ATOK」タグアーカイブ

Surface Pro Xも良い感じ。iPad要らないかも??

マイクロソフトのタブレットといえばSurfaceですが、今年出たSurface Pro Xはなかなか良い感じ。なんと7.3mmのうす型ボディーです。ARM系のプロセッサなので、64bitのWindowsソフトなど動かないし他も制限がありそうですが、慣れたWindowsをこのうす型ボディで使えるのは大きな魅力です。

まず、重量は774g。13型という大きなボディの割に軽いです。これは従来の12.3型のSurface Pro 7とほぼ同等です。この重量でキックスタンドがついているんだから、ありがたいです。キーボードと持ち歩く場合、ペンをキーボードに収納できるのは便利。Surface ユーザーのうちかなりの部分がキーボードカバーを使っているのでこれでいいと思います。

ARM系を使っているので、もちろんnanoSIMで通信できます。たぶんChromeBookにSIMフリーのものがほぼないことから、ChromeBook風に使え、WIndowsのアプリがある程度使える、というのがキモかもしれません。キーボードを入れるとはっきり言って割高なので使う人は選ぶかもしれませんが。

ARM系ということで、スリープからの復帰が早くネット接続もすぐなので、ほとんどのSIMが入るノートパソコンより快適でしょう。もちろん動き始めればARMの速度が足を引っ張るのですが・・・。

OFFICEが使えてChromeが使えて、ATOKが使えてOneDriveが使えるので、私はこれで十分です。構造システム系のソフトは64bitなので難しいですが、DRA-CADやJWWは動きそうです。うん。これで十分です。

もちろんうす型ですが、ARMなので最大13時間のバッテリー駆動と実用十分です。ARMなんだからもう少し持つかな?と思いましたが、うす型軽量化で犠牲になっているんでしょうね・・・。

EmEditor

文章を書くのが商売なので(嘘です!)、パソコン上で入力するソフト類はいろいろ試しています(こっちは本当)。IMEはATOKで固定してから久しいですが、ワープロやエディターは未だに試行錯誤しています。

電子書籍に凝った頃は一太郎を使うことが多かったですが、最近はonedriveとの相性を考えてwordが多いです。印刷ではillustratorとInDesignとパーソナル編集長とExcelが多いです。一太郎は校正機能が気に入っているので使っています。またメモの類いはEvernoteとSimplenoteといったクラウド連携できるものを使っています。エディタは秀丸一本です。ちょっとしたコーディングにも長文書くにも便利です。アウトライン機能は多用しましたね。

でもCSV編集は頭を悩ませました。データベースのようなものを作るとき、その基礎データをEXCELで作ることが多いのですが、非常に使いにくいです。計算や式を入れて・・・という作業はやりやすいのですが・・・。純粋にテキストデータベースを入力するには面倒なことが多いのです。秀丸にcsv入力がついたのですが、あまりしっくりこなくて・・・。

そんなときEmEditorのCSV入力機能を触ったら、これがいい!!と思ったので、大量にテキストを入力する12月に購入。ストアアプリ版にしました。価格は高いですが、使わなければ更新しなければいいし、更新やインストールが楽なので。同じ理由で秀丸もストアアプリ版を持っています(通常版も持っています)。

こんな感じでラクラクです。Excelと同じように上部に入力欄を表示することができます。消すこともできます。

動作も軽量だし、テキストモードに戻すこともできるので、重宝します。Excelだとね・・・それができないし・・・。ファイル形式もテキスト系なので保存したものを他で簡単に入出力できるのも強みです。

他の操作性は秀丸になれているので、完全に乗り換えは考えていませんが、徐々に慣れていこうと思います。

 

一太郎2020 35周年!!

ジャストシステムの日本語ワープロソフトの一太郎の最新バージョンが発表になりました。一太郎2020と上位版の一太郎2020プラチナ[35周年記念版]を2020年2月7日に発売するそうです。

近年の一太郎やATOKは根本部分の問題を残したまま進化している感じがあります。今年もそんな感じです。とはいえ、かなり今回もてんこ盛りの新機能なので、自分に必要な機能はどれか?考えてからバージョンアップしても遅くはありません。

スマートフォン・タブレット用のメモアプリ「一太郎Pad」が無償提供されます。スマートフォンなどで撮影した写真内にある文字を自動抽出してテキストデータにするOCR機能がありますが、どれくらいの精度か気になります。

発売までまだ先なので、じっくり機能などを検討してバージョンアップするか?考えてみます。

文章入力マシンを考える

ブログやマニュアル、小説などを書くのは、すでにパソコンが主流になってから久しいです。ワープロ専用機がなくなってからも、モバイルギアなやポメラなどが出ましたが若干の流行はあったものの主流にはなりませんでした。

