Chromeリモートデスクトップで実用になったソフト(CADや構造計算ソフトも)

ChromeReadyでChromebook化したパソコンから、インターネットを介して親パソコンに接続して実用的なの??ということで、やってみました。

KIZUKURI
木造構造計算ソフトKIZUKURIは比較的軽快なソフトです。やってみたらやはり軽快なまま。計算もスムーズです。USBプロテクトは親パソコンに刺さっていればOKです。2棟入れてみましたが問題はありません。ただMDIなので、画面が大きくないとちょっと嫌です。ノートではなく21インチ以上のディスプレイで使いたい感じでした。速度的にはスティックPC、Lavie特に差は感じません。

HOUSE-ST1HOUSE-DOC
どちらも似たソフトですが、ほとんど影響しません・・・といいたいのですが、HOUSE-DOCはほぼダイアログがでないので問題ないのですが、HOUSE-ST1はよくダイアログた飛んでいく特性があるので、親パソコンがデュアルディスプレイだと意外とストレス溜まります。ダイアログの件、なんとかならんのかな~。ただ動作的には何も問題はないです。SDIだと楽ですねえ。

DRA-CAD
まあ問題ありません。画面が大きい方が快適なのは言うまでもありません。

信長の野望 創造
一番負荷のかかる・・・ということでやってみました。スライドパットでやるのはかなり難しいですが(当たり前か)、マウスがあれば若干のタイムロス程度でなんとかなるので初級モードなどなら楽勝です。中級あたりになると(汗)。やはりゲームは負担が大きいです。パケットも相当食っているのでは?(今回はWifi下なので測定していません)。意外となんとかなるものです。

日本語入力が、ChromebookならATOKでないわけですが、リモート時にはATOKになるので地味に性能が上がった感じがしますが、Chromebookの変換も思ったより悪くはありません。ただ、ワンテンポ遅れる感じがするので、文章作成はChromebookのままのほうがいいかな??

そんなわけで思った以上にいいですね。ただ親パソコンの速度が速くないとこのような結果にはならないのかも?と思います。なにしろ動いているのは親パソコンですからね・・・。

NASの交換時期

きちんと動いていて当たり前!などと考えてはいけません。私も1回痛い目に遭っていますからね。RAIDはそれでもきちんとしていて思わず更新時期を忘れることがあります。

もうすぐ5年!!

本格的なNAS運用を始めたときに使ったのがQNAPのTS259でした。黒くてかわいい外観でしたが機能が高い上、アプリも動くので当時本当に驚きましたね。5年間ノントラブルで稼働しました。感謝です!!その後2015年にTS231を入れました。下位機種ですが、そこは信頼のQNAP!安定していました。白くてスマートな外観も良かったですね。バッファローのNASの引退と、BeatのNASがその後引退したので負担が大きい時期でしたが安定して動いてくれています・・・で甘えていてたまにSMARTチェックはしているものの1700日を超えました!!もうすご5年ですね。TS259と同じだけ動いてくれています。感謝!!請求システムやバックアップシステムもきちんと動いていてくれます。ウエスタンデジタルのREDシリーズのHDDも十分頑張ってくれています。

しかし・・・現在諸事情でTS231を引退させるわけにいきません。新型コロナでこれ以上のダメージは避けたいですし、さすがにHDDは危険!ということで、中身のハードディスクのうち一台を交換することにしました。

REDシリーズは未だ販売されています。NASで動かすなら択一ですね。同じ容量のものを一台注文して、片方だけ交換することに。NASの後継は6年目を目処に考える予定です。

 

スティックPC SY01をChromeOS化

昔、激安で思わず衝動買いしたエプソンのSY01というスティックPC。当時は画期的でいろいろ出ましたね。ただ性能が低いのでそれほどメジャーにはなりませんでしたけど。

エプソンからも出ていました。CPUはAtom Z3735Fという非力でした。ストレージは32GBのeMMC。Windows10にアップグレードして使っていました。ただ速度がね・・・。実用的でないのでまったく使っていませんでした。リモートデスクトップやWEBで使う予定だったのですがアップデートなど時間がかかりすぎてね。またソフトもインストールが難しかったりして。32ビットというのも問題でした。

というわけで、ChromeOS化しよう!!と思い立ちやってみました。

やり方はネットを探せばいっぱい出てきます。CloudReadyなるソフトをダウンロードし、USBメモリにインストール。それをSY01に差してUSBブートすれば動きます。予想以上に快適だったので、Windows10を消してChromeOSのみにインストールしました。起動こそChromeBookの快適さはないですが、起動したらキビキビ動きます。想像以上に満足です。これなら常用可能です!!wifiも普通に掴みますしキーボードもマウスも手元のもので大丈夫です。

chrome Remote Desktopを使って、Windowsパソコンに接続し・・・きちんとWIndows動きます。リモートであっても回線がソコソコ速ければ十分実用になります。USBプロテクトなども相手先のパソコンで動いているので、KIZUKURIなどもきちんと動きます。もちろんDRA-CADもきちんと動きます。これは便利ですね・・・。

あとはAndroidのアプリが動けば・・・と思うのですが標準では動きません。ここが本家のChromeOSとの違いですねえ・・・。

 

理想の部屋作り「ROOMAID」ブラザーの家具ペパクラダウンロードサイト公開!!

