ガラケー」タグアーカイブ

GRATINA KYF39

2019年の夏モデルが出始めましたね。auからはガラケー(ガラホ)のGRATINA KYF39がでます。このモデルの前モデルのKYF37は異色の仕事用ガラケーでした。誰も期待していなかった(失礼)機種でしたが、「あとから録音」が便利過ぎました。通話が終わった後に、録音を残すかどうかを判断できるというもの。滅茶滅茶仕事で便利ですね。PCメールがデフォルトで使えるようになったことも良かったです(普通にマニュアルに載っています。アピールしないのが不思議)。もちろん防水防塵である程度の頑丈さを備えおサイフケータイもワンセグも内蔵しているオールインワンぶりが魅力的でした。

さて、KYF39になって何が変わったか??本体形状を多少ブラッシュアップして、USB Type-Cに対応しました。これは地味に大きいと思いませんか?LINEが使えるほか+メッセージに対応しました。今のところキャリアのみ対応なわけで、これはガラケー派からすると大きなアドバンテージになりそうです。従来不安が残っていた機能ロックも細かくなりました。惜しむらくは指紋認証でないところですが、価格を考えれば仕方がありません。ちなみに、ワンセグやおサイフケータイが削られたので、TYPE-Cや+メッセージが不要な方はKYF37で十分かもしれません。Premiumバージョンを用意し生体認証をぜひ実装して欲しいところです。

NichePhone-S 4Gは9月14日発売予定

あの革命的にシンプルで薄型軽量で、意外と使えるSIMフリーガラケーのNichePhone-Sが、4Gにパワーアップして帰ってきた。続編が出たと言うことはそれなりに売れたか、改善したら更に売れると踏んだのか??値段も12800円に抑えられているので需要があると思います。

まず驚くのがカードサイズの大きさと薄さだったが、ちょっと重量が重くなって残念ですが、まだまだ魅力的な重量です。具体的には38gから52gです。大きさはほぼ同じですが厚みは6.5mmから9mmへ。今回パワーアップした部分が特に必要ないなら、旧機種でもいいかな??とも感じます。新たに4G(Xi,FOMA等)に対応、新たにソフトバンクネットワークにも対応したようです。バンド数などは少ないながらも実用的な感じです。

バッテリーは1000mAh。スマホなら絶望的な容量ですが、これだけ小型で通話特化型なのでこれでも連続通話時間は最大約3時間、連続待ち受け時間は約110時間とサブで使うには十分、それほど使わない人には十分です。電池容量が約倍になったので、旧機種よりは使えると思います。

全モデルの弱点を丁寧に検討して改善したのは凄いと思います。内蔵ストレージは256MBから4GBと大幅増量。これでボイスレコーダーや音楽プレーヤーとして使う道が開けます。操作性も大幅に上がり、電話帳データの移行や日本語入力も改善されたので、いいですねえ。私も事務所のPHSが今月で終わりなので、この端末に乗り換えようかしら??と思っています。

DIGNO Phone

なぜauで出さないのか?謎ですが、au系列のUQ mobileから京セラ製のガラケーが出ました。DIGNO Phoneです。

Androidベースで、auVoLTEをサポート。スマートソニックレシーバー対応、防水・防塵、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、テザリング・・・とてんこ盛り。

シャープのSIMフリーより高機能ですね。つまり一年前に発売されたGRATINA  4Gということですか・・・。それなら納得です。重量、バッテリー容量も同じですから。

まあ、一定の需要があるでしょうから、このような出し方は歓迎ですね。もちろん多少のカスタマイズはしてあるでしょうし。ちなみにLINEも使えます。シャープの出し方に比べてスマートですねえ。まあ価格次第だと思うのですが、恐らく下手にちょっとずつ変えるよりコスパ的にも良いという判断なのでしょう。

auじゃないので、メールはどうするんだろう?シャープのSIMフリーのように、普通のメールが使えるのだろうか?SHF33もキャリアメール以外のメールに対応して欲しい。無理だと思うけど・・・。

価格次第かな~。

 

 

auが念願のVoLTE対応かんたんケータイ発表

auのかんたんケータイは長らく後継機種がでていませんでした。

auの欠点と言えばなんと言っても通話品質の低さ。

ドコモ、ソフトバンクに敵いません。

だからこそVoLTEの重要性はよくわかっているはずです。スマートフォンの急激なVoLTE化はその現れであり、意外といい音質になってきています。

しかし高齢者向けのかんたんケータイはそうはいきませんでした。早く出てほしい。母のケータイが老朽化してきたので特にそう感じました。

そして・・・ようやく8月上旬に発売されます。4年ぶりだそうです。京セラ製です。ということはスマートソニックレシーバー対応です。au製品では必ずしも効果的に使えていなかった感がありますがこれでかなりの部分が解消できそうです。また防水防塵に加え耐衝撃にも対応し、完成度が高まっています。ボタンサイズも更に工夫が加えられ高齢者でも使いやすいようになっています。

嬉しいのがサブディスプレーが常時表示になること。これで時計としての利便性は著しくアップします。

他にも歩数計や見守り系アプリもいい感じです。

ビジネスで使うのにもいいですね。OSはAndroid系の可能性もあり、アプリインストールなど可能か?興味があります。