スマートフォン・タブレット」カテゴリーアーカイブ

iPhone12シリーズ発表

近年方向性が迷走していた感があったiPhoneシリーズも、ようやく焦点が定まってきたようです。その方向性が正しいかどうかは、結果を見てみないと分かりませんが・・・。

まず、前機種5G対応。これは事前に予測できたことでした。現在非常にエリアが限定的ですが、実は数年後に一気にエリアが拡大します。それがいつからか?はわかりにくいのでもしかしたら次の機種に機種変更するタイミングではないかもしれません。それなら今のうちに5Gを、と思うのが自然の流れです。iPhoneは中古価格が下がりにくいというのも買うメリットです。なので5G対応は大歓迎といえそうです。

軽く丈夫になったこともメリットが高いです。長く使い続ける人が増えることから、安心感があります。防水防塵等級IP68水深6mまでとこちらもバッチリです。

そして比較的安価なラインナップになったこと。特に旧iPhoneSEを思い出させるiPhone12 miniが発売になりました。miniは74800円からとなっており、スペックも良いので割安に感じます。最近の高値傾向から少しだけ安価に見せることによって購入者の拡大を見込んでいると思われます。

カメラはデュアル構成以上。これが安価な新iPhoneSEとの大きな違いになりそうです。

個人的には指紋認証がないことが残念ですが、これはアップルの大きな指針でしょう。恐らく指紋認証より顔認証(アップルの)のほうがセキュリティ的に優れているという認識なんでしょう。コロナが終われば間違いなくそうなるので、その方向に舵を切ったのでしょう。googleは逆に指紋認証に舵を切った感があります。どちらが正解なんでしょうかね??またイヤホンジャックも復活しませんでした。Sonyが復活させてきていますが、果たして・・・

 

Chromebook 14aでAirMirrorが使えた!

Chromebookも含め、日々変わっていくものですし、環境によって変わっていくので全ての方に使えるかは、わかりません。特にネット情報は。私が発信している情報も特に断りがない限り、あくまで私の環境で、ということです。

さて、Chromebook 14aでスマホにリモート接続できたら良いな~と何気なくAirMirrorを入れて、ログインしただけであっさり使えました。便利!!これで社内で制御しているスマホシステムに簡単に入り制御できる!!普段はスマホでAirMirrorを動かしていたのですが、Pixel4aをAndroid11にしたら動かなくなったので(涙)どうしようか考えていました。任意のパソコンを電源ON・OFFが手軽になりました。

環境が整っていくとChromebookは本当に便利。起動が速いメリットが活かされますね。しかしCore iなどの高性能CPUとの差を感じることも多いです。通常使い以外で考える場合、ChromebookのCPUの低さが足をひっぱることが出てくるので、上級者?はできるだけCPUの速いChromebookを買うことを強くお勧めします!!

なぜそんなことを繰り返し言ってるかというと、Lavie Z(Core i5)をChromebook化したものは、起動など遅い(USBブートということもありますが)ですが、起動したあと、特にマシンパワーを使うシーンでは違和感なく使えていたのですが、Chromebook 14aの場合、起動やアプリ起動などキビキビしていて良い反面、Chromeリモートデスクトップで重い作業をしているときなど、通信回線以外の部分で遅さを感じてしまいます。理由ははっきりしていないものの、恐らく本体のCPUの差かなと。AtomをChromebook化したものとLavieZと比較しても同様に感じましたから。

まあ、一般的な使い方から乖離した使い方していますし、普通の人はここまで考えないし、もしスピード重視や使い勝手だけ考えたらExpertBookなど高速なノートパソコンを買った方が満足度は絶対高いわけで、あんまり気にすることではないのかな?と思います。

楽天モバイルの留守電の裏技

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は新しいサービスのため、既存のキャリアといろいろ違う部分があります。それは良い方にも悪い方にも存在します。今回はアプリを使って電話や留守電を使っている楽天モバイルだからこその、留守電の裏技です。

