未分類・記事」カテゴリーアーカイブ

HOUSE-ST1の次期バージョンで進化して欲しいところ

木造構造計算ソフトHOUSE-ST1は、Ver8になってから、だいぶ動作が安定してきました。Ver7.5と同じ新グレー本2017に対応しているのですが、操作性やできることが、かなりパワーアップしています。

他社が停滞しているので、次期バージョンは同じく停滞しないように開発を続けてほしいものです。

まず、長年言われているペントハウスの問題。なぜかHOUSE-ST1はペントハウス未対応です。狭小地での木3はペントハウスは採用が多く、直接対応していないHOUSE-ST1の最大の欠点とも言われていました。4層対応とともにペントハウスに対応して欲しいところです。

次は、三角形床の水平構面です。今のところ強制的に構面ゼロになってしまうため出っ張っている部分が計算できないことがあります。特に45度で大きく部屋がでている場合など、床の構面の強度確保が簡単なのに、計算がしにくいのは大きな問題です。まあ計算できなくても手計算で直しやすい形にしてくれれば助かります。その点、計算書でもCADデータ吐き出せるHOUSE-ST1は有利なだけに、是非対応して欲しいところです。

次に斜め軸。これがあると非常に便利です。今のままでは外周の小さなでっぱりや、隅切り程度しか対応が難しいです。斜め軸があると一気に設計の幅が広がります。

次に梁荷重のビジュアル化。梁荷重だけビジュアル入力でないのは違和感を感じます。もう少しわかりやすくチェックしやすい形にして欲しいです。同じく妻壁や、屋根入力もいちいち電卓を叩かないと基準をだせないのは、やはり不便です。もう少しなんとかなるはずなのですが。まあ梁荷重も妻壁も覚えれば簡単なのですが、とっつきにくさは感じます。社内で苦情がでなかったのでしょうか?

あと、母屋下がりの壁などもビジュアル的に反映して欲しいです。バルコニーも。高さ入力忘れることが多いので。剛性調整は審査機関ごとに解釈が違いますが、高さ下げて自動で計算できればありがたいです。

梁上低減係数も、グレー本ベースだけでなくもう少し幅をきかせて対応して欲しいです。数字を手軽に入力できるのは楽でいいのですが、その数字をだすのが面倒なので。

あと4号専用モードが欲しいです。他には品確法、そろそろ改訂しませんか?個人的には品確法モード不要だと思います。

あと、もう少し構造図作成しやすいCADデータをはじき出してくれると助かります。

なにしろ使い勝手が向上したVer8では、とりあえずは以上の点くらいしかありません。kizukuriなら・・・他社はもっと・・・なので。

HOUSE-ST1のCEDXM機能は、意外と他社プログラムとの比較などでも有益で、Wallstatへの転送も便利で面白いです。木造構造計算ソフトでは完成度の高い部類になります。現在の木造構造計算ソフトは、どれを選んでも相応の不満がでるのは間違いないですが、初めて買う木造構造計算ソフトとしては、お勧めしやすいわかりやすさがあります。

 

構造計算書のCADデータ化

HOUSE-ST1では、計算書出力データをCADデータに出来て便利です。他のソフトでも出来ないかな~と思ったら、条件付でできることが分かったので書きます。

KIZUKURIの場合、計算書出力はテキストと線データは残っています。なので、KIZUKURIからPDFソフトで出力(私はAntena HOUSEのPDF出力ソフトで試しています)したものを、DRA-CADで読み込めば計算書をCADデータ化できます。DRA-CADなので、文字まで編集できます。斜め壁のモデル化の修正などで使えば便利ですね。

ちなみに多くのソフトでこの仕様はありますが、縮尺は反映できないので、狭義の意味でのCAD化ではない。あくまで活用は限定される。構造モデラー+NBUS7でもできた。文字変更も線編集もできる。うまく使えば略伏図を書くときにも使えそうだが縮尺が面倒なので、構造モデラー+NBUS7にはCAD変換機能を標準でつけて、縮尺なども合わせて欲しい所です。

 

KIZUKURIの通り芯をDRA-CAD人気の機能「文字アップダウン」で簡単に変更できる。

KIZUKURIの斜め方向のモデル化を略伏図ベースで変更できる。意外と便利かも??

