パソコン」カテゴリーアーカイブ

B1100FKA-BP0482RAの使い勝手

数日使ってみました。

Chromebook 14aと比べても遜色ない動作はびっくりしました。Windows10でCeleronなので期待はしていませんでしたが、ソフトをそれほど入れなければ軽快です。最新ではないにしろ、下記の設備をもっているので、古いノートパソコンに比べて快適な部分があります。

・カメラに手動のシャッターがあり閉めればプライバシー安心度アップ。
・USB Type-Cがあり、付属ACアダプタでなくても充電できる。
・タッチパネルとスタイラス付属。ディスプレイが回転しタブレットモードになる。縦使いだとTwitterなど見やすいし、意外と汎用性がある使い勝手。

あと、意外に基本性能も優秀です。衝撃などに強いボディーは持ちやすいです(重いですが)。また、キーボードが意外としっかりしていて、なおかつキー配列など無理がなく文章をうつのが専門であれば、意外と使えます。PgUPやENDキーはFn併用なのでそれらのキーを使う人は使いにくいかもしれません。DelとBackspaceの位置がいいので個人的には重宝するキーボードです。Enterも大きいですし、このサイズとしては非常に良いキーボードだと思います。実際キーの入力間違いも少ないです。またType-AのUSBが左右に1個づつついているのも旧来からのユーザーには受けがいいでしょう。また有線LANとHDMI端子もついているのもこのサイズのPCとしては非常に良いですね。

ペンがついているので、PDF書き込みがいい感じです。それほど重いPDFじゃなければ、書き込み安心です。ブラウザのEdgeには、PDF書き込みが手軽にできる機能があります。これを使って書き込むと軽快で便利です。使ったことがない方もいると思いますが、シンプルでよいです。PDF専用ソフトを書き込みでは使いたくないレベルです。ペンがついているWindows機が少ないから評価が少ないですが、侮れません。

欠点もあります。まず起動が遅いです。CPUが・・・ということもあるのですが、スリープからの復帰が気持ち遅いです。Chromebookはその点速くていいですね。その他遅いと感じるのは、アップデートとソフトのインストール。これらは普段ではないので割り切ります。ブラウザ動作などは同等のChromebookと遜色ありません。シングルスレッドで・・・と考えればそれなりの性能があるので、欲張らず単機能でシンプルな使い方をしていきたいです。

画面は光沢感があり、やや反射しやすいです。タッチ液晶ですし、解像度も低いです。そこは割り切って使う必要があります。普段のフルHDクラスの解像度になれていると狭いなと感じます。CADなどでは力不足を感じます。

タブレットモードでスタイラスを抜きにくいとか、画面の自動回転がシビアすぎ(すぐに回転してしまう)などがあります。このあたりは作りこみが今一歩に感じます。あと最大の欠点は、持った時、ずっしり感じる重量感。そこまで重くはないはずなのですが、ボディサイズに比べてしっかり頑丈に作っているので、マグネシウム筐体や樹脂筐体になれているとびっくりします。

まあ、外出が多い3月4月にChromebookと併用で使うために買いましたが、思った以上でびっくりです。正直、Chromebookのアドバンテージが少なく感じました。Androidアプリを使えるといえ、限定ですしね。それならWindows11でも実現します。アプリを欲張らずにChromebook的に使うなら安価なWindows機も捨てたものじゃないな、と感じます。

次は建築系のソフトを使ってみた感想をかいていきたいと思います。

 

 

ASUS B1100FKA-BP0482RAはなかなか良いノートPCです。

ひさびさにノートPCを追加購入しました。

 

長年使っていたレッツノートは嫁に、Lavie Zはバッテリーが持たなくなっていて、手持ちのノートパソコンがChromebook 14aだけになっていました。Chromebookは外出用に有用で、手放せませんが、Windowsが必要なことがあります。外出が増えてきて、不安が残るので今回購入しました。ASUSのB1100FKA-BP0482RAです。

小学校などで使われることを想定されていて、OSも普通のWindows10ではなく、Education版です。安価な割に64ビットですし、意外と良いかなと思っていました。

楽天でリファビッシュ版とはいえ2万円を切る激安なので、今回の用途によさそうと思って買いました。

ただ、激安ですが、実務的には問題なさそうです。

まずCPU。Celeron N4500です。このCPUは一般的に遅いですが、N4500はマルチスレッドが弱い割に、シングルスレッドが速いという特徴を持っています。ベンチマークレベルですが、Core i3-6100Uなどを凌駕することもあります。出先で使うのは緊急ですし、マルチスレッドが必要なければ、そこそこ快適に使えます。実際Chromeなどのブラウジングは購入時点で考えれば、Chromebook 14aと同等です。Windowsなのでそのうち遅くなると思いますが、入れるソフトはkizukuriとかHOUSE-DOCとか、JWWなどで十分なので快適に使えそうです。

