テレワーク導入か・・・

日に日に報道が深刻化し、企業の対応も多くなっている新型コロナウイルス。電通本社ビルの全5千人がテレワーク・・・などのニュースが流れるたびに、大きな体力のある会社と零細の差を感じます。

さて、私の事務所は言うまでも無く後者。主に地元民で社員を構成しているので、電車にほとんど乗る必要はない反面、テレワーク化は遅れていました。セキュリティ、守秘義務が大切だということもあります。が、パソコンで仕事が出来るのでテレワークには向くので、これから考えて行かないとな、と思います。

私のノートパソコンだけは、外部からファイアウォール越しに安全に入れる仕組みを導入しています。なので私だけはなんとかなります。この仕組みは特殊な設定と特殊なアプリを組み合わせるだけなので、会社内でセッティングすればノートパソコンならどれでも社内アクセスができるようになります。この仕組みを使うには、専用のノートパソコンを社内に配備しなければなりません。概ねデスクトップのデュアルディスプレイ構成の我が社には頭が痛い問題です。2019年以降導入のパソコンはノートパソコンでリプレイスと決定しているので、2024年までには全パソコンがノートパソコンになり、持ち帰るときの安全性、教育などが終了すれば、在宅テレワークが可能になりますが、まだまだ先のことですし、果たしてその頃には、もう少し良い仕組みが出来ているような気がするのでわかりません。

電話も話し放題の端末を揃えているので、電話打ち合わせも問題はないです。まあテレワークが必要な状況が来てはほしくないのですが、人不足でそのようなことが必要になる・・・と考え整備を進めてきました。果たして・・・。

コロナウイルス対策に「紙石けん」はいかが?

マスクや消毒液など不足気味ですが、そこまでになるか?と日々感じています。そもそも満員電車ではどちらがあっても防ぎきれないと思うのですが(汗)。体調を整え清潔にしていくしかないかと思うのですが。とりあえず花粉症向けのマスクカモーン!!!

さて、屋外で石鹸を使いたいことが出てきます。きたないものを触ったときや、油っぽくなったときとか、においがついたときとか・・・。新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザも心配ですし・・・。やっぱり水だけでは・・・というシーンもあります。そんなときに紙せっけんはいかがでしょうか??

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料]あわふわぞうさんの紙せっけん【せのおりか】5冊
価格:825円(税込、送料無料) (2020/2/19時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しろうさぎ 紙石鹸 ゆうパケット送料込み 【24付き】
価格:1200円(税込、送料無料) (2020/2/19時点)

楽天で購入

 

「紙石けん」とは、紙状に薄く伸ばした石鹸です。海外旅行などに持っていく方も多いと聞きます。最近はあまり見かけませんが、無印良品で若干話題になっていましたね。もちろんネットでも買えます。しろうさぎの紙石鹸は、安価で駄菓子屋さんなどで見たことある方もいるのでは?しろうさぎの紙石鹸は、50~100円くらいで販売されていて8枚程度入っているのでコスパがいいです。サイフに入る薄型コンパクトなのも魅力ですね。屋外で石鹸が必要!というシーンは意外と多いはず。まずは1セット買ってみてはいかがでしょうか?

駄菓子屋なまあずでも、しろうさぎの紙石鹸を近々販売を開始するそうです。低価格なので割れていたりしますが(汗)、きちんと使えます。

マスクがない!!

はい。予想では今週には潤沢にマスクが出回るとのことでした。

しかしながら過度とも思える報道などで、マスクが店に入荷しても、それを待って買う方々が多く、我々が店に行く時間帯には品切れ!というパターンに何度も遭遇します。普段なら山積みの100円ショップや、薬局にもありませんし、コンビニの棚も1箇所だけ何もない空間が・・・。

