Chromeリモートデスクトップで実用になったソフト(CADや構造計算ソフトも)

ChromeReadyでChromebook化したパソコンから、インターネットを介して親パソコンに接続して実用的なの??ということで、やってみました。

KIZUKURI
木造構造計算ソフトKIZUKURIは比較的軽快なソフトです。やってみたらやはり軽快なまま。計算もスムーズです。USBプロテクトは親パソコンに刺さっていればOKです。2棟入れてみましたが問題はありません。ただMDIなので、画面が大きくないとちょっと嫌です。ノートではなく21インチ以上のディスプレイで使いたい感じでした。速度的にはスティックPC、Lavie特に差は感じません。

HOUSE-ST1HOUSE-DOC
どちらも似たソフトですが、ほとんど影響しません・・・といいたいのですが、HOUSE-DOCはほぼダイアログがでないので問題ないのですが、HOUSE-ST1はよくダイアログた飛んでいく特性があるので、親パソコンがデュアルディスプレイだと意外とストレス溜まります。ダイアログの件、なんとかならんのかな~。ただ動作的には何も問題はないです。SDIだと楽ですねえ。

DRA-CAD
まあ問題ありません。画面が大きい方が快適なのは言うまでもありません。

信長の野望 創造
一番負荷のかかる・・・ということでやってみました。スライドパットでやるのはかなり難しいですが(当たり前か)、マウスがあれば若干のタイムロス程度でなんとかなるので初級モードなどなら楽勝です。中級あたりになると(汗)。やはりゲームは負担が大きいです。パケットも相当食っているのでは?(今回はWifi下なので測定していません)。意外となんとかなるものです。

日本語入力が、ChromebookならATOKでないわけですが、リモート時にはATOKになるので地味に性能が上がった感じがしますが、Chromebookの変換も思ったより悪くはありません。ただ、ワンテンポ遅れる感じがするので、文章作成はChromebookのままのほうがいいかな??

そんなわけで思った以上にいいですね。ただ親パソコンの速度が速くないとこのような結果にはならないのかも?と思います。なにしろ動いているのは親パソコンですからね・・・。

Lavie ZをChromebook化

先日、スティックPCをChromebook化したのですが、想像以上に快適でうれしくなってしまいました。Chromebookを買おう!と思ったのですが、欲しい機種は在庫がないし、思った以上に重いです。そこでLet’s note RZ5をChromebook化したのですが、何が悪いんでしょうかね?うまく動きませんでした。タッチパネルはあるし特殊だからでしょうか?まあ私の目的は老眼対応なので、RZ5を本気でChromebook化するつもりはなかったので、すぐ諦めました。そこで5年前のNECのLavie Zに挑戦してみました。

これは、中古で購入したのですが思った以上に良い機種でした。スピードも早いし薄くて軽い!!今でも薄さと軽さは一線級ですね。Chromebookでもこのクラスはありません。しかしながらWindows機では海外勢がこれを凌駕するものを出してきています。国産は・・・あまり芳しくはないです。なのでLavie Zの延命化は意外と重要なのです。

インストールは簡単でした(まあもう2回もやってるし)。そして・・・思いっきり快適なマシンができあがりました。スライドパットは快適。スイスイひっかかりません(WIndows10だと引っかかることが多かった)。画面のタッチパネルも・・・快適です。何よりChromeがスイスイ動きます!!まあAtomでも快適だったのだから、5年前とは言えCore i5なので当たり前かもしれません。まだUSB起動なのですが快適さだけ見れば十分です。バッテリーが心配ですが、それほど酷使しなかったせいか、日曜日に家の中でAC外して使いましたが5時間もちましたので、こちらも十分でしょう。これで屋外に行くときのマシンは買い必要がなくなり、Let’s noteと目を酷使しないで済みます。

基本的には、Chromeリモートデスクトップを使って構造計算やCADを使います。反応もWifi下なら信長の野望 創造がプレイできたので大丈夫でしょう。屋外からはZenfone 5Zからテザリング・・・から、明日あたりに届くRakuten miniでテザリング??になるんでしょうかね???まあ外出しないから問題ないと思いますが。

Chromebookで唯一困るのが、ブラウザローテーション制を引いている私からするとChromeの利用率が高まることかな?セキュリティに気をつけながら使っていきたいと思います。

