時事」カテゴリーアーカイブ

水谷・伊藤ペア 卓球混合ダブルス金メダル

はい。新種目です。なので誰が勝っても初代金メダリストになるということでしょうか?ここのところオリンピックでは完全に無双している中国からみても同じこと。最強のペア(劉 詩雯選手大好きです)が決勝に残り、もう片方は・・・日本の伊藤美誠、水谷隼のペアでした。卓球は好きでよくやりますが、同じスポーツとは思えない(私のはピンポン)です。最初は一方的に中国のペースでしたが、3セット目以降日本が盛り返し、ゲーム数で逆転してしまうのは、やはり実力が拮抗しているからなのでしょう。3対3で最終ゲームに決着が委ねられます。

前半、うまくいかなかった伊藤選手がこの頃には波にのり、躍動していましたね。水谷選手の伊藤選手を活かすプレーも素敵でした。最後まで目が離せない熱戦でしたが、最終的には開催国日本に勝利の女神は微笑みました。

どの国、どの選手も新型コロナ渦で調整は難しかったと思います。そこに不満も言わずにできることをやり、自分なりのベストを尽くして闘う姿勢は本当に素敵です。中国ペアすごい素敵でした。

勝負が付いた後の、水谷・伊藤のハグが話題になっていますが、そんなことが微笑ましく思えるのが嘘に感じるくらいの緊迫した試合でした。いや~もう少しピンポンうまくなろう、そう思う日でした。

この日は、スケートボード女子ストリートも金銅を取りました。最年少でも話題になりまいたが、こちらもラスカルはどちらか??ということが話題になりましたが、朝のテレビで、どうやら「あらいぐまラスカル」に軍配が上がったようです。

全体的に開催国の利を活かして、好調にメダルを獲得しているように見える日本。そんな国別のメダル数なんて数えるのがつまらないくらい、面白い競技が目白押しです。別に全員他人(選手等に知り合い、親族が居る方は除く)なので、誰を応援しても良いと思います。別に応援する人がいなくても、この人素敵!とか、このプレー最高!この競技もっと知りたい!みたいな感じで楽しんでも良いと思います。

東京オリンピック開幕!!

待ちに待ったというか、延期があったために、本当に開幕したことに感動しました。いろいろありましたからね。個人的にはせっかく開幕したのだから徹底的に楽しもう!という主義です。スポーツ観戦は好きですし、そもそもテレビ派ですし、チケットも持っていませんでしたし。

見た競技は、女子ソフトボール、アーチェリー男女混合、男子サッカー対メキシコ戦、バスケット、ロードレース女子・男子、柔道、バレーボール男子、バトミントン・・・・結構見ましたね。もちろんほとんどは全てというわけではなく、メインで長く見たのは、サッカー、ロードレース女子、アーチェリー、昨日の柔道くらいです。四連休で仕事もいろいろありましたが、隙間の時間を活かして観戦です。普段見られないスポーツが見られるのがオリンピック最大の魅力です。どこが開催地かはあまり関係ありません。

開会式はかなり楽しみにしていました。入場行進好きですから。個人的にはシンプルと言われた今回の演出も長すぎるくらい。選手も疲れてしまうだろうからもう少し短くてもいいのでは?と思います。もっとも選手が楽しめれば、世界に開催国をアピールできるチャンスでもあるので良いと思います。素敵でした。我々が判断するよりも、日本と世界の子供たちが、これを見て、大人になったときにオリンピックの良い思い出になってくれればと思います。私にとってのロサンゼルスオリンピックがそうであったように・・・。

競技では、アーチェリー楽しかったですね。こんなに引き込まれるとは思いませんでした。男女混合団体を見ましたが、山内選手の選手歴の短さに驚かされましたし、フランスチームの失敗があっても動じず後につなげる姿勢が素敵でした。

ロードレースは、府中が出ることもあってかなり期待していました。沿道にたくさん人が出たことは仕方がないかもしれません。が、私はテレビ中継・・・と思ったらテレビ無かったんですよね・・・。悲しいです。でもネット中継を見ました。府中の知った風景、大國魂神社を自転車が事故無く通り抜ける風景に感動。これが世界に放送されていると思うと素直に嬉しかったです。それよりもロードレース楽しい。本人達は大変だと思うのですが、給水を車から手渡しで受け取って仲間に持っていくとか、前半はしゃべりながら走っていたりとか。特殊な競技ですね。素敵な撮影にも引き込まれました。準備も大変だったと思います。ありがとうございました。

