DiffPDFは無料ながら便利なPDF差分チェックソフト

構造計算書の出力チェックは、確認検査機関の担当だけでなく我々も頭が痛い。変わった部分だけ抽出・・・したいのは誰でも感じること。

DiffPDFは計算書などのチェックに使いやすいPDF差分チェックソフトです。

例えば、kizukuriの金物の引き抜きや金物名が変わったかをチェックすると、上のような表示に・・・。数字は全部変わっているが、金物はH25だけ変わっているのがわかるように薄い赤色で表示してくれるのだ!!

もちろん完璧ではないですが、かなりチェックが楽になります。変更したページだけを抽出・・・なんて機能が欲しいです。まあフリーですから。

有料でも良いので高性能なPDFのチェックソフトが欲しいです。今のところ、有料のものも一長一短です。

PDF内のテキストだけをチェックするソフトもあります。いろいろ試してみます。

PDF図面・計算書の自動比較・差分比較

この仕事を長くやっていると、計算書の照合や比較、図面の新旧の比較などチェックしなければならないことが多いです。幸いDRA-CADは新旧図面の比較が非常に楽で制度が高いのでCAD図面は心配ないのですが(それでももう少し使い勝手に気を遣って開発して欲しかった・・・)、PDFの計算書はね・・・面倒です。

Acrobatの上位版にはついていますが(年会費制のアレ)、他のPDF変換・編集ソフトにはついていません。DocuWorksにも有料プラグインで良い物(KDplug_in Differ for DocuWorks)があるので、こちらをお勧めしますが、PDFは有料も含めても一長一短。とりあえず個人的に良さそうだな、と思う物を紹介します。

・DiffPDF

フリーで使える(有料版もあり)、PDF比較ソフト。英語版ですが、操作は簡単です。精度はそれほど高い!と感じないけど、手軽で良いです。

・XOR for Windows

Microsoft Storeで入手できるので、購入しやすいです。サブスクリプション制で1ヶ月は無料で使え、その後は月2000円で使えます。よく考えるとAcrobat DC Proのほうが安いので、価値があるかないかは別として、機能差を考えても・・・考えないで購入すればいいのです!!!

まだ機能的には高くないですし、操作性も直感的でないので、??と思えますが、精度が高く、実務で安心して使えそうな感じです。ページ物で、次の指摘事項などにEditorのように飛べれば計算書チェックにも十分使えます。日本の方が作っているので日本語版ですので理解しやすいです。今後楽しみなソフトです。

・Adobe Acrobat Pro DC

アドビの純正で月1580円で使えます。年契約が必要ですが。見た目もなかなか良いし操作性も良いので、PDF変換も含めAdobeが必要!!という人には高いようですが、最善手でしょう。精度的にはXORのほうが高そうなのですがね。できれば複数のソフトを使って精度を高めたいところです。悲しいことに私が持っているAdobeの買い切り版(CS5.5)に入っているAcrobat DCには付いていなかったりします(涙)。もちろん現在のCreative Cloudには付いているので、illustratorなどを使っている人はチェックして見てね。

DocuWorksではKDplugがあり、高いとは言え、明らかに良さそうなので、これを購入するのが良さそうですが、PDFで貰うことも多いんだよね・・・・・。

SAVEシリーズ10周年キャンペーン

株式会社建築ピボットの省エネ計算ソフトSAVEシリーズが10周年を迎えるそうです。

名称やシリーズで迷走して大分損してきましたが(・・・)、住宅・非住宅の省エネ計算を出し続けてくれてることに感謝です。

現在は

・SAVE-住宅・・・個人住宅を含む共同住宅の省エネ計算ソフト
・SAVE-建築・・・非住宅の省エネ計算ソフト
・HOUSE-省エネ・・・RC造や混構造を含む個人住宅省エネ計算ソフト

というシリーズ構成になっています。これでもわかりにくいのですが過去には・・・

・SAVE-PAL・・・SAVE-建築がVer2になったとき、性能基準のPAL計算に絞った廉価版。一体何の製品だかわからないのですが、旧ソフトがPAL計算だったからかろうじて目的はわかるものの、SAVE-建築Liteとかにすれば良かったのに、と感じる名称に哀愁を感じる。
・SAVE-Q値μ値・・・SAVE-住宅がVer2になったとき、Q値μ値の計算に特化した廉価版。なんでこんな名称にしたんだろうと思うソフトの代表格。これもLiteとか、LEとかにすれば良かったのに・・・。

