xperia」タグアーカイブ

Pixel4a届きました

 

はい。あっさり9時台に届きました。

ゆうパックでした。

低価格機種なのに箱はしっかり。正直バルクみたいのでいいと思うのですが。

正直感動はありません。大きなスマホを見慣れていると小さいと感じますが、Xperia XZsとほとんど同じ大きさと感じます(まあ、実測すると違うけど)。そして何より軽い!!

やっぱり気になる電源ボタン。私はカバーで隠しているので気になりません。カバーはZenfone5Zとおそろいにしました。

左からZenfone5Z、Pixel4a、Xperia XZs。やはり極大なZenfone5Zの存在感と、Pixel4aのコンパクトさが目立ちます。横幅はXperiaと同レベルで持ちやすいです。私の手ではこの大きさが限界で、本音を言うとRakuten miniの大きさが理想です(老眼で画面が見にくいけど)。

軽くて持ちやすいです!!そこだけは思っていた以上です。質感は正直??ですが、カバー付けるので気にしません。ディスプレイも明るくていいですね。環境移行したら記事書きます。

 

Pixel4aは本日到着する?

GoogleでPixel4aを、注文可能になってすぐに注文したのに、意外と先の到着で落胆していたのですが、昨日、20日着との連絡が。どうもGoogleさんは物流は苦手なのかもしれません。すでに20日8時現在、郵便局から持ち出し中になっているので、留守にしていない限り、本日到着するのは間違いなさそうです。まあ本日発売で店頭でも入手できるようなので、予約者のほうが著しく遅いのは苦情が来そうですから、これで良いのだと思います。

私の場合主力機Zenfone5Zからの乗換です。サブ機がRakuten miniなので、すみやかに環境を移設しないと仕事に影響が出てしまいます。Rakuten miniは電話機として有能なのですが、アプリを極力入れないで運用しているので、いざというとき不安が残ります。それでもTwitter、outlookなどはアプリ化していますし、Zoom、Abema、Atokなどは入っているので最低限のことは大丈夫ですし、これくらいならバッテリーは1日十分に持ちますので。もし、Pixel4aがあまり使えないということになるとZenfone3かXperia XZsを復活させなければならないので、さっさと移行できればと思います。

ソニーおまえもか!!Xperia 10 Ⅱ

ソニーの新作スマホが発売されました。上位機種は5Gになりましたが、ミッドレンジモデルは4Gのままですが完成度が高くなったXperia 10 Ⅱを発表しました。

昨年出たXperiaの新シリーズは縦長でもちやすく、スマホの新しい潮流を作りました。その割に平凡だし、まだ荒削りという気がしました。それは過去のシリーズもそうで、ZシリーズにしろXシリーズにしろ・・・完成度が後で高まるようです。

Xperia 10Ⅱは、非常に良い子ちゃん的機種で、みんなが欲しがる機能をXperiaのミドルレンジに詰め込んだら、そうなるだろうな、という機種です。そーいう意味ではシャープのAQUOS sense3と似ているかもしれません。売れるかもしれませんが(事実sense3は売れている)、先がない機種といえるかもしれません。

まず3.5mmイヤフォンジャック復活!!これはまだまだイヤホンで聴く人が多いXperiaでは当然でしょう。次に有機EL。映像・音楽を聴くユーザーが多いXperiaはこのあたり妥協してはいけません。非常に良い流れです。そして、手で持てる横幅が狭い形を維持し、重量は驚異の151g!!もちろん防水ですし。それでいて3600mAhとバッテリー容量も増えています。3眼レンズもレベルダウンしてなさそうです。そしてSoCもスナドラ665とミドルレンジではかなり高性能!!

買うとしたらこういう機種が欲しい!!と思えるスペックです。そんな意味ではAQUOS Sense3と同様です。しかしね・・・。ミドルレンジとはいえ、驚きが皆無なのよ。それで海外勢よりは割高なのは目に見えている・・・。欲しいよ!絶対。これで安ければ!!という感じです。これでは先が見えています。多くの人が検討するミドルレンジだからこそ、とがった部分が欲しいですね。

最近のXperiaの迷走はソニーファンとしてはつらいところでした。ようやくまともなシリーズになりましたが、個性は逆になくなってきています。一時的には売れるでしょうけど、先はないです。是非是非、ちょっとでも他と違うんだぞ!!という気概を織り込んで欲しいところです・・・。

 

Zenfone5ZからXperia XZsに移行して改めてわかったこと

まあ、最新鋭ではないにしろ爆速なZenfone5Zから移行するわけで、当時まあまあ早かったXperia XZsは最低限の性能だと思っていたのですが・・・。

やはり「高速なマシンから低速なマシンに移れない」というパソコンの法則は健在でした。決して遅くないXZsでも不満が溜まります。それだけ5Zが速かった・・・ということです。実用上何の問題もないのですが・・・ストレスが貯まります。

そして「古いマシンはできるだけ使うな」も正しいです。Android8に上げたXZsは当時は速くなったとか安定したとか聞きましたが、Android9にあげた5Zの快適性からみれば、なんだ、というレベルです。やはり進化中のAndroidでは、昔ほどではないにしろ、新しいOSのほうがやっぱり安心です。

そういう部分以外では、やはり熱を持ちますねXperia XZs。防水仕様ということもあるのでしょうけど、Zenfone5Zは快適でした。これは持ちやすいXperiaだからこそ余計感じます。