自転車ロードレース ロード男子個人ロードレース決勝(見逃し)

【金子・與那嶺 出場】自転車ロードレース 女子個人ロードレース決勝(見逃し)

トレンド席巻!自転車ロードレースのすごさ!東京オリンピック(NHK)

男子サッカーは、南アフリカ戦はじれったいですが、国と国との負けられない一戦の緊張感を感じました。メキシコ戦はあっという間に2点取りましたが、それでも終盤までお互いの攻め合いが魅力的でした。メキシコは1名欠けたあとに得点をあげる意地を見せました。これで次戦、どうなるか?非常に緊張感のある予選リーグになりました。

女子バトミントンは・・・強い。なんでこんなに日本は強くなったんでしょうか?理由はわかりませんが、このまま順調に進んでほしいものです。スピードはありますが、失速するのでテレビで観戦していても見やすいのがいいですね。

柔道は初日の高藤選手の金、思った以上に大変に見えました。他の試合、他国同士の試合も紙一重。熱戦続きでした。そのなかで兄妹で同日金の偉業を成し遂げた阿部詩選手、一二三選手は圧巻でした。対策されて決して楽ではなかったと思います。冷静にチャンスを狙う。これ大切と感じました。

競泳は、応援していた大橋選手の金。素敵でした。これだけの選手なのにオリンピック初出場。オリンピックは出るだけでも大変なのです。運も味方につけて圧巻でした。女子400メートルリレーは注目の池江選手が登場。全体の9位でしたが、日本記録に迫る記録をたたき出しました。池江選手がオリンピックに間に合ったことも感動です。その他の3名の選手も注目度が高くなって大変だったと思いますが足りなかった部分も感じて更に前に進めると思います。

ソフトボールは・・・とっくに過去の方(失礼)と思っていた上野選手の期待以上の奮闘で銀メダル以上が確定。チームも一丸となっていて素敵です。このまま決勝もがんばって欲しいです。

新型コロナ渦で、非常にモチベーション維持が難しい大会ですが、選手達は総じて良いパフォーマンスを見せてくれています。不運にも感染した方も多くいるようですが、そのぶん出ている方々が出られる幸運を感じながら真剣に勝負している姿は引きつけられます。

個人的には、入場行進の曲がゲームミュージックだったこと、カザフスタンのレジェンド オルガ・リパコワ選手の美しさ、競泳の速度付表示、など競技以外にもいろいろ目に付きました。こんな素晴らしい行事に、不満を並べてつまらなくするなんてもったいないですよね!まずは、見て、楽しんで、応援!それで十分だと思います。今週も忙しいのでなかなかじっくり見られないかもしれませんが、頑張って少しでも日本で行われるオリンピックを楽しもうと思います。

熱海の土石流

7月3日午前10時半頃、静岡県熱海市伊豆山築で、土石流が発生。多数の家屋が流されるなどして、死者、安否不明者が多数。多数の方が避難を余儀なくされました。その大規模さは、下記の動画2本でご覧ください。

テレ朝NEW 【独自】ドローンでとらえた 熱海・土石流の爪あと

なんだか、ネットではおかしな方向に行っています。雨により土石流が起こったことが悲しむべきことで、その復旧に現地ではたくさんの方が尽力されている最中なのに、ネット上は違う方向に議論がいっていて、見ていて辛いです。もっとも辛いのは被災者の方々で、心からお見舞い申し上げます。


朝日新聞 5日の詳報 ホテルに560人避難 安否不明者64名

活発な梅雨前線の影響で、東海・関東地方で記録的な大雨が降り、その影響で土石流が発生した。県は災害対策本部を設置し、熱海市に災害救助法の適用を決め、陸上自衛隊が隊員を派遣。人が内部に取り残されている可能性が高いので、撤去などもなかなか進まない状況のようです。