などもありました。それだけ省エネに気合いをいれて取り組もうという同社の姿勢を思い出します。

さて、10周記念キャンペーンは3月からです。恐らく新バージョンの発表か、既存バージョンのキャンペーン価格での提供になると思います。なまあずショップ楽天市場店は、商品構成の見直しからSAVEシリーズの取り扱いがどうなるか?わかりませんが、なまあず日記では応援したいと思います。

いきなりPDF COMPLETE Ver.7はDocuWorksの代わりになるのか?

いきなりPDFは、ソースネクストから販売されているPDFソフトで、低価格ながら高機能なので使っている人も多いかと思います。ただ編集までできるPDF出力ソフトがフリーで公開されていることや、初期のバージョンがあまり使い勝手が良くなかったことから毛嫌いしている人もいます。現在は、着実にバージョンアップを繰り返してかなり良いソフトになっています。反面、一番安いBASICバージョンも2900円となり、一番グレードが上のCOMPLETEに至っては9900円と結構高くなっています。たまにキャンペーンなどやっているので安価に買えるときに買うしかないでしょう。

BASICは、PDFの作成や編集ができます。これも十分機能が良いです。STANDARDはBASICに変換機能がついているだけです。PDFをExcelに、とか使う方は便利だと思いますが、他にお勧めできる機能がないので勧めにくいです。COMPLETEは他のソフトにはない機能が満載されていますし非常に魅力的ですが高価なので、その機能がわかった人のみ・・・という感じがします。

さて、私もDocuWorksを使って計算書や図面を管理しているのですが、やっぱりネイティブでPDFが使えた方が楽なので、乗換を含め考えています。DocuWorksは昔のAcrobatに比べれば機能的に高いし、軽快でPDFも作成できたことから人気がありました。特に構造では。私もさんざん販売したし。しかし今となっては高いし、今後も不安です。いざというときに迷わないように複数使ったほうが、と思っています。

新バージョンの目玉は、抽出したPDFの画像ファイル化です。これは便利ですね。編集機能も地味にアップし、ようやく他の編集ソフトに追いついてきたかな、と思えます。

機能がとっちらかっていますが、ページ振り(位置がもう少し柔軟に指示できないと・・・)や、ページのサムネイルからの自由な入れ替え(これは待っていた!!)など必要な機能があります。またDocuWorksより便利な機能やPDFならではの機能もあります。動作も軽快でDocuWorksに比べ速度でストレスになることはほとんどありません。

まあ問題は、このとっちらかったインターフェイス。他のソフトのように「いきなり」編集に入れた方が絶対いいのですが・・・わけのわからないランチャーでぶち壊しです。まあこれは初めからそうなので仕方がないのかもしれませんが・・・。

個人的には、PDFページをサムネイルで入れ替えが軽快にできる時点でDocuWorksと置き換えが出来そうです。ただ直感的な操作でないことが不満ですが・・・。DocuWorksからの乗換であれば、COMPLETEをお勧めします・・・。

 

adobeをお得に買うには??

AdobeのPhotoshopやillustratorなどはデザインのお仕事をするのに欠かせないソフトです。しかしながら高価でした。今にして思うと建築系の馬鹿高いソフトに比べれば良心的だった・・・のですが。今にして思うと、というのは、現在Adobeは買い切り制ではく月額・年額制になっているからです。数年単位で見れば安価に感じるのですが、長年使い続けるにはチト痛い!と思っている方も多いです。それでも建築系・構造系に比べれば(以下略)なので、文句をつけるのは筋違いかと思うのですが・・・。

さて、adobeにはだいたい全てのソフトが揃っているAdobe Creative Cloudコンプリートプランがお得です(きっぱり)。Photoshop、illustratorだけでなく、冊子印刷に威力を発揮するInDesign、ホームページ作成やアプリ作成に向くDreamweaver、動画編集のPremiere Proなどが入っています。クリエイターから見るとこれだけソフトが使えて月5680円は破格です。でも実際はPhotoshopとillustratorだけで十分!という人も多いんですよね・・・(私もです)。すると単体プランになるのでillustratorもPhotoshopも月2480円なので、Creative Cloudコンプリートプランよりは安いですが、あんまりメリットを感じられなくなります。InDesignが必要になったら超えてしまいます・・・。

