Rakuten mini」タグアーカイブ

ビジネスにこそ、かんたんスマホBASIO4

最近、Rakuten miniの調子が悪い。バッテリーもへたってきたし。まあかなり酷使していますからね。こんなに活躍してくれるとは思わなかったです。実は次の通話用スマホは準備してあります。auのかんたんスマホBASIO4です。

この高齢者向けのスマホ、低機能だし、老人向けなので一般の方が持つのは・・・と思うかもしれませんが、ビジネスにこそ使いたい機能満載なので、お勧めしています。安いし使用の浅い中古も出回っています。私も契約変更時に無料で頂きました。

メリットとして、防水防塵で持ちやすい形状と重さというのが一番です。約150gは今となっては軽いです。幅71㎜はフィット感抜群です。通話用と考えれば更に細い方が良いかもしれませんが、メールなどが読みにくくなるので、これがベストかと。またストラップホールがついているので、最悪そのままで運用してもストラップ使えるので薄型軽量のメリットがでてきます。耐衝撃や防塵性能もまあまあなので現場に持っていっても大丈夫そうです。価格が安いのでそのような使い方が良いかもしれません。

まず、ボタンがついていること。電話を掛けたり、切ったり、メールを確認したりのボタンが割り当てられています。これはビジネスや急いでいるときは非常に楽です。スマホになれている人でも使うとわかると思います。3つ連絡先を登録でき、即座に電話出来るのも良いですね。意外と便利です。

次にLINEができること。これはガラケー型のガラホでLINEのフル機能が使えなくなっている現状、LINEが使える手軽なスマホと考えればこの機種が上がってくるのではないでしょうか?

次に、ラジオチューナーがついていること。これはいざというときに便利です。震災時や携帯基地局の故障などで通信出来ない場合の情報収集が可能です。

そして最大のメリットが、「あとから録音」です。これがあるからこの機種を使いたいという方多いと思います。出先などで電話にでて、その内容を再確認したいことがありますよね??そんなとき、通話終了時に、直前の通話内容を音声データとして保存するかどうかを確認してくれる機能です。しかも1回の上限が60分!!という実用上十分過ぎる仕様です(逆に聞き返すの面倒)。

まあ、欠点も多く、おサイフケータイなし、生体認証なし、など。まあ、速度ももっさりですし、容量もビジネスで使うには問題的な32GB。でもビジネスで使う人なら、プライベートにスマホを持っているわけですし、1台これだけで過ごす、ということでなければ問題になりません。アプリも最低限にすればいいですし、ゲームなんかはインストールしないでしょうしね。

非常に評判の悪い機種ですが、ビジネス通話とメール・LINE専用と考えれば悪くはない仕様です。近々Rakuten miniから正式に移行する予定です。

Rakuten Miniを通話端末にしてから・・・・

会社の主力携帯電話をauからUQ(esim)にして、Rakuten Miniに入れて数週間。想像以上に便利になりました。バッテリーもたないんじゃない?などの質問もありましたので、まとめてみました。

想像以上にもつバッテリー

多分Rakuten Miniの弱点ってバッテリーという人が多いと思います。もちろんそうなのですが、バッテリーって電波状況でも変わるんですよね。以前、電波が悪くてauと楽天行ったり来たりしていた状況が府中では一変し、ほぼ安定して電波をつかむようになりました。そうなると電池の持ちも劇的に変わります。auにしたからなおのことです。もちろんバッテリーが持たないというのは変わらないのですが、そこそこ実用になりますね。毎日仕事の通話を10本くらいしても1日持ちます。電話が少ないときは2日持ちます。電話以外には、メールの確認、Twitterの確認、おサイフケータイ程度なライトな使用。これなら十分に使えます。ビジネスでも。楽天と違ってau電波オンリーなので、明らかに電池の持ちも良くなった気がします。通話品質も良好です。生活防水程度の防水もあるだけ安心です。おサイフケータイも便利です。充電もどんな充電器でも比較的早いのもポイント高いです。小さくて持ちやすくて、通話も疲れません。これは非常に良いです。

逆に欠点。

まず、バイブが弱い。着信に気がつかないことがあります。これは結構致命的かもしれません。次に、指紋認証がないこと。顔認証がありますが、やはり弱いですから、画面上に何らかの入力が必要です。ビジネスで使っているので即見られる状態は避けたいです。

