WEBアプリ「新しいなまあず本舗を探せ!!ゲーム」

新しいなまあず本舗を探せ!!ゲーム

そもそもは、Unityを使った新しいホームページのフロントで使う予定でしたが、基本コードを書き終わった後で、あんまり細かいことしてもな、と思い師範書籍のJavascriptコードを基本に作成してみました。さすがに軽いです。スマホ画面を想定して作ってみました。タッチで、なまあず君を動かせます。旧なまあず本舗の位置から、新しいなまあず本舗を発見するというゲームです。実際の府中市内の地図をデフォルメして作っているので分倍河原駅とかコンビニとか片町文化センターなど再現されています。

各建物に到達するとメッセージがでます。このシステムを応用して、各店舗のHPに飛べたり(駄菓子屋なまあずは飛べるようになっています)、作品集に飛べたり、クーポン券を埋め込んだり、宝探しをしたりとか、楽しめるシステムに成長させられたらな、と思います。

かなりチープなシステムですが、あんまり凝ると時間がなくなるので、この程度で・・・。

縛りなしWiFi

変な名前ですね。最近こんな名前増えています。
名前の通り、縛りなし契約ができるポケットWifiサービスで、ソフトバンクのモバイルWifiのほか、WiMAXも選べます。

私も引っ越し時に、一時的にネットが使えなくなるので、借りました。WiMAX版です。申し込んで日時指定したのですが、本当にきちんと届きました。精密機械を入れるような梱包ではありませんでしたが。プチプチに入れて封筒に入れるって大丈夫なんでしょうか??

端末はHWD35、つまりW04です。もちろん新品ではなく、かなり使い込まれた感じのものでした。でも今回はネット切り替え前の新事務所、ネット切り替え後の旧事務所、切り替え時に使うだけなので、バッテリー駆動は実質なし。2ヶ月で解約できれば問題はないので構いません。梱包も含め神経質な人は避けた方が良いでしょう。

設定はしてあるので、起動して使う端末にSSIDを指定してパスワードを入力すればOK。なんと端末にパスワードも貼ってあるので親切といえば親切ですが、あまり持って歩きたくないな、と思います。ちなみにパスワードは変更しないように!とのことです。大丈夫かな・・・・。

説明もA4モノクロ2枚と質素。まあパワーユーザーなら問題ありません。付属品はUSBケーブルのみ。充電器はありません。徹底したローコスト化です。

さて、私が契約したWiMAXプランは、3日間で10GBという縛りがあります。私の使い方ならまず問題ないでしょう。ソフトバンク回線を使ったサービスは2GB/日と20GB/月というものがあります。値段はこちらのほうが安いので、用途によって選べばいいでしょう。私の場合はWiMAXがきちんと使えるところであるのと、いざというとき仕事でかなりの大きさのファイルを送受信する可能性があるので、このプランにしました。縛りなしだと、価格が高いのですが、不要になったら則解約出来る手軽さを選びました。もしサービスが良ければ、改めて縛りありで契約しようかな??と思います。

Aterm WX6000HP

 

新事務所は、今までレンタルだったルーターを解約しなければならないので、新たなルーター購入を迫られていました(別にレンタルしても良いのだけど)。

今回は時間もないので、使い慣れたNECのAtermシリーズで決定。あとはどの機種にっするか??でした。小さい事務所なので家庭用で十分。速度と安全性は欲しい。ということで、結局悩むまでもなくWX6000HPに決定。

最新のWi-Fi6(11ax)に対応以外特に特徴的ではない機種ですが、家庭用とみた場合、小規模オフィス向けで見た場合、卒のない機能構成です。

アンテナが8×8(5GHz帯)4×4(2.4GHz帯)と5GHz帯が多めになっていのが特徴で、ストリーム数もそれぞれ8,4なわけで、複数台同時接続に向いています。36台12名接続できうるスペックをもっています。速度も無線LANは、それぞれ4804Mbps、1147Mbpsと十分に高速で、有線も10Gbpsと十分です。Wifiに関しては、新しくはないものの、いろいろ安定化に寄与する機能を搭載しております。

現時点でWi-Fi6対応機種は社内にないものの、近い将来導入するでしょうし、Wi-Fi5も高速化するわけで、値段が少々高い機種ですが、十分回収できると判断しました。

