「デジカメ・ビデオ」カテゴリーアーカイブ

実用的な激安サーモグラフィー HIKMICRO B10

サーモグラフィーといえば、以前は100万円以上の高嶺の花でした。しかし近年どんどん安価なものが出てきて、断熱検査くらいに使えるものが数万円くらいになってきて、多くの方が建築でも利用するようになりました。

一方、以前の高性能で高価なサーモグラフィーを想像している人から見れば、廉価機はあまりにも性能的にもチープで失望した人も多いと思います。高価格機の価格は特に下がっていないことからも、安価なものは安かろう悪かろうでしかなかったのです。それでも用途によっては使えました。

私の場合、中級機であるNEC AVIOのG100が最初だったため、低価格機であるFLIR C3を初めて使ったときは、ある種のショックを感じました。解像度は低すぎるし熱感度も荒すぎました。断熱などでは良いのですが、耐震診断では正直性能不足を感じました。G100なら簡単に見分けられたものが、見えません。それでも小型軽量で何処でも調査ができるC3は買って良かったと思っています。

さて、今回紹介するのは、中級機は高くて買えない、低価格機では満足できない方向けの機種です。HIKIMICRO B10は実売価格6万を切る低価格機と分類される価格帯ながら、10万円以上の性能を持っているコスパモンスターのサーモグラフィーです。何と言っても256×192画素という中級機レベルの解像度が魅力です。そして熱感度にかんしては0.04度と下手な中級機を凌駕します。何しろG100の0.06をスペック上凌駕するわけですから。そして低価格機では嬉しい可視光カメラの性能もなんと2MP(1600×1200)と記録だったら十分な解像度がついているのが嬉しいです。C3もG100も本当に可視光カメラが悲しいくらい駄目でしたからね・・・。

そのうえ、小型軽量でメモリも16GB、バッテリーも6時間連続使用と実用的です。フレームレートも25Hzとなっており低価格機の中では充実しています。100万円に近かったG100より勝っているところがあるのにこの価格というのは本当にビックリです。

そして・・・今ならアマゾンのセールで44030円と5万円を大きく割り込んでいます。ちょっと日本では見知らぬメーカーとはいえ、3年保証もあります。まあ信頼性と耐久性がどうなのかが気になりますね。添付のマニュアルは日本語対応していませんが、ホームページは日本語に対応していますので、使うのが難しいと言うことはありません。そもそも比較的単純な機械ですからすぐに慣れると思います。なかなかの強烈な価格です。欲しい方はどうぞ。

アマゾンのHIKMICRO B10の販売ページ

マジカルCatfishなおうち

現在、ネットラジオ再開に向けて機材等整えている(実はパソコン移行のときに、ネットラジオ環境を整えていなかった)最中です。整い次第再開します!


さて、今回のそれに先立ちyoutubeチャンネルのほうも拡充。マジカルCatfishなおうちを開始しました。本業が動画部品作成でyoutuberではないので、雑多な内容しかチャンネルに登録していませんが、マジカルはyoutubeっぽくシリーズ化していく予定です。

昨日のブログで書いたとおり、歳をとると頭が固くなりがち。常識を疑うことから開始します。

第1回は、思い切り壁を強くしたら、北面に耐力壁がまったく無くても大地震に耐えられるか?です。外周3方向には6.5倍の耐力壁を設置し、一面は全く耐力壁がない・・・建築士の常識なら、4分割法NG、偏心率NGは計算するまでもなくわかりますので、設計しないでしょう。では、実際に地震が来たらどうでしょうか?

前面に耐力壁がない平屋の例。瓦屋根で立派だが地震には弱そう。しかし部分的に壊れてはいますが、新潟県中越沖地震で倒壊しませんでした。このような建物は意外とあるのでは内でしょうか?