そして、問題はUQ。通話プランでかけ放題があるものは、それなりに高いです。povoやahamoとそれほど変わりません。店頭サポートを受けられるなどメリットがあるし法人利用なので、構わないといえば構わないのですが通話端末として考えると割高です。ただ緊急時にネットを使えたり、テザリングできる5GB(通常は3GB)があるのは強みです。実際Pixel4aに入っているSIMが楽天だけという今の状況では、楽天が使えないときにこれだけ使える強みはあります。

そうなってくると、画面が小さく持ちやすい実用端末Pixel4aが弱点になってきます。非常に良い端末なのですが、老眼が進んだ私には辛くなってきました。また超広角がない、防水がない、バッテリーがもたない、というのも、新型コロナ明けで外出が多くなると不安です。新機種を物色しているのはそのためです。

さすがにUQ+楽天というのはビジネスでは弱点になるので、Pixel4aには格安SIMをもう一枚追加する予定ですが、現状でも十分な気がします。もしRakuten Miniが不安ならhandにすれば更に実用的な環境が整うのではないでしょうか?

au povo 1.0からUQモバイルに自宅で移行

すでにUQモバイルは、auのサブブランドというだけでなく、サービスの一部も統合化され、auからUQモバイルへのMNPはしなくても乗り換えられます。つまり同じブランドのプラン変更のような手軽さで移行できます。またeSIMであれば自宅でその日に移行できます。今回、au povo(1.0)からUQモバイル(eSIM)に自宅で移行してみましたので報告いたしますね。

My auさえあれば、UQモバイルに乗り換えられる手軽さ。つまり情報もほとんどの部分が共通化されているようです。UQモバイルなのにMy ayというのは違和感はありますが、楽です。簡単な申込みですぐに申込みは完了します。その後移行をクリックするだけで移行します。ただ瞬間というわけにはいかず1時間くらいかかります。「UQ mobileポータル」アプリを使うスマホにインストールし環境を整えていれば1時間くらいはたちます。完了したら、UQアプリでmy au側にログインし(ここも同じです)eSIMをダウンロードすれば電話はかけられるようになります。楽天のようにもう一台端末(QRコード表示用)が必要ありません。

この状態では電話の発着はできてもネットには接続出来ません。ネットワーク、モバイルネットワークの設定で、アクセスポイント名(APN)を入力する必要があります。ネットに転がっているUQモバイル用の設定を入力すれば、ネットも使えます。

ちなみに今回はRakuten miniという楽天モバイルの端末を使いましたが、特に異常なく移行できました。Rakuten miniは3種類あるので、後期版は、auに向かないので注意が必要ですが、私のような前期のものなら、auの電波は何も問題なく受信するので、小さい通話専用端末としてRakuten miniを使いたいひとにはお勧めです。バッテリーが不安ならRakuten handも良いでしょう。楽天モバイルはエリアに不安がありますので、このように主力を楽天系端末にいれ、サブを楽天モバイルにするのが今のところ賢い判断でしょう。私の場合はPixel4aを楽天化しました。これでPixel4aにドコモ系格安SIMを入れれば、いざというとき、何かキャリアにトラブルがあったときでも慌てないで済みそうです。

Pixel4aレビュー 1日使ってみて

初めて、レビューをyoutubeで作ったのですが、速報性はやはりyoutubeのほうが上ですが表現でうまくいかないものです。経験がものをいうのでしょうか?わたしにはブログのほうがあっていますね。

Pixel4aが届いたのは昨日10時頃。それから仕事の合間、仕事後に使い続けています。既にZenfone5Zから環境は移行しました。WindowsPhoneの使い勝手に慣れているので、スクエアホームというランチャーを使い続けています。環境もほとんどそのまま移行しましたし、背中の指紋センサーの動作もほぼ同じなので戸惑うことはありません。大きさが小さくなったので飛躍的に操作しやすくなりました。XperiaXZsを使ってわかったのですが、やはり横幅は70mm以内が使いやすいです。これは手の大きさに依存するため個人個人で違うと思います。持ちにくいな?と思ったら横幅の小さなスマホに変えてみるといいと思います。

Pixel4aは143gです。重いスマホを持っている方は軽い!と感じます。Zenfone5Zが大きさの割に重くなかったので、それほど軽くは感じません。幅は上記のように70mm以内なので持ちやすいです。カバーを付ければ大きくなりますが小さいに越したことはありません。