個人的に気に入っているのがアンテナ内蔵型。小型で壁掛けもできるので設置場所に困りません。社員サービスに貢献できるネットワーク分離機能も便利に安全に使えそうです。

今回は、ルーター接続前までは業者がやってくれるので、先に予行演習してIPなどの情報を整理しておこうと思います。

Rakuten miniに入れたいアプリ

3ヶ月電車に乗らなかったが、先週と今週は都内に出ることが多かったです。

そこで、いままで楽天モバイルのエリア内に行くことがなかったのですが、ようやくエリア内で動き回ることができました。新宿地上エリアはだいたい問題ないですし、通信速度も速かったです。

そして通話品質も問題なく、心配されたエリア内、外の切り替えによる電池消耗(地下街多かったですからね)も最低限に抑えられ、改めてRakuten miniの実用性が実証できました。何より首から提げているので改札で手軽にタッチで通れるのが良いですよね。ネット上では悪口もいっぱい見かけますが、悪口を言ってもみても性能は上がりません。いかに端末のポテンシャルを引き出してやるか?を考えた方が楽しいですね。


画面右側にウィジェットエリア&リンクエリアを置いています。SuicaやEdyの残額がワンタッチでわかるのがいいですね。それにしてもSuicaのウィジェットは可愛い!

といっても私の使い方だと、通話、SMS、お財布ケータイ、WEB、ニュース程度なので、もう少し便利に使いたいものです。

・abema
動画系はyoutubeとabemaを入れています。abemaはパケットコントロールが比較的優秀なので出先では重宝します。

・回線チェッカー
au回線なのか?楽天回線なのか?手軽にチェックできるアプリ。楽天ユーザー必須かもしれません。

・ATOK
小さい画面でも使いやすいです。もっとも個人差があるので日本語入力は自分が使いやすい物を入れましょう。

・Edy、Suica、PayPay、Ponta
電子マネー系・ポイント系はできるだけ集約したいものです。Tポイントを削りました。

・Rakuten music
インストール済ですが試験的に使っています。便利です。楽天エリア内になったら積極的に使いたいものです。

スライド式キーボード搭載!のスマホ国内販売へ

リンクスインターナショナルは、7月4日より、スライド式QWERTYキーボード搭載のAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」を国内発売すると発表しました。

何しろBlackberryもなくなりましたからね。キーボード付きは絶望って感じでしたからキーボード派には朗報です。私もEmonsterやIS05などキーボードタイプを多く利用してきたのでそろそろ1台欲しい所です。

でも価格は89900円(税抜き)。10万円は出せないかな?6インチでフルHD+、Snapdragon835、6GBRAM、128GBストレージ、3200mAhバッテリー搭載。何気にスペックが高いのが特徴です。OSはAndroid 9 Pie。デュアルSIMっぽいです。指紋センサーも搭載しています。カメラシャッターボタンまでついていますが、カメラもデュアルのようです。

残念なのが重量が243g。大きさはベストですし、キーボードも横型で使いやすそうです。まあすごい頑張っている端末で応援したいですね。

コメダでお仕事

今日は、八王子に来ているのでコメダでコーヒーを飲みながらリモートワーク。今は駐車場が広いコーヒー屋さんが多いので、打ち合わせや用事の前に気軽に立ち寄れるので助かります。コメダを含め若干高めな価格設定ですが、落ち着いていて作業しやすいです。

そうなるとWifi環境やモバイルWifiやノートパソコンなど凝りたくなるのですが、そこまで使うわけではないので、Let’s note RZ5か今日使っているLavie Zかどちらかと、Zenfone6テザリングです。Lavie Zは、Let’s noteより若干重いですがうす型でキーボードが使いやすいので、かなり古い機種ですが重宝しています。バッテリーがへたらないのが不思議なんですがねえ。バッテリーも未だ外部で使えるなんて有り難い機種です。そもそも中古購入なのに。気に入らない部分は、USB typeC端子がないこと、指紋認証などがないくらい。SDカードスロットもついていますし。重量は5月発売になったExpertbookにくらべても遜色がないマグネシウム合金ボディですからね(あっちは14インチですが)。おかげで、先日ExpertBookを店頭で持つ機会があったのですが、感動できなかった(汗)なんてことも。Let’s noteと併用なので長持ちしているのかもしれませんが、もう少し大事に使っていこうと思います。