そもそもHOUSE-ST1では当然のようにCAD変換できる。構造モデラー+NBUS7も縮尺が狂わないCAD変換機能を早めに搭載してほしい。

遮熱グラッサの汚れ

現在、家の隣の実家の外壁、屋根の修繕を行っている。平成初期の建物なのでそれなりに傷んでいる。新型コロナもあって、このタイミングで出来て良かったと感じています。

そして・・・7年前に建てたわが家も傷んできたな・・・と眺めて感じています。

一番気になるのは、屋根。平屋で大空間。日影なし・・・過酷な環境ではあるのですが、屋根材であるスレートの「遮熱グラッサ」の汚れがむごいです。

これが新築時。屋根としては画期的に白い。これなら熱を反射して、家に熱が入るのを少しでも軽減してくれそうだと感じた一方、汚れるんじゃね??とも思っていました。自宅なのでとりあえず試そう感が強かった記憶も・・・。

現在の屋根。すごい汚れています。昔のスレートが古びた感じです(涙)。10年以内の屋根には見えませんね。特に平屋なので目立ちます。恐らく遮熱効果も落ちていると思います。もちろん塗り直したら効果が落ちるんでしょうし。そのときは遮熱塗料で塗ればいいのかな?

屋根が濃い色が多いのはそれなりに理由があるわけです。住宅でも古くから信奉されていたルールには、現在ではあまり関係なくなったものもありますが、まだまだありますね。

壁も白ですが、正直ほとんど汚れていません。軒を出した効果もあるようですが、屋根のほうが環境が厳しいようです。140mmの断熱パネル(ダントツルーフ)と遮熱グラッサの組み合わせで夏も快適♪と思ったのですが、一般的な住宅に比べて冷暖房の利きは良いのです。普通に暮らすには十分。冬は暖かいですし、夏は・・・若干暑いか?程度。ただ小屋裏は暑いですね。まあ天井高は高い所で4.5mもありますし、エアコンと床暖だけなので、空気の流れを作るのが思った以上に難しそう、ということもありますが。

(クリックで拡大)

家の性能は、部材だけで決まるわけでは無く、設計も重要です。奇抜なアイデアでしたが比較的良い感じになってくれたのだけど、もう少しこうやっておけばな~と思う箇所があります。せっかくなのでこれから振り返ってみようと思います。

 

 

サイボウズOfficeの電話メモを予定画面から確認できるようになったぞ!

前から欲しかった機能です。電話メモは多用するので、スケジュールから参考にしたかったのですが、それが今回のアップデートで可能になりました。他にもカスタムアプリで先々月や再来月の絞り込みができるようになったので便利になりました。見た目余りかわらないのですが、使い勝手に絞った進化を続けてくれるのでサイボウズOfficeは好きですね。

5月9日の追加機能はこちら。

有意義な連休

連休もあっという間に折り返し。府中市は祭りがないので異常に静かです。ネットを見る限り、多くの人は非常事態宣言を守って外出を控えているようですが、それでも我慢できないといって不要不急に出かける人がいるようです。批判するつもりはありません。ただ外出している人が外出している人を批判する空気はなんだかな、と思いますが。

さて、昨日は一歩も外に出ずに夜になり、会社に郵便物を見に行くことでかろうじて外にでました。本を読んだりパンを焼いたりゲームしたり・・・有意義な休日でした。今日はお仕事ですが、それ以外に外出の予定無しです。まあ、不要なことは不要でできるだけ協力したいです。ただでさえ仕事等で出ることが必要な回数はそれなりにあるので。

暇つぶしに協力できれば、と思い、連休には2つ動画をアップしました。他にもマニアックな暇つぶし動画があるので、よろしかったら覗いてみてください。楽しいとは思えませんが・・・

なまあず日記style&Catfishなおうち youtubeサイト

構造モデラー+NBUS7 Ver2.0発売

Ver1が完成した感じはないのですが、Ver2になったようです。恐らくSRCに正式対応したことで、その区切りということだと思います。発売から1年あまり。どこまで実用的になったのでしょうか??

