HOUSE-省エネ Ver4のその他の新機能

まあ、なんでメジャーアップなのか?を考えるとHOUSE-DOCの読み込み機能ではなく、ホームページで紹介されているもう一つの目玉「省エネ基準の表示機能」が先に来るはずなのですが・・・。

まず省エネ等級判定アシスト機能。必要な施策と該当箇所を表示する・・・ということなのですが、見事それしかしていません。まあそれで計算者としては十分なのですが(汗)。

断熱等性能等級と一次エネルギー等級を指定すると、それに見合う性能がでているか、チェックします。ちなみにHOUSE-DOCでインポートしたばかりのデータでもチェックしてくれます。これはリアルタイム計算でも同じです。

まあ使えるかな?と。

期待していなかったプリチェックはもっと使えました。ツークリックでチェックしてくれますから。でもワンクリックで実際できるよな、と感じます。動作が速くて良いので是非ワンクリックでチェックできるようにして欲しいです。またF5とかファンクションキーに対応して欲しいです。HOUSEシリーズはグラフィカルでマウス操作がウリだと思うのですが、ちょっとのことはキーボードでも出来るようにして欲しいです。

はい。新旧の出力のリボンメニューです。ちがう箇所が一目瞭然ですね。

まずクイック(外皮)に待望の立面図が加わり、クイック(一次エネ)にBELS ZEHと冷暖房費が加わりました。立面図は待望ですが、試用版では試しようがありません。ただ立面入力機能が他社のものと違ってないので、整形の通常ツールのものを表示しているんだろうなと思います。そのような建物ほとんどないので、小手先ではなくきちんと立体で入力・確認できるツールが欲しい所です。

新しい計算機能としては、H30年のWEBプログラム改訂対応で、空気集熱式太陽利用設備の入力フォームが追加され、これから変わっていくだろう形式にも対応してくれそうです。

このソフトのキモは断熱材などを設定し、形を入れ、設備を設定すれば、だいたいの省エネ基準適合の目安が非常にスピーディーにわかることにあります。しかしながらそれはVer1でもそうだったわけで、Ver1~Ver4までほとんど変わりません。Ver3で入力できない形状を数値入力できるようになり、計算書を作れる形状が飛躍的にアップした後だから、期待はしていたのですが、そこはほとんど手つかずですね。

これからどんどん省エネ住宅を企画、設計していく人には向くと思います。ただZEHなどの計算書をバシバシ出そう、という人にはまだ安心して薦められるかは疑問です。今回は試用版だったので計算ができないので、結論は出せませんが、Ver3の動作からすると厳しいだろうな、と思ってしまいます。まずは本体だけで計算書から根拠図まですべて出せるようになってほしいものです。

 

 

HOUSE-省エネ Ver4のHOUSE-DOCインポート機能

実は試す前に、ある程度の予想を作っておいたのですが、やはりそんな感じでした。

このような画面で読み込みます。住所などが読み込めると楽なのですが、どうもそのようにはなっておらず都道府県のみのようです。まあHOUSE-DOCに〒番号がないですし。ただし〒番号を入力すれば地域区分なども入力されるようです。

あと木造かとかHOUSE-DOCからなのにありえない情報を聞いてきますが、設定で必要なんでしょうね。あと部材データから部屋形状に変換する方法を指定できます。

はい。意地悪なデータで読み込んでみました。これは部屋の中に文字列が二個あるものの例です。HOUSE-DOCは部屋に属性を持たせていません。部屋名をどうやって読み込んでいるのかな?と思ったら文字列から適当に引用しているようです。ラスボード真壁の上に「和室1」を入れてあったのですが、案の定、ラスボード真壁だけ読み込まれます。直すの面倒ですが仕方がありません。このようにならないようにHOUSE-DOCのデータを作れば良いのですが、意外と文字を書き込んでいる人多いんですよね。調査箇所とか、仕上げとか、劣化とか。試したところ矢印線があれば、読み込まれないようなので、そういったフラグがあるのかもしれません。また文字列が長いものを部屋名に呼び込んでいるような気がします(無責任)。あと部屋名がないと「部屋」と入力されます。なんだかな~。普通同一メーカー(厳密に言えばちがうんでしょうけど)、このようなことがないように両方のソフトですりあわせするものですが、どうもされていないようですね。マニュアルも何を読み込めるか?操作のところに書いてありませんし。試行錯誤しなければならないのでしょうか??