Fitbit Charge4

あの小型な腕時計型フィットネストラッカー(腕時計)を流行らせたといっても過言ではないFitbit Chargeが4になっています。私が買った3が出てからそれほど経っていないのに(汗)。他社からも同様なものがたくさん出てきて存在感が薄れています。しかしFitbitのビッグデータはまだまだ優位にあるはず。存在感を示すためにはやはり優秀な商品の供給を続けなければ、ということでしょう。

アマゾンでFitbit Charge 4の予約が始まり、4月14日発売のようです。デザインは見た目変わりません。目玉はGPS搭載でしょうか?他社もGPS付が標準になりつつあるので自然な流れでしょう。大きさ、バッテリー駆動時間などが大きく変わらなければ嬉しい機能アップです・・・とおもったらGPSをONにしたらバッテリー駆動時間が五時間!!と短くなります。従来の使い方をしたい人はOFFにして、運動するときだけONにする・・・という使い方になると思います。ともあれ、これによりスマホを持っていかなくても距離やペースなどを正確にトレッキングできます。

私がこの機種でいいな~と思っているのは、スマホの通知が比較的しっかりしていること。メールも本文の一部が読めるし。小さいながらもスマートウォッチ的にも使えるのがいいです。

大きいのが、ヒットした全世代のバンドの互換性が維持されていること。かなりサードパーティーから素敵なバンドが発売されていますもので。

価格が高くなってしまい、似たデザインの他社の商品との差がまた開いてしまいました。しかし使っているほうからすると信頼性が高く使い勝手も良好なので、これからもお勧めしたいフィットネストラッカーといえます。

自宅のPCを起動

外出先から自宅のPCを起動したいとき、意外と困る。WOLで簡単!と思うのですが、ネットワーク外からだと無理なので。もちろんルーターをWOLできるバッファローのものにするなどで解決することもありますが、そのためだけにルーターを買い換えるのは嫌だし、セキュリティ大丈夫!なんてこともある。そこで一案。使わなくなったスマホを家の中のwifiネットワークに置き、そこからWOLを出す、というローテクです。

AirDroidというソフトは、それを実現させてくれます。スマホからスマホをコントロールできるソフトです。スマホはバージョンなどで環境が違うのでなかなかすべて・・・ということは難しいし、ルート化するのは危険が伴うので、このソフト経由でやるのが一番でしょう。root化が難しいZenfone3やREIなどでも可能だったのは驚きでした。

インストールして制御できるようになったら、宅内のスマホのWOLソフトを設定し、家内でパソコンの起動ができることを確認できれば、外部のスマホからコントロールして起動できます。応用するといろいろなことができます。家庭内wifiのセキュリティに気を配る必要がありますが、ポートをいじったりNASをいじったりするよりは安心です。

起動してしまえばChromeリモートデスクトップで家のパソコンを操作できます。この方法なら外部で持ち歩くパソコンはChromeBookで十分です。高機能なパソコンも要りませんし、ソフトウェアのライセンスも家のものだけで十分だったりします。外出用ノートパソコンに不要なソフトを入れずに済むので速度低下も防げたりします。

速度やパケットを考えると純正のリモートデスクトップもいいかな、と思います。

スティックPC SY01をChromeOS化

昔、激安で思わず衝動買いしたエプソンのSY01というスティックPC。当時は画期的でいろいろ出ましたね。ただ性能が低いのでそれほどメジャーにはなりませんでしたけど。

エプソンからも出ていました。CPUはAtom Z3735Fという非力でした。ストレージは32GBのeMMC。Windows10にアップグレードして使っていました。ただ速度がね・・・。実用的でないのでまったく使っていませんでした。リモートデスクトップやWEBで使う予定だったのですがアップデートなど時間がかかりすぎてね。またソフトもインストールが難しかったりして。32ビットというのも問題でした。

というわけで、ChromeOS化しよう!!と思い立ちやってみました。

やり方はネットを探せばいっぱい出てきます。CloudReadyなるソフトをダウンロードし、USBメモリにインストール。それをSY01に差してUSBブートすれば動きます。予想以上に快適だったので、Windows10を消してChromeOSのみにインストールしました。起動こそChromeBookの快適さはないですが、起動したらキビキビ動きます。想像以上に満足です。これなら常用可能です!!wifiも普通に掴みますしキーボードもマウスも手元のもので大丈夫です。

chrome Remote Desktopを使って、Windowsパソコンに接続し・・・きちんとWIndows動きます。リモートであっても回線がソコソコ速ければ十分実用になります。USBプロテクトなども相手先のパソコンで動いているので、KIZUKURIなどもきちんと動きます。もちろんDRA-CADもきちんと動きます。これは便利ですね・・・。