メモリは4GBと控えめ、記憶装置はeMMCでSSDでないです。正直ハードディスクと同じレベルの速度と感じます(実際は速いそうですが、CPUが遅いのでそう感じません)。懐かしい感じです。もっさり感が否めません。

ただ、教育版であるためか、全体的にがっしり作られており、キーボードも良好です。その分重量は重いですが、かばんで持ち歩くには気になりません。サイズは11.6インチなので、iPadなどと同等以上で、意外と快適です。液晶がピカピカに反射するので日の当たる屋外では厳しいでしょう。枠がゴムで覆われており、落下したときに壊れにくくなっているとともに、持ちやすくなっています。またペンがついていますが、これの感度は比較的良好で、業務でメモをするのには十分すぎます。ペンは内蔵でき充電も自動でできるので、ペンを多用する私にとって重宝します。タブレットモードにもなります。安価な外出用Windows機とみれば、非常にバランスの良い機種と思います。

後日youtubeでもう少し掘り下げたレビューを書こうと思っています。ソフトウェアをもう少しインストールしてから挑戦して見ます♪

今レッツノートを考えるとLet’s note FVかな?

昔なら、小型の機種を間違いなく選んでいました。レッツノートは高価だが軽量で頑丈。持ち運びにはもってこいでした。私も数台利用しましたね。

しかし、今は買いません。理由は画面が小さすぎて老眼で厳しいからです。あとCADなど利用するので大きな画面が欲しいこともあります。またリモートデスクトップで会社のパソコンを操作できるので軽快なChromebookでも良いこともあります。

なので、今レッツノートのお勧めを聞かれたらFVシリーズしかありません。

昔は独自路線で古めかしいイメージがありましたが、今は比較的新しい技術をどんどん導入してくる感じがあります。このFVシリーズは14型の液晶を搭載。この大きさなら画面が十分に大きいです。これで1~1.2kg程度でバッテリーも長持ちなのだから凄いです。CD-ROMなども内蔵していないし、USB3.1 Type-Cで充電も出来ますし、アナログRGBやHDMI端子もついているうえ、SDメモリカードもついているので、万全ですね。実はこういったタイプのノートパソコンは意外と多くありません。安心感が違いますね。付属のACアダプタ以外の汎用のUSBタイプCで充電出来るのはうれしいですね。まあ85W未満だと充電が遅い層ですが・・・。

新型コロナウイルス蔓延でこういった機種に注目が集まるようになりました。もちろん安価で良いパソコンもいっぱいありますが、個性という意味では近年寂しい物があります。レッツノートは従来の個性を残しつつ先端のトレンドを過不足なく取り入れているので、今後もこの方針を続けてほしいものです。

HP Chromebook x2 11は素敵!!

最近、Chromebookへの愛が薄れています。安さと軽快さがウリなはずなのですが、最近は軽快ではないし、安くもない。Windowsノートパソコンもそこそこ高性能なものが安価になったので。しかも出来ることはやはりWindowsのほうが多いし。

さて、そんななか発売されたこの機種。性能的には良いのですがやはり高いですね(PC-Watchのこの記事を参照)。ただ

・タブレットタイプでそこそこ性能が
・LTEが使える
・指紋認証に対応
・別売でペンが使える

と、私の要望にガチであっているものです。ペン付で11万円ほどらしいです。あきらめていたらすぐに価格改定で今ではセルラーモデルは77700円、ペンが7546円と大幅に10万円を切ってきます。この価格なら、Surface Go と比べても格安です。もちろんセルラーモデルでなければ(メモリやストレージが落ちるのが残念)58000円なので、レノボやAsusの売れ筋2 in 1に比べて高いとはいえ、指紋認証があることを考えれば・・・・やっぱり選びにくいですね。それならやはりセルラーモデルが魅力に感じます。Chromebookは手軽にすぐ使いたいのでやっぱりLET内蔵モデルが欲しいですから。

今見ると魅力的ですね。昨日から私のChromebook 14aの電源が入らなくなってきたので、薄型ノートか、2 in 1モデルを物色開始しました。10万円くらいのWindowsノートか、それより若干やすいChromebookか??とりあえず14aの故障が確定したら考えます。

 

アイリスの軽量8型タブレット TE081N1-B

 

ソニーのXperia Z3 Tablet Compactを長年使い続けていますが、ボロボロです。防水で薄型軽量、当時としては大画面と良いところだらけ。スペックはともかくこのクラスのタブレットは現在に至るまでなかなか代替品がないです。8型のタブレットも今となってはyoutubeのチェックなどが多くなっているので高性能のものは必要なくなりつつあります。そんななか、アイリスオーヤマの8型のこのタブレットは、価格は1万6千円程度と激安ではないいものの、比較的設計が新しく、作っているところもまあまあまともで、なおかつ軽量なのが良いですね。290gと300gを切っています。これならyoutubeを見るときも楽そうです。Xperia Z3 Tablet Compactは270gとさらに軽いのですが価格差を考えれば十分過ぎます。解像度も1280×800で動画見るなら十分です。電子書籍も細かいものではなければ十分。意外と良い選択肢かもしれません。