逆にモバイルは限界です。サブのRakuten mini が予想外の活躍をしているとはいえ、主力機のZenfone5Zがへたってきているので。まあ落下事故がなければもう少し延命できたかもしれませんが、カメラがおかしくなってきているので。Asusがスマホ事業を考え直したみたいで、以前ほど機種を出さなくなるだろうし、高価格化してくることも見えているので、今のうちにZenfone6を買ってしまおうか?と画策中。あとはSonyのXperia10ⅱを買うか。どちらもバッテリーの持ちに定評がありますし、カメラもいいので、5Gじゃなくても良いかな、と。

まあ、もうすぐ引っ越しなので、それどころではない、という考え方か、そういうときこそ新機種か?は悩みますが、それも楽しみの1つ。梅雨も始まりましたし、今年は外出しにくいので、家でゆっくり考えてみますか・・・。

そういえば、私の会社でLINEスタンプをリリースしました。なまずくの耐震事件簿の、なまずくです。まあ試作に近い考え方で始めましたが、以外と簡単にいくものです。この夏は外出が思うようにいかない方も多いと思いますので、室内でできるこのような事に挑戦してみるといいと思います。

Rakuten miniの夜景、夜景動画

感度が低いRakuten miniのカメラですが、昔の機種と違って画質が悪くてもある程度写ります。実用的かどうかは別として。

昨日、6月1日は、全国一斉に花火があがりました。

全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト

それを府中市美好町から見てみました。

こんな感じ。意外と写ります。観賞用としてはまったくだめですが、記録用としてみたらなんとかなりますね。(解像度を落としています)I

動画です。切り取ってレンダリングしていますが、ほぼこんな画質です。花火はなんとか確認できますね。

Rakuten miniのカメラ、外付けレンズという可能性

Rakuten miniのカメラは他の人のレビューを見てもわかるように、チープです。単焦点ですし画質もそこそこ。何よりもシャッターのタイムラグが(汗)。

逆に、動きがあるものでなければソコソコ撮影出来ます。何だかんだピントも合いやすいです。そこで、使い道を考えたときに外部レンズ・・・という手を考えて見ました。


クリップで付けるタイプですし、フラッシュも微妙にずれています(もちろん影ができる)。できるだけ小さいものがお勧めです。(写真がきたない。キーボード掃除しなければ・・・)

今回利用したのは日経PC21の付録、広角と魚眼がついたクリップ状のものです。他にもネットを見ているといろいろ出ています。お勧めは望遠系ですが(汗)。

小さめのこの付録なら広角であればフラッシュも使えますし、動作に支障はありません。魚眼も屋外であればそこそこ使えますし、室内でも明るければ問題ありません。


通常のレンズ。雨天ですが意外と写るのです。広角過ぎず歪みも少ないのです。


広角レンズをつけたところ。意外と広くなりますね。ちょっと手ぶれしたりピントが外れたり・・・することもありますが。歪みが広角レンズっぽいです。最近のスマホはこれすらも補正するわけですから、かなうわけがありません。


魚眼レンズです。まあピントもあいますし、面白いのでは??クリップで簡単に取り付けられるし意外に写ってビックリ。

手元に望遠がなくて残念。望遠があるといいですね。超小型ですし。どこかに落ちていないかな~。

 

 

Rakuten miniを1ヶ月使ってきて

楽天モバイルから発売されたRakuten miniを一ヶ月使ってきての感想をまとめたいと思います。他の人のレビューなども見ていますが、正直評判は悪いです。ただし、1円で購入できるようになった(正規価格で買った我々は悲しいですが)ので再び話題になっています。購入を考えている人も多いのではないでしょうか??ヘビーユーザーではないものの、palmやザウルスも使ってきている、しろなまず的感想をまとめてみました。

ちひろ
ちひろ
2台目のスマホではなく、1台目の携帯!!

よく一年間無料だし、その後も2980円で使い放題なんだから、2台目に最適!という声を聞きます。しかし今は電話を使う人も減っています。スマホは小さいタブレット的に使う人がほとんどだと思います。そう考えると1台目として電話専用機にして、いざというときにスマホとして使える、という考え方の方がフィットするのではないでしょうか?電話ができて(しかも通話料無料)、簡易防水で、小さくて、ストラップが使えて・・・1台目に最適なのではないでしょうか??使いたい放題なのでもったいないのでは?と思うかもしれませんが、いざというときはモバイルルーターにもなるわけですし、意外と汎用性が高いです。バッテリーの不安があるわけで、あまり使わない用途に振ればいいのです。ちなみに通話だけなら結構電池持ちますし、音声も良好です。しかも会社内ならWifiで電話できるので安心です。楽天の電波もauの電波も届いていなくても大丈夫です。これは大きなメリットです。会社内で電話機として使うのも便利です。

※注意 同機を使って、着信できない、といったトラブルに巻き込まれている人もいます。私の環境ではほとんどないですが、外に出ているときは電波状況などで着信できないこともあると思います。

私のモバイルセット。パソコンはLet’s note RZ5、通話用はRakuten mini(右側)、通常のスマホはZenfone5Z(左側)。Let’s noteが小さいのでZenfone5Zの大きさが際立つ。Rakuten miniはネックストラップで首から提げています。持ち忘れがなくていいです。ちなみに本体だけなら、上記セットで約1kgです!!

