2012年改定版 木造住宅の耐震診断と補強方法の質問・回答集が更新されています

昨年12月に建防協ホームページで更新されたのですが、知らない方が多いので、一応お知らせ。今回の変更分は色を変えてくれているのでチェックしやすいです。

主な部分では、短辺割り増し、基礎の部分補強の解釈などです。

同ホームページではQ&Aだけでなく、初版から変わっている部分も載せていてくれるのですが、積極的には告知してくれませんのでこのページは常にチェックしておくことをおすすめします。

正誤表およびQ&A等(過去の販売図書を含む)

木構造計算ソフト・耐震診断ソフト乗換キャンペーン

株式会社構造システムのホームページで正式に発表されましたね。

期間は2020年5月31日までと長くなっています。ということはこの期間にこれらのソフトの後継は出ない・・・ということでしょうね。

乗換キャンペーンなので他社の同分野のソフトを持っていないとダメなのですが、もし乗り換えたいというときは非常にお買い得になっています。なんと25%OFFですから。対象はHOUSE-ST1、HOUSE-4号、WOOD-STHOUSE-DOCです。購入時に他社ソフトの所有・正規ユーザーを証明できるコピーの提出が必要です。

もっともHOUSE-4号は発売当初からほとんど進化せず年会費を払わなければならないし、HOUSE-DOCはバージョンアップしたものの、前作とほとんど変わらず価格競争力を失っていますし、WOOD-STはイマイチできることをアピールし切れていません。唯一売れ続けたHOUSE-ST1もVer7で値上げ及び迷走があり以前ほどぱっとしません。まあこの価格になれば魅力的な商品ですから、今の環境に不満がある方は乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

STRDESIGN V18は2020年1月末リリース

富士通FIPの木造構造計算ソフトのSTRDESIGNが久々にメジャーバージョンアップ!!V18となります。出た当初は後発で非常に安価でリリースされて話題になりましたが、今では立派なベストセラーですね。当初は確か10万円くらいで販売されていたのではないでしょうか??

ホームページによると、大きな機能強化は3つ

・立体的に把握するための入力機能の強化

・告示改正/緩勾配屋根の積雪荷重割増対応

・ペントハウス専用の入力機能

だそうです。立体把握はHOUSE-ST1で入力、チェックに絶大な威力を発揮することはわかっていたし、ストラ自体に立体表示がついていたのでもったいないな~と思っていたので、良い進化だと思います。ペントハウスは遅すぎるくらいですが、これでようやくストラもKIZUKURIに機能的に負ける部分がなくなったのではないでしょうか?

高機能だが、なんでこの機能がないの?というところが意外に多かったストラですが、より完成度が高まっています。他にも入力画面4分割や、梁断面算定計算に壁量計算機能を追加したり、充実のバージョンアップ内容です。詳しくはホームページをご確認ください。

KIZUKURI 2×4 Ver5.50 r11

はい。新年この時期に・・・ということは予め準備していたのでしょうか?年末年始の忙しい時期にありがとうございます、という感じですね。実際は巨大かつ複雑な建物で落ちるのを修正したそうです。個人的にこのソフトで落ちるという経験はないのですが。どれほどでっかいものを皆様やっているんでしょうか??

とはいっても2×4のほうは年末立て続けに改良が続いています。だいぶ2018年版に対応してきたような気がします。そろそろアップしようかな??

待っていたのはどこかの誰かが2×4の構造計算ソフトを開発していたからです。かなり良いソフトなんですけどね。それが出るにしろ、つなぎが必要ですから。

楽天モバイルは4月本格稼働

だいぶ遅れていましたし、開始時期の変更の明言もなかったのですが、本日三木谷会長が「4月にスタートする」と述べたらしいです。つまり半年遅れ。試験段階ではかなり不具合がありましたし、そもそも電波関連が心細いし、新しい方式ですし・・・ギャンブルに見えてきましたが・・・。何より自由なイメージなくなりつつあります。まあいろいろ特殊だし、先行キャリアに追いつくのはかなり難しいから仕方がない面もあるのですが・・・。

baserCMS

私が有料で管理しているWordPressが年末に壊れたとの報告が。さくらインターネットのライトプランで本来は使えないはずなものを、リスクがあるという説明の元に設定したのだが、やっぱりダメでした。プラグインが公式から外されましたし、対応PHPなどの問題も大きく、既に使うメリットはありません。

しかし困ったことにさくらインターネットは上位サーバーへの引っ越しプランを用意しておりません。ドメインなどどうするんでしょうか??もう少し丁寧な対応が欲しい所ですが、安かろう悪かろうなので仕方がないでしょうね。かなりお世話になっているサーバーなのでその辺りは理解しているつもりですが・・・。

