ARM」タグアーカイブ

Surface Pro Xも良い感じ。iPad要らないかも??

マイクロソフトのタブレットといえばSurfaceですが、今年出たSurface Pro Xはなかなか良い感じ。なんと7.3mmのうす型ボディーです。ARM系のプロセッサなので、64bitのWindowsソフトなど動かないし他も制限がありそうですが、慣れたWindowsをこのうす型ボディで使えるのは大きな魅力です。

まず、重量は774g。13型という大きなボディの割に軽いです。これは従来の12.3型のSurface Pro 7とほぼ同等です。この重量でキックスタンドがついているんだから、ありがたいです。キーボードと持ち歩く場合、ペンをキーボードに収納できるのは便利。Surface ユーザーのうちかなりの部分がキーボードカバーを使っているのでこれでいいと思います。

ARM系を使っているので、もちろんnanoSIMで通信できます。たぶんChromeBookにSIMフリーのものがほぼないことから、ChromeBook風に使え、WIndowsのアプリがある程度使える、というのがキモかもしれません。キーボードを入れるとはっきり言って割高なので使う人は選ぶかもしれませんが。

ARM系ということで、スリープからの復帰が早くネット接続もすぐなので、ほとんどのSIMが入るノートパソコンより快適でしょう。もちろん動き始めればARMの速度が足を引っ張るのですが・・・。

OFFICEが使えてChromeが使えて、ATOKが使えてOneDriveが使えるので、私はこれで十分です。構造システム系のソフトは64bitなので難しいですが、DRA-CADやJWWは動きそうです。うん。これで十分です。

もちろんうす型ですが、ARMなので最大13時間のバッテリー駆動と実用十分です。ARMなんだからもう少し持つかな?と思いましたが、うす型軽量化で犠牲になっているんでしょうね・・・。