時事」カテゴリーアーカイブ

西武のドラフトを振り返る(2021年)

久々にスカッとするドラフトでした。西武らしさはともかく、世間的にも一番良かったと評価されるドラフトです。

まず宣言通り西日本工大の隅田知一郎投手を抽選の末獲得。四球団競合ということで、やはり今年の目玉です。それ以上に西武にとっては即戦力左腕は喉から手が出るほど欲しかったので良かったです。個人的にはそこまでのピッチャーには思えないのですが、来年5勝してくれれば・・・と思っていけば、意外と息の長いピッチャーになるかもしれません。西武であれば一年目から一軍定着は可能だと思いますので本人にとっても良かったのかな、と思います。

2位が望外。ここで獲得できると思われなかった筑波大の左腕、佐藤隼輔。ドラ一でもおかしくなピッチャーです。個人的には隅田以上と思っていました。ただ来年すぐには厳しいかな?と感じていたので、隅田が取れたことでじっくり行くことができるのではないでしょうか?どちらにせよ西武は、今年左腕で2勝しかしていないのだから、即戦力左腕2名の加入は、新人とはいえ大幅な戦力アップといって過言ではないでしょう!

3位はびっくりしました。まだピッチャーで行くのかな?と思ったのですが、1、2位が予想以上に良かったので余裕ができたのでしょうか。若干不安の残るキャッチャーに大学ナンバーワン捕手との声も高い中央大の古賀悠斗を指名。古賀はドラフト当日、ホームランを放つなど縁起が良さそうです。今のところ弱い中央を支えているキャッチャーですので、西武には最適です?良い補強ができました。

4位は個人的にイチオシの八王子学園八王子の羽田慎之介。未完の大器。西武らしさ満点の超大型左腕です。怪我があったとはいえ、高校時代に消耗していない逸材。192㎝の長身と左腕です。そして・・・西武球場の近所に実家があるという縁。自転車でドームまで15分です。本人も憧れのチームといっている相思相愛。じっくり体力をつけ、変な遊び?を覚えず真面目に取り組めば4年後にきっとリーグを代表する左腕になってくれると思います。

5位は八戸工大一高の 黒田将矢。速球自慢の右腕ピッチャーです。もうここまでくると左腕にこだわること無く、将来性で選んでいいと思います。スライダーが使えそうです。意外と早く1軍に上がってきそうですが、じっくり育ててみたいです。

6位は、白鴎大の中山誠吾。ロマン枠?と思われる190㎝97キロの大型遊撃手。大きな体ですが俊敏な動きで珍しいタイプの選手です。体つきからパワー自慢というイメージがありますが、器用で守備が堅実な感じです。もちろん長打力が開花すれば、次世代スラッガーにもなり得る素材です。6位ながら将来が楽しみです。

個人的にここまでみて、近年のドラフトで間違いなく一番の成果です。もちろん実戦で活躍してくれて初めて成果と言えるのですが、まずは低迷する西武に、久々の明るいニュースです。

ちなみに近年もドラフトはそこそこ良かったんですよね。ただ入ったあとがね。一部輝く選手がいる一方、特にピッチャーの伸び悩みは顕著。だからこそ今年の新人には活躍してほしいですね。もちろん、他の若手も奮起して欲しいところです。

やはり侮れないワクチンの副反応 新型コロナウイルス

昨日、無事2回目を打ってきました。もちろん新型コロナウイルスのワクチン(ファイザー)です。

いろいろなデータを駆使し、1回目はほぼ反応なし、2回目は高熱でるも問題ないレベル、と予想していました。1回目は予想通り、若干肩が痛いレベルで何事もなく。2回目に望みました。

問診で高熱が出やすいので出たら鎮痛剤?を飲んでくださいと言われました。たぶんそのようなデータがでているのでしょう。私ももう少し痩せていれば良いのでしょうけど、これに合わせて5キロ程度体重減しましたが、まだまだですからね。

そして、金曜日の1時半頃に2回目のワクチンを打ちました。特に異常はないが、なんだか嫌な予感がしたので、すぐに事務所に引き上げ、事務作業を終えてから早めに帰りました。なんか変程度で体温がおかしいこともありません。

そして翌日。明らかに体温が高いのですが、寝覚めも良く、健康そのもの。体温は37度代後半・・・。やはりね。と思いました。通常この体温だと骨(関節)が痛かったり筋肉痛っぽかったり、頭がボーっとしたり、兆候があるのですが、それらはまったくなく。他の副反応独特の症状もありませんでした。まあ普段とまったく違う感覚(熱はあるがだるくない)というのが不思議、という感じでした。

