キャッシュレス決済 旅行でその他感じたこと

福島2日目、まずホテル経費はクレジットカードで支払い。まだ福島ではバーコード決済は少ないのか?その後、大雨で傘が必要になりセブンイレブンでEdy決済、雨が酷いので近くのファストフードで昼食。こちらもあまり電子マネーが使えず現金で。

次にコミュニティバスで全国大会会場へ。こちらも100円だがSuica含めて使えず。

全国大会ではお金を使わなかった。その後は所属する支部の旅行に加わったのであまりお金を使うシーンはなかったが

・お土産屋は、クレジットカードが使えた。バーコード決済はほとんど使えない。使えてもたまにPayPayかSuica。
・スパリゾートハワイアンズのコインロッカーは当然100円玉。JRなどのように電子マネーは使えなかった。
・JR構内はやはりSuica一択。たまにクレジットカード。スマホで旅するためには、やはりおサイフケータイは必須!!
・今回は使わなかったが自動販売機は、現金のみが圧倒的に多い。やはり小銭は必要。

ということで、やはりキャッシュレスでは旅行は難しい、ということを感じました。ただキャッシュレス主体で四日間過ごしたことで、その課題や対応など体感出来たので良かったです。

現時点では旅行・生活・ビジネスでキャッシュレスでいくのは難しく、やはり現金は併用しなければなりません。それでも主体をキャッシュレスにすることは十分可能であり、キャッシュレス・ポイント還元事業で、お得にポイント還元を受けることが十分可能で、そのメリットは計り知れません。

国の狙い通りになるはずなのですが、意外とメリットなどがわかりにくく、利用者がまだそれほど増えておらず、ショップのほうもデメリットばかり考えているので、なかなか難しいですね。実際薄利な商売ほど、クレジット手数料などが重くのしかかり利益に影響してしまいます。商売によっては全く向かないと思います。

駄菓子屋など金額も小さく薄利なものにはまったく向きません。私の会社でも、セレクトショップは電子マネー導入(楽天ペイ)していますが、駄菓子屋さんには導入していません。ただセレクトショップには駄菓子を置いているのですが、たまに電子マネー(Suicaなど)で決済する人もいます。顧客増を狙うのであれば、アリなのかもしれません。もう少し様子を見てみようと思います。

DRA-CAD18シリーズ新発売へ

株式会社建築ピボットから、国産ベストセラー建築CADのDRA-CADの新シリーズ、DRA-CAD18、DRA-CAD18 LEが発表になりました。毎年着実にバージョンアップを重ね、このようにサポートもしっかりして、毎年バージョンアップするCADは珍しいですね。一時期、過去のCADと言われていた頃がありましたが、今は逆にシェアが増えている感じがします。某ショップの売上げを見てもそう感じますね。

通常版は11月12日、LEは11月19日発売です。詳しくはこちら

さて、新シリーズの目玉はクラウド&モバイル。昔聞いたような・・・というちょっと古いイメージがありますが、ようやく腰を上げたのでしょう。それでもQRコード作成や、クラウドストレージ読み書きなど、出来たら便利だけど、真新しさはなく「当然」の機能が組み込まれます。クラウドストレージ読み書きは便利なだけでなく、他のソフトでも実現しているものもあるので、対応は急務でしたね。

毎年のように高速化を謳いながら、実際ユーザーが体感しにくかったのですが、今度はGDI描画モードの描画速度を高速化するようです。これならだれでも恩恵を受けることができます。果たして体感できるほど高速化するのでしょうか?また繰り返し作業を効率化する「マクロ」搭載・・・なんだか古代に戻ったような強化が行われています。

その他JWW的操作がよりJWWっぽくなる「マウス両ボタン押し」が、ようやくコマンド実行中に拡大縮小ができるようになりました。これだけでもJWWユーザーには喜ばれますし、本当の目玉かもしれません。小出しにしないで一気に対応して欲しいところではありますが・・・。

モバイルアプリ「DRA Viewer」の発表もあり、スマホでのデータ活用にも力を入れていくようですが、あくまでViewerであり、他社に比べると周回遅れ感は否めません。しかし今回でこのようにクラウド、モバイルに方向をようやく切ったことによって、時代遅れ感を回復出来るのではないでしょうか?CADとしての完成度は高く、データ互換性なども評価されながら、「古い」イメージが付いてしまっているのが最大の欠点であるDRA-CADですが、先進の機能をアピールすることでそのイメージを払拭できるか?が今回のバージョンの販売課題でしょう。

