「構造モデラー+NBUS7」オンラインセミナー新製品説明会の感想

珍しく(?)長文ブログです。実況のように動画見ながらタイピングしているので。

新型コロナもあり、新製品の発表会なども普通にZOOMなどで行われるようになりました。これは良い面もあり、いちいち地方から東京に見に行かなくても最新のセミナーを受けられてりしますし。逆に、営業側から見ると名刺交換できなかったり、気軽に質問しにくかったり、旧知の知り合いにあう機会が減ったり・・・デメリットも多いです。しかし、新型コロナ後も新製品発表会などはZOOMで、などという流れは残ると思います。時代は確実に変わっていきます。

さて、新製品というには、時間が経ちすぎている割に「謎」な、構造モデラー+NBUS7。名門構造システムの新一貫構造計算ソフトなのですが、使っている人の話は皆無ですし。もしかしたらミステリアスを売りに?しているのではないかと思います。

営業のIhさんの名司会で始まり、講師の開発のIsさんの説明に。ZOOMもこんなことが簡単にできるんだな、と私のようにZOOM初心者は感じます。

最初の説明で、CADで構造図を入力するインターフェイス部分が構造モデラーといい、構造躯体形状と構造モデルが違うといままでの一貫構造計算ソフトの欠点を解消している構造計算ソフト、ということになります(もちろんそのままになっているソフトは未だないですし、構造モデラーもそうではないことは後の説明でわかります)。

入力部分を担う「構造モデラー」と構造計算を行う「NBUS7」が別れています。今後のソフト構成で無限の可能性があるのですが、今のところメリットはほとんど内容です。今後に期待ということでしょう。

任意通り心とCADデータの活用がポイントとなっています。CADデータを読み込むと、任意通り心が簡単に指定できるのが最大のメリットでしょう。XY軸だけでない任意通り心を置けるので複雑な形状の建物も入力しやすいです(HOUSE-ST1ユーザーなどは泣いて喜ぶでしょう)。一貫構造計算ソフトは、整形の建物の一部を拡張して不整形に、という思想でしたが、かなり進歩しています。

マルチディスプレイを考えた画面操作も魅力です。見た感じはBUS-6と似ています。操作性もBUS-6やDRA-CADと共通化しているので、これらのソフトを使っている人は移行しやすそうです。

リボンメニューを採用していますが、HOUSE-ST1などを見る限りリボンメニューは使いにくい!と思ってしまうかもしれませんが、大分進化しています。またキーボードショートカットもあるのでキーボード操作メインの方も安心です。HOUSE-ST1は・・・(以下略)。プロパティの操作も最近のソフトらしく洗練されています。新規プロジェクト作成ウィザードは、改良されていますがかなり古くさいです。他の進化が大きいので改良されていても、う~んと思ってしまいます。この画面、私的には苦手ですし、旧BUS-6も同様の思想なのでね。ウィザードとは?という根本的な部分に戻ってしまうのですが。まあBUS-6に比べればかなり良好です。頑張れWall-1といった感じです。SEINと比べても良い感じです。設計の新しさを感じます。もっとも一般的な建物の情報を簡潔にしているため、複雑な建物の入力ができるが、やっぱり一般的な建物を主体にしているんだな、と感じます。それでも3D画面との情報の連携などで、入力ミスは減ると思います。使用しているパソコンがわからないのですが、サクサク入力出来ているようです。計算速度は速くなっても動作が遅くなっては元も子もないです。見た限りは心配なさそうです。部材の寄りも簡単に入力できます。一貫構造計算ソフトは古い世代しか使ってなかった(SS1とかACE許容とか)なので、隠せの感があります。

