ストラクチャー」タグアーカイブ

FreeStrucutre、ついにAndroid版公開へ

今までiOS向けだったFreeStructure for Mobileついに、Androidでも公開されました。もちろん無料。フリーストラクチャー7.1の平面骨組みをスマホやタブレットで計算できます。もちろん計算結果はパソコン版のフリーストラクチャー7.1やパソコン版かんたん平面骨組で読み込むことができるので、出先で検討して・・・が可能となります。

横型のユーザーインターフェイス。パソコン版を知っていれば入力、検討は簡単です。
キーボードによっては入力しにくいかもしれません。

スマホだと画面が小さすぎますね・・・ある程度仕事で使おうという場合は大きめな画面のスマホもしくはタブレットが良いですね。

ちなみにAndroid11のPixel4aで動作確認しています。

 

かんたん立体骨組

ストラクチャーさんが、フリーソフト「かんたん立体骨組」をリリースしました。3次元の応力計算を変位法によりおこないます。ダウンロードは、株式会社ストラクチャーのホームページから。

人に会うことが少なくなり、情報が少なくなっています。やはりキーマンとの交流は必要ですし、ネット情報の効率的な入手は必須です。このブログも大分情報発信という点では物足りなくなってきているので、もう少し頑張ろうかと思います。

かんたん平面骨組

株式会社ストラクチャーは、このところスマホやタブレットの活用の研究を進めているようですが、さまざまなアプリを公開してきています。

さて、その中でもおや??と思えるソフトが「かんたん平面骨組」です。あれ??かんたん応力計算あったのでは??と思ったのですが、それとは別なものです。見た目そのまんまですが(汗)。

さらに名前がそんなだから不思議に思うかもしれませんが、実際はどちらも2Dの平面骨組のフリーの応力計算ソフトです。そんなものをまたフリーで公開してくれている・・・と思ったら今度のはiOS向けのフリーストラクチャーとほぼ同じ仕様で作られているそうです。それにしても有り難いです。PC版なので保存や印刷も飛躍的に楽ですから。iOS版フリーストラクチャーで作ったデータを、このソフトで印刷・・・といったこともできるので便利ですねえ。さらにPC版フリーストラクチャーでもデータを読み込むことができるそうです。

応力図も簡単に描けます(サンプルとしてどうかと(大汗))

CADライクで入力ではありませんが、操作もしやすいしチェックもしやすいです。応力解析ソフトを買う前に練習!という点では最適ではないでしょうか??

かんたん平面骨組

 

FreeStructure for iOS/iPadOS

株式会社ストラクチャーの応力解析ソフトFreeStructureのiOS、iPadOS向けのアプリ(モバイル版)がリリースされています。現時点では無料です。FreeStructureは3次元も解析できるのですが、モバイル版は「平面骨組」のみです。でもこんな素敵なソフトをフリーで公開してくださるメーカー様に感謝です。

タッチ操作でどこまでできるか興味があるのですが、現時点で手元にiPad/iPhoneがまったくないので試せません(涙)。

あと、データはフリーストラクチャー7.1(デスクトップ版)に転送できます。素敵です。HOUSE-DOCなども現場調査アプリで入力して、計算はデスクトップに転送できたら人気がでるだろうな・・・と思いますが、メーカー全体のHOUSE-DOCに対する開発のやる気のなさを見ると期待薄かと。

意外と構造計算をタブレットで入力してデスクトップで計算というのは良いかもしれません。以前kizukuriのデータをAndroidで作ろうとした猛者(柱梁までは出来たかと)が居ましたが、意外と新市場を開拓できるかもしれません。

ネットで構造計算の主流が木造から他へ

私が構造計算を始めた頃は、まだ耐震等級などの需要もなく、せいぜい都会の準耐火の木造3階建てくらいしか構造計算の需要はなかった。なので一般的な構造屋さんは木造には興味が無く(今になるとよくわかるが)、木造構造計算をする人を探すのが難しい時代でした。

そんなこともあり、インターネットで構造計算を受発注できるサイトは、構造トレインNZXを始め流行しました。特に木造は雨後の竹の子のようにネット上に登場しました。ちょっと力がある構造屋はRC造などもネットを使って受注に成功し、ネットを使って一気に拡大化した事務所もありました。

その時代に比べ今は、耐震偽装事件後に構造屋さんが増えたことなどもあり、ネット構造事務所は衰退しました。もちろんうまく行っているところもありますが、比較的固定化してきた感じがします。そしてプレカット屋や、ある程度人数を揃えた組織的な構造設計事務所が木造をやるようになったため、いつも構造計算のある木造をやっていない設計者も比較的気軽に注文先を探せるようになりました。

しかし木造でも混構造や特殊な構造のものは、探し求めている意匠設計者等も多いです。また木造の構造設計者の中でも地下室や混構造の場合、上部は自分でやって、地下室や混構造の下部であるRC造やS造は外注、という方も多いです。

よって、今から構造計算に参入する場合は、木造だけでなく、RC造やS造など別の構造ができたほうが良いです。木造との親和性でいえば、地下室、地下車庫の相性がいいので、壁式RC造と組み合わせると比較的仕事が取りやすいかと思います。

そうなると、複数のソフトを組み合わせることが必要です。ある程度一貫でやりたい場合はメーカーを揃えた方が効率的で、HOUSE-ST1とHOUSE-WLの組み合わせなどが好まれてきました。ただHOUSE-WLは二次部材ソフトがないので、KT-SUBなどを購入するかどうかは迷うところです。ただサポートも含め統一できますし、設計も効率的なので一番お勧めです。