ディスプレイは5.81インチの有機EL。黒が引き締まってキレイです。初めての有機ELでしたが、質の差は感じます。ただ、パンチホールが左上にあるので特にTwitterを複数アカウントで使いこなしている人は、顔と間違えてしまうのでちょっとストレスを感じますね。それ以外は広い画面で快適です。動画もキレイです。

指紋認証は早くて快適だったZenfone5Zと同等です。これは嬉しい誤算です。またスワイプでクイック設定パネルを引き出せるのも同じで、Zenfone5等からの乗換には適します。ただ顔認証は使えません。マスクしているので今は気になりませんね。

速度は通常使いだと、高速です。iPhoneのように快感♪ということはありません。あくまで普通です。ヌルヌルもしません。Snapdragon 730Gは、比較的高速なので、通常使いなら心配ないでしょう。Pixelご自慢の写真加工に時間がかかるのでは?と思うかもしれませんが、一枚一枚撮影している分にはちょっとだけ待たされることはあっても、ストレスが感じないレベルです。通常撮影はレスポンスも優秀でZenfone5Zと遜色ありません。Rakuten miniのカメラをいじった後だと「神」と感じます。

カメラはyoutubeやブログで紹介しているので略。おサイフケータイもこの機種では当分使わないので略。

バッテリーは、意外に持ちます。恐らくRakuten miniで鍛えられたからだと思います。youtubeなどでは減るのが早いな~と思いますが、通常使いでは、古くなったZenfone5Zより保ちます。まあ人によって感じは違うと思いますが、ビジネス使いでは問題なさそうです。

カメラで苦言を1つ。AI等で加工してきれいに写るのは嬉しいのですが、素の画像も出して欲しいなという気分です。建築や証拠性が高い写真などで、果たして加工を加えられた状態で撮影して良いのか?気になります。等倍は問題が少ないにしろ、ズームはかなり修正加えていると思います。まあ今の高性能なスマホのカメラは多かれ少なかれそんな感じですが。

これで防水だったらな~というのが唯一の残念な部分です。カメラはビジネス使いでは賛否があると思いますが、プライベートならかなり有効なカメラだと思います。

左からZenfone5Z、Zenfone3、Xperia XZs、REI、Pixel4a、Rakuten mini。見た目ではそれほど変わりませんが、手で持つと差が大きいです。Rakuten miniのコンパクトさは神です!

Pixel4a届きました

 

はい。あっさり9時台に届きました。

ゆうパックでした。

低価格機種なのに箱はしっかり。正直バルクみたいのでいいと思うのですが。

正直感動はありません。大きなスマホを見慣れていると小さいと感じますが、Xperia XZsとほとんど同じ大きさと感じます(まあ、実測すると違うけど)。そして何より軽い!!

やっぱり気になる電源ボタン。私はカバーで隠しているので気になりません。カバーはZenfone5Zとおそろいにしました。

左からZenfone5Z、Pixel4a、Xperia XZs。やはり極大なZenfone5Zの存在感と、Pixel4aのコンパクトさが目立ちます。横幅はXperiaと同レベルで持ちやすいです。私の手ではこの大きさが限界で、本音を言うとRakuten miniの大きさが理想です(老眼で画面が見にくいけど)。

軽くて持ちやすいです!!そこだけは思っていた以上です。質感は正直??ですが、カバー付けるので気にしません。ディスプレイも明るくていいですね。環境移行したら記事書きます。

 

Pixel4aは本日到着する?

GoogleでPixel4aを、注文可能になってすぐに注文したのに、意外と先の到着で落胆していたのですが、昨日、20日着との連絡が。どうもGoogleさんは物流は苦手なのかもしれません。すでに20日8時現在、郵便局から持ち出し中になっているので、留守にしていない限り、本日到着するのは間違いなさそうです。まあ本日発売で店頭でも入手できるようなので、予約者のほうが著しく遅いのは苦情が来そうですから、これで良いのだと思います。

私の場合主力機Zenfone5Zからの乗換です。サブ機がRakuten miniなので、すみやかに環境を移設しないと仕事に影響が出てしまいます。Rakuten miniは電話機として有能なのですが、アプリを極力入れないで運用しているので、いざというとき不安が残ります。それでもTwitter、outlookなどはアプリ化していますし、Zoom、Abema、Atokなどは入っているので最低限のことは大丈夫ですし、これくらいならバッテリーは1日十分に持ちますので。もし、Pixel4aがあまり使えないということになるとZenfone3かXperia XZsを復活させなければならないので、さっさと移行できればと思います。