まず2020年版建築物の構造関係技術基準解説書に対応しました。もちろん全てということではないでしょうけど、当面実務では安心そうです。

次に、3月に出た基礎プログラムとの連携です。構造モデラー+NBUS7で入力、計算したデータに連動して基礎フーチング、スラブが計算できます。処理は一連で、わずかな項目を設定するだけで上部建物の計算結果から必要な基礎寸法、形状を作成できるそうです。もちろん計算書はまとめて1冊になります。

あと気になる人は気になっていたと思われる、文字の重なりなどで見にくくなることを、不要な要素の非表示を切り替える機能が追加されました。操作性次第ですが、これですっきりいきますね。

ダミー柱の入力にも正式に対応しました。モデル化が楽になります。

ブレースタイプに方杖を追加しました。片側方杖にも対応します。意外と使えそうです。

他にもいろいろ手を加えられているようです。メーカーもステップアップキャンペーンなどを実施し、ようやく自信を持って戦える!と商品に自信を持って提供できるようになったのではないでしょうか??基礎のプログラムやSRCがそのタイミングだったのかもしれません。

仕事納め

今年は仕事納めと大掃除を分けました。まあ新型コロナが大流行中にも関わらず多くの仕事を抱えてしまったので仕方がないのですが。明日からはしばらくオフとします。探さないでください。

さて、大掃除の備忘録。新事務所と旧事務所の大きな違いは接地面積。旧事務所は外周が長く2方向道路だったため掃除が大変でした。しかも花壇がありましたから。新事務所は2方向道路ながら、中二階ですし、外掃除は階段部分と正面の道路のみです。もちろん花壇もありません(あっても大家さんの花壇です)。また店舗がないので土足地帯が部屋にないので、汚れにくいです。移転して半年ということもあるのですが、あまり汚れないのがいいかな??使い勝手などだんだんわかってきたので来年に微調整しようかな。

エアコンの掃除は、15年ぶりくらいにお掃除エアコンでないので、きちんとやりました。フィルターだけなら楽ですね。それほど汚れないし。

窓掃除は2方向道路で踏切近くなので汚れるのでここは前よりも大変かもしれません。

床はカーペット化したので、掃除機でかんたんです。コードレス掃除機で十分な広さなので、掃除の頻度もあがりました。

パソコンの清掃もデスクトップパソコンが減ってノートパソコンが増えたので楽です。省力化が課題だった新事務所なので、いろいろ楽になってきています。前の事務所もその前に比べると飛躍的に効率化したんですがね。あのときはコンピュータ配置、ネットワークなど革新的だったんですがね・・・。今になってみると老朽化していたし今後を考えると厳しくなっていましたね。

まあ来年は1年間あるので、更に汚れるかもしれないので、日々の掃除をきちんとしてできるだけ年末にまとめて掃除しようと思わないようにしたいです。

というわけで年内最後の事務所でした。

chromebookでWindowsソフトが動く??正式発表!

Parallelsは20日(米国時間)、Chromebook Enterprise上で直接Windowsを動かせる仮想ソフト「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を正式発表しました。

年間税別7389円で使えるそうですが、フル機能のWindowsをChirome OSでは知らせることができるのが強み。もちろんマシンパワーも重要で、推奨ハードウェア要件はCore i5/i7以上のCPU、メモリ16GB、128GB以上のSSDということで、推奨要件を満たすChromebookは少ない。

ここまでするなら、Windowsの高性能ノートを買って、USBメモリーでChromebook化したほうが、価格も安いし幸せなような気がします。なにより気軽で安価なChromebookの意味がないと感じてしまいます。

木造で構造計算する意味は建物のバランスを正確に把握することにもある

KIZUKURIからHOUSE-ST1に構造計算ソフトを移行すると、偏心率が見やすいということが大きいです。KIZUKURIの場合数字だけ出ていますから(印刷帳票にもでていますが画面上では確認できない)。重心と剛心の位置、偏心率0.15や0.3の限界ラインも表示してくれます。

さて、意匠設計者の壁量計算書をたくさん見せてもらいました。大雑把に壁量を計算しただけのもの以外に、偏心率を限りなくゼロに近づけて、きちんと設計していますアピールをしてくる方も多かったです。疑問なのは偏心率の計算の仕方。壁量計算レベルではそんなに高い精度がでないので、あまり意味がないかと。