これらを安く買うにはポイントなどが使える量販店やクレジットカードのポイントなど使うしかないのですが、特価というときもあります。特にアマゾンはセールをすることがあるので、そのタイミングを狙うことが大切です。しかしアマゾンもアドビも馬鹿ではないので、セールのタイミングなどは毎年バラバラです。同じだったら毎年そのタイミングで更新しますからね。うまくあえば・・・程度に考えたほうが無難です。

Photoshopは単体だと月2480円なのですが、フォトプランという意味不明の名前のプランだと月980円と破格になります。細かい違いはあるのですが、普通の人は差がないので、Photoshopを使いたい方はフォトプランにしましょう。フォトプランは通常、アドビで直接買った方が安いので、比べて安いほうで買った方がいいです。illustratorは通常アマゾンのほうが安かったりするしセールを狙えば更に安くなるので、こちらも比較して買いましょう。恐らくフォトプランが破格に安いので、別別に買ってしまったほうが手間はかかりますが安く済むでしょう。

アドビで問題になるのは三本目以降のソフトを使う場合です。普通はコンプリートプランで、ということになります。更に頑張って使えるソフトを増やせばお買い得感は更にあがりますからね・・・。

一太郎Pad

毎年2月は、ATOKと一太郎のバージョンアップを楽しみにしている人達が騒ぎ出す時期です。近年になっても精力的に機能アップに余念の無いジャストシステムだからこそ期待が高いのですが。

さて、今年の目玉の一つは一太郎Pad。スマホやタブレットで一太郎が!!と思ったのですが、ただのメモアプリでした。当然無料です。まあ普通の人は使い道がないでしょう。

しかし!!そんなもの出したって無駄なのはジャストシステムもわかっています。そこで、このアプリは、「スマホで文字入力したデータを簡単にパソコンの一太郎に転送できること」と「撮影した写真に写る文章をテキスト化できること」という二大機能を搭載しているのだ!!

まあスマホ版のWordなどもそれで文章を作成、整形すると言うよりも、ある文章を校正したり、編集する、程度の使い方が多いはず。それならテキストデータのほうがいいし、もっと手軽でも構わない、そんなことから一太郎Padは恐ろしく編集機能はありません。しかし前述の2大機能で、他との差別化に成功しています。

まず一太郎への転送は、一太郎画面からQRコードを表示して、それを一太郎Padから読み込む・・・という手軽な操作でテキストをパソコン版の一太郎に転送します。クラウドドライブなどに保存しなくていいので手軽ですね。

次にテキスト化ですが、スマホで撮影すると手軽に文章に変換してくれます。そこそこ時間はかかりますし、画像は鮮明でなければなりませんが、実用になります。

はい。最新のDRA-CAD18のパンフレットを一太郎Padで撮影してみます(注:この画像はあとで撮影したものです。ほぼ同じ場所ですが、構図は違います)。

はい。こんな感じで、だいたい変換出来ています!!手軽です。これをパソコンに転送します。1回接続したスマホからなら手軽です。

簡単に転送できました。挿入をクリックすると、一太郎に挿入されます。

う~ん。手軽。ところどころのミスはチェックして直す必要はありそうです。

設定などがほとんどないので、手軽ですね。意外と屋外でノートパソコンと組み合わせると楽しめるかもしれません。この機能を使うためには一太郎2020が必須です。この機能を使わないで一太郎Padだけを使う・・・というのは意味がありません。無料で使える理由がわかりました・・・。会議資料などを事前に読み込んでおくとか、いろいろ使い道がありそうですね。

一太郎の店頭パッケージはキャンペーンで安価ですが、この機能だけ、ということであれば一太郎2020のダウンロードバージョンなら更に安価に購入できます。私も今年は単体のダウンロードだけにしました。一太郎2020は他にもパワーアップしていますが、この機能だけのために購入!というのも十分アリだと思います。