ちょっと忙しい時期だったので、情報収集が遅れて、私が詳報を確認したのは昨日になってからでした。まさかここまで大きな被害になっているとは知りませんでした。ちょっとしたニュースなどは見ていて概況だけは把握していたつもりなのですが。

今回課題になったのは、所在が不明な方の把握が遅れたこと。これにより復旧作業や救助活動が非常に困難になりました。別荘地が多く、通常よりも更に困難でした。個人情報もありますしいろいろ難しい事がありますが、今後大きな課題になりそうです。また高齢者が多く75歳が100歳を背負って避難、などということもありました。高齢化社会の怖さを更に感じる事態です。

立地的には、日本を探せば、他にもこのような場所が多くあるそうです。そのすべてが今回のようなことを発生させるわけではないですが、可能性があります。もちろん行政なども点検、補修などをしている場合もありますが、私有地の場合は管理が行き届かない部分もあります。どちらでもすべて対応を完全に行う事は不可能です。発生しそうだったら避難、というのが現実的な対応になってしまいます。発生しそうの段階で予測できれば良いのですが。

もちろん、建築・土木的にも更に信頼性の高い擁壁、土止めを設計・施工していくことが重要です。しかしながら、いざ設計をすると予算不足という壁にぶつかり、小さくしてくれとか、無くても大丈夫にしてくれとか言われるのが現状です。また擁壁などは補修はかなり難しいのが現状です。更なる技術向上を目指さなければならないと思います。

 

カナダで観測史上最高47.5度を記録

元記事はこちら(朝日新聞デジタル)

日本の夏は暑い!地球温暖化が進んで暑い!と思っているアナタ!まだまだ甘いです。

今年の6月28日、カナダで最高気温47.5度を記録したそうです。これはカナダ史上最高気温だそうです。

日本も暑くなりましたが、蒸している感じはあってもこれほどの強烈な熱波はありません。ことしはアメリカでも44.2度を記録しており、日本はまだまだだな、と思います。というより、これより暑い世の中を想定して準備しなければならないと思います。

なので、住宅の断熱、冷房設備、洋服、水分の取り方など、更に先をみて考えて行かなければと思います。今で十分は、この先十分ではないのです。

日本とアメリカで衝撃的な建物の倒壊

中国などで起こると「中国だから~」という方もいると思いますが、意外と多く建物の倒壊は起こっています。それは国関係ありません。

まずアメリカのフロリダの高級マンション崩落から。24日午前一時半頃、12階建ての高級マンションの一部が崩落。死者もでています。今のところ崩落の原因はわかっておらず、被害が拡大する可能性もあるそうです。(「突然、ドンと音」半数が崩れ落ち フロリダ高級マンション崩落 ー毎日新聞ー

この建物は地震等で崩壊したわけではないようです。1981年築の比較的古いが、古すぎるというわけでもない。老朽化のため鉄筋などの腐食を防ぐ工事が検討されていたという。どちらにしてもこのような倒壊がおこるはずのない建物です。

次に今朝の日本の大阪の倒壊。25日午前7時15分頃、大阪市西成区で崖の上の住宅2棟が倒壊。さらにもう一棟倒壊の恐れがあるそうです。7時15分頃、近所の人が家の下のほうから水が出ていると警察に通報。その後傾き始め警察が避難を呼びかけたところ、7時半頃にのり面下の工事現場に崩れ落ちた。その3時間後隣の住宅も倒壊した。怪我人などは今のところでていないという。(
大阪・西成区で崖の上の住宅2棟が倒壊 もう1棟も崩れ落ちる危険性も 読売テレビ)

どちらも兆候はたくさんあったはずで、これから調査が進むにつれ原因がわかってくると思います。どうしてもたくさんの建物がある以上、欠陥が生じている建物があるのは仕方がない部分もありますが、老朽化が進むのを防ぐなど、メンテナンスや点検が重要な局面になってきていると思います。最初から異常があったのかは分かりません。後から原因ができた可能性もあります。建物の持ち主は、建物を持つ責任をもう一度自覚して、点検・メンテナンスに取り組むべきと思います。

 