まあ、開口部は読み込まれますし、部屋も読み込まれます。屋根も読み込まれるのであとは1つずつ仕様を打てば良いので手軽といえば手軽です。ただ仕様も読み込むときに指定できるようにしておけば、もっと楽なのにな、と感じます。開口部にしろ、断熱材にしろ、通常は使う物比較的限られていますから。あと柱は読み込まないほうがいいのかな?と思います。サッシ位置もHOUSE-DOC通りに入ります。芯寸法なのですべて手入力で修正しなければならないですが、編集したものと、読み込んだばかりのものと、区別できるように色などでわかるようにしていただけると、わかりやすいです。

まあ、HOUSE-DOCからHOUSE-省エネにデータを持ち込もうとする人は少ないとは思いますが、エコポイントなどのときにどれくらい性能が上がるか?とか、断熱リフォームのビフォーアフターなどがわかるように示す資料作成と考えれば、かなり有効かと思います。断熱材なしの古い木造の外壁や、古いアルミサッシなど参考データが入っていると面白いですね。小難しく考えるより、一般の人がなにを求めているか?考えた方が面白くなると思います。まあ対応するならHOUSE-ST1、HOUSE-WLなど新築のソフトとの連動が先だと思っていましたが・・・・。

 

 

 

 

HOUSE-省エネ Ver4試用?

はい。試用版が出ました。試してみたい方は建築ピボットのホームページより。

さて、試用版を何で使ったの?と正規ユーザーなのに??と思うかもしれませんが、ずばりメーカーのせいです(だったら試すなって・・・)。私はHOUSE-省エネとSAVE-住宅両方持っているのですが、機能の実装がどちらが早いか?という重要な問題があり完全にSAVEが上位互換というわけではないのです。それでもHOUSE-4号とHOUSE-ST1のような意味不明な関係とは異なり、時間だけの問題なのですが。

基本個人住宅の省エネがメインなので、HOUSE-省エネだけ持っていれば済むのですが、年に1回くらい共同住宅の設計もあって・・・まあそんなわけでまだ悩んでいるので、とりあえず試用版で試してみました。

HOUSE-省エネの今回の目玉は・・・HOUSE-DOCのデータインポート機能です。これは耐震補強、耐震リフォームなどと連動して省エネを推し進めるのに便利かもしれない機能です。またメガソフトの3D Archi Designerとも連携できるようになりました。まあ天井高さ情報がないとか、斜め天井とか、そういった面倒な形状を持ってこられないわけで、あくまで間取り入力の省力化を目指した仕様になっているようです。

もう一つの目玉は計算機能・計算書出力の向上です。残念ながら前バージョンはVer3となっているのに、まだ省エネ計算用の全帳票が出力できない、という悲しい仕様が残っていました。果たしてVer4では如何に?ちなみに住宅版BELS、ZEH性能表示や、プリチェック、立面図出力機能が加わったようです。また省エネ等級判定アシストという、建築ピボットだと若干不安になるような機能も搭載しています。

さて、3回に分けて書きます。次回はHOUSE-DOCのインポートです。

 

ネスカフェアンバサダー

本舗では、飲み物に凝る社員が代々いました。1人1人別別なものを持ってきていた時代もありました。ネスカフェのバリスタを使っていたのですが、いつの間にか豆がいい、ということで、シロカになっています。そして今回・・・ついにネスカフェアンバサダー導入です。

定期的にカプセルなどを買えば本体価格0円で使えるという安定のネスカフェ商法。手軽さが身上のマシンは手入れしやすく、シャープのお茶プレッソなど見習って欲しいところです。まあ思想が違うマシンなんですが。

