WOOD-STと中層木造建築(ラーメン構造等)の構造設計演習帳

WOOD-STといえば、よくわからない木造構造計算ソフトということで一部には有名?ですが、なかなか理解が難しいです。壁量計算を使わないでできるので、鉄骨系の方にはわかりやすいとは思いますが、木造からはわかりにくいです。あまり解説書もない・・・とお悩みの方!!この書籍がお勧めです。

著名な教授、木造技術者が描いている日本建築センターから発行されています。演習形式でわかりやすいです。

設計例は、木造3階建て、軒高9m超の木造事務所ビルで、一時間準耐火(イ準耐)です。梁柱あらわしなので、燃えしろ設計も記載があります。X方向ラーメン、Y方向はブレース構造としていて、比較的汎用性が高い事例です。整形ですのでWOOD-STの得意とする形式です。この本で興味深いのは、解析部分を木造構造計算ソフトではなく、S造・RC造等の一貫構造計算ソフトSS3でやっているところです。以前から大規模木造は汎用解析ソフトだけでなく、鉄骨造などの構造計算ソフト(SEINとか)を利用している設計者はいました。基本的な考え方などは変わらないので上級者はそれでいいのかもしれません。もちろん木造のWOOD-STのほうが向いているのは間違いありません。ブレース端部や仕口・バネなど戸惑う部分に関しても説明が多くお勧めです。

中規模木造のグレー本に該当する書籍の出版が噂されていますが、まだどのような内容になるかわかりません。今からWOOD-STとこの本の組み合わせで勉強しておけば更に設計範囲が広がります。コロナコロナと騒いでいないで、今から勉強しておいてスキルアップしていきましょう。

WOOD-STの購入は、楽天ポイントもついて送料無料の、なまあずショップ楽天市場店にて!!

KIZUKURIやHOUSE-ST1やSTRDESIGN等、木造構造計算ソフトをお持ちの方は、乗換キャンペーンがお買い得です!!なんと25%!!5月31日まで!!

HOUSE-省エネ Ver.4アップデート

戸建て住宅の省エネ計算ソフトHOUSE-省エネは9月以来のアップデートです。建築研究所のエネルギー消費性能計算プログラム住宅版Ver.2.7に準拠したそうです。なかなか住宅の省エネ計算は盛り上がりませんね。建築士が作業的な計算に向いていないこともありますが、安価に引き受けてくれる業者があることも一因なのでは?ただし計算を誰がやるかはともかく、理論は理解していなければなりませんし、出来ない設計を計算を行う方に押しつけてもねえ・・・。そういう方は、新型コロナ騒ぎの今だからこそ購入して勉強してみてはいかがでしょうか??

 

自宅のPCを起動

外出先から自宅のPCを起動したいとき、意外と困る。WOLで簡単!と思うのですが、ネットワーク外からだと無理なので。もちろんルーターをWOLできるバッファローのものにするなどで解決することもありますが、そのためだけにルーターを買い換えるのは嫌だし、セキュリティ大丈夫!なんてこともある。そこで一案。使わなくなったスマホを家の中のwifiネットワークに置き、そこからWOLを出す、というローテクです。

AirDroidというソフトは、それを実現させてくれます。スマホからスマホをコントロールできるソフトです。スマホはバージョンなどで環境が違うのでなかなかすべて・・・ということは難しいし、ルート化するのは危険が伴うので、このソフト経由でやるのが一番でしょう。root化が難しいZenfone3やREIなどでも可能だったのは驚きでした。

インストールして制御できるようになったら、宅内のスマホのWOLソフトを設定し、家内でパソコンの起動ができることを確認できれば、外部のスマホからコントロールして起動できます。応用するといろいろなことができます。家庭内wifiのセキュリティに気を配る必要がありますが、ポートをいじったりNASをいじったりするよりは安心です。

起動してしまえばChromeリモートデスクトップで家のパソコンを操作できます。この方法なら外部で持ち歩くパソコンはChromeBookで十分です。高機能なパソコンも要りませんし、ソフトウェアのライセンスも家のものだけで十分だったりします。外出用ノートパソコンに不要なソフトを入れずに済むので速度低下も防げたりします。

速度やパケットを考えると純正のリモートデスクトップもいいかな、と思います。

スティックPC SY01をChromeOS化

昔、激安で思わず衝動買いしたエプソンのSY01というスティックPC。当時は画期的でいろいろ出ましたね。ただ性能が低いのでそれほどメジャーにはなりませんでしたけど。

