クラウド」カテゴリーアーカイブ

動画の音を大きくするフリーソフト Free Video Volume Booster

動画を作っているとどうしても音量の調整が気になってきます。すべての音量をある程度整えたら、今度は、全体的にボリューム不足なんてことがよくある。

完成させた動画を最終的に音量調整したい!というときに使えるのが、Free Video Volume Booster。海外のフリーソフトのようで、音量調整が手軽にできるので重宝する。

意外とこのような単機能ソフトは動画の時に役に立ちます。最後に思いっきりデータを小さくしたいというときは、有料ソフトだが、動画圧縮のプロ(ソースネクスト)が単機能で非常に手軽に圧縮してくれます。

さくらインターネットでmoodleインストール備忘録

2021年9月1日にやった手順です。ミスが嫌なので堅実な手段で(・・・)やってみました。無事動いています。

・最新版をダウンロード(ZIP)

・コントロールパネルで、MySQLでデータベースを作成。文字コードだけ変更。

・ダウンロードしたものを解答し、ホームページビルダーのファイル転送ツール(バイナリ)で転送(長い・・・)

・転送が終わったら、インストーラーがあるフォルダのインストーラーをブラウザで実行。

・あとは、指示に従って日本語化しインストール

・完了

久しぶりにやったので不安だったが、インストーラーなどは昔に比べて安定している感じがした。それにしても恐竜級のこのソフトがきちんと動くように作っていることは凄いことだと思う。今のところトラブルなく動いていますし、旧バージョンに比べて明らかに使いやすいです。

なお、2.6.1と併存しようと思ったのですが、PHPバージョンが両方とも動くものがないので、切り替えながら引越になりました。バージョンが離れている場合は別サーバーで運用したほうがよいかもしれません。私は引越次第、旧バージョンは廃止し、新バージョンのみで運用しようと思います。さくらはPHPやMySQLのバージョンの切り替えが手軽なので重宝です。

とはいえ、時代が変わりました。Flashの教材は、すべて置き換えなければなりません。また動画全盛期に、テキストベースのEラーニングは流行らないので、根本的な再設計が必要です。先は長い。

Twitterを災害情報入手の手段地位の低下

IT系は動きが早い。流行も。前回の震災の教訓はだいたい次の震災でも通用するものだが、Twitterはどうか?

Twitterが震災での有効性がクローズアップされたのは、東日本大震災でした。ネットがつながりにくくなる反面、一定の有効性が確認されました。一方でデマも多発し課題もありました。

その後、私もTwitterでの情報入手を強化し、数年前の台風で多摩川が氾濫しそうなときもTwitterのタイムラインを観察しました。やはりデマも多く、不要の煽りも多かったです。また本当だと思ってつぶやいていてもその判断が間違えていることもありました。瞬時の判断が求められる震災下で、少しでも情報を入手したい気持ちは山々ですが、その時間を無駄に浪費すると、パケット消費によりネットがつながりにくくなる遠因にもなり、スマホのバッテリーが減る大きな要因になります。

また最近、Twitterで悪目立ちしたいがために、震災などのニュース・用語にペット画像を載せたり、関係ない宣伝を載せる方が増えました。SNSなので何に使っても良いのですが、少なくとも情報入手という観点では使いにくいSNSになってきたような気がします。元々そういうものではないのだ、と思った方が自然なのかもしれません。

いざ、東京で震災が発生した場合、ネットが使えないというのが定説です。電話ももちろん使えません。震災で通信網が壊れる可能性だけでなく、多数の人間が大量にネット、電話を使う事から・・・というのは今までの事象でも明らかです。そんなものばかりに頼っていてはいけませんね。都内に出るときは、当然アナログなマップは持っていた方が良いし、多少の水・食料・医療品は持っているべきです。特に車は置く場所がありますからね。最近知人の車でマップを載せていないのを見ましたね。ナビとスマホで普段は大丈夫なのですがね。普段じゃないときがありますから。

というわけでスマホ、特にTwitterに頼っているアナタは要注意ですよ!では今週も頑張ってまいりましょう。

 

