HOUSE-DOC Ver5

構造システムのホームページにひっそり新発売キャンペーンが公開されています。

木造住宅耐震診断プログラム評価を更新した新バージョンとなります。出荷は更新手続き完了後となるそうです。

いつも通り10%引きキャンペーンとなります。バージョンアップも同様です。バージョンアップ金額は2万円ほどですが、これなら年会費と変わらないもしくは高くなってしまう可能性もあるので、そろそろ年会費制に移行した方がいいのかな?と感じます。

製品概要を見ても新機能などが書いていないことから、評価更新のみのバージョンになるのでしょうか?そもそも機能がシンプルなうえ、N値計算は別売だし、本体価格は高めなので、機能面で充実しないと他が頑張っているので、今後は厳しいかな?と感じます。

HOUSE-DOC用のもくツール開発中

もうすぐ、HOUSE-DOCの評価書の期限がきますので(6月26日)、その記念に、HOUSE-ST1で好評の、もくツールのHOUSE-DOC版を作成してみました。

ちなみにHOUSE-ST1用はVer7に6月になります。基本的に本体のバージョンと並ぶ「はず」なので、大幅に遅れてしまいました。鉄骨階段の計算ツールが強化されました。kizukuriからの乗換向けの基礎の計算や、母屋下がりの合成増加の計算ツールやSWS試験から沈下の検討が必要か判断するツールなど大幅にアップされています(一部はプレビュー版で事前に公開済)。

さて、HOUSE-DOC用は

①文例集(総合所見等)
HOUSE-DOCは良い意味でシンプルです。文章なども自分で考えなければなりません。そこで代表的な文例などをまとめて置いておいて手軽にカット&ペーストするためのツールです。いくつか文例は置いていますので、自分で使いやすい文などを登録して使います。

②診断時判断事例集
診断時に初心者が迷いやすい点を集めた事例集です。

③開口部にブレースを入れる
通常、ブレースと垂壁は併用できないのですが、これは補正できるようにしています。主にウッドピタのような外付けブレースと垂壁を併用したい場合に利用します。

④小屋裏収納補正
小屋裏収納の面積から必要耐力割増係数を計算するシートです。一階にある場合も二階にある場合も対応できます。

⑤88条地震力補正用シート(構造計算ソフト併用)
KIZUKURIやHOUSE-ST1で荷重計算を行って、HOUSE-DOCの計算結果を補正するシートです。より精密に評点を評価できます。特に外壁が二種類以上使われていたり、屋根が1階と2階で違う場合などの評点をきちんと算出できます。

です。88条地震力補正用は、マニュアルに書かれている簡易版も後日公開予定です。そちらは構造計算ソフトなしである程度補正ができるので便利です。

すべてExcelのシートで提供していきます。また今後拡張していく予定です。特に基礎の補強時の検証は要望が多いので作ってみたいです。

HOUSE-DOC向けは無料で公開予定です!!

達人診断 Ver.2.1.0

木造住宅の耐震診断ソフトの達人診断が、Ver2.1.0になりました。

機能充実に邁進してきた同ソフトですが、いよいよ細かい部分まで煮詰めてきているようです。使い勝手などの改良がメインです。また一般財団法人日本建築防災協会(建防協)のプログラム認定の申請中だそうです。こちらのほうでも既存ソフトに追いつきそうですね。帳票もシンプルで見やすいのですが、一般の方向けと考えるとまだまだ改善の余地はありそうです。

Ai分布を使った荷重設定もシンプルながら使いやすく、1、2階で荷重が違う建物、ある程度荷重を精算したい場合など、威力を発揮しますね。この機能はどの耐震診断ソフトにも標準で搭載して欲しいところです。ただし今のままだと、同じ階で、違う仕様になっている外壁など反映させるのが難しいので、そのあがりを対応して頂けると更に良くなると思います。

重量と高さの設定

ソフトウェアの年号の問題

ソフトウェアを使っていると日付出力がよくあるのですが、古いソフトだと和暦固定だったりします。平成が終わるわけで、現在サポート中のソフトは先に対応しているはずですが(そうでなければわざわざ法人の有料ソフトウェアを使う意味がありません)、なかには対応がまだのものもあるようです。古いソフトの場合、最新版にバージョンアップするなどで対応できるものもありますが、既にサポートを打ち切られた最新バージョンですら古いものは手のうちようがありません。その場合、DocuWorksなどに打ち出して上から文字を・・・という手段で対応するしかないようです。

