ネット」カテゴリーアーカイブ

有頂天レストランはyoutubeの流れを変えられるか?

宮迫博之のyoutubeチャンネル「宮迫ですッ!」での、「有頂天レストラン」。今までyoutubeはは、テレビではできないことをやってきて伸びてきました。宮迫博之は、あの件がありましたが、それまではテレビで長年活躍してきました。youtubeで一定の成功を収めましたが、テレビに戻りたいと、今でも言っていましたね。それならyoutubeでテレビやればいいじゃん、と私なんかは思っていましたが・・・実際にやると大変なんですね。費用とかセットとか。やはりテレビで動く金額は莫大で凄いです。youtubeとテレビは根本的に違うのです。それでもお互いの良い部分を取り合って進化していくんだろうな、と思っていましたが、一方的にテレビが沈下しているような気がします。

コメントを見る限り、賞賛と、youtubeとは違うのでは?という意見が多かったような気がします。私が見た限り、出来る限りテレビと同じクオリティを目指しつつ、youtubeの良さを取り入れ、スポンサーにだいぶ気を使った構成になっています。その辺りに、テレビとyoutubeの相容れない部分を感じます。スポンサーに気を使わなくて良いからこそ、youtubeは自由で、そこが支持されているのですが、宮迫博之はそこに魅力を感じつつもテレビの古き良き頃を忘れられないような気がします。まあそれは当たり前のことです。そしてそれが非常に難しい事だと言うことも十分過ぎるほど知っているのでしょう。どちらかというと瞬発力的なネタが多いyoutubeにあって、お金も企画もかなり練った感じがします。個人的には十分楽しめたものの、テレビであったらもう少しかな?と思ってしまいます。いろんな方の感想を聞いてみたいものです。ちなみに日曜日夜8時というゴールデンに公開され、12時間後の朝には26万アクセス。これが本人の予想より多いか少ないか?これも聴いてみたいと思います。

言うまでも無く、私はテレビ派です。youtubeはそれなりに見ますが、やっぱりテレビが好きです。youtubeで見るのも、芸能人や野球の選手のチャンネルが多いです。この番組をみて、あらためてテレビにはもっと頑張ってもらいたいな、と思います。

TwitterのSpace機能の謎

先日、とある構造屋さんがTwitterの機能であるSpaceで構造トークを展開。概ね好評だったようです。私も死にそうになりながら布団の中で聞いていたのですが楽しかったですね。あれは作成者がうまいと面白いと思います。いきなり申請した人が許可を得てしゃべれるのも斬新でした。

さて、私のTwitterアカウントのうち、公式は600人を超えているので、早速実験。当たり前のように体験できました。操作性も良いですね。次に私の非公式DJアカウント(こっちが公式な感じがするが・・・)は、400人未満なので、通常出来ないはずなのですが・・・・できました!!じっさいしゃべってみましたがフル機能ですな。次に、他のアカウントでも試してみましたが、300人未満のアカウント3つは全滅でした。

そこで周りに居た人に、それぞれのアカウントで実験してもらいました。やはり600人いかないアカウントでもできるものがあるようです。まだそれほど多数のアカウントで試したわけではないのですが、300人以上あたりから使える人がいるような感じです(いったいみんな何個アカウントを持っているのだ???)。

さて、Spaceは、Twitterの追加機能で、遠隔地のTwitterユーザーが、一方的にしゃべれるという機能です。許可制でリスナーがトークに参加することができますが、通常はTwitterユーザーが自由に聴くだけです。一時期流行ったclubhouse的なものなのかしら??Twitterのフォロワーには通知が表示されるので、ファロワーが多いほど聴かれるチャンスがある、ということなのでしょうか?そのため600人のフォロワーが必要・・・と言われていました。なのになぜ??というお話しです。

それはともかく、使い方次第です。clubhouseのように招待制でもなく、手軽に誰でも使えるTwitterなので、面白い使い方ができれば、一気に流行するかもしれません。ちなみに誰でも聴けるので秘密の話はできませんねえ・・・。

と思っていたら、今後の展開で、会員限定の有料Spaceの実装を数ヶ月内に予定しているとか。チケット制で、チケットを購入した人だけが聴けるとか。ホストは、チケットの価格や販売数を設定できるのでビジネス的にも使えるのかもしれません。講習会とかいいかもしれませんね。どれくらいTwitterが取り分あるかはまだ不明です。あと、スケジュールとリマインダーの設定もできるようになるらしく、可能になれば聞き逃しを防げるようになりますね。

他社も手をこまねいているわけで無く、clubhouseの流行からどんどん似た機能をつけてくるようです。Facebookも「ライブオーディオルーム」なるものを今夏に開始するようです。個人的に音声を流すだけ、というシンプルなものが、どこまで流行るのか?懐疑的です。動向を注視していこうと思っています。

さくらインターネットのアドレス(独自アドレス含む)からのメールを迷惑メールにさせないために

最近、特定の相手にメールを送ると迷惑メールに判定されることが多くなった。

それがさくらインターネットのホスティングからのメールであることが多いので調べて見ました。

何しろ、会社のメール、個人のメール、某協会のメールなど、すべてさくらインターネットなので被害は多いです。まあ実務的に何かあったわけではないのですが(今のところですが)。

