時事」カテゴリーアーカイブ

会食時の対策

政府が~人以上、といっても、少人数でもそのなかに感染者がいたら感染しやすくなりますし、換気状態なども影響あるので、一概にどうすればいいか?というのは、言いにくいと思います。ただ何か対策を練っているから、安心だよ、と他人に同意を求めるのは止めてほしい。こっちだって何が正しいか知りませんし。SNSでも、やたら対策しているんだよ、と言って自分の行いを正当化する人がいますが、あくまで確率を下げる程度のことしかできません。一番いいのは誰とも接触をしないことですが、それも社会生活上無理です。なのでできるだけ出歩かず、できるだけ対策をする、というのが今考えられる方法ではないでしょうか??休みになって暇だから、すぐに出かけてしまう!というのは論外かも。

さて、どうしても会食は避けられないという場合、神奈川県知事がいうように、マスク会食も1つの手段です。食べているとき以外は、すぐにマスクを戻す。癖をつければかなり安全でしょう。しかし県知事クラスに人に会う職業な人ならともかく、本当に今年1件の忘年会のために、この技術を身につけるのは難しいかと。まあそれでも身を守るため、周りに迷惑をかけないため、やれたほうが良いと思いますが。はずした瞬間に話しかけられることもあるので、そのタイミングで少しでも確率を下げられればいいかと思います。

そこで、顔面を覆う大きなフェイスシールドです。露出している目などをカバーできますし、直接飛沫を防御することもできます。また自分のしゃべった飛沫も直接は相手に届きません。実は、最近フェイスシールドの安全性は疑問視されています。特に小さな飛沫は防げないという研究成果も出ています。しかし、ちょっとの油断でそのまましゃべった場合の、吐きだし飛沫量は、その効果がなかったという実験でも8割防げていることから、意味がないわけではありません。そう考えると不織布マスク+フェイスシールドというのが、今のところ、比較的妥当な方法だと思います。

年明け、中止にならない限り会食がありますので、そのときにこれを実行しようと思います。参加者全員分のフェイスシールドも準備しました。マスクの交換も大切なので予備のマスクも投入します。人数も少なめにしました。対面にならないような席配置、検温、消毒・・・。果たしてこれが正しいか十分かは分かりません。もちろん会場で大きな声を出さない、密にならないなどの指導も重要だと思います。無事に過ごせる方法を模索しなければなりません。

もちろん会食をやらない、という選択肢が一番いいのですが、どうしても、のときに、更に一段防備を強めてやることが必要かと。何でもかんでも中止は、さすがにこれ以上は無理です。まあ、これ以上感染が広がったら中止でしょうけど。

これだから求人出したくないのよ

会社やっていると、人が足りなくなる。紹介でなんとかなっていた時代が懐かしいですが。

そんなときは求人広告を打つのですが、現在はネットでも出せます。なので敷居が下がっています。昔は求人掲示板などの無料のサービスもありましたが、今は廃れてきましたね。

ですが、indeedのように無料から掲載できる媒体もあります。建築でいえば、Aworkerも無料枠を作っています。ありがたい存在です。無料でという点では職安(ハローワーク)もあります。

ただ、現在は情報社会。しかも外に自由に営業というのも難しい状況下、そのようなところに営業をかけようというのは自然の流れで、たとえばindeedやハローワークに掲載しようものなら、求人広告会社から、たくさんの営業電話がかかってきます。しかも以前の比ではないくらいに。

そもそも職安やindeedの無料掲載媒体に頼むところが、そんなに有料の高い広告を打てると考えているのも、おかしな話。有料媒体にしても、その媒体を選んだ過程に、必ず予算や効果を考えて打っているはずなので、そのような営業をしても可能性は低いと思うのですが。

しかも確実に評判は下がります。なぜなら人が来なくて困っている企業が打つのが求人広告です。困っているところにつけ込もうという行為が、嫌がられないわけがありません。もちろん数打ちゃあたるですし、結果も少し残るかもしれませんが、大部分には嫌われます。それもわかっていて営業電話しているんでしょうけど、相手に配慮がないものが多すぎますね。小さな企業に人事部におつなぎくださいとか、わけが分からない。

私は、確実に採用したいし、有料でも広告を打つことに抵抗はないので、できれば使いたかったのですが、こんな状況なので、今回は使いません。恐らく有料広告を打てば、更に営業電話が増えて、業務に支障がでるからです。このように嫌われないように、どうか他の方法で営業してください。こんなところで頼まれても誰も見ていないでしょうけど・・・。

株式会社なまあず本舗 採用情報

住宅ローン減税、床面積40㎡から。平成21年度要件緩和

住宅減税、床面積40平方mから 21年度、要件を緩和(共同通信)

