未分類・記事」カテゴリーアーカイブ

木造で構造計算する意味は建物のバランスを正確に把握することにもある

KIZUKURIからHOUSE-ST1に構造計算ソフトを移行すると、偏心率が見やすいということが大きいです。KIZUKURIの場合数字だけ出ていますから(印刷帳票にもでていますが画面上では確認できない)。重心と剛心の位置、偏心率0.15や0.3の限界ラインも表示してくれます。

さて、意匠設計者の壁量計算書をたくさん見せてもらいました。大雑把に壁量を計算しただけのもの以外に、偏心率を限りなくゼロに近づけて、きちんと設計していますアピールをしてくる方も多かったです。疑問なのは偏心率の計算の仕方。壁量計算レベルではそんなに高い精度がでないので、あまり意味がないかと。

それが構造計算だと精算できます。重量をきちんと入れられるからです。もっとも追加荷重のようなものなので、棟先の高さまでは補正されていません。そのあたりは応力解析ソフト系と異なりやはり万全とはいきません。

これは2段階に屋根が落ちる片流れのモデルです。HOUSE-ST1では3D表現できるものの、母屋下がりなどは表現できません。なので重量で補正はしてあります。このモデルの場合は妻側壁が階並みに大きく荷重が重いのに対し、母屋下がり側は荷重が非常に少ないです。このようなモデルでは重心は大きく移動します。それにともない剛心距離も均等な平面モデルに比べて変わってきます。

クリックで拡大

2階の偏心率です。赤は重心です。やはり大きく左に寄っています。。それに対し剛心は右に寄っています。そのため偏心率が許容されるエリア(緑のエリア)が左に寄っていて、偏心率が大幅に悪化しています。このモデルは左右で耐力壁の強さは同じですので、重量バランスが変わらなければ建物真ん中ラインに重心は来るはずです。さて、この時点での偏心率は0.127。建物の偏心率としてみた場合悪くない数字ですが、0と思って設計していたら衝撃的でしょうね。もっとも母屋下がりした時点で、水平剛性の確保はどうするんだとかツッコミどころが多いのですが・・・。

クリックで拡大

1階の偏心率です。やはり重心が左に寄ってしまっているのですが、その影響は軽微です。よって偏心率も0.31とかなり良い数値となっています。2階の重量が均等に載っているため、妻壁の影響が割合的に軽減されたからでしょう。それでも重心位置はずれています。今回のような単純なモデルならこの程度で済むかもしれませんが、実際は間取りで壁の位置はかなり流動的です。この程度の動きでも影響が出てこないとは否定できません。

最近、ネット上でも雑誌でも耐震性は耐震等級3が必須みたいな流れや、木造2階建てで構造計算しないのはありえない、とか言われています。ちょっと過激すぎ、とは思います。しかし実務で普段から構造計算していると、耐震診断3や構造計算という言葉が1人歩きしているようで、もっと、その内容を伝えないと理解されないな、と感じてしまうのです。

なのでまずは、このようにわかりやすい構造計算ソフトを導入して自分なりに建物を入力してみることをお勧めします。建物の挙動がわかりやすくなります。今までは数字でしか出ていませんでしたが、HOUSE-ST1でもCEDXM転送に対応しましたので、手軽に無料の建物振動アニメーションを作れるWallstatに転送できます。転送して揺らしてみると、上記のようなことを実感するために追加の事項が必要で、その事項をきちんと入力すると、意外と揺れが変わってくることに気がつきます。これは構造技術者でなくても体感できるので良い方法だと思っています。

Wallstat利用者に、変形した屋根形状の荷重を補正せずに利用している人を見かけます。確かに屋根の形状入力は解析に関係ないのですが、今回の建物のように重量バランスが悪い物は補正しないと駄目です。あくまで営業的に使うならともかく、技術的に良い物を作ろうと模索するのであれば、構造計算から学んで、Wallstatで再現してみるといった作業が大切なんだと思います。