ST-BridgeとRevitからデータを読み込めるようになるようです。ST-Bridge・・・本当に使えるのでしょうか?(これはソフトの責任ではありません)。CADデータから通り心や通り符号を読み込めますし、その他いろいろ読み込めるようですが、ルールや制限がね。レイヤ分けなど注意が必要です。それからRC造メインのようです。まあRCのユーザーのほうが多いからこれは妥当だと思います。立面図で開口入力できるが、事前に反転など必要などこなれていない部分もあります。まあキープランをこのように書けば、という指針があるわけですから、逆にこれからマスターする方は違和感なくできると思います。CAD入力がいい加減な方(手書きライクの方)は、ちょっと苦戦するかもしれません。開口は私が苦手とするところなので、開口もCADデータを活用し、モデル化しなくても三角形などの開口をいれらるのは良いと思います(三角形一回やりました・・・)。

高速化は嬉しい項目です。たしかBUS-6でも速度アップしたはずですが、速度が速いのに越したことはありません。果たしてどれくらいのパソコンを買ったら良いのか?メーカー推奨や、性能の違いを数値化してパソコン購入の目安を示して欲しいところです。プロパティが右側に固定できるのか?画面だけだとわかりませんが、もしHOUSE-DOCのような形になってくれるのであれば、またはサブディスプレイに固定などできるのであればかなり便利そうです(見た感じどちらかは出来そうです)。履歴管理の機能も充実してくれると、更に楽そうです。この機能期待しています!!左右で前後のモデルを比較・・・なんてできると面白いかもしれません。

でも、実際に触ってみないとわからないですよね??2層3スパン程度、ルート1限定でフリーで公開して欲しいところです。意外とそれでも良さがわかると思います。教育現場に配ることもできますし、新人研修にも使えそうです。書籍がでるかもしれませんし、youtuberが試用動画をアップするかもしれません。新ソフトなのでどうしてもわからない、という方も多いと思いますし、新型コロナで営業もしにくいでしょうから。ちょっと考えてみてください!!

計算書のプレビューは最近の構造システムの美学で、他社に先行しています(そんな気がします)。ただソフト毎に仕様が違うのが難点なんですが。

NOUTで計算履歴データを複数表示できるのはいいですね。これ私はかなり重宝すると思います。

さて、最後に今後の追加機能、開発予定がでています。果たしてロードマップ通りにいくのでしょうか??とりあえずこの夏に公開される予定も多いので、果たして今現在大丈夫なのか?が若干不安ですが・・・。

セミナー全体の感想としては、もう少し新機能をインパクトをつけて説明したほうが良かったかなと思います。聞き取りやすく、内容も理解しやすかったのですが、購入しよう!という強い動機付けにはならなかったかと思います。新製品なのだから新機能を自信を持って説明!!でいいと思います。設計思想的には既に他社が取り入れてるものも多く、他社との違いがわかりにくいので、どっかの構造屋さんが比較とかしてくれるといいな~と思います(これはメーカーの役割ではないです)。

内容を聞いた限りでは、SS7の良いライバルになるかな?という感じです。SEINやASCALとはやっぱり違うような・・・。まあそれぞれ実務で使っている人に感想を聞いていきたいと思います。

明日、 「構造モデラー+NBUS7」オンラインセミナー 新製品説明会 午後1時半から!!

「構造モデラー+NBUS7」オンラインセミナー 新製品説明会

6月23日(火)13:30~14:30

何かと話題にならない、新構造計算ソフトのNBUS7。比較的構造システム社と親しい私でも何もしりませんから(・・・)。気合いを入れて準備しているそうですので、是非ご覧ください。6月23日(火)の午後1時半開始です!!

構造モデラー+NBUS7 アップデート

はい。構造モデラー+NBUS7がアップデートされています。長い名前ですね。いい加減、NBUS7でいいでしょうか(汗)。

当初は、通常版だけでしたが、現在は低層版が販売されています(出荷は8月??)。7月31日まで大特価のモニター販売価格で販売されています。特にBUS-6ユーザーには魅力的なバージョンアップ価格が提示されていますね。18万円+税ですから。6層まで計算できるのでこれで十分という方も多いのではないでしょうか?

