「スマートフォン・タブレット」カテゴリーアーカイブ

Pixel 6aの指紋認証とガラスフィルム

Pixel 6aを使う上で、避けては通れないのは指紋認証とガラスフィルム。

何しろ、持ちにくい形状ですし、画面が傷つきやすい形状です。いくらガラスが強力でもやっぱり怖いです。そして普通に評判の悪い指紋認証。

しかし、近年のスマホはソフトウェアの改良により、一見ハードウェアが原因であることも解決する可能性があります。実際、Pixel 6aも、Androidのアップデートで指紋認証が良くなったなどの声があります。

そこで、今回は、最新にアップデートした新品のPixel 6aで試してみました。普段Pixel4aの背面指紋認証を愛用している私から見たら、

・指紋はやや押しつける感じでタッチすると解除しやすい。

・Pixel 4a のほうが解除時間は短い。

・成功率は、どっこいどっこい。やや手汗をかくとほぼ失敗になるPixel4aに比べたら、まあまあと感じる。

・せっかちな人には向かない。じっと指紋認証を押せる方向けです。

といった感じでしょうか?ではガラスフィルムではどうでしょうか?

 

今回購入したのは、shizukawillのGoogle Pixel6 Pro shizukawill液晶保護ガラスです。曲面部分も防御でき、AGC旭硝子の信頼感の高いガラスフィルムです。貼りやすいと聞いたので買いました。

この商品、指紋認証の部分は若干薄い?のか丸い印がついています。見たとき気になるかもしれませんが、逆に指紋の位置がわかりやすいので個人的にはアリです。

貼付は簡単。終わった後に、従来の指紋認証を削除した上で、右手の人差し指、親指、左手の親指を登録しました。

少なくとも、私の環境では指紋認証の精度は落ちませんでした。もしかしたらちょっと落ちたかも?レベルです。じっくり押せばミスはほとんどありません。逆に気になるのは電源オフのときの、指紋認証部分のコーティングの違い?のほうが目立ちます。

指紋認証のまわりにくっきり円が見える。これは動画などを見ていても気がつくレベル。実用性を考えたら仕方がないのだが・・・

まあ、指紋認証の快適性は今のところすこぶる良いので、非常に満足です。軽いタッチでサッと解除できたZenfone 5Zなどに慣れていると辛いかもしれませんが・・・。

 

Insta360 ONE RS 1インチ 360度版 発売へ。118,800円

360度カメラの凄いヤツが、また異方向から飛んできました。

そもそもInsta360は360度カメラがメインのはずなのに、RS等を出したことでどうなの?と思われていました。そのRSと同じコアを使って、レンズ部分を分離できる360度カメラを発売してきました。

若干頭でっかちで格好悪いですが合体ギミックは悪くないです。そして・・・

1インチセンサー

を搭載し、劇的に画質向上に成功しました。10万越えという比較的低価格で、この高性能を実現できたことに驚異すら感じます。

まあ、引き換えに防水性能などが下がったようですが、もともとそんなに信頼性高くないから大丈夫。むしろInsta360 ONE X2で画質がもう少し欲しいというユーザーは漏れなく買い増しするでしょう。

レンズはF2.2。写真解像度は6528×3264ドット。動画は5888×2944/30pのほかに6144×3072や3040×1520とか選べます。つまり6Kの高解像度が実現できます。このサイズの動画はそれほど興味がないかもしれませんが、切り取って使うのがメインのInsta360なので、この解像度は新たな武器になりそうです。

すでにレビュー動画がでていますが、スペックだけでないことは証明されています。なかなかいいですね。

もっとも、私のような一般人は、Insta360 ONE X2でも高性能だと騒いでいるわけで・・・。時代の流れと進化の速さに愕然とさせられます・・・

Pixel 6 Pro今さらながら購入

Pixel4aを2年前の夏に買ったので、2年ぶりです。普通そこは新発売のPixel6aを買うところですが、スペック的に十分だし価格も若干下がって きたことと、アップデートで前ほど強烈なバグもなくなったこともあり、今回購入しました。Pixel 4aは下取りに出しました。googleのフォトアップロードの特典は無効になりますが、元々onedrive派なので、気にしません。

