D-Sub端子しかないディスプレイの活用

最近のノートパソコンだと、D-SUBが普通にないです。D-subとはディスプレイ端子で以前なら一番流通していたものなのですが。Let’s noteが手放せないのはD-subがあるからだ、という人も多いと思います。プロジェクターもD-sub専用もまだ残っていますし。

さて、私の会社の従業員達は代々4:3の旧型のディスプレイを愛用している人が多いです。それをデュアルにしています。最近のデスクトップパソコンは普通にデュアルに対応できますが、D-subとHDMIとかが多くD-subを2台は難しいです。ちなみにLet’s noteは普通にD-subがついているので本体のディスプレイと外付けで普通にデュアルが可能ですし、HDMIもあるので、本体とテレビでデュアルなんてことも簡単です。

わざわざディスプレイカードを買うのもな~と思っていたら、世の中良く出来たものでD-subとHDMIの変換ケーブルなるものがあります。価格も安く心配になるくらいですが、私の環境では3本ほどうまく使えています。相性問題などは今のところ発生していないようですが、ネットの情報ではやはり不安は残ります。

一頃流行したスティックパソコンもHDMIしかないですが、あれも変換ケーブルだけで普通にD-subのディスプレイにつなげます!!意外と旧型のディスプレイって社内に残っているので重宝することも多いかと。私の場合はwallstatの変換などにスティックパソコンを使っているので、たまにディスプレイを切り替えて・・・・なんてときに便利です。wallstat本当に変換遅いですし・・・。

それにしてもスティックパソコンはいいです。コンパクトですし持ち歩き楽だし。正直遅いので、もう少し高くなっても良いから高速にして欲しいです。私の環境下ではファンは必須です。アップデートが一番熱を・・・という笑えない状況です・・・。

さて連休中のお仕事のために、自宅のパソコン環境を整えました。社員の退職が多かったのでパソコンも余っているので寝室にセッティングして会社の仕事を自宅で続けてできるようにしました。Let’s noteもディスプレイを繋げばCADや構造計算くらいならなんとかなりますね。4月は体調を崩していたので仕事を溜めるだけ溜めてしまったのでこれから頑張ろう♪

文章入力マシンを考える

ブログやマニュアル、小説などを書くのは、すでにパソコンが主流になってから久しいです。ワープロ専用機がなくなってからも、モバイルギアなやポメラなどが出ましたが若干の流行はあったものの主流にはなりませんでした。

出先で手軽に文字だけでも入力したいという需要はあると思います。ポメラはその穴をうまく埋めました。私も初代とDM100を使っていました。しかしそれだけでこなせるマシンではないです。私の理想はモバイルギアのような簡易なOSを搭載したマシンです。事実私の文筆マシンでは一番長寿でした(R520)。標準の文字入力はあまり賢くなかったのですが、ATOKをインストールできたので補えました。フリーソフトもある程度ありました。PHSカードも入れられたので通信もできました。意外なことに、今この程度のことができる小型のマシンは異常に少ないです。最近出荷されたクラウドファンディングで話題になったGemini PDAはその需要をある程度満たした数少ないマシンでしたが小型化によりキーボードが若干犠牲になった感があります。

手の大きさ、相性もあるのでしょうけど、今その条件を満たすマシンは、Let’s noteのRZシリーズでしょう。普通にパソコンとして使うには小さすぎるディスプレイですが、キーボードがしっかりしていて文章を打つのに最適です。13インチと異なり、電車や狭い喫茶店などでも幅的に邪魔にならず、キーボードの音も割合静かです。バッテリーも省電力にすれば及第点です。もちろんフルバージョンのパソコンなので、一太郎のような文章構成機能がついたワープロやATOKなどの変換ソフトも使えます。個人的にはモバイルギアなどのように横長ディスプレイにして欲しい所ですが、まあ大きさ的にギリギリ及第点です。難点は価格ですが、いざとなれば構造計算やCADも難なくこなしてくれるので文章入力マシンとノートパソコンとみればいいかな?と思います。私のRZ5は格安SIMも使えるので、ネット認証やメールやSNS、ブログ掲載などでも単体で出来るのがいいですね。Let’s note系はSDカードやネットワーク端子、ディスプレイ端子を過不足なく搭載していますし、バッテリー交換も購入で簡単にできるので理想的です。

まあ何でも出来るイコール中途半端になりやすいです。実際、ある程度の性能があるからこそのディスプレイの小ささはいかんともし難いです。パソコンとしたら13インチ程度で軽量なパソコンいっぱいありますからね。しかもLet’s noteの半値程度で買えますし。