ちなみに低層版の新規モニター価格は72万円+税です。昔の感覚ならまあまあ安いのですが、今だと高いと思う方が多いと思います。3層までのHOUSE-NBUSとか30万円くらいで出したら、売れるだろな~と思います(まあその前にWALL1やHOUSE-WLをリニューアルして欲しいけど)。

 

なまあずショップでは、通常版、低層版の新規・バージョンアップのモニターキャンペーンを受け付けております。通常版は既に発送可能ですが、低層版の出荷は8月を予定しております。

構造モデラー+NBUS7 新規

構造モデラー+NBUS7 バージョンアップ(BUS-6から)

構造モデラー+NBUS7低層版 

構造モデラー+NBUS7低層版 バージョンアップ(BUS-6低層版から)

構造モデラー+NBUS7低層版

以前は、通常版しか価格表が公開されていなかったのですが、低層版も公開されていますね。またモニターはめでたく100名突破したようですが、7月31日までモニター販売を継続しているようです。まあ使っている人あまり知りませんが。実務者は忙しくてレビューしているヒマがないでしょうし、BUSユーザーのブロガーは少ないでしょうから。キャンペーンのページはこちら。

さて、低層版の定価は90万円です。この時期の新製品としてはかなり強気な価格設定です。年会費は同じです。2本目以降の年会費は半額ですが、それ以上も柔軟に対応してほしいところです。低層版の制限は6階建てまでで、8月頃の出荷となります。この時期積極的にしかければ・・・と商売人は考えますが、どうもメーカーはじっくり構えていきたいようです。

ちなみに構造ソフトの低層版は5階建てまでで、67.5万円です。構造モデラーの操作性で、価格については見解が変わります。他社のように、積極的にレビューを書いてもらい、実務者の声を購入迷っている層に早く届けて欲しいところです。

「BUS-6+Revit Op.」が建築確認システムの法適合自動判定プログラムの一部として採用。

構造システムの一貫構造計算ソフトBUS-6。清水建設と日本建築センターが共同で新たな建築確認システムを確立し、設計者が確認図書として提出するBIMモデルの法適合性を自動判定するプログラムの1つとして、BUS-6+Revit.OPが採用されたそうです。

構造システムのお知らせのページはこちら。

どんどんこんなふうになってくるんでしょうか?そういえば、NBUS7のRevit Op.っていつ発売されるのでしょうか??目処があるから、旧バージョンのRevit.OPを採用している、とも読み取れます。それにしてもRevit関連は高いな・・・。

 

構造モデラー+NBUS7の低層版

低層版の質問が多いので、メーカーに確認してみました。

・低層版のリリースの予定はある(時期未定)。

・現在発表されているモニターキャンペーンのBUS-6会員移行価格は、通常版から構造モデラー+NBUS7へ移行の価格で、低層版からではないこと

のようです。まあ既存ユーザーは早く製品を見てみたい!!という気持ちはあるのはわかりますが、別にBUS-6は不満が多い一貫計算ソフトでもないので、長い目で見守りましょうね・・・。

BUS-6の価格がオンラインショップに出ているので・・・

構造モデラー+NBUS7が発表になったのに、未だ構造システムのオンラインショップではBUS-6のままです。売る気あるんでしょうかね(大汗→先ほど変わった模様)。某ショップはフライングしたわけでもないのに、浮きまくっています。素早く対応しただけなのに。

さて、オンラインショップを見ればわかるよう(たぶん情報更新されていますので見れないかもしれません)にBUS-6は低層版が841500円、通常版が1485000円(それぞれ税込)です。これに年会費132000円がそれぞれ加わった金額が初期購入価格となります。

構造モデラー+NBUS7の場合、キャンペーン価格が適用されます。それでも低層版がないので、初期購入価格は高いです。一例で、なまあずショップ楽天市場店では、割引率が最大のモニターキャンペーンで、年会費込で1452000円(税込・送料無料)としています。(追記:低層版出るそうです)

同じ通常版同士の価格比較だと、BUS-6は1618100円(オンラインショップ・税・送料込)です。差額は166100円です。高額なので麻痺しますが、比較的大きな差です。まあ低層しか使わない人にとっては、そんな割引いいから、低層版出してよ、と叫んでいそうですが・・・(なぜ低層版がないのか本当に疑問・・・→追記:低層版出るそうです。)。

