「構造モデラー+NBUS7」オンラインセミナー新製品説明会の感想

珍しく(?)長文ブログです。実況のように動画見ながらタイピングしているので。

新型コロナもあり、新製品の発表会なども普通にZOOMなどで行われるようになりました。これは良い面もあり、いちいち地方から東京に見に行かなくても最新のセミナーを受けられてりしますし。逆に、営業側から見ると名刺交換できなかったり、気軽に質問しにくかったり、旧知の知り合いにあう機会が減ったり・・・デメリットも多いです。しかし、新型コロナ後も新製品発表会などはZOOMで、などという流れは残ると思います。時代は確実に変わっていきます。

さて、新製品というには、時間が経ちすぎている割に「謎」な、構造モデラー+NBUS7。名門構造システムの新一貫構造計算ソフトなのですが、使っている人の話は皆無ですし。もしかしたらミステリアスを売りに?しているのではないかと思います。

営業のIhさんの名司会で始まり、講師の開発のIsさんの説明に。ZOOMもこんなことが簡単にできるんだな、と私のようにZOOM初心者は感じます。

最初の説明で、CADで構造図を入力するインターフェイス部分が構造モデラーといい、構造躯体形状と構造モデルが違うといままでの一貫構造計算ソフトの欠点を解消している構造計算ソフト、ということになります(もちろんそのままになっているソフトは未だないですし、構造モデラーもそうではないことは後の説明でわかります)。

入力部分を担う「構造モデラー」と構造計算を行う「NBUS7」が別れています。今後のソフト構成で無限の可能性があるのですが、今のところメリットはほとんど内容です。今後に期待ということでしょう。

任意通り心とCADデータの活用がポイントとなっています。CADデータを読み込むと、任意通り心が簡単に指定できるのが最大のメリットでしょう。XY軸だけでない任意通り心を置けるので複雑な形状の建物も入力しやすいです(HOUSE-ST1ユーザーなどは泣いて喜ぶでしょう)。一貫構造計算ソフトは、整形の建物の一部を拡張して不整形に、という思想でしたが、かなり進歩しています。

マルチディスプレイを考えた画面操作も魅力です。見た感じはBUS-6と似ています。操作性もBUS-6やDRA-CADと共通化しているので、これらのソフトを使っている人は移行しやすそうです。

リボンメニューを採用していますが、HOUSE-ST1などを見る限りリボンメニューは使いにくい!と思ってしまうかもしれませんが、大分進化しています。またキーボードショートカットもあるのでキーボード操作メインの方も安心です。HOUSE-ST1は・・・(以下略)。プロパティの操作も最近のソフトらしく洗練されています。新規プロジェクト作成ウィザードは、改良されていますがかなり古くさいです。他の進化が大きいので改良されていても、う~んと思ってしまいます。この画面、私的には苦手ですし、旧BUS-6も同様の思想なのでね。ウィザードとは?という根本的な部分に戻ってしまうのですが。まあBUS-6に比べればかなり良好です。頑張れWall-1といった感じです。SEINと比べても良い感じです。設計の新しさを感じます。もっとも一般的な建物の情報を簡潔にしているため、複雑な建物の入力ができるが、やっぱり一般的な建物を主体にしているんだな、と感じます。それでも3D画面との情報の連携などで、入力ミスは減ると思います。使用しているパソコンがわからないのですが、サクサク入力出来ているようです。計算速度は速くなっても動作が遅くなっては元も子もないです。見た限りは心配なさそうです。部材の寄りも簡単に入力できます。一貫構造計算ソフトは古い世代しか使ってなかった(SS1とかACE許容とか)なので、隠せの感があります。