というわけで、WordPressは諦めました。今さらホームページビルダーもなかろう、と思ってググってみたら、さくらのライトプランでも条件付で使えそうなものが2つ。

baserCMS

なんと国産のCMSです。WordPressほど高機能ではありませんが、シンプルですし説明ももちろん日本語。さくらのライトプランでの稼働もHPに謳われております。SQLiteで使えるのが強みです。まあその場合ライトな使い方でしょうけど。

OneThird CMS

こちらも国産(福岡発)のCMSです。高速軽量がウリです。SQLite対応なので、ライトプランでもなんとか使えそうです。ただググるとさくらとの相性はあまり良くなさそう。対応していればインストールなんかも簡単なので、こちらも検討する価値はありそうです。

というわけで、今回はbaserCMSに。インストールしたら動かなかったので同様しましたが、PHPを最新にアップして、PHPを「cgi.fix_pathinfo=1」追記で無事動きました。動作も今のところWordPressより快調です。さくらのライトプランでWordPressに不安が出てきたら(まあPHPのバージョンだけで既に不安しかないですけど)、乗り換えてみると良いでしょう。

インストールは簡単。ダウンロードして解凍したらそのままファイル転送ソフトでアップすればOK。今回はルートに直接インストールしました。WordPressを念のため殺して(データはそのまま)やりましたが、特にトラブル無く動いています。

ただWordPressとは別物です。操作など慣れが必要です。今日一日かけてある程度のコンテンツを復活・更新しようと思います。

箱根駅伝2020感想

今年も箱根駅伝が盛況のうちに終わりました。恒例になったフリーザ様も出ていましたし。沿道でスマホ観戦している人が多かったように、ネット放送も認知度アップ。今後は日テレにかぶりつかなくても良いのかな?と思う反面、ネットと日テレの放送内容が若干違うのが気になります。まあ楽しみ方が増えたのは良いと思います。

さて、今年は記録づくめ。これは、選手のポテンシャルの高さが一番大切ですが、気候の良さ、前日までの天候、学校・個人の調整などが良かったんだと思います。シューズ問題はともかく、区間新が出ない年があるのに、あのシューズを履かないしかも常連校ではない選手が区間新を出しています。ただ記録が記録なだけに、今後はあまり区間新がでない年が続くのでは?と思ってしまいます。

シューズに関しては、もう大多数が履いているわけで、それでも記録が伸びない選手もいます。これだけシェアが高まったのでそれが勝負に影響出たことはなさそうです。それよりもシューズの開発競争、個人に合う合わないが問題になりそうで、数年のうちに多様化しそうな気がします。

箱根駅伝の魅力は、出てくる選手の人物像、歴史も含めて語られることです。今年も魅力的な選手が一杯出ていました。区間新を取るほどの実力があるのに、今まで出られなかった選手、1年で評判通りの走りなのに何故か文句がでる選手、昨年は悪かったけど、今年見事なリベンジを果たした選手、恐ろしいタイムで解説が時間を間違えているのでは?と言わしめる選手、歴史が浅くても見事な走りっぷりの新興勢力、一定の爪痕を残した忘れかけていた第1回覇者。予選下位なのに、きっちり予選順位よりも上位でシードを獲得した伝統校、タイムも悪くないのに連覇できなかった大学、東京区間だけは無敵だったシード初めて獲得した大学、毎年シード争いを勝ち抜いてきたが、ついに失った大学、上位間違いなしといわれたのに10位ギリギリだった大学、軒並み不発だった伝統校など。逆に山登りでは対策が講じられたのか?それほどの差がつかなりドラマが生まれにくくなった気がしますし、以前よりも復路が楽しくなったような気がします。

さて、母校の早稲田大学は、既報の通りシードを獲得しました。本当はそこで喜んではいけない大学なのですが、戦力と予選会の成績を見れば上々なのではないでしょうか?どうしてもスカウティングでは不利で、私が子供の頃魅了されたスター軍団の面影は最早ありませんが、良いレース運びでした。復路で崩れるパターンはなく、今後に期待できる選手もいますので、来年以降は優勝目指してがんばって欲しいです。

Zenfone5ZのAndroid10化

謹賀新年。今年もよろしくです。

年末から話題のASUSのZenfone5ZのAndroid10化。失敗事例や動かなくなった、google playが使えなくなった、twitterの不具合・・・など出ていたので心配でしたが、酒を飲んでいたこともあり、躊躇無くアップしました。私の場合Xperia XZsがありますし、最悪動かなくても仕事には支障がないということもありました。