いうまでもなく、この時期は花粉シーズンであり、花粉症の皆様はマスクが欲しくて仕方がありません。インフルエンザや新型コロナウイルスのように「かからない」可能性があるものに対し、花粉症患者にとっては、花粉は「必ず反応する」ので、深刻です。心配で買い込む気持ちはわからなくはないのですが、現在は転売する方、店でもわざと高額で販売するところがあって深刻です。もちろん、そう遠くない時期に解消されるんでしょうけど、それまでに儲けたいのでしょうね。ネットオークションやメルカリなどの転売だけでなく、海外へ・・・というのもあり事情は思ったより複雑です。何より悲しいのが、楽天ショップなどネットのショップでも、不思議なショップ達が、オークションなどよりも高く販売していることです。楽天が送料問題で揺れているときに、信頼を下げることは謹んでほしいと思うのですが、商売ですからね・・・仕方がないのかもしれません。

しろなまずも、若干の備蓄があるので何とかしのいでいますが、まだ今期は買えていません(3枚入りは1回買えた)。とりあえず、高い転売屋さんや足元を見て商売している人達は相手にしないで、早く正常化することを願います。

 

東京マラソンや天皇誕生日の一般参賀の中止

新型コロナウイルスの蔓延の影響が出てきました。名物ともなった東京マラソンの一般参加は中止になりました。毎年楽しみにしていたり、今年ようやく出走権を得た人などいただろうし残念に思う人が多かったと思います。しかも参加料は返金されない・・・規約にあるようですが相当ショックだと思います。ボランティアや地元の方などの影響も大きいかと思います。東京オリンピックのマラソンは祟られているんでしょうか??他にも天皇誕生日の一般参賀が中止になるなど影響は深刻です。

小さいところでは、電車の混み具合にも影響が出てきたり、飲食店などにも影響がでているようです。ちなみに私は人生初の海外旅行(中国)が中止になりました・・・なので、みんないろいろ影響あるんだ、自分だけじゃないんだよ、と自分を納得させましょう。

懲りない営業

日本の営業の質を問題にする人がいますが、そもそも営業は社会人の基本として考えていることが問題。とりあえず名刺を交換してくること、なども含め古いな~と思います。古いことを一概に否定しているわけではなく、時代に合わせて工夫して変化させていくことも必要なのでは?と思います。

電話営業やFAX営業も同じ。そこそこ効果があるのは認めますが、ほとんどの人にとって迷惑です。最近は電話番号が表示されるのですぐにググると迷惑電話データベースのようなもので表示されるのがほとんど。それが嫌だから最近は携帯電話から・・・とかあの手この手で工夫するのはわかるのですが、実際はそこではなく、手法なんでしょうねえ。

古くはナンバーポータビリティ、ネット、複合機から、最近はPayPayなどのスマホ決済、電気料金、法人携帯、ホームページ作成・・・いろいろな訪問営業がきますね。普通は断ったら一定期間こないのですが、PayPay、d払い、auペイの3大やっかい営業は別次元です。毎回入らない理由までしつこく聞いてきます。保険屋さんや複合機営業とはまったく異なります。別に同業他社に見習わなくてもいいのに、日本人は素直で他と同じことしたがるから。来る回数だけでなく、粘着質なもの一緒です。しかも学生を投入して人海戦術にでているところもあります。もちろん個人によって差があるのですが。毎回同じことを言って断るのも面倒だし申し訳ないし・・・そこにつけ込んでいるんでしょうね。その方ではなく、そのような営業方針をしている会社や上司の姿勢を疑います。

こっちは仕事の邪魔をあんまりして欲しくないだけで、上記の営業行為自体を否定しているわけではありません。あしからず。

府中からおもちゃ屋がなくなっていく

府中のトイザらスが3月に閉店になります。

カテゴリーキラーとは、特定の分野の商品を豊富に揃え低価格で販売する小売店舗のこと(もう少し細かい定義はあるけど)。その商圏にカテゴリーキラーが進出するとその商圏内のショップが閉店や縮小に追い込まれるので、ショッピングセンターとはまた違った意味で地元商店に嫌がられることが多いです。