あとはAndroidのアプリが動けば・・・と思うのですが標準では動きません。ここが本家のChromeOSとの違いですねえ・・・。

 

5Gが体に悪いということで思い出すこと

大量のムクドリが5G通信の電波で死亡した、という情報がネットで拡散されました。これが嘘かどうかはわかりませんが(どうも嘘っぽいけど)、新しいものは常に希望と危険が隣り合わせ。そして新しいものに対する恐れは何時の時代にもあります。

私が大学生の頃、携帯電話の電磁波が脳に影響を与える・・・という情報がまことしやかに出ました。5Gでも4Gでもない3Gすら始まっていない時代ですよ!!もちろんあんなもので何で通話ができるんだ!!という時代はとっくに終わっている頃ですが・・・。私も携帯電話を販売していた頃だったので、この手の情報をアメリカの論文も含め調べたものです(まだネット情報が少なかった時代ですから)。結局、携帯電話はその後爆発的に普及し、この手のことを気にする人も少なくなりました。しかしながら、送電線や携帯の電磁波は少ないながらも影響がある・・・という説は根強いですし否定しきれません。

その後3G,4G、そして5G??この時代にもこのような説が流れているとは。SNS全盛なので、その手の知識を持っていない人でも普通に拡散が可能な時代なので、昔よりも知っている人は多いかもしれません。特にムクドリの画像は大量に拡散しましたからね。twitterの場合、140文字なのですべてを伝えきれないにしろ、その内容をわかって広げているのか?悪意を持って広めているのか?わかりませんし。

こういう議論は我々素人がするものではなく、専門家同士がやってくれればよく、もし何か悪いことが出てきたらそのとき報告すれば良い気がするのですが。私もどちらが正しいとか言うつもりはありません。少なくともtwitterなどで不毛な議論はしたくないだけです。

auからも5G発表。国内出揃う。値段はともかく3社個性が分かれて面白い。

auが5Gを発表しました。事前からして最後に発表日を持ってきたので何かあるな、とは思っていましたが意外でした。

機種は7機種発売。なんとシャオミやZTEからOPPOまで豊富なラインナップ。機種としての個性がないのは、今回は初物ですし仕方がないのかもしれません。それでも選べるのは良いですね。

料金プランは・・・正直ソフトバンクやドコモのほうが評価できます。後出しだったのに複雑です(両方に対応していると言えなくもない)。データMAX 5Gのテザリング上限が月30GBと今までのプランと変わらないのも気になります。ドコモは実験しながら・・・と言っていますがauは初めから諦めています・・・。4Gの1000円高という金額は、キャンペーンによって割引を得られることから、導入しやすさはあります。Netflixパックも健在で、ALL STARパックもあるのが個性でしょうか?ALL STARは、NetflixだけでなくApple Music、youtube premiumと新動画サービスのTELASAをセットにしたものです。この需要がどこまであるかは不明ですが、一万1150円という価格とテザリング上限が80GBという部分とのバランスはどうなのか?評価が待たれます。

私が絶望したのは、昨年から今年にかけてせっかく使い放題プランを導入してくれたのに、度重なるルール変更でわかりにくくなったのに、今回もいじってきたことです。5Gだけの発表で良かったはずなのに・・・。しかもデータMAX4G LTEは8650円とはっきりいって値上げですからね。テザリングも30GBのままですし。メリットは月間データ容量が2GB以下の場合に1480円の割引が受けられる・・・などありますが、どうだかねえ・・・。キャンペーンと相次ぐルール変更が組み合わさってわかりにくくなります。ネットの情報が残っていくので怖いですねえ・・・。

ドコモの高級志向でわかりやすさを狙った料金・端末施策、ソフトバンクの先行話題性と実はあまり5Gを特別視しない施策、auは一番わかりやすくアミューズメントから攻めつつ全方位に柔軟に対応した施策。キャンペーンなど含め価格的な部分の差はそれほど大きくないが、久々に戦略性を打ち出している感じがして興味深いです。