TwitterのSpace機能の謎

先日、とある構造屋さんがTwitterの機能であるSpaceで構造トークを展開。概ね好評だったようです。私も死にそうになりながら布団の中で聞いていたのですが楽しかったですね。あれは作成者がうまいと面白いと思います。いきなり申請した人が許可を得てしゃべれるのも斬新でした。

さて、私のTwitterアカウントのうち、公式は600人を超えているので、早速実験。当たり前のように体験できました。操作性も良いですね。次に私の非公式DJアカウント(こっちが公式な感じがするが・・・)は、400人未満なので、通常出来ないはずなのですが・・・・できました!!じっさいしゃべってみましたがフル機能ですな。次に、他のアカウントでも試してみましたが、300人未満のアカウント3つは全滅でした。

そこで周りに居た人に、それぞれのアカウントで実験してもらいました。やはり600人いかないアカウントでもできるものがあるようです。まだそれほど多数のアカウントで試したわけではないのですが、300人以上あたりから使える人がいるような感じです(いったいみんな何個アカウントを持っているのだ???)。

さて、Spaceは、Twitterの追加機能で、遠隔地のTwitterユーザーが、一方的にしゃべれるという機能です。許可制でリスナーがトークに参加することができますが、通常はTwitterユーザーが自由に聴くだけです。一時期流行ったclubhouse的なものなのかしら??Twitterのフォロワーには通知が表示されるので、ファロワーが多いほど聴かれるチャンスがある、ということなのでしょうか?そのため600人のフォロワーが必要・・・と言われていました。なのになぜ??というお話しです。

それはともかく、使い方次第です。clubhouseのように招待制でもなく、手軽に誰でも使えるTwitterなので、面白い使い方ができれば、一気に流行するかもしれません。ちなみに誰でも聴けるので秘密の話はできませんねえ・・・。

と思っていたら、今後の展開で、会員限定の有料Spaceの実装を数ヶ月内に予定しているとか。チケット制で、チケットを購入した人だけが聴けるとか。ホストは、チケットの価格や販売数を設定できるのでビジネス的にも使えるのかもしれません。講習会とかいいかもしれませんね。どれくらいTwitterが取り分あるかはまだ不明です。あと、スケジュールとリマインダーの設定もできるようになるらしく、可能になれば聞き逃しを防げるようになりますね。

他社も手をこまねいているわけで無く、clubhouseの流行からどんどん似た機能をつけてくるようです。Facebookも「ライブオーディオルーム」なるものを今夏に開始するようです。個人的に音声を流すだけ、というシンプルなものが、どこまで流行るのか?懐疑的です。動向を注視していこうと思っています。

Google Maps Timelineで自分の外出をチェック

最近のスマートフォンは、監視社会の象徴。もちろん機能を切っていれば良いのだが、切らなければいろいろ記録される。

過去のある日、北山で打ち合わせ、市役所で打ち合わせ、駄菓子屋なまあず付近で現調。精密ではないが、だいたい通った道も一致。

Google Maps Timelineもそう。私はONにしているので、日常いつ、どこに行ったかは記録される。気持ち悪くはあるが、備忘録にはなるし便利。

さて、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言・外出自粛が叫ばれる中、外出している人が多いと嘆くアナタ!自分はどうなのか?を気軽にチェックできます。では私のGWを見てみると・・・

5月1日:川崎市へ耐震診断後、昼食を食べ帰宅

5月2日:外出は夕方の会社へ郵便物チェックに行っただけ

5月3日:この日は出勤日なので会社往復のみ

5月4日:父の墓参り後、会社と家を2往復。午後は仕事。

5月5日:近くの公園でウォーキング、午後は仕事

と、本当につまらないGWです。外食は1回のみ(川崎に行っていたので)、私用の外出は墓参り(徒歩10分)、公園ウォーキングのみ。まあ及第点でしょうか??Google Maps Timelineは立ち寄った場所も記録されるし、撮影した写真も同時に表示されるので、備忘録には最適です。歩いた距離も記録されるしなかなか高機能です。就業時、自分がサボってばかりいると自分でわかる・・・のも良いかもしれないし悪いかもしれない・・・

