DRA-CAD」タグアーカイブ

DRA-CAD19発表

DRA-CADは毎年メジャーバージョンアップを続けている数少ない国産独自建築CADです。国産、独自、建築というところが貴重です。現在低価格帯のCADはほぼ全滅、中価格帯はAutoCAD互換が多いですからね。

さて、毎年新機能にウキウキ・・・というのは、事前の先行バージョンplusのせいで薄くなっていますが、それでも全てでないので楽しみですね。

個人的に使って見たいなと思うのが「複数の図面を効率良く一括処理」という1番目の項目の2つの新機能。図面を順番を決めて印刷できます。意外と並び順通りじゃないときがあるのでこれは良いかと。また異なるデータ形式へ大量の図面をまとめて変換できる・・・なんか出来たような気がするのですが、何か違うのでしょうか?

需要が高かった高解像度ディスプレイへの対応も価値が高いです。4K8Kも使えるようになったので細かい作業がやりやすくなります。また利用者が増えてきたユニコード文字も表示できるようになったようです。

3次元バージョンは、立体の切断線や断面線を作成できたり、立体の重心にスナップが出来るようになりました。重心のスナップ・・・構造屋さんくらいしか使わない機能だと思うのですが(汗)。相変わらず3次元はプラス項目が少なく、アソシエイトで毎年バージョンアップする魅力が薄いような気がします。

全般的におとなしい内容ですが、時代に合わせて変化してきている内容に追従していることが毎年バージョンアップの意義でもあるので、問題ないでしょう。モバイルアプリ「DRA Viewer」がもう少し良くなれば使う理由にもなるのですが、そちらがぱっとしないのが問題なんでしょう。DRA ViewerはDRA-CADネイティブではないので、使いにくいです。これならPDFに変換して送った方が便利、との声も聞かれます。DRA-CADユーザーはAndroidユーザーも多いことからAndroid版がないことも広がらない理由にもなっています。まあ、まずはiOS版をきちんと完成度を高めて、Android版も欲しいという声が出てくるようにすべきだと思います。

 

DRA-CAD18 plusのPDF形式のレイヤ分け

今秋に発売されるであろうDRA-CAD19の先行公開バージョンのDRA-CAD18 plus。目玉は何と言ったってPDF形式でのファイル保存時にレイヤ分けされたファイルを作成できること。これ便利ですよね。覚えると。

こんなPDF保存時にこんな感じになります。レイヤ分けできないものは、予め上記のように選択できなくなっています。

できるものは、チェックを入れるとPDF書き出しでレイヤ分けしてくれます!!手軽で便利です!!

Acrobat Readerで開くとレイヤ分けできていることを確認できます。特定のレイヤのみ見えるようにしたり、隠したりすることも自在です。

ふと思ったのですが、DRA-CADではPDFファイルも開けます。レイヤ分けしたPDFを読み込むとどうなるかな?とおもって、このPDFをDRA-CADで開いてみますと・・・レイヤ分けできて読み込んでいました。精度などはどうなっているか?まだ検証が必要ですが、これが可能なら簡単な図面はPDFで送ってしまって、スマホなどで確認、その後PDFを編集して・・・ということも可能になるかもしれません。出来たとしてもDRA-CADの同一バージョン同士しかお勧めできませんが、意外と使えるかもしれませんね??

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DRA-CAD18 LE (新規)
価格:94050円(税込、送料無料) (2020/9/2時点)


DRA-CAD活用テクニック・ライブセミナー第12回

 最近、好評のDRA-CADのライブセミナー。8月21日15:00~15:15に第12回開催です!!

つまり今日です。ZOOMかYoutubeで予約なしで視聴できます。たった15分ですが、今回はDRA-CAD15以降の構造設計者向けの新機能の紹介となります。DRA-CADは構造設計者が好んで使っているCADとして有名ですが、なぜ構造設計者が好んで使っているかは、長年の謎でした。一説には、構造計算ソフト会社の構造システム(建築ピボット)が作っているから、というのがありますが、他社構造計算ソフトを使っているユーザーでもDRA-CADを使っている方が多いので、その説だけでは説明がつきません。また構造設計者向けの機能は新機能として近年搭載されてきていますが、その多くを昔からの構造設計者が使っていないという事実もあります。私も今回紹介される機能で使っているのは断面性能計算くらいでしょうか??今回もK氏の切れの良い解説が聞けるのでしょうか??15時に是非是非ご覧くださいませ!!!

※過去の動画もyoutubeで公開されています。この手の動画では秀逸なものとなっています。DRA-CADをお考えの方は、カタログを見るよりyoutubeを見て判断したほうが良さそうです。

建築ピボット 公式チャンネル

DRA-CAD18アップデート

4月以来の更新です。既に次期バージョンが見えてきましたが、そこまでDRA-CAD18の完成度が高いとは思えませんので。

というわけで、かなりの修正などがありますので、忘れずにアップデートしましょう。焦っているのか?修正履歴の下から2行目が「パーツコレクション」ではなく「べーつコレクション」になっているのは愛嬌かな?