たぶん、Pixel 6 Proのレビューって昨年のものが多いので、気になる方も多いと思います。今回は私も当時読んで気になったことを確認して見ました。

・指紋認証は、本体そのままなら、若干遅いと思うが気にするレベルではない。画面にシートなど貼ったら印象が変わるかもしれないが、現状ならPixel 4a の背面とそんなに変わらない感じ。むしろ正面にあるため机の上などでは便利このうえない。

・大きさは、思ったより大きく感じない。比べると大きく感じるが。それよりも重い!とにかく重い!!これは片手で使いたくない。前が軽量なPixel 4a だから仕方がないか。

・画面は見た感じはそれほど大きくないが、曲面部もあり、Pixel 4aとは比べものにならないくらい、広く感じる。老眼には本当に有り難い。ちょっと小さなタブレット的に使える。

・カメラは、普通に高性能だが、Pixel 4aも実用的だったので感動は覚えない。ただ、超広角は、Pixel 4aにはなかったので、非常に便利に使えそう。またズームも強烈で、高いスマホだけはあります。これでコンパクトカメラの高倍率ズームはまったく必要なくなる。とにかくズームレンズが欲しいなら、この機種は絶対検討対象。スマホのカメラの概念が変わる。20倍ズームも意外と使えることがある。

・画面が傷つきそうで怖い。曲面がくせ者でケースではカバーできそうにない。コーティングかガラスシートか悩む。カメラの特記も大きく、もちにくいので絶対ケースは必須。つまり更に重くなる。

・動作速度は、Pixel 4aとは桁違い。サクサク動く。最高級ではないが、ハイエンドではある。スマホはやっぱりある程度速くないと辛い。もっとも電話やSNS、メールクラスならローエンドで十分。

・バッテリーは初日だが、Pixel4aよりは目に見えてよさそう。まあ不安なのでいろいろと省電力設定しているのだが。それでも高速だし快適なのでとりあえずOK。あとは使い込んでから評価。

・楽天のeSIMで運用。とりあえず問題ない。諸問題を考えると高機能が必要なサブ機で、楽天など低価格eSIM での運用が勝ち組か?

・ハードに使うとすぐに本体が熱くなる。これはPixel4aもそうだが、さらに、である。本体が熱くなるのが嫌ならさけたほうが無難。普通に使う分には問題ないが、Insta360 ONE X2と一緒に使うときが心配かも?

・wEBなどの閲覧は最高♪キビキビ動くので。youtube なども同様。意外とローエンドとは差があるし、Pixel4aクラスからも差を感じる。

・安定感はそれほど高く無い。一部のアプリで落ちることがあった。特に熱があるときは。新型SoC だったし仕方が無いか。まあ私の環境下でアップデートしたあとは問題はない。これからが心配だが。

といった感じです。ZenFone5zを買ったときと同様の感動を感じます。重いこと、もちにくいこと、落としたら怖いだろうな・・・くらいが心配事でしょうか?とりあえず合格点です。あとは音声文字化など積極的に使いたい機能がどれくらいの完成度かで評価が変わってくると思います。なかなか評価が難しそうな端末ですが、BASIO4のサブ機として高性能が必要な時に活躍してくれることを願います。

Pixel4aを手放す

気に入っていたのですが、もうすぐ2年。酷使していたし、性能的にも360度カメラを使う時に厳しかった(insta360のアプリは動くがたぶん性能を満たしていない)ので、買い換えることにしました。

Pixel4aは小型軽量でカメラ性能がまあまあ良く非常に便利でした。一方、廉価版ということもあり、防水がなかったり、超広角レンズが搭載していなかったり、というデメリットもありました。その2点は個人的にはかなり厳しかったですが、慣れとは恐ろしい物で、2年間の特に後半一年間はほとんどデメリットには感じませんでした。しかし子育てをはじめて、満足していたカメラ性能が、不足に感じるようになり(親馬鹿)、その他諸々気になり始めました。幸い、googleさんで下取りキャンペーンをやっているので思い切って申し込みました。基本、使い古したスマホは売らないのですが、Zenfone売って、それなりの価格になったので今回も手放すことになりました。