通常、キャリアの留守電を契約する場合、月額料が必要だったり留守電を聞くのに通話料が必要立ったりします。楽天はアプリの楽天LINKを使っているとき限定ですが、両方とも無料です。アプリで留守電が聞けるのは楽でいいですね・・・。でもアプリということは他のスマートフォンに設定できるのでは??と思ってしまいます。

そこで他のスマートフォンに楽天LINKをインストールして、SMSで認証します。このとき利用中の楽天モバイルの電話番号を指定します。すると認証が通り、楽天LINKの留守電機能が楽天モバイルのSIMが入っていないほうでも使えます。つまり2台持ちの場合、楽天モバイル端末だけでなく、そうでない端末にも留守電通知が来て、留守電を聴けるのです!!

まあ楽天が想定していない使い方かもしれないので、急に使えなくなったりする可能性はありますが、非常に便利ですね。2台持ちの場合、片方を家や会社に置き忘れた場合、留守電をチェックするのが非常に面倒だったりします。私の場合、スマート留守電を使っていたので、問題なかったのですが、それほど留守電を使うわけでもないので、こちらでいいかな??なんて思っています。

Chromebookでのリモート接続

一部の高性能なChromebookはともかく安価で手軽なChromebookではマシンパワーは期待できません。非常に軽快で快適♪との声も聞こえますが、それは一般的な用途であって・・・。

さて、Chromebook 14aでリモートで仕事してみました。一番手軽なのはChromeリモートデスクトップ。純正ですな。しかしJWWHOUSE-ST1など意外と引っかかります。Core i5のWin10機で今まで接続していたこともあり、ややもっさり感が否定できません。このあたりはやはりCeleronなんでしょうね。

まあ、Core i5のWin10機とはいえ、結局回線速度に依存するのは変わらないわけです。屋外環境でそれほどネット接続に恵まれた場所は少ないので、実際の影響はそれほどないでしょう。

しかし有料のSplashtopを使ってみると様相が変わってきます。Chromeリモートデスクトップだとコマ落ちみたいになるところも、ある程度追従してくれます。操作感は圧倒的に上です。Chromebookにはアプリがないじゃない?と思うかもしれませんが、Androidのアプリで接続できるのです。意外にも安定しています(メーカーもChromebookでの使用できることを記載していますね)。接続先がマルチディスプレイでも、その切替は楽でタッチでの操作性も高いので、今後はこちらを利用していこうかな、と思います。

拍子抜けするくらい設定が楽で、すぐに使えるのがChromebookの良いところ。液晶を開いてすぐ使えるし、安定しています。ブラウザもタブを開けすぎなければ快適です。TwitterやFacebookの操作性も良好です。ブラウザでほとんどの業務ができ、たまにリモート接続で仕事、というサブ機には最適だと思います。

断捨離

ちょっと後ろ向きに考えることが多くなっていたので、引越を機に断捨離することになりました。まあ、引越でもかなり捨てたんですが(大汗)。

小型の電子機器が好きな私。自分の使った物を売ったり他人に渡すのが余り好きではないので、溜まっていきました。会社も同様で10台以上のパソコンを一気に処理しましたねえ・・・。そしてスマートフォンも一気に処分することになりました。今回処分するのは、

WindowsPhone系
・EMONSTER
・IS02
・IS12T
・MADOSMA

Android系
・IS05
・Galaxy Note2
・Zenfone3
・Zenfone5Z
・LUMIA 720

です。比較的キレイな他の機種は、姉の娘などに上げたのでここには残っていませんが結構多くのマイナー機種を使ってきましたね(汗)。Zenfoneは売り払いました・・・。

残ったのは、Pixel4a(現主力)、REI(会社制御用)、Xperia Z3 compact(タブレット)、Xperia XZs(壊れたときの予備)、Rakuten mini(通話・テザリング用)です。

