おけさ丸」タグアーカイブ

佐渡汽船「あかね」売却??

本当に何というか・・・大好きな島の船だからこそがんばって欲しいのですが。

佐渡汽船の直江津ー小木航路の活性化の切り札として平成27年に就航した、あかね。カーフェリーながら高速運航でき、一隻でこの航路をまかなえる。当時北陸新幹線開通に合わせて・・・ということもあり急遽海外から新造船を購入したのですが・・・。5年で売却方針を発表しました。ちなみに佐渡市は売却容認のような報道もありましたが、市長名で容認したわけではない、と否認しています・・・情報が混乱しているのでしょうか??

あかねの欠点は当初からわかってたそうです。納期ありきで選んだこともあり、造船費用も高く、維持費も高いです。また今までのフェリーとは操作性なども異なる上、メンテナンスも手間とコストが高いのです。国内メーカーじゃないですからね(海外メーカーなら安いとか、性能がすごい良いとかメンテナンスが楽とか、とてつもなく安くてコスパが良い、とかならわかるのですが。海外製を否定しているわけではありません)。ただでさえ荒海の日本海を渡るのはメンテナンスが大事ですからね。その上で致命的なのは、荒海に対応できないこと。少しの波風で揺れ、その揺れが酔いやすい気持ち悪いものでした。晴天で凪なら本当に快適なんですけどね・・・。

高速船を導入し波に弱くて乗船する人が減って引退・・・どこかで聞いたことあるな?と思ったら、寺泊赤泊航路です。カーフェリーにかえて、あいびすという高速船を導入。案の定、荒海に耐えられず改造。それでも無理・・・客は乗らない・・・航路廃止に追い込まれたのは2018年。ちなみにあかね導入は2015年なわけで、そんなこと学習してなかったわけではないと思うのですが(汗)。

私も、あかねが来るとき、あいびすの失敗例があるから外洋でも大丈夫な船なんだろうなぁと勝手に思っていました。しかし結果は裏切られました。私のようにそれほど荒天のときに佐渡に渡らない人から見れば、なんかなるだろうと思うんでしょうけど、実際多用している人には我慢出来ないのでしょうね。どんどん乗客は減ってきています。ちなみに私の故郷は小木なのに、小木の親族は、あかねに乗ったことすらありません。あまりの悪評で、両津まわりで新潟に渡ってしまいます。これは非常に悲しいことです。

今のままでは毎年10億円の赤字がでるそうです。小木直江津航路は慢性的に赤字です。私が子どもの頃は、本当に賑わいました。カーフェリーの切符買うの大変でしたからね。カーフェリー2隻体制で、一時期はジェットフォイルも運航していました。カーフェリーは新潟両津航路のお古でしたが、比較的年式の新しいうちにやってくるので年々豪華になって楽しかったです。

それがね。今ではね・・・さて、あかねがなくなったらどうするの?と思うかもしれませんが、ジェットフォイルで・・・だそうです。あかね導入のときもジェットフォイルの話はありましたが、車が運べない、荷物が運べないなどで、見送られたと聞いております。そもそもジェットフォイルも運賃が高額で佐渡の人は急ぐときしか利用しないとか言っていましたからね。困ったものです。普通にカーフェリーで良かったような・・・。

ちなみに、あかねの建造費は60億円。あの、ときわ丸も60億円だったわけで、どっちがお買い得だったかは明白です。ちなみにジェットフォイルは35億円ほどと言われています。そもそもジェットフォイルも老朽化してリプレイス問題が発生しているのに、あかねやあいびすの失敗をどう見ているのでしょうか?

感情的になりますが、離島は現在厳しい状況にあり、フェリーで2時間半もかかる島には、うまくやったって赤字になってしまうのは仕方がないことなのです。それなのに無駄な投資を繰り返しているのは佐渡島民だけでなく佐渡ファンも納得できないでしょう。そもそもそれだけ時間がかかるからこそ、頑丈で安心して渡れる船が必要なのです。正直ジェットフォイルすら不要論があります。直江津小木に導入するジェットフォイルは新造ではなく中古です。果たして佐渡の荒波に何年保ってくれるでしょうか?もっと先を見て欲しいです。

個人的には、おけさ丸も老朽化してきて、ジェットフォイルも、と思うと絶望的なので、あかね、ジェットフォイルを全面廃止し、まずは小木に1隻、3代目こがね丸クラスの国産フェリーを導入。その後、おけさを引退させ、同クラス(ときわクラスではない)の揺れに強いカーフェリーを投入、くらい思い切らないと、どんどんお金を失うだけで、改善はしていかないと思います。ジェットを残したままだと、おけさ丸の代わりの船は、ときわ丸よりも安価なものになって、主力航路にも危機が及ぶ可能性が高いです。ジェットフォイルも好きですが、現状のジェットフォイルは佐渡には不要です。その代わりに佐渡空港を延伸・復活させて空路を充実させるべきです。もちろんそれも難しいことはわかっているのですが。

 

佐渡汽船、おけさ丸の不具合のため、今冬の欠航増の見込み

佐渡汽船は2月6日に、新潟ー両津間のカーフェリーおけさ丸が機器の不具合のため、しけによる欠航が増える見通しと発表した。冬の日本海で穏やかな海が予測できないのだが、これは、離着岸に使うプロペラの軸の亀裂とのこと。4つあるらしく残りの3つは使えるので通常運行には問題なく、部品が届きドック入り出来るタイミングまでこのまま運行するそうです。5,6日には計8便欠航しており、修理は4月以降となるため、この冬のカーフェリーでの移動は厳しそうです。ときわ丸に頑張って貰わねば・・・。えっ??今は、あかね???被害大きそう・・・