新型コロナで、コロナ関連以外の経済対策は下火になってきましたが、2021年度も住宅ローン減税は続き、要件が緩和されます。新型コロナ感染拡大に伴う負担軽減策としての通常より3年長い13年間受けられる特例措置については、原則20年末までの入居としている適用期限を2年延長する方向だという。

これは非常にお得なので、余裕があるならこの期間に住宅購入を検討するのは賢いと思います。新型コロナ禍では、経済的に影響がある仕事とない仕事の差が顕著です。そして流動的です。なので意外と余裕がある方も多いのです。そこが新型コロナ対策の難しいところだと思います。なのでGoTo関連もその方々を狙った施策に見えますが、感染に関してはそこまで気にしていられないということなのでしょうか??決定打が待たれます。

新型コロナ後の防災対策を考える

新型コロナウイルスは、生活スタイルを一変させましたが、それは様々なところに及んでいて、防災も無縁ではありません。

災害時の衛生問題は深刻ですが、新型コロナ下だと更に準備が必要ですし対策が難しいです。特に避難所、給水車、救出・・・考えただけでも頭が痛いです。厳冬下の大地震は暖房や暖かさが重要になりますが、新型コロナウイルス下だと、それが感染の原因になる可能性が高いです。

なので、備蓄品をもう一度見直しましょう。

例)
・十分な量のマスク
・今まで以上に水の備蓄
・消毒、除菌シートの備蓄

恐らく食料の問題は、従来通りで良い(確証はありませんが)と思うのですが、その他はかなり考え方を変えなければならないと思います。住宅のリフォームで耐震リフォームを行う際、新型コロナを見越したリフォームを追加したほうが良いかもしれません。

例)
・玄関付近に簡易な洗面所を設ける(家に入ってできるだけ中に入らない状態での手洗いが重要)
・勝手口をよく使うなら、勝手口にも小さな洗面所の設置
・24時間換気のような換気扇の設置(窓を開けての換気が難しい場合の対策)
・加湿器を使った際の、湿度の検証と対策(加湿はウイルスに対しても効果があるが、カビなどの危険性もあるので十分に検討が必要)
・掃除しやすい構造、ものを捨てる(より一層の清潔さを保つとともに、不要品を減らす)

などです。

既に、現在設計している一戸建ての住宅には、一部を取り入れて設計しています。24時間換気もただ付けるだけで無く、できるだけ効率的に空気が循環するように設計する必要があります。新型コロナに対してだけの特殊な設計は不要ですが、従来の考え方を更に一歩踏み込むことが必要だと思います。

 

加湿器を買う

新オフィスの生活にも慣れました。4方向に窓があるのは換気の上で本当に便利!中二階のありがたさも感じます。日当たりが良すぎて乾燥しやすい欠点があるので、加湿器を導入しました。

 

これです。まあ良いこといっぱい書いてありますが、やはり大手メーカーとは違いますね。秋口に新型コロナ対策として加湿器が有効という記事やニュースが流れたので、売れているのでしょうね。大手の商品は少なめでした。在宅勤務で使いたいという人も多かったようですし。

さて、この商品。値段的には安くはないのですが、大容量6リットルが魅力です。目に見えていますし。メンテナンスも空気清浄機併用タイプなどに比べても楽です。タイマーもついていて、ミストも3段階。自動湿度調整機能も付いています。リモコンも・・・と思うのですが、その機能設定は最低限。それぞれの機能を1ボタン割り当てているので、間違えることは少ないのですが、できることは限られています。まあ間違いにくいのはメリットといえばメリットです。逆に設定をボタンを押さない限り確認できないのは、嫌な方もいるかもしれません。

それなりに多機能で十分使えます。水滴の大きさも小さめで手で蒸気に触れても濡れる、ということはありません。昨年モデルに比べ除菌力がアップしているようですが、この手の機能をあまり信用しませんし、説明書にもこまめなメンテナンスは謳われているので、メンテナンスフリーというわけではありません。次亜塩素酸水に対応しているのはいいと思いますが、何か特殊なシーンでも無い限り使わない予定です。

この機種のハイブリッドというのは、基本は超音波式で、加熱ヒーターも併用できるのがポイントです。加熱式のほうが雑菌の繁殖は抑えられるので、うまく使い分けていきたいです。蒸気が熱くならないのがいいですね。音も比較的小さいですし。

出力が大きいので20畳くらいまで使えそうです。うちの事務所なら秋口は最低のミスト量で大丈夫そうです。

デメリットは、肝心の自動湿度調整機能があまりあてにならないこと。これはどの機種でも同様ですが、ムラが大きいような気がします。でも長時間運用では、無いよりマシです。またフタの取り外しが説明書と違うのも減点対象。これは添付で一枚紙でいいから追記して入れておいて欲しかった。

概ね使い勝手も良いですし、今のところ目立ったマイナス点もありません。水の中にアヒルを浮かべたら楽しいのにな~と感じますが、どうなんでしょうかね????

