耐風等級2の計算が増えている

何であれスペック重視のビルダーさん。敏感すぎます。耐震等級3を必須にしていながら、弱い建物を作っちゃっている残念な会社もあるようですが耐風等級2もうまく運用されるように願います。

しょっぱなから、耐風等級3でお願いしますという卒倒しそうな依頼も。耐震等級は1、2,3あるんですけど、耐風等級は1と2しかありません。また台風等級という間違った依頼もあります。計算は我々がやるんでいいんですけど、最低限内容くらいは理解してからお客に説明し依頼して欲しいです。

まず基本事項として、建築基準法に規定される性能の1.2倍以上の性能を耐風等級2としております。耐震等級2は1.25倍なので、ここも違いますね。よってそれほど差がないので、極めてまれに発生する暴風に対しては損傷する可能性を残している等級でもあります。

まれに、耐震等級2をクリアできるのに、耐風等級1(基準法同等)をクリア出来ないケースがあります。これは狭小住宅等で見つけ面積が短辺に比較して長辺が異常に長い木造3階建てなどであります。そのような建物では、基準法を満たすことも難しいのですが風に対する揺れも大きいと考えられるので、耐風等級2の取得を目指すというのは有益なことだと思います。

耐風等級や耐震等級に興味を持つことは良いことですが、取得方法に準耐力壁や垂れ壁などをうまく使って計算し、あまり強くないのに耐震等級を取得、なんてこともできるケースがあります。これはこれで良いと考える人も多いのかもしれませんが、耐震に関してはもう少し強さが必要と思われるので、あまり計算重視でいかないほうがいいのかもしれません。

停電時の構造計算ソフトのデータ復帰方法 kizukuriの例

はい。先ほど停電していました。使っていたソフトはDocuWorksとkizukuriとコミpo!。kizukuriは見事にデータ消えました。

ただし、データを復帰できる可能性があります。通常JDTという保存ファイルですが、計算コマンドを実行するとJDOというファイルを吐き出します。これは計算結果のファイルですが、これを読み込むと最後に計算したときのデータを復活できます。

この方法を使えば、かなりの部分を復活できるチャンスがありますね。ぜひご活用ください。

こんな端末を待っていた!!Rakuten Mini

はい。皆様長らくお待たせ致しました。楽天モバイルが10月から始まるといわれていた携帯電話サービスを発表しました。まあ金額もでていないし不完全燃焼ですが。

基地局展開が予想通りなら、こんなスタートにはなっていないはず。三木谷社長は本当のことを伝えて欲しい。みんな遅れてるって知っているんだから(爆)。

しかし世の中の動きが速く、ソフトバンクが縛りがなくなるプランになったり、各社動きがあるので、遅くなると不利になるのは楽天なんですね。国に良いように使われてポイされないようにがんばって欲しいところです。

良いニュースでは楽天の独自スマホの「Rakuten Mini」。この中国製造のスマホは、楽天で企画したもので、大きさは106.2×53.4×8.6で重さは79gと非常に小さく軽いです。これでFelica対応なんだから私は今発売されても買います!!eSIMに対応しているのも魅力。Linkというサービス基盤が最大の不安!!だったりしますが、miniはシリーズ化するようですので、今後も端末開発も含め期待して良いようです。

 

 

ネットで構造計算の主流が木造から他へ

私が構造計算を始めた頃は、まだ耐震等級などの需要もなく、せいぜい都会の準耐火の木造3階建てくらいしか構造計算の需要はなかった。なので一般的な構造屋さんは木造には興味が無く(今になるとよくわかるが)、木造構造計算をする人を探すのが難しい時代でした。

そんなこともあり、インターネットで構造計算を受発注できるサイトは、構造トレインNZXを始め流行しました。特に木造は雨後の竹の子のようにネット上に登場しました。ちょっと力がある構造屋はRC造などもネットを使って受注に成功し、ネットを使って一気に拡大化した事務所もありました。

その時代に比べ今は、耐震偽装事件後に構造屋さんが増えたことなどもあり、ネット構造事務所は衰退しました。もちろんうまく行っているところもありますが、比較的固定化してきた感じがします。そしてプレカット屋や、ある程度人数を揃えた組織的な構造設計事務所が木造をやるようになったため、いつも構造計算のある木造をやっていない設計者も比較的気軽に注文先を探せるようになりました。

しかし木造でも混構造や特殊な構造のものは、探し求めている意匠設計者等も多いです。また木造の構造設計者の中でも地下室や混構造の場合、上部は自分でやって、地下室や混構造の下部であるRC造やS造は外注、という方も多いです。

よって、今から構造計算に参入する場合は、木造だけでなく、RC造やS造など別の構造ができたほうが良いです。木造との親和性でいえば、地下室、地下車庫の相性がいいので、壁式RC造と組み合わせると比較的仕事が取りやすいかと思います。

