箱根駅伝」タグアーカイブ

謹賀新年

今年も皆様にとってよい年となりますように。よろしく!

令和3年 正月 DJしろなまず

さて、2021年、令和3年を迎えました。新型コロナウイルス感染者が急増している状況下、先が見えない正月となりましたが、ゆっくり過ごせる方もいらっしゃったのではないでしょうか??

私は例年より冬休みが短いものの、みっちりお休みをいただきました。31日は「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」を見ながらの年越し。久々に日本酒をあけながらのゆっくりした年越し・・・前に寝てしまいましたが。

1日はゆっくりとした朝を迎え、ニューイヤー駅伝も見ずに、報道番組を見ながらの目覚め。実家に挨拶に行き(徒歩0分)、朝食を頂いて談笑。駄菓子屋も年末休みをもらっていましたが1日からオープン。もっともほとんど客は来ないですけど。事務所に行き、年賀状を整理。半分が旧住所で届く。まだまだ移転が徹底されていない模様。もっともワープロだからというところもあり、新事務所に来た方も直っていなかったりします。散歩は近所を中心にゆっくり歩きました。公園では子どもたちが親と遊んでいましたが今はこんなに少ないのだな、と感じました。新型コロナもあるからでしょうけど。今年も更に周知に努めます。夜は「芸能人格付けチェック!」と「月曜から夜ふかし 元日スペシャル」を見る。大好きな番組2本を酒を飲みながらゆっくり見られました。格付け難しいですねえ。私も牛肉わからなかったと思います(未だに肉の味がわからないので)。桐谷さんは、相変わらず桐谷さんでしたが、大量の将棋雑誌を捨てようか迷う桐谷さんに棋士としてのプライドを見ました。無事に将棋記者の方が引き取ることで決まったようで安心しました。

2日目は、箱根駅伝。早稲田は往路は評判が良いメンバーでしたが、疲れが心配でした。全体的に速度が上がらないなか、堅実な走りで創価大学が往路初優勝。青山は下位に沈み、改めて駅伝の難しさを感じました。早稲田は・・・5区に入るまでは本調子でもないがうまく繋いでいるように見えたのですが・・・明日は下位に有力校が揃い、厳しいシード権争いになりそうです。応援していた法政大は1区でまさかの区間賞!でしたが、後は・・・。あと沿道応援やはり多いですね。少なくはなっているのですが。個人的に甲子園が中止で箱根駅伝がほぼ普段通りなのはいかがかと思います。これなら甲子園も無観客でやって欲しかったな、と感じます。また箱根の応援団は駄目で、観客は大丈夫・・・というのも釈然としません。誰のための大会なのか?改めて考える事が必要かな?と思いました。ちなみに信長の野望 創造withPKをやりながら見ていました。上杉景勝で織田軍を迎え撃つ難しいシナリオ。魚津城を早々に見捨てて堅陣をもって対抗しました。真田を吸収していて武将の質はまあまあなのですが、武田軍が足をひっぱるひっぱる・・・。北条との関係が厳しいなか、築城を繰り返し対抗。結局時間内は凌ぎきりました。失った城は魚津城のみ。得た城は真田の城2つ。築城は5つ。大分上達しました。あとは、正月太りを警戒して、夫婦でバトミントン・・・すぐバテましたが、良い運動でした。その結果午後は爆睡しました・・・。夜は「さんまのまんま」を見てから、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?3時間半SP」。嫁が好きなのです。知っている地域が出ていたので注目していました。電動バイクならぬ電動自転車が欲しいな~と思いました。全体的にテレビ見まくりの正月です。運動は結構ハードに行いました。新型コロナご時世ですから、これもまたいいのかな、と思いました。

そして3日目。箱根駅伝の6区を見てから始動です。会社に来て明日始業の準備をしています。昨年は仕事を残しての年越しとなったので、今年は新年早々から忙しそうです。ただ新人も入ってきますので良いスタートを切れるように頑張ろうと思います。皆様も自分だけは大丈夫、と思わず新型コロナウイルス対策を十分に行い、良い年をお過ごしくださいませ。

