Rakuten miniに入れたいアプリ

3ヶ月電車に乗らなかったが、先週と今週は都内に出ることが多かったです。

そこで、いままで楽天モバイルのエリア内に行くことがなかったのですが、ようやくエリア内で動き回ることができました。新宿地上エリアはだいたい問題ないですし、通信速度も速かったです。

そして通話品質も問題なく、心配されたエリア内、外の切り替えによる電池消耗(地下街多かったですからね)も最低限に抑えられ、改めてRakuten miniの実用性が実証できました。何より首から提げているので改札で手軽にタッチで通れるのが良いですよね。ネット上では悪口もいっぱい見かけますが、悪口を言ってもみても性能は上がりません。いかに端末のポテンシャルを引き出してやるか?を考えた方が楽しいですね。


画面右側にウィジェットエリア&リンクエリアを置いています。SuicaやEdyの残額がワンタッチでわかるのがいいですね。それにしてもSuicaのウィジェットは可愛い!

といっても私の使い方だと、通話、SMS、お財布ケータイ、WEB、ニュース程度なので、もう少し便利に使いたいものです。

・abema
動画系はyoutubeとabemaを入れています。abemaはパケットコントロールが比較的優秀なので出先では重宝します。

・回線チェッカー
au回線なのか?楽天回線なのか?手軽にチェックできるアプリ。楽天ユーザー必須かもしれません。

・ATOK
小さい画面でも使いやすいです。もっとも個人差があるので日本語入力は自分が使いやすい物を入れましょう。

・Edy、Suica、PayPay、Ponta
電子マネー系・ポイント系はできるだけ集約したいものです。Tポイントを削りました。

・Rakuten music
インストール済ですが試験的に使っています。便利です。楽天エリア内になったら積極的に使いたいものです。

スライド式キーボード搭載!のスマホ国内販売へ

リンクスインターナショナルは、7月4日より、スライド式QWERTYキーボード搭載のAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」を国内発売すると発表しました。

何しろBlackberryもなくなりましたからね。キーボード付きは絶望って感じでしたからキーボード派には朗報です。私もEmonsterやIS05などキーボードタイプを多く利用してきたのでそろそろ1台欲しい所です。

でも価格は89900円(税抜き)。10万円は出せないかな?6インチでフルHD+、Snapdragon835、6GBRAM、128GBストレージ、3200mAhバッテリー搭載。何気にスペックが高いのが特徴です。OSはAndroid 9 Pie。デュアルSIMっぽいです。指紋センサーも搭載しています。カメラシャッターボタンまでついていますが、カメラもデュアルのようです。

残念なのが重量が243g。大きさはベストですし、キーボードも横型で使いやすそうです。まあすごい頑張っている端末で応援したいですね。

なぜyoutubeを始めたか?

DJしろなまずチャンネルはこちら(チャンネル登録お願いします←ただ言ってみたいだけ)

あんまりyoutubeを真剣にやるつもりはないのですが、やはり自分の上げた動画のアクセスは気になるものです。予想通りアクセスはほとんどありませんね。このブログとTwitterだけですからね宣伝は。元々、ブログの限界を自分のせいにせず、ブログのせいにした私が、ネットラジオに進出したことから始まった今回の新しい試みです。

おかげさまでネットラジオのアクセスは多く、ポッドキャストの可能性を感じます。誰が聞いているんだろう?と若干不安になりますが。youtubeのようにアクセスありきの企画になりにくく、独自性を出しやすいですし、自由度も高いです。youtubeも可能性がありますが、必勝法も含めて落ち着きのない動画、刺激的な動画が溢れ、正直見苦しい部分もあります。私の場合は、本業がありますので、本業の傍ら、ブログで出来なかったことを、ネットラジオとyoutubeで補完していければ、と思っています。構造模型は、ブログやネットラジオが苦手とすところ。youtubeを活用して伝えていきたいと思います。

ちなみにDJしろなまずチャンネルの、顔画像はアプリで加工した私の写真です。

コメダでお仕事

今日は、八王子に来ているのでコメダでコーヒーを飲みながらリモートワーク。今は駐車場が広いコーヒー屋さんが多いので、打ち合わせや用事の前に気軽に立ち寄れるので助かります。コメダを含め若干高めな価格設定ですが、落ち着いていて作業しやすいです。

