なまあず日記style」カテゴリーアーカイブ

雨の日の売上げ

私は飲食店ではないのですが、過去フリーターでパソコンショップやコンビニで働いていたことがあります。そのとき感じたのは雨が降ると客が減ってヒマになる、ということです。

まあフリーターのように責任が薄い場合は問題ないですが、経営者や責任者は大問題だと思います。設計事務所のように、現場は別として、雨があまり関係ない職種に長年いたせいで、あまり雨を気にしないようになっていました。

しかし駄菓子屋はシビアです。雨が降るだけで客が激減します。雨が続いた後の晴れの日は激混みします。客の平準化は物販の課題です。特に飲食はランチ時間や夕方は混雑するけどそれ以外は・・・とかパターンが決まっています。空いている時間に準備をするとかだけでなく、空いている時間に客を呼び込むことが必要です。

まあ駄菓子屋はそこまでシビアにする必要がないと思っている方も多いと思いますが、ただでさえ単価が低く、利益率が低く、万引きに弱いですから、これから先どんどん潰れていくと思います。新規参入も少ないかと。そうなると、雨の日の販売は非常に重要になってきます。

駄菓子屋なまあずでは、10円ガチャガチャを導入しました。なまあずショップ閉店によりガチャガチャが余っていることもあるのですが。雨の日のみ運用するガチャガチャを作り、一回10円にするのです。そうするとそれを目当てに買い物に来る人もでてくる・・・ということです。

他にも企画を考えて行こうと思いますし、全国の駄菓子屋さんの参考になる作戦があれば、紹介していきたいと思います。

前任者に不満?

とある営業さんからの悩み相談。

中京圏から転勤で来た方で、親しくさせて頂いているのですが先日来社した折りに、相談事が。

旧担当のほうが顔が利くのは当たり前なのですが、勝手に今でも動いてしまうので困るとのこと。新製品の情報を提供しようと訪問したら、既に前任者から聞いていた、と。若干マウントを取りつつ影響力を残したい前任者のようです。重量物で実物を見せないと仕事にならない彼らにとって訪問営業は大切なお仕事。前のエリアとはいえ、それをやっちゃうとな・・・。前任者は優秀な方でしたが、今は違う業務なわけで、サラリーマン社会なら当然介入しないのが自然では?と自営業者な私は思ってしまうのです(汗)。

聞くと意外とあるようです(大汗)。前任者と自分が新たに担当となった方が親しくしていると嫌な感じになるそうです(これはよく聞きます)。異動がある職業では、ある程度は仕方が無いことらしいのですが、私からしたら論外です。私には異動はありませんが、所属する団体のプロジェクトチームなどでは、担当がはずれたら一切影響力は残しませんし。質問とかあれば答える程度で。影響力を残す人もいるのですが、正直見苦しいですし。

まあ、若干私に関係あることだったので、策は講じましたが・・・。面倒なことにならなければ良いのですが・・・。その場その場で頑張っていれば、それだけで時間がなくなるはずです。あまり多くを見過ぎると普通は良いことがないと思うのですが。

省スペース在宅勤務用デスク ニトリとイケアのお勧め

イケアとニトリ、どちらも安くてお洒落な家具を、企画から販売までしているので比較されることが多いと思います。個人的にはニトリが近いのでニトリを使う事が多いです。今回は、どうしても机を事務所移転までに間に合わさなければならなかったので、両方で2台ずつ買いました。オフィス用の机のほうが良いのですが、移転先が狭いこと、それほど机が広くなくてもできる仕事ということで、コンパクトタイプを選択しました。在宅勤務にも良い机で、値頃感もあるのでお勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

省スペースデスク(ラボーロ 93) ニトリ 【送料無料・玄関先迄納品】 【1年保証】
価格:20268円(税込、送料無料) (2020/7/27時点)

楽天で購入

 