 

箱根駅伝2020感想

今年も箱根駅伝が盛況のうちに終わりました。恒例になったフリーザ様も出ていましたし。沿道でスマホ観戦している人が多かったように、ネット放送も認知度アップ。今後は日テレにかぶりつかなくても良いのかな?と思う反面、ネットと日テレの放送内容が若干違うのが気になります。まあ楽しみ方が増えたのは良いと思います。

さて、今年は記録づくめ。これは、選手のポテンシャルの高さが一番大切ですが、気候の良さ、前日までの天候、学校・個人の調整などが良かったんだと思います。シューズ問題はともかく、区間新が出ない年があるのに、あのシューズを履かないしかも常連校ではない選手が区間新を出しています。ただ記録が記録なだけに、今後はあまり区間新がでない年が続くのでは?と思ってしまいます。

シューズに関しては、もう大多数が履いているわけで、それでも記録が伸びない選手もいます。これだけシェアが高まったのでそれが勝負に影響出たことはなさそうです。それよりもシューズの開発競争、個人に合う合わないが問題になりそうで、数年のうちに多様化しそうな気がします。

箱根駅伝の魅力は、出てくる選手の人物像、歴史も含めて語られることです。今年も魅力的な選手が一杯出ていました。区間新を取るほどの実力があるのに、今まで出られなかった選手、1年で評判通りの走りなのに何故か文句がでる選手、昨年は悪かったけど、今年見事なリベンジを果たした選手、恐ろしいタイムで解説が時間を間違えているのでは?と言わしめる選手、歴史が浅くても見事な走りっぷりの新興勢力、一定の爪痕を残した忘れかけていた第1回覇者。予選下位なのに、きっちり予選順位よりも上位でシードを獲得した伝統校、タイムも悪くないのに連覇できなかった大学、東京区間だけは無敵だったシード初めて獲得した大学、毎年シード争いを勝ち抜いてきたが、ついに失った大学、上位間違いなしといわれたのに10位ギリギリだった大学、軒並み不発だった伝統校など。逆に山登りでは対策が講じられたのか?それほどの差がつかなりドラマが生まれにくくなった気がしますし、以前よりも復路が楽しくなったような気がします。

さて、母校の早稲田大学は、既報の通りシードを獲得しました。本当はそこで喜んではいけない大学なのですが、戦力と予選会の成績を見れば上々なのではないでしょうか?どうしてもスカウティングでは不利で、私が子供の頃魅了されたスター軍団の面影は最早ありませんが、良いレース運びでした。復路で崩れるパターンはなく、今後に期待できる選手もいますので、来年以降は優勝目指してがんばって欲しいです。

箱根駅伝(往路)しろなまず的感想

あっという間でしたね。今年は親族が午前中に集まり、ほとんどすべて見ることが出来ました。天候も良く、コンディションが良かったんでしょうね。予想外に好記録が続出しました。特に山(5区)は凄かったので、山登りのコツをどの学校も熟知して対策を講じたのとコンディションが良いのが重なったのでしょう。

気になった学校別にざっくりまとめると・・・

東洋大の往路優勝は大方の予想通り。一区西山君の区間賞も負けたら「もう少し離せたやろ」と言われそう。でも一年生から2年連続の区間賞!素直に喜びましょう。大きなリード持って復路に行けるが、意外と綱渡り状態だったような。1人1人が少しずつ良い仕事をしましたがリードは4区相沢君のおかげ。明日は追いかけられるので昨年みたいにならないように総合優勝目指してがんばって欲しいところです。

2位東海大は、長距離にうまく適合しようと頑張ってきた成果が今季になって出てきたご褒美のよう。前半なかなか順位を上げられなくても粘って崩れないでいた結果、4区、5区で2位に。しかも東洋との差を詰め、一番士気が上がった大学になったでしょう。