Rakuten Miniに最適なモバイルバッテリー?マグッピ2

楽天モバイルの正式サービス開始が発表され(それでもほとんど無料ですが)、楽しみにしている方、これは・・・と思っている方いろいろだと思います。個人的にはメインは苦しいがサブならいいかな?と思います。それは現時点でも2GBのauでのパケット通信が付いていることと、Wifi下でも電話やSMSができるのは非常に大きなポイントだと思っているからです。端末はそれほど斬新なものはないですが・・・・一個だけありますね。Rakuten mini。e-simだし小型軽量のお財布スマホ。価格も案外安い。一年間通信量無料だったら十分「遊べる」端末。

しかし・・・この端末の致命的な欠点はバッテリー。79gという驚異の軽さと引き換えに、1250mAhという非力なバッテリー。使わなければ1日もちますが、それでは意味がありません。そこでモバイルバッテリーの出番ですがコードを延ばして持ち歩くなら、それこそ意味がないです。

そこで・・・マグッピ2です。

なんと60gでケーブル無しでスマホと雪像出来ます。下部に直接とりつけます。容量が2600と最近のスマホだと少なく感じますがRakuten Miniなら十分です。そもそもRakuten Miniはバッテリーが少ないからすぐ充電ができます。マグッピ2ならつけておいても140g程度にしかならず、つけておいても軽量なスマホレベルです。

この組み合わせ意外とイケると思います。大きめのサブ携帯(今まではメイン)から、着信転送で、Rakuten miniに転送できるようにし、Rakuten miniを首からかけておき連絡専用にしてしまう・・・。以外といいと思いませんか?通話とSNSと緊急時の調べ物・・・と割り切れば意外と大丈夫だと思います。そうすればメインのスマホのバッテリーの節約にもなります。下手なスマートウォッチよりよっぽど使い勝手がいいのでは?と思います。

もう既にRakuten miniを買って後悔している人はマグッピ2を始め軽量で嵩張らないモバイルバッテリーをおすすめします!!

ファイアウォール内のWOL

ポート設定をいじれない、強引にいじるとセキュリティが不安な場合、外部からパソコンを起動させるためのマジックパケットを送る手段が少ないので手詰まりになります(上級者は除く)。下手に出来てもセキュリティ下がっては意味がないので。

ある技術者からのアドバイスは、24時間起動しているパソコンを作っておく!!というものです。恐らく過去に買ったスティックPCなどを利用すればかなり低電力で動き続けてくれるし壊れても怖くないのでこれが良いかもしれません。そこからマジックパケットを送る・・・現実的な方法です。他にはスマホを使って、外部からアクセスして・・・でしょうね。スマホから簡単にマジックパケットを送れることがわかったので、上の二種類どちらかにしようと思います。一応備忘録です。

ホームページ・ビルダー22新発売へ!!

昔は日本IBMから発売されていて、現在はジャストシステムから発売されているホームページ作製ソフトの老舗「ホームページ・ビルダー」の最新版が発売になります。ブログやSNSが全盛で純粋のホームページを作る人は減ってきていますが、一定の需要はあると思います。私もページデザイン時などで結構使っています。

今回は「スタンダード」と「ビジネスプレミアム」の二種が発売になります。昔を知っている人からするとバージョンアップでも1万円を超える価格は高い!と思うかもしれませんが、もうそんなに売れるソフトではないですからね・・・。仕方がないです。

さて、両者の主な違いは、素材やテンプレートの数がメインです。かなり違いますが自分でデザインする人はそこまでの差は感じないはずです。ソフト的には、ビジネスプレミアムがSEO ComposerやSitemap Creatorが付属しているので、それを使うかどうか?で考えるといいでしょう。ホームページ・ビルダーサービスも、50GB6ヶ月間無料か10GB6ヶ月間無料の差なので、プロバイダなどを既に持っている人などにはそれほど重要じゃないし、これから始める人が10G必要か??と感じます。SEO対策を同梱のソフトでできるのは便利だし、XMLサイトマップを自動で作れるソフトは意外に貴重なので、そう思う人はビジネスプレミアムが良いと思います。

機能的にはそれほど進化していないようで、ホームページにも素材数・テンプレート数ばかりアピールされています。それはそれで非常に重要なのですが、他のホームページ作製ソフトに機能的に引き離されつつあるので、次回はがんばって欲しいところです。