ウッドショックを逆手に取った悪質なリフォーム営業手法

ウッドショックで大変なのは、材木を扱う商社さん、工務店さん、ビルダーさん、ハウスメーカーさん、職人さん・・・そして購入を希望するお客様まだ多岐にわたります。もちろん設計者も。しかしいつものことですが、その不幸を逆手に取ってうまいこと営業をしている人が出てくるのも仕方がないかもしれません。しかしながら、そんな業者は長続きしません。一時は良い思いすると思いますが、たぶん駄目だと思います。

ここで言っているのは、ウッドショックで木材が高くなるから、早く契約を決めた方が良いですよ、という類いの営業ではありません。これもある意味足元を見た営業手法ですが、営業さんを抱えているハウスメーカー等にとっても値上がりは脅威であり、早く決めれば安く材木を押さえられてお互いWin-Winになる可能性があります。もちろん行きすぎはよくありませんが、この程度はよくあることかと。そしてそれを警戒しなければと思う一般顧客はそのような話ではなく、冷静に判断できると思います。

私が聞いた悪質な事例は、とりあえず木材を発注したいので、設計内容も決まらないのに契約を推し進めた件。客は私が知っている方だったので正直衝撃を受けました。ちなみにフルリフォームらしいのですが、心変わりしないようにと、さっさと解体を開始したそうです。まあその最中にプランや価格が決まる・・・というものらしいですが、さすがに無理がありますよね。ウッドショックで木材を押さえて安くできる、という言い方で説得したらしいですが・・・。

同じような事例で、耐震補強計画すら出来ていないのに、契約を行い、解体時に補強設計をやり、結果的に耐震性が出なかった、という事例も報告されています。これは事前に補強設計をまともにやらずに契約したために起こった事例です。もちろんウッドショックで木材が入らなくなる、価格が高くなる、だから先に解体しあとで内容は決めましょう、という説得だったらしいです。根拠のない金額で契約したそうです。補強内容の報告はどうする予定なのでしょうか??現場の大工さんから情報が漏れたようです。

その程度のこと、どこでも行われている・・・という人もいるかもしれません。ウッドショックをネタに営業をするなんて当たり前では?と思うかもしれません。そこではなく、ウッドショックで大変だから内容も決まらず契約を行い現場解体を急ぐ・・・という手法が問題だと思っています。その結果、良い設計・良い施工ができれば問題がないのですが、上記事例は良い結果を生みませんでした。両方とも施主が望む耐震性は実現していませんし、恐らく価格不相応です。

もちろん新築に目を移せば、契約外の樹種を施主に無断で交換した件や、材料が入手できないので、耐震等級3取得を諦めさせた、などという事例も聞こえてきます。他にもいろいろありそうです。何事もそうですが、焦るとろくな事がありません。自分の目を信じてしまうのは仕方がないと思うのですが、一応気をつけた方が良さそうです。

日本の木材はどこへ??

木造住宅の構造材は、外材に頼っているのが現状。いくら国産材が多いとはいえ、プレカットとの相性を考えると外材、それも集成材に使いやすいホワイトウッドやレッドウッド、それにベイマツはこれからも必須です。

さて、国産材が良いか悪いか?は別として、国産の杉が値上がりしています。杉の用途といえば、様々。別に構造材だけではありません。

このウッドショックが話題になる前、、2月4日の日経新聞では、国産スギ丸太の中国向け輸出価格が最高値を付けたことを報じている。理由はオーストラリアとの通商摩擦などを理由にとめて、日本産の引き合いが増えたそうです。それ以前にも増えたというニュースがありました。特に2022年からロシアが丸太の輸出を禁止か?というニュースが昨年末に流れました。様々な要件が今回の事態につながりますが、国産材の不足は今回の材木不足で家が建たないという狭義のウッドショックとは別物である可能性があります。そんなことを反映して、2020年度版の森林・林業白書では、木材輸出は過去20年で最高であり、特に中国向けが好調とのこと。そもそも2001年の約5倍になっているそうです。特に2013年あたりから急増して2017年あたりからは高水準で推移しています。2020年は2017年の約1.9倍だそうです。つまり国産材が今回のウッドショックでなくなったわけではなく、それ以前から兆候があり、海外産材が入手難になったことから、クローズアップされたに過ぎない。ウッドショックで国産材を!といっているのが馬鹿らしくなる推移である。もちろん世界的に木材不足なわけで、他国からの引き合いが増えているし、国内需要も増えているのは間違いない。