ちなみに竣工年は西暦も和暦も選べるHOUSE-DOCは、なぜか出力日は和暦固定です。何やってるんだか。一応印刷設定の日付で、平成「 」年の部分を2019と入れれば、平成が消えて西暦で出力できるのですが、面倒ですよね。こんなこと4月の段階でわかっていたはずですしね・・・。このようなソフト意外とあります。そんな小さな事言わんでも・・・というかもしれませんが、小さな事をきちんとやらないところは、大きな事もきちんとやらない傾向がありますので・・・。そう思われないようにお互い注意しなければなりません。

他のソフトも対応・非対応あるので注意が必要です。また市販の確認済表示板も平成のままで販売されています(なまあずショップでは防水シールを貼って対応しています)。あとExcel等の書類も平成のままが多いので要注意です。

MathJAX とJavaScriptで階段ササラの計算

サンプル作ってみました。
WEBプログラミング(構造トレインNZX) の中のSCRIPT1です。

これは、階段の重量やスパン等を入れれば数式入りの計算結果(曲げ、たわみ)が出る仕様になっています。曲げなどは分数表示ができると俄然見やすくなりますね。手計算で検算できるので便利です。

JavaScriptで文字列を強引に連結させてinnerHTMLで書き出します。中央に表示される仕様も左揃えに設定しました。整形は古典的な方法(・・・)で作っています。実務用には階段荷重を計算するスクリプトとZとIも鉄骨断面から自動計算できるスクリプトをつなげて完成です。その2つは、段板の計算に転送できるので、これでササラと段板計算が完成します。

HOUSE-ST1へ追加荷重算出までできれば、室内の鉄骨階段及び屋外階段込みでの計算が楽になります。

CANVASで数式を書き出すのが楽か?テキスト整形でLaTeX仕様で書き出すのが楽かは、短いものならMathJAXを利用してLaTeX・・・がスマートだと思います。

もう少し完成度を高めてみます。

KIZUKURIの新旧バージョンのインストール

木造構造計算ソフトKIZUKURIは長いことVer7台となっています。インストールフォルダはずっとKIZUKURI_V7だったりします。機能が大幅に違うので、V7系二種類インストールしたまま、にしたい方も多いと思います。特に最新にV7.7系は青本の計算ができなくなっています。これは必要ないと思うのですが、結構最近まで使っていたり、古い計算結果の検証などでは使う方がまだまだいると思います。私も頼まれたので検証してみました。V7.1とV7.7の共存です。

注意)これはメーカーサポート外の使い方です。

まず、V7.1をインストールし、V7.1の最新版までアップしておきます(これ重要)。基本的にアップデートは最新版にしか適用できないので。V7.1をインストール終えたら、フォルダ名を「KIZUKURI_V7-1」に変更します。

次にV7.7をインストールします。フォルダはそのままで大丈夫です。これで両方使う事が出来ます。V7.1を使うときのショートカットは画面かどこかに登録しておき名前を変えておけばOKです。

この使い方の利点は欠点と背中合わせです。ぱっと見どちらのバージョンか分かりづらいですし、前回開いたファイルの履歴などは共通なのです。まあ基本は最新バージョンで、古い物はV7.1のショートカットで開き慎重に保存などを考える・・・ということを心がければ問題ないでしょう。知人はこれで問題ないといっています。

V7.7のほうのフォルダ名を変えてしまうと、アップデートのとき7.1のほうが対象になってしまって、アップデート出来ません!とエラーが出ますので要注意です!!

V7.7の評判が悪いですが、一応新グレー本2017に対応していて短期めり込みの計算が楽ですし、金物工法への対応も楽です。青本ができない、めり込み設定が変わったとか、画面が見にくくなったとか、V5のときと同じような苦情をよく聞きますね。V4.85とかもそんなことあったような・・・。まあすぐ慣れると思います。逆に使い続けることが苦痛だったら素直に、HOUSE-ST1やSTRDESIGNに移行することをお勧めします。斜め軸、基礎と一体で計算などメリットが非常に多いですからねえ。

HTML5+Javascriptベースの壁量計算ソフト

プロト版と仕様書を見せて貰える機会があったので、しゃべって良い範囲で報告。

通常の建築系の業務ソフトはC++などの言語で書かれ、パソコン(主にWindowsパソコン)向けにリリースされています。しかし時代の趨勢はスマートフォンに傾いています。依然業務ソフトはパソコン向けでしょうけど、スマートフォンやスマホで済む業務も増えてきています。