アイリスといえば10型の激安タブレットが話題でしたが、こちらも安いだけでなく非常に軽量で意外と評判が良いです。軽さも性能!と考えると意外とアイリスのタブレットは良いかも知れません。売れていないせいか、安売りしているときもあるので・・・

さくらインターネットでmoodleインストール備忘録

2021年9月1日にやった手順です。ミスが嫌なので堅実な手段で(・・・)やってみました。無事動いています。

・最新版をダウンロード(ZIP)

・コントロールパネルで、MySQLでデータベースを作成。文字コードだけ変更。

・ダウンロードしたものを解答し、ホームページビルダーのファイル転送ツール(バイナリ)で転送(長い・・・)

・転送が終わったら、インストーラーがあるフォルダのインストーラーをブラウザで実行。

・あとは、指示に従って日本語化しインストール

・完了

久しぶりにやったので不安だったが、インストーラーなどは昔に比べて安定している感じがした。それにしても恐竜級のこのソフトがきちんと動くように作っていることは凄いことだと思う。今のところトラブルなく動いていますし、旧バージョンに比べて明らかに使いやすいです。

なお、2.6.1と併存しようと思ったのですが、PHPバージョンが両方とも動くものがないので、切り替えながら引越になりました。バージョンが離れている場合は別サーバーで運用したほうがよいかもしれません。私は引越次第、旧バージョンは廃止し、新バージョンのみで運用しようと思います。さくらはPHPやMySQLのバージョンの切り替えが手軽なので重宝です。

とはいえ、時代が変わりました。Flashの教材は、すべて置き換えなければなりません。また動画全盛期に、テキストベースのEラーニングは流行らないので、根本的な再設計が必要です。先は長い。

アイケアの威力はいかに? BenQ GW2780

目が悪くなって、仕事の効率がすごく下がってしまいました。ご迷惑をおかけしているところもでてきて申し訳なく思っています。そこでディスプレイをデカくして目にストレスを与えなければ、少しは改善出来るかも・・・と思い、机に載る最大サイズの27インチディスプレイを購入しました。BenQのGW2780です。

BenQ GW2780 隣の17インチが小さく見える。

27インチなら4Kでも良いのですが、細かい字を見ることはないですし、パソコン速度が遅くなることを考えてフルHDに落ち着きました。またこのGW2780は目に優しい「アイケア技術」を搭載しています。まあ今になってみると「普通」の規格なのですが、

・ブルーライト軽減モード搭載
・フリッカーフリー
・輝度自動調整できるブライトネスインテリジェンス機能搭載

です。フリッカーがわずかながらに感じられる、前のモニターに比べ、新しいこともあり、落ち着いています。ブルーライトはあまり影響うけない感じですが、更に目が弱ったら感じるかもしれないのでありがたいです。

ブルーライトカット機能も段階別になっており、オフィス利用時に設定すると明らかに黄色く見えます。通常ならこれで良いかもしれませんが、写真編集の時など戻す必要性があります。設定は、昔に比べて画面にサポート機能が付いているので設定しやすいです。今のディスプレイは皆そうなのでしょうか?助かります。

そんな、アイケアの機能を尻目に、ただただ巨大な27インチモニターに圧倒されます。ただ、このブログを書いていても、計算ソフトを回していても確かに目は楽です。ある程度加齢したら大きなディスプレイは必須かもしれません。24インチも考えましたが、今後を考えるとこちらで正解でした。

ちなみに仕様は古く、D-Sub端子が付いていますが、USB3はついていません。まあ3系統(HDMI、DP1.2)ついているのでオフィス用途では問題になることはなさそうです。

本日数時間使っただけですが、明らかに目が楽です。小さな文字を見るために前後動いたり、目をこらしたりが無くなっただけでも、かなり快適です。あとは広さに慣れるだけかな?

