構造ソフト」タグアーカイブ

HOUSE-ST1 Ver8は明日から販売開始

木造構造計算ソフトHOUSE-ST1の最新版のVer8は明日から販売開始です。

事前に公開している情報はこちら

メーカーホームページにもほとんど記述がないんですけど(汗)。

かろうじてWEBショップにお知らせが載っていますね。新機能の紹介とかしておかないと売れないと思うのですが(大汗)。未だ製品紹介のページが更新されていません。まあ大して変わらないからということもあると思うのですが、ユーザー数が多いソフトなんだからもっと欲張ってもいいような気がします。

ちなみに

64ビット専用

です。これだけは忘れないで購入時に確認ください。もうWindows7やXPなんて使っていないとは思うので大きな声ではいいませんが、Windows8.1以降対応です

バージョンアップ、新規とも、なまあずショップ楽天市場店で購入していただけると嬉しいです。楽天ポイントが使えますし、支払方法も柔軟です。公式オンライン販売に比べて送料が無料なのも嬉しいです。新発売なのでキャンペーン価格で購入できますので、特にバージョンアップを考えている方は、ぜひぜひ、なまあずショップ楽天市場店でご購入くださいませ(くどい!!)。

MOKUZO.DesignerとHOUSE-ST1の乗換キャンペーンは5月末まで

木造構造計算ソフトって、構造計算ソフトのなかでは、本数が出ていることは間違いありません。しかし使いこなせない方も多いし、試しで買って使っていない人も多いと聞きます。私もストラデザインは、学習用で留まってしまい確認申請では投入していません(まあイロイロ活用しましたが肌に合わなかったというか・・・)。

そんな方に朗報です。比較的初心者向けの木造構造計算ソフトのMOKUZO.DesignerHOUSE-ST1がのりかえキャンペーンをやっています!!MOKUZO.Designerは通常より64000円安いですし、HOUSE-ST1も52800円安い(注:なまあずショップ楽天市場店の場合)ので、他のソフトで挫折した方、また使い勝手が悪いな、と思いつつ、ダラダラ使い続けている方、チャンスですよ!!!

直感的な入力という意味ではHOUSE-ST1が抜群に優れています。新グレー本2017からの開発で不要な機能が少なく、新しい設計が際立つMOKUZO.Designerも、今後主流になるポテンシャルを秘めています。どちらも初期バージョンが機能がとても少なかったため、役に立たないのでは?と噂を立てられましたが、今は、先行する他社に追いついています。特に開発してからそれほど時間が経っていないMOKUZO.Designerは、昨年、驚くほどのスピードで機能アップし、猛追しています。特に4号用の機能も充実していますので、普段は4号建物用として、と考えて購入しても良いかもしれません。

 

MOKUZO.Designer 販売キャンペーン2020

株式会社構造ソフトの木造構造計算プログラムMOKUZO.Designerの販売キャンペーンが5月末までとなりました。木造構造計算だけでなく、4号建物の計算が楽にできたり、簡単入力で部材断面定義なしで入力できたり、軸組図で金物形状表示ができたり、直下率などの表示も可能など、後発ならではの機能を盛り込んでいます。伏図がらみのDXFエクスポートも可能となりお金の余裕があれば、欲しいな~というレベルになりました。地味にお勧めはテキストエディタで一括入力ができること。kizukuriなどもテキストデータを編集できますが、これは便利そうなのでうらやましいです。

さて新規では20%OFF、乗換は33%OFFでお買い得になっています。木造構造計算ソフトでは最安なのではないでしょうか?年会費がかかることを嫌がる人もいるかもしれませんが、年3万円程度なのでバージョンアップを繰り返されるよりは安心感があるのではないでしょうか??デモや無償貸出もしているようなので、詳しくはお問い合わせくださいね~。

構造ソフトの「今月のイチオシ」1月号公開

株式会社構造ソフトでは、自社のソフトの紹介や、時事など、今月のイチオシと題してPDFで公開しています。過去には「秀丸エディタ」の便利機能などというものもありました。まあ基本は同社のソフトの紹介なのですが面白いです。今月はBUILD.一貫の横補剛機能の拡張や適判等からの指摘事項のQ&Aです。PDFなので図もきちんと入っていますし、印刷することもできます。WEBベースやテキストベースに比べて親切ですね!

MOKUZO.Designerの機能紹介

株式会社構造ソフトの期待の構造計算ソフトMOKUZO.Designer。まだ全容はわからないままですが、構造ソフトHPの今月のイチオシ11月号で、一部の便利な機能が紹介されています。

3Dを前面に出してきていることから、どちらかというとHOUSE-ST1に似ているのかな~という印象でしたが、梁の断面リストが登録出来気軽に配置出来る点、柱と耐力壁を一緒に配置出来る点など、効率的に入力できるようになっています。HOUSE-ST1はなぜ部材リストで入力しないのか?逆に疑問です。WOOD-STもリストで入力できるのに・・・。

出荷が非常に楽しみですね!12月下旬からお申込み順に、順次ご案内というホームページの微妙な表現が気になりますが・・・・。

 

 

 

BUILD.一貫 杭一体解析オプション新発売キャンペーン

11月20日まで発売キャンペーンを行うそうです。お値頃感がある特別価格で提供になりますのでご検討中の方はお急ぎください。

BUILD.一貫Ⅴで、杭と上部構造の一体解析が可能になります。

BUILD.一貫ⅤとBUILD.GPⅣが必要です。

詳しくはこちら

 

