「サーモグラフィー」タグアーカイブ

激安サーモグラフィー HIKMICRO B10 ファーストインプレッション

先日、紹介した激安なサーモグラフィーHIKMICRO B10。アマゾンギフトが溜まっていたので(ありがとうございます)特価のうちに買いました。この手のものは円安で今後高くなると思うので、今のうちに、ということです。

楽天でも購入できます。

もっと安価なサーモグファフィーがあるのに、B10を激安!といっているのは理由があります。他社も含め2万円台からあります。しかし仕事で使うには解像度が低く、温度差も大雑把で辛い物があります。私もFLIR C3を使っていました。約10万円の当時としては低価格機であり、スペックは低いものの、薄型軽量でフットワークに優れていたため、どこに行くにも持って行けて良かったです。

C3が現役なのに、B10を買った理由は、その性能の限界を感じたことと老朽化が進んできたことです。この手の機械はまずバッテリーがやられます。メーカーに言えば交換してもらえると思いますが、小さなマシンがいつ壊れるかわかりません。他にも傷んでいる部分はあるので、そろそろ交換時期かな、ということです。

次に性能です。C3は小型軽量で実画像も同時記録できますが、その実画像が実にチープです。これは同時に通常の写真を保存したい私にとって辛かったです。まあサーモグラフィ-で搭載していないものもあるので、贅沢はいえませんが。次に温度センサーの解像度が低いだけでなく熱感度も大雑把です。断熱を見るのなら、なんとかなりますが、漏水や筋かいなど耐震調査に使うにはいささか性能不足でした。まあフットワークと天秤にかけると、C3はとても魅力的だったのですがね。

そこで HIKMICRO B10です。スペック等は前回のブログに書いたので省略しますが、比較的新しい機種で持ち手がついている中では小型軽量です。まあスペックは水物とは言え、スペックだけ見れば、少し前の中級機に迫りますからね。

実際届きました。

箱はこんな感じ。説明書も多国語ですが日本語は入っていません。パッケージも日本語はありません。日本語がなきゃ嫌だという人は避けた方が賢明です。しかし本体メニューは日本語に対応していて、最初の英語メニューから切り替えれば簡単に日本語化できます。これはうれしいです。またメーカーホームページも日本語があり、使うには十分な情報があります。特にサーモグラフィーを使ったことがある人なら、簡単です。ユーザーインターフェイスは独特ですが、慣れれば非常に操作しやすいです。UIもいろいろあるんだなぁと改めて思わせる機種です。何しろ説明がないと辛いが、1回聞けば簡単な操作です。まあ、見ただけでわかるタッチ操作のC3に比べれば劣りますが。FLIR C3と同様に考えるのは価格差も考えると無理がありますね。この機種はあくまで低価格で高性能の部分だけを考えて使うのが吉です。

大きさを比べて見ました。C3のコンパクトさには勝てませんね。C3はポケットに入りますし。B10は持ち手があるので操作しやすいですし、見た目以上に軽量です。思ったよりしっかりした感じです。撮影は背後の赤いボタンで、前にあると思うと思いっきり戸惑います・・・。

最初から、結構バッテリーが充電されていまして、すぐ試すことができました。ちなみにバッテリー駆動時間が長いのもウリの機種です。充電器はついています。そして嬉しいUSB Type-Cタイプです。高速充電に対応していないと思いますが、充電器には苦労しなさそうです。ちなみに手持ちのモバイルバッテリーでも普通に充電できますので、汎用性は高いですね。パソコンに繋いでも充電できます。

起動して驚くのは、起動速度です。以前使っていたNEC AVIO G100も遅かったですが、C3も遅いです。サーモグラフィーは仕組み上、起動が遅いのは仕方がないのですが、すぐ調査したいときもあります。その点、B10は速いです。すぐに調査ができるレベルです。画面の動きも軽快で、画像が安定するまで速いので、調査がサクサク進められます。恐らく画面の切り替えが速くフレームレートが25Hzと低価格サーモグラフィーに比べて高くなめらかだからでしょう。C3に比べてここまでの差があるか、と思いますが、高額なG100よりもサクサク動くのは本当にビックリです。

液晶画像は若干コントラストが高いです。見やすいのですが、もう少し抑えてくれた方が微妙な温度変化がわかるのでは?と思います。ただくっきりして目が疲れない感じで、これはこれで良いと思います。

さて、解像度ですが、さすがにG100の320×240には劣りますが、C3の80x60に比べると圧倒的です。256×192という一見不思議な解像度ですが、ここまで高いと輪郭が十分わかります。熱感度0.04度はG100を上回るはずですが、個人的な感想では同等に見えます。というより十分すぎるほど高性能です。C3がおもちゃに見えるレベルの差を感じます。ただ液晶のコントラストが高いので、撮影時に、それほど温度情報があるように見えないので、リアルタイムに調査したいときは若干不利かもしれません。サクサク撮影できますから、撮影してなんぼ、ということでしょうか?