エプソンからも出ていました。CPUはAtom Z3735Fという非力でした。ストレージは32GBのeMMC。Windows10にアップグレードして使っていました。ただ速度がね・・・。実用的でないのでまったく使っていませんでした。リモートデスクトップやWEBで使う予定だったのですがアップデートなど時間がかかりすぎてね。またソフトもインストールが難しかったりして。32ビットというのも問題でした。

というわけで、ChromeOS化しよう!!と思い立ちやってみました。

やり方はネットを探せばいっぱい出てきます。CloudReadyなるソフトをダウンロードし、USBメモリにインストール。それをSY01に差してUSBブートすれば動きます。予想以上に快適だったので、Windows10を消してChromeOSのみにインストールしました。起動こそChromeBookの快適さはないですが、起動したらキビキビ動きます。想像以上に満足です。これなら常用可能です!!wifiも普通に掴みますしキーボードもマウスも手元のもので大丈夫です。

chrome Remote Desktopを使って、Windowsパソコンに接続し・・・きちんとWIndows動きます。リモートであっても回線がソコソコ速ければ十分実用になります。USBプロテクトなども相手先のパソコンで動いているので、KIZUKURIなどもきちんと動きます。もちろんDRA-CADもきちんと動きます。これは便利ですね・・・。

あとはAndroidのアプリが動けば・・・と思うのですが標準では動きません。ここが本家のChromeOSとの違いですねえ・・・。

 

ファイアウォール内のWOL

ポート設定をいじれない、強引にいじるとセキュリティが不安な場合、外部からパソコンを起動させるためのマジックパケットを送る手段が少ないので手詰まりになります(上級者は除く)。下手に出来てもセキュリティ下がっては意味がないので。

ある技術者からのアドバイスは、24時間起動しているパソコンを作っておく!!というものです。恐らく過去に買ったスティックPCなどを利用すればかなり低電力で動き続けてくれるし壊れても怖くないのでこれが良いかもしれません。そこからマジックパケットを送る・・・現実的な方法です。他にはスマホを使って、外部からアクセスして・・・でしょうね。スマホから簡単にマジックパケットを送れることがわかったので、上の二種類どちらかにしようと思います。一応備忘録です。

ホームページ・ビルダー22新発売へ!!

昔は日本IBMから発売されていて、現在はジャストシステムから発売されているホームページ作製ソフトの老舗「ホームページ・ビルダー」の最新版が発売になります。ブログやSNSが全盛で純粋のホームページを作る人は減ってきていますが、一定の需要はあると思います。私もページデザイン時などで結構使っています。

今回は「スタンダード」と「ビジネスプレミアム」の二種が発売になります。昔を知っている人からするとバージョンアップでも1万円を超える価格は高い!と思うかもしれませんが、もうそんなに売れるソフトではないですからね・・・。仕方がないです。

さて、両者の主な違いは、素材やテンプレートの数がメインです。かなり違いますが自分でデザインする人はそこまでの差は感じないはずです。ソフト的には、ビジネスプレミアムがSEO ComposerやSitemap Creatorが付属しているので、それを使うかどうか?で考えるといいでしょう。ホームページ・ビルダーサービスも、50GB6ヶ月間無料か10GB6ヶ月間無料の差なので、プロバイダなどを既に持っている人などにはそれほど重要じゃないし、これから始める人が10G必要か??と感じます。SEO対策を同梱のソフトでできるのは便利だし、XMLサイトマップを自動で作れるソフトは意外に貴重なので、そう思う人はビジネスプレミアムが良いと思います。

機能的にはそれほど進化していないようで、ホームページにも素材数・テンプレート数ばかりアピールされています。それはそれで非常に重要なのですが、他のホームページ作製ソフトに機能的に引き離されつつあるので、次回はがんばって欲しいところです。

木造構造計算ソフトの三次元可視化について

ストラデザインの最新バージョンでは、これまで有償だった3次元可視化ツールを標準装備としました。この機能は非常に優秀で(個人的にストラで一番利用していた機能ですね)グラフィカルに部材の弱点がわかりました。

木造構造計算の主要なソフトのうち、kizukuri以外は何らかの形で3次元を実現しています。やはり3次元で確認できるのは大きいので標準搭載は正しい方向だと思います。母屋下がりなど屋根の形も再現し、そのまま天空率や斜線検討ソフトに転送できたりしたら便利だと思います。

これからの課題は、梁の勝ち負け、金物やアンカーボルト、筋かいの干渉、配筋までグラフィカルに確認できるようになることです。そしてきちんと図面化できることです。ここまではさすがに実現している会社はありませんが出来たら頭1つ抜け出るので、ぜひ挑戦していってほしいところです。