というわけで心を入れ替えて頑張ってまいります。

加齢によるパソコン利用環境を考える・・・主にディスプレイ

最近、特に目が疲れます。良く見えなくなる時間が早くなったというか・・・。

パソコン作業にストレスを感じることが少ない私は、逆に遅い方なのかもしれません。父はもっと早かったような。昨年から老眼が一気に進み、遠近両用のメガネを作ったり、度を進めてみたりしました。そして目医者にも行きましたが、特に問題ない。メガネもちょうどよい。このまま様子を見ては・・・と言われました。

そこでパソコン環境を見ると、あまり良くないことがわかりました。

以前の事務所はLEDだらけで明るかったのですが、今の事務所はやや暗めです。これは窓からの明かりが明るいから・・・というのがありますが、逆にいえば天気や時間によって明るさが変化するということです。以前の事務所は外光が外から入りにくいようになっていましたからね。

今の環境は、目の前が窓。明るくて気持ちが良く、窓を開ければ風も入ってきます。しかしディスプレイの後ろが明るいのは、やはり疲れます。ここをまず、シートなどを貼って暗くすることから始めようかと思います。

次に、手元が暗いので、窓上部に手元灯を取りつけました。これで暗くなっても大丈夫そうです。

そして、今となっては珍しい光沢タイプの液晶の交換を考えています。やはりノングレアで非光沢のほうが疲れないだろうと。この液晶もかなり古く(BenQ V2220HP 2010年発売)、当時はLEDバックライト採用で、先進的でしたが、今となっては明るすぎ、ビジネスでは不向きです。もっともハードに使って今まで使ってこられたわけだから感謝しなければなりません。

最近は、ブルーライトカット、フリッカーフリー、輝度自動調整などを備えた、アイケア型の目に優しい液晶ディスプレイが出てきました。値段的にも比較的安価ですし、今後を考えると、そのような液晶にしていこうかと思っています。

低価格帯で24型アイケアディスプレイの定番といえば、これ。BenQは早期からアイケアに実績があります。このディスプレイも設計は古いものの、古くからパソコンを使い慣れている方にもお勧めなD-SUB端子付です。HDMIもついています。スピーカーも付いていて、購入の第1候補といえます。Tがついているこの型番は、画面の高低を調整できたり、画面を回転できたり、と更に高機能です。

 

上記の、27型版。値段はほとんど変わりません(店によっては逆転しそう・・・)。場所が許せば大きい方が見やすいです。解像度がフルHDのままなので、解像感は低めです。逆にパソコンの性能は出しやすいし、画像処理などを行うのでなければ、これで十分かもしれません。狭額なのも魅力。これを2台横に並べる猛者もいるそうです。

Wordが元凶だった?・・・

新調したパソコンがたまにハングアップするのが困りものでした。そもそもウインドウを開きすぎなのが問題だと思っていました。しかしどうもおかしいと思い、信頼性モニターを起動して調べて見たら・・・そのほとんどがWordが原因でした。他には付箋やカメラサーバーがおかしいです。さすがにWordやカメラサーバーをアンインストールするわけにもいかず、付箋をまずアンインストール。その後、Wordに対策を講じました。

Wordの有名なフリーズ原因と言えばグラフィックアクセラレータ。Wordの詳細オプションからハードウェアのグラフィックアクセラレータを無効にするにチェックを入れます。

確かにWordかExcel使っている時が問題だなとは感じていました。他を疑っていましたが信頼性モニターはわかりやすくて良いですね。これで直ってくれると助かるのですが・・・

ZenBook Duo14

ASUSは最近変化球ものの完成度が高まっている気がします。Zenfoneしかり・・・。

さて、発売されて話題になったZenBook Duoの新型が出ました。ZenBook Duo 14 UX482です。

第11世代Coreプロセッサー・シリーズで性能強化しただけで無く、昨年モデルでサブディスプレイが見にくいとの意見が多かったのですが、ゲーマーモデルと同様にチルトアップして見やすくなりました。

変形機構が増えても1.6kgと比較的軽量のまま納まりました。以前から言っていますが構造計算するのには非常に良さそうです(特にkizukuri)。もちろん横長のサブディスプレイの用途はクリエイター向けで目線の関係からも疲れにくそうです。

二つのディスプレイともにタッチ操作に対応し、オプションでペンも用意されています。サブディスプレイが寝ている構造なので非常に扱いやすそうです。

スマートフォンの連携もLink to MyASUSをScreenPad Plusに統合することによって、より手軽にスマホ連携できるのも鍵でしょう。またPhotoshopなどに対応したコントロールパネル機能があり、アプリの操作が高められるのもポイントが高いでしょう。

一方、小さめだったキーボードはそのまま。これで十分と思う方も居るかもしれませんが、右側のタッチパッドの分窮屈に感じます(個人的感想)。またパームレストがないのも、パームレスト大好きな私には辛いところ。特にノートパソコン慣れている人は違和感を感じそうです。またタッチパッドは、テンキーとして使えるものでもないので、この配置が好きかどうかでこの機種を選ぶかが決まりそうです。生体認証も指紋は未搭載です。前機種で懸案だったUSBもUSB PD対応で、付属のACアダプタ以外でも充電が可能になったのは良い変更です。

性能も良いですし、小型軽量。この機種に魅力を感じる人も多いはず。しかも個性的なマシンの中では価格もおさえられており、細かな改良で魅力も高まっています。人と違う物を欲しい方に有力な選択肢だと思います。