HOUSE-WLとHOUSE-ST1で混構造の構造計算のお手伝い

まあヒマだったので友人のこの連携を手伝うことに。

HOUSE-ST1の仕様がいろいろ駄目駄目なので、WL側である程度合わせる必要があるのですが、慣れてしまえば簡単です。

まずHOUSE-ST1で混構造として入力、計算モデルを作成します。建物概要で1階をRC造にすれば、1階RC,23階木造のような混構造が可能です。

上記は1階RC、2,3階RCです。もちろん地下室+地上2階もできます。

ちなみにこの組み合わせで混構造ならではの注意点は、アンカーボルトの計算が・・・の件。このようなことは仕様を確認すればわかることです。メーカーHPのFAQにも書かれています。

この組み合わせで優れているのは、HOUSE-ST1側では混構造の計算のためのちょっとの工夫は必要かもしれませんが、ほとんどがHOUSE-WL側で操作を完了出来る点です。HOUSE-ST1の作業フォルダを指定するだけで(通常はいりません)、HOUSE-WLのほうから読み込んでくれます。それにしてもサンプルのあるフォルダと保存フォルダが違うのはどうにかして欲しい。今回もそこから質問がありました(汗)。

HOUSE-WLで1階部分を入力し(画面は適当なサンプルです)、コマンドでHOUSE-ST1のデータを読み込むようにしているところ。HOUSE-ST1側で何かエクスポートする必要がないのが便利です。その代わり直前の計算中の・・・という条件はつきます。そのため読み込むファイル名を確認できます。指定はできません・・・。

読み込み対象ファイルというのが出てきます。恐らく作業用フォルダで直前の作業や計算を読み取ってきているのだと思います。

注意事項は、原点が一緒なら問題ないのですが、HOUSE-ST1は庇を入力しているのでそのままでは原点があわないこと。上の例では80づつずれているので、このような指定にします。

このように、柱の位置に軸力が落ちてきます。ちなみに読み直すと自動で新しいデータに更新できるので、最初に適当な計算結果で試し、HOUSE-ST1の計算が固まり次第再び転送する・・・という使い方ができます。意外と便利で手軽です。

もっとも課題もあり、果たしてそのまま読み込むだけで良いのか?(今回も最終的に数字を触らなければならなかったです)とか上記のように梁もなくスラブだけで・・・などとやっても見た目上計算が出来てしまうことなど。またHOUSE-WLはBUSなどと同様2次部材構造計算ソフトを含有していないので、通常はKT-SUBなどがないと計算が面倒なことなどもあります。

混構造の構造計算要望は減ってきていますが、それ以上に混構造の構造屋さんが減ってきているような気がします。意外とファジーな部分もあるので、今まで確認通っていた手法が通らなくなったりもします。きちんと理論立てて計算したいものです。

1000㎡の木造児童福祉施設の耐震診断に挑む

久々に1000㎡クラスの児童福祉施設の耐震診断を行っている。木造だが都内でまだ、そんな規模の古い施設が残っているのは驚きです。

さて、図面と下見を行ったときに、どのような診断を行うか?議論になったのだが、木造2階建てで、90㎡の広間もあるということで、さすがに住宅の診断ソフトに入力しただけ・・・ではまずいということで、以下の診断方針とした

・基本的な方針は精密診断法1に準拠
これはずばり使える部材、計算できるデータが揃っているから。精密2は魅力だが、使える部材に制約が多いので。軒高などは住宅レベルなので、精密診断法1が適用できると判断した。使用ソフトは、巨大な面積を効率的に入力・チェックできることからHOUSE-DOCとした。もうすぐ建防協の評価の更新だが提出までに間に合うとのこと。それにしてもHOUSE-DOCも機能不足は否めないし進化する可能性も低いので、このような診断で利用するのは今回でラストかな?ちなみに、耐震チェックは巨大な建物に向かない、達人診断は魅力的だが、画面の拡大縮小などよく使うコマンドの操作性が低いことから巨大な建物ではストレスが溜まるということで今回は除外した。