さて、構造モデラー+NBUS7の場合、BUS-6が付属していますので、構造モデラー+NBUS7のことを無視して、BUS-6を買ったふり?をしてもお買い得になっていることがわかります。モニターキャンペーンは人数制限があるらしいです。また販売店情報によると新製品キャンペーンはまだ先のようなので(本当かよ)、一体どのような販売体制になるのか?まったくわかりません(すみません。本当にわからんのです)。なので、某ショップ楽天市場店ではモニターキャンペーンのみ取り扱い、VerUPなどは当面取り扱わないそうです。

そもそも低層版目当てで今すぐBUS-6低層版を買いたい人は路頭に迷うような気がします。オンラインショップでもBUS-6が本日消えたのでどうするんでしょうね・・・。逆に低層版ユーザーがNBUS7にアップする場合は、価格表を見る限りどうするんでしょう???激しく気になります。そのままだと・・・(汗)。

低層版出るそうです。まだ先になりそうですが。なので低層版目当ての方は焦って買わないように!!!!

構造モデラー+NBUS7 発表(一貫構造計算ソフトの新作)

株式会社構造システムは、RC/S/CFT造の一貫構造計算ソフトの新製品「構造モデラー+NBUS7」を1月22日に発表、2月3日に出荷開始となります。

NBUS7はエヌバスセブンと呼び、同社の一貫構造計算ソフトBUS-6の後継となります。とはいえ従来のBUSとは違う新しい設計となっており、直感的な操作、自由度の拡大、CAD連携など新世代の構造計算ソフトとして一から開発されております。

よって現時点だとBUS-6のほうが機能的に充実しているところもあるということで、当面はNBUS7購入者はBUS-6を併用できるようになっています(つまり付いてくる)。

価格はRC/S/CFT対応バージョン(初期リリース)で150万円となっております。発表を見る限り従来の低層限定版のようなものは見当たりません。そのかわり新製品ということでお得なキャンペーンも複数実施予定です。従来のBUS-6ユーザーも乗り換えには50万円かかります(もちろんキャンペーン期間は大幅値下げ)。このあたりはSS7と同様な感じとみて良いようです。当初予想された年会費の値上げはなく(これが一番の驚き)アドバンテージになりそうです。

構造モデラーという名前の通り、ASCALなど先行する構造計算ソフトに似た思想となっています。ASCALが入力部分を切り離して販売しているのに対し、NBUS7は分離販売されず一体として販売されるといった違いはあります。ソフト的には分離されていて、将来他のソフトの入力環境として活用される可能性はあります。ちなみにカタログ表紙には、「基礎構造計算、動的解析、木造構造計算など」様々な計算システムと連動する統合設計プラットフォームとして予定しているとあり、今後このプラットフォーム上で構造系プログラムが動いていくということを示唆しているようです。個人的には省エネ計算などもおなじプラットフォームで動いてくれたら、と感じますし、i-ARMとどれくらい操作性が似ているのか?興味があります。

従来のXYグリッド仕様だけでなく、グリッドの制約を受けない自由な軸を利用した入力もサポートしています。入力も直感的な新しい手法を取り入れていて、自由な入力と引き換えに不便を強いられることはありません。

良い方にとらえれば、現時点で考え得る他社もやっていることの集大成で無難な進化であり、新ソフトとしての怖さはあまり感じないというところでしょうか?これは非常に重要なことで、BUS-6が新規ユーザーにも付属していることも相まって新たにBUSを使う人にとっては安心感が高いです。また同社のプログラムラインナップは広範でありながら、実は操作性などは統一されていないという大きな欠点を是正できる可能性を秘めているということです。しばらく変化がないWallシリーズの動きも気になります。

悪い方にとらえれば、特に驚きはない内容です。近年のトレンドを取り入れただけで、恐らく他社もそれほど脅威には感じないでしょう。しかしこのあたりは、操作性や生産効率性で評価は大きく変わってくるので、実際のソフトを見てから評価が大きく変わるでしょう。

なまあず日記sytleでは、このソフトを今後も追っていきます。特設ページも作成予定です。