さて、アップすると既知の情報通りアイコンや画面が変わりましたね・・・こんなところ変えなくてもいいのに、というものもありました。ただ心なしかキビキビ感が戻ったな、ということと一部アプリの設定が初期に戻ったな、ということがありました。何よりもスクエアホーム3という私が使っているwindow10のようなホーム画面アプリの表示が補足なったことが最大の違和感でしょう。左右に黒いスペースができたような・・・。

細かいことをいえば、Chromeが落ちやすくなったけど、再起動したら快適になりました。Twitterもカメラアプリも今のところ快適です。ニコ動で今将棋番組見ていますが、以前より安定しています(私の環境はニコ動が不安定でした。あまり見ないんですけどね)。

バッテリーも問題ありません。なんか心なしかバッテリーの減りが遅くなったような気がします。というわけで私の環境では快適です。使えなくなったアプリもありません。よく考えれば変なアプリは入れていませんし、ゲームもないですし、Android10が出てからかなり経っているので、Zenfone固有な問題以外は少ないはずです。

もっともネットでは不具合が多く報告されています。くれぐれも自己責任でアップデートしてみてください。では今年も皆様にとって良い年でありますように。

しろなまずの今年の10大ニュース

今年は曜日の巡り合わせで、年末年始を比較的ゆっくりできそう・・・でした。年末最終週は調子を崩したので厳しかったですが、なんとか直して冬休みに入れました。課題はいっぱいですが。

土曜日は午前お仕事で午後は嫁と最後の多摩動物園。遅くなったクリスマスプレゼントも買えたし。日月は嫁がいなかったので、日曜日は完全オフ。最終週は仕事も忘年会も大変でしたからゆっくりできて良かったです。月曜日は半日仕事、半日大掃除。年内最後の父の墓参りに母と。ここまで激近だと、何回来たかわからない。まあ区切りと言うことで。そして大晦日。やること一杯です。明日は親族が来るからその準備だな。令和2年は2日から始動だな。年始からハードスケジュールが待っているので頑張らねば。

さて、誰も知りたくない年末シリーズ。今年も個人的な10大ニュースで締めくくりたいと思います。

10位 auデータMAXプラン

4位の福島旅行で不安で契約。Let’s noteを持っていきました。テザリングで利用するために中古のXperia XZsを購入。思ったよりバッテリーが持たないけど、モバイルバッテリーがあれば安心です。仕事のPDFを躊躇無くダウンロードでき、パケ放題の威力を遺憾なく感じました。ただ動画を見ないと思ったよりパケットを消耗しないこともわかりました。もっともテザリングだと一気に消耗するのも事実。5G時代にどうスマホを使うのか?を改めて考えなければ、と思いました。

9位 会社のOBOG大集合!!

3月に長年活躍してくれたOが退職。某社のOBOGが集まって盛大な送迎会を行いました。本当は入社者もいたので歓送迎会になるはずだったのですが、1週間で辞めた・・・。またも人数が減少、OBOGがみんな集まって楽しかったですね。今年はOBOGがたくさん訪問してくれた年でした。これからも彼らが気軽に帰ってこれる場所として末永く頑張っていきたいと思っています。

8位 清里

結婚して初めてプライベートで2泊3日で旅行。清里は土地勘があるので楽しかったのですが、往年の賑やかさがないのがちょっと寂しかったです。八ヶ岳府中山荘も林間学校以来で30年ぶり!!久々にゆっくり東京を離れました。いろいろ文化的なものが見れて良かったです。近年余裕がなかったからな・・・。

7位 動物園行きまくり

多摩動物園の年間パスポートを夫婦で買ったので、特に行きましたね。年パスだと短時間でも入場料をケチらないでいいので、短時間訪問が多かったような気がします。季節毎にまったく違う風景。動物たちの活動も変わるのがわかりました。特に子どもたちの成長は本当に早いですね・・・。夢見ヶ崎や東武動物公園なども行き動物園毎の個性も感じた一年でした。

6位 初ボトル

夜のお店に初めてボトルを入れました。夜のお付き合いもちょっとずつ変化してきました。私には夜のお店の活用方法はまだまだです。少し大人になったということで。

5位 カード行方不明

まさかの事務所内で大量紛失。まあ盗まれたわけではないので、じっくり探しましたが・・・三ヶ月後に発見!!特に社員には迷惑をかけました。すみません。

4位 福島旅行

事務所協会のイベント(青年話創会と全国大会と支部旅行)がミックスされまさかの長期旅行になりました。私が東京から1日以上離れるのは希で佐渡に行っているときくらいなので。今回は30代40代通して最長となりました。しかも夏休みでもないのに。仕事で不安でした。仕事道具もたくさん持っていきましたが、意外と何にもなかったです。

