鬼滅の刃のグッズが店頭に溢れてきている・・・

「Catfishなおうち」第六回配信(2020年5月31日配信)


おはようございます。

6月が始まりましたね。今年は特別な月になりそうです。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が明けて、今日から学校、会社という方が多いと思います。宣言が解けただけです。未だコロナの脅威は国内にも国外にも残っています。これからが勝負ですが、コロナだけに構っているわけにはいきません。気持ちを切り替えて頑張って行かねばなりません。

さて、新型コロナのこともあり、鬼滅の刃は大ブレイク。稀少なグッズは転売などもされ、入手出来ませんでした。そもそもグッズ自体が少なかったりもしましたが。

しかし5月頃から、一部ショップには潤沢に商品が届き始め、店頭を賑わせています。某駄菓子屋でも、鬼滅の刃のグッズが入ってくると、1時間ほどで完売!!なんてこともありました。しかしアニメも放送終了していますし、ジャンプの連載も終わりました。映画の公開が予定されているけど、それまで話題が続くかどうか・・・わかりません。といっても近年希に見るブームでしたし、コミックもいまだ売れに売れている状態です。学校などが始まると情報交換も行われ新たな人気がでるかもしれません。

駄菓子屋なまあずでも、縮小営業中にほとんどのグッズが売れてしまいましたが、まだ店頭に残っている商品もあります。また、6月中に期待の新商品がいくつか入ってきます。今日より店内営業を再開しますが、まだ試運転のような形です。マスク必須で、店頭消毒もご協力頂く形です。徐々に感染の可能性が減ってきたら商品数も増やしてセールなども行っていきたいと思っておりますので、ご協力お願いします。

楽天でもだいぶ入手しやすくなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼滅の刃 下敷き[フィルター・インク]【送料無料】《発売済・在庫品》
価格:660円(税込、送料無料) (2020/6/1時点)

楽天で購入

 

価格も最近は、変な価格を付けるところが減りました。在庫もあることが多いです。

 

ある駄菓子屋の憂鬱 新型コロナウイルス悲喜こもごも

仕事柄、小さなお店の店主と話すことが多いのだが、新型コロナウイルスの話題が大きくなっています。大手も大変なのですが、体力のない小さなお店も深刻です。営業を続けるべきか、自粛するべきか、悩んでいる方も多いです。

飲食店の方で特に居酒屋など夜メインのお店は影響が大きく、弁当屋として営業を続けたり、アルバイト出稼ぎに行ったり、思い切って営業自粛にしたり判断は別れています。他の業種も含めyoutubeに進出したり、他のものを売ったりいろいろです。廃業したところも出てきましたが。

さて、これはとある駄菓子屋のお話。最近店をどうするか相談を受けました。あれほど熱心に営業を続けていたのになぜ?と思ったのですが。

私が行って観察していたら15分で理由がわかりました。マスクをしないで来る常連の子どもたちが多いことです。私がカウントしただけで6名です。店主も注意しているのですけど「子供向け売ってないし」とか「忘れちゃった」とか。悪びれもせず。そしてそのまま入店。普通通り買い物。

今、なぜ学校が休みなのか?わからないのでしょうか??少なくとも店主は感染したり、感染させたりを異常に恐れています。当然大人の客も同じようです。マスクの効果がどれくらいあるかわかりませんが、感染を広めづらくする効果はあると思います。特に狭い駄菓子屋で、すぐ買って帰るならわかりますが、ダラダラ滞在してしまうし。それを追い出すわけにもいかない店主。それでも入店制限を店主はかけているのですが、それに従わないお客様も多くいて・・・。私も即断で閉店を提言しました。

子どもたちに慕われていて、楽しみが少ない地元のお店を閉じるのは地域にとっても損失だと思います。しかし感染リスクが高まっているのに、親を含めその意識が低い以上、仕方がないことだと思います。このご時世、噂やネットで来客が増えていたのに本当に残念のようです。

話し合った結果、即時閉店は避け、店内に入れないようにリニューアルをして大幅に縮小して営業することに決まりました。私がリニューアル後の設計と、感染防止対策を作りました。この出費は痛いのですが、できる限りの対策を講じました。これでだめなら完全閉店しかありません。生鮮などに比べて賞味期限が長いとはいえ、一旦閉めた店を再び開けることは至難の業。再開店は諦めると思います。

