MOKUZO.Designerのペントハウス(塔屋)対応

構造ソフトの構造計算ソフトMOKUZO.Designer。期待はしているのですが、なかなか昔のように情報が出てきません。当たり前ですが、メーカーが出す情報は限界がありますし、信用できなかったりします(特にこのブログでは絶対出てこない某社!)。やはりユーザーがブログなどで情報を発信してほしいものです。昔はよかった・・・とは思いませんが、最近の情報発信の少なさは寂しいものです。

さて、同社ホームページ(今月のイチオシ5月号のPDF内)より、MOKUZO.Designerでは、塔屋の指定ができるようになりました。一向に対応しないHOUSE-ST1とは大違いです!!まあ設計思想が違いますからね~。WEBの情報だと、2階建ての塔屋追加を書いてあり、3階建ての塔屋追加はどうなのか?は書かれていませんが。KIZUKURIなどと同じで、階のように入力部分を拡張できるので直感的でわかりやすいですね。用途を配置できるので、延べ面積に反映できます。計算ルート判定に関しても考慮できるし、塔屋階の震度Kは1.0で計算してくれます。

個人的には入力したままで伏図が出力でき、確認申請に使えるレベルになってくれれば、どのソフトも買い!と思うのですが、木造も含めてまだまだです。BIM的にするのか?あくまで伏図レベルを目指すのか?そろそろ各メーカーも考えたほうが良いと思います。

HOUSE-ST1の梁の検討でZとIとAを考える

KIZUKURIだと、梁の断面を計算するときに、Z(断面係数)とI(断面二次モーメント)とA(断面積)の低減は初期設定で一括に設定されます。これは便利な反面、細かな計算が不可能です。算定梁の項目で切り欠きを指定することができますが、各項目ごとに細かくコントロールすることは難しいです。まあそこまで細かく考えなくてもよいケースが多いのですが、普通の設計じゃないものは、ここが重要だったりします。特に計算値に近い断面で設計している場合は深刻です。私のところでは断面が十分に余裕がある設計を求められているので、ほとんど重要じゃないのですが(むしろ大きい??)。

HOUSE-ST1の場合、梁の入力段階でZ、A、Iをパーセントで指定できます。なんだかkizukuriに似ていますが・・・本来ならグレー本に書いてあるような書式のほうが設定しやすいと思います(アーキトレンドZはグレー本っぽい設定画面です)

これなら、細かくコントロールできます。もっとも一本一本やるのは難しいので、各梁グループごとに参照コマンドを駆使しながら入力していくという工夫は必要です。大断面どうしの木組みが多い場合はかなり有効です。もっとも私も上図のようにほとんどを0.7ずつにデフォしていて、それを外れるシーンのみ、一貫計算終了後に調整してエラーが出たら断面を増やす・・・という感じですが(汗)。HOUSE-ST1にはOKとする検定比という項目が断面計算条件の一番下に用意されており、これを調整することによって、あとでエラーがでることを未然に防いでいます。完全ではないですが、最後にあまり断面を調整したくないので・・・。

できればアーキトレンド構造計算レベルに最低でもやっていただけると助かるのですが、これはこれで初期設定でよいのかとか、計算値を信じすぎてはまるケースもあるので、何が良いのか一概には言えません・・・。不安な場合はいちいち計算してみて、その経験則をエクセルかなんかにまとめて、ミスなく、過大過小を防ぐ・・・というのが今のところの私の考えです・・・。

DRA-CADの文字交換コマンドは便利!!

あまり宣伝されていませんが、DRA-CADの文字交換コマンドは便利です。

そもそも標準で付いている例が、しょーもなさすぎるのでスルーしている人も多いと思います。自分で使うリストを作ってみると良いでしょう。

準備は、パレットをテキストに切り替え、適当なテキスト(120床.txtのようなもの)をダブルクリックしてメモ帳を起動して、中身を書き換え、名前を付けて保存(191 金物.txtのように)します。

今回書き換えたのはこちら・・・

木造の金物にしました。kizukuriで出てきた金物の修正用です。

完成したら、文字コマンドの「文字交換」をクリックし、作った191金物.txtを選択。CADの文字列の上で、右クリック(進む)左クリック(戻る)するだけで金物名が変わっていきます!!

これを使えばわざわざ文字コマンドで書き直す手間がいりません。

文字の編集機能は、DRA-CADはピカイチですね。JWWなどでは外変を使わないと面倒な作業も標準コマンドで簡単にできます。数字だけなら、文字アップダウンコマンドもお勧めですが、金物のように特殊な文字列を操作する場合は文字交換がベストです!!

