HOUSE-ST」タグアーカイブ

HOUSE-ST1とHOUSE-DOCへの乗換キャンペーンは今月まで

構造システムの地味な乗換キャンペーンは今月で終わりです。地味ながら、通常より1割程度安いので、高機能だが使いこなせなかった木造構造計算ソフトや耐震診断ソフトからの乗換に最適です。どちらも操作性はピカイチですので。

なまあずショップ楽天市場店なら、普通に楽天ポイントもつきますし、送料も無料なので、もし乗換キャンペーンで、HOUSE-ST1HOUSE-DOCを買いたい方にお勧めしています。youtubeにHOUSE-DOCは5分、HOUSE-ST1は8分で入力した動画と解説をアップしていますので参考にしてみてください。

HOUSE-ST1。実際には、8分は無理です。ここでは壁量計算まで8分という感じで入力しています。構造計算まで持ち込むのは準備も含めて一時間程度でしょうか??今度チャレンジしてみます。

HOUSE-DOCはこちら。実務でも5~10分程度で入力しています。納品用の計算書を作るのも非常に楽です。

新型コロナウイルスは、もう少し続きそうですので、在宅勤務で飽きたら挑戦してみるといいかもしれませんね。

なまあず日記styleがラジオになった!!「Catfishなおうち」は、木造構造計算や耐震診断のネタもお送りしています。第二回配信は、木造耐震診断ソフトについて語っています!!

「Catfishなおうち」第二回配信(2020年4月13日配信)

お名前.comデスクトップクラウドをスマートフォンで

某営業さんと話に出てきたので、ちょっと紹介。

以前も使っていたのですが、お名前.comのデスクトップクラウドは、クラウド上にほぼWindows10を稼働できる安価で素晴らしいサービスです。クラウド上なので、作業中そのままに、別の所からログインし作業を続けられるとか、信じられない作業環境が実現します。またリモートデスクトップで接続できるので、元の環境は何でも構いません。MacBookユーザーでJWWを使いたい!などということも簡単ですし、データもクラウド上なので、どこにファイルを置いた!みたいなこともなくなります。画面は小さいですが、スマートフォンでもWindowsのソフトを触ることができます。構造計算をスマートフォンで!とか可能かもしれません。私が以前使っていた環境でもかなりのソフトが使えていたので、今は?と思い実験して見ました。

まずHOUSE-ST1。リモートでは非対応のソフトです。インストールはできました。しかしネット認証がNGです。ちなみに試供版に切り替えて使って見るとファイルの読み込みなどサクサク動きました。ZenFone5Zは高速なので、小さい画面ながら高解像度でサクサク動いたのは感動です。メーカーさん!!是非ネット認証対応させて!!

認証ができないのがつくづく残念。普通のリモートデスクトップではサクサク動きます。参考までに。

このサービスの最大の特徴はパソコンを付けっぱなしにしなくても良いこと、震災時などでも遠方に保存されている(はず)なので、ネット環境さえ整えばすぐに作業ができること。光回線に接続しているときは安心して作業ができるのはいいですね。まあ速度はそこそこで高速環境に慣れている人には遅いと感じますし、重量級のソフトは快適には使えないのも事実です。

JWWなんかはサクサク動きますね。スマートフォンタブレットだと操作が難しいのでお勧めしません。どちらかというとビューアー的な使い方が吉かな?スマートフォンの場合は。

もう少し環境が整えば、まだまだ面白い環境です。すっかりソフト・アプリはスマートフォン化して久しいですがパソコンでしかできないことも多いはず。そのようなときに使えれば嬉しいサービスです。