それが構造計算だと精算できます。重量をきちんと入れられるからです。もっとも追加荷重のようなものなので、棟先の高さまでは補正されていません。そのあたりは応力解析ソフト系と異なりやはり万全とはいきません。

これは2段階に屋根が落ちる片流れのモデルです。HOUSE-ST1では3D表現できるものの、母屋下がりなどは表現できません。なので重量で補正はしてあります。このモデルの場合は妻側壁が階並みに大きく荷重が重いのに対し、母屋下がり側は荷重が非常に少ないです。このようなモデルでは重心は大きく移動します。それにともない剛心距離も均等な平面モデルに比べて変わってきます。

クリックで拡大

2階の偏心率です。赤は重心です。やはり大きく左に寄っています。。それに対し剛心は右に寄っています。そのため偏心率が許容されるエリア(緑のエリア)が左に寄っていて、偏心率が大幅に悪化しています。このモデルは左右で耐力壁の強さは同じですので、重量バランスが変わらなければ建物真ん中ラインに重心は来るはずです。さて、この時点での偏心率は0.127。建物の偏心率としてみた場合悪くない数字ですが、0と思って設計していたら衝撃的でしょうね。もっとも母屋下がりした時点で、水平剛性の確保はどうするんだとかツッコミどころが多いのですが・・・。

クリックで拡大

1階の偏心率です。やはり重心が左に寄ってしまっているのですが、その影響は軽微です。よって偏心率も0.31とかなり良い数値となっています。2階の重量が均等に載っているため、妻壁の影響が割合的に軽減されたからでしょう。それでも重心位置はずれています。今回のような単純なモデルならこの程度で済むかもしれませんが、実際は間取りで壁の位置はかなり流動的です。この程度の動きでも影響が出てこないとは否定できません。

最近、ネット上でも雑誌でも耐震性は耐震等級3が必須みたいな流れや、木造2階建てで構造計算しないのはありえない、とか言われています。ちょっと過激すぎ、とは思います。しかし実務で普段から構造計算していると、耐震診断3や構造計算という言葉が1人歩きしているようで、もっと、その内容を伝えないと理解されないな、と感じてしまうのです。

なのでまずは、このようにわかりやすい構造計算ソフトを導入して自分なりに建物を入力してみることをお勧めします。建物の挙動がわかりやすくなります。今までは数字でしか出ていませんでしたが、HOUSE-ST1でもCEDXM転送に対応しましたので、手軽に無料の建物振動アニメーションを作れるWallstatに転送できます。転送して揺らしてみると、上記のようなことを実感するために追加の事項が必要で、その事項をきちんと入力すると、意外と揺れが変わってくることに気がつきます。これは構造技術者でなくても体感できるので良い方法だと思っています。

Wallstat利用者に、変形した屋根形状の荷重を補正せずに利用している人を見かけます。確かに屋根の形状入力は解析に関係ないのですが、今回の建物のように重量バランスが悪い物は補正しないと駄目です。あくまで営業的に使うならともかく、技術的に良い物を作ろうと模索するのであれば、構造計算から学んで、Wallstatで再現してみるといった作業が大切なんだと思います。

HOUSE-ST1の新規購入はこちら

2020年10月発売のHOUSE-ST1 Ver8の新機能をまとめたハンドブック(PDF)はこちらでダウンロードできます。

DocuWorks 9アップデートと機能拡張パック

7月にDocuWorks9のアップデートがあったのですが、忙しかったこともあり、今さらアップデートして見ました。意外と多くの変更点がありました。心なしか安定感がアップしました。まあ安定しているソフトではあるのですが、たくさんのファイルがあるフォルダでは速度が落ちて操作性が落ちることがありますので(それが唯一の欠点か)。

あと、同時期にリリースされた機能拡張パックもインストールして見ました。イメージページの分割、付箋の削除、付箋のついたページで文書作成などの機能が追加されます。

正直、PDF系のソフトの機能アップが顕著で、DocuWorksは機能アップが少なくてシェアを落としている感じがします。少なくとも私の周りの利用者はDocuWorks9にアップしていない人が多いです。便利とは言え、完成しているソフトとは言いがたいわけで、これからの巻き返しに期待しています。

といってもゼロックス、近年元気がありません。売れてはいるようですがなんだかね。次回は、複合機も含め他社を検討します。