出先で手軽に文字だけでも入力したいという需要はあると思います。ポメラはその穴をうまく埋めました。私も初代とDM100を使っていました。しかしそれだけでこなせるマシンではないです。私の理想はモバイルギアのような簡易なOSを搭載したマシンです。事実私の文筆マシンでは一番長寿でした(R520)。標準の文字入力はあまり賢くなかったのですが、ATOKをインストールできたので補えました。フリーソフトもある程度ありました。PHSカードも入れられたので通信もできました。意外なことに、今この程度のことができる小型のマシンは異常に少ないです。最近出荷されたクラウドファンディングで話題になったGemini PDAはその需要をある程度満たした数少ないマシンでしたが小型化によりキーボードが若干犠牲になった感があります。

手の大きさ、相性もあるのでしょうけど、今その条件を満たすマシンは、Let’s noteのRZシリーズでしょう。普通にパソコンとして使うには小さすぎるディスプレイですが、キーボードがしっかりしていて文章を打つのに最適です。13インチと異なり、電車や狭い喫茶店などでも幅的に邪魔にならず、キーボードの音も割合静かです。バッテリーも省電力にすれば及第点です。もちろんフルバージョンのパソコンなので、一太郎のような文章構成機能がついたワープロやATOKなどの変換ソフトも使えます。個人的にはモバイルギアなどのように横長ディスプレイにして欲しい所ですが、まあ大きさ的にギリギリ及第点です。難点は価格ですが、いざとなれば構造計算やCADも難なくこなしてくれるので文章入力マシンとノートパソコンとみればいいかな?と思います。私のRZ5は格安SIMも使えるので、ネット認証やメールやSNS、ブログ掲載などでも単体で出来るのがいいですね。Let’s note系はSDカードやネットワーク端子、ディスプレイ端子を過不足なく搭載していますし、バッテリー交換も購入で簡単にできるので理想的です。

まあ何でも出来るイコール中途半端になりやすいです。実際、ある程度の性能があるからこそのディスプレイの小ささはいかんともし難いです。パソコンとしたら13インチ程度で軽量なパソコンいっぱいありますからね。しかもLet’s noteの半値程度で買えますし。

MBAのようなバランスの良いノートパソコンが売れているのも理解できます。ただとんがったマシンは楽しいです。選ぶ過程も楽しいです。そのようなものをメーカーが共有し続けてくれることを願っています。

ATOK2017

はい。導入しました。ATOK2017です。といってもPassport(月額制)なので、感動はありませんが。

それよりもユーザー辞書を見ると本当に汚い。導入を機にある程度きれいにしました。ATOKも素直に学ばないで欲しい・・・。

さて、ネタ不足に見えるATOKですが、本当に毎年バージョンアップするのは大変だと思います。その割に変換効率は良くなっていないわけで、使い続ける理由はそのカスタマイズとか、他の部分になります。

今回のバージョンアップの目玉は誤変換を30%減らすというディープラーニングの採用だそうです。変換効率が良くなることは非常に良いことなので、どのような手法であれ歓迎です。

個人的には、日本語OFFの状態で入力しても直後ならShift+変換キーで変換出来る状態に戻せるインプットアシストが便利ですね。画面上で指摘してくれるので助かります。もっともすべてで指摘するわけではなく、ATOKがそう感じたとき・・・ということのようです。

クラウドで同期できるので、違うパソコンでも同様に辞書を使えるのがいいです。私の場合建築関連の膨大な辞書がありますからね。これがなくなったら・・・と思うとゾッとします。パソコンが不慮の事故で壊れても安心です。これを考えると手放せませんね。

正直、ウィンドウズ標準のIMEもそれほど馬鹿ではないので、通常はそれで十分だと思います。ただ長文を打つには必要ですね。日本語変換だけでなく、いろいろな機能がついています。定型文書やお気に入り文書を登録しておいて・・・というのも便利ですし、ナントカを頭につけて入力する、たとえば、ナントカヒルズ、などと打ち込むと六本木とか、表参道など出てくるので、ど忘れした場合など助かりますね。カスタマイズも自由度が高いので癖がある人でも安心です。

Just Right!6 Proは2016年10月28日新発売!!

ジャストシステムと言えば、一太郎。そしてATOK。日本語に強い企業イメージですが、同社のJust Rightシリーズは文章校正支援ツールのベストセラーです。最近はProバージョンで価格が高くお世話になっていない人が多いと思いますが、一太郎には同様のツールが搭載されているので、便利だな~と思った人も多いと思います。通常は一太郎上でツールを利用すれば事足りるので購入しないでも済む方が多いと思いますが、一太郎を意地でも使いたくない人や、エクセルやパワーポイント、Outlookなどで活用したい方は、ほしいと思います。しかしながら従前のバージョンは最新版のOfficeなどに対応していません。そしてなぜか一太郎でも利用できません(同等のエンジンを搭載しているということでしょうか??)。そんなわけですっかり影が薄くなっていましたが、いよいよ新バージョンが発売になりました!!