世の中には弱そうでも大地震で壊れなかった建物がたくさんあります。なぜ????。今回はその謎に迫ります。HOUSE-ST1で計算した偏心率はなんと0.5以上!!基準法では0.3以下に抑えなければならないので、こんな数字は見たことがありません。しかし平屋の車庫などでは十分ある仕様です。もちろんそれらは構造計算されていないのですが。Wallstatを使って模擬地震波でこのモデルを揺らし実際に壊れるか???ということを検証しました。熊本地震の地震波も利用しています。果たして結果は??前半は入力を延々とノーカットでやっているので、HOUSE-ST1の入力初心者にも良い動画かもしれませんが、不要な方は後半だけぱぱっと見てください。重要な部分はかなりコンパクトにまとまっています(汗)。

動画販売という考え方

youtubeが全盛ですが、ほとんどの方は「趣味」「宣伝」「広告収入」のどれかで運営していると思います。ただ「広告収入」は敷居が高すぎて、余程の努力をしないと難しいのも確か。そして専門性の高いものだと視聴者数も少ないので向かないこともあります。

そこで、本当に欲しい人が有料でその動画を「買う」システムが、昔からあります。ただ、youtubeが全盛なので、あまりうまくいっていないのも事実です。ただ講座のようなものは、意外と良いシステムもありますので、教えるような技術がある人は、youtubeだけでなく、それらのシステムを使って見ると良いと思います。

自社サイト

少量の動画をダウンロードするだけなら大丈夫です。カートシステムもありますし。短い動画を作ってまずは試してみると良いかもしれません。ストリーミングには向かないし、コピー問題もあるので初期

Udemy

海外で有名らしいですが、国内もITを始め結構利用者が多いです。たまに大特価になるので重宝しますが、提供者側はどうなのかしら??建築士講座なんてものも運営されている方がいます。見る方からすると期間無制限で見られるのがいい。IT系ばかりなのが今のところ難点か??宣伝をしてくれるので見てもらえることも多いですが、実際に手にする金額が少なめなのが難点か?

Filmuy

動画ショップを公開するための専用サービス。無料でもある程度の動画を販売できるので初めての方は重宝します。ただし、宣伝やリンクなどはないので、自分で広める必要がある。非常に単純だが動画を売るためのサービスはある。ただ解析などもないし不足感を感じることも。有料サービスは20GBと十分で2000円/月なので、ステップアップも心配ないのが良い感じです。手数料も20%程度なのでバランスが良いです。私もFilmuyを使っています。

MANATUKU

Filmuyと比べると宣伝してくれるので楽です。その代わり販売手数料は30%です。月額利用料が0なのが魅力。セミナー動画が多いようです。

Vimeo

動画販売できる海外サイトですが、最近は国内のものも多いです。販売価格のうちの自分の収入分が大きいので人気があります。レンタルとかサブスクリプションなど選択できるのが便利です。

Base

比較的自由なデザインで基本料がゼロです。1GBまでしかアップ出来ないので少量のときは良いでしょう。

他にもまだまだあります。動画というと一昔は、アダルト系だけということもあり、そういったサービスだったものは初期はとりあえず避けた方がいいかもしれません。

恐らく、宣伝の意味ではyotuubeにかないませんので、youtubeで宣伝し、FANになってもらった方に買ってもらう・・・という流れが自然なのかもしれません。

 

 

 

Rakuten miniの夜景、夜景動画

感度が低いRakuten miniのカメラですが、昔の機種と違って画質が悪くてもある程度写ります。実用的かどうかは別として。

昨日、6月1日は、全国一斉に花火があがりました。

全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト

それを府中市美好町から見てみました。

こんな感じ。意外と写ります。観賞用としてはまったくだめですが、記録用としてみたらなんとかなりますね。(解像度を落としています)I

動画です。切り取ってレンダリングしていますが、ほぼこんな画質です。花火はなんとか確認できますね。

ワンセグ無くてもスマホでテレビが見られる??アイオーのテレキング

似たものは色々出ていたのですが・・・最近ワンセグで外でテレビを見ている人減ってきたような気がします。いうまでもなくテレビ電波なのでパケットは・・・でいいのですが、iPhone単体では見られません。日本はiPhoneが多いこと、最近格安スマホが流行していることなどから、減ってきているような気がします。

この製品は、家庭に据え置きで地上・BS・110度CSデジタルチューナーです。LANでつなげて、スマホやタブレットでも視聴できるようになっています。もちろんHDDをつなげれば録画できますし、スマホなどからリモート視聴できます。

チューナー数は1。NASに録画した物は、この製品不要で再生できます。宅外からの視聴は宅外配信登録することで可能です。パケットが心配になりますが非常時にはいいかもしれません。

最近、そこまでしてテレビを見ようという人が減りましたね。昔では考えられないことです。HDDレコーダーが出来た頃は、これでやっとテレビを自由に見られると思った物ですが、私ですら稼働率が減ってきています。

そんなことを考えながら、この商品売れるのかな~と考えてしまいました。