毎度苦言を書いていますが、フルバージョンのDRA-CADは、今回も微小なアップに留まっています。スケッチアップの最新版ファイルの読み書きができることが最大のメリット程度になっています。他に伸縮するオリジナル部品の活用・・・そんなに充実した部品を用意してくれるとは思えませんが・・・。さすがに年会費もバージョンアップの割高感が否めません。小手先でやるならやめた方が良い感じもします。そうでなければ、フルバージョンはアソシエイトだけにするとか、LEのオプション扱いにするとか、対応を考えたほうがいいと思います。といっても、何だかんだいって一定数は売れているんだよな・・・フルバージョン・・・。

DRA-CADのアソシエイト(年会費会員)制度も定着し、新バージョンを先行して機能を楽しめる反面、新バージョンの発表が地味になってしまうのですが、今年も堅実な機能アップをしています。年会費を払っても使いたい!ともっと思えるように開発していただければ、と思います。

キャッシュレス決済 夜の課題

福島に無事入り、青年話創会へ。途中知った顔がチラホラ。今回は内容など事前に聞いていないのでちょっと不安だったのですが安心。東京会、関東近県の会も既に揃っていました。青森会から参加の弊社OBのG君も無事到着していました。

新幹線を降りての買い物はセブンイレブンで不足のものを購入。10月開始の楽天ペイで。既にバーコード決済には慣れているようで素早く買い物ができました。レジに並ぶ前にバーコードを表示しておけばスムーズにいきます。楽天Edyも使えるのですが、そっちのほうが手軽と言えば手軽。両方使える場合は、慣れるまで楽天Edyを使う物とする。話創会等の費用は既に払っているので懇親会を含めお金の支払いはなし。それでも2次会は、現金回収。これは福島会がやっているので仕方がない。たぶん、このあたりの方法も含め今後は課題だと思う。そのあとの〆のラーメン屋も現金で。初日はこの2箇所が現金となりました。その後ホテルにチェックイン。こちらも協会が予約しているので支払はなし。明日から三日間、どれだけキャッシュレスでいけるだろうか???

キャッシュレス決済の旅

消費増税とともに、キャッシュレスを推進しようという国の施策にのっかるまでもなく、キャッシュレス化を進めていたのですが、やっぱり現金は必要・・・。しかしそうもいっていられないので、今回の三泊四日の旅は、できるだけキャッシュレス、省力化することで、課題を見つけていこうと思っています。そのためのXperia XZsですからね。

まずJRで府中本町から大宮。これはSuicaでOK。そこから福島へ新幹線。こちらもモバイルSuicaなのでタッチだけで入退場できます!!これは初めて味わいましたが便利ですね。駅内で弁当と雑誌を購入。やはりJR構内はSuicaが強い。Suica以外だとクレジットカードが多く、バーコード決済はあまり見かけない。JRの構内は遅れているのか?そう考えるとおサイフケータイを導入したのは正解だったのかもしれません。

さて、もうすぐ福島に着きます。続きは明日・・・。

ブログサービスがなくなっていくことはWEBの情報が激減していくことにつながる

Yahoo!ブログが12月になくなるのだが、それ以前にもたくさんのブログサービスがなくなってきました。時代の流れとは言え、あの情報あのブログにあったな?と思ってもなくなっているのが多く悲しくなります。もちろん引っ越して継続しているものもあるのですが、全体的にブロガーで元気なのはアフィリエイト目的の方々や有名人のみ。建築、特にCADやITに関わる情報を書いているブログは激減しています。もちろん古い情報はいらなかったりするものも多いのですが、まだまだ有用なものもあります。以前、ネットがもっと古くからあったら、古い情報も残るのに・・・と思ったことがありますが、ネットの世界は本当に動きが早く、既にブログも古いコンテンツの1つになりつつあるんでしょうね。

もちろんなくなられた方のブログが永遠に残る、ということもないのですが、何か文化遺産的に残すシステムはないのかな~と思ったら、昨日、こんなニュースが

小林麻央さんなど42人のAmebaブログ、国会図書館が保存 「後世に伝える意義が大きい」

なんでも、42名のブログが国立国会図書館のWebアーカイブに保存されたそうです。ここまで大げさでなくても、業界団体などが、このような事業を行っていって欲しいものです。そして気軽に参照できるシステムを作ってほしいものです。