おもちゃ屋のカテゴリーキラーといえば、トイザらス。アメリカニュージャージー州で1957年に開業。第2次大戦後のベビーブームで玩具需要も高く急成長しました。日本でもトイザらスが進出しましたね。しかしトイザらスなどかてギリーキラーも、ディスカウントストア等新たなライバルがでたうえ、最後にはアマゾン等の通販に追撃され、アメリカでは倒産しました。

さて日本では1991年に第1号店ができてから、日米貿易摩擦の影響もあり、広く普及しました。一方、地元のおもちゃ屋はそのあおりもあり、激減。スーパーなどのおもちゃ売り場も縮小・消滅していきます。まあこれは大型のショッピングセンターなどの影響もあるのですが。

府中では、長年おもちゃを販売していたスーパーが次々に撤退。昔はイトーヨーカドーや忠実屋、西友など府中は買い物場所が多かったです。それらが撤退していっても、再開発により伊勢丹府中店などができて、おもちゃなどを扱う店は残りました。そこにトイザらスやベビーザらスが出店したので、何も問題なかったはずなのです。

しかし高級なおもちゃ類を扱う伊勢丹府中店に続き、トイザらス府中店も3月に無くなります。そもそも再開発で駅前に大きなゲームコーナーのあるゲームセンターもなくなり、駅前に子どもが楽しめる施設が映画館しかないので仕方が無いのかもしれません。府中駅前のおもちゃ屋の雄「みのる屋」も再開発を機に閉店。各地域に残っていたおもちゃ屋さんも、次々に閉店していきました。

テレビゲームが流行ったことが大きかったですが、その後もカードゲームなど、おもちゃの動きは早く、小さな店では対応できないことが多かったです。しかもテレビゲームもスマホの普及で昔ほどの地位はなく、また通販に加え、オンラインで直接ソフトをダウンロード購入できるようになり、むかしほどおもちゃ屋に利益をもたらす存在になりませんでした。

しかし、このままでいいのでしょうか?やはり小さい子どもは店頭で、おもちゃがたくさんあるところで選んで買うことも育児上の意義もあるかと思います。また直接手渡しで買って貰う喜びもあります。府中ではおもちゃ屋が本当に壊滅しました。本屋さんも啓文堂など残っているものの、町の本屋はほとんどなくなりました。子どもも含め、地元で買い物を楽しむ場所が激減して、本当にいいのでしょうか?

通販ショップを運営している私がいうことでは無いのかもしれません。しかし通販も送料の値上がり、物価の値上がり、楽天市場などの度重なるルール改正など、決して将来は明るくありません。トイザらスのようなカテゴリーキラーも危機を迎えたわけですし、コンビニも岐路に立っています。通販がこれから明るい未来が続いていく・・・なんてことは絶対にないと思います。

まあ商売も戦争と同じで負けたら無くなります。でも次々に古い環境を打破して新しい商売を考えて行くのも人間です。果たして次はどうなっていくんでしょうか??

 

今年の花粉症対策2020

1月ももうすぐおわり。そろそろ花粉症の季節です。

今年も長引きそうですので、例年通り記録として花粉症対策を書いておきたいと思います。

昨年の鼻マスクはかなり効果的だったことから、今年も一番厳しい3月には投入しようと思います。今年の新兵器?は韃靼そば茶。会社ではお茶やコーヒーも飲むのですが、カフェイン過多になるので他も飲みます。例年は甜茶を飲むことが多いのです。花粉症対策では上位にくる甜茶は花が通り症状を抑えるだけでなくすっきりするのでこの季節助かります。韃靼そば茶はルチンが多く含まれ・・・と誰でもわかる健康茶。しかしその効能はよくわかっていない怪しいものです。まあアレルギーにも効くということで、今年は2月を中心に飲んでみようと思います。

薬は、アレルビと点鼻薬と例年通り。マヌカハニーは控えめにいこうと思います。あとダイエットを行い、酒の量を減らして健康状態に気をつけて花粉シーズンに臨みたいと思います。

新年会シーズン

先週末から新年会シーズンに突入。今年は例年になく大変です。年齢を重ねると言うことは責任も出てきて・・・もう若くはないということなんでしょうか?

