5G」タグアーカイブ

4キャリアとも2980円

日本人って横並び多いですね。緊急事態宣言もそうだし。表題は、もちろん携帯会社の新プランのこと。それを考えると、いろいろ問題はありますが最初に2980円を打ち出した楽天モバイルとドコモブランドで2980円を打ち出したドコモの勇気はすごいことかな、と思います。問題は採算が取れるかと実用性があるかなんですけど(汗)。

さて、最後に発表のauですが、さすがに先月叩かれたことに懲りてか、先行他社より魅力的なプランを発表せざるをえないわけで、そこそこ魅力的です。通話しない人を考慮してその分を値下げに回す配慮も忘れていません。いろいろなトッピングで各個人に向いたプランを作りやすいのも特徴です。まあ、マネされるんでしょうけど(涙)。

さてauの場合、念願のeSIM対応のようです。楽天モバイルのeSIM対応機の中では、auと親和性の高いモデルもありますので、楽天モバイルが本サービスで2980円払うの納得がいかない!というユーザーが流れる可能性もありますね。私もRakuten miniにau回線を突っ込もうか?模索中です。

まあ、そう考えるユーザーにとってネックになるのは、実は安く見えた2980円という価格が高いこと。私のように携帯電話で比較的長い仕事の打ち合わせをする人は5分かけ放題では足りず、auで1500円かかる(予想)本当のかけ放題が必要になります。そうなると4000円超えてしまいます。これだとさすがに高いです。まあ通常のスマホとして利用するなら安価なのですが、通話専用端末だと高いですね。現在会社で使っているワイモバイルの通話専用ガラケーはウィルコムからの引越ということもあって月1000円ちょっとで使い放題ですからね・・・・。まあ通話を重視するのは少なくなってきていますし、ワイモバのガラケーはインターネットを使った場合高いですからね。

通信量値下げが実質的に行われなかったことによって、端末価格が高騰してしまいました。しかしようやく通信量が実質的に下がったことによってバランスがとれてきたと思います。2台持ちを含め、そろそろプランの見直しを考えなければならないと思う今日この頃です。

Zenfone7が出るのに、Pixel4aを予約した理由

Zenfone7のオンライン発表会が26日15時に決まったようです。個人的にZenfone3、5Zと使ってきて7を狙っていたのに、このタイミングでPixel4aを予約しました。

Zenfone7は、Zenfone6の後継機。高性能な割にコスパが良いことは想像できますが、それでも高価なことは想像できます。Zenfone5Zは高性能でした。高性能なスマホがこれほど快適だと思わなかったです。それと同時に大きいスマホは片手で使いにくいこと、老眼が進むと小さな画面は見にくいことが理解出来ました。

今回、ずっとZenfone7を狙っていましたが、5G機ということもあり、なんだかな~と思っていました。SIMの相性などいろいろ出てくる可能性もあり、ちょっと今回は遠慮しました。また実働するZenfone3とXperia XZsがあるので、auのSIM問題が再燃するかもしれない危険性を考えると、5G機を買うのを躊躇してしまいます。既にauの5GのSIMは4Gでは使えないということが知られています。auの4GのSIMをSIMフリーの5Gに差しても問題はないと思いますが、何が起こるかわかりませんからね。

Pixel4aを選んだのは、その小ささです。Zenfone5Zは本当にバランスが良かったのですが、持ちにくかったです。私の小さな手では片手で操作できません。それはXperia XZsなら片手で操作できたことから、ちょっとの差だったのかもしれません。

あとは、カメラ。単眼カメラで性能が良いものが、ほとんど存在しない今、貴重な存在です。Zenfone5Zはカメラが超広角と広角の2種類で便利に使える反面、写真の仕上がりの差が大きいのが悩みでした。超広角が使えないのは痛いですが、診断のときくらいしか超広角は使わなかったのでいいかな?と思いました。

また大きいのはeSIM。楽天モバイルのeSIMが使えるのは大きいです。今使っているRakuten miniが壊れた場合など、Pixel4aに移動できます。auと楽天UN-LIMITの2枚差しはエリア的なメリットは薄いものの、1Mbpsで使い放題が楽天UN-LIMITでは大きく、auの料金プランを下げることができる可能性が高いです。まあ2980円の楽天UN-LIMITを使い続けるかは謎ですが・・・。

Zenfone7が発表されると絶対に迷うので、先に予約しました(汗)。吉と出るか凶ととでるか・・・。

5Gが体に悪いということで思い出すこと

大量のムクドリが5G通信の電波で死亡した、という情報がネットで拡散されました。これが嘘かどうかはわかりませんが(どうも嘘っぽいけど)、新しいものは常に希望と危険が隣り合わせ。そして新しいものに対する恐れは何時の時代にもあります。