そうなると、複数のソフトを組み合わせることが必要です。ある程度一貫でやりたい場合はメーカーを揃えた方が効率的で、HOUSE-ST1とHOUSE-WLの組み合わせなどが好まれてきました。ただHOUSE-WLは二次部材ソフトがないので、KT-SUBなどを購入するかどうかは迷うところです。ただサポートも含め統一できますし、設計も効率的なので一番お勧めです。

安価に済ますには、壁式鉄筋コンクリート造のソフトで最安と思われるビルディング・エディタのプロフェッショナル版をお勧めします。このソフトは、他社の壁式に比べれば機能が少ないですが習得しやすいですし、地下室や木造が上に乗っている混構造なら十分対応できます。またS造やRCラーメンにも対応できるので、初期投資を大幅に抑えて様々な構造に対応できます。

HOUSE-DOC Ver5 (なまあず日記style読者向け特別セット 2019年9月30日まで

002

なまあず日記styleをご愛読いただいている読者様向けの特別セットを用意いたしました。2019年9月30日まで期間限定で、新発売のHOUSE-DOC+N値オプションを通常の合計価格より1460円引きで提供します。

HOUSE-DOC Ver5(建防協評価済の最新バージョン)
・N値オプション(金物補強に必須のオプション)

銀行振込前払いのみ。宅配便でメーカー直送します。

グラフィカルでわかりやすいインターフェイスで素早く入力出来ます。

 

入力チェックも素早く的確にやってくれるので、ミス無く計算書を作ることが出来ます。

 

どのように補強すれば評点が上がるか?レーダーチャートで一目でわかる!!

 

新世代のレーザーカッター「Etcher Laser」

一時期、レーザー彫刻機(レーザーカッター)を欲しかった時期があって(今も欲しいけど)、いろいろ調べました。しかし価格を含め決定打はなく購入を見合わせていました。

Etcher Laser

年末発売予定という、Etcher Laserは、新世代のレーザーカッターで価格もこなれており、趣味で使うには最適だな~と感じています。事前登録で15%OFFというのもそそられます(9月中旬まで)

レーザーカッターは意外と使いこなすのは難しいです。高速高出力のものは、煙が出まくり集塵機など必須ですし、どの機種も位置合わせは難しいです。また情報が少ないのもネックです。Etcher Laserを作っているSMART DIYsは、低価格機FABOOL Laser Miniで有名ですが、比較的情報をオープンにしていますし、ユーザーからの発信が多いのが特徴です。輸入品にくらべて安心感があります。

さて、最大の目玉は、よくある質問の最後らへんに書かれていますが、組み立て済で出荷してくれること。つまり調整済なので安心感があります。もっとも低価格で組み立ても楽しめる(・・・)FABOOL Laser Miniも良かったのですが。敷居が下がった気分です。

次に技術面ではカメラを搭載したこと。これで位置合わせが非常に楽になったこと、スマホアプリで撮影して、それを刻印する、なども可能でPCレスで使う事ができます。撮影は、搭載カメラでスキャナのように取り込むほか、スマホのカメラで撮影して、データを加工して・・・ということも可能で、今までより圧倒的に素早く手軽にレーザー加工が可能です。これは凄いです。もちろん今までのようにPCでillustratorやCADでデータを作成できます。

また安全のためにケースがついたので、FABOOL Laser Miniとちがって印刷できるものの制限がありますが、装置の底を取り外すことによって大型の素材を加工することも出来ます。無制限というわけではありませんが、このアイデアは安全を確保した上でのことなので素晴らしいと思います。

出力が青色レーザダイオード1.6W,3.5Wのみと、低出力なので加工できるものは限られます。箱形になったことで、オプションで集塵機も用意されています。価格的には出力の割に高価といえるかもしれませんが、それはFABOOL Laser を見てしまったからでしょう(同じ会社ですし)。

スマホで簡単に、ということでイベントなどで利用すると受けると思います。あとは耐久性がどれくらいか?が気になります。CO2レーザーの補助で利用するにも小型でよさそうです。発売は年末らしいですが、今から楽しみですね。

 

 

auデータMAXプランが意外に?お勧めか???

auの使い放題プランのauデータMAXプランが、当初の予想より早く7月末にリリースされたが、矢継ぎ早にauがauデータMAXプランのNetflixパックを出してきた。テザリングをしていないスマホ単体で国内で使う人にとっては、事実上、Netflixが使えるのに、更に安いプランで、実質値下げになっている。Netflixが使えるわけで、使う人に取ってはもっとお得感があるでしょう。

ただしテザリングは2GB!!と少ないです。スマホ本体でテザリングは本体に負担が多いので緊急時以外は使いたくない!!という人には十分な「保険」なのかもしれません。スマホ単体で使い放題で、約1000円安いわけだからお得感があります。

まあ、そんなのなくても、単体で値下げして欲しいです。何しろ使い放題は魅力とは言え、ドコモやソフトバンクの上位プランより高いし、デメリット部分もあるのですから・・・。

