DRA-CAD18 新機能・改良機能概要

構造システムグループのオンラインサービスから、DRA-CAD18 新機能・改良機能概要(PDF)をダウンロードできるようになりました。シンプルな12ページの冊子ですが、18の目玉であるクラウド&モバイルの活用など説明があります。あまり実例がない(特にマクロ)のが残念です。説明はホームページに載せて、こういった冊子には実例を載っけていった方が良かったとは思うのですが、十分魅力を堪能できます。ただユーザーならログインすれば見られるのですが、構造システムのユーザーではない方は個人情報を登録しないと見られないのが残念です。隠すことなどないとは思うし、その情報でDRA-CADを後から営業するとは思えないのですが・・・。

DRA-CAD18で、クラウドから開く、クラウドへ保存コマンド実装!!

DRA-CAD18がアップデートされ、クラウドへの保存・開くが実装されました。DRA-CAD18の目玉の1つとしてクラウド連携があり、DRA-ViewerというiOS向けのアプリもでて、そちらはDropbox、Google Drive、OneDriveに対応しています。ただDRA-CADからの直接保存には対応しておらず、どうしたのかな~と思っていたら加わりました。

しかしなぜか「読み込み」「書き出し」に入っているんですねえ。DRA-CADのこの2つのメニューは意外とネックです。素直に保存、開くコマンドに実装したほうがいいんですけどねえ。

今のところGoogleDriveのみで、Dropboxは表示のみです。そのうち対応する・・・というのはいいのですが、OneDriveはどうなってるんでしょうね???まあOneDriveは現状でもそんなに面倒でないのは事実なんですけど。

まずはGoogleDriveにチャレンジ!!意外と簡単でした。ただファイル数が増えてくると・・・というのはスマホと同様の悩ましい問題が残ります。まあ手軽なので、うまく使えれば、良いと思います。

 

エレコムマウスでJWWの「戻る」「進む」を割当て

最近のマウスは高性能で壊れにくくCADでもマウスにこだわる人は減ってきています。確かに高性能のマウスを買わなくても実務的には問題ないです。

そして低価格なマウスにも5ボタンなど付いていることが普通になり、ブラウザでは進む・戻るが割り当てられていて便利です。

しかしながらJWWでは、この割当が使えません。Ctrl+Z(戻る)Ctrl+Y(進む)ですから、仕方がありません。しかしマウスメーカーのドライバーではこれが割り当てられます。一例に量販店でもかなり販売されているエレコムのマウスを一例に説明してみます。

まずエレコムマウスアシスタント5をインストールし、起動します。私の5ボタンマウスはこんな感じに割り当てられています。ボタン4,5はブラウザの戻る・進むに割り当てられています。

エレコムでは、プロファイルを切り替えることによって、ソフト毎にマウスボタンのカスタマイズを変えることができます。プロファイル編集を押して

プロファイル編集の画面を開いたら「追加」を押し、JWWという名前のプロファイルを作ります。次に割り当てるプロガラムを設定するため、下の割り当てるプログラムの「追加」を押して、jw_cadを指定し、OKを返します。

元の画面に戻ったら、上のように、ボタン4,5にCtrl+ZとCtrl+Yを割り当てます。これで、キーボードを触らずに、JWWで戻る、進むができるようになるので編集効率が上がりますよ!!

構造計算ソフトやCAD・BIMを複数持っている人は・・・

意外にも、高価な構造計算ソフトやCAD・BIMを複数持っている人は多いです。使い分け・・・という人も多いですが、意外にも手に馴染まなかったとか、使いこなせなかったという人が多いです。高価なものとはいえ、忙しい実務の中で訓練して使えるようにするため、意外と挫折者は多い物です。アーキトレンドのような比較的簡易なものを数百万かけてパソコンからプロッタまで買ったのにまったく使いこなせずインテリア化している人は多かったですね。かくいう私も買って置いて実践に投入出来なかったソフトは結構あります。また経営方針から泣く泣くサポートから外したソフトもあります。