在宅勤務向けの人気モデル。幅が90㎝と狭いので省スペースです。広い机面が必要な場合は向きません。背後のブレースにより、足元が開放的で実用的な強度を保っているのがポイントです。デザイン性も優れ、棚も取り外しできたり、左右入れ替えが出来るなど、カスタマイズもできます。引出は組み立て済で調整してあるのでガタなど皆無で引出は安心感があります。棚は使いやすいし前面がオープンなので開放感があり、いろいろ工夫ができるので良い感じです。フレームが金属製なので、OAタップやUSBハブはマグネット式を選択しておくと良いでしょう。見た目が華奢ですが、ブレース構造、机面が一体で重量があるので、意外と落ち着いて作業ができます。

IKEA MICKE(ミッケ)

IKEAのコンパクトデスク。ポップな色もあるので子ども向けでも販売されています。ラボーロより、机面が高いので椅子の調整が必要な方もいるでしょう。机面奥に大きめの配線用の穴があるので机面のコードを整理できてパソコンを使う人には非常にありがたいです。ラボーロに比べてパーツは全て分解してあるので引出から作らなければならず、調整などは若干高度な技術が必要です。また右側脚以外は木製で強度がありそうですが、振動などは、ラボーロと同等な感じです。
幅が105㎝と120㎝タイプよりコンパクトです。ラボーロの90㎝だとデュアルディスプレイだと厳しいのですが、こちらはデュアルディスプレイである程度余裕があるので、デュアルタイプのデスクトップでお仕事したい方にお勧めです。私や設計担当が、MICKEで、他はラボーロと言う感じに使い分けています。

 

実際の組み立て

どちらも、棚などに比べれば難易度が高く、組み立て時間もかかりますので、心してかかりましょう。工具も全部が入っておらず、ドライバーなどは準備しておいたほうが良いでしょう。ダンボールカッターもあったほうが良いです。どちらも2人で組み立てとなっております。熟練した方なら1人でも組み立てられますが、普通は2人で組み立てましょう。

説明書はニトリのほうが親切です。部品番号などわかりにくいところはありますが、予備のボルトなどもついており、親切です。またボルトなどは厚紙にありつけてあり、分類してあるなど、初心者にも安心です。一方IKEAは、日本語レス。ワールドワイドなのでしょう。英語も最小限で絵でわかるようになっています。部品リストもなく、初心者は開封するなり絶望感に襲われるでしょう。また机の引出も組み立てなければならず、ニトリのあとに組み立てようと思うと・・・です。またボルトも袋に種類分けもされておらず、混在しているので、開封したら分類作業から入らなければなりません。方式的にボルトなどが入っていないという危険性がある方式なのが不安材料です。

組み立て始めるとイメージが変わります。IKEAはいろんな国の人が作るだけのことがあり、文字ではなく絵で、また直感的に描かれています。商品パーツの分類さえ間違えなければ、組み立て始めるとサクサク進みます。

ニトリは、親切な分、いらつく部分が増えてきます。特にわかりやすく分類されたボルト類はノリでべったりくっついているので、剥がしにくいので指の筋力を無駄に使います。またボルトにノリや上紙がくっつき、作業しにくいです。しかも今回2体購入したのですが、ノリのつき具合がまったく違い、片方は漏れていて、片方はノリがつきまくっていて・・・大変でした。この梱包方式は再考願いたい・・・。

ボルトの締める感覚などもニトリよりIKEAのほうが難易度が低いです。しかし引出を作ったり、レールを付けたり、行程はIKEAのほうが多いので、どちらが初心者向けかは悩みます。ニトリの良いところは、机面の引出か完成していること。可動部分が多いところはがたつきが多いので、このニトリ方式は非常に優れていると思います。

ラボーロは、木目と思いきや木目プリントのシートを貼っているだけです。傷は付きにくいですが、剥がそうと思えば剥がれてしまいます・・・。一方MICKEは、木製ですが、表面は塗装のみで傷が付きやすいです。

今回はIKEAとニトリの家具をほぼ同時に購入し組み立てたので、それぞれの違いがわかって面白かったです。これから購入する方の参考になれば幸いです。

ニトリのラボーロを一人で組み立ててみた的な動画。本当に疲れました・・・。

 

 

総閲覧数100万を突破 なまあず日記style

いつも、なまあず日記styleをご覧頂きありがとうございます。

なまあず日記(楽天ブログ)時代を含めると15年もブログを続けているのですが、2014年に、なまあず日記style移行後の総閲覧数が100万を突破いたしました。検索でいらっしゃる方が多いのですが、読み続けてくださる方もいて、励みになっております。引き続きよろしくお願いします。

今年より、youtubeとネットラジオを併用し新たな表現の道を探っております。まだ起動にのったとはいえませんが、これからも頑張ります!!