なまあず日記は、楽天ブログで2004年9月22日に開始した個人ブログです。10年間で約4800の記事を書きました。2014年に独自ドメインのWordpressに引っ越し、プライベートなネタ(婚活とか)を若干削除して装い新たに「なまあず日記style」をスタート。通算で15年を経過しました。ブログ開始は遅かったのですが、今となっては継続しているブログとしては比較的長い方になってしまいました。そしてさきほどブログ記事数を見たら6799・・・つまりこのブログで6800になるんですね・・・。役に立つ情報だけじゃないし、間違えたことも度々書いてしまいましたが、「役に立ったよ」とか「読んでるよ」と地方にいっても言われることがあり、それが励みで続けてきました。まあ最低でも東京オリンピックまでは続ける予定なので、もし興味がありましたらおつきあいくださいませ。

さくらインターネットのホスティングでメールシステム構築

そんな大げさなものではないのですが、所属する団体の会員向け一斉メールシステムをクラウドでできないかな~と思って作りました。

メーリングリストをご所望だったようですが、メールの返信がみんなに行ってしまうので50人で運用するには厳しすぎる!ので、団体の代表アドレスから、一斉送信し、返信されたら、各役員に転送されるしくみを考えました。

別にWordpressとかCGIとか使えば作れるのですが、それも大人げないし、運営者がいなくなったら大変なので、さくらインターネットの標準のメールシステムを使いました。

通常さくらのメールは、Gmailなどを使って運用するのが普通なのですが、WEBメールを標準に実装しています。しかも管理者パスワードを使わないので、メール専用で役員にパスワードを一名分作成することができます。またさくらは、同時ログイン可能なので(セキュリティ的にどうかとは思いますが)、複数の人間で同時に閲覧できるので便利です。

まず送付名簿は、Excelなどのインポートに対応していないので手入力です。これは面倒です。姓にナンバー、名に会社名の略称を入れてソートに対応できるようにしました。これをしないと本当にわからなくなります。入力が終われば通常のWEBメールと同様に運用できます。返信されたものは、転送で、各役員に届く仕様です。標準機能だけで便利に運用できますね。

意外にメーリングリストって面倒ですし、トラブルも多いので、こういう保守的かつエラーが少ないシステムって大事ですね。gmailなどに慣れているので、こういう古典的なWEBメールって需要があるのかは疑問ですが、これはこれで便利!!続けてほしいものですね・・・。

Podea-02 (CO2レーザー加工機)登場!!

9月24日に予約受付開始していますね・・・

Podea-02は、最近流行のレーザー加工機です。低価格機は半導体レーザーで、比較的安全なのですが切断力が弱いのが欠点ですが、Podea-02はなんと半導体レーザーで消費税別ですが30万円を切ってきたものです。完成品なので組み立てをしなくても大丈夫です。

レーザーはガラス管レーザー発信器(CO2レーザー)。半導体レーザーに比べて強力です。40Wなので通常の使用では十分過ぎる性能です。機械的な冷却機構を内蔵し取り扱いしやすくなりました。

元々安全性の高いといわれるPodeaですが、更に安全安心の構造を追求。なんとこの価格で排煙機と消炎器が標準で付属します!!!

ちなみに先日紹介したEtcher Laserの場合、半導体レーザーで、1.6Wと3.5Wなので、どちらが良いかではなく、クラスが違います。Etcher Laserの3.5Wで114800円。比べる対象とは違い、通常欲しい人は両方買うでしょう(・・・)。それくらい両方ともお買い得ですし、メリットが高い機種です。

レーザー加工機は、比較的安全とはいえ、レーザーで焼くわけですから危険は伴います。国産の安全性が高いものは価格が高いわけで、このクラスがこの金額で買えることは驚きです。必須と言える排煙機と消炎器がセットというのも好感が持てます。木材等の切断や短時間で加工したい人にはワット数が大きいCO2レーザーは非常に魅力ですね。半導体レーザーでは時間がかかりすぎますから。

というわけで低価格なCO2レーザーが欲しい方には朗報です。個人的にはゴム印製作の機能と親和性が高ければ買いますな。というわけで発売や評価が楽しみです。

モバイルSuica特急券

ほとんど旅行に行かないので、この手のテクニックには疎いのですが、今回はXperia XZsを買ったので挑戦。おサイフケータイのモバイルSuicaを使って東北新幹線を予約!!です。

何でもチケット類はネット予約は当たり前なのですが、このサービスのキモはスマホ上ですべて完結すること。予約だけでなく、チケット受け取りもスマホでOK。その受け取りも電子データでおサイフケータイに入るので、チケットレスで入場ができるのだ!!最初は不安(私?)ですが、たぶん大丈夫なんでしょう。私も無事にチケットを取れました。ということで木曜日から福島に行ってきます♪

