電子ペーパー」タグアーカイブ

BOOX Nova3 電子ペーパーのタブレット

私は、ソニーの電子ペーパーを愛用しているのですが、購入して2年。本当に役に立っています。

DPT-RP1(メーカーサイト

ほぼA4サイズ(13.3型)で、自由に書き込める上、PDFにも書き込めるのです!!しかも超薄型軽量で言うこと無し!!(重量は358g)です。

耐震診断のや現地調査では本当に活躍しました。現在も活躍しています。また勉強にも良いです。PDFのテキストなどを入れて読むこともあります。そのさい書き込みもできますから。

欠点は、高価なこと。薄型軽量がたたって弱いことです。画面も普通にヒビが入ることがあります。私もヒビが入ってしまって泣きそうでした。液晶シートを切って、貼っています。全面に貼っていたこともあったのですが、書き心地が悪くて。良いシートがあれば、貼ってからの利用をお勧めします。

そして便利過ぎるので・・・電池は持つのですがハードに使ってきているので、バッテリーがそろそろ心配になります。だいたい一週間に¹回程度で良いのですが、ハードに書き込みをしているので、そこそこ充電回数が嵩んできました。仕方がないことです。

便利過ぎるからこそ、目立つ欠点もあるわけで、大きすぎること(それが良い場面もあるのですが)、同期がパソコンじゃないと面倒なこと。やっぱりスマホやタブレットになれるとそうなりますよ。

というわけで、電子ペーパーで書き込めるタブレットとなると現在は、BOOXが唯一無二のような気がします。大きさが小さめなのは7.8型のBOOX Nova3でしょう。Android10に対応した比較的新しい電子ペーパータブレットなので、アプリもそれなりに使えます。価格もDPT-S1などに比べれば安価です。常に持ち歩くならこれくらいが良いと思う反面、カラーが使えないこと、この価格ならiPad買った方が便利じゃないか?などと思ってしまいます。

しかし最近の老眼の進行と目の疲れが激しいことから、目に優しい電子ペーパーは他に代えがたい魅力がありますね。大きさも含めて、ソニーの電子ペーパーを買い直すのか?それともBOOXにするのか?考えて行こうと思っています。

BOOX Nova2 電子ペーパーAndroidタブレットの決定版??

5Gはまだだし、何かパンチのある比較的入手しやすい端末ないかな?と思っている方に朗報!!BOOX Nova2が5月に発売決定だそうです!!価格は39800円!!

PC Watchの記事はこちら

モノクロの電子ペーパー版Androidタブレットです。OSは最新ではないがAndroid9.0。比較的新しいのでとりあえずだいたいのアプリは使えそうです。またワコムのデジタイザーを搭載しているのでメモ帳としても使えます。読書専用端末は今さら買いたくないけど、電子ペーパーの目へのやさしさを知ってしまうと、一台ほしいな、と思うのも事実(私がそうです)。BOOXなら過去に電子ペーパー採用端末を出しているので信頼性もあります。楽天KOBOやKINDLEなど専用端末じゃなくてもアプリで対応可能なのは、複数の電子書籍サービスを使っている人やPDFも読みたい方には最適ですね。

タブレットとしての性能は、1872×1404の解像度は必要十分。7.8インチという画面の大きさながら、275gと携帯性もまあまあ。Octa-core2.0GHz程度のようなので速度は望めませんが、RAM3GB、ストレージ32GBなのである程度の使用はできるでしょう。ただしSDカードスロットがないほうが痛いかもしれません。USBはType-Cに対応なので最近のスマホとの親和性も良さそうです。

すでにアマゾンでも販売されていますが、今回リリースのSKT版は、直販で購入するとUSB充電器と保護フィルムが付属するようです。もちろん技適ありです。

 

ドコモからも「カードケータイ」

nichephoneがヒットしたこともあり、キャリアも動くかな~と思っていたら、意外にもドコモが早かったです。しかも京セラ製で、電子ペーパー!!と意欲的な端末です。厚さ5.3mm、重量47mmで4G LTE対応携帯電話としては世界最薄最軽量としています。価格は3万2000円程度とそこそこ高いです。この軽量さでバッテリーは380mAhとかなり小さめ連続待ち受け100時間、連続通話110分です。まあ十分といえば十分です。

この手の端末は通話専用!!という場合が多いのですが、電子ペーパーでモノクロという制限はあるものの、タッチ操作にも対応しています。そして簡易的なブラウザも搭載しているのでWEBも見ることが出来ます。メールはSMSだけですが、ブラウザが使えると言うことはブラウザメールは見ることができるようです。キャリアメールが読めるといいのですが。

この大きさで防滴性能を確保。まあお守り程度の効果とは思いますがちょっと安心感があります。

ドコモケータイに分類され、LTE対応携帯電話向けのカケホーダイプランやシンプルプランなどで利用できるようです。なのでガラケーの置き換えということになりそうです。

屋外で見やすい電子ペーパーなので、現場などでも良いかもしれません。