西武の2020年のドラフト

相変わらず西武のドラフトは癖があるというか、独自性があるというか面白い。ドラフトだけでもファンになりたい(もちろん結果が伴って欲しいが)。

今年も予想を大きく違った内容でした。まさかドラ1指名に競合が予測されていた早川を指名するとは思いませんでした。大好きな投手なのでライオンズに来てくれたら嬉しいことは嬉しいのですが、競合のない一本釣りをしてくると思っていました。残念ながら取れませんでしたが、今年の大卒即戦力ピッチャーでは間違い無くナンバーワンだったので欲しかったんでしょうね。

ただ、そこからが凄い!!ドラフト2位以下で登場しそうで、西武向きと思われていた渡部健人(桐蔭横浜大)を指名。なんだか似た体格で活躍している選手が多い西武からみれば、活躍間違いなし!と思われる逸材と思ったのでしょう。キャラも問題なさそうです。

普通1位でピッチャーが取れなかった時点で他のピッチャーに行くと思いましたが、西武からみれば、ドラ1で取るべきピッチャーは他にいなかったんでしょうね。良く考え抜かれた素晴らしい選択だと覆います。

2位の佐々木健(NTT東日本)は、左ピッチャー。完成度も高いし早めに上がってきて活躍してくれそうです。3位は山村崇嘉(東海大相模)。上はいろいろありそうなのでプロ入りできるならしたほうが良かったのはいうまでもないです。個人的にはわからない選手ですが、なべGMが非常に評価している選手なので期待です。現時点ではじっくり育てて数年後に花開いてくれればと思います。

びっくりしたのが4位の若林楽人(駒澤大)。もっと早くにドラフト上位で消えそう、と思っていたのですが残っていました。まあさしたる実績は残していませんが、素材的には認められていて打撃以外はプロでも問題ないように思えるので以外です。まあ打撃が課題なんでしょうけど、西武ですからね・・・大学4年でホームランを量産しはじめたことも明るい材料で、早期に活躍してくれそうです。個人的にはイチオシです。

5位は準硬式出身の大曲。西武は本当によく調べて指名してきますね。球に威力のある良いピッチャーらしいので、早めに上がってきて欲しいです。6位は・・・ここでタイシンガー・ブランドン大河(東農大北海道オホーツク)。身体能力の高い選手だそうです。沖縄出身ながらなぜ北海道とも思えるのですが、名前も顔つきも人気が出る要素大なのでがんばって欲しいところです。

締めの7位はお馴染み大阪桐蔭高出身の仲三河優太。西武というと大阪桐蔭の選手が活躍している感じがありますが、この珍しい苗字も含め大いに期待できそうです。

正直今年はあまりドラフト前に調べなかったので、他球団指名選手も含め知らない選手だらけでした。スカウト陣も大変だったと思います。個人的に良いピッチャーをとって欲しかったのですが、1位早川が無理と分かった時点で、リスクを取ってまで取りたいピッチャーがいなかったようなので、野手主体にしたのは良かったと思います。現時点で比較的早期に一軍に行ける可能性があるのは佐々木だけなので、来年もピッチャー陣は厳しい状況が続きそうです。しかし自慢の打撃陣も高齢化してきているので、早めに次が欲しい所です。その点、渡部や若林は化けそうな気配満点なので楽しみですし、3位の山村が期待通りに育ってくれれば嬉しいです。

というわけで来年も西武ファン続けます!

GoTo イートを初利用

先週末は、久々に構造計算ソフト会社の方が来社するのでちょっとした会食を・・・ということで、店予約は私が。店選びは苦手なのですし、コロナの影響もあって近所の店をまだあまり知らないこともあって、ぐるなびを利用。GoTo イートに初挑戦しました。

店は会社から1分で行ける知っている店ですが、使ってみました。GoToイートを使えることを確認のうえ、メニューを選んで予約するだけ。手軽です。後日期間限定ポイントが人数分×1000円戻ってくるので、精算時その金額を引いて割り勘しました。

このような施策をあまり好きじゃないです。税金は払っているとはいえ、それほど多く払っていませんし。でもみんなで使って経済を!というわけですから、みんなで食べるときなんかは良いかもしれません。店的にもお一人様より、複数名のほうが接客も含め効率的ですし。

GoToトラベルも含め、いろいろ問題点も指摘されています。そもそも不公平だとか、変なテクニックが使えるとか。まあそれも含めての施策です。できるだけ公平に効率良く、不利にならない施策をこれからも講じていってほしいものです。

雨の日の売上げ

私は飲食店ではないのですが、過去フリーターでパソコンショップやコンビニで働いていたことがあります。そのとき感じたのは雨が降ると客が減ってヒマになる、ということです。