C3では難しかった壁内の筋かいを、かなり見つけることができました。分解能や熱感度が高いことがわかります。画面の表示がなめらかな反面、安定しないので、うまく本体を振りながら見やすいポイントを探す必要があります。特に温度差が大きいときなどは工夫が必要です。どちらかというと画面内の温度差が少ないときのほうが良好の結果となるようです。画面の色の安定性が低いので、高速に自動で色と温度を調整しているのだと思います。速すぎて安定しないのは、ソフトウェアの完成度が低いからなのかもしれません。改良を望みます。

メモリーは内蔵のみですので、USB Type-C接続で手軽に転送できます。USBで接続すればメモリカードのように読み書きできます。

解析については、メーカーホームページからHIKMICRO Analyzerをダウンロードしてインストールすればできます。高機能なソフトとは違いますが、マウスで手軽に任意点の温度を調べたり、できます。ただし日本語には対応していません。当たり前ですが他社の画像は認識しません。熱の範囲を絞ったりして、見やすくすることは出来ますが、今ひとつです。

アプリは無料でダウンロードできますが、日本語非対応です。ちょっと難しいです。

面白い機能としては、PCに接続して画面をキャストすることができます。パソコン側で見ることができるので、動画が撮影出来ない当機で、キャプチャーソフト併用で録画なども出来そうです。専用アプリなどは不要で、Windowsの標準機能だけでできるのが魅力です。

パソコンにUSBでつなぎ、本体からキャストをONにするだけで使えます。アプリは標準のカメラアプリです。通常のカメラと切り替えればOKです。普通に画面をパソコン画面に映しているので荒いですが、いろいろ使えそうです。

あと、通常カメラもついていて解像度も1600×1200なので期待していたのですが、正直裏切られます(笑)。携帯電話で写メールが出来たころの画像レベル?と思って頂ければと思います。C3等と異なり、撮影時にはどれか1つしか選べず、通常は、熱画像ファイルをHIKMICRO Analyzerで、エクスポートして通常の画像を出力するのですが、それも面倒です。まあ同時撮影できないと思っていたので、いくぶんマシですが、なんだかな~と感じます。

この機種は使い勝手とか、日本語化とか、そんなことではなく、できるだけ低価格で実用性の高いサーモグラフィーが欲しいという場合に買うものです。日本では知られていない企業の製品ですし、メニューが日本語化したからといって、不思議な表現もでてきます。また画面内の温度分布によっては見にくくなるのは、FLIRやNEC AVIOといった先行メーカーでは少なかっただけに(もちろんありましたが)、それが我慢できるのなら、間違いなく買いでしょう。正確な温度を測定というよりも温度変化から、筋かいの有無、壁内の柱の位置、断熱材の調査、雨漏りなどの調査などに向くでしょう。つまり建築向けです。2~3万の低性能のを買うなら5万出してでも、この機種のほうが全然良いでしょう。今回はスペックの差についてまざまざと見せつけられました。

 

実用的な激安サーモグラフィー HIKMICRO B10

サーモグラフィーといえば、以前は100万円以上の高嶺の花でした。しかし近年どんどん安価なものが出てきて、断熱検査くらいに使えるものが数万円くらいになってきて、多くの方が建築でも利用するようになりました。

一方、以前の高性能で高価なサーモグラフィーを想像している人から見れば、廉価機はあまりにも性能的にもチープで失望した人も多いと思います。高価格機の価格は特に下がっていないことからも、安価なものは安かろう悪かろうでしかなかったのです。それでも用途によっては使えました。

私の場合、中級機であるNEC AVIOのG100が最初だったため、低価格機であるFLIR C3を初めて使ったときは、ある種のショックを感じました。解像度は低すぎるし熱感度も荒すぎました。断熱などでは良いのですが、耐震診断では正直性能不足を感じました。G100なら簡単に見分けられたものが、見えません。それでも小型軽量で何処でも調査ができるC3は買って良かったと思っています。

さて、今回紹介するのは、中級機は高くて買えない、低価格機では満足できない方向けの機種です。HIKIMICRO B10は実売価格6万を切る低価格機と分類される価格帯ながら、10万円以上の性能を持っているコスパモンスターのサーモグラフィーです。何と言っても256×192画素という中級機レベルの解像度が魅力です。そして熱感度にかんしては0.04度と下手な中級機を凌駕します。何しろG100の0.06をスペック上凌駕するわけですから。そして低価格機では嬉しい可視光カメラの性能もなんと2MP(1600×1200)と記録だったら十分な解像度がついているのが嬉しいです。C3もG100も本当に可視光カメラが悲しいくらい駄目でしたからね・・・。

