Super Build/SS7」タグアーカイブ

Super Build/SS7 今春リリース!!

はい。構造計算ソフトの久々のビッグニュースです。

あのユニオンシステムより新型の一貫構造計算ソフトウェアが今春リリースすることになりました。

ホームページ

詳しい内容は、まだわかりませんが(動画のみ掲載)、近日商品発表・説明会を開催するようです。確認検査機関等用と実務者用で別別に行うようで興味深いです。

視認性を重視し、計算結果やNGが見やすくなっています。出力にカラーが使われる用になりました。断面リストが計算書に出力されているそうです。

ひとつの物件で計算結果を5つもてるのもポイントです。複数の計算結果が比較検証可能です。

プログラミングの工夫で解析時間が大幅に短縮したようです。SS3と比較で約1/8といいます。実際の物件での比較はこれからでしょうけど、解析が遅く感じ始めたSSシリーズ(小物件では普通に速いですが)にとっては非常に嬉しい部分です。

形状も一貫計算の欠点だった、スロープ・スキップフロア・多層にわたる部材・多様なブレース・開口際スリット・逆梁・斜めの柱・二次部材・異なる基礎形状など、かなり先行する会社に追いつき、追い越す意欲的な設計となっています。

計算書も出力がきれいで見やすくチェックしやすくなっています。SSの計算書は非常に見やすかったから更にアドバンテージになりそうです。層またぎブレースや入力画面で配筋の断面図が確認できるのはいいですね。

一方、驚くべき部分はなかったのも事実。操作性もSS3の操作ができれば説明書がいらない、といっていますから同様なのかもしれません。形状自由度が高い先行する構造計算ソフトは、操作が非常に異なっていて既存構造計算ソフトユーザーには使いにくかったですからね。シェアが多いユニオンシステムならではで、既存のユーザーを大切にしなければ成り立たないということでしょう。正直他社の構造計算ソフトユーザーにも動画を見せましたが、まったく内容には驚かなかったですね。

もっとも驚きとは別に、非常に良い進化を遂げたな、というのが正直な感想。今後新しい情報が出てくると思いますので楽しみです。