私感です)。またBEST FAQなんていうのは、製品サポートを受けている人全員が享受できるべきものなのにね・・・とかです。

また通常のサポート代金を払っている人たちにも3Dカタログ.comに入らないと・・・というサービスが増えています。これは先ほどまで書いていたこととは次元が違います。料金体系がわかりにくいです。これなら素直に値上げかサポートプランの複数化で対応したほうがいいと思います。3Dカタログ.comはまだそれほど納得できるサービスには思えませんが、ARCHITRENDの最近の機能アップはかなり3Dカタログ.comに関するものが多いです。まあ新しいサービスなので入って欲しいのはわかりますが、通常のサポートに付随する高度なサービスといっても過言ではない内容なので、わかりにくくする必要があるのかは疑問です。

さて、そんな中でも私が悲しかった外皮性能計算プログラムの3Dカタログ.comの連携オプションが無料になりました。オプションのオプションみたいで金額以前にわかりにくかったし、果たしてせっかく旬の便利な機能をそのような限定にしてはもったいなかったです。3Dカタログ.comで使える・・・というのがせいぜいだったと思うのですが、まさかのオプションのオプションでした・・・。まあ文句がメーカーにいったのかもしれませんが、3Dカタログ.comのユーザーが使えるようになって良かったです。何らかの事情があるにせよ、改善していくのはいいことですね。

Drawgraphic 3 Pro

本日発表になった、ソースネクストの低価格ドローソフトDrawgraphicの新版です。Proがついているので若干高めのシリーズながら定価4980円と手頃です。illustratorのような編集でプリンタ運用するにはいいと思います。

さて、新版になったのは機能ではなく添付物。テンプレートデザインとクリップアートが充実が目玉です。もちろん機能的にもステンシルウィンドウを搭載したり、図形属性ダイアログを統合したり操作性が向上しています。4Kディスプレイに対応したり、時代に合わせて進化していますね。個人的には画像マスク機能搭載がうれしいです(4月アップデータにて提供予定)。

ソフトウェアの売上げって絶対昔に比べて下がっていると思うのですが、このような低価格なソフトの販売を続けてくれるソースネクストに感謝です。メーカーサイドも売りやすいと思いますし、買う方もソースネクストのサイトで様々なソフトを比較購入できるのはいいと感じます。もちろんう~んと思うソフトに出会うこともありますが、それは昔も同じ。それを含めてソフト購入の楽しさを維持してくれてありがたいです。

iPadの新しいやつ2018年3月27日発表は良い感じ

iPhoneは嫌いだけど、iPadは好きな私。やっぱり太い指でも快適に操作できるタブレットは神です。3月27日に新しいiPadが発表になりました。日本でも予約開始のようです。

特徴は、近年のiPadの低価格路線を引き継ぎ(日本では価格据え置き?)、薄さなどはバランスを取りつつ、iPad Proで使えたアップルペンシルを使えるようになったことです。iPad Proは非常に高価でしたがアップルペンシルを使うにはそれしか選択肢がなかったので低価格のiPadで使えるようになっただけでも素敵です。

9.7インチで解像度等も従来のiPadと同じ。チップセットにA10 Fusionを採用したため、iPad Proほどではないけどスピードアップが望めます。また高価なアップルペンシルだけでなくクレヨンという廉価版のペンも発売されるため、お買い得感が高まります。

個人的に9.7インチ版のiPad Proを使っているのですが、当時税込10万超で買ったのでペン込みで5万円弱で買える今回のiPadは非常に魅力的に感じますね。これなら仕事で本格的に使っても・・・と思います。設計監理業務にiPadを本格導入しようと思っていた矢先なので、軽量のiPad miniと悩みます。もっともminiの新型出ないですね・・・。日本人、特に女性にはあれくらいがちょうどいいのですが、スマートフォンの巨大化で意外と需要がないのかもしれません。miniも持っていますが、やっぱり使うのは9.7版が多くなりますね・・・。

一時の将棋ブームがまだまだ続き人気が定着しそうな予感・・・

藤井聡太六段の活躍により、将棋界が活気づいています。やはりフレッシュな若者の活躍は新風を吹き込みますね。1年ちょっと前、カンニング問題に揺れ、会長が辞任したり大騒動だったとは思えません。大相撲のほうはまだまだ混乱が続いていますが、新たなヒーローが登場すれば大相撲も・・・と思えます。

