D-Sub端子しかないディスプレイの活用

最近のノートパソコンだと、D-SUBが普通にないです。D-subとはディスプレイ端子で以前なら一番流通していたものなのですが。Let’s noteが手放せないのはD-subがあるからだ、という人も多いと思います。プロジェクターもD-sub専用もまだ残っていますし。

さて、私の会社の従業員達は代々4:3の旧型のディスプレイを愛用している人が多いです。それをデュアルにしています。最近のデスクトップパソコンは普通にデュアルに対応できますが、D-subとHDMIとかが多くD-subを2台は難しいです。ちなみにLet’s noteは普通にD-subがついているので本体のディスプレイと外付けで普通にデュアルが可能ですし、HDMIもあるので、本体とテレビでデュアルなんてことも簡単です。

わざわざディスプレイカードを買うのもな~と思っていたら、世の中良く出来たものでD-subとHDMIの変換ケーブルなるものがあります。価格も安く心配になるくらいですが、私の環境では3本ほどうまく使えています。相性問題などは今のところ発生していないようですが、ネットの情報ではやはり不安は残ります。

一頃流行したスティックパソコンもHDMIしかないですが、あれも変換ケーブルだけで普通にD-subのディスプレイにつなげます!!意外と旧型のディスプレイって社内に残っているので重宝することも多いかと。私の場合はwallstatの変換などにスティックパソコンを使っているので、たまにディスプレイを切り替えて・・・・なんてときに便利です。wallstat本当に変換遅いですし・・・。

それにしてもスティックパソコンはいいです。コンパクトですし持ち歩き楽だし。正直遅いので、もう少し高くなっても良いから高速にして欲しいです。私の環境下ではファンは必須です。アップデートが一番熱を・・・という笑えない状況です・・・。

さて連休中のお仕事のために、自宅のパソコン環境を整えました。社員の退職が多かったのでパソコンも余っているので寝室にセッティングして会社の仕事を自宅で続けてできるようにしました。Let’s noteもディスプレイを繋げばCADや構造計算くらいならなんとかなりますね。4月は体調を崩していたので仕事を溜めるだけ溜めてしまったのでこれから頑張ろう♪

wallstat 4 β版のwallstat studio

ネット上にあまり情報がないので備忘録

勾配梁の指定も今回から大分楽になりましたが一回修正して戻すのが難しい。部材の指定はかなりやりやすくなりました。

wallstatは木造軸組構法住宅を対象とした数値解析ソフトなのだが、わかりやすいアニメーションと無料で使えることから、一部で流行しています。私も各バージョンを使い続けていますが、正直怖さも感じて実務で投入するのをためらっていました。まあ設計の参考、シミュレーションとして割り切って考えて使っていこうと思っています。

さて、wallstatのデータを作るのは以前は難解でしたが、今は各種構造計算ソフトやCADソフト、耐震診断ソフトから転送出来るのでだいぶ楽になりましたし、wallstat自体にも簡易な形状なら入力出来るwallstat studioなるソフトも付属したので一気に敷居が低くなりました。もっともExcelがあれば、かなり凝った入力もやりやすいですし、実際は併用していくことになると思います。

今回wallstat4のβ版がリリースされ、そのwallstat studioが機能アップしています。正直ようやく使える感じになったなと、作者に感謝です。柱頭柱脚の金物の指定や各部材のパラメーターの指定がだいぶやりやすくなりました。もっとも私がやっているような建物はこれだけではできないので、相変わらずExcelでにらめっこです。

母屋下がりがある建物や、縁側がある建物、片流れの建物の挙動は現在の高耐震の建物でもかなり不安が残ります。wallstatならモデル化するだけでその傾向はつかめますので、わざわざ振動台を使うより手軽です。そういった知見を集めていくのにはwallstatって適していると思います。耐震診断でお客さんを恐れさせて契約に結びつけるようなツールではないと思います。自社の建物の優位性を示すのはいいと思いますが、それだけでは物足りないですよね??ぜひご活用くださいませ。

3DアーキデザイナーのCDEXM出力はwallstatで使えるか?

