「耐震診断・補強設計」カテゴリーアーカイブ

いろいろ理由をつけているが・・・構造用合板の釘について

 

構造用合板耐力壁を嫌う設計者の方は未だに多いです。非常に合理的で強度を出しやすい反面、合板の耐久性や釘の耐久性に疑問を持つ方が多いのです。何でも無垢材や伝統的工法ばかりを信奉する人もいますし。ただ伝統的工法にしろ現代の工法にしろ、その耐久性などの検証はまだまだです。伝統的工法は大丈夫じゃない?と思うかもしれませんが、伝統的工法も壊れた物はまったくのこっていません。残っているものは非常に良かっただけでなく運も加味されています。全ての伝統的工法が素晴らしいなどとはとてもいえないほど、たくさんの建物が建てられ無くなってきました。そのことを忘れてはいけません。そしてその検証は始まったばかりです。合板にしろ伝統工法にしろ結論を出すにはまだ早いのです。

さて、その構造用合板の耐久性に重要な役割を果たすのが釘。きちんとした規格(N釘)でなければ駄目で、めり込みすぎても駄目です。意外ときちんとした性能を出すのは難しいのですが、それ以外として鉄なので錆が心配です。実際耐震診断などの調査で錆びだらけの釘、手でも簡単に折れる錆だらけの釘を見て来ています。この耐久性を上げられれば耐久性は更に伸びるはず・・・と誰でも思うはずです。そこで、めっき釘です。JIS A 5509(くぎ)などの規格品で耐力壁に使えるものがあります。これらの耐久性は普通の鉄釘よりは高く、性能を長期間維持したい場合は採用したいところです。

釘が抜けることに心配の声も上がっています。抜けやすいのでビスのほうが耐力がでる、と思っている方も多いです。ビスは保持力が高い反面、釘より曲がりにくく折れやすいので、耐震強度が低くなります。もちろん曲がりやすく耐力壁に使えるビスもありますが、まだまだ主流ではありません。もし、釘が抜けることを心配するなら、そのような耐力壁用のビスを使うべきです。また耐震補強などで、面が平らではなく釘だけで留めるのが難しい場合は、ビスでとめてから釘を使うなど、ハイブリッドな考え方をしていくことも必要でしょうね。

我々知った顔で耐震等級3がいいとかいっていますが、それはまだまだ解明されていない部分があるうえ、施工精度が高くないと、実際の強度は低くなってしまいます。それを忘れずに、少しずつでも良い方法を模索していく姿勢が必要かな?と最近を思いますね。そして今、結論づけないこと。今の知識が、時間がたって正しくない・・・などという時代が来るかもしれませんので・・・。

達人診断 Web工事写真アプリ登場

木造耐震診断ソフトの達人診断。多くの新機軸を投入しながら、比較的安価に導入できることから、人気が集まっています。まあ機能と操作性が高ければ、ある程度高くても売れると踏んだのか?値上げがあったのが残念といえば残念ですが・・・

工事写真をリスト化した報告書が欲しいとの要望にこたえて、Webアプリを公開したそうです。Webアプリだと機能は?とか制限は?とか興味がわきますが、非常にシンプルな作りで、データ制限もあります。

私もJavaScript版の木造耐震写真台帳を作ったことがありますが、LocalStrageの制限で、あまり向かないな~と感じていましたが、シンプルなものなら意外と使えるかもしれません。

insta360 one x2の床下・天井裏調査の弱点

左肩を骨折したことで、導入を余儀なくされたinsta360 one X2。当初の想定よりも様々な場所を調査できるので重宝しています。屋根や小屋裏、床下など人が進入しにくい場所でも3m自撮り棒を伸ばせば、かなり良い感じに調査できます。一段調査の質があがりましたね。

しかし欠点もあります。特にライトが届かない部位の広量不足には悩まされます。明るい投光器を使うと、どうしてもコントラストがつきすぎて、暗い部分が潰れてしまいます。そうなると、カメラ本体、もしくは自撮り棒に加工をしてあまり明るくない、できるだけ均一な光を照らすライトが必要になります。実はもう一本の自撮り棒にライトを付けて・・・とやってみたのですが、あまりうまく行きませんでした。insta 360 one X2のメリットである消える自撮り棒に貼り付けられる位の細長のライトがあれば良いかもしれません。

そこで考えたのが、ケミカルライトやルミカライトといった、お祭りのときに使う、ポキって折り曲げて光るブレスレットなどになるアレ。あれなら軽量ですし、自撮り棒に貼り付けても重さはたかがしれている。輝度は低い・・・良い感じじゃないですか?使い捨てですが、金額も安いし。もちろん明るさ不足だと思いますが、そこはinsta360 one X2の性能で押し切れる・・・・のか??とりあえず実験してみたいですね。



暗所の調査が課題となっているので、徐々に試していこうと思っております。

 

HOUSE-DOC Ver5の評価有效期限について

メーカーホームページから発表がありました。期限は今年の6月26日までですが、評価更新作業中のため、評価取得までの期間はVer5の評価が引き続き有効なものとして取り扱われます。

評価期限外となったVer5の診断結果に変わりはないそうです。

評価更新後はVer6としてバージョンアップ(有償)を予定しているそうです。

メーカーHP

木造住宅耐震診断プログラム評価を久々に見ていたら・・・

もうすぐ、使っている木造耐震診断ソフトHOUSE-DOCの、木造住宅耐震診断プログラム評価の期限が来るので、久々に建防協のホームページを見たら・・・何か減ってませんか??そもそも木造耐震診断の技術なんて数年で変わるわけもなく、この評価期間には前から疑問を持っていたのですが。メーカーもいちいち期限が来たら申請しなければなりませんし。前回とほぼ変更なしで提出したやる気のない企業もどうかとは思いますが(汗)。

さて、現在の最新は木住協のプログラム。一般診断だけでなく精密診断も網羅している比較的低価格なソフト。更新を続けてくれているので好感度は高いですね。しかし!今回で運用終了だそうです(涙)。

表の左のナンバーが取得した順番になっているはずなのですが・・・、1~7と9が既にありません。まあ番号が変わったものもあるので何ともいえませんが(1~7は)、何か減ったような気がしませんか?

まず精密診断法2の診断も出来た、東京デンコーの安心精密診断2012。以前の番号はP評価-W9でしたから、ちょうど欠番の位置に該当します。なくなったのはデンコーでしたか。評価申請やめてしまったのかしら??元ユーザーとしては気になりますね。

ちなみに、申請には申込み費用33万円に、新規の場合一般診断で77万円、精密の場合110万円、両方だと132万円の技術評価費用がかかります。追加変更も高いです。更新だけでも一般・精密両方だと33万円かかります。変更したくない、申請したくない気持ちはわかりますね。

たぶん、これからも減っていくと思います。ある意味現在の耐震診断の仕組みは良い意味で成熟しており、これから新たな診断でも生まれない限り、活発化は無理ですね・・・。