そうなるとWifi環境やモバイルWifiやノートパソコンなど凝りたくなるのですが、そこまで使うわけではないので、Let’s note RZ5か今日使っているLavie Zかどちらかと、Zenfone6テザリングです。Lavie Zは、Let’s noteより若干重いですがうす型でキーボードが使いやすいので、かなり古い機種ですが重宝しています。バッテリーがへたらないのが不思議なんですがねえ。バッテリーも未だ外部で使えるなんて有り難い機種です。そもそも中古購入なのに。気に入らない部分は、USB typeC端子がないこと、指紋認証などがないくらい。SDカードスロットもついていますし。重量は5月発売になったExpertbookにくらべても遜色がないマグネシウム合金ボディですからね(あっちは14インチですが)。おかげで、先日ExpertBookを店頭で持つ機会があったのですが、感動できなかった(汗)なんてことも。Let’s noteと併用なので長持ちしているのかもしれませんが、もう少し大事に使っていこうと思います。

逆にモバイルは限界です。サブのRakuten mini が予想外の活躍をしているとはいえ、主力機のZenfone5Zがへたってきているので。まあ落下事故がなければもう少し延命できたかもしれませんが、カメラがおかしくなってきているので。Asusがスマホ事業を考え直したみたいで、以前ほど機種を出さなくなるだろうし、高価格化してくることも見えているので、今のうちにZenfone6を買ってしまおうか?と画策中。あとはSonyのXperia10ⅱを買うか。どちらもバッテリーの持ちに定評がありますし、カメラもいいので、5Gじゃなくても良いかな、と。

まあ、もうすぐ引っ越しなので、それどころではない、という考え方か、そういうときこそ新機種か?は悩みますが、それも楽しみの1つ。梅雨も始まりましたし、今年は外出しにくいので、家でゆっくり考えてみますか・・・。

そういえば、私の会社でLINEスタンプをリリースしました。なまずくの耐震事件簿の、なまずくです。まあ試作に近い考え方で始めましたが、以外と簡単にいくものです。この夏は外出が思うようにいかない方も多いと思いますので、室内でできるこのような事に挑戦してみるといいと思います。

Let’s note SV9の最新モデルはいいかも??

Let’s noteといえば、パナソニック製で、国産の数少ないノートパソコンで軽量頑丈!でファンが多いのですが、若干時代遅れ(分厚いとか)だったり、高価だったりして敬遠する方も多かったのも事実です。値段と性能のバランスは難しいのですが、付加価値も含めて高性能なら高くても当たり前。そんなわけで私もLet’s note3台目でした。

しかしパナソニックは、価格はともかく、最近は最新の仕様を取り入れてきています。頑丈さについては他社の薄型軽量とは異なるアプローチでより安全性を高めています。そのために厚くなった仕様のおかげで、ネットワーク端子やアナログディスプレイ端子を搭載したりと、海外製うす型高級ノートとは棲み分けしています。確かにプレゼンのときなど、Let’s noteを使いたいシーン多いですからね。特に営業マン。

さて、そんなメリットだけでなく、新しい仕様でこの新型コロナの時代を乗り切ろうと投入されたSV9です。時代に逆行しているが小さいサイズなら手が当たりにくくて誤操作が少ない円形の従来タイプのスライドパットと分厚さ、充実した外部端子、SDカードリーダー搭載、交換もできるバッテリーのもちといったもの以外は、かなり最新鋭。CPUもそうですが、かなり優秀です。PCIe接続のSSDはメチャ高性能ですし。何よりThnderboltを3ポートで、充電も可能になったことが大きいです。また高速無線LAN「Wi-Fi6」にも耐覆うしています。また顔認証カメラや指紋認証などといったセキュリティ面も充実しています。LTEモデルも投入しています。やはり高いだけの価値は持っていますし、他社が先行している新機能も追いついてきています。

もっともこのモデルLet’s noteの中では大きめの14型で約1.4kg。バッテリーパックSで1.3kg程度まで抑えられるとはいえ、14型で900gを切るASUSのExptertBookを見た後だと、何だかね・・・と感じてしまうのも事実。価格差を考えてもちょっとねえ・・・と感じてしまいます。まあ選択肢が増えることが重要なので、このようなマシンを出し続けて欲しいです。