発生したのは以下の二件

・niftyのアドレスの方にメールが届かない(某協会のアドレスで発生)

・自社オフィシャルのメールがgmailで迷惑メールに振り分けられる。

niftyのほうは、niftyに問い合わせています。gmailのほうはさくらインターネットの設定で直ることがあります。

まず、gmailのアドレス宛にさくらで使っているメールを送り、ヘッダー部分を確認。このとき

こんな感じに?マークがついている場合は、以下の対応をします。しないと迷惑メールに振り分けられるケースが増えます(特に大企業でGmailベースで社内メールシステムを組んでいる場合)。

さくらのレンタサーバーの管理画面に入り、ドメイン設定を開きます。

・IPv6アドレスの使用を利用するにチェック
・SPFレコードの使用を利用するにチェックする。

この二点を確認し、チェックを入れます(IPv6はこれからのことで念のためです)。SPFレコードを利用するとGmailでもそれが認識されて、先ほどの部分がこのように変わります。

このケースでは会社のアイコンに変わりますが、ない場合は人型の普通のアイコンに切り替わるのを確認できればOKです。

もちろんほかにも迷惑メールになる原因はありますが、まずはここからチェックしてはいかがでしょうか??

 

IIJmioからeSIMプラン4月登場

eSIMは楽天モバイルが積極的に取り入れたので有名になりましたが、3大キャリアはあまり積極的でありませんでした。しかし使ってみると便利です。乗換も含めて!私はRakuten miniもPixel4aもeSIM対応機種なので、早く他社の対応プランが欲しかったです。今は節約のためPixel4aに楽天モバイルを入れているので(メインはau)尚更です。楽天モバイルはメインで使うとエリアの問題があるだけでなく、パケットをあまり使わない人にとっては割高になる問題があります。

そこで格安SIM系もeSIM対応が・・・と思っていたのですが、限定的にしか対応がありませんでした。しかし!IIJmioがこのたび4月よりeSIMのプランを正式に出してきました。

なんと2ギガで月400円と、データ専用SIMより安いのです。音声通話機能がないとか、NTTドコモ網しか使えないとかありますが。20ギガでも1500円と激安です!まあ同時に発表になった他のプランも安価なわけですが、それよりも数百円安いのは十分に訴求力があると思います(注:全体的にIIJmioのプランはかなり魅力的です)。200円で1GB追加出来るので、ギリギリだなと思ったときでも大丈夫でしょう。ちなみにデータ容量超過後は低速通信300kbpsです。ここはちょっと厳しいです。5Gも6月頃提供予定のようですね。

eSIMに音声通話がないのが悲しいですが、今のところ仕方が無いのかもしれません。3大キャリアもeSIM導入するようなので、更に良いプランが出ることを望みます!!

 

 

Distill Web Monitor

ホームページの更新を見つけるのは結構面倒です。講習会の申し込みなどは締め切りもシビアですし。そこで、定期的にWEBを巡回して、更新をお知らせするソフトが必要です。

昔は波乗野郎といったオートパイロットソフトを利用していました。そのうちブログが普及するとGoogle Readerを利用するようになります。しかしそれが廃止されるとFeedlyに移行しました。しかし通常のWEBとなると使い勝手が悪い。ということでFeedlyと併用でDistill Web Monitorを利用しています。

Distill Web monitorは、単純にリストにあるアドレスのホームページが更新しているかどうかを一定期間毎にチェックし知らせてくれるブラウザへの追加機能で、ChromeにもFirefoxにもあります。ブラウザ上でお知らせしてくれるので重宝しますね。ソフトウェアの更新、講習会のチェックで利用しています。

現在、チェックしているリストの一部(守秘義務も無さそうですし、そのまま公開。実際はもっとたくさんある)

まあ、これでも見逃すことはあるのですが(汗)、幾分マシになっています。

アクセスカウンターは出すべき?

昔のホームページと言えば、大きなロゴと、アクセスカウンターがありました。アクセスカウンターは、周りにどれだけ見てもらえているか?を示す指標でもありましたが、そもそも偽装できますしカウント方式もバラバラなのであまり信用性はありません。内部的に分析したい場合は、外に出さずに自分用に・・・という人もいます。私も信用性の問題とアクセスが多いこと=信頼とは思わないので、アクセスカウンターは設置していませんし、見てもその数値ですごいとか感じません。

Googleの検索がメインになって久しいですが、アクセス方法も昔と違って多様化したこともあり、リンク集なども意味が薄くなっています。SNSの威力のほうが大きいですから。むかしのリンク集などを見ると、今生き残っているところは少なく、時代の流れを感じます。

個人的には、アクセスカウントよりも、そのサイトの履歴を重視したいです。いつ開いて、どのような変化があって・・・の履歴は欲しいです。特にブログ形式の場合は問題ないのですが、普通のホームページだとわかりませんからね。せめて更新日などは書いてきてほしいものです。