HOUSE-ST1の新規購入はこちら

2020年10月発売のHOUSE-ST1 Ver8の新機能をまとめたハンドブック(PDF)はこちらでダウンロードできます。

DocuWorks 9アップデートと機能拡張パック

7月にDocuWorks9のアップデートがあったのですが、忙しかったこともあり、今さらアップデートして見ました。意外と多くの変更点がありました。心なしか安定感がアップしました。まあ安定しているソフトではあるのですが、たくさんのファイルがあるフォルダでは速度が落ちて操作性が落ちることがありますので(それが唯一の欠点か)。

あと、同時期にリリースされた機能拡張パックもインストールして見ました。イメージページの分割、付箋の削除、付箋のついたページで文書作成などの機能が追加されます。

正直、PDF系のソフトの機能アップが顕著で、DocuWorksは機能アップが少なくてシェアを落としている感じがします。少なくとも私の周りの利用者はDocuWorks9にアップしていない人が多いです。便利とは言え、完成しているソフトとは言いがたいわけで、これからの巻き返しに期待しています。

といってもゼロックス、近年元気がありません。売れてはいるようですがなんだかね。次回は、複合機も含め他社を検討します。

縛りなしWiFiの解約

おかげさまで事務所の引越が一段落。旧事務所にネット環境がないので、縛りなしWiFiのWiMAXを契約していました。その名の通り縛りなしなのでいつでも解約できます。そのかわりそれほど安くありません。そして・・・中古端末を封筒で送ってくる合理性?もびっくりさせられました。しかしサービスそのものはWiMAXそのものであり、速度もサービスも十分でした。

が、そのWiMAXプラン終わっちゃうんですよね(涙)。あとは携帯回線使った物だけになります。無制限もなくなっちゃうし・・・まあハードに使う人がいるから仕方が無いか。

さて、縛りなしWiFiの解約ですが簡単です。会員ページもないので心配していましたが、ホームページからフォームメールに必要事項を入力して送ればOK。あとは、返送先やらどのように送れば良いのか書いたメールが届くので、その通り返せばOK!手軽すぎます。どこかの解約するまで非常にかかるサービスとは大違いです。日本って本当に解約するのにストレス溜まるサービス多いですからね・・・。縛りなしWiFiに感謝です!!!

私の引越歴

私が、今回簡単に?長年本拠地としていた府中市宮西町から事務所を引越することに違和感を感じている人もいるようです。しかしながら、通算では宮西町を拠点としていることが多いものの、たくさんの引越を繰り返しているので別に愛着というか特別な感情はないです。そもそも育った学区も違いますし。

事務所移転

1975年 府中市宮西町2丁目
1990年 府中市本町
2004年 府中市宮西町4丁目
2007年 府中市宮西町4丁目
2020年 府中市片町

こんな感じで意外にも本町にいた時代も長いのです。そもそも上記5事務所は、徒歩10分の圏内にあり、超至近距離を引っ越していることになります。すべて府中といって差し支えないでしょう。今回の引越で唯一違うのが、最寄り駅。今までは府中駅と本町の間にありましたが、今回は分倍河原です。分倍河原進出は長年の夢であり、一足早く(30年?)自宅(実家)は、最寄り駅を分倍河原駅にしております。市役所の近くになければならないという事務所でもあったのですが、かなり昔にその役割は終えています。そもそも徒歩では厳しいが、自転車ならすぐ市役所に行けるので分倍河原に近く、二つの駅をわけて利用しなくても良くなったのはメリットです。武蔵野線の始発駅じゃなくなったことと、府中駅近くに拠点がなくなったことがデメリットです。

1978年 国立→府中市片町3丁目
1980年 府中市片町1丁目
1986年 府中市本宿町
1998年 大阪府茨木市中穂積
2000年 大阪府茨木市中央町
2001年 府中市栄町
2003年 府中市本町
2004年 府中市八幡町
2005年 府中市美好町
2012年 府中市分梅町
2013年 府中市本宿町
2014年 府中市美好町

はい。大阪・国立と若干外にいたことはありますが、基本的に府中市内でうろうろしています。意外にも宮西町で暮らしたことはありません。幼少期の1980年に住んでいた片町1丁目に事務所を移したので、ある意味ここも地元なのかもしれません。美好町で既に6年。事務所が安定したら、また引越を考えてしまうかもしれません。