さて、そんななか、上記のソフトは、HTML5+Javascriptで書かれています。この組み合わせならブラウザベースで動くので、スマートフォン(AndroidやiPhone)やタブレット、パソコン問わず動かすことができます。またWEBベースで公開することもできるし、アプリ化してリリースすることも可能で汎用性が飛躍的に高まります。見せて貰った限り、まだマウスの動きとタッチ操作が一部混同していてまだスマートではありませんでしたが、HTML5とJavascriptの威力を感じさせるものになっていました。設計が良いので、ちょっとの改良で耐震診断ソフトや、省エネ計算ソフト等に進化させることが可能です。ユーザーインターフェイスは工夫の余地があると思うのですが・・・。といってもUIのアイデア出したの私なので仕方がありません。

一般リリースするか?などは未定なのが残念です。市販の構造計算ソフトや耐震診断ソフトにデータを転送させる機能など魅力的ですし、iPadなどでリリースすればそれなりの売上げも見込めそうですがね。サポートが面倒とも言っていました。まあ気分が変わったらリリースしてね。

お名前.comデスクトップクラウドをスマートフォンで

某営業さんと話に出てきたので、ちょっと紹介。

以前も使っていたのですが、お名前.comのデスクトップクラウドは、クラウド上にほぼWindows10を稼働できる安価で素晴らしいサービスです。クラウド上なので、作業中そのままに、別の所からログインし作業を続けられるとか、信じられない作業環境が実現します。またリモートデスクトップで接続できるので、元の環境は何でも構いません。MacBookユーザーでJWWを使いたい!などということも簡単ですし、データもクラウド上なので、どこにファイルを置いた!みたいなこともなくなります。画面は小さいですが、スマートフォンでもWindowsのソフトを触ることができます。構造計算をスマートフォンで!とか可能かもしれません。私が以前使っていた環境でもかなりのソフトが使えていたので、今は?と思い実験して見ました。

まずHOUSE-ST1。リモートでは非対応のソフトです。インストールはできました。しかしネット認証がNGです。ちなみに試供版に切り替えて使って見るとファイルの読み込みなどサクサク動きました。ZenFone5Zは高速なので、小さい画面ながら高解像度でサクサク動いたのは感動です。メーカーさん!!是非ネット認証対応させて!!

認証ができないのがつくづく残念。普通のリモートデスクトップではサクサク動きます。参考までに。

このサービスの最大の特徴はパソコンを付けっぱなしにしなくても良いこと、震災時などでも遠方に保存されている(はず)なので、ネット環境さえ整えばすぐに作業ができること。光回線に接続しているときは安心して作業ができるのはいいですね。まあ速度はそこそこで高速環境に慣れている人には遅いと感じますし、重量級のソフトは快適には使えないのも事実です。

JWWなんかはサクサク動きますね。スマートフォンタブレットだと操作が難しいのでお勧めしません。どちらかというとビューアー的な使い方が吉かな?スマートフォンの場合は。

もう少し環境が整えば、まだまだ面白い環境です。すっかりソフト・アプリはスマートフォン化して久しいですがパソコンでしかできないことも多いはず。そのようなときに使えれば嬉しいサービスです。

HOUSE-省エネ Ver4のその他の新機能

まあ、なんでメジャーアップなのか?を考えるとHOUSE-DOCの読み込み機能ではなく、ホームページで紹介されているもう一つの目玉「省エネ基準の表示機能」が先に来るはずなのですが・・・。

まず省エネ等級判定アシスト機能。必要な施策と該当箇所を表示する・・・ということなのですが、見事それしかしていません。まあそれで計算者としては十分なのですが(汗)。

断熱等性能等級と一次エネルギー等級を指定すると、それに見合う性能がでているか、チェックします。ちなみにHOUSE-DOCでインポートしたばかりのデータでもチェックしてくれます。これはリアルタイム計算でも同じです。

まあ使えるかな?と。

期待していなかったプリチェックはもっと使えました。ツークリックでチェックしてくれますから。でもワンクリックで実際できるよな、と感じます。動作が速くて良いので是非ワンクリックでチェックできるようにして欲しいです。またF5とかファンクションキーに対応して欲しいです。HOUSEシリーズはグラフィカルでマウス操作がウリだと思うのですが、ちょっとのことはキーボードでも出来るようにして欲しいです。