ノートパソコンも老朽化してきたので、リプレイス時期です。今回は新しい方のLet’s note RZ5が退役しそうです。2017年秋に導入したので、3年・・・かなり短い運用になりましたが、私の老眼の進行が早く10.1型のディスプレイでは仕事や作業に支障がでるということです。悲しいかなもっと小さな画面のパソコンを使ってきただけに、身体の衰えを理由に手放すのは悲しいです。ただSIMが入り、800gを切る軽量さ、頑丈さなど正直長期間使えると思っての導入だっただけに悲しいですね。そういえば私のLet’s noteはみんな短命でした。4台目だったんだけどねえ。長命のマシンが多いNECと対称的です。まあ完全に相性だと思いますが。Let’s noteがくる前の2016年には退役させると言っていた、中古で買ったLavie Zは未だ現役ですからねえ。

とりえあえずZenfoneと書籍を売り払ったお金で、14型を注文しました。おつりが出るなんて思いませんでした。今はノートパソコン受難な時代なのかもしれません。

Zenfone7,Zenfone7Pro発表

楽しみにしていたZenfoneの新型が出ました!まあ遅すぎです。Pixel4a買ってしまいましたから。非常に魅力的なのと台湾価格が予想より安価なのがいいですなあ(遠い目)

Zenfone7は、Zenfone6を5Gにして、フリップカメラのレンズ数を2から3に増やしたマイナーアップの形になります。が、完成度が高い割にフリップカメラでキワモノに思われていたZenfone6の後継を出してきただけでも、非常に評価しても良いのではないでしょうか?

カメラは優秀だったZenfone6に待望の望遠レンズを付けました。またPro版は光学式手ぶれ補正にも対応しています。フリップカメラの耐久性を上げ、モーター部分の小型化に成功したそうです。また有機EL搭載など時流に合わせて仕様がアップしています。

退化したな~と思われるのは、イヤホンジャック搭載しないこと、指紋認証は右側側面になったことなど(こちらは改良かもしれないが個人的には嫌だ)。

概ね予想通りの内容で期待を裏切らなかったのですが、逆にびっくりすることもなかったのは事実。個人的にはカメラが取り外せるとか期待していたのですがなかったです。

とりあえず今はPixel4aで満足しているので、Zenfone7はスルーかな??Zenfone6のほうが欲しい感じはします・・・。

Pixel4aのバッテリーと今のところの欠点とか

 事前の予想で、バッテリーが保たないことが予想されたPixel4a。まあPixel3や4のレビューを見ていると期待してはいけないと思ってしまうのは自然なのですが・・・

 しかしスペックを見ると、5.8インチ有機ELのディスプレイは大きめなものの、バッテリーは3140mAhと標準的でPixel4より大きいこと、Socがスナドラの730Gとバランスのとれたものであること・・・から、個人的には自分が求めるくらいは大丈夫なのでは?と思いレビューを見ずに予約購入しました。

 で使って見ての感想。ハイスペックながらバッテリーがソコソコだったZenfone5Zの現状より明らかに保つので十分と判断しました。Xperia XZsに比べると雲泥の差です。

 具体的には自分の用途(写真いっぱい撮影、youtube30分以上見る、電話20~30分、WEBやTwitter、Facebookもたくさん、ゲームはぴよ将棋のみ)では、夜まで保ちます。23時でだいたい20%ほど残る感じです。bluetoothもGPSもONなので(XperiaやZenfoneでは切っていることもあった)今のところ上々です。

ただ、意外と熱を持ちやすいのでハードな使用は避けた方がいいです。実際炎天下利用で何度か止まったり再起動しました。まあ35度超での動画撮影などという過酷な使い方をしたので仕方がないのかもしれません。少なくとも同条件でZenfone5Zはそれほど熱は持たなかったので(Xperiaは熱くなって不安定でした)、改めてZenfone5Zの耐性には驚かされます。Zenfoneはお風呂で使っていましたからね・・・ずっと(注:非防水端末です)。Pixel4aは写真撮影時に負荷が高いので、炎天下たくさん撮影すると・・・厳しいですね。そもそもスペックもそこまで高くないので、撮影後待たされることにもなりますので。

