洗えるマスク

新型コロナウイルスのために、マスクが売れている・・・なんてのは誰でも知っていること。しかしマスク毎の性能の差があるのはもちろん、付け方によって所定の性能が出せない場合もあります。まあ今は入手できれば、という次元ですが(汗)。

とりあえず備忘録として私が使っている洗える布系のマスクの特徴などを書いておきます。

PITTA MASK GRAY(ピッタ・マスク グレー)

グレーのマスクで一躍有名になった株式会社アラクスの国産花粉用マスク。私も当初は花粉症マスクが手に入らず物色していて初めて購入したマスクです。洗って再使用が可能なものは初めてでした。ポリウレタン素材で肌に優しくつけやすいです。また花粉99%カットなのに息苦しくないので快適でした。もちろん新型コロナに対抗できる商品ではありませんが、相手にうつさない、多少の確率の低減のために利用している人が多いと思います。

不織布の多くの製品より隙間が少なく花粉症用に優れています。また3回まで洗えるとのことですが、効果はともかく比較的頑丈で洗いやすいのでがんばれば一ヶ月くらいつかえます。商品のバラツキも少なく、さすが国産という感じです。

同社の子ども向け商品のようです。子ども向けには安心品質!という方は高くても検討価値がある商品でしょう。

 

私が買ったときは激安でしたが4月になって高くなりました。それでも入手しやすいです。

楽天で購入した洗えるマスクです。当初は非常に安価でしたが、4月に入ってから値上げされてちょっと購入しにくくなりましたが、再利用できるタイプでは比較的流通量が多く購入を考えている方も多いかと。また比較的早く届くようです。PITTAと比べて、縫い合わせが非常に荒く布のズレが見える場合があります。また独特の匂いが残っています。匂いは嫌な人はいると思います。私はつけて数分で慣れましたけど。あと若干伸び縮みがきつく、大きな顔の人は慣れるまで耳が痛いです。またPITTAに比べるとズレ落ちしやすいです。そのあたりは、やっつけで計画・生産されている商品なんだな、と感じます。肌触りは良く、息苦しくないので価格が納得できれば再購入しても良いかな?と考える商品です。

マスクは不要論が一時期ありましたが、アメリカなどでもマスクの有用性が再認識され、現在はマスクをかき集めていて、その分日本などでは価格上昇、入手しにくくなっています。ネット上ではまだまだ割高ですがマスク在庫があるところがあるので、店頭で並ぶことを考えれば、購入を検討してみても良いかもしれません。