ここ数年、忘年会や新年会をやるための店探しは少しずつやってきました。もちろん二次会もあるので、多様な店を調べなければなりません。まあ営業じゃないので、そこまでたくさん知る必要はないのですが・・・

今年の新年会は9回予定。ようやく折り返し地点。来週は一番多いので健康に気をつけて行こうと思います。

 

箱根駅伝2020感想

今年も箱根駅伝が盛況のうちに終わりました。恒例になったフリーザ様も出ていましたし。沿道でスマホ観戦している人が多かったように、ネット放送も認知度アップ。今後は日テレにかぶりつかなくても良いのかな?と思う反面、ネットと日テレの放送内容が若干違うのが気になります。まあ楽しみ方が増えたのは良いと思います。

さて、今年は記録づくめ。これは、選手のポテンシャルの高さが一番大切ですが、気候の良さ、前日までの天候、学校・個人の調整などが良かったんだと思います。シューズ問題はともかく、区間新が出ない年があるのに、あのシューズを履かないしかも常連校ではない選手が区間新を出しています。ただ記録が記録なだけに、今後はあまり区間新がでない年が続くのでは?と思ってしまいます。

シューズに関しては、もう大多数が履いているわけで、それでも記録が伸びない選手もいます。これだけシェアが高まったのでそれが勝負に影響出たことはなさそうです。それよりもシューズの開発競争、個人に合う合わないが問題になりそうで、数年のうちに多様化しそうな気がします。

箱根駅伝の魅力は、出てくる選手の人物像、歴史も含めて語られることです。今年も魅力的な選手が一杯出ていました。区間新を取るほどの実力があるのに、今まで出られなかった選手、1年で評判通りの走りなのに何故か文句がでる選手、昨年は悪かったけど、今年見事なリベンジを果たした選手、恐ろしいタイムで解説が時間を間違えているのでは?と言わしめる選手、歴史が浅くても見事な走りっぷりの新興勢力、一定の爪痕を残した忘れかけていた第1回覇者。予選下位なのに、きっちり予選順位よりも上位でシードを獲得した伝統校、タイムも悪くないのに連覇できなかった大学、東京区間だけは無敵だったシード初めて獲得した大学、毎年シード争いを勝ち抜いてきたが、ついに失った大学、上位間違いなしといわれたのに10位ギリギリだった大学、軒並み不発だった伝統校など。逆に山登りでは対策が講じられたのか?それほどの差がつかなりドラマが生まれにくくなった気がしますし、以前よりも復路が楽しくなったような気がします。

さて、母校の早稲田大学は、既報の通りシードを獲得しました。本当はそこで喜んではいけない大学なのですが、戦力と予選会の成績を見れば上々なのではないでしょうか?どうしてもスカウティングでは不利で、私が子供の頃魅了されたスター軍団の面影は最早ありませんが、良いレース運びでした。復路で崩れるパターンはなく、今後に期待できる選手もいますので、来年以降は優勝目指してがんばって欲しいです。

しろなまずの今年の10大ニュース

今年は曜日の巡り合わせで、年末年始を比較的ゆっくりできそう・・・でした。年末最終週は調子を崩したので厳しかったですが、なんとか直して冬休みに入れました。課題はいっぱいですが。

土曜日は午前お仕事で午後は嫁と最後の多摩動物園。遅くなったクリスマスプレゼントも買えたし。日月は嫁がいなかったので、日曜日は完全オフ。最終週は仕事も忘年会も大変でしたからゆっくりできて良かったです。月曜日は半日仕事、半日大掃除。年内最後の父の墓参りに母と。ここまで激近だと、何回来たかわからない。まあ区切りと言うことで。そして大晦日。やること一杯です。明日は親族が来るからその準備だな。令和2年は2日から始動だな。年始からハードスケジュールが待っているので頑張らねば。

さて、誰も知りたくない年末シリーズ。今年も個人的な10大ニュースで締めくくりたいと思います。

10位 auデータMAXプラン

4位の福島旅行で不安で契約。Let’s noteを持っていきました。テザリングで利用するために中古のXperia XZsを購入。思ったよりバッテリーが持たないけど、モバイルバッテリーがあれば安心です。仕事のPDFを躊躇無くダウンロードでき、パケ放題の威力を遺憾なく感じました。ただ動画を見ないと思ったよりパケットを消耗しないこともわかりました。もっともテザリングだと一気に消耗するのも事実。5G時代にどうスマホを使うのか?を改めて考えなければ、と思いました。

9位 会社のOBOG大集合!!