ST-BridgeとRevitからデータを読み込めるようになるようです。ST-Bridge・・・本当に使えるのでしょうか?(これはソフトの責任ではありません)。CADデータから通り心や通り符号を読み込めますし、その他いろいろ読み込めるようですが、ルールや制限がね。レイヤ分けなど注意が必要です。それからRC造メインのようです。まあRCのユーザーのほうが多いからこれは妥当だと思います。立面図で開口入力できるが、事前に反転など必要などこなれていない部分もあります。まあキープランをこのように書けば、という指針があるわけですから、逆にこれからマスターする方は違和感なくできると思います。CAD入力がいい加減な方(手書きライクの方)は、ちょっと苦戦するかもしれません。開口は私が苦手とするところなので、開口もCADデータを活用し、モデル化しなくても三角形などの開口をいれらるのは良いと思います(三角形一回やりました・・・)。

高速化は嬉しい項目です。たしかBUS-6でも速度アップしたはずですが、速度が速いのに越したことはありません。果たしてどれくらいのパソコンを買ったら良いのか?メーカー推奨や、性能の違いを数値化してパソコン購入の目安を示して欲しいところです。プロパティが右側に固定できるのか?画面だけだとわかりませんが、もしHOUSE-DOCのような形になってくれるのであれば、またはサブディスプレイに固定などできるのであればかなり便利そうです(見た感じどちらかは出来そうです)。履歴管理の機能も充実してくれると、更に楽そうです。この機能期待しています!!左右で前後のモデルを比較・・・なんてできると面白いかもしれません。

でも、実際に触ってみないとわからないですよね??2層3スパン程度、ルート1限定でフリーで公開して欲しいところです。意外とそれでも良さがわかると思います。教育現場に配ることもできますし、新人研修にも使えそうです。書籍がでるかもしれませんし、youtuberが試用動画をアップするかもしれません。新ソフトなのでどうしてもわからない、という方も多いと思いますし、新型コロナで営業もしにくいでしょうから。ちょっと考えてみてください!!

計算書のプレビューは最近の構造システムの美学で、他社に先行しています(そんな気がします)。ただソフト毎に仕様が違うのが難点なんですが。

NOUTで計算履歴データを複数表示できるのはいいですね。これ私はかなり重宝すると思います。

さて、最後に今後の追加機能、開発予定がでています。果たしてロードマップ通りにいくのでしょうか??とりあえずこの夏に公開される予定も多いので、果たして今現在大丈夫なのか?が若干不安ですが・・・。

セミナー全体の感想としては、もう少し新機能をインパクトをつけて説明したほうが良かったかなと思います。聞き取りやすく、内容も理解しやすかったのですが、購入しよう!という強い動機付けにはならなかったかと思います。新製品なのだから新機能を自信を持って説明!!でいいと思います。設計思想的には既に他社が取り入れてるものも多く、他社との違いがわかりにくいので、どっかの構造屋さんが比較とかしてくれるといいな~と思います(これはメーカーの役割ではないです)。

内容を聞いた限りでは、SS7の良いライバルになるかな?という感じです。SEINやASCALとはやっぱり違うような・・・。まあそれぞれ実務で使っている人に感想を聞いていきたいと思います。

明日、 「構造モデラー+NBUS7」オンラインセミナー 新製品説明会 午後1時半から!!

「構造モデラー+NBUS7」オンラインセミナー 新製品説明会

6月23日(火)13:30~14:30

何かと話題にならない、新構造計算ソフトのNBUS7。比較的構造システム社と親しい私でも何もしりませんから(・・・)。気合いを入れて準備しているそうですので、是非ご覧ください。6月23日(火)の午後1時半開始です!!

Mola Structural kit3の吊り橋の組み立ては注意が必要!!