そのうえ、小型軽量でメモリも16GB、バッテリーも6時間連続使用と実用的です。フレームレートも25Hzとなっており低価格機の中では充実しています。100万円に近かったG100より勝っているところがあるのにこの価格というのは本当にビックリです。

そして・・・今ならアマゾンのセールで44030円と5万円を大きく割り込んでいます。ちょっと日本では見知らぬメーカーとはいえ、3年保証もあります。まあ信頼性と耐久性がどうなのかが気になりますね。添付のマニュアルは日本語対応していませんが、ホームページは日本語に対応していますので、使うのが難しいと言うことはありません。そもそも比較的単純な機械ですからすぐに慣れると思います。なかなかの強烈な価格です。欲しい方はどうぞ。

アマゾンのHIKMICRO B10の販売ページ

CAT S61国内正式販売へ

兼松コミュニケーションズは、CATブランドより、タフネス5.2型のスマホ「S61」を2月1日から発売する。既に海外では発売済だが、非常に魅力的なスペックを持っています。ホームページ

スマホ自体は、5.2型フルHD液晶、Snapdragon630、4GBメモリー、64GBストレージと平凡。OSはAndroid9。DSDSにも対応しているが正直平凡なスペック。

しかし!!S60から継続でサーモグラフィーを搭載!!スマホ内にサーモグラフィーがあるので手軽に調査に同行できます。もちろん普通のカメラも付いています。もちろん頑丈で防水防塵。今回かなり重くなり260gとなりましたが、バッテリーは4500mAhなのでサーモグラフィー搭載でもある程度のバッテリー駆動時間は確保できると思います(サーモグラフィーは電池食い)。

ただ目玉はそれだけではなく、レーザー支援型距離測定機能を搭載。8mまでの距離で長さ、高さ、エリアを測定できます。住宅リフォームなどでは非常に便利ですね!!また室内空気質監視機能がついており、揮発性有機化合物VOCの検出ができます!!すげー。温度や湿度も測定できるようで、現場向けスマホとしては恐ろしく実用的です。

価格は10万円程度とか。これが高いとみるか安いとみるか。Snapdragon630といえば、現在売れに売れているAQUOSE SENSE3と同じなので、実用性は十分。防水防塵で現場で使っても良いタフさぶりを考えると、むしろ安いと感じる人が多いのではないでしょうか??興味深い商品ですね。

 

安価なサーモグラフィー

最近、建物の調査でサーモグラフィーを使う人が多くなりましたね。私が使い始めた頃は100万円を超えた機種ばかりでしたが、近年業務用は数十万円あれば購入できますし、割り切って使う廉価版は10万円を切ってきています。特にFLIRは商品化がうまく、低価格のセンサーをうまく使い実用的なものを出していますね。

さて、それでもやっぱり高い・・・ので探してみました。一体型で安いのはこれですね。

性能的には、60×60の極小センサーながら、温度範囲は-20~300℃と実用的。フォーカスモードは固定で0.5mから焦点が合いますので下手なオートフォーカスより使いやすいかもしれません。保存はSDカードでbmp,バッテリーは乾電池と古式ながら、汎用性は高いです。可視画像も撮影出来ます。まあ本格的な使用に耐えうる商品には見えませんが、雨漏りを探すとか、断熱の傾向をチェックするとか、そんな用途にはいいかもしれません。それにしても4万円を切る実売価格には驚かされます。

Androidに取り付けるなら、こんなのもあります。

こちらも5万円を切っています。スマホ対応なのですぐにメールを送れたり汎用性が高いですね。若干仕様が古いのでAndroidのバージョンやUSB端子は気を付けなければなりません。

 

iPhone向けのlightning端子に指せるタイプもあります。FLIR ONE PROが有名ですね。第3世代になり、コネクタの高さが調整可能になり軽量になりました。古いタイプは安いですが、こちらのほうが良さそうです。正直性能はそこそこですが、iPhoneで簡単に利用できるのはいいですね。

他にもいろいろあります。もちろん商用に使うのであれば、このクラスはパスです。しかし商用のものはサイズも値も張ります。取り扱いも注意が必要です。まずは個のクラスから挑戦してみるのもいいかもしれません。私も小型タイプに切り替えたら稼働率が一気に上がりました。小さいといつでも使えるのが良いですね。そんな割り切った方にお勧めです。