3位 黒字決算

昨年が大赤字だったのに、今年は昨年以上に悪い・・・どうしよう??と思いましたが最終的には黒字決算。昨年のすべてを挽回出来たわけではないけど、良かったです。

2位 周囲に病人・手術続出

今年はこれにつきます。取引先の病気手術が多かったです。仕事がうまく進みませんでした。それに身内ともいうべきOBが手術で一ヶ月離脱したり、所属する協会のトップが2回も手術したりと、身近な人の手術も多く大変でした。自分の体調が比較的良好だったのが救いでした。

1位 台風

1位と2位は悩みましたが、こちらを1位にしました。思った以上に影響が大きかったです。仕事も台風がらみが後半多かったです。初めて災害でtwitterを最大限に駆使してみてSNSと主要マスコミの使いわけを改めて感じました。何で人間はこんなにデマを流すんだろうと悲しくなりました。snsでの有益な情報は東日本大震災のときに比べて落ちているなと感じました。来年も我々の想像を超える出来事が起きると思います。その備えはきっちりしておきたいと思います。

皆様、令和元年はいかがでしたか?元号が変わり、ラグビーワールドカップを始め、いろいろなことがありましたね。来年はいよいよオリンピックです。何があるかわかりませんが、大きな節目になると思います。年末年始にしっかり頭を切り替え令和二年に臨みたいと思います。

今年一年、しろなまずと、なまあず日記をご愛顧いただきありがとうございます。来年もこんな感じでゆるくブログを続けていこうと思いますので、皆様よろしくお願いします。では良いお年をお迎えください。

しろなまずの今年を振り返る

はい。令和元年もあっという間に終わりました。皆様良い一年でしたか?来年こそはそう自信を持っていえるように、今から今年の反省と来年をしておきましょう。

というわけで今年を個人的に振り返ってみます。

1月 ラジオフチューズに登場
府中に出来たばかりのラジオフチューズに出演。耐震診断や補強が多かった時期。ヒマを見つけて動物園に良く通う。年パス早々に元を取った。

2月 平行弦トラス講習会など
講習会や見学会が多かった。打ち合わせのキャンセルがやたら多かった。何でだろう??思い出せない。現場トラブル多し。一番閉塞感があった。

3月 マニアックな仕事多し
非常にマニアックな仕事の依頼が多かった。全体設計承認はすべて下りて良かった。社員が一名辞めて、補充したものの、1週間で辞めた・・・

4月 少し持ち直す
案件・問い合わせが多く、決まり始める。事務所協会の行事に忙殺。正直記憶がないが総会も無事乗り越えたらしい。

5月 ようやく落ち着く
怒濤のGW前だったが、ようやく落ち着く。K様邸の完了無事に終わる。物件も動き出す。建築士会の行事に初参加。

6月 悪夢の人生ゲーム
主催者側の手際の悪さで当日まで何をすればいいかわからなかった最悪のイベント。特建の調査が多かった。某支部長が入院したのでいろいろ代行して大変でした。

7月 新人ようやく入社
ようやく一名入社。まだ人不足は続く。頼りにしていたGさんが、ヘルニアで長期入院。正直パニックでした。生まれて初めてスナックでボトルを入れました。思えばこの当たりから酒の量が増えたな・・・。

8月 怒濤の耐震診断と無念の商工まつり不参加
大規模物件を短期間で診断。人不足や周囲の入院・手術騒ぎもあり、無念の商工まつり不参加。中盤に体制を建て直し、久々の夏期休暇で清里へ。

9月 良い年度末
隣地との関係でなかなか完了が降りなかった物件もクリア。新規取引先にも恵まれ良い年度末を迎えました。

10月 出かける事多くなる
支部と青年部会の兼ね合いで3泊4日と、私としては前例ない東京を長期離れました。スパリゾートハワイアンズは良かったな。ゴルフシーズン突入。

11月 もう忘年会
11月に忘年会が増える。様々な打ち合わせ日程がブッキングする。10月までの無理が祟って、なんとなく体調が悪い。どうした??ゴルフで足をつるし・・・。

12月 忙しすぎる年末
なんとか無事に1年乗り切った、と思ったら12月下旬は風邪をひく。会社を休むことはなかったが、若干ダメージ。忘年会も下旬に集まった。正月はゆっくりしたい。

自分以外の健康で振り回された年でした。取引先の健康状態がここまで響くとは・・・。また社員は通年元気でしたが、OBや関係者の手術も多く、なんだかな・・・と思ってしまいました。が、自分じゃなくてまだ良かったのかもしれません。私も健康に十分注意したいと思います。通期で離脱しなかったことが一番かん??全体でみたら、歯がゆい年でした。ただ最低限のことは出来ましたし、2020年に良い足がかりは作れたと思います。皆様も是非振り返ってみてください。次回は10大ニュースをお送りします。