GPSの感度もソコソコ(Zenfone5Zのほうが心持ち良いかなと感じるが)で、常用端末として合格ですね。通話音声もいいですし。

今のところ欠点と感じるのは

・防水じゃない
・顔認証がない
・あまり有機ELが明るく感じない(有機EL初めてだから慣れていないのか?)
・カメラで太陽が入るとフレアが大きめなこと
・カメラの設定がシンプルすぎる(逆にデフォルトで十分な画質!)
・カメラに超広角がない
・熱を持つと落ちる(今年の猛暑の屋外では仕方が無い?)
・意外と熱を持つこと(夏だから仕方ないか?)
・通常アプリでZenfone5Zに比べると若干遅いことがある
・FMラジオがついていない
・Zenfone5Zと電源ボタン・音量調整ボタンが上下逆なうえ、ちょっと押しにくい。
・SIMが2つ入らない、SDカードが入らない
・カラーが黒しかない

といった感じです。私にとって大きな問題は防水と超広角でしょうか?どうしても屋外で使う事が多いですし、建物内の耐震診断のとき、Zenfone5Zの超広角は本当に役に立ちましたから・・・。

正直Zenfone5Zの完成度の高さを改めて感じますが、カメラのすごさ、持ちやすさ、有機ELのきれいさ(明るい場所だと暗く感じますが、それ以外は凄い)、指紋認証の素早さ(ポケットに入れて外で使っている人にとっては最強!)、おサイフケータイ、などメリットの方がはるかに多いです。Zenfone5Zを安心して引退させられます。

まあ聞こえてきたZenfone7の良い噂を聞くとぐらつくので、Zenfoneのニュースはできるだけ見ないようにします!!

EOS Kissの望遠とPixel4aのデジタルズームを比べて見た

比較対象ではないのですが・・・どちらもJpeg撮って出しです。

Pixel4aの7倍ズーム端です(クリックで拡大)。画面でこの大きさで見る分には破綻は見られませんが、拡大するとタイルと木が不自然に感じられます。タイルは絵を描いたような形・色になります。色は濃いめに出ています。

EOS kiss X9の望遠ズームにて(クリックで拡大)。普通にキレイに写っている。くっきり自然です。Pixel4aに比べると色が薄く見えますがこちらのほうが自然です。外は35度超・・・。室内ガラス内から撮影しています。

良く考えたら、最近のデジカメはレンズ補正を自動でかけていますし、加工しているのはスマホだけではないんですよね。作った絵ということは、そう神経質に考えることではないのかもしれません。7倍ズームでこれだけ写るわけで、利用価値が増えたと素直に喜びましょう。

 

 

Pixel4aレビュー 1日使ってみて

初めて、レビューをyoutubeで作ったのですが、速報性はやはりyoutubeのほうが上ですが表現でうまくいかないものです。経験がものをいうのでしょうか?わたしにはブログのほうがあっていますね。

Pixel4aが届いたのは昨日10時頃。それから仕事の合間、仕事後に使い続けています。既にZenfone5Zから環境は移行しました。WindowsPhoneの使い勝手に慣れているので、スクエアホームというランチャーを使い続けています。環境もほとんどそのまま移行しましたし、背中の指紋センサーの動作もほぼ同じなので戸惑うことはありません。大きさが小さくなったので飛躍的に操作しやすくなりました。XperiaXZsを使ってわかったのですが、やはり横幅は70mm以内が使いやすいです。これは手の大きさに依存するため個人個人で違うと思います。持ちにくいな?と思ったら横幅の小さなスマホに変えてみるといいと思います。

Pixel4aは143gです。重いスマホを持っている方は軽い!と感じます。Zenfone5Zが大きさの割に重くなかったので、それほど軽くは感じません。幅は上記のように70mm以内なので持ちやすいです。カバーを付ければ大きくなりますが小さいに越したことはありません。