最近、建築CAD、木構造系ソフトで、wallstat(木造住宅倒壊解析ソフトウェア)への変換機能を搭載するものが増えています。アーキトレンドはCDEXM変換を改良し簡単に変換できるようになりましたし、kizukuriの最新バージョンもCDEXMに対応しました。他にも、STRDESIGNも秋の新バージョンに対応しました。他社の構造計算ソフトでもCEDXMを経由せずに連携できるものも出てきています。

基本的には、プレカットのCDEXMを使って変換するのが通常になりつつあります。直接連携のほうが良く見えます。入力データがきちんと変換されるなら、操作がまだまだ難しいwallstatで編集しなくても振動アニメーションを作れる手軽さは魅力的です。しかしながら今後のwallstatの機能変更、機能向上にきちんとついていけるか?継続して開発してくれるか?という部分と、全機能にきちんと対応してくれるかという部分に不安が残ります。その点CDEXMは汎用性の高いものであり、少なくともwallstatの開発が続く限りは安心です。もっとも変換しただけでアニメが作れないので手間は増えます。

さて、3Dアーキデザイナーで変換するCDEXMで、wallstatに・・・というのは仕様上無理なのは知っていますが、一応いろいろ実験してみました。

このように壁倍率も入れておきます。そしてCEDXMに変換してから、wallstatに読み込ませます。

まず柱がないので、柱データは転送できません。もちろん梁も。耐力壁は簡易な壁量計算機能のものが転送できるかも?と思いましたが、これも無理でした。まあ当たり前と言えば当たり前です。つまり転送する意味がないということです。3Dアーキデザイナーでもしかしたらwallstatで・・・というのは今のところ考えないほうがいいでしょう。

今のところ、このCEDXMの使い道が私には思い付かない。何か計画があるのでしょう。もっともwallstatに対応したいだけなら、とりあえず計算はできなくても柱入力、梁入力、耐力壁入力の機能を搭載すれば、なんとかなると思います。まあ、3Dマイホームデザイナーも含めたデザイナーシリーズで、そこまで求める人がいるかは疑問ですが・・・。

いろいろと面倒なwallstat

アーキトレンドとwallstatの連携実験も無事終わりました。そんなものか、というのが正直な感想。CEDXMのデータから考えれば過度な期待はしないほうが良いでしょう。むしろwallstatの奥深さを改めて感じますね。計算時間が長いことも普通のパソコンなら計算させながら別の仕事もできますから、リズム感をもってやっていれば、意外と気にならないこともわかりました。若い人には辛いと思いますが。

パラメーターなどもなんとなくわかってきました。できればstudioで全てやれればいいのでしょうけど、まだまだ先は長そうです。それでも入力編集がGUIでできることは確認作業も含めずいぶん楽になりました。未だ不明な落ち方をしますが、そんなもんと割り切って、保存をこまめに行っていれば大丈夫です。

新製品の3DアーキデザイナーにもCEDXMの出力ができるのですが、そもそも柱の概念が薄いソフトなので・・・普通のやり方では間取りすら転送できませんでした。ついでに簡易構造診断で壁を入れても転送できませんでした。まあそういうことです。つまりアーキトレンドには、wallstatに転送しやすくなるようなCEDXMを吐き出すように工夫してあるということです。

この文章も計算時間に書いています。現在32%。やっぱり時間がかかります。初めて木造3階建てを解析させていますから。予想通りの揺れになるか楽しみです。

ARCHITREND ZEROのwallstat連携 計算編

さて、先ほどのデータに梁・土台を適当に入力して計算して見ました。

wallstatのバージョンは3.3.9です。

今回は実験なので、同一サイズの梁を適当に入れてみました。

試計算を行ったら、実計算です。このソフトの2つの難関。1つはモデルを作るのが難しいこと、2つは計算が長いことです。この程度の部材数でも10分以上かかります。

今回はCore i5-7500 3.4GHz メモリ8GBと建築では普通のスペック(通常パソコンよりは高いスペック)で挑戦。ブログなどを書きながら計算させました。少なくともと、ボケーってしてディスプレイ前に座っているなんてできません!!