MBAのようなバランスの良いノートパソコンが売れているのも理解できます。ただとんがったマシンは楽しいです。選ぶ過程も楽しいです。そのようなものをメーカーが共有し続けてくれることを願っています。

LTE内蔵!!13.3型モバイルノートパソコン、マウスコンピューターより発売

昨日発売になっていましたね。直販ではなく家電量販店ルートでの販売が嬉しいですね。

対応バンドが3Gが1と19、LTEが1,3,19,21とまあとりあえずドコモなら問題無さそうです。もちろんSIMロックフリーです。

13.3型はバランスが良く好きですね。10型は40代の目には辛すぎますし、15型はカバンの納まりが悪いですから。

CPUはCeleronの3865Uと抑えめですが、8GBメモリ240GBSSDと、ミドルユーザーのツボを押さえた合理的な仕様となっています。今さら128GBSSDとか4GBとか実用性に乏しいですからね。マウスはこのあたりの設定を心得ているので好きです。

SIMスロットもmicroですし、厚さも17.6mmと十分です。バッテリーも8.6時間ということでなんとかモバイルで利用できそうです。画面もノングレアでフルHDと実用性十分でビジネス利用に嬉しいです。外部出力ではMini DisplayPortやHDMIを備えていますし、なんとLAN端子も備えています。SDカードリーダーもフルサイズですし言うこと無しです。まあD-Subがないのを文句言う人はいるかもしれませんが・・・。

肝心の重量は1.5kgとかなり重めです。このクラスなら1.2kgで押さえて欲しかったが、これだけ充実していれば問題無いでしょう。おおむね10万円を切る価格で販売されているようです。海外勢に魅力的な商品が揃っていますが、価格も含め十分戦えるような気がします。

SIMを使えるLet’s noteを使っていると、本当に便利さを感じます。いざというときに使えるというのは強みです。これからはSIMを使えるノートは標準にすべきだと思います。契約するかどうかは使う人の自由ですし、スマートフォンに必ず内蔵されるくらい小さいモジュールですしね。NECや富士通もケチケチしないで全機種搭載!!!くらいの気合いが欲しいものです。

耐震CheckⅢのハードプロテクト版料金変更

耐震診断ソフト耐震Checkのハードプロテクトの値上げのお知らせが届いた。1000円だけ上がるようです。4月1日購入分より適用されるそうです。購入を検討されている方はお早めに!!相変わらず購入しやすい価格で堅実に開発を続けてくださる作者様に感謝です!!

一時期はUSBを使ったハードプロテクト全盛でしたが、現在はネット認証系が主流です。私も多いときは20個くらいハードプロテクトを持っていましたが、今使っているのは、KIZUKURI、KIZUKURI2x4、ストラクチャー・スイートの3つのみとなりました。確かに壊れる心配はないのですが、ネット認証っていろいろ不安な部分も残ります。メーカーの継続性とか。確かに実務で使わなくなっても後で結果だけ見たいとかありますからね。そういうときに使えるか?というのもポイントとなります。

kizukuriのフロッピー版は未だにWin95の実働機があれば動きます。伏図に梁サイズもあ入っておらず、断面の検定もなく算定結果から梁サイズなどを決定しなければなりません。今のユーザーには使いこなせないでしょうね・・・。

Let’s note RZ5のSSDを換装

現在の私の外出用ノートパソコンはLet’s note RZ5。非常に軽量で、小さく、打ち間違いが少ないキーボードを持っていて・・・壊れにくくSIMも入る最強のモバイルノートである。

当時の店頭販売機種では、比較的安価でSIMが入るものはSSDが128GBのみ。これは不足するだろうと思ったのですが、どうせ換装するし、と思って購入しましたが、忙しくてなかなかできずできなかったのですが、ようやく交換しました。

128GBで足りるだろう?と思うかもしれませんが、BIMや構造系ツールを入れると厳しいです。256GBあれば十分なのはわかっていましたが、今回はあと2年使うことを考えWesternDigitalのSSDのうち、500GBと比較的余裕があり安価なWD Blue PC SSD のWDS500G1B0Bにしました。RZ5は高速なSSDを搭載できないので、M.2で選ぶときに注意が必要です。事前の情報ではこのSSDの換装情報がなかったので不安でしたが、規格は問題ないし価格もまあまあなので購入しました。