まず、最新のWord2016などに対応しました。ShurikenやATOKの最新版にも対応したのは地味に嬉しいです。校正画面は非常にわかりやすく、文章校正のストレスが軽減できますね。ルールチェックなどもかなり柔軟にできるので長文を作る際はいいですね。簡単に校正用の辞書が作れるので、企業別、マニュアル別、用途別など独自のルールを作れます。専門業界の場合独特の言い回しがありますから重宝しますね。

定価税込みで5万円超のソフトなのでおいそれと手を出しにくいです。逆に校正だけだったら一太郎のほうが圧倒的に安いので、そちらを利用すればいいや!という方(=私)も多いと思います。特に旧バージョンから上がった部分は最新ソフトへの対応以外、めぼしいものはありません。新発売ということで、キャンペーンで記念割引とポイント3倍(WEB公式ショップ)など特典が魅力的にうつるようでしたら、購入してみてはいかがでしょうか?

ATOK2016のATOKインサイトは凄い!

ATOK2016のウリといえばあ、作業中のウインドウ上の単語を参考にして最適な変換候補を表示させる「ATOKインサイト」機能です。

文字を入力しているウィンドウだけでなく、バックグラウンドで開いている一太郎2016やWord、Shuriken2016やブラウザで利用可能なので、いろいろ便利です。もっとも何処まで参照にするのか?とか癖を掴むのはなかなか難儀だと思うのですが。ATOK2015が意外とお馬鹿だったので、2016は期待しています。

それにしてもATOKリフレッシュナビは、強烈でした。

20160210142310

休憩を促してくれます。またタイピングの精度もお節介にも記録して見ることができます。

ATOKリフレッシュナビ

意外とミスタイプが多い。精進せねば・・・。

 

 

 

ATOK2016で困ったこと

様々な新機能はともかく、現時点で困ったこと。

ATOK2016をFirefoxで使うと、変換候補が文字の真上に表示されてしまい見えなくなります。私の環境だけでしょうか?推測変換を使うと常に見えない状態になるので事実上使えません。

・・・と思っていたら、Gmailとか全然問題ないっす!!そして駄菓子屋さんのブログも問題ない。問題あるのは・・・

この、なまあず日記styleのWordPressの入力画面だけ!!!のようです。う~ん。一番使うのにな。ちなみに、Chromeでなまあず日記styleを使えば何の問題もありません。なぜこのWordPressだけダメなんでしょうね??

ちなみに本舗のWordPressも問題ありません。Styleだけです(涙)。

Firefoxは私が一番長時間使うソフトなので、これでは困ります。WordPressの問題、もしくはテンプレートの問題なのかもしれませんが、FirefoxやATOKで問題解決できるなら、そっちでも構いません!早く直って欲しいな~。

ATOK Passport プレミアム

ずっと、ATOKユーザーなのでPassport会員になっていたのですが、このたびプレミアムに変更いたしました。

約2倍の金額になるので抵抗があったのですが、それくらい酷使して活用しているのでいいかな??と思い変更しました。

現在のベーシックで不満があったわけではないのですが、文章校正をWEBでできるATOKクラウドチェッカーを利用できるのが大きいです

ATOKクラウドチェッカーは、定評のある文章校正ソフト「Just Right!」の校正エンジンを利用したサービスです。非常に良い文章校正ソフトですが、結構高いです。それを月額で利用できるのは大きいです

一太郎の校正も優秀なのですが、ブログなどではいちいち一太郎を起動しなければならないのは面倒。またAndroid端末でも利用できるのは非常に便利です。もっともWEBにつながっていなければ・・・という欠点もありますが、私の現在の環境ではほぼ問題ないと判断。バージョンアップなどの手間もかからないのもメリットです。ちなみにベーシックからプレミアムには瞬時で契約変更できます。

さて、契約すると、ATOKクラウドサービスからクラウドチェッカーを起動できます。正確にはブラウザから開くのですが。ログオンするとシンプルなクラウドチェッカーの画面がでますので、ここに文章をペーストすると文章の悪い部分を指摘してくれます。非常にシンプルかつ適切な指摘で、画面構成も良いので、校正がはかどります。これで一太郎がない環境でも校正できます。

Androidからもやってみましたが、WEB版なのである意味普通に動きました。スマートフォンならでは!!という環境じゃないのは残念ですが、十分に使えます。

ATOKには文章変換の他にいろいろな機能があるので、ヒマなときに設定していこうと思います。

ATOKナントカ変換サービス

日本語変換システムATOKの新しいサービスとしてATOKナントカ変換があります。後半しか思い出せない言葉の入力は意外に難しいもの。ATOKで類推して表示してくれます。

たとえば、後半のヒルズだけ覚えていて、前半がわからない場合、「なんとかひるず」と入力すると候補が出てきます。虎ノ門ヒルズや六本木ヒルズなど。意外に便利です。

「なんとかけいばせいもんまえ」と打つと「府中競馬正門前」と候補が出るのは立派すぎます!!他にも「なんとかひとみ」と女優などを思い出そうとすると「島谷ひとみ」「黒木瞳」「仁科仁美」など様々な人名が候補としてでてきます。

ちなみに「なんとか」は「?」でもOKです。ATOK標準では使えませんが、ATOKを最新にし、JUSTアカウントが必要です。そしてATOKクラウドサービスの設定でONする必要があります。

なんとAndroid版も使えるようになりました。いろいろ助かりますね。