WOOD-STに向く建物

 

Ver1.5がアナウンスされましたが、構造技術者たちの反応は概ね好意的です。買うか?買わないか?悩んでいる人も多いかと思います。
Ver1.5は既存ユーザーは無料でアップグレードできるので、Ver1.5を買うことを決意している人は今のうちに購入しておいたほうがいいと思います。実際の計算機能はあまり変わりませんし、使い勝手に癖のあるソフトですから慣れておいたほうがいいと思います。
さて、数棟解析してみましたが、グレー本準拠の計算ソフトと向き不向きが結構異なります。通常の住宅などはやっぱりHOUSE-ST1などのグレー本準拠のソフトのほうが良いです。完成度も高く、入力したらある程度の計算書が作れる手軽さはかないません。標準で金物図も作れませんし金物指定も解析ソフトならではの部分があります。
WOOD-STを買いたい人の中には方杖を使いたい人が多いと思います。ただし方杖は耐力が低いので、三層などで効率的に耐力として使えるか?というと疑問が残ります。逆に平屋の倉庫や駐車場などでは威力を発揮するkとがあります。凝った木造住宅で壁を無くすために方杖を使う・・・という用途では耐力不足で役に立たないケースも多いので注意が必要です。

スキップフロアと吹き抜けがある程度大きな建物は威力を発揮します。これは歴然です。もちろん解析NGの場合もありますが、グレー本の比ではありません。解析系の強みですね。検査機関にスキップフロアNGと言われて悔しい思いをしている人にはお勧めです。狭小系で角にユニットバスを持ってきて・・・というときも有効です。グレー本ベースの計算ソフトでもスキップフロアを可としているものがありますが、厳しい制約がついて回るので実用的でない場合が多いです。

個人的に同一方向は同様の耐力要素を使いたいので、開口部が多いX方向はブレース・方杖系で、開口部が少ないY方向は構造用合板で、という設計が多いです。柱も長方形を使うことが多いので、初期の段階の構造計画できちんとその当たりを考えておかないと、行き詰まることが多いです。計画段階がより重要になってきます。

木ブレースは、K型が使えるのが強みです。内部中心付近で使うと耐力壁が一気に減ります。外周部はうまく方杖系を使って・・・と工夫すると開放的な間取りが実現できます(ある程度適用できる形を作っておくのが鍵)。壁量で計算するグレー本系と異なり、あと壁何枚で・・・というのがわかりにくいのが難点ですが、グレー本系だって初心者はどれくらい必要か?などはわからなかったはず(そんな時代が懐かしい・・・)。慣れ次第だと思います。私はまだ慣れていないので、壁量換算でどれくらいか?という目分量を考えてから設計します。それでもだいたい当たりますが、やはり勝手が違います。

ただでさえお勧めですが、基礎の計算、面材耐力壁入力の効率化などで更に便利になったVer1.5が出る前に購入しておき、すぐに実戦で使えるように準備しておきましょう。

DSDSからDSDVへ。スマホの使い方が変わってきそう・・・

ASUSのスマホのZenFone5では、4G+4Gの2回線同時待ち受けに対応した「デュアルSIMデュアルVoLTE」という仕様で注目されています。すでにドコモなどは次世代通信の件がニュースになっていますが、実際の使い勝手に影響するのはこちらのほうかもしれません。

私のZenFone3はDSDSなので二つのSIMを入れられます。ドコモのFOMAシム(通話専用)、OCNモバイルONEのシム(通信専用)を入れています。この組み合わせは安価に話し放題しつつ(私はあの件があるので話し放題にはしていない)、毎日パケット制限がクリアされるので重宝している人も多いはず。これでも十分なのですが、時代はVoLTE。やっぱりDSDVのほうが便利です。特にauは制限が多いので、これは非常に嬉しいです。

そんな時代に逆行していろいろ縛りを設けたり、わかりにくい料金体系を続ける日本のキャリアや、それに甘んじている日本のメーカーはそろそろ考えた方がいいのでは、と思います。昔はそれで守れるんなら、と思いましたが、今の状況を見ていると日本の考え方ってやっぱり世界とはかなり違っているんだろうな、と感じてしまいます。

次のスマホはGalaxy Note 8にしようと思っていましたが、大好きなASUSがこのような端末を先行して投入しているので、こちらかな??とも思ってしまいます。

KIZUKURI Ver7.7発表

木造構造計算ソフトの老舗KIZUKURIが久々にアップデート。Ver7.7という非常に縁起の良いバージョンとなります。6月4日リリース予定です。

ようやく階高が高い建物の筋かい低減が搭載されます。また不評だった偏心率計算方法にも手が入れられます。

個人的に、水平構面応力図の画面表示機能が嬉しいです。KIZUKURIは画面上でいろいろな情報が確認できるので解析しながら・・・という作業は本当に楽なのですが、水平構面の応力図がないことが残念でした。これで作業がまたやりやすくなりますね。