ということで、引越魔なほうです。今回の引越は別に意外なことではないようです。自分でも驚くなぁ・・・・。

楽天ペイで「SUICA」の発行やチャージが可能に(ケータイWatch)

ケータイWatchの記事はこちら。

ついに・・・開始するようです。もう少し早いと思っていたのですが。

楽天ペイで、Suicaの機能が利用できるサービスです。

なんと、楽天ペイのアプリ上で、Suicaの発行やチャージ、ショッピングが可能となります。また楽天カードから楽天ペイ上のSuicaへチャージすると200円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まります。また楽天ポイントでSuicaをチャージすることができます。

すごい便利そうなんですけど、あんまり宣伝されていないな。これからなんでしょうか?

複合災害への備え

冗談でオリンピックができなくなる!なんていっていた人いましたけど、本当になるとは。その人達は富士山噴火や大地震などを想定していましたが、まさかの新型コロナウイルスとは。世の中面白いもので予想通りには行きません。そんなこと人生も同じなんですが(汗)。

さて、本日の東京は大雪。外出自粛なのでむしろ良かったのかもしれませんが、度が過ぎて停電など発生していたらとんでもないことになったでしょう。常に災害が起こるかも?とは思っていても複数の災害が同時に・・・とは考えにくいものです。構造計算でも台風と大地震は同時に起こらない前提で計算していますが、確率的にはかなり低いと思います。

が、実際は発生することは・・・あるかもしれません。今回は特に時間がある方多いはずです。ついでに他の対策を考えてみてはいかがでしょうか?

とりあえず、私は徒歩10分の職場に行かなくてもある程度仕事できる環境を整えました。噴火時のために少し良いマスクは、今回のコロナ騒ぎでは投入しませんでした。スケジュールを少し余裕があるようにしました。他にも少しずつですが、目の前の対策以外にも講じています。まあ週明けからコロナはさらに大変になるので、これからはそれどころではないかもしれないので。youtubeなど暇つぶしアイテムは世の中たくさんありますが、少し考えて見てはいかがでしょうか?

会議や新年会などの出欠システムに「BooShu2」

会議の出欠席の確認が難しくて悩んでいます。ドタキャンは仕方がないにしろ、参加表明していない人が来るのは非常に困る。特に食事会の場合、料理が用意できなかったり、最悪席に座れなかったり。幹事側だと文句をつけるわけにもいかず、自分の席と料理をなくして走り回るというワケのわからない事態に遭遇することもしばしば・・・。

それはともかく、新年会などの言った言わないをなくすためにサーバーに意思表示記録を残す・・・ことが必要だと思いました。そこで普通に考えるとGoogleフォームだと思います。googleアカウントを持っていれば簡単に作れますし手軽です。

もっと手軽に・・・と思ったらCGIやホームページの知識が必要ですが、「BooShu2」という出欠CGIをお勧めします。CGIの中では非常に設置が楽で運用しやすいからです。さくらインターネットのライトプランでも動きます。

まだまだCGIも現役で動いています。特に単純なものはCGIで十分だと思います。もっともこのCGIも携帯電話対応機能がついていることでもわかるように仕様が古くスマートフォンでの最適化がされていないので時代を感じます。

HOUSE-ST1 Ver7 (なまあず日記style読者向け特別セット) 2019年9月30日まで

なまあず日記styleをご愛読いただいている読者様向けの特別セットを用意いたしました。2019年9月30日まで期間限定で、通常のHOUSE-ST1本体価格で、なまあずステーション利用権がついた特別セットを提供いたします。

3Dのグラフィカルな画面で部材を確認できるので、ミス無く入力できるのが強みです。

 木造3階建てや中大規模の木造建築物に対応した本格的な構造計算ソフトです。品確法による耐震等級の計算にも対応しています。2017年1月にVer7新発売。2017年10月Ver7.5になり木造軸組工法住宅の許容応力度設計2017年版に対応しました。
注目の新機能は、JIS A3301を用いた木造校舎に関する技術資料(文部科学省)に準拠した構造計算により、約12mスパンの屋根トラスや、7倍超の高倍率耐力壁を用いた大空間の計算に対応しました。
HOUSE-ST1は従来の構造計算ソフトの常識を覆す、グラフィカルでわかりやすユーザーインターフェイスで後発にも拘わらず大きな支持を得てきました。

