建築防災協会」タグアーカイブ

木造耐震診断ソフトのお勧め

最近、木造耐震診断ソフトを買いたいと言う方が、また増えてきました。東日本大震災10年という節目の年ということもありますが、それに合わせて大きめな地震が頻発しているのも理由だとおもう。なまあずショップ楽天市場店では、耐震補強マニュアルがかなり売れています(在庫僅少)。耐震補強マニュアルは、発売されて8年以上経ちます。内容も更新されていませんが執筆者たちの気合いのこもった内容で未だ人気があります。確かに、木造の耐震診断、補強設計を学びたい方に一冊買ったら?とお勧めするのは未だこの書籍です。

さて、木造耐震診断ソフトのお勧めもメーカーの対応、終売などもあり、以前と変わってきています。私はあくまで設計事務所の耐震診断技術者なので、立場によってお勧めするものは変わってくるとは思います。もちろん個人的な趣味もありますが、改めて書きたいと思います(2021年3月末現在)

まず、TOPにお勧めしたいのは「達人診断」です。株式会社えびす建築研究所の比較的新しいソフトです。開発が進み先行他社に機能的に遜色がないうえ、新しい設計で補強設計が非常に柔軟にできるのがポイントです。無料で使える体験版が充実しているので使って見てから買いやすいのもポイントです。建防協評価プログラムなのも良いですね。初期購入価格も安価です。あえて難を言えば年会費が16500円と比較的高い事と、ここ一年あまり更新がない(完成度が高まったら当たり前)ことくらいでしょうか?メーカーのサポートも含め耐震診断の初心者から上級者にくまなくお勧めできます。

次は耐震Check5でしょうか?設計事務所が作っていますが安価で精密診断1まで対応しています。機能も網羅されており、小まめに更新されています。年会費もないので価格を抑えたい方にはお勧めですね。難をいえば、建防協評価がないことで、信頼性が低いと思われてしまうことでしょうか?価格的には安く建防協で販売されていることからユーザーが多いWee2012は進化がなく機能的にもかなり劣るので、価格的にそちらを考えている方は耐震Check5を強くお勧めします。

3強?といわれていた3つのプログラムは今となっては高すぎますし、あまり進化もしていません。特別なことが無い限り買う必要はないと思います。特別なこととは、助成金対象の診断に必要とか、まわりが使っていて情報があるとかです。高いからと言ってサポートが充実しているわけでもないようです。

フリーソフトもありますが、やはりバージョンアップも含めてお金を取って開発を続けているもののほうが信頼感と継続性の期待はあります。しかし近年そういったもののなかに、既に開発をとめているのでは?というものが出てきているのも事実です。これから買う方はそのあたりを含め慎重に検討されたほうが良いと思います。