3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO」最新版のVer.7を6月24日(水)発売!!

いよいよ発売日が迫ってきたARCHITREND ZERO Ver.7。もうZEROもVer.7になったんだ・・・と改めて時間が経つのが早いと感じます。私が仕事上で初めて触ったのって11(イレブン)だったような(バイト的でしたけど)。

最新版は働き方改革やテレワークなど新しい労働環境への対応を強化しました。もちろんユーザーの要望で多かったことを改善してくれています。最近基本的な機能の強化が多くなってきました。新機能の搭載が事実上難しいので良い傾向だと思います。新オプションはV-styleなるものが。また嫌な予感しかしないオプションです。あとiPadで間取り作成できる「まどりっち」というアプリがリリースされます。悪名高き3Dカタログ契約が必須です。こうやって機能を増やしていけば徐々に使う人は増えると思うのですが、価格改定が怖いです。WEB・SNSにも遅ればせながら連携強化してきました。

徐々に、月額定額料金で使える機能が増えてきていますが、そもそも基本の年会費も高いソフトなので、個人で使っているユーザーなどは辛くなってきました。私の周りで使っている人も、ハウスビルダーや建売業者等の下請けだらけ。国産建築CADがそれでいいのか?と思ってしまいますが、仕方がないですね。そちらの要望が多いわけで、実際評判も悪くないですから。

最近、稼働率が地味に低下しているので、価格相応に働いて貰おうと、新たな用途を模索中です。