構造力学モデルのMolaは、今年Mola Structural kit3が発売になりました。

私も購入したのですが、1,2とは大きく違うことをお知らせ致します。

組み立て動画をさくっと作るつもりが2時間もかかってしまいました(動画はチェーンの加工時間を除いた1時間となります)

はい。何が違うかというと、部品数と、加工が必要な点です。ボリューム的にMola1の数倍という感じです。Mola1は簡単に説明書なしで組み立てが可能ですし、直感的に構造がわかるのですが、Mola3は説明書を詳しく読まないとミスります。最新の注意も必要です。何しろ謎の爪切り!が入っています。

何に時間がかかるか?といえば、ボールチェーンが入っているのですが、すべて吊り橋に合わせて切断が必要なのです。そのための爪切りだったのか!!・・・です。ボールチェーンには目印がなく、ボールの数で切断位置を示しています。10とかはいいのですが、60とか110は苦労しますし、ミスが怖いです。厳密に守る必要はないような気がしますが、同じ長さのものは揃える必要があります。

また、そのボールチェーンに他の部品を取り付けるのが難しいです。細かいので老眼には辛いです。またコツを掴むまでは非常に難航します。動画にすると長すぎるのでそこは大幅に割愛しています。それでも約1時間の動画になりました。私の独り言もずっと入っていますので、苦労している動画を見たい方は、是非ご覧ください。

完成品はこちら!!美しいです。が、思った以上に大きいです。飾る場所を選びますね・・・。吊り橋の各部材にかかる力を感じられる素晴らしい模型です。入手できる方は是非入手してチャレンジしてみてくださいね。

 

 

なぜyoutubeを始めたか?

DJしろなまずチャンネルはこちら(チャンネル登録お願いします←ただ言ってみたいだけ)

あんまりyoutubeを真剣にやるつもりはないのですが、やはり自分の上げた動画のアクセスは気になるものです。予想通りアクセスはほとんどありませんね。このブログとTwitterだけですからね宣伝は。元々、ブログの限界を自分のせいにせず、ブログのせいにした私が、ネットラジオに進出したことから始まった今回の新しい試みです。

おかげさまでネットラジオのアクセスは多く、ポッドキャストの可能性を感じます。誰が聞いているんだろう?と若干不安になりますが。youtubeのようにアクセスありきの企画になりにくく、独自性を出しやすいですし、自由度も高いです。youtubeも可能性がありますが、必勝法も含めて落ち着きのない動画、刺激的な動画が溢れ、正直見苦しい部分もあります。私の場合は、本業がありますので、本業の傍ら、ブログで出来なかったことを、ネットラジオとyoutubeで補完していければ、と思っています。構造模型は、ブログやネットラジオが苦手とすところ。youtubeを活用して伝えていきたいと思います。

ちなみにDJしろなまずチャンネルの、顔画像はアプリで加工した私の写真です。

HOUSE-ST1にAutoSave.wodへのアクセス中に共有違反

最近、頻繁に見るようになりましたね・・・・・。前は大丈夫だったのですが。

私の場合Dropboxに保存先をしているから、そうなるのかもしれません。

バックアップファイルがないと、本当に怖いですからね。HOUSE-ST1。kizukuriと違って落ちやすいですし。

悲しいことに、HOUSE-ST1は頑なに保存場所にこだわるので、環境設定でよく使うフォルダを指定しておかないとストレスレベルではすみません。またコピー・アンド・ペーストでフォルダ位置のコピーができませんし。

しばらくはストレス溜まるけど、ローカルフォルダに戻します。

 

3分動画アップしました。HOUSE-ST1のバルコニー手摺り荷重の入力方法です。

 

「100円ショップで学ぶ建築構造」youtubeで連載開始

はい。Mola Structural kitがなかなか届かなかったので、その間に考えていた事をyoutubeで開始しました。惜しむらくは、同じタイミングでMolaが届いてしまったことかな?