また、顔認証がないのは不便。指紋認証があまり賢くないXZsにとっては顔認証さえあれば本当に快適だったのに・・・。

一番不便に感じるのは稼働時間。中古と言うこともありますが、一日持つのがやっとです。夕方10%台になるのは正直つらいです。モバイルバッテリーがあるじゃん!というかもしれませんが、正直もう少しもって欲しいです。実はこれが一番厳しいです。

などと言ってみましたが、完成度はさすがに高いXperia。その他の点は快適です。まず防水なので手軽に持ち歩けます。またサイズもちょっと小さいので持ちやすいです。液晶サイズは小さくなりましたが、コレは逆にあまり不便は感じません。

何よりもおサイフケータイがついているのは旅行中・普通の生活問わず便利です。急ぐときは楽天EdyやSuica、そうでないときは楽天PayやPayPayなど使い分けも慣れてくるとほとんどの場合、文字通りキャッシュレスが可能です。EdyやSUICAなしでキャッシュレスは現状では厳しいと感じています。

また臨時の場合、テレビが見られるのはいいです。アンテナコードが必要とは言え災害時、停電時などの情報収集は便利です。最近はワンセグが付かないものが国産でも増えてきています。

そんなわけで一長一短。バッテリーの問題がありますが、うまく付き合っていこうと思います。

auは3機種発表!!Galaxy Note8 SCV37ついに発表!!

auは3機種スマートフォンを発表。新型iPhoneが発表されたばかりですが、それに見劣りしない3機種を出してきました。まあ注目されるかどうか?は疑問ですが。

シャープのAQUOS senseは5型の格安機。他の二機種との価格差は歴然!!それでもフルHDのIGZOディスプレイ、指紋センサー、防水防塵、おサイフケータイと押さえ方がシャープとは思えない??です。重量も150g以下に抑え、十分価格競争力以外にも要注目の機種です。

ソニーのXperia XZ1 SOV36は、高級機。カメラが強化され、先読み撮影や960fpsのスーパースローモーション撮影など魅力的。個人的には960fpsだけでも購入したいと思えます。5.2インチ、156gと大きさを抑えて、スペックも高め。防水防塵、ワンセグフルセグ、おサイフケータイ、指紋認証など一通り押さえています。

この優秀な二機種が霞むほど、Galaxy Note8 SCV37はインパクトがあります。もう日本ではNoteは拝めないと思っていました(まあアノ件がありましたからね)。ペンが使えるGalaxy Noteの新顔です。日本では根強いファンがいながら、ここ数年新機種が・・・という状態が続いていましたが、ついにauで登場!!Sペンは言うまでも無く便利ですし、ペンも防水防塵を実現。ディスプレイは6.3型の縦長の有機EL。細めのデザインはいいですね。もちやすいし。カメラもデュアルで、光学手ぶれ補正は両方に搭載されています。セキュリティも虹彩、顔、指紋と3つサポート。おサイフケータイ、ワンセグフルセグもサポートしています。

さすがにこれだけ充実したので重さは190gと恐竜級。まあメモを持ち歩かなくていいなら、これは納得です。恐らく紙の手帳は本当に不要です。

問題があるといえば、Xperiaを凌ぐ高額機だということ。毎月割りで2475円ですからね。Xperiaが1890円なのに。それを考えるとAQUOS senseの675円は脅威ですねえ・・・。とはいえ、唯一無二のGalaxy Note8ですから価格は関係ないのかもしれません。

Xperia Z3 Tablet Compactのスタイラス操作

タブレットとパソコンが同じであれば、持ち物が減るはず・・・と思って挑戦していましたが、たぶん無理!!という結論になり、主力ノートパソコンをLavie Zにしたわけですが、タブレット関連を全て売り払ってしまったので手元には父親のお古のiPad2のみ。念願の初のiPadでした。使いやすいしいろいろ美点が多いのですが、やはり重い。iPad miniも考えましたがおなじOSを持っても仕方がない、ということで、新発売のXperia Z3 Tablet Compactを購入しました。

レビューなどはたくさんあるので、だいたいそんな感じですが(・・・)、意外すぎる意外な点として、スタイラスの操作感が思った以上にいいことです。Xperia系はスタイラスとの相性が悪い機種が多く(VL最悪・・・)、Z Ultraとかは良い反面、それ以降の機種ではZ tabletなどはよくありませんでした。なのであまり期待していなかったのですが・・・意外にも使えます。

手元のJot Proは、予想通り駄目でした。うまく反応しません。iPad系では結構良かったのですが・・・。

Digio2は、細い方は全く駄目ですが、太い方はかなりイケます!意外になめらかで良い感じです。太さがあるので繊細な表現は無理ですが、8インチと画面が大きいので、PDFの文字の書き込み、ライン引き、操作などは全く問題ないです。

そのほかも試していますが、駄目だと思っていた分、良い感じです。

もっとも絵を書けるか??とかは別次元の話だと思っています。ただ現場でのメモ書き、イラスト程度ならDigio2で十分でした。iPadと異なり防水性がありますので、現場や屋外で使う事が増えると思います。

私の用途としては、技術書のPDFを読むことです。画面が大きい方がいいのは当たり前ですが、重さが厳しいです。その点Xperia Z3 Tablet Compactは薄型軽量で持ちやすいですし、お風呂などでも読めますね。雑誌類もなんとか読めます。7型のNexus7と1型しか違わないですが、かなり見え方が違います。iPad miniと比べると小さいですが、その分持ちやすいですからこのサイズはいいのかもしれません。