ホームセンターなども着々と対策を講じていますが、それを上回る来店者数に戸惑っているように見えます。スーパーなども同様です。やはり一人ひとりがもっと外出を控えるだけでなく、できることは完全にやって、乗り切るしかありません。外国や政府を批判することでは何も生まれません。まずは自分たちから!です。

IoT家電の怖さ

IoT家電って本当に便利ですね・・・。しかし便利さの裏にまだまだ難しさもあります。基本、どこかのサーバーで管理しているものがほとんどなので、それが落ちると使えません。これはGoogle Homeなどでも同じですね・・・。

本日よりシャープがマスクを販売することになりました。価格は若干高いかな?程度で国産と考えれば十分お買い得と思え、注文が殺到する・・・そこまでは予想できたのですが、注文サイトとIOTの制御が同じか、影響を受けるところにあるらしく、注文サイトがダウンしただけでなく、これらのサーバーが落ちたらしく、IOT対応の家電が使えなくなっているそうです。ネット上には、エアコン、自動調理鍋、空気清浄機、猫用トイレ(データが見れない)!!まで使えなくなったとの報告。スマホで屋外から制御する物は便利ですが、こうなると無力ですよね・・・。

まあ、そのうちなんとかなるんでしょうけど、シャープも突貫でいろいろやっているから仕方がないのかもしれません。他社も我々も、この事例から学ぶべき事は多いと思います。

ちなみに、なまあず系サイトは外向けの販売サイトやブログも複数サーバーで運用していますが、ミラーサーバーを持っていないので1つ落ちると見ること、買うことはできません(楽天市場はわかりません)。負荷がかかりやすい某教育系サイトは、別サーバーです。正直、ここまでサイトが増えると思っていなかったのですが、もう少し整理して運用すればな~と今になって反省しています・・・。

しろなまず的新型コロナウイルス対策(COVID-19)

はい。日本でも徐々に感染が広がっています。諸外国よりマシじゃね?という意見と、検査をあまりやっていないから・・・という意見があります。個人的には、ツッコミどころはあるし、お船での失態もありますが、概ねうまく対策されているのだと思います。それは国民や海外から日本に来た人たちが、それなりの規律を守っていることが大きいのだと思います。未知のウイルスですからね。そんな簡単に対策なんてできないから、基本を徹底が大切なんでしょうね。そのうえで経済を停滞させずにオリンピックを開催・・・政府を含め舵取りが難しいと思います。

さて、諸外国のデータと日本の報道を考えたとき、マスクをしても完全ではないこと、マスクをしていても取ったり、顔を触ったりで感染することを考えると、まずは感染しそうな人混み、特に密室に入らないことが一番の対策かと。その上で、手を洗う回数を増やし、何か触ったあとは、すぐに石鹸で洗う。外出時ですぐに洗えない場合は、アルコール除菌。これが大切かと。特にスマホは汚いので、気をつけること。ドアノブなど、室内に入るときに一番触る場所も注意が必要です。

というわけで、上記だけ守って頑張ってみます。マスクはなかなか手に入らないですが、もうすぐ入るようになりそうなので、今しばらく手元のマスクを節約しながら凌ごうと思います。

一般人が情報を発信しなくなった弊害

昔はニフティやPC-VANやASAHIネット、アスキーネットなどのパソコン通信が活発だったこともあり、それらのサービスが衰退しても、その頃のユーザーはインターネットに移行して積極的に情報発信していました。JWWなどの建築系ソフトも含めフリーソフトも活発に開発されました。そして市販のソフト会社も、そういった場で情報を集めたり、発信したりしていました。自社で掲示板を運営したり、ユーザー会を積極的に開催していた会社もありましたね。日本がまだ元気だった時代です。

しかし時代は進み、古きネット社会は廃れ、2chに代表される巨大掲示板を経て、まとめサイトなど広告収入さえ得られれば何でも良い、という時代に進みつつあります。ブログ文化も廃れ、SNS全盛とはいえ、電話や実際に会うコミュニケーションがLINEなどに移っただけで、やはり情報発信は減ってきています。まあアフィ的なものや政治的なものなどは、まだ比較的多いようですが・・・。twitterの気軽さが受け、積極的に活用されてはいますが、デマが多くなった気がします。またコピペも蔓延しています。正直、積極的に活用しようとは思えません。