3月2日はミニチュアの日。その日に公開されたブラザーのROOMAIDは強烈です。比較的現実的なデザインの家具のペパクラ型紙が無料でダウンロードできるのだ!!

テレビやソファー、トイレやお風呂など様々な部品が揃っていて、作って並べるだけでも楽しそうです!!まずはサイトを見てください!!

元々は同社のプリンターで印刷を・・・という企画だと思うのですが、PDFですので、A4印刷できるプリンターならOKだと思います(特にホームページにも明記されていません)。

学校が休みなので、こういうものにチャレンジしてみてもいいですね!!

httpsだけでは安全ではないし、そもそもネットは危険があることを認識して利用すべし

私の管理するホームページ群は、httpで始まる暗号化していないホームページです。最近暗号化通信にすれば?と言われ続けているので、学習していますが、そもそもhttpsの暗号化に私はそれほど安全性を感じません。暗号化通信すれば確かに第三者による盗聴リスクは下がるんでしょうけど。ただブラウザに「保護された通信」などと安心感を示す用語はそれ自体が絶対安全ではないだけに不安が残ります。

ただしMITM攻撃などHTTPならではの不正手段の温床になる可能性があります。そして安全に配慮しているよ、とアピールできるだけでなく、SSLサーバ証明書によって正当な所有者であることを保証してくれるのもポイントです。

しかも検索順位にも影響がでてきているようです。年々httpsに変更するサイトも増えてきています。まあお金もかかることなので、じっくり考えていきたいところですが・・・。

chromeでPDFを読むときのフォントがおかしくなる問題

私の環境下で、chormeでPDFを読むと印鑑のような書体で表示されるのでchrome環境ではPDFを使わなかった。主力がFirefoxなので放置していた問題なのですが、やっぱり不便な場合があるので、プラグインや拡張機能を探してみました。

なにしろchromeにそれらしき設定がないわけで・・・。adobeのプラグインを探してもないので。知らない間にいっぱいありましたが(汗)adobeのはどうも違うっぽい。一番シンプルな名前のPDF Readerを入れてみたら、あら不思議。それだけで直りました。おそらくandroidでもお世話になっているXodo PDFなんかでも良さそうですが・・・

WordPressにログインできない!! なまあず日記styleのピンチ!!

今朝、なまあず日記styleを見たら、見慣れないエラーが画面上部に・・・。内容からプラグインのエラーということはわかったのですが、ログインできません。

なまあず日記styleは、外部からの攻撃を受けないために、wordpressとしては特殊なログイン形式を取っているのですが・・・その影響か、きちんとしたパスワードを入力しても入れません。ログイン画面はあるのですが・・・。

ググってみても同様の症状は調べられませんでした。仕方がないので自分なりの知識で対応。

まず、プラグイン画面にファイル転送ツールで強制的に入り込み(さくらインターネットなら管理画面からファイルマネージャーが簡単ですね)、エラーが出ていて、影響がありそうな、wp-render-blogroll-linksのフォルダを見つける。そしてそのフォルダ名を改名します。コンピュータなのでエラーコードがあろうと、フォルダが発見できなければエラーを出しようがないので・・・。

すると、エラーコードが消えて、ログイン出来るようになりました。今回は他にもエラーが表示されており、Q and A FAQ and Knowledge Base for WordPressもエラーがあったので、WordPressの管理画面から無効化。2つのプラグインは使えなくなりましたが、正常に動くようになりました。

WordPressは無料でいろいろ使える反面、使えなくなったら自己責任で解決しなければなりません。有用な情報は、ブログサービスの廃止が相次ぎ、ねっとからどんどん消えてますし、新しい情報を発信するブロガーも減少気味でつらいですね。自分の失敗事例などはどんどん掲載して欲しいです。

※今回は私の方法は私が自己責任で行ったことです。テーマが純正でエラーがでにくいということで、プラグインに焦点を絞った・・・という背景があります。この作戦が常に通用するかはわかりません。ご活用するかどうかは自己責任ということで。

ブログサービスがなくなっていくことはWEBの情報が激減していくことにつながる

Yahoo!ブログが12月になくなるのだが、それ以前にもたくさんのブログサービスがなくなってきました。時代の流れとは言え、あの情報あのブログにあったな?と思ってもなくなっているのが多く悲しくなります。もちろん引っ越して継続しているものもあるのですが、全体的にブロガーで元気なのはアフィリエイト目的の方々や有名人のみ。建築、特にCADやITに関わる情報を書いているブログは激減しています。もちろん古い情報はいらなかったりするものも多いのですが、まだまだ有用なものもあります。以前、ネットがもっと古くからあったら、古い情報も残るのに・・・と思ったことがありますが、ネットの世界は本当に動きが早く、既にブログも古いコンテンツの1つになりつつあるんでしょうね。