はい。新旧の出力のリボンメニューです。ちがう箇所が一目瞭然ですね。

まずクイック(外皮)に待望の立面図が加わり、クイック(一次エネ)にBELS ZEHと冷暖房費が加わりました。立面図は待望ですが、試用版では試しようがありません。ただ立面入力機能が他社のものと違ってないので、整形の通常ツールのものを表示しているんだろうなと思います。そのような建物ほとんどないので、小手先ではなくきちんと立体で入力・確認できるツールが欲しい所です。

新しい計算機能としては、H30年のWEBプログラム改訂対応で、空気集熱式太陽利用設備の入力フォームが追加され、これから変わっていくだろう形式にも対応してくれそうです。

このソフトのキモは断熱材などを設定し、形を入れ、設備を設定すれば、だいたいの省エネ基準適合の目安が非常にスピーディーにわかることにあります。しかしながらそれはVer1でもそうだったわけで、Ver1~Ver4までほとんど変わりません。Ver3で入力できない形状を数値入力できるようになり、計算書を作れる形状が飛躍的にアップした後だから、期待はしていたのですが、そこはほとんど手つかずですね。

これからどんどん省エネ住宅を企画、設計していく人には向くと思います。ただZEHなどの計算書をバシバシ出そう、という人にはまだ安心して薦められるかは疑問です。今回は試用版だったので計算ができないので、結論は出せませんが、Ver3の動作からすると厳しいだろうな、と思ってしまいます。まずは本体だけで計算書から根拠図まですべて出せるようになってほしいものです。

 

 

HOUSE-省エネ Ver4のHOUSE-DOCインポート機能

実は試す前に、ある程度の予想を作っておいたのですが、やはりそんな感じでした。

このような画面で読み込みます。住所などが読み込めると楽なのですが、どうもそのようにはなっておらず都道府県のみのようです。まあHOUSE-DOCに〒番号がないですし。ただし〒番号を入力すれば地域区分なども入力されるようです。

あと木造かとかHOUSE-DOCからなのにありえない情報を聞いてきますが、設定で必要なんでしょうね。あと部材データから部屋形状に変換する方法を指定できます。

はい。意地悪なデータで読み込んでみました。これは部屋の中に文字列が二個あるものの例です。HOUSE-DOCは部屋に属性を持たせていません。部屋名をどうやって読み込んでいるのかな?と思ったら文字列から適当に引用しているようです。ラスボード真壁の上に「和室1」を入れてあったのですが、案の定、ラスボード真壁だけ読み込まれます。直すの面倒ですが仕方がありません。このようにならないようにHOUSE-DOCのデータを作れば良いのですが、意外と文字を書き込んでいる人多いんですよね。調査箇所とか、仕上げとか、劣化とか。試したところ矢印線があれば、読み込まれないようなので、そういったフラグがあるのかもしれません。また文字列が長いものを部屋名に呼び込んでいるような気がします(無責任)。あと部屋名がないと「部屋」と入力されます。なんだかな~。普通同一メーカー(厳密に言えばちがうんでしょうけど)、このようなことがないように両方のソフトですりあわせするものですが、どうもされていないようですね。マニュアルも何を読み込めるか?操作のところに書いてありませんし。試行錯誤しなければならないのでしょうか??

まあ、開口部は読み込まれますし、部屋も読み込まれます。屋根も読み込まれるのであとは1つずつ仕様を打てば良いので手軽といえば手軽です。ただ仕様も読み込むときに指定できるようにしておけば、もっと楽なのにな、と感じます。開口部にしろ、断熱材にしろ、通常は使う物比較的限られていますから。あと柱は読み込まないほうがいいのかな?と思います。サッシ位置もHOUSE-DOC通りに入ります。芯寸法なのですべて手入力で修正しなければならないですが、編集したものと、読み込んだばかりのものと、区別できるように色などでわかるようにしていただけると、わかりやすいです。

まあ、HOUSE-DOCからHOUSE-省エネにデータを持ち込もうとする人は少ないとは思いますが、エコポイントなどのときにどれくらい性能が上がるか?とか、断熱リフォームのビフォーアフターなどがわかるように示す資料作成と考えれば、かなり有効かと思います。断熱材なしの古い木造の外壁や、古いアルミサッシなど参考データが入っていると面白いですね。小難しく考えるより、一般の人がなにを求めているか?考えた方が面白くなると思います。まあ対応するならHOUSE-ST1、HOUSE-WLなど新築のソフトとの連動が先だと思っていましたが・・・・。