構造計算・構造設計」カテゴリーアーカイブ

KIZUKURI Ver8発表

2020年11月20日にかねてより噂のあった木造構造計算ソフトKIZUKURI Ver8が発売となります。噂以上のことはないとは思いますが、久々の新バージョンとなります。

目玉の新機能は

・斜め壁に対応
・JWW下絵機能追加
・住宅営業支援システム「ALTA」との連動

です。すでに商品画像が斜め壁になって「予告」されていたため、知っていた方も多いと思います(たぶんミスなんでしょうけど)。金物選定はN値計算で対応・・・と書かれているので全面的に対応というわけではなさそうです(わかりません)。kizukuri最大のネックと言われていただけに、歓迎されるでしょう。

下絵機能はkizukuriが黒背景なので、白線をメインに表現されているようです。非常に効率が良くなる機能なのでこちらも利用者には歓迎されるでしょう。

梁の算定結果を梁の部材情報に取り込めるようになりました。kizukuriはオートで算定して、そこから数字を打ち直している人も多かったと思いますが、その結果を取り込めるようになりました。まあ修正するんでしょうけど(爆)。HOUSE-ST1のように必ず数値を入れなければならない構造計算ソフトに比べて操作しやすかった反面、仮定断面を出す訓練にはなりにくかったな~と思っていました。まあどちらにせよ作業しやすくなりました。

転倒モーメントによる短期接地圧の検討に対応しました。他のソフトでは既に対応済みが多いのですが、ようやく追いつきました。まあ手計算でできるんですけどねえ・・・。

他にも細かな改良があるようです。

当初は時代の先端を走っていたKIZUKURIもグレー本が出た頃から戦力不足が露呈していました。それでも計算しやすさとベテランの構造設計者に支えられてシェアを維持していました。しかしさすがに若手設計者には厳しくなってきました。そこで今回のバージョンアップです。斜め壁と下図はHOUSE-ST1の躍進の一つだった機能です。ついに老舗構造計算ソフトも、HOUSE-ST1を追うようになったと思うと感慨深いです。

CSTは建築CADのALTAに力を入れており、KIZUKURI買収もその一つだと思われていました。ようやくALTAとの連携機能が搭載されました。別ソフト同士の連携なのでどこまでうまくいくかは?わかりませんが、アーキトレンドのように同一会社内でも、それほど連携がうまく行っていないところを見ると、チャンスはあります。聞いたところによると、非常にスマートな方法のようです。ALTA、KIZUKURIとも生き残りをかけて、搭載してきていると思います。他社も油断はできません。

バージョンアップの間隔が短い割に新機能の搭載が微妙なのが残念です。真新しい部分が、ALTAを持っていないと実感できないのが何よりも残念です。斜め壁も下図も他社では既に普通ですからね。それと既存ユーザーのバージョンアップ間隔が短いのと金額が上がってしまったのが本当に残念ですが、今までが非常に良心的だったから仕方がありません。今回も最新バージョンの6.7~7.1の方のバージョンアップ金額は75000円ですが、6.6以前は180000円となっています。金額が11月19日前後で変わるようですが、今のところホームページでは金額に差異がありません。今後の機能搭載が有料なのかはわかりませんが、お財布に優しいソフトでなくなったことは間違いありません。競合他社は、今度こそチャンスだと思います。なので、KIZUKURIも次回のVer9は本当に頑張らないと地位が危ないと思います。

 

KIZUKURIからHOUSE-ST1に移行して構造図をできるだけ近づけてみる

各社構造図、構造の部品を出力する形式は個性があって、同じではありません。しかし長年使っていた書式でやりたい・・・という方も多いと思います。とくにKIZUKURIからHOUSE-ST1に移行した場合は困惑する人も多いのでは無いでしょうか?

