SEIN La CREA Premium 木造」タグアーカイブ

SEIN木造セミナー

昨日開催されたSEIN木造セミナー。本来は新製品であるSEIN La CREA Premium木造の新製品発表!!を兼ねて・・・であると思われたのですが、そっちは脇役で(・・・)山辺豊彦氏の有益な木造の講演でした。内容は実務的な内容で良かったですね。逆に迷いもできましたが(苦笑)。

さて、事前に製品の内容を聞いていましたのでSEIN La CREA Premium木造の発表内容には驚きはありませんでした。今日の山辺氏の講演とSEINのウリが混構造であることから、誤解が生じていますが(他の構造計算ソフトメーカーの方も指摘していました)、木造単体で計算出来るソフトです。これは事前にメーカーデモをしてもらったときに確認しています。ASTIM同様、S・RC造の一貫構造計算ソフトと同じソフト上で動くソフトです。ASTIMがASCALと連携という形をそれぞれ独立したソフトという立場を表面上取る(もちろん別売り)のに対し、SEINはSEINのオプション的位置づけです。どちらも揃えれば同じような思想にも拘わらず売り方がこれだけ違うというのは興味深いです。後発で考えているメーカーさんの話を聞いてもやはり同じ土俵では闘わない予定のようなので、ユーザーが選択に迷う時代が来そうです。

デモを見た感想では、木造の部分は任意形状ソフト(FAPとか)に近い入力手法で、出力が一貫という非常に合理的な感じを受けました。FAP-3とかで計算書を作ると、構造計算書の書式を整えるのが大変で二の足を踏んでしまいますが、元々一貫計算のSEINはその計算書の見やすさ、好みを置いておけば、書式が整ってくれます。個人的には見やすい(SEINユーザーだから当たり前か・・・)し、CSVはなんとかしてくれ・・・なのですが、同時発表のCREA Viewerで周回遅れだった部分が補えるので良かったな、と思います。金物などが登録されておらず使いこなすまでにいろいろ設定しなければならず、S造の一貫計算に慣れているとギャーという感じです。木質材料のデータベースはそれなりに揃っているのはいいですが。

特徴的なのが、耐力壁のモデル化は今のところ壁エレメントに置換する点と、壁倍率を指定できる点です。耐力壁の剛性計算で、壁倍率から計算することができるので、非常に手軽です。このあたりは壁倍率の概念がないWOOD-STより簡易でいいですね。また存在壁量計算もできますので、4号向きなのでは?と思ってしまいますが、あくまで補助的で、このソフトは大規模木造や混構造向けの構造計算ソフトのようです。住宅もできる、程度に考えた方が無難です。

SEINを持っている人なら20万円(キャンペーン)で購入できるので気軽です。ただ部材制限は持っているSEINと同様なので、CEを持っている場合、柱200部材、梁400部材の制限がかかるとみていいでしょう。木造はS造より柱数が多いので、住宅レベルでも超えてくることは十分ありえるので注意が必要でしょう。このあたりはどの部材が・・・ということを含めメーカーがそのうち開示してくれると思いますので、注意して選定したいものです。