「100円ショップで学ぶ建築構造」youtubeで連載開始

はい。Mola Structural kitがなかなか届かなかったので、その間に考えていた事をyoutubeで開始しました。惜しむらくは、同じタイミングでMolaが届いてしまったことかな?

100円ショップには、様々な便利なものがあります。そのなかには、建築構造を学ぶのに適したものも多くあります。今回は100円ショップのダイソーで購入したものを基本的に活用して建築構造を学ぶ動画を作りました。

建築士の構造力学を学べるyoutube動画や、企業の宣伝、大学の学問レベルのものは多くあります。しかし手軽なものが少ないのです。そこでそのニッチな部分を追求すべく

・短時間の動画
・若干シュール
・100円ショップで手軽に再現できる

ことを基本に作り始めました。第1話は、「地盤と基礎」です。

第2話以降の仕込みもだいたい終わっています。スラブや、地中梁、ホールダウン金物が何故必要なのか?といったことがわかる力学模型など製作中です。

それにしてもダイソー便利ですね。簡易とはいえ、量りが100円で買えてしまいます。

ダイソーのキッチン目安計。一個100円です。誤差はありますが、ウエイトを加減すれば、実験に耐えうると判断しました。

引き抜きをわかりやすく撮影するために、4つ大人買いしました。400円です。目安計という名前がイカします。これがあれば、木造住宅の耐震性の低い建物になぜ金物がそれほど重要じゃないのに、強度が上がると必要なのか?などが視覚的・数値的にわかるのでいいですね。

第一回から杭基礎にも挑戦しました。

私は一部の構造系の実務者のように、偉そうに構造を語るつもりはありません。建築士の試験では出題されないと思います。構造計算できるヒトがエライなんて思いません(すごいとは思います)。若い人に構造を興味を持っていただいたり、建築に興味を持って頂ければと思っていますし、構造苦手だな、と思う方が、少しでも苦手意識を軽減し、理解の助けになってくれればと思っています。

 

鬼滅の刃のグッズが店頭に溢れてきている・・・

「Catfishなおうち」第六回配信(2020年5月31日配信)


おはようございます。

6月が始まりましたね。今年は特別な月になりそうです。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が明けて、今日から学校、会社という方が多いと思います。宣言が解けただけです。未だコロナの脅威は国内にも国外にも残っています。これからが勝負ですが、コロナだけに構っているわけにはいきません。気持ちを切り替えて頑張って行かねばなりません。

さて、新型コロナのこともあり、鬼滅の刃は大ブレイク。稀少なグッズは転売などもされ、入手出来ませんでした。そもそもグッズ自体が少なかったりもしましたが。

しかし5月頃から、一部ショップには潤沢に商品が届き始め、店頭を賑わせています。某駄菓子屋でも、鬼滅の刃のグッズが入ってくると、1時間ほどで完売!!なんてこともありました。しかしアニメも放送終了していますし、ジャンプの連載も終わりました。映画の公開が予定されているけど、それまで話題が続くかどうか・・・わかりません。といっても近年希に見るブームでしたし、コミックもいまだ売れに売れている状態です。学校などが始まると情報交換も行われ新たな人気がでるかもしれません。

駄菓子屋なまあずでも、縮小営業中にほとんどのグッズが売れてしまいましたが、まだ店頭に残っている商品もあります。また、6月中に期待の新商品がいくつか入ってきます。今日より店内営業を再開しますが、まだ試運転のような形です。マスク必須で、店頭消毒もご協力頂く形です。徐々に感染の可能性が減ってきたら商品数も増やしてセールなども行っていきたいと思っておりますので、ご協力お願いします。

楽天でもだいぶ入手しやすくなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼滅の刃 下敷き[フィルター・インク]【送料無料】《発売済・在庫品》
価格:660円(税込、送料無料) (2020/6/1時点)