3位は國學院。1区以外はずっと一桁順位をキープ。5区浦野君の脅威的な区間新が目立つが、そこまでうまく繋いだおかげ。ごぼう抜きした他大でも低迷順位があることからもわかりますね。この流れで復路は安心して、シード確定、上位キープを目指せます。タイム差を考えると甘い展開は予想できませんが。予選会から勝ち上がって何処まで行けるか?楽しみです。

4位駒澤大。良い選手をそれなりに揃えても順位に恵まれない近年。予選会から勝ち上がってこの順位は手応えがあったのではないでしょうか?手堅く流れをつかみ復活して欲しいところです。今回のタスキリレーミスなど古豪復活にはほど遠いミスがありましたので、結果を出すしかないでしょう。

5位法政大。1区佐藤君の快走が続かないのが法政らしい。それでもなんとか踏みとどまり、頼りになる5区青木君に繋いだのは立派。やっぱり後ろが安心だとチームに粘りが出ます。その青木君は周りの快走で区間新ながら、区間3位。言ってくれればもっと早く走ったのに・・・と思ったかもしれないが、二桁順位からのジャンプアップで、私は往路MVPを差し上げたい。2区板東君も目立ちました(身長も)。ダークホース的な存在から脱却する為に、明日は3位以内を目指してがんばって欲しいです。

青学はそろそろ駄目な回もあるかな、と周囲に思われながらも頑張りました。5連覇がかかっていますしね。プレッシャーもあると思います。小さなほころびを王者らしくカバーしていきましたが、山で力尽きましたね。といっても竹石君の下りになったら速いんだぞ、と示せましたし、あまり調子が良さそうじゃない森田君をエントリーさせ快走させたのは青学らしいなと感じました。明日はすべてを投入してこのタイム差を追いついてやる、という気迫で臨んで欲しいと思います。

順天堂は一区がすべて。誰がエントリーしても嫌な予感はしたんですが(汗)。大エースを抱えるチームの一区って遅れること多いような気がしませんか?今回も日大とか・・・。その分ごぼう抜きという箱根名物は見られるのですが。塩尻君は見事でした。2区日本人ランナーの記録を更新したとか。必死さがあまり見えないスタイルですが、今回唯一のオリンピアンの意地を見せました。5区山田君も予想以上に走ってくれて順位を押し上げました。明日はすぐ前があのランナーなはずなので、ついていこうとせずに、すぐ後ろと一緒に・・・の気分でいってほしいものです。大崩れ要注意です。もう挽回してくれるランナーはいない(と思う)ですが、上位陣の大学も安泰の顔ぶれではないので、我慢のレースで上位進出へ!!

早稲田は大方の予想通り。シードだったことを忘れそれ以上でもそれ以下でもないので気落ちせずに明日に挑んで欲しい。この順位でしかも後続はすぐに一斉スタート。意外に位置がいいので、後のことは考えず堂々とシードを狙いに行って欲しい。タイム差からいっても、誰も責めないし、誰も笑わないから。一区で手応えを掴んだろう中谷君、4区で粘った千明君など一年生が育てば来年以降楽しみなチームになります。まずは今年1つでも上の順位でゴールしてほしいものです。

全体的に各大学のレベルが青学一強から、均一化された戦国時代に突入したと思うほど、好記録がでました。古豪は全体的に苦戦しましたが、各校時代に合わせたトレーニングや戦略を採り入れて切磋琢磨していて非常に期待できます。そんなわけで明日も楽しみ・・・ですがたぶん見られません。ココロの中で応援しております♪

 

箱根駅伝展望

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

さて、31日は仕事でしたが、1日はゆっくり過ごせました。昨年はインフルエンザで安静でしたからね。今年は将棋番組を見てすごしました。

そして2日。箱根駅伝です。東京オリンピックを控え、箱根OBの活躍が期待でき、箱根OBは大成しない、などというジンクスを振り払いそうです。まあジンクスはジンクスで、そもそも日本の陸上はそれほど強いわけではないので、そんな勝手な考えを信じず、今を頑張ってほしいものです。