10月に発売されたHOUSE-ST1 Ve8ではCEDXM出力機能が搭載されました。これを使えば、ある程度のデータをHOUSE-ST1からKIZUKURIに持って行けます。これを使って移行しKIZ-runから構造図を打ち出せれば、ある程度の互換性のある梁伏図は描けるはず・・・。

このように読み込めました・・・。しかし跳ね出し梁は単純梁で変換されていますね・・・。これはHOUSE-ST1は跳ね出しを自動認識するのに対し、kizukuriは意図的に入力しなければならない仕様の違いです。また耐力壁はキレイに変換出来ています。

構造図を出すだけなら、このまま変換すれば・・・・と思ったのですが、そんなにうまくはいきません。

計算されていなので、梁伏図に梁サイズが表示されません(泣き)。もったいないな~。ちなみに屋根も転送されません。このあたりはシステムの違いです。変換テーブルを作れば可能そうですが面倒です。

耐力壁はOKです。金物は同じく転送されていません。

軸組はkizukuriが高さ読み込みしないので(・・・)作図NGでした。出力はできるのに不思議です。

この状態から床、高さ、荷重関連を入れれば、計算出来るのですが、それではHOUSE-ST1から持ってきた意味はありません。

ただし柱や梁の表記だけでもkizukuriっぽくしたい!という方には省力化出来るのでお勧めです。

 

第9回のCatfishなおうちは、HOUSE-ST1について語っています。

CEDXMの憂鬱

プレカット情報との連携は、某ハウスビルダーさんと挑戦したことがあるのですが、なかなか効率的にならず、諦めた経緯があります。これは設計者側だけの問題ではなくプレカット業者毎に微妙に設備やソフトのカスタマイズ情報が異なることもあります。まあそう簡単にうまくいくなら、ST-BridgeやIFCだってもっと早く普及するはず・・・・でしょう?

CEDXM評議会のホームページにも「各社対応連携表」なるものがあります。これは各社の交換できる情報の一覧です。まあ交換できる=実用になるは別の問題なのですが・・・。

CDEXMはタダのXMLデータですから、読み込んだデータをテキストエディタで自動整形・変換すれば更に多くのことができそう・・・と思ったのですが、読み込んでみると意外と制約が大きいです。また、テキストの整形も各社微妙に異なり、kizukuriのCDEXMは編集しにくいです・・・。

もう少し勉強するといろいろできると思うのですが、能力と時間不足を言い訳に進んでいません(泣き)。

HOUSE-ST1 Ver8ファーストインプレッション

2020年10月新発売の木造構造計算ソフトHOUSE-ST1 Ver8のファーストインプレッションです。

今回は、大きな法改正も計算マニュアルの変更もない時期のバージョンアップということもあり、機能アップや、使い勝手のブラッシュアップがメインです。なのでバージョンアップをしないという選択もあるので、珍しくレビューを多く求められています。たぶん買うかどうか?判断しにくいということでしょう。

告示の変更により、構造用合板の倍率がCN釘を使った物が加わりましたが、前バージョンではなぜか?加えませんでした。このことの批判は多かったのですが、今回無事にデフォルトで使えるようになりました。

新機能がどのようなものがあるかは、別途ハンドブックにまとめましたので、興味のある方はこちらでPDFダウンロードしてみてください。

一通り使って見て感じたのは、無駄にアイコンの色などが変わったことは置いておいて、メニュー体系がブラッシュアップして飛躍的に使いやすくなったことです。バージョンアップのたびにメニューが加わり、非常に複雑になってきていましたが、ようやく整理されて使いやすくなりました。これは既存のバージョンになれた方は「あれ?」と思うかもしれませんが、最終的には作業しやすく感じると思います。新規の方はより使いやすいソフトだと感じると思います。

また長年計算時に、いちいち設定がでてくる独特の計算実行を改め、計算条件を別途にすることにより、直接チェックに入れるようになりました。元に戻す方法も用意されており元が良い方にも配慮されています。ちょっとの差ですが、スピーディーに計算できるようになりました。ルート2への切り替えやJIS A 3301の切り替え、出力記号や検定計算の数の設定なども、計算条件でできるようになったので快適です。ルート2に変えると帳票も自動で変わるのも便利です。

入力自体の改良は、梁交差部を越えて配置すると自動で分割され梁が配置される機能(kizukuriなどではお馴染み)など入力がある程度で小幅なブラッシュアップに留まります。ただ梁壁入力画面に、梁や壁のプロパティを表示・非表示などを切り替えられる機能(WOOD-STではお馴染み)がつきました。特に外壁・内壁を表示できるようになったので今までよりチェック・編集が簡単になりました。