というわけで予定通り土曜日は休みました。いろいろやらなければならないことは多いのですが、仕方がありません。明日は働きたいのでもう少し我慢してじっとしています。

デルタ株時代の新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスへの対策がだいぶ浸透してきた矢先、この夏の感染拡大。きっと今までの対策に穴があったに違いない・・・・と考えるのが妥当で、その研究は進められています。まず第1に今まで対策的に間違えていたのだが、感染力がそこまで高くなかったから見過ごされてきた部分と、デルタ株固有の特徴の2種類があると思います。特にマスクさえ付ければ良い、という間違ったルールが感染を拡大しているように思えます。またそのマスクを外すときが一番危険というのは間違いないことも分かってきています。

デルタ株という観点で見れば、非常に感染力の高いウイルスであることは間違いなく、今までのあまり効率が良くなかった対策でも防げていた物が、防げなくなっているようです。体内のウイルス量が従来の1000倍以上といわれ、周囲にまき散らすウイルス量が増えるのでは?1人が感染させられる人数が多いのでは?と言われています。これは、たとえ外出が少なく、人に会うことが少なかったとしても、外で家族の1人が感染すると、家で家族に感染させる確率が高くなるのは間違いなさそうです。事実家庭内感染が増えています。

従来からの新型コロナと考えると、飛沫感染ばかり気にしている人が多いのが気になります。デルタ株になって顕著になってきましたが、従来の新型コロナも空気感染は発生しており、上記のように感染力が上がったウイルスになれば、さらに空気感染の確率が高くなります。

・外食控える。外でマスクを取るときは、人が周りに居ない屋外などに限定すべき

・家庭内でも外と同じ対策をする

・換気をこれまで以上に、頻繁に行う。換気扇を回し続けるなど工夫する。l

です。何か新しい対策、というより、今までよりも更にしっかり対策をする、というのが正しいような気がします。新型コロナは、感染しても無症状の人が多く、特に若者の感染はわかりにくい傾向があります。それでも感染力がある場合があるそうなので、よりしっかりした対策が必要です。

あくまで現時点での私の備忘録です。私は今まで通り、自分が感染しているものと考え、他にうつさない、という発想で対策していきます。一人だからと言って、他の地域に行く等というのは、感染を広げる行動になりますので、避けたいところです。

令和3年二級建築士試験「学科の試験」合格発表

はい。1年に1回の資格試験。合格発表はやはり特別な日となります。現在はネット発表になりましたが、受験者の気持ちは変わりません。

さて、今年は19596人受験で、8220人合格でした。合格率42%です。なんだか高いような気がしますが、このあと製図の試験もありますからね。まずは製図試験への切符を手にしただけです。とはいえ、合格者の皆様おめでとうございます。

今年は学科Ⅰ(建築計画)の平均点が著しく高かったため、基準点を学科Ⅰのみ1点高くしています。この足切りで涙を呑んだ方もいらっしゃると思います。総得点60点はかわらないので、他の学科はそこそこ難しかったのかもしれません。

2級建築士もここ5年で受験者減に直面していましたが、令和3年は一転して増加しました。平成30年頃の水準です。合格率も高く、ここ5年で最高人数の合格者数となりました。若い建築士が減ってきています。だからといってレベルを下げるわけにもいかず、試験元も苦慮していると思います。

試験制度の変更で1級建築士は受験しやすくなりましたが、そのようなことではなく、建築業界全体の魅力を更に高め、若い人が入ってきやすいような環境を作る必要があると思います。別に増えなくて良いのでは?と思うかもしれませんが、現場レベルでは若手不足は深刻になりつつあります。高齢で頑張ってくださる建築士の方々には頭がさがりますが、必ずいつか引退されます。完全に足りなくなってからでは遅いですから・・・

私の事務所も人員不足です。そんな事務所多くなったような気がします・・・

高校野球 夏の甲子園で雨天コールド

オリンピックが終わったら、夏の甲子園。雨続きで大変ですが熱戦が繰り広げられています・・・。昨年は出来ませんでしたからね。見る方も出る方も応援する方も、夏の全国高校野球選手権があることのありがたみを感じます。

さて、本日目玉の試合、大阪桐蔭対東海大菅生。激しい雨による降雨コールドで、試合中に終了。7-4で大阪桐蔭の勝利となりました。ルールとはいえ、8回の攻撃中1アウト1、2塁という絶好の好機でのいきなりの終戦に、東海大菅生は涙したことでしょう。ドラマで片付けられない何かがありますが、このような経験を糧に更に成長していいってほしいです。理不尽なことは人生でたくさんありますから。さらに宮崎商が、部員らの新型コロナ感染を理由に出場辞退しました。こちらは闘うこと無く甲子園を去ることになりました。