ちなみに、上海ディズニーリゾートの施設内には日本国産材を使ったモデルルームを完成させたニュースもある。(岐阜新聞Web 2021年5月23日) 家具も値上がりしてきています。とりあえず海外の動向は置いておいても、国内でも住宅メーカーや工務店が取り合っているだけでないのは事実です。もちろん室内ドアや仕上げ材なども含め木材は様々なところで使われています。その需要と供給のバランスが徐々に崩れてきたのが、限界に達しつつあるというのが、ウッドショックの本質なのです。その点ではハイテンションボルトが無くなって鉄骨が立ちにくくなった先年の現象とはやや違います。もうかなり長く続いている流れなのでしょう。

そんなわけで、国産材の増産が厳しいのは、今回海外産が不足しているだけではないようです。我々に入ってきていない情報はまだまだ多そうです。目の前のうわべだけの情報に惑わされないようにしたほうが良さそうです。

小屋裏のクーラーに!アイリスオーヤマのIPA-2221G

エアコンの冷却機能の欠点は、エアコン機械より低いところしか冷やせないところ。天井高が高くて上の方に付けられない場合、致命的です。もちろんサーキュレーターなどを使って空気を循環させればいいのですが、なかなか・・・また小屋裏のように天井高が小さい場合も取りつけにくいです。まあ専用のものを設置すればいいとの声もありますが、高いですからね・・・。

そこでスポットタイプのエアコンや窓取りつけのエアコンに注目が集まります。私も大阪時代、エアコン取りつけできない部屋だったので、窓付けのエアコンを使いました。工事不要で賃貸でも使えるので重宝しました。スポットタイプはイベントなどでお馴染みですね。

私も小屋裏で寝ていますが、近年歳取ったせいか?エアコンがないと寝られません。高断熱屋根なので、小屋裏も30度程度でおさまるのですが、それでも厳しいです。あと2度下げると快適なのですが。昨年のここひえが活躍しました。全体的に冷夏でしたからね。本当にちょっと下がるだけでいいのですが。また、今年から嫁も小屋裏に作業部屋を作って移ってきたので、多分「暑い!」と騒ぐでしょう。14畳ありますが、天井高がMAX140㎝なので、計算すると5畳程度の出力で大丈夫なので、それほど強いエアコンは不要ではあります。

 

そんな条件だとアイリスオーヤマのIPA-2221Gなどが該当します。冬の暖房は不要なので、クーラーだけで大丈夫。背もそれほど高く無いし、窓取りつけ金具も付属しています。風量も試してみましたが、普通のエアコンに比べて風量も少ないので過度な期待は禁物ですが、思ったより性能はあります。音もそこそこうるさいので、耳元では厳しいです。何よりもポータブルなので多少移動ができるのがポイントです。付属の窓取りつけ金具が取りつけられるなら、価格も含めて買いでしょう。

そもそも小屋裏が暑く感じるのは、熱を屋根が貯めているせいでもあります。設計段階で通気をサボったためともいえます(やっておけばよかった)。室内側を多少冷やせば・・・というより弱冷である程度の時間を冷やす必要がありそうです。

まあ、サーキュレーターでもなんとかなりそうな設計ではあるので、もう少し悩んでみます。

 

有頂天レストランはyoutubeの流れを変えられるか?

宮迫博之のyoutubeチャンネル「宮迫ですッ!」での、「有頂天レストラン」。今までyoutubeはは、テレビではできないことをやってきて伸びてきました。宮迫博之は、あの件がありましたが、それまではテレビで長年活躍してきました。youtubeで一定の成功を収めましたが、テレビに戻りたいと、今でも言っていましたね。それならyoutubeでテレビやればいいじゃん、と私なんかは思っていましたが・・・実際にやると大変なんですね。費用とかセットとか。やはりテレビで動く金額は莫大で凄いです。youtubeとテレビは根本的に違うのです。それでもお互いの良い部分を取り合って進化していくんだろうな、と思っていましたが、一方的にテレビが沈下しているような気がします。