連休中、ウォーキングは、5日のみ。もう少し運動したほうが良かったかな?とも思います。

というわけで今日からGW明け。まあ結構仕事していたのですが、通常業務より、普段できないことを優先したので、今日から忙しいぞ・・・・

 

さくらインターネットのアドレス(独自アドレス含む)からのメールを迷惑メールにさせないために

最近、特定の相手にメールを送ると迷惑メールに判定されることが多くなった。

それがさくらインターネットのホスティングからのメールであることが多いので調べて見ました。

何しろ、会社のメール、個人のメール、某協会のメールなど、すべてさくらインターネットなので被害は多いです。まあ実務的に何かあったわけではないのですが(今のところですが)。

発生したのは以下の二件

・niftyのアドレスの方にメールが届かない(某協会のアドレスで発生)

・自社オフィシャルのメールがgmailで迷惑メールに振り分けられる。

niftyのほうは、niftyに問い合わせています。gmailのほうはさくらインターネットの設定で直ることがあります。

まず、gmailのアドレス宛にさくらで使っているメールを送り、ヘッダー部分を確認。このとき

こんな感じに?マークがついている場合は、以下の対応をします。しないと迷惑メールに振り分けられるケースが増えます(特に大企業でGmailベースで社内メールシステムを組んでいる場合)。

さくらのレンタサーバーの管理画面に入り、ドメイン設定を開きます。

・IPv6アドレスの使用を利用するにチェック
・SPFレコードの使用を利用するにチェックする。

この二点を確認し、チェックを入れます(IPv6はこれからのことで念のためです)。SPFレコードを利用するとGmailでもそれが認識されて、先ほどの部分がこのように変わります。

このケースでは会社のアイコンに変わりますが、ない場合は人型の普通のアイコンに切り替わるのを確認できればOKです。

もちろんほかにも迷惑メールになる原因はありますが、まずはここからチェックしてはいかがでしょうか??

 

ASUSのChromebook Detachable CM3はなかなか良さそう

Chromebookが非常に人気です。私も使って見て分かったのですが、Chromeが使えるだけのノートパソコンは本当に便利です。Androidのアプリが使える・・・というけど、ほとんどアプリなんか使わなくてもなんとかなるのが魅力です。

しかしタブレットとして見ると、操作性などが劣るのも事実。ASUSのCT100などは評価されつつも、一般的にならなかったのもわかります。そのためキーボードが付けられるLenovoのIdeaPad Duetのような形が一般的になるかと思います。

その流れでCM3も作っています。というより、まんまIdeaPad Duetの対抗であることは明らかです。後発の利を活かして作り込まれています。価格的には64GBモデルが40891円、128GBが46182円とさすがにIdeaPad Duetの実売にはかないませんが、最近発売されたAndroidタブレット(NECとか)には対抗できる価格にはなっているのではないでしょうか??と思ったところ、ペンが内蔵で付属なので、意外とDuetにも対抗出来そうな感じがしてきました。そしてクーポン使うとなんと税込32800円になる期間限定のセールも行われているので、かなりお買い得な気がしてきました。

10.5インチで単体506gはやや重い感じですが、なんとペンを内蔵できますし、急速充電にも対応。イヤホンジャック搭載とかなり良い感じです。キーボード付きだとだいたいDuetと同じ重さになるのでキーボードカバーが軽いのでしょう(Duetは重かった)。

そうそう。そのカバーは縦でも横でも立て掛けられるスタンドを兼ねているとか。縦で使う事が多い私には有り難い仕様です。

欲をいえばキーボードなしで使いたいのですが、現状のChromebookの機能ではやはり心細いのも確かなので、これはこれで良いでしょう。

8型のXperia Z3 tablet compactが瀕死状態で、タブレットを買わなければと思っていたので、iPad miniやNECのAndroidやBOOX Nova3(カラーじゃないヤツ)と並んで購入候補です。価格面では一番安く心がぐらつきますね。

 

OFFICEが便利になったけど、GOOGLE系のOFFICE互換ソフトも便利

今さら感ありありですが・・・。

私の場合、OFFICE365ユーザーですし、OUTLOOK.com系を多用しているMSヘビーユーザーなので、どうしてもGoogle系アプルには無知になります。Gmailもあまり使いませんし。Google系でよく使うのは、マップとyoutubeくらいかな??