さて、このような不幸は過去にもありました。降雨コールドは甲子園では4例目。前回の1998年の専大北上対如水館以来という。その試合は幸い引き分けだったため、再試合となりました。その前は1993年の鹿児島商工対堀越。こちらは3-0で鹿児島商工が勝利し、堀越が涙しました。その前はさらに5年前、滝川二と高田で、滝川二の勝利となりました。どちらにしても珍しい記録です。

その中で、中日、巨人で活躍し、先日のオリンピックでも野球のコーチをしていた井端弘和氏は、1993年の降雨コールドを堀越の選手として経験。最近ではyoutubeでネタにしていますね。

人生いろいろありますが、それを糧に頑張ることが重要ですね。そこで腐っては、つまらないですから。いつまでも過去の不幸のせいにしないで、切り替えて行きましょう。

Catfishなおうち24分テレビ

新型コロナウイルスは、予想外の展開で夏になっても爆発的に感染を広げております。あと少しでなんとかなるんじゃないか?という予想は毎回はずれます。ワクチン接種は予想よりも早く進んでいますが、不手際のせいでそう感じられず、国民の不満は高まっています。今はオリンピックで比較的盛り上がっていますが終わった後が心配ですね・・・。

我々もできることから、と設計で新型コロナ向けのプランを提出したり、リフォームでアドバイスしたりとやってきていますが、正直効果は?です。ウッドショックもあり、業界がピンチな状態でもあり、私も仕事は忙しいですが、この先不安です。

そこで、少しでも在宅しその時間を楽しいで貰おうと24分テレビを企画しました。24分という短い時間でも在宅し新型コロナを広めないために番組を作ろうというものです。自分の専門などを活かしたニッチな面白い番組を他の方にも作って欲しいなという思いを込めて、オリンピックが終わった8月下旬あたりに公開を目指して作成します。まあ需要があるかないか、などはまずは置いておいて、恥ずかしがらずにまずは始める。これが大切。グジグジ言っていても仕方がないですからね。では、その企画の一部を紹介します。ちなみに将棋のねこまど48時間テレビから着想して作りました。あっちは本格的で凄かったです。こちらは個人レベルでも作れるのが強みです。

オープニング企画 懐かしの耐震診断ソフトを切る!

木造耐震診断ソフトは、2004年のマニュアル改定とパソコンの進化により大きく発展するのですが、その前からもありました。その前後の懐かしの?耐震診断ソフトを紹介します!

スペシャル企画 木構造計算規準・同解説 昭和25年5月版を眺める

木質構造設計規準は、木造構造計算のバイブル的存在ですが、現在は非常に分厚いです。しかし出た当時(木構造計算規準・同解説)は126ページしかありませんでした。その昭和25年版を入手したので、ペラペラめくりながら現在のものと比較します。


左側が昭和50年代、右側が昭和20年代。これだけ見ても厚みがまったく違います。

他にも24分で詰め込むだけ詰め込みました。夏の終わりにやることないな、と思ったら思い出して見てやってください。公開予定日が決まったら、なまあず日記styleとTwitterでお知らせします。

 

水谷・伊藤ペア 卓球混合ダブルス金メダル

はい。新種目です。なので誰が勝っても初代金メダリストになるということでしょうか?ここのところオリンピックでは完全に無双している中国からみても同じこと。最強のペア(劉 詩雯選手大好きです)が決勝に残り、もう片方は・・・日本の伊藤美誠、水谷隼のペアでした。卓球は好きでよくやりますが、同じスポーツとは思えない(私のはピンポン)です。最初は一方的に中国のペースでしたが、3セット目以降日本が盛り返し、ゲーム数で逆転してしまうのは、やはり実力が拮抗しているからなのでしょう。3対3で最終ゲームに決着が委ねられます。

前半、うまくいかなかった伊藤選手がこの頃には波にのり、躍動していましたね。水谷選手の伊藤選手を活かすプレーも素敵でした。最後まで目が離せない熱戦でしたが、最終的には開催国日本に勝利の女神は微笑みました。

どの国、どの選手も新型コロナ渦で調整は難しかったと思います。そこに不満も言わずにできることをやり、自分なりのベストを尽くして闘う姿勢は本当に素敵です。中国ペアすごい素敵でした。

勝負が付いた後の、水谷・伊藤のハグが話題になっていますが、そんなことが微笑ましく思えるのが嘘に感じるくらいの緊迫した試合でした。いや~もう少しピンポンうまくなろう、そう思う日でした。