昔は10インチ程度のLet’s noteを好きでしたが、今はこのクラスに注目です。やはり老眼だからか・・・。

 

「Catfishなおうち」第七回配信(2020年6月10日配信)

年配者の初めてのZOOM会議

はい。初めて仕切りました。70才オーバーが多く、しかも初めての人が多い会議でしたが、無事に終わりました。事前から練り込み、議長の事務所にZOOMをセッティングしたり・・・といろいろ事前準備をしましたから。システムが良くてもきちんと事前準備しないと失敗しますからね。そういう会議いっぱい見てきています。

ZOOM会議を始めてやる場合、トラブルになりそうなことはできるだけ回避することが重要です。特に2000円ケチって、時間オーバーとか本当に面倒なので、絶対有料会員になっておきます。慣れれば必要なくなりますが。最近の会議でもログインだけで15分くらい消化したものがありました。スムーズに入れるとは限りません。

今回は15分前開場としました。これなら慣れていない人もゆっくりできますし、わからなかったら電話で確認もできます。また会議前の雑談で発言、ミュートなど慣れさせることも重要かと。なので入ってきた人に、「こんばんは~」とか「最近どうですか~」とかネタ振りしながら、話の輪に入りやすくします。そのとき、ログイン名がスマートフォンの名前だったり、ビデオがONになっていない人に指摘して直させます。今回は議長がやっぱりうまく入れなかったですが、電話対応してなんとかなりました。15分前開場で、雑談タイムを設けることは非常に重要だと思います。

その後の進行は、議長が話している時に、ZOOM担当は、必要な書類を画面に出したり、遅れてきたメンバーを承認、トラブルの指摘・回避などを担当します。なので、議長=ZOOM担当ではうまくいきません。今回は私が全面的にZOOM担当しました。遅れて入ってきた方に、気がつかない方が多いので、「~さん入りました」と言ってあげると親切です。スマホとパソコンでは見られる情報量が違いますので、その差をうまく補うことが大切です。書類は、スマホユーザーでも見やすいものを作るのが重要ですが、事前にPDFを送っておくと良いです。また資料を忘れてしまった人などで、プリントしたい人の為に、すぐに書類を送れるようにメーラーを設定しておくことなども重要です。タイムロス、議事進行を妨げることはできるだけ排除し、議長が進めやすく、会員がスムーズに会話できるように黒子に徹する必要がありそうです。たまに雑音が多かったりする会員にミュートを教えたり、背後の電話会話などが入ってしまったら指摘するなど、結構やることが多いです。WEB会議ならではの注意点はやっている間に理解させる必要がありますね。特に機種毎の見え方の差異は理解しながら進行しなければなりません。

有料会員なら、録画をクラウドにしておくといざというときのトラブルも安心です。会議を設定するときに、自動録画にしておくと忘れないで良いです。そう考えるとやはり有料版は必須かな~?と思います。会議室借りるのとあまり金額も変わりませんしね。

感触は意外と良かったです。うまくみんな議論をしていて楽しそうでした。会うの久しぶりですからね。先ほど録画動画を役員に送付しました。データは大きいですが、どんな感じになっているか?理解してもらえれば、次回もスムーズに行くかと思います。

というわけで、先週からずっと準備していた会議終わりました。本来はここまで下準備をする必要はないのかもしれません。しかし、年配者は新しいことにチャレンジするだけでもストレスです。なので、そのストレスをできるだけ軽減し、楽しく使って頂ければ、議論も進むというものです。確かにZoomは簡単で優れたシステムですが、ヒトが主体なことにはかわりがありません。コミュニケーションが大切です。今回そんな当たり前のことを改めて理解できて良かったです。

kintoneの2020年6月版主なアップデート

こちらからご覧いただけます。

細かい、使い勝手に係わるアップデートが多いです。サイボウズ社の方針は徹底していますね。この積み重ねが現在のサイボウズ社の信頼につながっていると思います。速度は遅いと感じるかもしれませんが。関数の小文字入力は知人がなんだか言っていたような~。個人的には、こうじゃなきゃ嫌ですし(ユーザーではないので何とも・・・ですが)。

サイボウズofficeもそろそろよろしくお願いします。<(_ _)>

最近のノートパソコンのコスパの良さ

最近は、低価格ノートパソコンを購入しようとは思わなくなりました。その上の価格帯のノートパソコンがあまりにも優秀ですし、中古の性能の良いものがゴロゴロありますからね。2万~5万円程度のお買い得なパソコンは、どこか弱点がありますし、それ以上の価格のものとかなり差があるのも事実です。10万円以内で非常に良いパソコンが多くあります。オフィスの単価が高いのが唯一の難点でしょうか??