・荷重は構造計算ソフトで計算
安心精密診断のように荷重をコントロールできるソフトはあるので、それを使えばいいのだが、今回は梁のスパンが7mクラスも出てきて、柱の負担も大きいので軸力を計算できるだけでなく、簡単な断面算定も行いたいので、別途構造計算ソフトで計算することとした。使用ソフトは、kizukuriとした。HOUSE-ST1を利用したかったのだが、HOUSE-DOCとデータの互換性がないこと、耐震診断でよく使う部分計算などがしにくいこと、HOUSE-DOCにもっていくデータを作りにくい(計算書をそのまま流用できない)ことから、今までの実績も考慮しての判断です。WD3warpなどでも荷重作成は容易だから、もっている人はチャレンジしてみるといいかもしれません。


予想通りの梁の検定結果。120×450でこんな数字がでる計画をしていれば、何かしらの問題が発生しても仕方が無い。そのしわ寄せがどうでるか?診断者は慎重に調査しなければなりません。

・部分計算は、負担が大きいところを中心に計算
通常は部材計算を行わないのだが、今回は沈下しているポイントがあり、そこは明らかに荷重が集中している箇所だったので、kizukuriで長期軸力を出したあと、負担が大きそうな部分を検定計算することとする。

すごい軸力!!こんなに木造の一部の柱に軸力がかかる計画はどうかと・・・(軸力。単位はkN)

・基礎などはコア抜き、超音波
一応住宅でないし、構造図がないので、これらは実施するものとする。

こんな感じでした。いつもと同じ方法を常に踏襲しないで、特殊な物件は使う道具・ソフトも含めて計画する必要があります。今回も空調服を始め、LED投光器など新装備を多く投入しました。暑かったですからね。現地調査は暑さ対策を十分にして、休憩なども多めに取りました。それでも調査日の翌日はだるかったですが・・・。調査は二日間。一日目にとんでもない発見をしてしまったので、二日目の調査を延期し準備中です。それにしても小動物怖い・・・。

結局買ってしまった空調服KAB-10は、控えめに言って最高!

今日は一日中幼稚園の耐震診断の現地調査。別に体調が悪いわけではないのだが、そろそろ夏バテしそうなので、奮発して買ってしまいました。 あのYAMAZENのKAZEfitシリーズのベストタイプKAB-10。

 

さすがに今シーズンの商品で工夫されています。主にホームセンターで扱われている商品で、普通に通販より店頭のほうが安かったりすることもある商品なので、安価な店頭商品を見つけたら迷わず買いです。私もかなりお得に買えました。

ベストタイプなので手元でメモなどすることが多い耐震診断でも問題ありままたせん。生地はポリエステル100%で薄めです。接触が多い仕事だと気をつけないといけませんが、縫製、作りとも必要十分です。軽量で助かります。

バッテリーは2600mHhと十分です。しかしこのバッテリーはかなり優秀です。バッテリー自体に操作ができるスイッチと液晶を備え、充電中でもどれくらい充電できているかが一目でわかりますし、使っているときもどれくらいバッテリーが残っているかわかります。また、四段階で風量がコントロールできるのですが、4のターボはかなり強力で3時間30分使える計算です。1の弱は12時間半使える計算です。本日33度程度の室内での作業でしたが、1で十分でした。朝9時から15時まで使いましたが、まだ半分残っていたのでほぼ計算通りかな?と思います。かなりもちますね!!難をいえば、バッテリーをベストの中に格納できて安心なのですが、使っているときは風量切り替えは、前面のジッパーを外さないとコントロールできませんし、バッテリーの残も見ることができません。これは来期の商品での課題ということで。実際にはバッテリーが持つのであまり気になりません。

着心地なのですが、やはりある程度大きめのものを選んでおくと良いです。私はLを買いましたが、体から空気層が出来る程度でちょうどでした。ただ嫁に着させたらもっと余裕があって効果がありそうに見えました。ただ膨らみすぎてしまうので、やはり適正な大きさはあると思います。今回のように耐震診断である程度動く・・・というときはそんなに余裕がないほうが動きやすいかもしれません。

