ベテルギウス」タグアーカイブ

ベテルギウスが急に暗くなったらしい

冬になって東の空にオリオン座が登ってきましたが・・・なんか今年のベテルギウスが暗い・・・と感じていましたが、事実のようです。まあ星の寿命は人間と違って長いので、すぐ爆発するかもしれないし、そうでないかもしれないし。

600光年というとてつもない遠さですが、星の世界では比較的近所。ご近所の爆発は影響があるのは人間界と同じ。では、最近のご近所さんの爆発でどうなったか??

1054年という今から1000年くらい前に、超新星が記録されています。中国でも日本でも記録が残っています。もちろんヨーロッパでも。星座で言うと牡牛座。今は、その残骸を「かに星雲」として望遠鏡でみることができます。

このときの爆発は、望遠鏡がない時代です。なので余程明るかったんですね。金星くらいの明るさになり(日本の記録では木星くらい:藤原定家「明月記」)、一番明るいときは昼間でも見ることができたくらいの明るさだったそうです。ご近所といってもベテルギウスよりは10倍以上遠い!ので、これがベテルギウスだったら・・・ということは天文関係者は古くから興味があり、様々な仮説が立てられています。まあ昼でも確実に見ることが出来るでしょうね。

地球への影響があるという説と、そんなことがないという説。どちらにせよ600光年というとてつもない遠い星の出来事が地球に影響を与えるなんて想像できませんね。しかも今我々が目にしているベテルギウスは約600年前の物。つまりもう爆発して無くなっている可能性もあります。

というわけで、見納めになる可能性もあるので、今年オリオン座をきちんと見ておいたほうがいいかも、です。