Rakuten miniに入れたいアプリ

3ヶ月電車に乗らなかったが、先週と今週は都内に出ることが多かったです。

そこで、いままで楽天モバイルのエリア内に行くことがなかったのですが、ようやくエリア内で動き回ることができました。新宿地上エリアはだいたい問題ないですし、通信速度も速かったです。

そして通話品質も問題なく、心配されたエリア内、外の切り替えによる電池消耗(地下街多かったですからね)も最低限に抑えられ、改めてRakuten miniの実用性が実証できました。何より首から提げているので改札で手軽にタッチで通れるのが良いですよね。ネット上では悪口もいっぱい見かけますが、悪口を言ってもみても性能は上がりません。いかに端末のポテンシャルを引き出してやるか?を考えた方が楽しいですね。


画面右側にウィジェットエリア&リンクエリアを置いています。SuicaやEdyの残額がワンタッチでわかるのがいいですね。それにしてもSuicaのウィジェットは可愛い!

といっても私の使い方だと、通話、SMS、お財布ケータイ、WEB、ニュース程度なので、もう少し便利に使いたいものです。

・abema
動画系はyoutubeとabemaを入れています。abemaはパケットコントロールが比較的優秀なので出先では重宝します。

・回線チェッカー
au回線なのか?楽天回線なのか?手軽にチェックできるアプリ。楽天ユーザー必須かもしれません。

・ATOK
小さい画面でも使いやすいです。もっとも個人差があるので日本語入力は自分が使いやすい物を入れましょう。

・Edy、Suica、PayPay、Ponta
電子マネー系・ポイント系はできるだけ集約したいものです。Tポイントを削りました。

・Rakuten music
インストール済ですが試験的に使っています。便利です。楽天エリア内になったら積極的に使いたいものです。

Rakuten miniの夜景、夜景動画

感度が低いRakuten miniのカメラですが、昔の機種と違って画質が悪くてもある程度写ります。実用的かどうかは別として。

昨日、6月1日は、全国一斉に花火があがりました。

全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト

それを府中市美好町から見てみました。

こんな感じ。意外と写ります。観賞用としてはまったくだめですが、記録用としてみたらなんとかなりますね。(解像度を落としています)I

動画です。切り取ってレンダリングしていますが、ほぼこんな画質です。花火はなんとか確認できますね。

Rakuten miniのカメラ、外付けレンズという可能性

Rakuten miniのカメラは他の人のレビューを見てもわかるように、チープです。単焦点ですし画質もそこそこ。何よりもシャッターのタイムラグが(汗)。

逆に、動きがあるものでなければソコソコ撮影出来ます。何だかんだピントも合いやすいです。そこで、使い道を考えたときに外部レンズ・・・という手を考えて見ました。


クリップで付けるタイプですし、フラッシュも微妙にずれています(もちろん影ができる)。できるだけ小さいものがお勧めです。(写真がきたない。キーボード掃除しなければ・・・)

今回利用したのは日経PC21の付録、広角と魚眼がついたクリップ状のものです。他にもネットを見ているといろいろ出ています。お勧めは望遠系ですが(汗)。

小さめのこの付録なら広角であればフラッシュも使えますし、動作に支障はありません。魚眼も屋外であればそこそこ使えますし、室内でも明るければ問題ありません。


通常のレンズ。雨天ですが意外と写るのです。広角過ぎず歪みも少ないのです。


広角レンズをつけたところ。意外と広くなりますね。ちょっと手ぶれしたりピントが外れたり・・・することもありますが。歪みが広角レンズっぽいです。最近のスマホはこれすらも補正するわけですから、かなうわけがありません。


魚眼レンズです。まあピントもあいますし、面白いのでは??クリップで簡単に取り付けられるし意外に写ってビックリ。

手元に望遠がなくて残念。望遠があるといいですね。超小型ですし。どこかに落ちていないかな~。

 

 

Rakuten miniを1ヶ月使ってきて

楽天モバイルから発売されたRakuten miniを一ヶ月使ってきての感想をまとめたいと思います。他の人のレビューなども見ていますが、正直評判は悪いです。ただし、1円で購入できるようになった(正規価格で買った我々は悲しいですが)ので再び話題になっています。購入を考えている人も多いのではないでしょうか??ヘビーユーザーではないものの、palmやザウルスも使ってきている、しろなまず的感想をまとめてみました。

ちひろ
ちひろ
2台目のスマホではなく、1台目の携帯!!