ちなみに図面番号などもS-10とか作っておくと便利ですよ。

 

 

 

 

au simをSIMフリー端末に差しデータ通信

au のsimはドコモと異なり複雑です。まあ普通に契約して使えばいいのですが私のようにsimフリー端末を駆使したい場合は事情が異なります。

auのガラホSIM契約を通常のスマホ契約にするのは非常に面倒でした。月中での変更は無理で、手続きした翌月に更新されます。なので8月1日になって確認するしか分かりませんでした。ただau内の手続き方法も複数あるので、すべてのパターンが私のようになるとは限りません。ちなみにsim自体は交換しないで済みました。ちょっと不思議な感じです。

で、8月1日になり、制限を食らうまで使っていたZenfone5Zに差します。これで通話はできます。ただ今回はパケット通信もついているプラン(新auピタットプラン)なので、通信の設定をしなければなりません。以前だとLTE NET for DATAを月500円かけて契約するか・・・という手段を使って・・・ということでしたが、7月からこの制度が廃止となり、SIMフリースマートフォンでもLTE NETを利用できるようになりました。これは大きいです。ホームページに書いてある設定をすれば、簡単にZenfone5Zでネット通信ができるようになりました。auは改善も改悪もコロコロ、しかもわかりにくくやってくれるので困ります。まあ他の通信会社も同じような気もしますが。

さて、Zenfone5ZはDSDVなので、auの通話SIMを差してVolteしても他社のSIMをさせて使えます。手元にY!mobile通話SIMとOCNモバイルONEと楽天モバイルのデータSIMがありますが、どれも使えました!!便利な時代になったものです。ちなみにY!mobileのLINE登録のSIMを抜いてauの通話SIMを差したところ、LINEの番号認証は必要ですが、特に手続きもなく継続してLINEを使い続けることができます。まあ、その必要がある人は少ないでしょうけど。

さて、運用はau SIMにOCNモバイルONEを組み合わせます。この組み合わせだと万が一auが使用不能な場合でもドコモ系の通信もできますし、いざというとき050plusで電話をかけることができるので、実質2回線使用できます。050plusの留守電はメールで伝えてくれるので重宝します。またOCNモバイルONEの一日のパケットを使い切ったときのみauのパケットを保険代わりに使えます。もっともauのほうが高速で使いたくなります。ただ1GBを超えると一気に1500円も上がる(注:契約による)ので注意です。まあ、この速度だとキャリアの回線を使うのはお金の無駄という感じはしません。考え方は人それぞれです。

それにしてもDSDVは便利なだけでなく、BCP・防災面でも有効です。キャリア端末で投入は難しいとは思いますが、本当は販売して欲しいところです。

DraftSightの無料版がなくなるが・・・

私も愛用している無料のAutoCAD互換CADのDraftSight。無料というだけでも魅力ですが、AutoCADを使っていた人なら乗り換えるのの簡単だったこともあり、多くの方に愛用されていました。

が、これほど高度なものがいつまでも無料というわけにはいかず、無償版の提供を終了すると3月に発表されていました。今年の12月31日まで無償版は使えますが、それ以降で使いたい方は有料版で・・・とのことです。

これは仕方がないことだと思います。最新OSへの対応などだけでも労力は非常にかかります。SketchUPのときもそうだったように、いつかは・・・ということは考えて無料の高度なソフトは使うべきです。いつかは・・・は無くなることも同様のリスクとなります。

さて、有料になってもDraftSightの価値は変わらないと思うのですが、やはりどれくらいの金額かは気になりますし、場合によっては使い続けることができないかもしれません。

個人的に悲しいのは、完全年会費制だということ。これは私の考えとは逆行しています。今ソフトウェアを売るためには年会費制への移行が必須だと思っています。ただ、無料から・・・という時期なので一定期間期限無制限のライセンスを作っても良かったのではないか?ということです。まあ初回バージョンだけだと思うのですがね。サポートは常に最新版で、ということが不可能になるとサポート労力が非常に大変になりますからね。

で、一番低価格なStandardは年10900円。意外と安いのにびっくりです。ただ毎年1万円づつ、というのは日本人の建築士ではケチりたい!!という方が多いかもしれません。でも20年間つかっても20万円くらい、というのは安価という他ありません。今まで無料で使っていた人は恩返しで使ってみるのも良いかもしれません。

ちなみに上位版のProfessional版は年21900円。高機能な2DCADです。こちらは機能が大幅にアップしていますが、ちょっと割高ですね。といってもDRA-CAD LEのアソシエエイトが24000円であることから見ても、初期投資がない分、だいぶお得だと言えます。