一番の改良は構造計算結果の画面でしょう。今まででも構造計算ソフト界随一の部分でしたが、更に更に改良されました。ユーザーインターフェイスも一新され、更に使いやすくなりました。。描画属性の変更も行えるようになりましたし、ページを回転して確認できるようにもなりました。CAD変換なども詳細マウス操作モードにより、各項目からできるようになりました。またクリップボード転送も簡単になり、Excelに手軽に転送できるようになりました。こういう機能って項目により限定されたりするのですがその制約がありません。一般事項の建物概要なんかもクリップボードは項目毎に転送できます。CADもページ毎に転送できるようです。非常に便利に追加検討書や図面を作成することが出来ます。

クリップボードを介してExcelに転送。きちんと項目毎になっている。

CAD変換。枠や文字や表もCADデータに変換できる。

また出力できる帳票も増えました。ルート2がらみが強化されていますが、計算ルート判定や、プリチェックメッセージ一覧も同時に出力出来るようになりました。ルート判定、エラーやワーニングのチェックが楽になりましたね。今までみたいに他の画面を参照しなくてもチェックできるのは、思いのほか快適です。あと、柱頭柱脚の金物図が、他社のように各階柱頭柱脚でも出力出来るようになったのは便利です。これでCAD出力すれば、簡単に金物図が作成できます。ここまでやると、構造図を作成するコマンドを実装したほうが良いレベルまで来ています。まあ機能を駆使してオリジナル帳票を作る方が楽しいかもしれませんが。

目玉のCEDXM機能は非常にシンプルで設定がないので、機能としては楽なのですが、逆に制約もあります。またその割に変換出来る項目が多く、各階の地震力荷重なんかも転送できますので、Wallstatに自動で入力されたりもしてビックリします。転送出来る項目のON・OFFが欲しい所です。プレカットとは他のCAD同様大きくシステムが違うので、限定的な転送になりますので、実質Wallstatへの転送がメインだと思います。恐らく専用ではありませんが、ある程度想定した作りになっているので、Wallstatを使う場合も大きな武器になりそうです。また各要素をCEDXMに転送できたり要素を読み込めるわけで、例えばKIZUKURIにデータを転送したり、逆にkizukiriデーターを読み込んだり出来るのは面白いです。もちろん梁・サイズ・耐力壁などですが意外と楽しいです。もちろんアーキトレンドの梁伏図もCEDXM変換すれば使えます。複数のソフトを持っている場合、意外と活用の幅が広がるかと思います。

そんな感じで文字で説明するといろいろあるのですが、キャッチーではないのでわかりにくいのも事実なので、非常にわかりにくいです。また期待されたペントハウス対応や、斜め軸、構造図自動作図、同社HOUSEシリーズとのデータ互換など実現しなかったのも事実でやや物足りないのも事実です。しかし初めて触った人にも、既に旧バージョンを使いこなしている人にも意味のあるバージョンアップです。ここには書き切れない新機能もたくさんある(新機能ハンドブック参照)ので、特に旧バージョンをお持ちの方はバージョンアップしてみてください。後悔はしないと思います。

※なまあずショップ楽天市場店&なまあずソリューション共同企画

HOUSE-ST1 Ver8ハンドブック(新機能編)をダウンロードされた方で、なまあずショップ楽天市場店でHOUSE-ST1 Ver8を購入(バージョンアップも含む)された方には、ハンドブックのCDEXM編と構造図作成編をプレゼント!!新機能編の最終ページにあるキーワードを購入時の備考欄に記入ください。追ってパスワードを送付いたしますので、ハンドブックをダウンロードしたページからダウンロードください。両ハンドブックは10月下旬完成予定です。

 

FreeStructure for iOS/iPadOS

株式会社ストラクチャーの応力解析ソフトFreeStructureのiOS、iPadOS向けのアプリ(モバイル版)がリリースされています。現時点では無料です。FreeStructureは3次元も解析できるのですが、モバイル版は「平面骨組」のみです。でもこんな素敵なソフトをフリーで公開してくださるメーカー様に感謝です。

タッチ操作でどこまでできるか興味があるのですが、現時点で手元にiPad/iPhoneがまったくないので試せません(涙)。

あと、データはフリーストラクチャー7.1(デスクトップ版)に転送できます。素敵です。HOUSE-DOCなども現場調査アプリで入力して、計算はデスクトップに転送できたら人気がでるだろうな・・・と思いますが、メーカー全体のHOUSE-DOCに対する開発のやる気のなさを見ると期待薄かと。