HOUSE-ST1のエレコム5ボタンマウスの設定

JWWに続きHOUSE-ST1も。基本はJWWと同じでいいと思います。戻る・進むがマウスでできると便利なので。

HOUSE-ST1はなぜかキーボードショートカットがほとんど設定されておらず、コマンドのマウス割当が本当に不便です。本当は計算実行などを割り当てたいところですが・・・。計算や実行はF5に割り当てていたソフトが多いので、このあたりは配慮して欲しいところです。

同じくHOUSE-DOCも同様にできます。kizukuriは戻る・進むが元々ないので、すべて計算(F5)を割り当てておくと楽ですよ。

構造計算ソフトやCAD・BIMを複数持っている人は・・・

意外にも、高価な構造計算ソフトやCAD・BIMを複数持っている人は多いです。使い分け・・・という人も多いですが、意外にも手に馴染まなかったとか、使いこなせなかったという人が多いです。高価なものとはいえ、忙しい実務の中で訓練して使えるようにするため、意外と挫折者は多い物です。アーキトレンドのような比較的簡易なものを数百万かけてパソコンからプロッタまで買ったのにまったく使いこなせずインテリア化している人は多かったですね。かくいう私も買って置いて実践に投入出来なかったソフトは結構あります。また経営方針から泣く泣くサポートから外したソフトもあります。

私の場合は、

・GLOOBE 周囲で使う人がおらず、連携・実証が想定期間内に終わらなかったため3年程度で手放す。
・Strdesign kizukuri代替として導入したが、手数がかかり実戦に投入して利益を生むか疑問だったため手放す。
・2×4壁式 実戦導入はできたものの、取引先の都合などで実務投入数が少なく、ソフトの完成度が高まった頃にはすでに使わなくなっていた。メイン取引先がツーバイフォーから撤退したことが最大の原因。
・HOUSE-4号 使い勝手は悪くなかったがHOUSE-ST1で代替できた挙げ句、年会費がかかりながら何も進化しないので切った。
・HOUSE-省エネ バージョンが上がっても使い勝手や機能がほとんど変わらず、戸建て住宅の省エネ計算は手計算のほうが速くなってしまったので切る
・安心精密診断2014 単体での性能は悪くなかったが、これが出た頃には構造計算ソフトと耐震診断ソフトを併用して使い勝手が向上しており、投入機会がなくなってしまった。
・DRA-CAD(三次元) 三次元設計をしようと思って導入したが、SketchUPのほうが圧倒的にモデリングしやすかったため、ある程度三次元ができるようになったが手放した。なおLEのほうは、その過程で操作に慣れたため、変換が良いこと、図面チェックがしやすいことなどから、数年後から使用頻度が上がった。
・SS1 私の父が愛用していたが、私には使いこなせなかった(まだ意匠設計者だったし)。東京デンコーのACE許容を見て、こちらのほうが楽と考え乗換える。壁式の需要があがり壁麻呂とメーカーを揃えたかったこともある。
・Sein La Crea 私の会社の主要な一貫構造計算ソフト。利用者Gが独立し、本人が購入してしまうと、私には使えない代物となりサポートを打ち切る。ACE許容やビルディングエディタに慣れた私にとってあまり効率的ではなかったです。

そんな感じでかなり無駄なことをしてしまったようです。ただ使えないソフトをずっと訓練して・・・というのは効率が悪いです。ある程度やって使えなかったら次、くらいの割り切りは必要です。高い勉強料だったと思えば良いです。私の場合、Strdesignは当時グレー本の理解が浅かった私には良い学習材料になりましたし、2×4壁式があったおかげで2x4の設計の幅が広がりました。HOUSE-4号の使い勝手に苦労したおかげで手計算が速くなりました。GLOOBEのおかげでBIMがどういうものか?どう使いこなせば良いか?など理解できました。使いこなせなかった、元を取れなかったからといって何も得られなかったわけではありません。

また長年使っていたからといって、バージョンアップをしなくなったり、バージョンアップしても、代わり映えがしないようになったら整理するようにしています。やはりメーカーやプログラマとの信頼関係は大切です。お金を払ってバグ取りなど手伝う余力など今の時代にはないのです。何回もバージョンアップしても使えないようなソフトは、今後も期待はできないのです。

同じ内容でも複数の手段は残しています(例:HOUSE-ST1とKIZUKURI、JWWとDRA-CADなど)。こちらが問題なくてもメーカーが倒産したり、急にサポート打ち切りなんて事例は結構ありますからね・・・。