ただ、Chromebookを使うようになると、次第にGoogle系のものを使うようになります。といってもMS系も過不足ないので、急にということはありませんが。その中でよく使うようになったのは、ドキュメントとスプレッドシートとスライド。つまりWordとExcelとPowerPointっぽいソフトですな。

仕事で使う書類はOFFICEで作るのは当たり前ですが、プライベートや教材作成などでも使うので、履歴がすごいことになります。そこで、仕事はMS、プライベート系はGoogleで、と分けたらうまく行きました。Chromebookで続きも書けますし便利です。機能も必要十分です。今書いている木構造のスライドもスライドで書いています。

まあ、歳取って混乱し始めたら、道具自体を分けろというのも分かります。そんなわけで、他の環境も含め検討していきたいと思います。

無料のデザインソフト「editor AC」はいかが?

近年、WEB上で動くソフトも高機能化しております。editorACは、無料素材サイトのACワークスが提供する非デザイナー向けのデザインツールで、クラウドで動作する無料アプリです。

バナー作り、写真の拡大縮小、写真にフィルター、画像に文字といった、最近スマホアプリでもでき、SNSで利用出来そうな機能が一通り揃っています。正直まだ最低限という感じですが、その分簡単です。まだβ版という扱いですが、その分将来が楽しみです。

他にもイロイロなアプリが増えていますね。セキュリティも含め考えていきたいと思っています。

動画販売という考え方

youtubeが全盛ですが、ほとんどの方は「趣味」「宣伝」「広告収入」のどれかで運営していると思います。ただ「広告収入」は敷居が高すぎて、余程の努力をしないと難しいのも確か。そして専門性の高いものだと視聴者数も少ないので向かないこともあります。

そこで、本当に欲しい人が有料でその動画を「買う」システムが、昔からあります。ただ、youtubeが全盛なので、あまりうまくいっていないのも事実です。ただ講座のようなものは、意外と良いシステムもありますので、教えるような技術がある人は、youtubeだけでなく、それらのシステムを使って見ると良いと思います。

自社サイト

少量の動画をダウンロードするだけなら大丈夫です。カートシステムもありますし。短い動画を作ってまずは試してみると良いかもしれません。ストリーミングには向かないし、コピー問題もあるので初期

Udemy

海外で有名らしいですが、国内もITを始め結構利用者が多いです。たまに大特価になるので重宝しますが、提供者側はどうなのかしら??建築士講座なんてものも運営されている方がいます。見る方からすると期間無制限で見られるのがいい。IT系ばかりなのが今のところ難点か??宣伝をしてくれるので見てもらえることも多いですが、実際に手にする金額が少なめなのが難点か?

Filmuy

動画ショップを公開するための専用サービス。無料でもある程度の動画を販売できるので初めての方は重宝します。ただし、宣伝やリンクなどはないので、自分で広める必要がある。非常に単純だが動画を売るためのサービスはある。ただ解析などもないし不足感を感じることも。有料サービスは20GBと十分で2000円/月なので、ステップアップも心配ないのが良い感じです。手数料も20%程度なのでバランスが良いです。私もFilmuyを使っています。

MANATUKU

Filmuyと比べると宣伝してくれるので楽です。その代わり販売手数料は30%です。月額利用料が0なのが魅力。セミナー動画が多いようです。

Vimeo

動画販売できる海外サイトですが、最近は国内のものも多いです。販売価格のうちの自分の収入分が大きいので人気があります。レンタルとかサブスクリプションなど選択できるのが便利です。

Base

比較的自由なデザインで基本料がゼロです。1GBまでしかアップ出来ないので少量のときは良いでしょう。

他にもまだまだあります。動画というと一昔は、アダルト系だけということもあり、そういったサービスだったものは初期はとりあえず避けた方がいいかもしれません。

恐らく、宣伝の意味ではyotuubeにかないませんので、youtubeで宣伝し、FANになってもらった方に買ってもらう・・・という流れが自然なのかもしれません。