台湾南部地震」タグアーカイブ

工事がおかしいと

台湾の地震で16階建てのマンションが倒壊したことは、かなりショックでした。しかしながらすぐに救助隊が来たり、地震による死傷者数が少ないことから、疑問点が多いのですが、実態がわかってきました。

テレビのニュースを見ていると、柱の中から一斗缶が出てきたり、この建物の建設会社が建設中に倒産して、なんとか完成にこぎ着けたという「曰く付き」の建物だったなど。台湾は地震国で、建物の耐震性も比較的高いわけで、普通に考えれば今回の地震程度で倒れるはずがないのです。

しかしながらこれを日本に置き換えると恐ろしいことが思い浮かびます。つまり何らかのトラブルがあれば、同じようなことが発生するということです。

日本でも建設中に業者が倒産し、しばらく工事が中断、なんて風景はよく見かけます。もちろんきちんと工事が引き継がれれば問題はないのですが。倒産する前の現場は資金不足になり荒れやすかったりしますので、完全に大丈夫といえる保証はありません。

まだ閉じ込められている人もいるそうです。現地では必死の救出作業が続いているようです。一人でも多くの方を救出できるよう願います。