3月に長年活躍してくれたOが退職。某社のOBOGが集まって盛大な送迎会を行いました。本当は入社者もいたので歓送迎会になるはずだったのですが、1週間で辞めた・・・。またも人数が減少、OBOGがみんな集まって楽しかったですね。今年はOBOGがたくさん訪問してくれた年でした。これからも彼らが気軽に帰ってこれる場所として末永く頑張っていきたいと思っています。

8位 清里

結婚して初めてプライベートで2泊3日で旅行。清里は土地勘があるので楽しかったのですが、往年の賑やかさがないのがちょっと寂しかったです。八ヶ岳府中山荘も林間学校以来で30年ぶり!!久々にゆっくり東京を離れました。いろいろ文化的なものが見れて良かったです。近年余裕がなかったからな・・・。

7位 動物園行きまくり

多摩動物園の年間パスポートを夫婦で買ったので、特に行きましたね。年パスだと短時間でも入場料をケチらないでいいので、短時間訪問が多かったような気がします。季節毎にまったく違う風景。動物たちの活動も変わるのがわかりました。特に子どもたちの成長は本当に早いですね・・・。夢見ヶ崎や東武動物公園なども行き動物園毎の個性も感じた一年でした。

6位 初ボトル

夜のお店に初めてボトルを入れました。夜のお付き合いもちょっとずつ変化してきました。私には夜のお店の活用方法はまだまだです。少し大人になったということで。

5位 カード行方不明

まさかの事務所内で大量紛失。まあ盗まれたわけではないので、じっくり探しましたが・・・三ヶ月後に発見!!特に社員には迷惑をかけました。すみません。

4位 福島旅行

事務所協会のイベント(青年話創会と全国大会と支部旅行)がミックスされまさかの長期旅行になりました。私が東京から1日以上離れるのは希で佐渡に行っているときくらいなので。今回は30代40代通して最長となりました。しかも夏休みでもないのに。仕事で不安でした。仕事道具もたくさん持っていきましたが、意外と何にもなかったです。

3位 黒字決算

昨年が大赤字だったのに、今年は昨年以上に悪い・・・どうしよう??と思いましたが最終的には黒字決算。昨年のすべてを挽回出来たわけではないけど、良かったです。

2位 周囲に病人・手術続出

今年はこれにつきます。取引先の病気手術が多かったです。仕事がうまく進みませんでした。それに身内ともいうべきOBが手術で一ヶ月離脱したり、所属する協会のトップが2回も手術したりと、身近な人の手術も多く大変でした。自分の体調が比較的良好だったのが救いでした。

1位 台風

1位と2位は悩みましたが、こちらを1位にしました。思った以上に影響が大きかったです。仕事も台風がらみが後半多かったです。初めて災害でtwitterを最大限に駆使してみてSNSと主要マスコミの使いわけを改めて感じました。何で人間はこんなにデマを流すんだろうと悲しくなりました。snsでの有益な情報は東日本大震災のときに比べて落ちているなと感じました。来年も我々の想像を超える出来事が起きると思います。その備えはきっちりしておきたいと思います。

皆様、令和元年はいかがでしたか?元号が変わり、ラグビーワールドカップを始め、いろいろなことがありましたね。来年はいよいよオリンピックです。何があるかわかりませんが、大きな節目になると思います。年末年始にしっかり頭を切り替え令和二年に臨みたいと思います。

今年一年、しろなまずと、なまあず日記をご愛顧いただきありがとうございます。来年もこんな感じでゆるくブログを続けていこうと思いますので、皆様よろしくお願いします。では良いお年をお迎えください。