新耐震木造住宅検証法」タグアーカイブ

新耐震木造住宅検証法

ついに日本の木造耐震も変わる節目になったのかもしれません。

従来、木造耐震診断といえば、旧耐震(昭和56年以前)を対象としており、新耐震は安全という基本スタンスは変えずにきました。もちろん2000年以降の震災によって新耐震でも倒れる家もありました。旧耐震が危険といっても既に相当古いので建替も進んできています。今後の課題は新耐震以後、ということは誰の目から見ても明らかでした。

そこで今回の新耐震木造住宅検証法は、新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅を対象として、耐震診断よりも効率的に耐震性能を検証する方法(新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法。略称「新耐震木造住宅検証法」)を作成した、そうです。

ステップ1は所有者等による検証です。リーフレットの「木造住宅の耐震性能チェック」(暫定版がホームページに掲載されています)を参照に行います。ステップ2は専門家による効率的な検証もしくは専門家による耐震診断となっています。効率的な検証は所有者等による建物調査を活用し現場調査がありません。耐震診断は一般診断法や精密診断法に準拠したものを行います。なので注目は専門家による効率的な検証が何か?ということになります。

専門家による効率的な検証は、一般診断法に準じた方法とされ、壁の耐力や接合部金物仕様、壁配置、劣化状況は「所有者等による建物調査」に基づいて審査するようになっています。それでいいのか??と思ってしまうのは私だけでしょうか??

個人的には金物の有無は必ず見たいところですが、平成12年までということで、義務化前で恐らく金物は・・・という目で診断したほうがいい時期のものなのでこういう感じなのかもしれません。それ以降の建物でも金物がきちんと施工されていない建物も多く見られるわけで、国としては段階的に・・・ということなのでしょうね。

現在建防協のホームページに情報が掲載されていますので、是非ご覧くださいませ。