ノボパン」タグアーカイブ

パーティクルボードの構造設計での使い勝手が向上しているが・・・

平成30年の告示改正により、在来木造住宅のパーティクルボードの壁倍率が柔軟にないrました。国内で使われる構造用パーティクルボードと言えば、ノボパン。今まで、大臣認定と告示両方使えるうえ、使える組み合わせも柔軟だあったので、人気が高かったです。そして、平成30年の告示で更に高倍率の組み合わせがN釘でできるようになったので、更に人気が出ました。普通は構造用合板ですが、構造用合板の告示で高倍率壁はCN釘になってしまって、使い勝手がイマイチでした。

その点、ノボパンなら、大壁、大壁床勝ち、真壁、真壁床勝ちの告示仕様が2.5倍で固定されているので、非常に使いやすいです。またそれぞれに高倍率が設定されており、大壁系が4.3倍、真壁系が4.0倍と、こちらもシンプルです。告示の難点は、N値計算で、金物が大きく出やすい4倍以上と、2.5倍の標準との差が大きすぎることです。その点ノボパンは、大臣認定仕様が残っていますので、従来の大壁2.9倍が残っています。非常に柔軟に使い分けができます。

もっとも図面での指示は注意が必要です。図面にきちんと間違いにくい指示が必要になります。現場や監理者にも指示の徹底、確認が重要です。うまく使えれば、外壁側の耐力壁の決定版になりそうです。