構造モデラー+NBUS7 発表(一貫構造計算ソフトの新作)

株式会社構造システムは、RC/S/CFT造の一貫構造計算ソフトの新製品「構造モデラー+NBUS7」を1月22日に発表、2月3日に出荷開始となります。

NBUS7はエヌバスセブンと呼び、同社の一貫構造計算ソフトBUS-6の後継となります。とはいえ従来のBUSとは違う新しい設計となっており、直感的な操作、自由度の拡大、CAD連携など新世代の構造計算ソフトとして一から開発されております。

よって現時点だとBUS-6のほうが機能的に充実しているところもあるということで、当面はNBUS7購入者はBUS-6を併用できるようになっています(つまり付いてくる)。

価格はRC/S/CFT対応バージョン(初期リリース)で150万円となっております。発表を見る限り従来の低層限定版のようなものは見当たりません。そのかわり新製品ということでお得なキャンペーンも複数実施予定です。従来のBUS-6ユーザーも乗り換えには50万円かかります(もちろんキャンペーン期間は大幅値下げ)。このあたりはSS7と同様な感じとみて良いようです。当初予想された年会費の値上げはなく(これが一番の驚き)アドバンテージになりそうです。

構造モデラーという名前の通り、ASCALなど先行する構造計算ソフトに似た思想となっています。ASCALが入力部分を切り離して販売しているのに対し、NBUS7は分離販売されず一体として販売されるといった違いはあります。ソフト的には分離されていて、将来他のソフトの入力環境として活用される可能性はあります。ちなみにカタログ表紙には、「基礎構造計算、動的解析、木造構造計算など」様々な計算システムと連動する統合設計プラットフォームとして予定しているとあり、今後このプラットフォーム上で構造系プログラムが動いていくということを示唆しているようです。個人的には省エネ計算などもおなじプラットフォームで動いてくれたら、と感じますし、i-ARMとどれくらい操作性が似ているのか?興味があります。

従来のXYグリッド仕様だけでなく、グリッドの制約を受けない自由な軸を利用した入力もサポートしています。入力も直感的な新しい手法を取り入れていて、自由な入力と引き換えに不便を強いられることはありません。

良い方にとらえれば、現時点で考え得る他社もやっていることの集大成で無難な進化であり、新ソフトとしての怖さはあまり感じないというところでしょうか?これは非常に重要なことで、BUS-6が新規ユーザーにも付属していることも相まって新たにBUSを使う人にとっては安心感が高いです。また同社のプログラムラインナップは広範でありながら、実は操作性などは統一されていないという大きな欠点を是正できる可能性を秘めているということです。しばらく変化がないWallシリーズの動きも気になります。

悪い方にとらえれば、特に驚きはない内容です。近年のトレンドを取り入れただけで、恐らく他社もそれほど脅威には感じないでしょう。しかしこのあたりは、操作性や生産効率性で評価は大きく変わってくるので、実際のソフトを見てから評価が大きく変わるでしょう。

なまあず日記sytleでは、このソフトを今後も追っていきます。特設ページも作成予定です。

Windows7終了で困ること

昔、XPが終了したときみたいにはならないとは思いますが、Windows7が比較的評判のいいOSだったり、パソコンの変化が少ない時代だったこともあり未だに使っている人が多いのも事実です。私の会社でも1台稼働しています。

マイクロソフトによると12月時点でWindow10が68%、Windows7が19%。法人でも一般家庭でもまだまだWindows7が多いようです。

サポート終了ですが、すぐに使えなくなるわけではありません。しかしネット上では日々危険なモノが出てくる現状、OSが古いままでは怖いのも事実です。特に仕事で使っていたり、ネットに接続している場合は顕著です。

以前は無料アップグレードもありましたが、今は有料ですし、そのまま動くとは限りません。よってパソコンを買い直すことをお勧めします。しかし以前ほどパソコンの必要性を感じない、せいぜいネットくらいだが、スマホだと文字入力がという人は、アップデートや機種交換の時の環境移行が非常に楽なChromeBookがいいと思います。Windowsの環境移行は本当に難しいですからね。

今回は、個人的にも法人的にも困るのは交換1台にかかる費用と手間だけです。すでにWindows10で動くソフトしか使っていませんし。