私の場合は、

・GLOOBE 周囲で使う人がおらず、連携・実証が想定期間内に終わらなかったため3年程度で手放す。
・Strdesign kizukuri代替として導入したが、手数がかかり実戦に投入して利益を生むか疑問だったため手放す。
・2×4壁式 実戦導入はできたものの、取引先の都合などで実務投入数が少なく、ソフトの完成度が高まった頃にはすでに使わなくなっていた。メイン取引先がツーバイフォーから撤退したことが最大の原因。
・HOUSE-4号 使い勝手は悪くなかったがHOUSE-ST1で代替できた挙げ句、年会費がかかりながら何も進化しないので切った。
・HOUSE-省エネ バージョンが上がっても使い勝手や機能がほとんど変わらず、戸建て住宅の省エネ計算は手計算のほうが速くなってしまったので切る
・安心精密診断2014 単体での性能は悪くなかったが、これが出た頃には構造計算ソフトと耐震診断ソフトを併用して使い勝手が向上しており、投入機会がなくなってしまった。
・DRA-CAD(三次元) 三次元設計をしようと思って導入したが、SketchUPのほうが圧倒的にモデリングしやすかったため、ある程度三次元ができるようになったが手放した。なおLEのほうは、その過程で操作に慣れたため、変換が良いこと、図面チェックがしやすいことなどから、数年後から使用頻度が上がった。
・SS1 私の父が愛用していたが、私には使いこなせなかった(まだ意匠設計者だったし)。東京デンコーのACE許容を見て、こちらのほうが楽と考え乗換える。壁式の需要があがり壁麻呂とメーカーを揃えたかったこともある。
・Sein La Crea 私の会社の主要な一貫構造計算ソフト。利用者Gが独立し、本人が購入してしまうと、私には使えない代物となりサポートを打ち切る。ACE許容やビルディングエディタに慣れた私にとってあまり効率的ではなかったです。

そんな感じでかなり無駄なことをしてしまったようです。ただ使えないソフトをずっと訓練して・・・というのは効率が悪いです。ある程度やって使えなかったら次、くらいの割り切りは必要です。高い勉強料だったと思えば良いです。私の場合、Strdesignは当時グレー本の理解が浅かった私には良い学習材料になりましたし、2×4壁式があったおかげで2x4の設計の幅が広がりました。HOUSE-4号の使い勝手に苦労したおかげで手計算が速くなりました。GLOOBEのおかげでBIMがどういうものか?どう使いこなせば良いか?など理解できました。使いこなせなかった、元を取れなかったからといって何も得られなかったわけではありません。

また長年使っていたからといって、バージョンアップをしなくなったり、バージョンアップしても、代わり映えがしないようになったら整理するようにしています。やはりメーカーやプログラマとの信頼関係は大切です。お金を払ってバグ取りなど手伝う余力など今の時代にはないのです。何回もバージョンアップしても使えないようなソフトは、今後も期待はできないのです。

同じ内容でも複数の手段は残しています(例:HOUSE-ST1とKIZUKURI、JWWとDRA-CADなど)。こちらが問題なくてもメーカーが倒産したり、急にサポート打ち切りなんて事例は結構ありますからね・・・。

SketchUp2020 リリース

Trimbleの方針もあり、あまりバージョンアップ時に注目されなくなったSketchUpですが、めでたく最新バージョンの2020がリリースされました。

目玉はアウトライン表示。どっかのソフトのようにレイヤの表示・非表示をクリックで切り替えられるようになりました。まあタグという名前になりましたけど。バウンディングボックスにグリップが表示されるようになり、移動や回転が簡単になりました。簡易なCADなども当たり前の機能ですが、モデリング中心のSketchUPに搭載されていないのはむしろ意外と感じます。

その他いろいろとアップされています。それほど目立った機能アップはありませんが、使い勝手重視で好感が持てます。

ちなみに単体(Pro)の価格は118000円。価格的なキャンペーンはないです。1年間のサポート&メンテナンスが付属しています。その期間が切れても使い続けることは出来ますが、サポートを3年間更新しないと、更新自体ができませんので注意ください。ちなみに1年単位で契約するサブスクリプションライセンスは44000円。こちらは本体を購入する必要がないので初期費用は低いです。そのかわらい期間が切れると使えなくなります。1年分の利用権を借りる・・・という形になっています。2年間は単体の価格は超えないし、最新版を使えるので、個人的にはこちらをお勧めします。ちなみに単体で買った後に、サポート&メンテナンスを毎年延長する場合は32000円ずつかかりますので、サブスクリプションライセンスに比べてそれほど安価でないのも事実です。一年更新をサボると49000円・・・初期費用を考えるとやっぱりサブスクリプションのほうが有利かな?と感じますが如何に?

SketchUPの場合、本体1本買って置いて、出先ではブラウザ版でモデリングして・・・など柔軟な使い方もできそうです(ライセンス的にどうかとは思いますが)。一本ライセンスを持っていると個人的には使いやすい環境が整っているな~と思います。

構造モデラー+NBUS7 発表(一貫構造計算ソフトの新作)

株式会社構造システムは、RC/S/CFT造の一貫構造計算ソフトの新製品「構造モデラー+NBUS7」を1月22日に発表、2月3日に出荷開始となります。

NBUS7はエヌバスセブンと呼び、同社の一貫構造計算ソフトBUS-6の後継となります。とはいえ従来のBUSとは違う新しい設計となっており、直感的な操作、自由度の拡大、CAD連携など新世代の構造計算ソフトとして一から開発されております。

よって現時点だとBUS-6のほうが機能的に充実しているところもあるということで、当面はNBUS7購入者はBUS-6を併用できるようになっています(つまり付いてくる)。