もちろんなくなられた方のブログが永遠に残る、ということもないのですが、何か文化遺産的に残すシステムはないのかな~と思ったら、昨日、こんなニュースが

小林麻央さんなど42人のAmebaブログ、国会図書館が保存 「後世に伝える意義が大きい」

なんでも、42名のブログが国立国会図書館のWebアーカイブに保存されたそうです。ここまで大げさでなくても、業界団体などが、このような事業を行っていって欲しいものです。そして気軽に参照できるシステムを作ってほしいものです。

なまあず日記は、楽天ブログで2004年9月22日に開始した個人ブログです。10年間で約4800の記事を書きました。2014年に独自ドメインのWordpressに引っ越し、プライベートなネタ(婚活とか)を若干削除して装い新たに「なまあず日記style」をスタート。通算で15年を経過しました。ブログ開始は遅かったのですが、今となっては継続しているブログとしては比較的長い方になってしまいました。そしてさきほどブログ記事数を見たら6799・・・つまりこのブログで6800になるんですね・・・。役に立つ情報だけじゃないし、間違えたことも度々書いてしまいましたが、「役に立ったよ」とか「読んでるよ」と地方にいっても言われることがあり、それが励みで続けてきました。まあ最低でも東京オリンピックまでは続ける予定なので、もし興味がありましたらおつきあいくださいませ。

パソコンのメンテナンス

本日は、他の社員は皆休みなので自分のみ出勤。午前は現場周り。午前といえども暑い。ただ今年は商工まつりに出店しないので、かなり楽です。来年復活を、と思いましたが、祭りの全容を久々に外から見たら、ちょっと微妙な気持ちになりました。

さて、早めに会社に戻れたので、コンピュータのメンテナンス。夏の暑さはまだまだ続く。故障しやすい状況も続きますのでメンテナンスは欠かせませんね。ホコリなどの確認、清掃、smartの確認。異音検査、ウイルスチェック・・・。自分のパソコンの容量がだいぶ多くなったな~と思ったらonedriveファイルだった。写真もバックアップ取っているのでこれが圧迫の原因でした。ハードディスクに保存先を移動しました。最近は動画のお仕事も多いので、これもハードディスクへ。これでメインのSSDのデータが半分以下になりました。写真や動画はデータ大きいですね。逆にCADデータは小さいので便利です。PDFは馬鹿になりませんが・・・。

また毎年のことながらバックアップの方式を考え直す。onedriveなどの容量が大きくなったおかげで、クラウドバックアップは現実的。それでもgoogleさんだとかonedrive個人用と、他のデータとリンクしているものは使いにくい。もちろんdropboxは論外ということで、様々なクラウドサービスを利用しながらも、分散して保存、バックアップをしています。どうしても情報漏れはあると思うので、毎年地味にバックアップ先は変えていたりします。または設定を変えたり。

そんなときに便利なのが、コマンドmklink。これでシンボリックリンクやジャンクションを作って・・・をすると、バックアップ先を自由にコントロールできます。この方法なら例えばONEDRIVEからDROPBOXにバックアップ先を変更・・・というときもデータコピーせずに行えます。いちいち面倒だった作業は今年は自分の実働時間は数時間で終わりました。あとはコンピューターたちに頑張って貰うだけです。

なまずくの耐震事件簿アクセス頂きありがとうございます。

なまずくの耐震事件簿は、WEBマンガとして府中市商工まつりで公開したのですが、意外と好評のようで、まだ検索でひっかからないにも関わらず、多くの人に見てもらっているようです。毎年お盆休みはアクセスが激減するのですが、今年は大丈夫みたいですね。それも狙っていたのですが、まずは見て貰えていて一安心です。

なまずくの耐震事件簿 公式ホームページ

お盆休みに第2話を執筆していたのですが、この手の連載は初めてなのでまだ勝手がつかめません。もう一つの連載であるST1に恋してに比べても一般の方向けなので難しいですね。ST1に恋しては・・・はじけ始めていますからね・・・。

難しいのが実際に耐震診断したデータなどに基づいて執筆していること。だからといってプライバシーに関わる問題も多いので、同じようだが違うふうにしなければなりませんし、伏線や設定は予め仕込んでおかないとストーリーがおかしくなります。今回はシンプルな建物にしましたが、それでも意外と難解で、耐震診断書4冊、壁量計算書4冊、構造計算書2冊とにらめっこしながら書いています。まあ慣れれば早くなるとは思うのですが(汗)。

今日はお盆休みで電話が鳴らないはず・・・と思ったら容赦なく電話が(汗)。みんな働いているな~。