ディスプレイは5.81インチの有機EL。黒が引き締まってキレイです。初めての有機ELでしたが、質の差は感じます。ただ、パンチホールが左上にあるので特にTwitterを複数アカウントで使いこなしている人は、顔と間違えてしまうのでちょっとストレスを感じますね。それ以外は広い画面で快適です。動画もキレイです。

指紋認証は早くて快適だったZenfone5Zと同等です。これは嬉しい誤算です。またスワイプでクイック設定パネルを引き出せるのも同じで、Zenfone5等からの乗換には適します。ただ顔認証は使えません。マスクしているので今は気になりませんね。

速度は通常使いだと、高速です。iPhoneのように快感♪ということはありません。あくまで普通です。ヌルヌルもしません。Snapdragon 730Gは、比較的高速なので、通常使いなら心配ないでしょう。Pixelご自慢の写真加工に時間がかかるのでは?と思うかもしれませんが、一枚一枚撮影している分にはちょっとだけ待たされることはあっても、ストレスが感じないレベルです。通常撮影はレスポンスも優秀でZenfone5Zと遜色ありません。Rakuten miniのカメラをいじった後だと「神」と感じます。

カメラはyoutubeやブログで紹介しているので略。おサイフケータイもこの機種では当分使わないので略。

バッテリーは、意外に持ちます。恐らくRakuten miniで鍛えられたからだと思います。youtubeなどでは減るのが早いな~と思いますが、通常使いでは、古くなったZenfone5Zより保ちます。まあ人によって感じは違うと思いますが、ビジネス使いでは問題なさそうです。

カメラで苦言を1つ。AI等で加工してきれいに写るのは嬉しいのですが、素の画像も出して欲しいなという気分です。建築や証拠性が高い写真などで、果たして加工を加えられた状態で撮影して良いのか?気になります。等倍は問題が少ないにしろ、ズームはかなり修正加えていると思います。まあ今の高性能なスマホのカメラは多かれ少なかれそんな感じですが。

これで防水だったらな~というのが唯一の残念な部分です。カメラはビジネス使いでは賛否があると思いますが、プライベートならかなり有効なカメラだと思います。

左からZenfone5Z、Zenfone3、Xperia XZs、REI、Pixel4a、Rakuten mini。見た目ではそれほど変わりませんが、手で持つと差が大きいです。Rakuten miniのコンパクトさは神です!

Pixel4aのデジタルズームはすごかった

正直、カメラについては、暗いところの撮影がZenfone5Z並みにできればいいな、と割り切って購入したPixel4aですが、その使い勝手もシンプルで設定などもしやすいので重宝しそうです。

特にデジタルズームはすごかったです。たぶん最近の機種はそうなんでしょうね。Zenfone5Zのカメラで十分満足していたのですが・・・2倍すぎるとやっぱりね。という感じでした。しかし最近は3眼くらいにして、超広角、広角、望遠のようなものが流行っています。それくらいになるとコンパクトデジカメ要らない、というのもよくわかります。

しかし、Pixel4aは1つの広角カメラのみなんですね。それで2~3倍のズームは十分使え、5倍くらいなら実用的というのは凄すぎます。さすがに7倍は常用したくないレベルですが、一昔前の2倍程度のデジタルズームといった感じなので、使えるシーンもあるかもしれません。ソフトウェアで補正しているので得意不得意はあると思いますので、たくさん撮影してその差を見ていけたら、と思います。

通常の撮影。明るいのできれいに撮影できるのは当たり前

2倍デジタルズーム。最近の機種は当たり前のようにきれい。

7倍。劣化しているとはいえ、それほど破綻していない。タイルの形がね・・・とかありますが、文字も読めていますし、直線もなんとか再現できています。カメラで撮影といえば、汚いの一言ですがデジタルズームと考えると・・・すごいですねえ・・・