100円ショップには、様々な便利なものがあります。そのなかには、建築構造を学ぶのに適したものも多くあります。今回は100円ショップのダイソーで購入したものを基本的に活用して建築構造を学ぶ動画を作りました。

建築士の構造力学を学べるyoutube動画や、企業の宣伝、大学の学問レベルのものは多くあります。しかし手軽なものが少ないのです。そこでそのニッチな部分を追求すべく

・短時間の動画
・若干シュール
・100円ショップで手軽に再現できる

ことを基本に作り始めました。第1話は、「地盤と基礎」です。

第2話以降の仕込みもだいたい終わっています。スラブや、地中梁、ホールダウン金物が何故必要なのか?といったことがわかる力学模型など製作中です。

それにしてもダイソー便利ですね。簡易とはいえ、量りが100円で買えてしまいます。

ダイソーのキッチン目安計。一個100円です。誤差はありますが、ウエイトを加減すれば、実験に耐えうると判断しました。

引き抜きをわかりやすく撮影するために、4つ大人買いしました。400円です。目安計という名前がイカします。これがあれば、木造住宅の耐震性の低い建物になぜ金物がそれほど重要じゃないのに、強度が上がると必要なのか?などが視覚的・数値的にわかるのでいいですね。

第一回から杭基礎にも挑戦しました。

私は一部の構造系の実務者のように、偉そうに構造を語るつもりはありません。建築士の試験では出題されないと思います。構造計算できるヒトがエライなんて思いません(すごいとは思います)。若い人に構造を興味を持っていただいたり、建築に興味を持って頂ければと思っていますし、構造苦手だな、と思う方が、少しでも苦手意識を軽減し、理解の助けになってくれればと思っています。

 

HOUSE-ST1の見つけ面積のテクニック

木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1は、見つけ面積をCADライクに入力すると自動で算定してくれるので便利です。しかしCADメーカーなのに、この部分の操作性は至ってよくありません。補助線を引いて描くのはいいのですが、途中で形が変わったから・・・とかでその線の意味がわからなくなったりします。その画面上では寸法が測れないので。何かと気が利かないのに意見はメーカーに行っていないのでしょうか?

しかし、ツールの「距離」コマンドが、立面図でも使えます。わざわざタブを移動しなければなりませんが。↓私の場合、クイックアクセスツールバーに追加しています♪

座標と面積コマンドの間の「距離」コマンドを使います。

あとは、通常と同じ操作です。この通り補助線も拾えます。知らなかった方は是非活用を!!

HOUSE-ST1の下図や補助線は、何かの拍子にズレます。立面図の補助線は、通常画面で通り心を前か後ろに増やすとズレます。操作性が悪い部分なので是非改良して欲しいところです。また、上記のように距離コマンドでは㎜表記なのですが、平行複写では㎝です。本当に統一して欲しいところです・・・。

パーティクルボードの構造設計での使い勝手が向上しているが・・・

平成30年の告示改正により、在来木造住宅のパーティクルボードの壁倍率が柔軟にないrました。国内で使われる構造用パーティクルボードと言えば、ノボパン。今まで、大臣認定と告示両方使えるうえ、使える組み合わせも柔軟だあったので、人気が高かったです。そして、平成30年の告示で更に高倍率の組み合わせがN釘でできるようになったので、更に人気が出ました。普通は構造用合板ですが、構造用合板の告示で高倍率壁はCN釘になってしまって、使い勝手がイマイチでした。

その点、ノボパンなら、大壁、大壁床勝ち、真壁、真壁床勝ちの告示仕様が2.5倍で固定されているので、非常に使いやすいです。またそれぞれに高倍率が設定されており、大壁系が4.3倍、真壁系が4.0倍と、こちらもシンプルです。告示の難点は、N値計算で、金物が大きく出やすい4倍以上と、2.5倍の標準との差が大きすぎることです。その点ノボパンは、大臣認定仕様が残っていますので、従来の大壁2.9倍が残っています。非常に柔軟に使い分けができます。

もっとも図面での指示は注意が必要です。図面にきちんと間違いにくい指示が必要になります。現場や監理者にも指示の徹底、確認が重要です。うまく使えれば、外壁側の耐力壁の決定版になりそうです。

Molaの1と2と3は何処が違うのか?