意外と構造計算をタブレットで入力してデスクトップで計算というのは良いかもしれません。以前kizukuriのデータをAndroidで作ろうとした猛者(柱梁までは出来たかと)が居ましたが、意外と新市場を開拓できるかもしれません。

「はじめてのKIZUKURIセット」

コンピュータシステム研究所は、木造構造計算ソフト「KIZUKURI」と操作研修や実案件の相談をセットにした「はじめてのKIZUKURIセット」を2020年10月20日にリリースすると発表しました。

ソフトウェアと実務案件の相談のセットはこの業界では非常に珍しいです。具体的には

・本体

・研修(Web研修(初級編))1回

・設計相談

です。目玉の設計相談は、Web研修受講後1ヶ月間限定で1物件のようです。2階建て(4号建築 性能評価)か3階建て(3号建築)が対象です。実際に物件入力計算を行って、その過程で生じた疑問やエラーメッセージに対して講師が解決方法をアドバイスするそうです。

価格は50万円+税。ソフトの価格が45万円なので、5万円で研修と設計相談という形になると思います。ちなみに初級編のWEB研修は3万円のようなので設計相談は2万円と破格です。もっとも販売が停滞しているかも???ということでの販売施策の可能性もあります。

KIZUKURIは、研修関連が非常に充実しています。このようなサポート体制があると、多少ソフトが高くても、初心者が購入する動機としては十分だと思います。慣れれば使いやすいKIZUKURIですが、独特な世界観なので初めは本当にわかりにくいです。私の時代もこんなのがあればな~と思います。何せ私はほとんど独学でしたからね~。

他社も木造だけでなく、RC造、S造もどんどんこのようにサポートを充実させないと、一気にシェアが落ちる可能性があります。何せ一番のヘビーユーザーがいる世代の引退が迫っていますからね。今まで通りでは駄目、ということです。

HOUSE-ST1 Ver8は明日から販売開始

木造構造計算ソフトHOUSE-ST1の最新版のVer8は明日から販売開始です。

事前に公開している情報はこちら

メーカーホームページにもほとんど記述がないんですけど(汗)。

かろうじてWEBショップにお知らせが載っていますね。新機能の紹介とかしておかないと売れないと思うのですが(大汗)。未だ製品紹介のページが更新されていません。まあ大して変わらないからということもあると思うのですが、ユーザー数が多いソフトなんだからもっと欲張ってもいいような気がします。

ちなみに

64ビット専用

です。これだけは忘れないで購入時に確認ください。もうWindows7やXPなんて使っていないとは思うので大きな声ではいいませんが、Windows8.1以降対応です

バージョンアップ、新規とも、なまあずショップ楽天市場店で購入していただけると嬉しいです。楽天ポイントが使えますし、支払方法も柔軟です。公式オンライン販売に比べて送料が無料なのも嬉しいです。新発売なのでキャンペーン価格で購入できますので、特にバージョンアップを考えている方は、ぜひぜひ、なまあずショップ楽天市場店でご購入くださいませ(くどい!!)。

HOUSE-ST1 Ver8発表!CEDXMに対応

初心者でも扱いやすい木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1が2020年10月にバージョンアップされ、Ver8となります。既存ユーザーは有償バージョンアップとなります。10月からキャンペーンで新規・バージョンアップとも特価販売が始まります。

なお、今回のバージョンより64bit版のみの供給となります。32bitのOSを利用の方は要注意です。ちなみにWindows10とWindows8.1(それぞれ64ビット版のみ)の対応となります。

今回はグレー本の改訂ではありませんので、純粋に機能アップとなります。

目玉は、CEDXM対応でしょう。kizukuriなどライバルソフトは既に対応しているの周知の通り。今さら感がありますが、要望が多かったのでしょうか?インポート、エクスポートに対応しています。kizukuri同様データ形式から、純粋な互換性は期待できないとは思うのですが、作業の省力化及びWallstatとの連携などに威力を発揮しそうです。他社にはない隠し球もありそうです。

他は、機能アップしやすいところからやった感が強く、それほど魅力的なことはありません。その中でも軸数を200にアップ(従来は150)したのは、大きな規模や複雑な建物をやる方には魅力的かもしれません。しかしHOUSE-ST1の表示は細かいグリッドに向いていません。やはりグループホーム等ある程度大きめで整形の建物に向くバージョンアップと思います。