昨年くらいまでなら、中古でも良いかな?と思いましたが、昨年末~最近リリースのノートパソコンは速度だけでなく使い勝手もかなりアップしています。特にUSBのType-Cは非常に使い勝手が良くAしかないノートパソコンとは雲泥の拡張性の差があります。もっともType-Cでもイロイロな差があり、周辺機器を買うとき面倒な事が多いのが玉に瑕ですが。Type-Cで充電できたり、ディスプレイ出力できたり・・・本当にいろいろです。

速度的には、Core i5以上であれば、普通の使い勝手では差が付きにくいです。メモリも8GBあれば、通常は問題ありません。それよりも高速なSSD、それも接続方法がPCIe接続など高速なものであれば、文句はありません。通常の使い方だとSSDおよびその接続方法で差がでますからね。

ゲームなどをやらないけど、画像処理など行う場合も、上記構成で何とかなることが多いです。それでも外部ビデオチップを積んだものを選べば更に快適です。仕事で使う場合は、キーボードや画面の相性もあるので、そこは気をつけたいところです。しかし選択肢も多く、大手量販店で触ってくれば自分と相性が良いものは見つけられるはずです。海外製も悪くありませんが、NECや富士通、東芝はキーボード周りが優秀です。海外勢は日本語と英語キーボードを置き換える都合上、うまくない配列になっているものが散見されますが、それでも昔に比べればマシでしょう。ASUS、Acer、Lenobo、Dell、HP、LGなどいろいろあります。国産勢でもパナソニックやマウスを忘れてはなりません。マイクロソフトやアップルも個性的な良機をだしています。

実は更にコスパの良い新興メーカーも出てきていますが、まだ安心できないのでお仕事ではサポートも含めお勧めしません。

私も一台ほしいな~と思っていましたが、会社パソコンのリプレイス時期なので、もう少し延命させま~す。

Rakuten miniの夜景、夜景動画

感度が低いRakuten miniのカメラですが、昔の機種と違って画質が悪くてもある程度写ります。実用的かどうかは別として。

昨日、6月1日は、全国一斉に花火があがりました。

全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト

それを府中市美好町から見てみました。

こんな感じ。意外と写ります。観賞用としてはまったくだめですが、記録用としてみたらなんとかなりますね。(解像度を落としています)I

動画です。切り取ってレンダリングしていますが、ほぼこんな画質です。花火はなんとか確認できますね。

Rakuten miniのカメラ、外付けレンズという可能性

Rakuten miniのカメラは他の人のレビューを見てもわかるように、チープです。単焦点ですし画質もそこそこ。何よりもシャッターのタイムラグが(汗)。

逆に、動きがあるものでなければソコソコ撮影出来ます。何だかんだピントも合いやすいです。そこで、使い道を考えたときに外部レンズ・・・という手を考えて見ました。


クリップで付けるタイプですし、フラッシュも微妙にずれています(もちろん影ができる)。できるだけ小さいものがお勧めです。(写真がきたない。キーボード掃除しなければ・・・)

今回利用したのは日経PC21の付録、広角と魚眼がついたクリップ状のものです。他にもネットを見ているといろいろ出ています。お勧めは望遠系ですが(汗)。

小さめのこの付録なら広角であればフラッシュも使えますし、動作に支障はありません。魚眼も屋外であればそこそこ使えますし、室内でも明るければ問題ありません。


通常のレンズ。雨天ですが意外と写るのです。広角過ぎず歪みも少ないのです。


広角レンズをつけたところ。意外と広くなりますね。ちょっと手ぶれしたりピントが外れたり・・・することもありますが。歪みが広角レンズっぽいです。最近のスマホはこれすらも補正するわけですから、かなうわけがありません。


魚眼レンズです。まあピントもあいますし、面白いのでは??クリップで簡単に取り付けられるし意外に写ってビックリ。

手元に望遠がなくて残念。望遠があるといいですね。超小型ですし。どこかに落ちていないかな~。