今年の予想は5連覇、3冠を狙う青山学院が手堅いように見えますが、優勝した全日本などを見ていても、なんだかな~という空気が見て取れました。他大学も戦力が揃っているところはありますので、どんどん仕掛けて脅かしてほしいです。

母校は、昨年は箱根で例の幸運で、思いがけない結果となりましたが、昨年の出雲などの結果を見る限り、シード校としての顔ではなく、残念ながら順当だったと思います。戦力ダウンが予想通りになったわけで、悲観することはありません。今回、期待できない事前オーダーも、メンバー変更で闘う雰囲気になりました。中谷などが頑張って3区まで我慢すれば良い結果が望めると思います。

期待は、法政大と順天堂大。法政は往路やるき満々ですが、復路も悪くないので、地味ながら上が崩れれば楽しいメンバーです。順天堂はどうしても塩尻だけが注目されますが、他のメンバーも全日本で悪いところすべて出したので期待です(おい)。箱根経験者が多いのも強みです。

もちろん3強といわれる、東海大学と東洋大学も強いでしょう。なんか青学を意識しすぎているように見えるのが気になりますが。まあ気にしないと思うことが無理な青学の陣容ですからね(笑)。

私は子供の頃、箱根駅伝で好きになった大学を受験校として選び受験・入学したので大学イメージとしても大事ですね。そして今でもその2校を軸に応援しています。スポーツって不思議ですね。

すべての選手が力を尽くし、悔いの無いように頑張ってほしいものです。

今年もよろしく

2017年いよいよ始まりました!皆様初詣は行きましたか?私は昨年31日まで働いたので、1,2とゆっくり過ごしました。1日は実家に帰り(徒歩0分・・・)、2日は姉の柏の家を訪問、義弟の来訪など以外は家でゆっくり。久しぶりにテレビを長時間見たり、ゴロゴロしたり。いい休養になりました。今年はスロースターターの私にしては、過酷なほどのスケジュールを1月に抱えていますので、スタートダッシュに躓かないように今日から気合いを入れて頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

さて、正月と言えば箱根駅伝。今年は面白いですね。4,5区の変更の影響なのか?16位くらいまで一斉スタートがないので非常に激戦です。上位もそんなに差がないのでドラマがあるかもしれません。

私が期待していた東海大学は不発でした。実力があっても1年生はわからないものです。むしろ意地を見せたい上級生が控える復路で意地でもシードをとって来年に備えてほしいものです。幸い?実力のある山梨学院大学も不発すぎたので、一緒に登っていってほしいものです。

母校は密かに(?)期待していたのですが、どうも思い通りにいかなかったようです。なのにこの順位(2位)とタイム差。勝負はわからないものです。結果的にまとめてきた往路の運の良さを復路に繋いで、万全な青山のほころびを目指してほしいものです。調子が上がらなくても粘っていけば勝機が出るメンバーです。ぜひ9区勝負を見据え、離されても焦らずいってほしいものです。

首位であり、復路にも万全なオーダーを組めた青山学院大学ですが、意外とタイム差が少ないので、精神的な影響が心配です。何もなければ圧勝でしょうけど。2位以下のチームが諦めなければ面白い勝負になります。ぜひ果敢に青山学院大学に挑んでほしいものです。

それにしても青学のランナーの持ちタイムと陣容・・・すごいですね。駒大や東洋の時代がそんなに昔じゃなかったことを考えると・・・。一方、すごい1年生が一気に入学した東海大も、来年以降、青学の一強時代を崩すかもしれません。順天堂大、中央学院大学、法政大学も楽しみです。今年のレースだけ見れば、青山以外の実力差は意外と少ないのかもしれません。そう感じさせます。今年のシード権争いは本当に大激戦です。このような厳しいレースを体験することで、成長していってほしいものです。東京オリンピックはもうすぐです。