10分経過するとイライラです。電話応対、メール応対などを済ませながら過ごします・・・。

15分で計算終了です。

この程度で15分ですから、複雑な大作は・・・ということです(ごめんなさい梁を入れ直す前の画像なのでちょっと間違えています)。別パソコンを用意したいところです。もちろんきちんとアニメーションしてくれました。

このモデルは筋かいを極端な形で入れている実験モデルなのですが、どの筋かいに大きな力が働いているか?などわかりやすいです。普段気がつかないことも揺らしてみるとわかったりします。これが正解!!ということではないのですが、良い指標となります。本舗でも本格的に設計のために使っていこうと思っています。

 

 

ARCHITREND ZEROのwallstat連携

早速試してみました。

簡単なプランをアーキトレンドで意匠図だけ書いてどこまでできるか?検証します。

構造図を描かなくては意味がないのでは?と思うかもしれませんが、構造図オプションを持っていない人も多いはず。そんなわけで、様々な方法を想定しているのかもしれません。

注意しなければならないのは、通り芯を入れること。入れないと変換できません。また筋かいなども先に入れておくと良いでしょう。部屋と筋かいと通り芯を入れて、CEDXM形式に変換します。物件選択メニューのなかにありますので、お間違いなきよう。

変換したらwallstat studioを起動しファイルメニューからインポートを実行し、CEDXMファイルを読み込みます。読み込んだ結果がこれ・・・

柱と筋かいが変換されていますね。ちなみにこれは1階

2階は、床が変換されているみたいですね。

構造オプションがなくてもここまで読み込めるので、省力化は図れるはずです。あとは梁等を入れて仕上げます。

アーキトレンドから変換すれば簡単に振動アニメが見られる!!という幻想ではありません。もちろん構造図があれば梁なども入っていますからより理想に近づくと思います。構造図・構造計算がなくても、ここまで変換できるので、使って見る価値は大です。

ちなみに、振動アニメを製作する時間はかなり長いので、覚悟して挑戦してみてください。

ARCHITREND ZERO Ver4

毎年どんどん発売日が早くなっているよーな、と思っていたら今年は7月発売のARCHITRENDの新製品。しかも4月に発表されていました。

今年リリースの商品らしく、省エネ計算関連が強化されているようです。新発売のオプションプログラムは気になるところですが、徐々に完成度が上がってきていて良い感じです。

そのオプションは、施主が気になる省エネ住宅の性能・コストを「見える化」し、これからの最適なライフスタイルの提案を可能にするそうです。まあハウスビルダーなんかが好きそうな話題です。

構造面では、直下率チェックや建物チェックが強化されるとともに、WallStatへの連携が可能だそうです。WallStatは個人的に何も魅力に感じませんが、世間はそうは思っていないんでしょうね。ある程度内容を理解し、使ったことがある方なら、その有用性と危険性はなんとなくわかるはずなんですが・・・。少なくとも間取りをいれてポン!というのは作者の意図ではないと思いますがどうなんでしょうかね??

他にもバーチャル空間体感システムARCHITREND VR Ver2がリリースされたり、アノ、3Dカタログ.comがスマートフォン・タブレット対応だったり、話題性のある今回のリリースで楽しみですね。

wallstatのモデル化をARCHITREND ZEROで挑戦

木造軸組工法住宅の数値解析ソフトのwallstatはモデル化をテキストで作らざるをえず、大変な労力がかかっていましたが、7月17日の3.1で、マウス配置が可能になりました。これで手軽に入力出来ます。

ただ複雑な形は難しいですし、なんか画一的になって面白くないです。たぶん最終的にはテキストで修正するのが吉なんだろうな~と思います。形だけ入れて解析OKなんて虫が良すぎますからね。

ただこのバージョンは木造のプレカットでのデータ連係で使うCEDXM形式の入力が可能です。これでプレカットで刻むデータを使って・・・ということが可能になりより実用的になります。もっとも仕事で使っちゃ駄目なんでしょう?でも某タウンは・・・とかいろいろ聞いてみたいことはありますが、やはり諸事情があるんでしょうね。とはいえフリーで公開してくれていることに感謝します。

さて、一般の設計者にはCEDXMは縁が薄いのも事実。プレカットCADなど持っていませんからね。普通。そんなときは、アーキトレンドなどの建築CADの連携機能を使います。アーキトレンドは、CDEXM形式出力に対応しています。間取り、立面など意匠図を一通り作ったら、伏図を起動し作れば手軽にwallstatに転送できます。

実際、ARCHITREND ZEROのデータをwallstatに転送してみましたが、驚くほど簡単で手軽です。モデリングが簡単だとやる気がでます。

でも、動画変換の時間は相変わらず長いです・・・。小さなモデルでCore i7でも数十分かかるのは閉口です。できるだけ速いパソコンを用意するのが吉です。