時代に合わせて青本の機能削除が行われるようです。もう使う人いないと思うのですが、古い計算書の再現などで使う事があるので、再現機能として置いておいて欲しかったなと思います。

思ったより堅実にパワーアップしているようですね。KIZUKURI今後も期待です。

WOOD-ST Ver1.5仕様公開

本日、木造構造計算ソフトのWOOD-STのVer1.5の公開予定とその内容が発表になりました。既存ユーザーは無料アップデートです。もっともこのような進化過程のソフトは年会費制のほうがしっくりくると思いますね。HOUSE-4号みたいにアップデートもしないのに年会費制だったりするソフトもあるので、??ですが。そのうち年会費になるのでしょうか??

さて、その内容は発売時に積み残したものと、ユーザーからの要望をかなり反映してくれています。構造システムも以前とかなり変わってきていますね。非常に実務よりの内容になっております。HOUSE-ST1HOUSE-DOCもこのような方向性になってくれればいいのですが・・・。

まず、基礎の計算を搭載するようです。スラブはBUS-基礎構造??となっていますが、そんなに面倒な話なのでしょうか??地中梁の計算が一体になったので、かなりスピーディーに計算書を作成できそうです。

4階建て以上への対応も面白い方法で対応しています。まあ確認機関が??というのはこの手のソフトの仕方がない部分ですが、そもそもがアレなので、設計者次第ということになりそうです。

うれしいのが、面材壁のせん断剛性や耐力設定が簡単にできるようなったこと。そして壁通しも可能になり、入力手間が著しく減ります。私はこの機能が搭載されただけで、十分です(嬉し涙)。

BUS-6やWALL-1へ転送できるようになり、HOUSE-ST1と同様に連携が楽になりました。まだまだ細かい部分ではHOUSE-ST1に追いついていない部分もありますが、これでかなり近づいたといえます。またFAP-3に転送できます。個人的には強く要望していた機能なので、さっそく対応してくれた嬉しい限りです。たぶん他の方も要望してくれていたんだな、と思います。

肝心のアップデートは、2018年秋とかなりざっくりです(・・・)。初秋ならうれしいな~とか、できた部分から搭載してくれると・・・とか贅沢なことはいわず静かに待っております!!

SAVE-建築 Ver4.1新発売

建築ピボットの省エネ計算ソフト(非住宅)のSAVE-建築がバージョンアップします。既存ユーザーは会員制になっているはずですのでバージョンアップ料はかかりません。

特に改正などないのに??と思うかもしれませんが、0.1のマイナーバージョンアップです。計算内容より、モデル建築物法計算を建築研究所の計算プログラムAPIで取得し、表示、出力できるようになったそうです。

あーそうですか、と思うかもしれませんが既存ユーザーなら魅力に思うかもしれませんね。購入を考えている方から見ると、新発売キャンペーンが魅力に感じると思います。キャンペーンは6月1日~8月31日までだそうです。ちなみにPAL計算Ver2以前よりバージョンアップにもキャンペーン適用できます。そしてSAVE-住宅の新規購入にも適用されます(ということは、しばらくアップしないつもりなのか??>SAVE-住宅)。

省エネ計算はネット上で探すと非常に手頃な金額でやってくれる業者が多いので内製化に踏み切れない事務所も多いかと思います。ただし計画段階でやっておかないと・・・というシーンも多いですし、短納期の建物設計も多いですから、検討用に一本入れておく、というのも手かもしれません。

SEIN La CREA の木造Premiumパワーアップ

昨年発売された、木造構造計算できるSEIN La CREAのオプションがこの春進化しています。予告ですがもうすぐアップ版がリリースされるようです。私ももちろん通常のSEINの部分にも改良が加えられています。昨秋は使いにくいな~という部分を補完するような動きが多かった(Viewerとか)ですが、出力や表示などどんどん手を入れていってるようですね。昔SEINが使いにくい、というイメージを持っていた方、もう一度試してみるといいと思います。個人的にはまだRCではそれほど使いたいな~(SSとかBUSとかBuild.一貫とかお勧め)とは思いませんが、鉄骨造はすごいいいな~、木造も良い感じ、という感想です。もっとも自分には重すぎるシステムなので、S・RC一貫は他社に乗り換えようかな~なんて考えて見たりもします。案件が少ないので今のところ・・・ですが・・・。

フリーウイング羽子板セット

4月に発売された「フリーウイング羽子板セット」は変形住宅が増えている木造において、便利に使えそうな金物です。

斜め梁の90度~163度、登り梁の0度~60度まで角度を自由に変えられます。もちろん第三者機関で耐力を確認していますので安心して使えます。価格は1200円と高いですが、狭小住宅などでの利用や一部分だけの利用が想定されるため、それほど影響がないかと。