もっとも無料だから・・・といってインストールしておきたまに使っている人も多かったはず。無料じゃなくなったのは残念ですが、もし無料のCADだけで仕事をやっている人がいたら、そろそろ考え方を変えた方が良いかもしれません。まあ人間も寿命がありますが、ソフトウェアもあります。急に使えなくなるリスクは無料ソフトだけでなく有料のソフトでもありますが、どちらが可能性が高いかは明らかですね。

ちなみに私が推奨しているAutoCAD互換CADのARESは、買ってから1年のサブスクリプションがついていて、それがキレると年1万円です。初期投資がないぶん、DraftSightのほうが安いですが、日本環境へのローカライズなどはARESが上。恐らく年2万円程度のCAD投資ができないと今後は厳しくなってくるのではないでしょうか?と思います。

 

BIMベンダー6社共催セミナー

パンフレットが送られてきました。6社??ってどこ??というのが当初の感想。共催の会社を見て?????が広がりました。私が想像していた会社は2社しかありませんでした。知らない間にBIMが広がっていたのか?それとも広がっていないからこそなのか?

ちなみに

・株式会社KYKシステムズ
・グラフィソフトジャパン株式会社
・株式会社コミュニケーションシステム
・株式会社ソフトウェアセンター
・株式会社日積サーベイ
・株式会社バルシステム
・ユニオンシステム株式会社

あれ???7社だぞ。ということは、どこから主催なのかしら??HELIOSやARCHICADは既にBIMという意味で認識度は高い(逆に存在を知らない人は多いはず)が、SuperBuild SS7やTP-PLANNERは有名だけどBIM系なのか?というのは微妙だと思う。まあBIMという使い方しなくても十分過ぎるほど有能なのですが(汗)。もしかしたら私のBIMの概念が古くなっているのかもしれません。そうそう。SIRBIMαもBIMという名前通り、BIM化を目指して進行していますね。DRA-CAD出力での線種ピッチ設定できるという超地味な機能を搭載しているそうですが(汗)。

図面から建物を想像しないでも、コンピュータ内で視覚的に捉えることができる時代は近いのかもしれません。ネット上も字から絵や写真に以降し、今度は動画ですからね。どんどん変わっていくものですが、想像力が無くなってきたような気がしますね。果たして20年後はどうなっているんでしょうか???

ARCHITREND ZERO Ver6のwallstat連携機能

従来のアーキトレンドでも、CEDXM変換でwallstatに転送できましたが、正直敷居が高かったです。今回のバージョンでは正式に連携「機能」として作り上げられています。今回は製品版で試してみました。

平面図など意匠図を入力すると、連携することができます。もちろん耐力壁や区画、梁伏図などを入力すれば精度があがりますね。今回は意匠図だけ・・・の状態で試してみました。コマンドはファイルメニューからwallstatデータ書き出しを選択します。

注意事項などが表示されますが、xmlファイルを簡単に作成してくれます。そのうえで、wallstatのフォルダ指定を行えば、次回からは自動でwallstat studioが起動するので非常に便利ですね!!

従来のCEDXM変換では、wallstatでエラーが出やすかったのですが、今回は、こんな簡単な指定でも勝手に部材を追加し、wallstatで計算できるデータを作成してくれます。もちろん複雑な形は無理でしょうけど・・・。

筋かいや部材は自動で入力してくれるので、後で修正すれば良いです。とりあえず計算できるデータが手軽にできるのがいいですね!!

一からデータを作るよりかなり簡単です。ちなみにダイレクト起動はVer4.2以上というのですが、現在正式版は4.1までしか公開されていないのですが・・・。今回はβ版でやってみましたがダイレクト起動っぽいことはきちんと出来ています。

アーキトレンド(ARCHITREND)にしろ、wallstatにしろ、マシンパワーが結構必要です。快適に動かす環境作りも大切ですね。

 

簡単CADソフト「図面のプロ2」

このブログでも紹介した「図面のプロ」。ライラックシステムの間取りっどPro2というCADの機能削減してソースネクストから発売されていました。まだ1年ちょっとしかたっていないのですが、「図面のプロ2」となりました。

2Dの簡易CADとしては十分な機能を持っていながら、日曜大工やDIYの図面作成などにも使えます。名称が正直悪いな・・・と思います。

新機能としては、透かしや縁取り文字など文字装飾が充実しました。パンフレットなど作るときに重宝しそうです。

高解像度のパソコンでの使用に難がありましたが、何らかの対策を講じられたようで、Surfaceなどの高DPIパソコンへの対応が明確に謳われました。

DXF(R12)の読み書き、JWW、JWCの読み書きができますので既存のデータを流用するのも可能です。JWWである程度図面を書いて、このCADで色づけする・・・という使い方が正解かもしれません。