ちひろ
ちひろ
Molaは、三種類あるようだけど、どこが違うの?1を3つ買った方もいらっしゃるみたいですけど・・・
マニュアルがついているけど、英語ですらない(たぶんポルトガル語)ので読みこなしてみないと意図はわからないね。ただ絵を見ているとなんとなく意図が読めてきそうです(そもそもクラウドファンディングページにある程度書いてあるのだが)。
DJしろなまず
DJしろなまず

 

さて、私なりに制作者の意図を読んで違いを示してみると

1:3層までできる基本的な構造力学モデル

2:片持ち梁、連続梁、吹き抜けなど、1で出来ないちょっと高度な力学モデル

3:吊り橋、ケーブルネットなど、応用的なもの更に高度な力学モデル

といった感じです。1は、2級建築士受験レベルでもわかるような単純モデルです。4本の柱で、3層のモデルです。なので連続梁はありませんし、片持ち梁、跳ね出しなどもありません。柱の座屈モデル、節点の状態、梁の力学状態などが体感できるので、意義は大きいと思います。またラーメンモデル、ブレースモデル、トラスやスラストなども理解しやすくなっています。ブレースの細い針金ながら、かなり建物を固く出来るなど、他の構造モデルより、はるかにわかりやすく精緻です。海外で評判になったことがわかります。初期学習用としてみたら、これで十分でしょう。

2は、1を補完するもの、という位置づけでしょうか?表紙のモデルではわかりにくいですが、ようは跳ね出し、オーバーハングなどと言われる、建物の外に横方向に出るものです。通常わかりにく、跳ね出しの連続梁のモーメントがわかりやすくなります。そのための新しい節点を止める部品が付属しています。グリルのような格子状の梁の変形、吹き抜けの耐風梁、耐風柱などの現象、特殊なトラス、耐力壁の効果などがわかりやすく表現するため、1が4つしか柱脚がなかったのが6つ付属するのがポイントです。1と2があれば、10の柱脚が表現できます。1のほうが、長方形の建物が表現できるので、見栄えはしますが、2のほうができることが多いような気がします。1か2どちらか1つ選べ、といえば2のほうをお勧めします。1が二級建築士なら2は、一級建築士でしょうか(わかりやすく言っているだけで、学んでいる内容というわけではありません)。

3は・・・建築士の構造力学という意味では正直不要かもしれません。建築設計では趣味の領域に入ってきます。まあ高度な設計には出てくる内容だとは思うのですが。主にケーブルですね。吊り橋だけでなく、国立代々木競技場のような吊構造・ケーブルネット構造のようなものも表現できます。1,2が力学モデルに近いが、3は見た目も美しく素敵です。まあ不要と思う方もいるかもしれませんが、見た目だけならコレでしょう。基本的な力学の理解には役に立ちません。

そんな感じでしょうか?

molaのクラウドファンディングでは、全支援者の名前をマニュアルに掲載してくれます。私もMola3のマニュアルに載っています。日本人の購入者の数が意外と多いことがわかります。何に使うんでしょうか???まだまだ日本にも物好きが多くて心強いです。ユーザーが集まって座談会でも出来たら楽しそうですね。

そうそう。Molaのマニュアルは、英語でも表記されているので、多少英語がわかれば解読は簡単です。さすがにポルトガル語?は普通の日本人には荷が重いです。

 

Mola Structural kit3到着!!!!

ちひろ
ちひろ
はい・・・ついにこの日が来ました・・・
来たね・・・1年かけて海外から・・・
DJしろなまず
DJしろなまず

はい。Mola Strcutural kit到着しました!!!!

左から、1,2,3です。無事に日本に届いて感動です。最後は佐川急便のいつもの方が届けてくれました。もちろん関税を支払わないと受け取れませんが(海外通販はある程度の金額から関税がかかります)

仕事がたてこんでいるので、開封だけ(遊びたい!!!)。上の写真はMola3です。吊り橋ですな。高いだけあって、質感もバッチリ。教材感バリバリです。

はい。Molaを使った感想などは、Youtubeやこのブログで随時報告させていただければ、と思います。