同じシステムで東海道新幹線は??と思うのですが、どうやら別システムなようで・・・。

長期旅行に備えて通信網を整備

長期といっても三泊四日なんですが(汗)。しかし平日2日を含む旅行なんてこの20年(つまり社会人になって)やったことはない。そこで通信網をもう一度見直して外出先で仕事をできるようにしてみました。

まず auのプランをauデータMAXプランへ。かなり高いプランだが、スマホを使っている限り無制限で使え、テザリングでも 20GBは使える。これでPDFなどの重いデータのやりとりも心配なくなりました。

次に、その運用端末。通常はZenFone5Zを使って万が一のときはZenFone3という運用体制。この両機はauでもdocomoでもsoftbankでも使えるので重宝します。いざというとき人のSIMを使えたり、逆に端末を貸すこともできます。が、おサイフケータイでもないし、防水でもない。またauのアプリ類を使えなかったりするので、一台au機が欲しいな~と思ったところ、Xperia XZsを安価で入手できたので、こちらにauのsimを刺すことに。通常はauの通話し放題SIMとocnモバイルoneとのdsdvなのだが、今回は期間限定可もしれないがauデータMAXプランなので一枚でOKなのだ。これは運用上制約が少なくて良く、128GBのSDを刺せば、ZenFone5Z並みの運用が出来るはずだ・・・・。ということです。

 これで、ZenFone5Zはocnモバイルone一枚差し+SDカード。Let’s noteは楽天データsimという贅沢な編成で旅行に行けます。

ただXperia XZsは古い機種。当時はハイエンドでバランスが良い機種だったはずだが、今考えると良い部分と悪い部分が見えてきます。

良い部分は、キャリアのハイエンド機ならではの重厚な機能。ワンセグもありますしおサイフケータイもあります。auの機能設定もずいぶん楽です。それでいて防水防塵です。Zenfone5Zより幅が狭いのもポイントです。私が必要な機能のほとんどが揃っています。

悪い部分は、数年前のハイエンド、とはいえ、未だ最強クラスの速度を誇るZenfone5Zに慣れていると遅く感じてしまうこと。意外と速度差があります。速度はスマートフォンで最高の機能ということをZenfone5Zで感じてしまった私には物足りません。それでもZenfone3よりは快適なんで文句はないのですが。次に顔認証がないこと。Zenfone5Zの顔認証は本当に快適なのでこれは痛いです。さらに指紋認証もZenfone3にすら劣るのも問題です。速度自体は同等なんですが、ミスが多すぎて・・・。やはり狭い側面だからでしょうか??

ただ、価格は1万円台前半。日本的スマートフォンが壊滅しつつある今、人気のシャープ製aquos sense2より、価格が安く、スピードも速いわけで、十分でしょう。秋冬もでるのsense3なら、ある程度対抗できるでしょうけど、ワンセグはついていません。外国製スマホも速度面やカメラは満足できても、ワンセグ、おサイフケータイ、防水が揃っているものは本当に少ないです(あるの??)。日本製もそうなってきています。その点Xperia XZのカメラを改良したマイナーチェンジモデルである、XZsは完成度が高い上、安価なので見つけたら買でしょう。もちろんバッテリーが劣化しているでしょうけど、ソニー製はそんなにヘビーユーザーが使い込んでいることは少ないですし、バッテリーに優しい充電機能も優秀なので大丈夫じゃないか?って感じています。数日使って若干バッテリーに不安がありますね・・・。その点では新品に劣ります。もっとも長期間使わないと割り切ればなんとかなるでしょう。

Yモバイルの会社用通話simが一枚余っている(端末を開封していないため)ので、Zenfone3か5Zに入れようか?と思ったのですが、SHF33というガラホが一台余っているので、これをSIMロック解除して、YモバイルのSIMを入れてみました。SIMロック解除はwebで簡単にできました。最初は動かなかったのですが、再起動させたら動きました。もちろん非常にエリアは狭いと思いますが、いざというとき用なので。いざというときにバッテリーのもちが良いガラケーは役に立つと思います。

あくまで4日の旅行と年末のスケジュールに合わせての編成なので限定的です。恐らく外出中に納品などというヘビーな作業も出てくるので、この編成で乗り切ろうと思います。

東京デンコー移転

構造計算ソフトメーカーの老舗である、株式会社東京デンコーが、中央区から杉並区に移転する。9月30日~10月1日は移転作業のためお休み。10月2日より通常営業開始だそうです。なんか近くなったな~。