まずUSBメモリの32GBにリカバリー用のデータを作ってから、バッテリーを抜き、プラスドライバーで分解し、SSDを取り外します。わからない方はネットでググってみてください。簡単です。特に注意もなく取り付けて、バッテリーをつけてUSBメモリをつけて起動。すると指示に従うと簡単にリカバリーできます。時間はそこそこかかりますが、拍子抜けで完全復元が可能です。しかしWindows10のアップデートが膨大なので非常に時間がかかりましたね。

その後ソフトウェアを入れて使えるようになるまで約3時間。別につきっきりでなくてもいいし、ブラウザやメールなどは簡単に復元できたので、作業環境を整えるのは非常に楽。SSDの空きも思いっきりあるので、今後も安心です。

顔認証カメラCM-1

メインのパソコンの入れ替えに伴い、顔認証システムを導入しました。マウスのCM01です。指紋認証も試していましたが、やはりノンタッチのほうが・・・ということです。

ウィンドウズを起動すると、カメラ全面が赤く光り認証していることがわかります。うまく認証するとノンタッチでそのままデスクトップ画面が表示され、普通にパソコンを操作できます。

これは、非常に快適です。もちろんパスワードなどかけていなければ、当たり前の操作感なのですがね。セキュリティを重視する仕事をしているとやはりパスワード程度はかけておくものですし、席を離れるときはログオフするものです。セキュリティを確保しつつ手軽さを確保できる顔認証は今後もっと普及してもいいシステムだと思います。

ちなみにマスクをしたら、認証できませんでした。顔の角度もある程度正面を要求されます。まあ仕事する前なので、正面向くのは当たり前なので大丈夫ですが。

最近はパソコンが新しくなっても真新しさがなくてつまんないな~という人にお勧めです。

スマホがなくても困らないのでは?

スマホって便利です。何でもだいたいできますし。それが不幸なのですが。

というのも、何でもできるから、ニュース見たり、SNS見たり、ゲームしたり・・・・で時間泥棒されます。

メール返信だってパソコンのほうが便利ですし、電話ならガラケーのほうが楽です。

スマホをよく忘れる私ですが、意外と困りません。Let’s note(LTE付)があるので、問題ないです。

そう思うとノートパソコンに通信機能がついているということはずいぶんなアドバンテージです。

Wimax内蔵機を使っていたこともありますが、非常に便利です。現在のLTEは速度こそ当時のWimaxに劣るような気がしますが、使えるエリアは広大です。バッテリーが唯一の懸念ですが、それなりのバッテリーがもつノートパソコンで、ACアダプタを持っていればほぼ解決です。パソコンの性能も頭打ちとはいえ、使用に十分。構造計算だって問題ないです。

このような環境の変化に気がつかなかった要因は、USBプロテクトがなくなりつつあることが大きいと思います。私の仕事だとプロテクトが5個以上なんてこともあり、壊れたり紛失したりの恐怖より持ち歩けませんでした。そしてネット認証はネットにつなげないとき・・・という恐れもありました。その点LTE機なら、ネット認証の恐怖もありません。データ通信量もわずかですし。

またDropboxやonedriveなどの普及もあります。これならパソコン内にデータを入れておかなくても大丈夫です。私のLet’s noteにもほとんどデータは入っていません。

下手にタブレットやスマホを便利に使うよりよっぽど快適な時代になっていますが、ノートパソコンの売上げはあまり芳しくないようです。どちらかというと見ることがメインのスマホとかのほうがいいようですね。創造的な仕事はパソコンではできない、と言われた時代がありましたが、今は更に創造性がないものが・・・ということで。

電車内で構造チェックが簡単に終わり、ブログを書いている・・・今の私には一番良い環境なのかもしれませんね。

新Surface Bookは更に良さげ!!

ついに新Surface bookが発表になりましたね。4月20日発売予定です。価格は285,800円から。

高級でタブレット分離・・・・というコンセプトはそのまま。しかし前機種は性能的には中途半端、特に外部GPUが弱かったのでクリエイティブ向けとはいえなかったのですが、新Surface Bookは、GeForce GTX965Mと、GLOOBEなどのBIMなどでも使って見たいようなGPUを搭載。またバッテリーも長く保つようになりました。トレードオフで130gほど重くなりました。

上位モデルはそれなりに高いです。ただ4月19日までに予約するとAdobe Creative Cloudフォトプラン12ヶ月メンバーシップがプレゼントされるそうです。面白い試みですねえ。