まあフリーターのように責任が薄い場合は問題ないですが、経営者や責任者は大問題だと思います。設計事務所のように、現場は別として、雨があまり関係ない職種に長年いたせいで、あまり雨を気にしないようになっていました。

しかし駄菓子屋はシビアです。雨が降るだけで客が激減します。雨が続いた後の晴れの日は激混みします。客の平準化は物販の課題です。特に飲食はランチ時間や夕方は混雑するけどそれ以外は・・・とかパターンが決まっています。空いている時間に準備をするとかだけでなく、空いている時間に客を呼び込むことが必要です。

まあ駄菓子屋はそこまでシビアにする必要がないと思っている方も多いと思いますが、ただでさえ単価が低く、利益率が低く、万引きに弱いですから、これから先どんどん潰れていくと思います。新規参入も少ないかと。そうなると、雨の日の販売は非常に重要になってきます。

駄菓子屋なまあずでは、10円ガチャガチャを導入しました。なまあずショップ閉店によりガチャガチャが余っていることもあるのですが。雨の日のみ運用するガチャガチャを作り、一回10円にするのです。そうするとそれを目当てに買い物に来る人もでてくる・・・ということです。

他にも企画を考えて行こうと思いますし、全国の駄菓子屋さんの参考になる作戦があれば、紹介していきたいと思います。

パルミーってすごい

Twitter広告を見ていたら、パルミーという漫画を描くための多数の講座を月額定額制で学べるものが目に付いた。月額12000円(6ヶ月プランだと9800円/月)と、非常に高価なネットの定額制の講座です。

そのかわり、たくさんのプロが様々な講座を担当していて、このブログを書いている日現在148も講座があります。初心者向けから上級者向けまで。添削も当然あります。なかなか凄いな・・・と思ってしまいます。建築系では「萌えるファンタジー建築講座」や「ファンタジー背景講座」「モチーフ別背景の描き方講座」「背景イラスト 建物・街並みの描き方講座」「背景イラスト パース基礎講座」「パースの知識を身につける!建物の描き方講座」あたりが役に立ちそうです。

建築や構造でもこのような講座があったらいいな~と思います。建築専門学校さん!!建築・構造系ソフト会社さん!!!ぜひぜひ企画してみてください!!!

新型コロナウイルス感染後の後遺症

コロナは風邪は論外(症状ではなく未知という意味で)だと思うのですが、かかっても比較的軽症、無症状の方が多いという実状に、ここまで騒がなくても良いのでは?という声は理解出来ます。経済活動をここまで制限し、待望のオリンピックもどうなるかわからない現状です。他の病気に比べて致死率も高いわけではないのは事実ですし。

しかし、一方でまだまだ不明な点も多く、ワクチン開発もなかなか難しい現状。感染の仕方、感染者人数も未だ不安定です。対策を講じる方は溜まったものではありません。

軽症者が多いという情報と共に、新型コロナウイルス感染後、継続して症状を訴えるケースがあるそうです。陰性になっても後遺症に苦しむ・・・なんて怖いと思いませんか?また短期間に複数回感染することも報告されております。しかしそれほど重篤でない場合も多く、最近では新型コロナウイルスをそれほど怖くないと感じる人が増えているような気がします。

新型コロナ“後遺症”に悩む女性のいま。2度の「陽性」、退院後も症状に悩まされている

コロナ感染「後遺症」の実態は?入院者の約9割に何らかの症状

ぜんそく気味の方、咳や肺に不安を抱える人は特に神経質になっているようです。私も同じです。経済活動と新型コロナ対策を同時に行うのは難しいですが、冬にかけてウイルスが進化しないとも限らないので、長期戦だと思って対策は講じた方が良いと思います。

私の場合、広さはソコソコだったのですが換気状態が悪くなりやすい事務所から、4方向に窓があり、換気専用の換気扇も複数備えて換気しやすい事務所に引っ越しました。中二階なので窓を開けてもプライバシーは保てます。真夏でも夕方や早朝は窓を開けると涼しい風が室内を通過して快適です。店を閉鎖したので店舗としての新型コロナ対策をしなくても良くなったのは大きいです。前の事務所から移転するのは非常に大変で結局2ヶ月もかかりましたが、新型コロナ対策だけでも十分な効果はあったと思います。もちろん市役所から遠くなったとか、実店舗が閉鎖になったとかマイナス面もあるのですが、少しでも感染リスクを減らすということでは有効なのかな、と思います。といっても感染するしないは運にも左右されるので、これで万全ということはないと思いますし、かかる確率は否定しません。

政府や市区町村の対策に頼るだけでなく、個人・会社が積極的な対策をすることで少しでも軽減できたら、と思っています。個人的に「コロナに負けるな!in fuchu」というページで府中市を中心としたコロナ情報を書き続けているのは、その一貫です。役に立つかはわかりませんが、引き続き書いていこうと思っています。