さて、将棋ブームによって昨年は一時的に初心者用の将棋セットが売り切れになり某ネットショップで高騰しましたが、今は落ち着いています。小学校等で将棋をやることも多いようですし、若い女性が新たに将棋を始めようとする、といった現象も報道されています。

最初は藤井ブームのようでしたが、良いニュースが重なりましたね、将棋界。羽生善治氏の永世七冠の達成と国民栄誉賞、若手の棋士の台頭、ネットでの将棋放映の常態化、それに伴い他の棋士の個性などもわかるようになり、更に将棋は盛り上がりそうです。将棋の解説者は面白いし、聞き手の女流棋士も若手が台頭しこれから更に人気が出そうです。過去の将棋の名著のデジタル書籍化も進んできていますね。より将棋を見て楽しむ環境だけでなく、将棋をさす環境も整いつつあります。昔からの将棋道場は閉鎖してくるところもありますが、新たな道場も登場しています。またネットで将棋を指す環境、ネットで棋譜を見られる環境も整ってきていて、デジタルとは無縁だった昔とは大きく変化しています。

府中にも昨秋、子ども向けのいつつ将棋教室がオープン(神戸元町校についで二校目)しました。府中出身の女流棋士の中倉彰子先生のプロデュースしていることで話題になりました。いつつは将棋グッズにも力を入れており、今回のブームとは関係なく企画されたとはいえ、良いタイミングだなと感じます。

駄菓子屋なまあずやなまあずショップも小さな将棋盤は取り扱っていましたが、いささか流行に乗り遅れた感がありましたが、ようやく初心者用の将棋セットなどの取り扱いを開始したようです。店長等で実際に差してみたようですが、その魅力がわかってきたようです。将棋は駒の動かし方がわからない、という人も多いと思いますが、駒に動かし方が印字されたセットも販売されているので、最初はそのようなものを使うといいと思います。先ほど紹介した、いつつ将棋教室も限定ながらネットショップで、子どもや若い女性に向くお洒落な将棋盤駒セットを販売しています。数量限定とありますが、通常販売して欲しいところです。

将棋界は昨日も藤井六段が詰め将棋で四連覇したことが普通にニュースで流れていました。それだけ注目を浴びているということです。そして羽生永世7冠の100期目のタイトルがかかる名人戦も4月から開始するので見逃せません。乗り遅れないように差すことができない、将棋は難しい!と思っている方も是非挑戦してみてください。テレビで対局を見るのも楽しいですが、実際さしてみるとその魅力に気付くと思います。

派遣社員に送別会は必要か!投稿でネット炎上を考える

元記事はこちら

派遣社員に送別会は必要か!投稿でネット炎上 アナタの会社ではどうしてる?

3月末。どこでも送別会や歓迎会の企画まっただ中。個人的に派遣社員であろうと、普通の写真であろうと、何らかの事情が無い限りやったほうがいい、と思います。ただ事情がある場合もあります。そんな場合は割り切りが必要です。とりあえず区分で・・・というのは無しかな~と思いますし、上記の記事が上がってくるだけでもちょっと悲しいです。

昔私はフリーのアルバイターで京都で働いていました。1年限定で雇って貰いました。非常に仲良くしていただき感謝でした。見知らぬ土地でのフリーター生活は満たされていたのですが、なんと当たり前のように送別会を開いてくれました。そして二次会も・・・その二次会中に飛行機がビルに突っ込んで・・・というニュースが流れました。そう9.11でした。なのでその日を絶対忘れません。

私がいたその店は残念ながらなくなりましたが、会社は残っていて(まあ大きなところですから)、今でもそこの通販で物を購入することが多いです。若い頃の良い印象が残っているからです。何より行き詰まっていた私を拾ってくれて送別会まで開いてくれた恩を感じています。正社員であれ派遣であれ、働いていたことに感謝を感じる・・・というレベルまでは必要ないと思いますが、良い印象で次にいっていただく努力は必要だと思います。お互いのためにも。きれい事かもしれませんが、私は京都で強くそのことを感じました。

出会いと別れのシーズン。私の会社も一名また去ります。新たに一緒に働いてくれる方を募集していますが、今のところ応募はゼロ。新たな出会いに期待して待つこととしましょう・・・。