楽天で購入

 

価格も最近は、変な価格を付けるところが減りました。在庫もあることが多いです。

 

ある駄菓子屋の憂鬱 新型コロナウイルス悲喜こもごも

仕事柄、小さなお店の店主と話すことが多いのだが、新型コロナウイルスの話題が大きくなっています。大手も大変なのですが、体力のない小さなお店も深刻です。営業を続けるべきか、自粛するべきか、悩んでいる方も多いです。

飲食店の方で特に居酒屋など夜メインのお店は影響が大きく、弁当屋として営業を続けたり、アルバイト出稼ぎに行ったり、思い切って営業自粛にしたり判断は別れています。他の業種も含めyoutubeに進出したり、他のものを売ったりいろいろです。廃業したところも出てきましたが。

さて、これはとある駄菓子屋のお話。最近店をどうするか相談を受けました。あれほど熱心に営業を続けていたのになぜ?と思ったのですが。

私が行って観察していたら15分で理由がわかりました。マスクをしないで来る常連の子どもたちが多いことです。私がカウントしただけで6名です。店主も注意しているのですけど「子供向け売ってないし」とか「忘れちゃった」とか。悪びれもせず。そしてそのまま入店。普通通り買い物。

今、なぜ学校が休みなのか?わからないのでしょうか??少なくとも店主は感染したり、感染させたりを異常に恐れています。当然大人の客も同じようです。マスクの効果がどれくらいあるかわかりませんが、感染を広めづらくする効果はあると思います。特に狭い駄菓子屋で、すぐ買って帰るならわかりますが、ダラダラ滞在してしまうし。それを追い出すわけにもいかない店主。それでも入店制限を店主はかけているのですが、それに従わないお客様も多くいて・・・。私も即断で閉店を提言しました。

子どもたちに慕われていて、楽しみが少ない地元のお店を閉じるのは地域にとっても損失だと思います。しかし感染リスクが高まっているのに、親を含めその意識が低い以上、仕方がないことだと思います。このご時世、噂やネットで来客が増えていたのに本当に残念のようです。

話し合った結果、即時閉店は避け、店内に入れないようにリニューアルをして大幅に縮小して営業することに決まりました。私がリニューアル後の設計と、感染防止対策を作りました。この出費は痛いのですが、できる限りの対策を講じました。これでだめなら完全閉店しかありません。生鮮などに比べて賞味期限が長いとはいえ、一旦閉めた店を再び開けることは至難の業。再開店は諦めると思います。

ホームセンターなども着々と対策を講じていますが、それを上回る来店者数に戸惑っているように見えます。スーパーなども同様です。やはり一人ひとりがもっと外出を控えるだけでなく、できることは完全にやって、乗り切るしかありません。外国や政府を批判することでは何も生まれません。まずは自分たちから!です。

IoT家電の怖さ

IoT家電って本当に便利ですね・・・。しかし便利さの裏にまだまだ難しさもあります。基本、どこかのサーバーで管理しているものがほとんどなので、それが落ちると使えません。これはGoogle Homeなどでも同じですね・・・。

本日よりシャープがマスクを販売することになりました。価格は若干高いかな?程度で国産と考えれば十分お買い得と思え、注文が殺到する・・・そこまでは予想できたのですが、注文サイトとIOTの制御が同じか、影響を受けるところにあるらしく、注文サイトがダウンしただけでなく、これらのサーバーが落ちたらしく、IOT対応の家電が使えなくなっているそうです。ネット上には、エアコン、自動調理鍋、空気清浄機、猫用トイレ(データが見れない)!!まで使えなくなったとの報告。スマホで屋外から制御する物は便利ですが、こうなると無力ですよね・・・。

まあ、そのうちなんとかなるんでしょうけど、シャープも突貫でいろいろやっているから仕方がないのかもしれません。他社も我々も、この事例から学ぶべき事は多いと思います。

ちなみに、なまあず系サイトは外向けの販売サイトやブログも複数サーバーで運用していますが、ミラーサーバーを持っていないので1つ落ちると見ること、買うことはできません(楽天市場はわかりません)。負荷がかかりやすい某教育系サイトは、別サーバーです。正直、ここまでサイトが増えると思っていなかったのですが、もう少し整理して運用すればな~と今になって反省しています・・・。