ネスカフェマシンに共通していえるのが、水の状態から熱い珈琲や茶を入れられること。即席でお湯を作って・・・・ということが可能なのでポットとか不要で手軽です。これは初めて見たときは感動しました。反面、たくさん入れるには向かず、一杯一杯それなりの時間がかかるので小規模な事務所などで各自入れるという用途に向きそうです。

今日、本舗にアドバイザーが来ていろいろ指導していってくれました。試飲も含め。このようなきっちりしたサービスは本当に助かります。

届くのは週末になりそうです。続くかどうかは、気に入るカプセルがあるかどうか?でしょうけど・・・。

小規模住宅への省エネ基準適合 設計時に「説明」を義務化

新建ハウジングホームページにて

詳しくは上記ホームページをお読みください。ついに一般的な戸建て住宅にも省エネ義務化へのステップが始まろうとしています。

設計時に省エネ基準への適合しているかどうかを、設計者が説明することを義務づける、というもの。必ずしも適合する必要はないが説明が必要、ということです。あくまで12月3日に開かれた有識者会議での方針案で、まだ決定ではないが、今後徐々に省エネ住宅の義務化へ向けて進んでいくと思われます。

DRA-CAD Ver17.0.1.3

DRA-CADの新バージョンの17も順調に出荷されているようですが、皆様もうご利用頂けましたか?さっそくアップデートされていますが、リニューアルされたレイヤパレットがらみが多いですね。使って見るとちょっと中途半端な仕様でしたからね。まだ改良の余地は残されていますので、丁寧に対応して欲しいところです。

DRA-CADの購入はなまあずショップ楽天市場店にて。

GPD Pocket2一太郎発売記念特別セット

GPD Pocket2一太郎発売記念特別セット

あのウルトラモバイルPCのGPD Pocketの後継のGPD Pocket2の一太郎発売記念特別セットが販売されています。限定数にすぐ届くかと思うので、購入希望の方はお早めに!!

このマシンは、旧機種にくらべてかなりパワーアップしています。メモリが8GBだとか、CPUがAtomからCore m3にパワーアップしたとか。スペック以上にキーボードが良くなったとか改良点も多く、完成度は明らかにアップしています。服によってはポケットにも収まるので、サブパソコンが欲しい!という方には最適かと。

で特別記念セットは、本体が赤いと思いきや、それはハズレ!

5大特典がついてきます。JUSTロゴ入りのポーチとか(欲しいか?)、スキンシートとかキーボードシールとか、専用ピンセットとか、液晶保護フィルム・・・欲しい人はいるでしょうね。赤くなくて残念!!という人はスキンシートで我慢!ということでしょうね(もちろん赤い!)。

JUSTの会員ならそこそこ価格も安く買えますが、元値が意外と高いので・・・。でも最近はスマートフォンも高いので、それに比べたら格安と感じる人もいるかもしれません。

個人的には買いません(Windowsが遅いのは理解しているが、iPadやAndroidの快適さを考えると小型端末にWindowsは不要です)が、かなり良い感じに感じます。

 

WOOD-ST Ver1.5.0.1公開

構造システムの木造構造計算ソフトWOOD-STのVer1.5になってからの最初の更新です。やっぱりというくらい修正内容が多いですね・・・。

土台直下の基礎梁の件は、どうなんだろうな?と思っていたのですが、意外な手で対応してきましたね。狭小などでは意外と多いから今後トラブルがなければ、と思います。修正内容を見ていると、大きな部分は概ね問題なく、熟成段階に入っているんだな、と安心しました。

WOOD-STは巨大な建物や複雑な建物を対象、というより比較的単純な造形ながら、スキップフロアや吹き抜けが多く、従来の新グレー本では対応できないような建物が向くと思います。具体的にいえば、倉庫や車庫、狭小住宅でしょうね。部材数が多くなると計算書も膨れ上がりますし、それをまとめるスキルも必要になってくるかと。