私が大学生の頃、携帯電話の電磁波が脳に影響を与える・・・という情報がまことしやかに出ました。5Gでも4Gでもない3Gすら始まっていない時代ですよ!!もちろんあんなもので何で通話ができるんだ!!という時代はとっくに終わっている頃ですが・・・。私も携帯電話を販売していた頃だったので、この手の情報をアメリカの論文も含め調べたものです(まだネット情報が少なかった時代ですから)。結局、携帯電話はその後爆発的に普及し、この手のことを気にする人も少なくなりました。しかしながら、送電線や携帯の電磁波は少ないながらも影響がある・・・という説は根強いですし否定しきれません。

その後3G,4G、そして5G??この時代にもこのような説が流れているとは。SNS全盛なので、その手の知識を持っていない人でも普通に拡散が可能な時代なので、昔よりも知っている人は多いかもしれません。特にムクドリの画像は大量に拡散しましたからね。twitterの場合、140文字なのですべてを伝えきれないにしろ、その内容をわかって広げているのか?悪意を持って広めているのか?わかりませんし。

こういう議論は我々素人がするものではなく、専門家同士がやってくれればよく、もし何か悪いことが出てきたらそのとき報告すれば良い気がするのですが。私もどちらが正しいとか言うつもりはありません。少なくともtwitterなどで不毛な議論はしたくないだけです。

auからも5G発表。国内出揃う。値段はともかく3社個性が分かれて面白い。

auが5Gを発表しました。事前からして最後に発表日を持ってきたので何かあるな、とは思っていましたが意外でした。

機種は7機種発売。なんとシャオミやZTEからOPPOまで豊富なラインナップ。機種としての個性がないのは、今回は初物ですし仕方がないのかもしれません。それでも選べるのは良いですね。

料金プランは・・・正直ソフトバンクやドコモのほうが評価できます。後出しだったのに複雑です(両方に対応していると言えなくもない)。データMAX 5Gのテザリング上限が月30GBと今までのプランと変わらないのも気になります。ドコモは実験しながら・・・と言っていますがauは初めから諦めています・・・。4Gの1000円高という金額は、キャンペーンによって割引を得られることから、導入しやすさはあります。Netflixパックも健在で、ALL STARパックもあるのが個性でしょうか?ALL STARは、NetflixだけでなくApple Music、youtube premiumと新動画サービスのTELASAをセットにしたものです。この需要がどこまであるかは不明ですが、一万1150円という価格とテザリング上限が80GBという部分とのバランスはどうなのか?評価が待たれます。

私が絶望したのは、昨年から今年にかけてせっかく使い放題プランを導入してくれたのに、度重なるルール変更でわかりにくくなったのに、今回もいじってきたことです。5Gだけの発表で良かったはずなのに・・・。しかもデータMAX4G LTEは8650円とはっきりいって値上げですからね。テザリングも30GBのままですし。メリットは月間データ容量が2GB以下の場合に1480円の割引が受けられる・・・などありますが、どうだかねえ・・・。キャンペーンと相次ぐルール変更が組み合わさってわかりにくくなります。ネットの情報が残っていくので怖いですねえ・・・。

ドコモの高級志向でわかりやすさを狙った料金・端末施策、ソフトバンクの先行話題性と実はあまり5Gを特別視しない施策、auは一番わかりやすくアミューズメントから攻めつつ全方位に柔軟に対応した施策。キャンペーンなど含め価格的な部分の差はそれほど大きくないが、久々に戦略性を打ち出している感じがして興味深いです。

ドコモの5G発表。3月25日スタートへ

ドコモが予告通り3月25日から5Gサービスを開始する。もちろん端末も発売する。「Galaxy S20 5G SC-51A」「Galaxy S20+ 5G SC-52A」「Galaxy S20+ Olympic Games Edition」「Xperia 1Ⅱ SO-51A」「AQUOS R5G SH-51A」「LG V60 ThinQ 5G L-51A」「arrows 5G F-51A」の7機種とルーター1機種が、5Gに対応する。よくこれだけ揃えた物ぞ!と思う反面、エリアはまだまだです。

当面はスポット的に使えるにとどめ、3月末段階では全国150箇所という、楽天もビックリな限定スポットになります。当初はSub-6という低周波数帯のみで最大下り3.4Gbps、上り最大182Mbps。6月以降にはミリ波対応のサービスが加わり、最大下り4.1Gbps、上り最大480Mbpsとなる。5G対応とはいえ限定対応の端末もあるようだから注意が必要です。2021年3月末に500都市以上に・・・という話なので、一般的に5Gが普及するのは大分先なので、急いで買いかえる必要はなさそうです。

プランは、100GBで7650円。当面データ量無制限キャンペーンで使いたい放題になるようです。ちなみにLTEエリア等も使い放題になり、海外利用時は制限があるそうです。また最大6ヶ月1000円の割引もあるようです。

当然段階制もあり、5Gギガライトというプラン名で4ステップで上限7GBのものも。こちらは2980円から。面白いのは2台使いのための5Gデータプラス。2台目は月額1000円で使える。2台目を格安SIMで運用していた方は考えてしまうプランでしょう。

私は端末残債なし、auに未練がないので、auの新プランを見て乗り移るかどうか考えたいと思います。