EW-M770TとMFC-J6995CDW

インクジェットプリンターも成熟した・・・といわれて久しいのですが、この2つのプリンターは売れ方によっては今後のプリンターのビジネスモデルや開発期間、スタイルなどに大きな影響がでそうなほど、画期的なモデルです。どちらも技術的には目を見張るようなものではなく驚くべきことも少ないのですが。

まずEW-M770Tは、エプソンの大容量インクタンク搭載のいわゆるエコタンク搭載プリンターです。過去に出したものは海外仕様のようで日本の市場にはマッチングしたとは言いがたいものの、付属インクでかなりの量の印刷ができ、ランニングコストが異常に少ないことから話題を呼びました。しかし売れ筋・・・とはなりませんでした。そこで登場したEW-M770Tは、日本向けの仕様にしたモデルで、インクも非常に入れやすく、給紙などのハンドリング、印刷品質などにもこだわった機種となりました。従来のエコタンクに比べてランニングコストは悪くなりましたが、それでも大量に印刷するユーザーにとっては魅力的です。廃インクタンクをためるメンテナンスボックスはユーザーが交換可能で、予備もついているという充実度。これで心置きなく印刷できるというものです。特に写真印刷を大量に行いたい人には魅力的な機種になったのではないでしょうか?写真品質は4色インクながら、そこそこで低コストで印刷できる利点を重視するなら十分にアリです。家庭用の機能も搭載されていて、無線LANに対応するのはもちろん、黒は顔料になり、ディスクレーベル印刷も対応、背面手差給紙、自動両面印刷・・・・比較的高機能なのも魅力です。

MFC-J6995CDWはブラザーのA3複合機。キャノンは置いておいてもエプソンに比べてもA3機に思い切った機能を搭載しています。大型の複合機に遠慮がないからでしょうか??

ようやく全色顔料インクになり、普通紙での印字品質向上を図っています。ビジネス機はこちらのほうが良いと思います。タンクが大きくなり、モノクロランニングコストは1円を切り、カラーも4円と、EW-M770Tほどではないけど、非常に安価です。これなら大量印刷も安心ですね。なにしろカラーで1500枚、モノクロに至っては3000枚も印刷できるインクカートリッジは魅力的でしかないです。そのうえ節約モードを標準で搭載していて、ドラフト印刷に威力を発揮しそうです。トレイがとにかく充実していて上段250、下段250と非常に容量の大きいものを搭載しています。紙の種類を変えて入れられるので便利ですし汚れません。おまけに後部に多目的トレイがついており、こちらも100枚可能です。なんと角2封筒をサポートしておりそれだけでも魅力的です。高速プリント、両面同時スキャン、原稿サイズ自動検知など高価な複合機と同様な機能をも搭載しています。

どちらの機種に言えるのが、販売価格が高いことです。これでランニングコストも高かったら意味がないのですが、この二機種は非常にランニングコストが安く魅力的です。安価なモデルを壊れたら買い換える・・・というモデルではありません。メーカー的に見たら売れる台数も減るのであまりおいしくない話しですが、この額のプリンターをユーザーが受け入れてくれたら、売り方も変わってくると思います。売れればバリエーションも変わってくるはずで、写真専用の小型高耐久プリンターでインクがエコタンクとか(本体価格高そうだけど需要ありそう)、A3専用モノクロプリンターでタンクが異常にでかいもの、など出てくるかもしれません。

メーカーが商品開発しているのは確かなのですが、それは常にユーザーの声と、販売実績により左右されます。この路線がいいな、と思ったら実際に買って使ってみましょう。プリンターインクの高価格に不満を唱えているだけでは、何も変わりません。

Surface Ergonomic Keyboard

マイクロソフトといえば、WINDOWSやOFFICEで有名ですが、良質のマウスやキーボードでも定評があります。個人的にはマイクロソフトのでっかいエルゴノミックデザインのキーボードが大好きなのですが、最近ありません。

さて、Surfaceシリーズのアクセサリなのですが、BluetoothキーボードのSurface Ergonomic Keyboardを発売しました。昔からのデザインを踏襲した美しいデザインを更に洗練させています。また余計なものがなくなってスッキリしていますね。英語キーボードというのもいいですね。テンキーもありますし。パームレストも広々。Bluetoothなので反応や電池寿命が心配。またスッキリした分、キーストロークや感触も興味があります。高いキーボードなので、ぜひ店頭で触って試してみたいと思います。触ったら買っちゃうかも・・・