変な発言や間違えた情報を発信すると叩かれるし、メリットを感じられないのもあるのかもしれません。しかしせっかく自由に発言出来る場がネット上に確保されたわけですから、もう少し活用したほうが良いような気がします。別に良いことを書こうと思わなくてもいいと思います。

ブログサービスや無料ホームページサービスの相次ぐ廃止で昔からの良い情報もネット上から消えつつあります。それらをうまく継承し発展させていかないと、なんか悲しい未来が思い浮かびます。実際、東日本大震災を取り上げた一般の方のブログも、かなり閉鎖されて情報がネット上から消えつつあります。JWWの良い情報も消えつつあり、JWWの良さがなくなってきています。そういった情報をまとめて保存するサービスが出来ても良いと思うのですが、商売や個人情報などを考えると難しいのかもしれません。私だって何かあったら、このブログは閉鎖するでしょうし。古い間違った情報が変な影響を与えていることだって否定はできませんので必要かどうかも謎です。

別に個人が情報を発信しなくてもいい、という考え方もありますが、多様性や、個人レベルでの技能、情報が、ネットで共有できることによって、生きるヒントや考えるネタになるのは事実です。最近は、マスクがなければ、すぐにマスクの転売やーが増える・・・などと行動や情報の画一化は目立つような気がします。

なので、いろんな人が考え書き残した事の中に何か人や後生に役に立つことがあれば、残していきたいな、と思います。そういった声が大きくなるまで頑張らねば、と思います。

 

なまあず日記styleとアクセス解析(2020年1月)

一部のマニアックな方々が読んでいると思われる「なまあず日記style」も、記事数が7千に近づいてきましたが、一部のマニアックな方々からすると意外と思われるくらい読者数は少ないです。某掲示板で広告収入で食べているのでは疑惑がありましたが、そんなレベルではありません。内容が内容ですのでそもそもそんなことは望んでいません。自分が書きたいように書き、自分の備忘録&少しでもお役に立てれば、と思って続けています。

さて、表向きには毎年読者が減っていて・・・と言っていますが、それは楽天ブログの頃の話で、実は「なまあず日記style」になってからは横ばいから増加傾向にあります。現在のアクセスカウントは、botなどのカウントをかなり厳しめにして実数に近づける努力をしているのでアクセス数は少ないのですが2014年夏に楽天ブログを閉じて本格移行してからは6倍まで増えています。

これはファンが増えたというより、他のブログ閉鎖の影響が大きいようです。それにともない検索文字列にも大きな変化が起きており、以前では考えられないようなWordで辿り着く方が多いように見えます。記事別の訪問者数でも構造・耐震系はベスト10に1つしかなく、このブログのあり方も考えなければならないな、と感じております。ただマニアックなソフトやガジェットの情報は一定のアクセスがあり、まだまだ必要かな?と感じます。

まあ、私のもう一つの個人ブログが順調に育っているので、こちらの使い方も本格的に考えなければならないな、と思います。といってもアイデアもないし・・・。

駄菓子・駄菓子屋年表と駄菓子リンク集

私がWordpressの管理をしている駄菓子屋なまあずのホームページに、駄菓子・駄菓子屋年表と、駄菓子リンク集がつきました。

史学科出身なので、年表とか見ると萌えるタイプです(・・・)。なまあず日記styleにも木構造・地震の歴史という年表を掲載しています。逆にリンク集はあまり好きではありません。選別面倒ですし、無くなったときの整理が難しいですから。ただ、駄菓子で私が思ったようなものが無かったので作ってみました。

年表は自分なりに年代を整理して紹介形式にしました。ただの年表だと眺めるだけになってしまうので、読み物形式にしてみました。登場年等は曖昧な情報も多いので、吟味しました。また間違えているかもしれません。他の生活様式などの年表とリンクさせると面白いかもしれません。なまあず日記はどちらかというと建築系なので、うまい連携を考えたいと思います。

リンク集は、現存するメーカーのリンクに、ブログや掲示板のリンクなどです。個人的には、テーマパークなどのリンクが面白いかな?と思います。

両方とも一応形が出来ただけなので、今後も随時更新していきますのでよろしくお願いします。

 

 