楽天モバイルを使うので、基本、eSIMがついていることが絶対です。楽天モバイルはいろいろ言われていますが、eSIMの使い勝手はピカイチです。また基本サブのスマホなので(メインはラクラクスマホBASIO4、UQ-SIMで運用)絶対に繋がらないといけないというのはありません。基本府中近辺の地上で使うので問題はありません。ただeSIM専用機だと、メインが壊れたなどトラブルがあったとき、抜いてサブに刺せないと問題なので、SIMは必須です。そうなると選べる機種がiPhoneのほか、それほど多くありません。iPhone13PRO MAXを狙ったのですが、品薄ですしね。あの機種はカメラ本当に魅力的なんですよね・・・LiDARスキャナ使えるし。画面も大きくタブレット的に使えるし価格も意外と良心的(iPhone系でスペックの割に)。まあ今回は縁がなかったということで。

というわけで、申し込みました。いつ届くかわかりませんが、娘のお食い初めに間に合えばいいな・・・

microSDカード使える高性能Android機

最近、スマホは中国製を中心に、国内需要に合わせた商品が出てきており、安価でも性能的に不足せず満足感が高い機種が増えてきました。逆にいえば個性的な端末が減ってきております。また不要となると、すべての端末からその機能が消えるような現象があります。ワンセグ・フルセグはもはや搭載している機種を探すことが難しいです。

さて、insta360 ONE X2のような360度動画カメラを運用しようとすると、高性能かつストレージ容量が大きな端末が必須です。しかしiPhoneはそもそも外部ストレージありません。Androidは以前は必須だと思われていました、特に高性能機を中心に非搭載だらけになりました。まあ遅いストレージを搭載しても仕方ないとかいろいろ理由があると思いますが、容量補助の点だけでもmicroSDを搭載したら嬉しい用途もあります。

現在の通常のAndroid機で高性能なSoCといえば、Snapdragon 888系と8th Gen1などでしょう。

このクラスは高性能で価格が高価な機種が揃っています。しかし最近はmicroSD非搭載ばかりです。そこで調べて見ると驚くべき機種が搭載していることがわかりました。

まずはXperia 5 Ⅲ。今年の4月発売ながらSIMフリー版もmicroSDXCカード対応で1024GBまで対応しています。スナドラ888でそもそものメモリも256GB搭載しています。それでいて軽量168gでおサイフケータイ、指紋認証、防水防塵・・・。アクティブに使うinsta360 ONE X2のようなカメラと組み合わせるには理想的なスペックとなっています。もちろん昨年発売されたキャリア版もメモリが少ないながらも、microSDカード対応なので十分かと思います。他の上位Xperiaも同様の傾向です。

AQUOS R6も同様です。メモリが128GB、内蔵メモリ12GB,スナドラ888と十分な性能で、microSDXCカード対応です。207gながらお財布、防水防塵、指紋・顔認証です。

このように国産勢ではなんとか生き残っていますが、海外勢はサムソンなども厳しい感じになってきました。S21,S22などはまったく対応していません。S20なら対応していますが2020年機ですからね。性能的にはスナドラ865なので問題はないかとおもいますが、今後のアップデートなど考えるとあえて買う理由はありません

海外勢で・・・となると、ありました。昨年機ですが、スナドラ888・・・AsusのZenfone8 flipです。まあ変態過ぎるスマホですが、性能は高いですし画面が大きくmicroSDカードが使える・・・。まあ変態(カメラが回転)ですし、防水でもお財布でもないので、他にスマホを持っていて・・・というのが条件っぽいですが、上記の機種より安く買えそうなので、今現在ならありかもしれません。

中国製のスマホを悪く言うつもりはありませんが、最近たくさんの機種を日本向けにだしてくれてはいますが、もう少し個性が欲しい所です。まあ今はシェアを取りに行っているところがあると思うので、そのうち面白いものを作ってくれそうな気がしますが・・・。