肝心の効果ですが、控えめにいって抜群です。普通額に汗ダラダラのシーンで、ダラダラ汗が出ません。もちろん出ているのですが、クビから涼しげな風が抜けて冷やされるので汗が流れません。背中が冷やされると言うより、首の後ろが冷やされる感じです。腰が冷やされる・・・という他の商品レビューを見たことがありますが、これは大丈夫そうですね。逆にエアコンがちょっと効いた部屋に入ると首が寒すぎることがあります。

体力の減り方が抑えられるのが実感できるほどでした。特に頭脳労働も必要な耐震診断時は、頭がもうろうとしてくるのですが、冴えたままでした。これはビックリです。おかげで普通より早く診断が出来ました。重量はバッテリーを含めると125gほどですが、汗が肌着に残りにくいので重さはほとんど感じません。

あとポリエステルということで、ベストがびしょびしょになる予想でしたが、私の場合は、空気がベスト内で対流するので、肌と接触が最低限になっているので、ほとんど濡れませんでした。なので毎日洗わなくて良いこともありそうです。

日が当たらない室内の作業ではサラサラの汗がすぐ蒸発するようなシャツ一枚で、屋外では日を避けられる長袖タイプのシャツで、などいろいろ工夫して見るといいでしょう。私はTシャツにベストをそのまま着ましたが、効果抜群でした。腕に汗が・・・と思ったのですが、意外に出ませんでした。体温上昇が抑えられているからでしょう。

欠点としては、背中から空気が抜けるので、背もたれに寄りかかる用途、例えば運転などでは効果が少ないだろうな、ということ。また背中にファンがあるので、寄りかかるのが難しいこと。体が大きく見えてしまうこと、音がそこそこ気になること。音はマックスにするとうるさいです。やはりこの製品は弱で長時間使い続けることが良い使い方なのではないか、と思います。

いざというときにソーラー充電器と中型のバッテリー

震災などが発生すると品薄になる太陽光関連。家庭用は助成金が減った途端導入が減っていますが、ポータブルタイプは暑すぎるのか?関係ないけど下火です。それでも価格がこなれてきており、購入するチャンスの時期であるのは間違いないです。在庫ありますから。昔に比べて温度耐性も良くなっていますし、中型のものはアダプターなど含め汎用性が優れています。私がもっているのはこちら・・・

 

この商品、記事を書いている日時点で800超というレビューが書かれている通り、楽天でもベストセラーになっているポータブルタイプの太陽光パネルとバッテリーのセットです。カバンに入れるとか関係なければ、太陽光パネルはコンパクトにたためるし、バッテリーは小型です。そしてほどよい性能と価格バランスが購入検討者の心をそそるのです。

太陽光パネルは、60Wでノートパソコンも直接充電できるレベル。軽量で折りたたみができる商品ながら折りたたみ部分などは頑丈で安心感があります。また防水なので若干の雨が降り始めても安心です。ノートパソコンのプラグなども豊富についています。まあこのセットなので普通はセットのバッテリーに充電するので余計なものは不要かもしれませんが。

バッテリーは本当に小型軽量ながら超多機能です。11.1V 13500mAhとまあまあの容量があります。太陽光パネルで非常用と考えれば十分です。もちろんもっと大きなバッテリーが持てるのならそれに越したことはありませんが。家庭用コンセント、車のシガーソケット、太陽光パネルから充電ができます。うれしいのが、USBが4口もあり、家庭用コンセントもあること。この容量だとそんなにたくさんは供給できませんが、非常時には安心感がある仕様です。

これで扇風機もそこそこ(風量にもよるが5時間程度か?)回せます。携帯も数回はラクラク充電出来ます。なにより災害時に一時的にしのげそうなポテンシャルがあります。一家に一台いかがでしょうか??

こんな感じで庭先で充電しています。バッテリーの小ささに注目。パネルも折りたたむとコンパクトで良いですよ!!

 

 

 

空調服が欲しい!