構造計算ルート2への対応もされました。筋かい負担水平力による応力割増を自動計算できるようになりました。従来は面倒でしたからね・・・。ルート2への要求も増えてきているので(あの高さに関する変更のせい)、出来るのは心強いです。

また、構造システム独自の構造系データベースk-DBから部材材質・接合金物をインポートできる機能を搭載しました。FAP-3やWOOD-STを使っている人にはメリットがあります。インポートレベルではなく、WOOD-STのように標準になれば良いと思うのですが、それはまだ先のことかもしれません。

他には、特定緩勾配屋根の積雪割増や、基礎ばりの2段配筋や返信布基礎の計算に対応しました。また出力・印刷機能も強化されたようです。

そんなわけで、期待されていたペントハウスの計算、本来の意味での斜め軸、4号建物の計算強化、構造図作図機能の強化などは、搭載されてなさそうです。またBIM対応や他ソフトとの連携強化も見送られたようです。まあ細かい部分はまだ発表されていないので、使い勝手等細かい部分に手をいれてくれることに期待です。

小さな住宅レベルでは、最大軸数150は十分であり、構造計算ルート2も不要です。また材質や金物のデータベースも、最初に使う物を登録しておけば不要であり、今回のバージョンアップで「HOUSE」とは何ぞや、とあらためて感じてしまいます。HOUSEと名前を付けているのに大型に対応しようとしたりするのはね。まあ他社にも十分悩みやブレはあるから仕方がないのでしょうけど。今回のバージョンアップの内容は他社だと「オプション」レベルですからね。まあバージョンアップの価格はオプションレベルなので問題は少ないのかもしれませんが、旧バージョンの持ち主が積極的にバージョンアップしてくれる内容か?という点では、ちょっと困った内容なのかもしれません。

もっとも、中大規模木造への対応は、構造業界から歓迎されます。CEDXM対応は、各社ともまだまだ使い道は未知数で実質Wallstatへの変換しやすさに使われている実状があり、それだけでも訴求力があるという悲しい状況ですので、魅力的に映る方はいると思います。

ただ、名前がHOUSEである以上、住宅設計にある程度特化して進んで欲しいな、と、しろなまずは感じてしまいます。

ヤマベの木構造 現場必携ハンドブック

ヤマベの木構造は人気ですね。ネットフリマで2冊出品したのですが、あっという間に売れました。改定される毎に買っているので古い物なのですが(汗)。

さて、今回、動画付録がある改定版が販売されていますが、小型の本で「現場必携ハンドブック」という本があることは意外と知られていません。2013年に発売されています。小型なだけで狭い机でどれだけ有り難いか・・・・ということが思い知らされる本です。木造の構造計算に必要なデータがすぐに出てくるので重宝します。

本当は自分で自分専用のものを作ればいいのですが・・・なかなかその時間が作れませんね。


建築関係の本の売り買い

 将来、建築系の古い本で私設図書館を作る夢を持っている私。その私が最近メルカリで大量に建築(特に構造)の書籍を売り払っています。矛盾する行動になぜ?と思う方もいるかもしれないので、一応説明。

 文系出身の私ですが、本の購入の仕方は案外杜撰で、同じ本が複数あったりします。もちろん版が違えば内容が違う、ということを前提に購入(ヤマベの木構造はそれで3冊買ったりした)したものもあるのですが、純粋に間違えて買ったものもあります。また実務でも必要なく、将来的に図書館にも入れる可能性がない本もあります。役に立ちそうと買ったが自分には必要ない本もあります。そのような本を有益に活用してくれる方がいれば、ということでメルカリを始めました。ちなみに古本の購入は続けています。

 長期的に見れば、ダブったもの以外の販売はもったいないかもしれませんが、活用していただけるなら、それも悪くないと思いました。特に本棚の空きが逼迫して本当に必要な本が購入できなくなるのも、そう遠くないかも、という状況なので。

 引き続き建築知識の1973年以前のものや、旧耐震以前の構造技術書などはあつめています。雑誌系は広告を含めその時代が理解できるので貴重ですね。技術書は現在の技術書と比較してどうだかを確認するのに貴重です。木質構造設計規準やRC基準は何冊集めましたっけ??

木質構造設計規準の初版?ではなく10版なので昭和29年のもの。恐らく内容は初版と同じではないかと思う。結構貴重な内容が載っている。