画面が小さい!といいいますが、一昔前、ガラケーの画面よりは大きいのです。そして初代iPhoneとそんなに変わりません。40代の私だと老眼が始まっていますが、それでもなんとかなります。もっと若い人ならなんとかなるでしょう。もちろんダメなWEBページやアプリもあると思います。

ちなみに初期の文字入力は、指が太い人などは無理があるかもしれません。私はATOKにしてます。慣れた入力システムなら大丈夫かと。私は初期はむりでしたが、ATOKなら大丈夫です。ショートメールなどはサクサク打っています。

アプリは、おサイフケータイ(楽天Edy、Suica)、ATOKを入れています。アプリを最低限にし、バッテリー消費も最低限にしています。Twitterはいざというとき使うので、chormeでアプリ化して画面にショートカットを置いています。Lineを入れたらどうか?メッセンジャーを入れたらとか、メインのメーラー(outlook)を入れたら、思うでしょうけど、それはサブのZenfone5Zでこなせばいいのです。ガラケー的に電話とショートメール(どちらも無料)で乗り切れます。もちろんバッテリーのもちを考えて、入れるかどうか?考えれば良いと思います。

2日目の午後です。使用時間は電話、Twitter、おサイフケータイ、Gmail、ちょっとしたyoutube動画程度で、約1時間程度。そんなライトな感じなら、丸二日OKです。もう少し使っても丸1日は楽勝です。世間で言われているほど持たないわけではありません。もっともWifi内で使っている時間が長いからかもしれません。電波状態が悪いと意外ともちません。都内を回ったときは夕方で30%くらいなときがありました。使用環境によって変わると思いますが、使い方次第で1日は大丈夫だと思います。

あと、トラブルですが、楽天Edyがたまに落ちます。落ちると店頭で使えないことがあります(Edyのソフトを再起動すれば直る場合と、Rakuten miniを再起動しないと直らない場合があります)。私のように、Suicaと併用している場合は、店頭であまり迷惑をかけるシーンは少ないですが、Edy一本だと不安が残ります(あくまで私の環境です)。逆にSuicaはスイスイ。ノートラブルで駅でも安心です。楽天版Suica(赤Suica)に切り替えましたが、今のところ問題はありません。

そもそも多くを求める端末ではありません。小型化、防水、お財布、そして一年間無料、これだけあって、他に何を求めますか?他に1つ必ず端末を持っている人が買うわけで(そうじゃない場合は推奨しません)いいと思います。また充電が早い(バッテリー容量が小さいので)のもポイントで、モバイルバッテリーの消耗も少ないです。これも大きなポイントです。通話だけでなくショートメールも無料で、Wifi下で通話ができるのは不思議な感じですし新鮮です。というわけで、こんな感じで一年間使い続けようと思います。

 

Twitterに時間予約の自動投稿が可能に!!

ちひろ
ちひろ
明日のイベント、Twitterで告知したいけど、その時間学校の授業だし・・・つぶやけないな・・・
5月29日からTwitterは時間予約による自動投稿が可能になったんだよ!!知らなかった~??
DJしろなまず
DJしろなまず
ちひろ
ちひろ
えええええええ!!!!!????
知らなかった~~~

はい。寸劇はここまで。Twitterの新機能が搭載されました。つぶやきの時間指定の投稿が可能になりました。今までその時間に端末に触っていないとつぶやけなかったので朗報です。スパム投稿が増える可能性もありますが(汗)。

こんな感じになりました。カレンダーと時計のようなアイコンが増えていますね。

クリックすると、予約設定がでます。日時は分まで指定できます。繰り返しや複数投稿などはないので、スパム的には良心的だと思います。

すでに自動投稿のサービスなどもありますが、公式だと安心ですね。あまり多用しないように必要なものだけ・・・を心がけましょう。