ブログサービスがなくなっていくことはWEBの情報が激減していくことにつながる

Yahoo!ブログが12月になくなるのだが、それ以前にもたくさんのブログサービスがなくなってきました。時代の流れとは言え、あの情報あのブログにあったな?と思ってもなくなっているのが多く悲しくなります。もちろん引っ越して継続しているものもあるのですが、全体的にブロガーで元気なのはアフィリエイト目的の方々や有名人のみ。建築、特にCADやITに関わる情報を書いているブログは激減しています。もちろん古い情報はいらなかったりするものも多いのですが、まだまだ有用なものもあります。以前、ネットがもっと古くからあったら、古い情報も残るのに・・・と思ったことがありますが、ネットの世界は本当に動きが早く、既にブログも古いコンテンツの1つになりつつあるんでしょうね。

もちろんなくなられた方のブログが永遠に残る、ということもないのですが、何か文化遺産的に残すシステムはないのかな~と思ったら、昨日、こんなニュースが

小林麻央さんなど42人のAmebaブログ、国会図書館が保存 「後世に伝える意義が大きい」

なんでも、42名のブログが国立国会図書館のWebアーカイブに保存されたそうです。ここまで大げさでなくても、業界団体などが、このような事業を行っていって欲しいものです。そして気軽に参照できるシステムを作ってほしいものです。

なまあず日記は、楽天ブログで2004年9月22日に開始した個人ブログです。10年間で約4800の記事を書きました。2014年に独自ドメインのWordpressに引っ越し、プライベートなネタ(婚活とか)を若干削除して装い新たに「なまあず日記style」をスタート。通算で15年を経過しました。ブログ開始は遅かったのですが、今となっては継続しているブログとしては比較的長い方になってしまいました。そしてさきほどブログ記事数を見たら6799・・・つまりこのブログで6800になるんですね・・・。役に立つ情報だけじゃないし、間違えたことも度々書いてしまいましたが、「役に立ったよ」とか「読んでるよ」と地方にいっても言われることがあり、それが励みで続けてきました。まあ最低でも東京オリンピックまでは続ける予定なので、もし興味がありましたらおつきあいくださいませ。

「なまあず」の検索結果を消す(自虐的)

知人に、構造・耐震系のソフトを調べようとgoogle検索すると「なまあずだらけ」になったと笑って言われることがあります。特別にマーケティング的な何かを意図しているわけではなく、書き連ねていたら大量のブログになってしまったという過去があるので非があるとは思いませんが迷惑を掛けているかもしれません。もっとも自分で調べ物をしていて、自分のブログの検索結果が出ていらつくのも事実(・・・)。そーいう場合は、容赦なくgoogleの検索オプションを使って効率的に検索しましょう。

例えばHOUSE-ST1を調べる場合、正直「なまあず」は邪魔です。そこでgoogleの検索で「HOUSE-ST1 -なまあず」と入力して検索するとなまあずの名前があるものは全部検索には引っかかりません。注意点は”-“の前は半角スペースだということ。これで、忌々しいなまあずが出てこないHOUSE-ST1の情報を得ることができます。

これでは、なまあずを引用しているブログが出てこない!という人は、「HOUSE-ST1 -site:namazudiary.kozotrain.net/」のように、なまあず日記styleを除外!!という方法もあります(悲しすぎる!!)。

ちなみにChromeでは、CustomBlockerのように特定のサイトをブロックするアドオンで手軽に除外サイトを指定できます。

もし、なまあず日記をこんな使い方で除外されていたら悲しいのですが(涙)、自分では意外と使っています(あくまで自分のサイトを除外するためです)。正直google検索はどんどん利便性が下がっていますので、工夫しながら付き合っていきたいな、と思っています。

(注意)もちろん、人間関係や情報筋から頂いた情報は大切に紹介していこうとは思っていますが、そもそも個人のブログであり、完全に中立を維持して書いている訳ではありません。好き嫌いもありますし、間違った情報を流してしまうこともあるかもしれません。あくまでネタとして楽しんで頂ければ、と思っています(表側)。でも本当は見に来た方々に有益な情報を提供していきたいと思っています。なので見て頂いている方に有益な情報が提供できていれば幸いです。

レイアウトリニューアルしました(何を今さら・・・)

今さらですが、ブログのレイアウトをリニューアルしました。前のフォーマットを偉く気に入っていたのですが、ちょっと不具合があり標準のものに切り替えました。その後不具合はコードを直してOKになったので、戻してもいいのですが、せっかく整えたのだから、今の形でしばらく行こうと思います。行けないページや不具合は指摘くださると嬉しいです。