現在の電子決済・電子マネーの状況をまとめてみた

最近、実店舗の決済方式が本当に乱立しています。それに伴い、PayPayや7payなどのトラブルも目立ちましたが、国の方針でキャッシュレス化を進めるぞ!!ということで、特に店舗は怖がって導入をためらう時期でなくなってきました。消費増税後のキャッシュバックも受けられるため、小さなショップなどでも急速に導入が進んでいます。

個人的にはPayPayの躍進ぶりは凄まじいと感じています。バーコード決済では頭1つ抜けたのではないでしょうか??手数料や導入しやすさなど店舗側のメリットも高いです。まあ店舗側がもともと電子決済をもっていれば、の話ですが。まあ形だけ導入している店も多く、課題も多いでしょう。

メルカリでお馴染みのメルペイも、思った以上に健闘しています。キャンペーンなど非常に使いやすいです。メルカリでの売上げを現金化しにくくなったので、外部の店で使えるのは魅力的です。試しに使うにしろ、PayPayと異なり売上げがあれば、それを使えるので手頃です。メルカリユーザーはいざというときに使えるようにしておくと良いでしょう。

楽天ペイは、比較的早期から始まったのに「地味」です。楽天系は規格が乱立し、楽天ヘビーユーザーの私でもわかりにくいです。とはいえ楽天ポイントを使えるのは魅力です。特に期間限定ポイントの消費にはもってこいです。セブンイレブンが使えないのが最大の欠点ですが、メルペイかPayPayと併用すればOKです。あと小さなショップの導入のメリットですが、Suicaや楽天EDYが使えるのが地味に便利です。小さなショップの導入は、お試し、ならPayPay。それなりの効果を、と思うなら楽天ペイとPayPayの2本立てが良いと思います。

最近の~ペイは、スマートフォンがあれば使えるため手頃です。おサイフケータイのような搭載していないと駄目!ということはありません。ただおサイフケータイのほうが手軽なのも事実。特にSuicaはなくならないでしょう。逆にそれ以外はなくなるかもしれません。楽天Edyも楽天にいつ見放されるか?ドキドキです。逆にSuicaを使うためにおサイフケータイ系をもっておくというのもメリットです。ガラケー系(ガラホ含む)のおサイフケータイはSuicaが使えなくなるようです。なんだかな~と思いますが、JRですからね・・・。

さて、今日は参議院選挙投票日でした。私も朝一番で投票してきました。市議会とかと異なり2枚投票できるのでお得感がある・・・わけないか。ないけど、ちょっとだけワクワクします。このわくわく感をうまく使って投票を楽しいものにすればいいのに、と思ってしまうのは私だけでしょうか?投票所でお祭りにするとかね。せっかく税金でたくさんのお金を払ってやっているわけですからね。あの冷たい雰囲気はなんだかね~と思ってしまいます。

ARCHITREND ZERO Ver6

愛用しているアーキトレンドの最新バージョンである、ARCHITREND ZERO のVer6の詳細が届きました。

今回のテーマは耐震省エネ。今さら耐震??という気もしますが、耐震診断ではなく、新規住宅の更なる耐震性の向上と見える化に重点を置いています。

耐震の目玉は、プランサポート。入力したプラン段階で、直下率や耐震性、建物のチェックを行うことにより、より確実に耐震性を確保することが可能になりました。従来プランニング後に構造チェックを・・・という動きを最小限にすることを目的としています。またwallstat連携も今までのCEDXMだけでなく、ダイレクトに連携できるようになりました。どこまで踏み込んでいるか?はまだ分かりませんが、正式に書き出しコマンドができたことにより、より手軽になりますね。

省エネは、ZEH住宅の仕様検討がスムーズになり、設計支援機能が強化されました。正直あまりスマートではなかったのですが、だいぶ洗練されてきました。計算書の配置が4号の壁量計算同様なのがちょっと気になりますが図面出力する人のほうが多いのでこれはこれで良いのかもしれません。

他にはプレゼン機能を強化したり、使い勝手の強化があったり、それなりに進化しました。数バージョン前の3Dカタログ以降に伴い、通常ユーザーはパーツ類の著しい減少という憂き目に逢い、他社との連携が難しくなってきましたが、基本機能は着実にアップしているようです。CADとしてはなんだかな~という方向ですが、これが時代の流れなのかもしれません。価格も含め万人にお勧めできるCADではなくなってきたような気がします。恐らく建売の仕事をしている人、在来の注文ビルダーの仕事をしている人の比率が増え、一般の設計者の比率が大幅に減っているのかもしれません。