勉強や作業用にSpotify

youtubeをよく見るようになったが、時間泥棒感が強い。時間消費が多いのに、その時間内に見られる数は限界がある。そして面白い。個人的に出先とかの空き時間に見るものだな~と感じます。夜見ると確実に睡眠時間が削られる。仕事中だと仕事が進まない。

さて、それなら、ということで普段はTBSラジオを聞いて仕事をしているのですが、好きな番組じゃない場合は・・・最近ではSpotifyで音楽を聴くようにしています。

パソコンでも画面が動画じゃないというだけで仕事や作業ははかどりますし、気分転換に歌詞を見ながら歌を聴くのもいいです。Spotifyは歌詞を出せるのでいいですね。

まあ無料版だと広告がでます。そこそこ邪魔ですが流れるだけなので、私は何も感じません。もう少し使い込んだら、有料版にしてもいいかな?と思います。

 

ひかりTVの申込み

JCOM解約にあたり、楽天ひかりを契約。スピードはまあまあ速い。JCOM何だったんだ、というレベル。WiFiルーターが無料でもらえたのですが、これが足を引っ張ってるだろうと思えますが、十分です。そして次はテレビです。楽天にはテレビサービスはないので、ひかりTVを契約。こちらの契約も非常に簡単。やめるときは大変なのかな?JCOMのやり方はしっているので、ひかりTVは大丈夫かどうか大いに不安ですが・・・。

チューナーは購入しました。レンタルで良かったんだけどね。それほど高くなかったし。dプランはテレビおすすめプラン。テレビしかみないし。最近は動画サービス充実していて、そっちを見ることが多いからねえ。JCOMより安くてチャンネル数が多いんだから良い時代だねえ。地域チャンネルを見なければJCOM不要ですし。

何よりも、囲碁・将棋チャンネルがこのプラン内で見られます!!素敵すぎます!!

JCOM解約に関しては、別記事で。期待通りでした。

youtuberとは違った難しさ。イベント動画の作成

今回、初めてイベント動画の作成をしました。各人が家等で録音録画したものをつなげて作る・・・のですが、正直かなり難易度が高いです。簡単にできるよ!と考えているとエライ目にあります。以下備忘録。

・撮影機材や撮影場所がバラバラだと非常に大変。特に音は・・・。

音の安定が難しいです。みんなマイクも環境も違います。環境音の差や音量の差を修正するのは非常に難しいです。MP3gainやAudacityなどのソフトは必須です。これらがあると「多少マシ」になるので、やはり撮影・録画時の音声が重要ということが身にしみてわかりました。録音時の音声をただ変化させるだけでは、ノイズが増えたりするので後でなんとかなると言う考え方は厳禁です。外部マイクくらいは用意したいです。マイクは集音などの状況により2~3個用意して使い分けたい。

・パワーポイントはセミナー動画を行うときは便利。

音声を入れたり、自動でめくれたりできますし、動画ファイルに出せます。今回のように発表内容をパワポで作っている方が多いときは、パワーポイントデータに入れて貰うのが便利。音声は別取りで送って貰った方が後処理は楽なので、パワポデータと別に音声も貰っておきましょう。

・VideoStudioはいろいろ面倒だが・・・

通常の動画を作るときは便利ですが、意外と融通が利かないし、位置合わせなども面倒。普通のYoutube動画を作れるくらいの技術だと泣きたくなることも。ただ画質の』都合上、メインの動画編集ソフトは統一させておいたほうが良い。そういう意味では、やっぱりVideoStudio楽だな・・・。

・エアコンノイズは、別取りの音声をとっておく

後に、音声が間違えているときにそこだけ差し替えするので、エアコンノイズなどはある程度録音して残しておくと、後で合成してわかりにくくすることができますので便利です。いざというときのためです。

・録音者に、サンプル音声を送っておき、その音声と同じくらいのレベルの録音にしてもらう

これ、先ほど思い付いたのですが、重要です。録音レベルを手で調整すれば、なんとかなるはずです。今回、動画作成の半分以上は音声調整に費やしましたし。

とりあえず疲れました。イベント開催報告の動画などは音楽流しながらなので音声に気を使う必要がなかったのですが。もう少し研究と努力と設備投資が大切だなと感じました。

 

WEBアプリ「新しいなまあず本舗を探せ!!ゲーム」

新しいなまあず本舗を探せ!!ゲーム

そもそもは、Unityを使った新しいホームページのフロントで使う予定でしたが、基本コードを書き終わった後で、あんまり細かいことしてもな、と思い師範書籍のJavascriptコードを基本に作成してみました。さすがに軽いです。スマホ画面を想定して作ってみました。タッチで、なまあず君を動かせます。旧なまあず本舗の位置から、新しいなまあず本舗を発見するというゲームです。実際の府中市内の地図をデフォルメして作っているので分倍河原駅とかコンビニとか片町文化センターなど再現されています。

各建物に到達するとメッセージがでます。このシステムを応用して、各店舗のHPに飛べたり(駄菓子屋なまあずは飛べるようになっています)、作品集に飛べたり、クーポン券を埋め込んだり、宝探しをしたりとか、楽しめるシステムに成長させられたらな、と思います。

かなりチープなシステムですが、あんまり凝ると時間がなくなるので、この程度で・・・。