暑いのは基本的に大丈夫なのだが、そもそもインドア派です。今年は外の仕事が多すぎるので心配。特に明日から・・・(大汗)。

そこで注目しているのが空調服。炎天下や密室での作業が多くなるので、少しでも涼しくし、体力の消耗を抑えたいところです。

現場の方にお勧め頂きました。

これがデザイン的にも性能的にもこなれてて良さそう。初期コストが高いのがネック。

空調服というのは、ファンにより外部から服内に風(空気)を導入し、汗を気化させて、気化熱により涼しさを体感できる作業着です。つまり汗がなければ・・・ということで暑いところで有効です。ただの扇風機よりも効率が良く、消費電力も少ないので長時間運用できます。つまりバッテリー運用できます。

今年流行のベストタイプ。腕まで涼しいわけではないが、手先に空気が出てこないので作業を行うのに邪魔じゃない。

昔に比べて低電力で電池等の重さも軽くなってきたそうです。しかしながらここ数年で出てきたものなので、性能差も含めいろいろ心配です。値段も意外と高いですし。

とりあえず明日は一日作業ですし、来週は各戸訪問という苦行がありますから、早めに決着を付けたいです。

パソコンのメンテナンス

本日は、他の社員は皆休みなので自分のみ出勤。午前は現場周り。午前といえども暑い。ただ今年は商工まつりに出店しないので、かなり楽です。来年復活を、と思いましたが、祭りの全容を久々に外から見たら、ちょっと微妙な気持ちになりました。

さて、早めに会社に戻れたので、コンピュータのメンテナンス。夏の暑さはまだまだ続く。故障しやすい状況も続きますのでメンテナンスは欠かせませんね。ホコリなどの確認、清掃、smartの確認。異音検査、ウイルスチェック・・・。自分のパソコンの容量がだいぶ多くなったな~と思ったらonedriveファイルだった。写真もバックアップ取っているのでこれが圧迫の原因でした。ハードディスクに保存先を移動しました。最近は動画のお仕事も多いので、これもハードディスクへ。これでメインのSSDのデータが半分以下になりました。写真や動画はデータ大きいですね。逆にCADデータは小さいので便利です。PDFは馬鹿になりませんが・・・。

また毎年のことながらバックアップの方式を考え直す。onedriveなどの容量が大きくなったおかげで、クラウドバックアップは現実的。それでもgoogleさんだとかonedrive個人用と、他のデータとリンクしているものは使いにくい。もちろんdropboxは論外ということで、様々なクラウドサービスを利用しながらも、分散して保存、バックアップをしています。どうしても情報漏れはあると思うので、毎年地味にバックアップ先は変えていたりします。または設定を変えたり。

そんなときに便利なのが、コマンドmklink。これでシンボリックリンクやジャンクションを作って・・・をすると、バックアップ先を自由にコントロールできます。この方法なら例えばONEDRIVEからDROPBOXにバックアップ先を変更・・・というときもデータコピーせずに行えます。いちいち面倒だった作業は今年は自分の実働時間は数時間で終わりました。あとはコンピューターたちに頑張って貰うだけです。

渋野日向子と駄菓子と「タラタラしてんじゃねーよ」狂騒曲

全英女子オープン優勝した渋野日向子選手すごかったですね。プロになって、二十歳でツアー初優勝、全英女子オープン優勝・・・・と一気に階段を駆け上っていきました。また強気のプレー、駄菓子をほおばる姿、プレー中の笑顔、プレー合間にファンと交流など、魅力的な選手でもあります。

オークション画面。たくさんのプレミア価格になったタラタラしてんじゃね~よが販売されていた。

今回は、画面上、インタビュー上でも話題に上がった「タラタラしてんじゃね~よ」という駄菓子が主人公。やはりこれだけ話題の人が食べていること、それほどメジャーではなかった駄菓子ということで、製造メーカー(よっちゃん食品工業)や駄菓子屋などにも問い合わせが殺到しました。メーカーもHP等で異例のコメントを発表しました。駄菓子屋なまあずにも、問い合わせが多くありました。過去に販売していたことはありますが、現在は定番から外れているそうで在庫はないそうです。

さてそこまでは良いのですが、いつものように困ったことも発生しています。転売やー的な人々も殺到。店が商売にならないほど。とにかくあるだけ買っていく。あるだけくれ、とかすぐに仕入れろと恫喝まがいの方もいます。駄菓子なので無くたって絶対困らないものなのにね。