見つけ面積もCADライクの操作性で入力できるので、簡単です。

 決済方法は銀行振込のみとなります(クレジットカード、代引きなどは利用できません)

HOUSE-ST1(メーカー直送) ※ソフトは、メーカーから最新版を直送いたします。
なまあずステーションの利用権のアドレス、パスワードはメールでお送りします。

※なまあずステーションは、HOUSE-ST1をより活用していただくために、オリジナル手引き、動画マニュアル、サンプル、オリジナルマスタ、もくツールなどをダウンロードできる会員制サイトです。

令和になりました

はい。今日は令和元年5月1日。平成の世が終わり令和の世になりました。果たしてどんな時代になるのか?現段階では想像もつきません。思えば平成も30年続くとは誰が予想したでしょうか?私は中学生のとき平成になったので、学生社会人通し平成の世でした。平成元年ってそんな昔に感じないのですが、実際は30年も昔。そりゃ歳もとるわけですね。

東武動物公園

ゴールデンウィークは、お仕事もやっていますが、珍しく連休を頂き、羽を伸ばしてきました。東武動物公園に行って、カラオケして、しゃぶしゃぶして、マッサージ受けて、買い物して、飲み明かして・・・2日間十二分に楽しみました。GW後半戦はやることたくさんなので、心してかかろうと思います。

佐渡汽船のジェットフォイル事故のその後

ジェットフォイル「つばさ」

一ヶ月程前に、佐渡汽船の新潟~両津航路のジェットフォイルが事故があり、怪我人が多数でました。海洋生物(たぶんクジラか?)との衝突で、高速船では避けるのが難しい事故ではあります。沈没しなかったのが不幸中の幸いでした。その後調査やジェットフォイル「ぎんが」の修理などがあり、一台は使えない状態が続いていました。3月28日のプレスリリースでは、「つばさ」の年次点検終了後(4月)に修繕作業に移るとのこと。つばさの年次点検中ということもあり、現在運行しているジェットフォイルは「すいせい」のみ。本数は4割減便ということで、ちょっと経済にも響くのではないかと心配しております。また速度を落として運行していて5分程度の延着・・・らしいです。仕方がないですが、これでは高速船の魅力が薄れてしまいます。更に修理は12週間・・・夏の繁忙期に間に合ってくれれば良いのですが、ゴールデンウィークは無理そうです。とりあえず「つばさ」が戻ってくることを待ちましょう。つばさが加わりとりあえず通常の運行に戻るのは、4月18日から、ということになりそうです。

佐渡汽船のジェットフォイルは、平成・・・ではなく昭和52年から運行しています。初代は「おけさ」。ボーイング製でした。その後、「みかど」「ぎんが」が運行しました。今回事故の「ぎんが」は昭和61年就航のかなり古いタイプで、他の2隻は川崎重工業製となっています。

その後、現在も活躍している「つばさ」(平成元年)、「すいせい」(平成3年)と矢継ぎ早に新造船を投入していた佐渡汽船。その高速性と佐渡という比較的大きな島ということで、大活躍しました。その後「ファルコン」(平成8年ー平成11年)が投入されましたが、すぐに売却され、ずっと新ジェットフォイルは投入されていません。悲しいことです。私が子供の頃はジェットフォイルにしろ、カーフェリーにしろ、すぐに新造船ができた時代だったのでね。

船旅の楽しさは、なかなか味わえない物です。身近すぎてもつまらないし、遠すぎると気軽に乗れません。その点佐渡汽船は1~2時間半程度と手頃で、船の性能も良いので、非常に良いですね。下記ホームページでは、過去の佐渡汽船の船を写真付きで紹介していますので、参考までに。

佐渡汽船の船舶の歴史