価格はRC/S/CFT対応バージョン(初期リリース)で150万円となっております。発表を見る限り従来の低層限定版のようなものは見当たりません。そのかわり新製品ということでお得なキャンペーンも複数実施予定です。従来のBUS-6ユーザーも乗り換えには50万円かかります(もちろんキャンペーン期間は大幅値下げ)。このあたりはSS7と同様な感じとみて良いようです。当初予想された年会費の値上げはなく(これが一番の驚き)アドバンテージになりそうです。

構造モデラーという名前の通り、ASCALなど先行する構造計算ソフトに似た思想となっています。ASCALが入力部分を切り離して販売しているのに対し、NBUS7は分離販売されず一体として販売されるといった違いはあります。ソフト的には分離されていて、将来他のソフトの入力環境として活用される可能性はあります。ちなみにカタログ表紙には、「基礎構造計算、動的解析、木造構造計算など」様々な計算システムと連動する統合設計プラットフォームとして予定しているとあり、今後このプラットフォーム上で構造系プログラムが動いていくということを示唆しているようです。個人的には省エネ計算などもおなじプラットフォームで動いてくれたら、と感じますし、i-ARMとどれくらい操作性が似ているのか?興味があります。

従来のXYグリッド仕様だけでなく、グリッドの制約を受けない自由な軸を利用した入力もサポートしています。入力も直感的な新しい手法を取り入れていて、自由な入力と引き換えに不便を強いられることはありません。

良い方にとらえれば、現時点で考え得る他社もやっていることの集大成で無難な進化であり、新ソフトとしての怖さはあまり感じないというところでしょうか?これは非常に重要なことで、BUS-6が新規ユーザーにも付属していることも相まって新たにBUSを使う人にとっては安心感が高いです。また同社のプログラムラインナップは広範でありながら、実は操作性などは統一されていないという大きな欠点を是正できる可能性を秘めているということです。しばらく変化がないWallシリーズの動きも気になります。

悪い方にとらえれば、特に驚きはない内容です。近年のトレンドを取り入れただけで、恐らく他社もそれほど脅威には感じないでしょう。しかしこのあたりは、操作性や生産効率性で評価は大きく変わってくるので、実際のソフトを見てから評価が大きく変わるでしょう。

なまあず日記sytleでは、このソフトを今後も追っていきます。特設ページも作成予定です。

i-ARM Ver2.0.1.1

建築ピボットの「建築プロジェクトのスタートアップツール(公式HPより)」のi-ARMがアップデートしています。

目玉は3DMファイルのインポート機能の実装でしょうか?その他細かい修正と法規確認編のチャートリアルマニュアルの追加などです。

ファイル形式対応が増えるのは地味ですけど重要です。今後も地味な部分も充実させて欲しいものです。

HOUSE-WL Ver2.0.0.32

壁式鉄筋コンクリート造構造計算ソフトHOUSE-WLがアップデートしています。ちなみに上位版のWALL-1もアップデートしています(当たり前か)。

内容はバグフィックスです。このソフト実は2011年7月に出荷されています。なのでこのとき購入した人は、年会費もなく8年以上もバージョンアップ費もかかっていない非常にお得なソフトとなりました。

ただ、上位版に比べて制限が厳しいので、意外と検討して悩んでWALL-1を買ってしまう方が多かったようです。しかし実務的に計算機能的には遜色ない(つまりお得)ので、階数が制限内におさまるのであれば、こっちのほうがお得です。壁麻呂もWALL-1も使ったけど、保有に行ったことないし・・・。これだけ時間が経っているのに、バージョンアップの話が持ち上がらないのも不思議。何しろ壁麻呂に比べての優位性があるといわれて久しいけど、まったく機能性が上がらず、今やBUSよりも使いにくい状況になってしまいました。それでも他社も足踏状態なので、このソフトの優位性が揺らがないという強力な悪循環が続いています。せめて断面リストくらい印刷につけても良いじゃない、とかCAD出力できても良いんじゃない、と思ってしまいます。

他社のソフトも検討したり試用しましたが、やっぱりWLがいいよな、じゃなくて、まだマシかな、と思えてしまいます。

他社にもいいます。壁式RC造のまともなソフト(計算内容ではなく入力とかその他の機能ね)ができれば、一気にシェアを取れますよ!!

SEIN PLUS-2次部材/S SEIN PLUS-2次部材/RC キャンペーン開始

どうも3月にSが、夏にRCが出るようです。ただキャンペーン期間が2月29日まで!!(RCは3月31日まで)なので注文から届くまで時間がありあそうです。そのかわり、特別価格で提供するそうです。販売が先のRCは半額!!になるのでSEINユーザーは考えどころです。なかなか面白い入力・・・です。詳しくはメーカーホームページにて。