それを裏付けるように、ヤフオクなどでは「タラタラしてんじゃねーよ」がずらりと並ぶ。悲しいことに入札・落札している人もいるんですよね~。こういう人から買わなければいいのに。普通に1個食べてみようかな~と思っている人から、楽しみを奪わないで欲しいです。

昨日ドンキホーテで、定点で見ていても、あっさり売り切れて空っぽになった棚。普段はそんなに売れていないのにね~。そして、結構な人がその棚をのぞき込んでいました。同じくよっちゃん食品工業の主力商品であり、渋野選手が好きと言っている、よっちゃんいか系はまだ在庫がありましたが減ってはいました。

またネットショップでも、プレミアつけて販売しているところもありました。とあるショップを定点観測してみましたが、やっぱり棚をのぞき込む方が多くいました。一部の買い込みがなければ、買えたかもしれない・・・と思うとちょっと寂しいです。

Acerの新型Swift7は14型で890g!!

また凄いノートパソコンが登場しました。どうせ話題にならないんだろうけど。

14型で890gと非常に軽いだけでなく、9.95mmと1センチを切った薄さも魅力のノートパソコンSwift7の新型「SF714-52T」(アスキーの元記事はこちらです

そんな軽量なのに、Core i7-8500Yを搭載しているので、性能的にも十分使えそうです。このYというのが気になったのですが、動作クロックが1.5GHzながらTorbo Boostで4.2GHzまでアップできるCPUで省電力が魅力なようです。

液晶はフルHDでIPSと手抜きないです。しかもタッチパネル対応です。

面白いのはポップアップ式のウェブカメラ。収納できるので写されているかも??という脅威がなくていいですね。

薄さの代償は、USBにでており、Type-C×2ポートのみとAがないという不思議な仕様です。もっとも変換ケーブルは付属しているので困ることはないでしょう。構造計算でもUSBドングルというのは減ってきていますしね。

USBの割り切りはやっぱり気になります。出先でデータを交換のときにケーブルを忘れることもありますから。逆にそういうシーンも想定できないで外で仕事をするだけならセキュリティも考えるとこれはこれで良いのかもしれません。

IJCAD Mobile はiPhoneでDWGやJWWの図面を見られるぞ!

AutoCAD互換CADのIJCADは日本でのユーザー数も多いです。高い互換性はもちろん汎用だけでなく、建設・土木用、機械設計用、電気設計用、建築用など、様々な用途別に製品ラインナップを充実させています。

そのiPad iPhone向けのIJCAD Mobileは当然のようにDWGの表示ができますが、編集もできます。そしてJWW形式の図面も表示し、編集後DWG形式に保存出来ます。またPDFや画像形式で書き出してメールを送ることが出来たり、DropboxやOndriveなどに対応しているなど非常に汎用性が高いのもポイントです。DraftSightから何に移ろうか考えている方も多いと思いますが、モバイル対応も時代的に重要なので、モバイルアプリの充実度も考えてみてはいかがでしょうか?

 

ホームページのリニューアルの難しさ

建築ピボットのホームページがリニューアルされ、見やすくなりました。ただ、過去のリンクがなくなっているので、google等の検索エンジン結果から機能の説明に飛べないのが残念。DRA-CADだけみても、説明などが大きく減って直感的にもどんなCADかわかりにくくなりました。あえて誤解を恐れずに言うと、i-ARMのカタログみたいになってしまいました(もっとわかりにくいか?)。多分メーカーの人間やヘビーユーザーはその製品を理解しているから、この程度の表現で良いのかもしれませんが、正直、購入検討者には??となってしまうようです。

特に、

・独自の機能がわかりにくく、せっかくの独自機能のアピールになっていない。

・操作情報など過去にあったものがなくなったのが痛い。ミニ動画などもなくなり、本当に操作が見えなくなった。残った動画も概念的なもので、実務者には不要かと。

まあ、リニューアル作業を優先してコンテンツが後回しになるのはどのページでもあることで、非常に頭の痛い問題です。ただ最初はそう思っていても、日頃の業務に忙殺され追加できない・・・ということは、あるあるなので。せっかくきれいにまとまりのある、わかりやすいページ構成になったので今後も期待しております。