BUILD.一貫V新規導入キャンペーン

構造計算ソフトが全般的に売れていません。

というよりソフトウェア産業大丈夫でしょうか??って感じで、建築系はかなり低調のようです。

さて、そのせいかキャンペーンが多くなっていますね・・・。構造ソフトもBUILDのキャンペーン。通常価格から30%OFF+初年度保守費用サービスという大盤振る舞いです。しかも5月31日まで。新規で入れる場合かなり安価に感じますね。たとえば低層保有なしは、378000円。フルバージョンは1134000円!!!サポート代金も安めで、サポートもしっかりしているので最初の構造計算ソフトとしてもお勧めできます。いくら良くても買えなくては意味がありません。また使って貰えなければ年会費も貰えません。そう考えると売り方、そろそろ考え始めたほうがいいかもしれません>全ソフトメーカー。

さて、最近私の周囲では春にでると言われている木造構造計算ソフトの新型の憶測が多いです。一貫が売れないから、流行の木造で勝負したいソフト会社も多いはず。足並みは揃えなくてもいいと思うのですが・・・。

これが進化した新たな楽楽モードだ!!

前回紹介時に、構造ソフトHPに10月末に・・・という言葉があったので見に行ってみた。10月31日の製品情報に確かに「BUILD.一貫Ⅴ」進化した新たな楽楽モードを更新、とありました。

とてつもない期待をしつつ、クリック(大げさ・・・)。

・・・・

地味な画面が続く(内容ではない)。

・・・

・・

BUILD.一貫のユーザーでないので、わからないのか??もう一度読み直してみる。

こういう馬鹿のために「一言で説明すると」と初めにありました。

「保有水平耐力計算を満足するレベルの精度の良い仮定断面を提示してくれる」

そうです。つまり仮定断面自動化!ということですね(早くわかれ!)

木造だと似た機能ってすでに搭載しているソフトもありますが、HOUSE-ST1のように算定してから断面を決定♪みたいなスタンスを取るものがほとんどです。

まあ出来たら便利だろうな~とこの業界入った頃は思っていました。

しかし今では自分である程度考えて構想してからのほうが頭が整理されていて設計しやすい、と思ってしまいます。

精度が高ければ使ってもいいかな、と思いますが、このページのQ2に構造設計者の技術力が低下しませんか?と自虐的な質問もあります。このあたりはさすが構造ソフトです。その回答に必ずしも納得はしませんが、一理あるな、と思います。

面白いな?と思ったのは、基本設計で楽楽モードを使い、実施設計は他の構造計算ソフトを用いることも可能、という点です。ST-Bridgeの実用性はともかく、確かにそうしたほうがいいな、と思うときはあります。フロントローディング的な構造計画ソフトと、構造計算ソフトは別なほうがいいという持論を持つ私からすると、そういった可能性に言及してくれたのは嬉しいです。

さて、肝心のリリースですが、詳しくはホームページをご覧ください!!!ちょっと先ですね。楽しみに待ちましょう。

 

 

 

進化した新しい楽楽モード

構造計算ソフトも使用者に優しいUIを搭載してくるようになり、古くから変化のないソフトは置いていかれる感じがします。ユーザーに下手に媚びることはないと思いますが、使いにくいと思われるソフトが売れる時代ではないですしね。

さて、構造計算ソフトの老舗構造システムでは以前より主力構造計算ソフトに楽楽モードという入力・設計アシスト機能を搭載(プレミアムモード契約者のみ)していましたが、更にパワーアップしたようです。10月末に詳しい内容を公開するようです。最近、勢いのある構造ソフトですが、丁寧な作り込みをしていくとお客もついてきますね。年会費も比較的安価で、多数ライセンスを持つ場合の割引にも対応しているので小規模事務所には非常にありがたいソフトウェア会社です。

 

 

株式会社構造ソフトの「今月のイチオシ」

今でも若干戸惑いのある、構造ソフト構造システム。どちらも構造計算ソフト会社の老舗であり、有名な一貫構造計算ソフトをもっているというところも同じ。名称も似ているので勘違いする人も多いと思いますが、まったく違う会社です。

その構造ソフトのホームページには「今月のイチオシ」というものが掲載されており、同社のソフトの便利な機能の紹介、Q&Aなどを抜粋したPDFマガジンなのです。

読む量も非常に適切で読みやすく、同社ユーザーには非常に良いサービスなのではないでしょうか?会員ページでは無く公開されているところも好印象です。8月号は同社一貫計算ソフトの機能アップ部分の紹介がメインでした。帳票や画面がふんだんに出ているのでわかりやすいですね。また適判等からの指導事例も1個ずつ掲載しています。正規のQ&Aはサポート会員登録しないと見れませんが、このように1つ1つであっても紹介していってくれる姿勢は、古くからユーザーが支持し続けていることに直結します。定価すらオープンにしない構造計算ソフト会社もあるわけで、その差は歴然です。

某掲示板での人気投票のようなものでも上位にある同社の一貫構造計算ソフト。その結果は話題になっていますし投票方式は公平とはほど遠いものですが、支持しているひとが多いのは頷けます。