登り梁など結構適当に接合している例もあるので、そういった場合に利用すればいいかと。ビスどめなのでリフォームなんかでも便利に使えそうです。

D-Sub端子しかないディスプレイの活用

最近のノートパソコンだと、D-SUBが普通にないです。D-subとはディスプレイ端子で以前なら一番流通していたものなのですが。Let’s noteが手放せないのはD-subがあるからだ、という人も多いと思います。プロジェクターもD-sub専用もまだ残っていますし。

さて、私の会社の従業員達は代々4:3の旧型のディスプレイを愛用している人が多いです。それをデュアルにしています。最近のデスクトップパソコンは普通にデュアルに対応できますが、D-subとHDMIとかが多くD-subを2台は難しいです。ちなみにLet’s noteは普通にD-subがついているので本体のディスプレイと外付けで普通にデュアルが可能ですし、HDMIもあるので、本体とテレビでデュアルなんてことも簡単です。

わざわざディスプレイカードを買うのもな~と思っていたら、世の中良く出来たものでD-subとHDMIの変換ケーブルなるものがあります。価格も安く心配になるくらいですが、私の環境では3本ほどうまく使えています。相性問題などは今のところ発生していないようですが、ネットの情報ではやはり不安は残ります。

一頃流行したスティックパソコンもHDMIしかないですが、あれも変換ケーブルだけで普通にD-subのディスプレイにつなげます!!意外と旧型のディスプレイって社内に残っているので重宝することも多いかと。私の場合はwallstatの変換などにスティックパソコンを使っているので、たまにディスプレイを切り替えて・・・・なんてときに便利です。wallstat本当に変換遅いですし・・・。

それにしてもスティックパソコンはいいです。コンパクトですし持ち歩き楽だし。正直遅いので、もう少し高くなっても良いから高速にして欲しいです。私の環境下ではファンは必須です。アップデートが一番熱を・・・という笑えない状況です・・・。

さて連休中のお仕事のために、自宅のパソコン環境を整えました。社員の退職が多かったのでパソコンも余っているので寝室にセッティングして会社の仕事を自宅で続けてできるようにしました。Let’s noteもディスプレイを繋げばCADや構造計算くらいならなんとかなりますね。4月は体調を崩していたので仕事を溜めるだけ溜めてしまったのでこれから頑張ろう♪

wallstat 4 β版のwallstat studio

ネット上にあまり情報がないので備忘録

勾配梁の指定も今回から大分楽になりましたが一回修正して戻すのが難しい。部材の指定はかなりやりやすくなりました。

wallstatは木造軸組構法住宅を対象とした数値解析ソフトなのだが、わかりやすいアニメーションと無料で使えることから、一部で流行しています。私も各バージョンを使い続けていますが、正直怖さも感じて実務で投入するのをためらっていました。まあ設計の参考、シミュレーションとして割り切って考えて使っていこうと思っています。

さて、wallstatのデータを作るのは以前は難解でしたが、今は各種構造計算ソフトやCADソフト、耐震診断ソフトから転送出来るのでだいぶ楽になりましたし、wallstat自体にも簡易な形状なら入力出来るwallstat studioなるソフトも付属したので一気に敷居が低くなりました。もっともExcelがあれば、かなり凝った入力もやりやすいですし、実際は併用していくことになると思います。

今回wallstat4のβ版がリリースされ、そのwallstat studioが機能アップしています。正直ようやく使える感じになったなと、作者に感謝です。柱頭柱脚の金物の指定や各部材のパラメーターの指定がだいぶやりやすくなりました。もっとも私がやっているような建物はこれだけではできないので、相変わらずExcelでにらめっこです。

母屋下がりがある建物や、縁側がある建物、片流れの建物の挙動は現在の高耐震の建物でもかなり不安が残ります。wallstatならモデル化するだけでその傾向はつかめますので、わざわざ振動台を使うより手軽です。そういった知見を集めていくのにはwallstatって適していると思います。耐震診断でお客さんを恐れさせて契約に結びつけるようなツールではないと思います。自社の建物の優位性を示すのはいいと思いますが、それだけでは物足りないですよね??ぜひご活用くださいませ。

クリビスプレートⅡを考える

栗山百造から、クリビスプレートⅡというものがあります。これは、従来のの「柱・梁・土台面に薄いプレートを打ち付けて、その上から合板を施工する、の逆の考えのプレートです。柱・梁・土台面に合板を打ち付けてからその上に施工する不思議な金物です。ビスの長さに制限があるのか?9mm合板までしか対応していないニッチな金物です。まあ合板打った後に気がつくこともあるし、リフォームなどでは有効かもしれません。あと、プレート面にメモリがついていて、横架材の太さによって適した施工位置を確認できるという親切な機能も搭載されています。5.3kNということでエーステンプレート等と同等クラスなので、まあこの用途のために数枚手元に置いておいてもいいかな?と思わせる金物です。