この日は、スケートボード女子ストリートも金銅を取りました。最年少でも話題になりまいたが、こちらもラスカルはどちらか??ということが話題になりましたが、朝のテレビで、どうやら「あらいぐまラスカル」に軍配が上がったようです。

全体的に開催国の利を活かして、好調にメダルを獲得しているように見える日本。そんな国別のメダル数なんて数えるのがつまらないくらい、面白い競技が目白押しです。別に全員他人(選手等に知り合い、親族が居る方は除く)なので、誰を応援しても良いと思います。別に応援する人がいなくても、この人素敵!とか、このプレー最高!この競技もっと知りたい!みたいな感じで楽しんでも良いと思います。

東京オリンピック開幕!!

待ちに待ったというか、延期があったために、本当に開幕したことに感動しました。いろいろありましたからね。個人的にはせっかく開幕したのだから徹底的に楽しもう!という主義です。スポーツ観戦は好きですし、そもそもテレビ派ですし、チケットも持っていませんでしたし。

見た競技は、女子ソフトボール、アーチェリー男女混合、男子サッカー対メキシコ戦、バスケット、ロードレース女子・男子、柔道、バレーボール男子、バトミントン・・・・結構見ましたね。もちろんほとんどは全てというわけではなく、メインで長く見たのは、サッカー、ロードレース女子、アーチェリー、昨日の柔道くらいです。四連休で仕事もいろいろありましたが、隙間の時間を活かして観戦です。普段見られないスポーツが見られるのがオリンピック最大の魅力です。どこが開催地かはあまり関係ありません。

開会式はかなり楽しみにしていました。入場行進好きですから。個人的にはシンプルと言われた今回の演出も長すぎるくらい。選手も疲れてしまうだろうからもう少し短くてもいいのでは?と思います。もっとも選手が楽しめれば、世界に開催国をアピールできるチャンスでもあるので良いと思います。素敵でした。我々が判断するよりも、日本と世界の子供たちが、これを見て、大人になったときにオリンピックの良い思い出になってくれればと思います。私にとってのロサンゼルスオリンピックがそうであったように・・・。

競技では、アーチェリー楽しかったですね。こんなに引き込まれるとは思いませんでした。男女混合団体を見ましたが、山内選手の選手歴の短さに驚かされましたし、フランスチームの失敗があっても動じず後につなげる姿勢が素敵でした。

ロードレースは、府中が出ることもあってかなり期待していました。沿道にたくさん人が出たことは仕方がないかもしれません。が、私はテレビ中継・・・と思ったらテレビ無かったんですよね・・・。悲しいです。でもネット中継を見ました。府中の知った風景、大國魂神社を自転車が事故無く通り抜ける風景に感動。これが世界に放送されていると思うと素直に嬉しかったです。それよりもロードレース楽しい。本人達は大変だと思うのですが、給水を車から手渡しで受け取って仲間に持っていくとか、前半はしゃべりながら走っていたりとか。特殊な競技ですね。素敵な撮影にも引き込まれました。準備も大変だったと思います。ありがとうございました。

自転車ロードレース ロード男子個人ロードレース決勝(見逃し)

【金子・與那嶺 出場】自転車ロードレース 女子個人ロードレース決勝(見逃し)

トレンド席巻!自転車ロードレースのすごさ!東京オリンピック(NHK)

男子サッカーは、南アフリカ戦はじれったいですが、国と国との負けられない一戦の緊張感を感じました。メキシコ戦はあっという間に2点取りましたが、それでも終盤までお互いの攻め合いが魅力的でした。メキシコは1名欠けたあとに得点をあげる意地を見せました。これで次戦、どうなるか?非常に緊張感のある予選リーグになりました。

女子バトミントンは・・・強い。なんでこんなに日本は強くなったんでしょうか?理由はわかりませんが、このまま順調に進んでほしいものです。スピードはありますが、失速するのでテレビで観戦していても見やすいのがいいですね。

柔道は初日の高藤選手の金、思った以上に大変に見えました。他の試合、他国同士の試合も紙一重。熱戦続きでした。そのなかで兄妹で同日金の偉業を成し遂げた阿部詩選手、一二三選手は圧巻でした。対策されて決して楽ではなかったと思います。冷静にチャンスを狙う。これ大切と感じました。