しろなまず的新型コロナウイルス対策(COVID-19)

はい。日本でも徐々に感染が広がっています。諸外国よりマシじゃね?という意見と、検査をあまりやっていないから・・・という意見があります。個人的には、ツッコミどころはあるし、お船での失態もありますが、概ねうまく対策されているのだと思います。それは国民や海外から日本に来た人たちが、それなりの規律を守っていることが大きいのだと思います。未知のウイルスですからね。そんな簡単に対策なんてできないから、基本を徹底が大切なんでしょうね。そのうえで経済を停滞させずにオリンピックを開催・・・政府を含め舵取りが難しいと思います。

さて、諸外国のデータと日本の報道を考えたとき、マスクをしても完全ではないこと、マスクをしていても取ったり、顔を触ったりで感染することを考えると、まずは感染しそうな人混み、特に密室に入らないことが一番の対策かと。その上で、手を洗う回数を増やし、何か触ったあとは、すぐに石鹸で洗う。外出時ですぐに洗えない場合は、アルコール除菌。これが大切かと。特にスマホは汚いので、気をつけること。ドアノブなど、室内に入るときに一番触る場所も注意が必要です。

というわけで、上記だけ守って頑張ってみます。マスクはなかなか手に入らないですが、もうすぐ入るようになりそうなので、今しばらく手元のマスクを節約しながら凌ごうと思います。

一般人が情報を発信しなくなった弊害

昔はニフティやPC-VANやASAHIネット、アスキーネットなどのパソコン通信が活発だったこともあり、それらのサービスが衰退しても、その頃のユーザーはインターネットに移行して積極的に情報発信していました。JWWなどの建築系ソフトも含めフリーソフトも活発に開発されました。そして市販のソフト会社も、そういった場で情報を集めたり、発信したりしていました。自社で掲示板を運営したり、ユーザー会を積極的に開催していた会社もありましたね。日本がまだ元気だった時代です。

しかし時代は進み、古きネット社会は廃れ、2chに代表される巨大掲示板を経て、まとめサイトなど広告収入さえ得られれば何でも良い、という時代に進みつつあります。ブログ文化も廃れ、SNS全盛とはいえ、電話や実際に会うコミュニケーションがLINEなどに移っただけで、やはり情報発信は減ってきています。まあアフィ的なものや政治的なものなどは、まだ比較的多いようですが・・・。twitterの気軽さが受け、積極的に活用されてはいますが、デマが多くなった気がします。またコピペも蔓延しています。正直、積極的に活用しようとは思えません。

変な発言や間違えた情報を発信すると叩かれるし、メリットを感じられないのもあるのかもしれません。しかしせっかく自由に発言出来る場がネット上に確保されたわけですから、もう少し活用したほうが良いような気がします。別に良いことを書こうと思わなくてもいいと思います。

ブログサービスや無料ホームページサービスの相次ぐ廃止で昔からの良い情報もネット上から消えつつあります。それらをうまく継承し発展させていかないと、なんか悲しい未来が思い浮かびます。実際、東日本大震災を取り上げた一般の方のブログも、かなり閉鎖されて情報がネット上から消えつつあります。JWWの良い情報も消えつつあり、JWWの良さがなくなってきています。そういった情報をまとめて保存するサービスが出来ても良いと思うのですが、商売や個人情報などを考えると難しいのかもしれません。私だって何かあったら、このブログは閉鎖するでしょうし。古い間違った情報が変な影響を与えていることだって否定はできませんので必要かどうかも謎です。

別に個人が情報を発信しなくてもいい、という考え方もありますが、多様性や、個人レベルでの技能、情報が、ネットで共有できることによって、生きるヒントや考えるネタになるのは事実です。最近は、マスクがなければ、すぐにマスクの転売やーが増える・・・などと行動や情報の画一化は目立つような気がします。

なので、いろんな人が考え書き残した事の中に何か人や後生に役に立つことがあれば、残していきたいな、と思います。そういった声が大きくなるまで頑張らねば、と思います。