箱根駅伝2014

はい。今年もテレビ観戦です。いつかは現地に・・・というのは来年以降に持ち越しです。

私の予想は、

1位:明治

2位:駒沢

3位:山梨学院

母校も予想より健闘するだろうな、とは思ったのですが、駅伝での勝負弱さも際立っていたので、応援でなんとか上位に入ってくれ、と思っていました。

・・・でもまったくはずれました。

1位の青山学院は、凄かったですね。メンバーを見た限り優勝の可能性はあってもぶっちぎるとは思っていませんでした。下級生の予想以上の走りはびっくりです。一番びっくりしていたのは監督のようでインタビューでは「今年は優勝するつもりは・・・」と思わず本音がでていましたね。おめでとうございます。

私が1位に上げた明治は怪我人続出。それが悔やまれますが良いレースをしました。来年こそ!という期待感があります。2位駒沢は圧倒的な戦力でも勝てず。5区山登りをキーに上げる人も多いかもしれませんが、昨年の反省からのオーダーが裏目に出たのは間違いありません。先行逃げ切りできるほど今の箱根は甘くないのでしょうか??

昨年優勝の東洋大は、前半、うまく駒沢を抑えた反面、アドバンテージを出せずに終戦。ちょっともったいなかったようです。

私が3位に上げた山梨学院は、予選会から。予選会も危なげなく、本選でも上位に行くと思ったのですが・・・。オムワンバの欠場が最後まで響きました。1区20位・・・これはシード落ちは確実・・・と思われましたが、3区以降で、コツコツ上げていき10区でまさかの中大のブレーキにも助けられ、なんとシード権獲得。このシード権は自信になると思いますし、誇っても良いと思います。

さて、最後に母校(早稲田)。戦前からの作戦通り行っていたし、復路は予想以上に健闘しました。展開次第では更に上位に行けたと思います。しかし風が吹かなかったです。ここ数年箱根では不運というまでもないけど、本選で運に恵まれていないのは確かです。3区までは予想通りの順位ながらタイム差がちょっと開き、一番の不安だった4区で離されました。これだけなら5区6区でなんとか挽回できたのかもしれませんが、5区では後ろも前もほとんどいない悲しいレースに。直前で故障を抱えたエース山本にこれ以上望むのは酷でした。目の前に選手がいれば頑張れるところをね。また後ろも誰もいません。孤高のレースを強いられるほど辛い物はありません。順位的にはいいものの、直前の選手とは絶望的な差がありました。区間順位も2区高田の6位が最高なわけで予定通りであってもこれでは勝てません。

しかし6区三浦は予想通りの快走でリズムを掴む。中央学院を抜き返し区間賞。ついでに目の前の学校を追える位置に上がってきました。後続のランナーはどれほど勇気づけられたか。ついでに後ろもいないので安心して走れます。ここでようやく運が上昇してきました。ただ前は早いランナー。7区武田をもってしても追いつけず。ただ前のトラブルなどがあればすぐ追いつける状態で進んだのはいいことでした。8区安井は一年生。6区7区の流れをここで一気に引きずり寄せ前の明大を捉え4位浮上です。こうなると駒大は無理でも、東洋までは・・・と思いましたが、ここまで。続く柳でしたが明治に振り切られます。タイム自体は非常に良かったのですが、ここまで順調だっただけに痛かったようです。10区が田口だけにまだわからず・・・しかも1分以内で3位明治まで届く・・・わけですから。しかし最後は逃げ切られ総合5位で終わります。この結果は立派ですし、特に復路3位でしたし、駒大にもひけをとりませんでした。

早稲田は他校に比べ入試組も多く、意外にメンバーを揃えるのが難しい学校です。今回も山本と田口は浪人を経て入学していますし、早実や早大本庄のような駅伝では名門とはいえない付属校上がりも活躍しています。早稲田に憧れて入学する選手も多いというアドバンテージもありますし、大エースクラスが入学してくる魅力もあります。だからこそ魅力的であり応援したくなります。私のように早稲田大学というものをほとんど知らずに入学した人間にとって小さい頃から駅伝を見続けたため、知らず知らずのうちに早稲田に愛着を持っていた・・・という人もいると思います(逆もいると思いますが)。

というわけで、正月終わり!!来年も期待しています。