HOUSE-ST1 Ver7 (なまあず日記style読者向け特別セット) 2019年9月30日まで

001

なまあず日記styleをご愛読いただいている読者様向けの特別セットを用意いたしました。2019年9月30日まで期間限定で、通常のHOUSE-ST1本体価格で、なまあずステーション利用権がついた特別セットを提供いたします。

3Dのグラフィカルな画面で部材を確認できるので、ミス無く入力できるのが強みです。

 木造3階建てや中大規模の木造建築物に対応した本格的な構造計算ソフトです。品確法による耐震等級の計算にも対応しています。2017年1月にVer7新発売。2017年10月Ver7.5になり木造軸組工法住宅の許容応力度設計2017年版に対応しました。
注目の新機能は、JIS A3301を用いた木造校舎に関する技術資料(文部科学省)に準拠した構造計算により、約12mスパンの屋根トラスや、7倍超の高倍率耐力壁を用いた大空間の計算に対応しました。
HOUSE-ST1は従来の構造計算ソフトの常識を覆す、グラフィカルでわかりやすユーザーインターフェイスで後発にも拘わらず大きな支持を得てきました。

見つけ面積もCADライクの操作性で入力できるので、簡単です。

 決済方法は銀行振込のみとなります(クレジットカード、代引きなどは利用できません)

HOUSE-ST1(メーカー直送) ※ソフトは、メーカーから最新版を直送いたします。
なまあずステーションの利用権のアドレス、パスワードはメールでお送りします。

※なまあずステーションは、HOUSE-ST1をより活用していただくために、オリジナル手引き、動画マニュアル、サンプル、オリジナルマスタ、もくツールなどをダウンロードできる会員制サイトです。

HOUSE-ST1 Ver7.5.1.5公開

木造構造計算ソフトHOUSE-ST1 Ver7.5.1.5が公開されました。

軽微なバグフィックスがメインで新機能の搭載などはありません。

早いものでHOUSE-ST1のVer7がでてから、約2年半。すぐにグレー本改訂で7.5になりましたが、グレー本対応以外は大きく変わっていません(まあ同一バージョン内で計算方法が違うというのは違和感を感じますが・・・)。

終わったことは仕方がないのですが、中大規模木造に対応するよりは、HOUSEシリーズらしく、本体の価値向上を目指して欲しかったな、と思います。WOOD-STも出てしまったので、各ソフトの立ち位置が本当にわからなくなっています。特にWOOD-STは狭小木造住宅の設計にも向いているわけで・・・。

もっとも私個人は、HOUSE-ST1の利用率が上がり、KIZUKURIの利用率が下がっているのも事実。惜しい部分が多いのですが使い勝手が良いソフトであるのは変わりがありません。木造構造計算ソフトは、木造耐震診断ソフトと異なり決定打があるソフト(=完成度の高いソフト)は今のところありませんので、どのソフト会社も主流になるチャンスは十分にあります。また木造耐震診断ソフトは、今後旧耐震の建物は急激に減りますのでシェアをわざわざ取りに行くのは疑問が残りますが、木造住宅は減る可能性はありますが、非住宅木造は増えていますので、将来性もあります。なのに、木造構造計算ソフトはどこもそれほど主力となろうという作り方になっていません。構造ソフトが今さら・・・と言われながらも参入してきたのはそんな感じがあったからでしょう。我々ユーザーは良いものを利用します。特に木造構造計算ソフトはRC一貫などよりも価格が安く、ある程度の設計者は複数のソフトを買うことに躊躇はありません。よってシェアが一気に・・・という可能性はまだまだあるのです。そして数もある程度出ることは間違いありません。ということでがんばって欲しいところです。

木造耐震診断ソフトの建防協評価期限

木造耐震診断ソフトは、日本建築防災協会の評価を受けているものがあります。第三者の評価なので、受けているものは信頼性が高いと言えます。ただし評価書の期限があります。今年は期限を迎えるソフトが多いです。評価期限は3年間なので、そのたびに出さねばならないのでメーカーの負担は大きいと思います。せめてルールが変わるなどが、無い限り有効にして欲しいところです。

さて、ここでよく紹介しているHOUSE-DOCもめでたく更新されました。評価期限は2022.6.26で、P評価10-改2-Wという番号を与えられています。Ver4は評価対象を外れ、Ver5のみが評価対象となります。

では他社の状況は?というと、今年最初に更新されたのが、木住協耐震診断プログラム201で、3月に更新されていました。アーキトレンドリフォームエディションの耐震診断も7月に講師されています。

東京デンコーは3月だったのに、未だ更新されていませんが、審議中なので評価は有効です。昔は東京デンコーが最初!というパターンが多かった気がしますが、今年は遅いですねえ。8月末に耐震チェッカー、11月に木耐博士など残りのソフトも更新時期を迎えます。今年は新規で申請しているソフトもありますが、評価ソフト数の増減も気になるところです。