全国から高力ボルトがなくて施工できない例が増えてきている・・・

この話題、夏頃がピークだったのか?と思っていました。私の事務所では、元々鉄骨造が多かったわけですが、今年は木造のほうが多かったので、それほど重要視していませんでした。

しかし9月頃にも解消の見込みがない、との情報がでてきたのと、本来不足するはずの大型案件はスムーズに進行していることから、何を信じたら良いか?と自分でも判断できない状況が続きました。ボルトの在庫がある問屋さんなど知らないか?みたいな問い合わせもありました。

10月に入ると状況は一変。完了する予定の物件がボルトだけのために完成せずに完了検査を受けられない物件を複数報告受けることになります。とはいっても、計画変更が発生する事案ですし、そんな簡単に変えられないしどうするか?を検討し始めました。

11月に入ると、それらの物件の進捗がなく、大騒ぎになってきています。いうまでもなく引き渡しは出来ませんし。月末には業界からの通達のようなものがでて、国内全般で不足が続くことが明らかになりました。木造やRC造でできるものは、構造変更して望んでいます。しかしアパートなどの外部階段はなかなか置きかえが難しく対応に苦慮しています。運が悪いことに、この時期から鉄骨造の案件が急増したため、仕方なく断ったり、ボルトが不足していて・・・を伝えるようにしています。確かに設計のせいではないのですが、建物が完成しないことにはこちらも商売にもなりませんし、結果的にご迷惑をおかけすることになります。

現在、行っているのは、耐火木造にならない鉄骨向けの建物は、木造に置き換えて提案しています。RC造内の屋内の鉄骨階段はRC造で提案しています。当然早く解決してもらえれば、いいのですが、各方面からの話では解消にはまだまだ時間がかかるようです。

そんなわけで鉄骨造案件には、しばらく十分に注意した方がいいでしょう。

JWWからの乗換に適したCADのARESは強力!!!

ARES??と思うかもしれませんがJDRAFと聞けばわかる人が多いのではないでしょうか?JDRAFは評判の高いDWG互換CADでしたが今年の12月31日でサポート終了になります。その後継がARESです。

AutoCAD互換CADの中では、日本対応に力を入れています。特にJWW関連は強力で、JWWとの操作の互換性向上には消極的なDRA-CADを大きく凌ぎます。

(クリックで画面拡大)

AutoCADとはファイル互換だけでなく操作も似ています。そうなるとJWWなどのCADからは非常に乗り換えにくいと言えます。しかしARESは、JWWのファイルの読み書きができるうえ、JWWの操作性を極力採り入れたモードが存在します(上の画面キャプチャーがそれです)。JWWの左右に別れたアイコンはかなり似ている(もちろん移動できる)し、何よりもレイヤ、レイヤグループの使い勝手がほぼ同じとなるので、DRA-CADよりも直感的に操作が可能です。JWWの操作を極力変えずに、DWGなどの編集もできるCADとして考えると一番優れているのではないでしょうか?またクラウド版とモバイル版(iOS、Android)まで備えていて、1ライセンスで使える!というのもポイントが高いです。そして本家AutoCAD LTと違って、カスタマイズ機能が豊富にあるのも強みです。

試供版を使って見た限り、DRA-CADよりもはるかに、JWWっぽく使えます。逆にAutoCAD特有の部分も残しているので、そこは戸惑うかもしれません。ファイルメニューでJWWを直接読み込めないとか(あくまで追加ツールで対応しているためと思われます)、完全なシームレスにはなっていないのも残念です。

価格的にもDRA-CAD LEより安いので、JWWからの乗換の有力な選択肢といえます。日本の建築設計に長年対応し続けたDRA-CADは壁量計算や部品類など、まだまだアドバンテージがあるのですが、そのようなものが必要ないなら、ARESが良いと思います。逆にDRA-CADは機能詰め込みすぎなので、もっとシンプルなものが欲しいと考える人も多いかと思います。