安価に済ますには、壁式鉄筋コンクリート造のソフトで最安と思われるビルディング・エディタのプロフェッショナル版をお勧めします。このソフトは、他社の壁式に比べれば機能が少ないですが習得しやすいですし、地下室や木造が上に乗っている混構造なら十分対応できます。またS造やRCラーメンにも対応できるので、初期投資を大幅に抑えて様々な構造に対応できます。

「かんたん木造」を使ってみた

最近、構造計算業界は木造のプログラムが多くリリースされています(これからも・・・)。その中でいままで木造を扱っていなかった株式会社ストラクチャーも、かんたん木造というソフトをリリースしています。

このソフトは単独ではなく、同社の断面計算プログラム集のStructureSuiteの付属ソフトという位置づけです。同社は既に、フリーストラクチャーでも木造の断面検定機能を搭載しており、着々と木造のソフトを拡充しています。

この手のソフトは木造舎(現在販売・開発は株式会社コンピュータシステム研究所に移行)の二次部材ソフトKIZ-subが有名です。あちらはKIZUKURIの付属ソフトという位置づけで、KIZUKURIの印刷機能で、KIZ-subの計算結果を含有することが可能です。一方かんたん木造は単独で計算結果を出力します。

使い勝手はチャートシリーズと同じ。KIZ-subが計算式まで手書きのように再現しているのに対し、結果が出力されるのみです。しかしながら計算概要を出力出来るので、根拠を手で追うことが可能です。

KIZ-subに比べていいな、と感じたのはリストを計算画面から編集出来る点、断面の有効率を直接指定以外に、リスト化できること。例えば390以上の梁と150の梁では断面欠損が大きく異なりKIZ-subならいちいち指定は面倒です。しかし有効率をリスト化しておけるのでよく使う断面欠損(I、Z、A)を登録しておけます。

逆に足りないな~という部分はたくさんあります。まだリリースされたばかりだから、仕方がないのかもしれません。とりあえず出したのかもしれません。今回実務で初めて使って見ましたが、検討しやすいですし手軽で良いですね。この方向で徐々に拡充してくれたら、と思います。特に連続梁とか登り梁とか、耐風梁とか。また木造の基礎で使いやすいツールも需要があるかもしれませんね。

「かんたん木造」は意外とリリース早いかも?

ストラクチャーの公式twitterによると、デスクトップ版「かんたん木造」は2月中に完成する見通しだそうです。最近はタブレットやスマートフォン向けのアプリを精力的に開発しているようですが、パソコン版に関しては静かでした。久しぶりの新製品!!と思ったのですが、「ストラクチャー・スイート2」の「付録」とする方針を「ほぼ固めた」そうです。既存ユーザー(=私とか)にはありがたい話ですが、木造ブームの現在、インパクトが欠けるとは思えません。内容がまだ詳細発表されていないので不用意な発言は出来ませんが、堂々と販売したほうがやる気もでると思います。木造の2次部材ソフトといえば、kizukuriの2次部材ソフトを見かけることが多いですが、正直既にかなり古い仕様ですし単体では確か販売していないので、需要はあるはずです。同社のフリーストラクチャー7.1には木造の断面検定機能を搭載していますs、だいぶ木造の構造設計環境が整ってきたような気がします。

「かんたん木造」(仮称)開発開始?!(ストラクチャー)

ストラクチャーの公式Twitterに、先日、デスクトップ版(つまりPC版)の木造2次部材ソフトのようなものの開発に今週から着手したと出ていました。つまりRCチャートの木造版のようなもので、垂木とか母屋とか、そういった項目が含まれるようです。久々の有償なソフトのような気がします。木造の部材計算・二次部材計算ソフトって、かなり少ないですし、過去の物の仕様のものが多いので、現在の仕様に合わせて実用的な物になってくれれば、素直に買いますねえ。チャートで出力したものにケチがつく時代になってきたので、計算の流れなども出せるとありがたいです。耐風梁や、正方形断面以外の柱の計算や、枕梁の計算なんてものがついていると嬉しいなあ。

かんたん骨組に鉄骨部材の断面検定機能を追加

あの(どの??)スマートフォン向け応力解析ソフト「かんたん骨組」がVer2.0.0となり、鉄骨部材の断面検定機能を搭載しました!!!!

iOS版・Android版ともにです。最近矢継ぎ早に投入してきますね。有料版のソフトを放置しているふうにも見えます(放置しているのではなく、スマホ版の展開が早いためそう見える)。ちなみに年内に木造の断面検定機能を追加するようです。ストラクチャーといえば木造はあまりやっていないイメージがありますが、twitterなどを見ていると木造への展開も考えているようです。まずフリーストラクチャーとかんたん応力計算に木造を加えて欲しいな。断面計算はいらないから。

最近、どこの構造系ソフト会社も木造を視野に入れているみたいです。未発表ですが、名前だけネット上に流れたアレはともかく、伝統系からCLTまで賑やか。うまく技術者が増えてくれると嬉しいです。

スマホで構造計算に杭基礎の項目追加

これが無料で使えるわけですから使わない手はない・・・と言われたスマートフォン版の構造計算ソフト、スマホで構造計算。今回のバージョンよりiPhone版Android版ともに、杭基礎の項目が加わりました。これにより建築構造ツールボックス(iPad、Windowsストアアプリ)と同等の機能になりました。

スマートフォンやタブレットで使えることによって新たな使い道ができましたね。電卓代わりに気軽に使えます。こうなると構造計算に便利な機能を搭載した電卓を搭載して欲しいな~なんて贅沢な意見も出てきます。まあ無料で公開してくれてることにまずは感謝です。

開発元の株式会社ストラクチャーのホームページ