コメントを見る限り、賞賛と、youtubeとは違うのでは?という意見が多かったような気がします。私が見た限り、出来る限りテレビと同じクオリティを目指しつつ、youtubeの良さを取り入れ、スポンサーにだいぶ気を使った構成になっています。その辺りに、テレビとyoutubeの相容れない部分を感じます。スポンサーに気を使わなくて良いからこそ、youtubeは自由で、そこが支持されているのですが、宮迫博之はそこに魅力を感じつつもテレビの古き良き頃を忘れられないような気がします。まあそれは当たり前のことです。そしてそれが非常に難しい事だと言うことも十分過ぎるほど知っているのでしょう。どちらかというと瞬発力的なネタが多いyoutubeにあって、お金も企画もかなり練った感じがします。個人的には十分楽しめたものの、テレビであったらもう少しかな?と思ってしまいます。いろんな方の感想を聞いてみたいものです。ちなみに日曜日夜8時というゴールデンに公開され、12時間後の朝には26万アクセス。これが本人の予想より多いか少ないか?これも聴いてみたいと思います。

言うまでも無く、私はテレビ派です。youtubeはそれなりに見ますが、やっぱりテレビが好きです。youtubeで見るのも、芸能人や野球の選手のチャンネルが多いです。この番組をみて、あらためてテレビにはもっと頑張ってもらいたいな、と思います。

ウッドショックは、そう遠くない時期におさまるでしょう

ウッドショックがらみで、様々な企業から連絡があります。樹種変更がほとんどですが、値段の話もチラホラ。他国は知らないが、日本人は一斉に動き出す文化?が激しく、マスクのときもそうでしたが、深刻に捉えすぎるうえ、右に倣え的な何か・・・があるんです。実際マスクの高騰は記憶に新しいですが、それほど長くは続かなかった(半年程度か?)。その後の余り具合や一部の国産工場の惨状を見ていると何だかな・・・と感じざるを得ません。

今、業界でウッドショックといっています。実際に手に入りにくくはなっています。しかしプレカット屋さん、材木問屋さんに聞くと、入りにくくなること、高値になることは、それほど恐れていなくて「お客様に納入する期限を守れないこと」を危惧する声が大きいです。

日本は几帳面なんでしょうね。今回のウッドショックも、日本が安値で、品質管理された材木を求めすぎたことから、日本を敬遠されている・・・という話もあります。もちろん多数の業者、職人が協力して建てる木造住宅では、各材料がきちんと供給されることは重要ではあります。

しかしながら、そのあたりがゆっくりな地場工務店さんの工期が遅れながらも当初の材で施工されているところを見ると、それほどのものなのかな?と感じざるを得ません。

数年続くと根拠の無いことを言っている人が多いのも気になります。一部の情報を切り取りyoutubeでアクセス狙いの記事も多いです。もちろん今のままでは長期化しますが、そもそも中国もアメリカも需要増とはいえ、材木の価格が上がりすぎることはデメリットでしかありませんから、改善を要求しているでしょう。日本よりも適確に。現場も増産するでしょうし、何よりも新型コロナが急激におさまっているアメリカや中国において、このまま木材需要が大きくなり続ける根拠ってあるのでしょうか??恐らくそれほど急激には上がらなくなり、そのうち下がっていくでしょう。

この段階で国産材増産、国産材回帰!などと言っていると、国産マスク工場の一部のように設備投資を回収できず、材を余らすことになります。やはり早期に対策というより、慎重に考え、仕組みを作っていくことが先決です。その点ではオープンハウス、ケイアイスター不動産、三栄建築設計の三斜が国産材を安定価格で安定供給することを目的とした日本木造分譲住宅協会の取組は注目に値します。

とりあえず小さな設計事務所としては、普通に対応していきます。もちろん納期に余裕を持って。大手と闘って納入価格やスピードで勝てるわけもなく、何か特別な供給ルートなんてあるわけないわけですから。恐らく価格が安くなりすぎた木造住宅の価格を上げる良い転機になると思います。そう考えて、しっかり設計業務に打ち込むことが重要です。

国産材を使った構造設計に関しても一部ビルダーさんと組んで早期から続けてきました。今さらやることはありませんね・・・。