競泳は、応援していた大橋選手の金。素敵でした。これだけの選手なのにオリンピック初出場。オリンピックは出るだけでも大変なのです。運も味方につけて圧巻でした。女子400メートルリレーは注目の池江選手が登場。全体の9位でしたが、日本記録に迫る記録をたたき出しました。池江選手がオリンピックに間に合ったことも感動です。その他の3名の選手も注目度が高くなって大変だったと思いますが足りなかった部分も感じて更に前に進めると思います。

ソフトボールは・・・とっくに過去の方(失礼)と思っていた上野選手の期待以上の奮闘で銀メダル以上が確定。チームも一丸となっていて素敵です。このまま決勝もがんばって欲しいです。

新型コロナ渦で、非常にモチベーション維持が難しい大会ですが、選手達は総じて良いパフォーマンスを見せてくれています。不運にも感染した方も多くいるようですが、そのぶん出ている方々が出られる幸運を感じながら真剣に勝負している姿は引きつけられます。

個人的には、入場行進の曲がゲームミュージックだったこと、カザフスタンのレジェンド オルガ・リパコワ選手の美しさ、競泳の速度付表示、など競技以外にもいろいろ目に付きました。こんな素晴らしい行事に、不満を並べてつまらなくするなんてもったいないですよね!まずは、見て、楽しんで、応援!それで十分だと思います。今週も忙しいのでなかなかじっくり見られないかもしれませんが、頑張って少しでも日本で行われるオリンピックを楽しもうと思います。

熱海の土石流

7月3日午前10時半頃、静岡県熱海市伊豆山築で、土石流が発生。多数の家屋が流されるなどして、死者、安否不明者が多数。多数の方が避難を余儀なくされました。その大規模さは、下記の動画2本でご覧ください。

テレ朝NEW 【独自】ドローンでとらえた 熱海・土石流の爪あと

なんだか、ネットではおかしな方向に行っています。雨により土石流が起こったことが悲しむべきことで、その復旧に現地ではたくさんの方が尽力されている最中なのに、ネット上は違う方向に議論がいっていて、見ていて辛いです。もっとも辛いのは被災者の方々で、心からお見舞い申し上げます。


朝日新聞 5日の詳報 ホテルに560人避難 安否不明者64名

活発な梅雨前線の影響で、東海・関東地方で記録的な大雨が降り、その影響で土石流が発生した。県は災害対策本部を設置し、熱海市に災害救助法の適用を決め、陸上自衛隊が隊員を派遣。人が内部に取り残されている可能性が高いので、撤去などもなかなか進まない状況のようです。

ちょっと忙しい時期だったので、情報収集が遅れて、私が詳報を確認したのは昨日になってからでした。まさかここまで大きな被害になっているとは知りませんでした。ちょっとしたニュースなどは見ていて概況だけは把握していたつもりなのですが。

今回課題になったのは、所在が不明な方の把握が遅れたこと。これにより復旧作業や救助活動が非常に困難になりました。別荘地が多く、通常よりも更に困難でした。個人情報もありますしいろいろ難しい事がありますが、今後大きな課題になりそうです。また高齢者が多く75歳が100歳を背負って避難、などということもありました。高齢化社会の怖さを更に感じる事態です。

立地的には、日本を探せば、他にもこのような場所が多くあるそうです。そのすべてが今回のようなことを発生させるわけではないですが、可能性があります。もちろん行政なども点検、補修などをしている場合もありますが、私有地の場合は管理が行き届かない部分もあります。どちらでもすべて対応を完全に行う事は不可能です。発生しそうだったら避難、というのが現実的な対応になってしまいます。発生しそうの段階で予測できれば良いのですが。

もちろん、建築・土木的にも更に信頼性の高い擁壁、土止めを設計・施工していくことが重要です。しかしながら、いざ設計をすると予算不足という壁にぶつかり、小さくしてくれとか、無くても大丈夫にしてくれとか言われるのが現状です。また擁壁などは補修はかなり難しいのが現状です。更なる技術向上を目指さなければならないと思います。

 

カナダで観測史上最高47.5度を記録

元記事はこちら(朝日新聞デジタル)

日本の夏は暑い!地球温暖化が進んで暑い!と思っているアナタ!まだまだ甘いです。

今年の6月28日、カナダで最高気温47.5度を記録したそうです。これはカナダ史上最高気温だそうです。

日本も暑くなりましたが、蒸している感じはあってもこれほどの強烈な熱波はありません。ことしはアメリカでも44.2度を記録しており、日本はまだまだだな、と思います。というより、これより暑い世の中を想定して準備しなければならないと思います。

なので、住宅の断熱、冷房設備、洋服、水分の取り方など、更に先をみて考えて行かなければと思います。今で十分は、この先十分ではないのです。