よく一年間無料だし、その後も2980円で使い放題なんだから、2台目に最適!という声を聞きます。しかし今は電話を使う人も減っています。スマホは小さいタブレット的に使う人がほとんどだと思います。そう考えると1台目として電話専用機にして、いざというときにスマホとして使える、という考え方の方がフィットするのではないでしょうか?電話ができて(しかも通話料無料)、簡易防水で、小さくて、ストラップが使えて・・・1台目に最適なのではないでしょうか??使いたい放題なのでもったいないのでは?と思うかもしれませんが、いざというときはモバイルルーターにもなるわけですし、意外と汎用性が高いです。バッテリーの不安があるわけで、あまり使わない用途に振ればいいのです。ちなみに通話だけなら結構電池持ちますし、音声も良好です。しかも会社内ならWifiで電話できるので安心です。楽天の電波もauの電波も届いていなくても大丈夫です。これは大きなメリットです。会社内で電話機として使うのも便利です。

※注意 同機を使って、着信できない、といったトラブルに巻き込まれている人もいます。私の環境ではほとんどないですが、外に出ているときは電波状況などで着信できないこともあると思います。

私のモバイルセット。パソコンはLet’s note RZ5、通話用はRakuten mini(右側)、通常のスマホはZenfone5Z(左側)。Let’s noteが小さいのでZenfone5Zの大きさが際立つ。Rakuten miniはネックストラップで首から提げています。持ち忘れがなくていいです。ちなみに本体だけなら、上記セットで約1kgです!!

画面が小さい!といいいますが、一昔前、ガラケーの画面よりは大きいのです。そして初代iPhoneとそんなに変わりません。40代の私だと老眼が始まっていますが、それでもなんとかなります。もっと若い人ならなんとかなるでしょう。もちろんダメなWEBページやアプリもあると思います。

ちなみに初期の文字入力は、指が太い人などは無理があるかもしれません。私はATOKにしてます。慣れた入力システムなら大丈夫かと。私は初期はむりでしたが、ATOKなら大丈夫です。ショートメールなどはサクサク打っています。

アプリは、おサイフケータイ(楽天Edy、Suica)、ATOKを入れています。アプリを最低限にし、バッテリー消費も最低限にしています。Twitterはいざというとき使うので、chormeでアプリ化して画面にショートカットを置いています。Lineを入れたらどうか?メッセンジャーを入れたらとか、メインのメーラー(outlook)を入れたら、思うでしょうけど、それはサブのZenfone5Zでこなせばいいのです。ガラケー的に電話とショートメール(どちらも無料)で乗り切れます。もちろんバッテリーのもちを考えて、入れるかどうか?考えれば良いと思います。

2日目の午後です。使用時間は電話、Twitter、おサイフケータイ、Gmail、ちょっとしたyoutube動画程度で、約1時間程度。そんなライトな感じなら、丸二日OKです。もう少し使っても丸1日は楽勝です。世間で言われているほど持たないわけではありません。もっともWifi内で使っている時間が長いからかもしれません。電波状態が悪いと意外ともちません。都内を回ったときは夕方で30%くらいなときがありました。使用環境によって変わると思いますが、使い方次第で1日は大丈夫だと思います。

あと、トラブルですが、楽天Edyがたまに落ちます。落ちると店頭で使えないことがあります(Edyのソフトを再起動すれば直る場合と、Rakuten miniを再起動しないと直らない場合があります)。私のように、Suicaと併用している場合は、店頭であまり迷惑をかけるシーンは少ないですが、Edy一本だと不安が残ります(あくまで私の環境です)。逆にSuicaはスイスイ。ノートラブルで駅でも安心です。楽天版Suica(赤Suica)に切り替えましたが、今のところ問題はありません。

そもそも多くを求める端末ではありません。小型化、防水、お財布、そして一年間無料、これだけあって、他に何を求めますか?他に1つ必ず端末を持っている人が買うわけで(そうじゃない場合は推奨しません)いいと思います。また充電が早い(バッテリー容量が小さいので)のもポイントで、モバイルバッテリーの消耗も少ないです。これも大きなポイントです。通話だけでなくショートメールも無料で、Wifi下で通話ができるのは不思議な感じですし新鮮です。というわけで、こんな感じで一年間使い続けようと思います。