ストラデザインもペントハウスに対応し、kizukuriやMOKUZO.Designerなどに追いつきました。都市部ではペントハウス採用は多いので、安全に設計するためにも機能搭載は必須だと思います。グレー本だけに縛られずにユーザーが欲しい必要な機能を搭載していこうという姿勢が大切だと思います。

HOUSE-ST1で4号建築物の壁量計算

HOUSE-ST1は木造構造計算ソフトですが、グレー本準拠なので、他のグレー本準拠の構造計算ソフトと同じく、46条壁量計算はできます。

しかしながら4号専用モードがなく、他のソフトより4号用の計算書を作るのは面倒です。品確法で良いならある程度省略出来るのですが非常に見づらい帳票のためやめたほうが良いです。では、簡単に計算書をつくるこつを・・・「木造構造計算にチャレンジ」より、抜粋。

・必要項目だけ入力
・見つけ面積は数字で入力(別に見つけ面積を構造計算と同様に入れてもOK)
・柱・耐力壁の他に、それぞれの下にある梁・土台、小屋の梁をサイズ指定なしで適当に入れる。
・計算で法規計算、許容応力度計算をしない、接合部をN値計算にする、で計算。
・出力を1章、3章、5章、8章の壁量計算で必要な項目だけ出力。

面倒なのは、梁や土台を入れなければならないこと。しかし梁・土台は計算しないので適当で大丈夫です。サイズも適当で構いません。

せめて梁を入力しなくても壁量計算ができ、4号計算書出力用のモードがあれば便利なんですけどねえ。まあチェックリストを作ってやれば、大して面倒ではないのですが。3月から建築士法改正で保存帳票に壁量計算書が必須になったので、皆様要注意です!!

 

HOUSE-ST1の金物出力の改善

私のオリジナルマスタで、HOUSE-ST1の計算を行った方から、「どうやったら金物表記を調整できるの??」と質問を受けたので、ここで回答。

通常、HOUSE-ST1の柱頭柱脚の金物出力はホールダウン10kNは「2」、ホールダウン20kNは「5」と表示され、直感的ではありません。HOUSE-ST1の開発者は実務者のことを理解しようとはあまりしないようです。書き換えが出来ればいいのですが、デフォルトは不可!!そのくせ告示で合板耐力壁が加わっても未だ加えてくれません・・・。

まあグチは置いておいて、方法はああります。まずデフォルトの金物のチェックボックスを全部はずし、新たに使う金物をセットすればokです。

オリジナルマスタの例。こんな感じにすれば、構造計算時の金物表記はKN表記になります。意匠屋さんや現場に説明しやすくなりますね。巨大なN値は無視しています・・・。

金物図の表示もこんな感じです。

本来は標準で名称を変更できればいいのですが工夫すれば何とかなりますね。私は実務で、実際の金物名を仕様に入れています。これだと施工に渡すときも楽なので。

また、金物を意図的にサイズアップする場合は、図面で修正せず、入力の「柱接合部」で直接入力し、構造図と計算書の差異がないようにしています。

構造計算ソフトは工夫次第でいろいろ便利になります。なまあずショップ楽天市場店で販売している「木構造計算にチャレンジ」や「HOUSE-ST1 Ver7.5なまあずショップ限定セット」では、このようなテクニックが満載の「なまあずステーション」の利用権が付属しています。便利なマスタや、実務向けのサンプル、動画マニュアルなどいろいろダウンロードできますよ(最近、HOUSE-ST1も、なまあずステーションのことも書いていなかったとクレームが来たので、ついでに宣伝です)。

 

こんなときこそWEB会議!

日本人は会議好き。会議は顔を合わせて・・・というし、その前の事前打ち合わせなど、手間がかかります。新型コロナウイルスによってその打ち合わせ・会議が軒並み中止・延期になり、事業の進行の妨げになってきています。

ただメールだけで・・・というのは難しいので、ネットで会議を行えれば・・・というのが自然の流れです。大手設計事務所に行ったとき、そのシステムが会議室に組み込まれていてビビったのですが、小さな設計事務所にはそんな設備ができるわけもありません。しかしながら無料のものや、比較的安価な物も出てきています。WEB会議などで調べると出てきます。顔をディスプレイやスマホ越しに見ながら打ち合わせができるので、好む方も多いといいます。またビジネスチャットも普及してきています。別に顔を合わすまでもないが、メールのやりとりより集中して審議ができるので、良く知っている離れた仲間内での事前打ち合わせなどに有効です。

いろいろ検討してみようと思います。