迷惑メール」タグアーカイブ

さくらインターネットのアドレス(独自アドレス含む)からのメールを迷惑メールにさせないために

最近、特定の相手にメールを送ると迷惑メールに判定されることが多くなった。

それがさくらインターネットのホスティングからのメールであることが多いので調べて見ました。

何しろ、会社のメール、個人のメール、某協会のメールなど、すべてさくらインターネットなので被害は多いです。まあ実務的に何かあったわけではないのですが(今のところですが)。

発生したのは以下の二件

・niftyのアドレスの方にメールが届かない(某協会のアドレスで発生)

・自社オフィシャルのメールがgmailで迷惑メールに振り分けられる。

niftyのほうは、niftyに問い合わせています。gmailのほうはさくらインターネットの設定で直ることがあります。

まず、gmailのアドレス宛にさくらで使っているメールを送り、ヘッダー部分を確認。このとき

こんな感じに?マークがついている場合は、以下の対応をします。しないと迷惑メールに振り分けられるケースが増えます(特に大企業でGmailベースで社内メールシステムを組んでいる場合)。

さくらのレンタサーバーの管理画面に入り、ドメイン設定を開きます。

・IPv6アドレスの使用を利用するにチェック
・SPFレコードの使用を利用するにチェックする。

この二点を確認し、チェックを入れます(IPv6はこれからのことで念のためです)。SPFレコードを利用するとGmailでもそれが認識されて、先ほどの部分がこのように変わります。

このケースでは会社のアイコンに変わりますが、ない場合は人型の普通のアイコンに切り替わるのを確認できればOKです。

もちろんほかにも迷惑メールになる原因はありますが、まずはここからチェックしてはいかがでしょうか??

 

新種の日本語の迷惑・ウイルスメールに注意

夏休み明けでボケボケしているとウイルスに感染してしまいますよ!!

この夏に届いた迷惑・ウイルスメールのうち、面倒なものがありました。ほとんどが外国語なのですが、これは日本語です。

件名「募集写真」

おかしな名前ですが、内容は「キャッチコピー、写真と力強さ。すごくいいと思います」

まあ、内容もおかしいです。そして日本国内のアドレスから送ってきています。しかも楽天のアドレスを偽装するたちの悪さ。

店長も驚いていました。先に指摘して良かったです。添付ファイルはimage007.image008.jpg.zipと言う名前で、少し間違えると画像ファイルの圧縮・・・と認識してしまいます。

もちろんこんな名前で圧縮して送付する日本の方、特にビジネスやっている方はいませんよね??でもネットにあまり慣れていない人だとわからないかもしれません。

しかもウイルス対策ソフトをすり抜けます(内容はバックドア型なので絶対開けないように!!)

次に、「電子請求」

こちらも「口座振替よりも先にご返済を希望の場合はお電話でのご連絡が必要となります。」のみ描かれています。住所や電話番号や、誰からかも描かれていないので、添付ファイルを開いてしまうのかもしれませんね。添付ファイルは、201608-69178139-1.zipです。まあお約束で開かないように!!こちらはso-netを偽装しています。

両方とも手口は一緒ですが、意外と手が込んでいてヘッダを見ていると泣きます。やはり新しいタイプのようです。

今年は新種が猛威を振るい面倒な年になりました。インターネットメールの世界も、早く新たなセキュリティが高いシステムに切り替えてほしいものです。たくさんの迷惑メールが届くのはみんなうんざりなはず。私などもメッセンジャーを多用するようになったのも、そのためです。便利な時代なはずなのに不便だな~。