DRA-CAD18 plus

DRA-CAD18 plus発表

相変わらずセンスのない先行バージョンの名前ですが、この時期の公開はリアルに嬉しいです。

ファイル関連の目玉は、レイヤ分けされたPDFファイルを作成できるようになったこと。まあ小出しと言えば小出しですが徐々に便利に進化しているので良いです。JWW関連も、JWWが進化していないのに手を加えております。レイアウト図面関連は人によっては便利かもしれません。

近年充実の編集関連は、ピンセット関連のみとちょっと寂しい。

3次元関連はスケッチアップ(SketchUp)の2020形式に対応のみ。存在感が薄いですが、それでも購入し続けてくれているユーザーがいるということ。そろそろ期待にこたえて欲しいところです。

DRA-CAD18シリーズに対応したJWW、AutoCAD変換の小冊子ダウンロード版公開

構造システムのダウンロードといえば、ユーザーなら抵抗なくダウンロードできる・・・わけではなく、何か記入しなければならなかったり面倒です。もちろんユーザーでなければその抵抗感は・・・。

今回された「データ変換テクニック」はgoogleドライブで誰でも手軽に見ることが出来ます。googleのサービスですからね。

AutoCAD版

JWW版

こんなときだからこそ、既存ユーザーは改めて確認するといいと思います。また購入を検討している方は、DRA-CADの変換の威力を知ることができるので買う前に確認してみると良いと思います。

よくわからないけど、自社ホームページに直リンクじゃだめなのかな??と思ってしまいます。まあいろいろあるんだろうな~。

DRA-CAD18アップデート

4月9日にDRA-CAD18の軽微なアップデートがありました。

ユーザーの方はアップデートしておきましょう。

テレワークやネット会議、youtubeなどの動画サービスなどでネット上のデータやりとりが遅くなっているような気がします。確かに動画などは負担が大きいようです。スマホでのアクセスもLTEが始まった頃は早いな~と思っていましたが、今では力不足を感じるので、5Gが本当に必要に感じるときが来るかもしれません。今は速い4Gと、速度がある程度出るISPが貴重です。

そういえば、Rakuten miniのネット速度ですが・・・意外と快適ですね・・・。思ったよりユーザーが増えないのでしょうか(汗)。まあ個人的にはこのまま快適状態が続いて欲しいところですが。私の環境では電話が快適なので、私宛の電話はRakuten miniで受けることが多くなりそうです。独特?のコール音なので、怪しいと思わないでくださいね(いろいろ手段を講じているので・・・)。

こんなに簡単!DRA-CAD18 練習用データ

建築ピボットの建築CADのベストセラーのDRA-CAD。今となっては若干独特な立ち位置となり、古いCADだな、と思う人も多いかもしれません。しかしながらDRA-CAD12くらいからどんどん新しくなってきて、他のCADとの操作面での親和性も高まってきており、乗換需要に応えられるCADに進化してきました。そのぶん古くからのユーザーには不満がでてきているようですが・・・。

それでも乗換や新規で使い始めるにはCADはどんなものでも難しいのは事実。そこでDRA-CADでは、メーカーが解説書を発行しているのです!!「こんなに簡単!DRA-CAD18」です。本来はメーカー以外が作るのがいいと思うのですがね(汗)。またこんなに簡単!とういレベルではないと思うのですが(大汗)。2次元編と3次元編があります。私も古いバージョンの同書を持っていますが、意外と便利でした。

さて、同書のサンプルが同社ダウンロードのページに公開されていますね。CADなどは無料な物を除けば早く使いこなして元を取りたいのは誰でも同じ。購入された方はぜひ、書籍もご検討ください!

Chromeリモートデスクトップで実用になったソフト(CADや構造計算ソフトも)

ChromeReadyでChromebook化したパソコンから、インターネットを介して親パソコンに接続して実用的なの??ということで、やってみました。

KIZUKURI
木造構造計算ソフトKIZUKURIは比較的軽快なソフトです。やってみたらやはり軽快なまま。計算もスムーズです。USBプロテクトは親パソコンに刺さっていればOKです。2棟入れてみましたが問題はありません。ただMDIなので、画面が大きくないとちょっと嫌です。ノートではなく21インチ以上のディスプレイで使いたい感じでした。速度的にはスティックPC、Lavie特に差は感じません。

HOUSE-ST1HOUSE-DOC
どちらも似たソフトですが、ほとんど影響しません・・・といいたいのですが、HOUSE-DOCはほぼダイアログがでないので問題ないのですが、HOUSE-ST1はよくダイアログた飛んでいく特性があるので、親パソコンがデュアルディスプレイだと意外とストレス溜まります。ダイアログの件、なんとかならんのかな~。ただ動作的には何も問題はないです。SDIだと楽ですねえ。

DRA-CAD
まあ問題ありません。画面が大きい方が快適なのは言うまでもありません。

信長の野望 創造
一番負荷のかかる・・・ということでやってみました。スライドパットでやるのはかなり難しいですが(当たり前か)、マウスがあれば若干のタイムロス程度でなんとかなるので初級モードなどなら楽勝です。中級あたりになると(汗)。やはりゲームは負担が大きいです。パケットも相当食っているのでは?(今回はWifi下なので測定していません)。意外となんとかなるものです。

日本語入力が、ChromebookならATOKでないわけですが、リモート時にはATOKになるので地味に性能が上がった感じがしますが、Chromebookの変換も思ったより悪くはありません。ただ、ワンテンポ遅れる感じがするので、文章作成はChromebookのままのほうがいいかな??

そんなわけで思った以上にいいですね。ただ親パソコンの速度が速くないとこのような結果にはならないのかも?と思います。なにしろ動いているのは親パソコンですからね・・・。