新型コロナ対策の3月末時点のまとめ

外出規制に揺れた3月最後の土日。テレビなどで状況は見たと思います。私は土曜日は仕事だったので事務所に引きこもって仕事していました。日曜日は誰にも会わず引きこもり。ただ、テレビやSNSを見ていると、ああやはりな~って感じがして、政治家や官僚が非常に気を使って様子を見ながら施策をしていることがわかります。

さて、今朝、タレントの志村けんさんがお亡くなりになりました。持病もあり大変だったと思います。70歳だったそうです。お悔やみ申し上げます。

ということで日本でもコロナの危険性が日に日に高まっています。現段階での対策をまとめておきます。備忘録として。

まず「3密」。非常に優れた表現ですね。いままでの状況から「避けるべき状態」をうまく表現しています。まずはここからです。国や行政に文句を言う前にきちんと確認しておきましょう。

・換気の悪い密閉空間
・多くの人の密集する場所
・近距離での密接した会話

はい。ここにマスクも空気清浄機もトイレットペーパーもでてきません。除菌や手洗いもありません(※これらが不要といっているのではありません)。まずはここから、ということです。誰でも守れそうで意外と守れていません。

・夜な夜な用事もないのに、スナックや居酒屋、飲食店に行く行為、町内会などの会議、不要不急の通院行為、満員電車・バス
・薬屋さんに毎朝マスクを買うために数時間並ぶ行為、混雑しているスーパーで買い物する行為、サークル活動
・新型コロナ対策の補助金相談、その他の個別相談会、世間話

まあ意地悪な感じもしますが、上のようなものも該当していてすべてを避けるのは不可能です。なのでできるだけ避けるように行動しなければなりません。工夫次第で半減できるはずです。特に自分勝手な気分転換や、自分だけは、とか自分は注意深いから大丈夫、なんてことは論外です。

あと、ネット上のSNSやブログには、この週末も出かけたりパーティーしたりした写真や記事を載せている人が意外と多いです。自粛という文字の意味がわかっていないようです。自分だけ、迷惑をかけないから、と勝手な判断で動き回らないようにいっているわけで・・・。経済活動や息抜きも大切ですが、それを正当化するものを掲載するのはどうかと思います。うまいな~と思うのは、過去の良い写真や屋外に出ない企画。将棋ファンが次々に詰め将棋を上げたり、動物好きが過去の傑作写真を改めて掲載したり。外出系のyoutuberが趣旨を変えて室内でできることを提案していたり。こういうところにセンスを感じます。youtubeといえばyoutuberデビューした人も多かったようですが、普段できないことを屋内で見つける人は素敵です♪

あとは、手洗い、マスクなどできることをしましょう。スマホやキーボードも清潔に。食べる前に手を確認!!顔を触らない!!これで万全ではないことを知ることが大切です。また暖かくなってきたのでオフィス作業は換気を気をつけて行う事が大切です。窓を開けて仕事をすると気持ちが良い日があります(今日は寒いな・・・でも定期的に窓を開けて部屋をきれいにすると気持ちが良いですよ)。

あと体調が悪いときは、早めにフェードアウトする勇気!!これも大切です。医者に行く前にフェードアウト。重症化する危険もあるのですが、いきなり医者にいってもだめです。周りに感染させない気遣いを十分にし、他の病気かどうかを自分でチェックし・・・相談しましょう。不安なのはわかりますが、医療機関も今大変なようです。どんなときもまずは「周り」を気遣いましょう。自分が病院に行った後は感染している可能性が通常よりも高いので、やはり人に会わない努力とか出かけない!とかはエチケットですね。

とりあえず3月末の備忘録です。昨日は十分引きこもって今日から慎重にお仕事です。明日から都内に出なければならない用事があるので、出来うる限りの対策をして出かけようと思います。自分が感染者と思い、人に感染させないために、と思って行動することが何より大切な時期のようです。

 

5Gが体に悪いということで思い出すこと

大量のムクドリが5G通信の電波で死亡した、という情報がネットで拡散されました。これが嘘かどうかはわかりませんが(どうも嘘っぽいけど)、新しいものは常に希望と危険が隣り合わせ。そして新しいものに対する恐れは何時の時代にもあります。

私が大学生の頃、携帯電話の電磁波が脳に影響を与える・・・という情報がまことしやかに出ました。5Gでも4Gでもない3Gすら始まっていない時代ですよ!!もちろんあんなもので何で通話ができるんだ!!という時代はとっくに終わっている頃ですが・・・。私も携帯電話を販売していた頃だったので、この手の情報をアメリカの論文も含め調べたものです(まだネット情報が少なかった時代ですから)。結局、携帯電話はその後爆発的に普及し、この手のことを気にする人も少なくなりました。しかしながら、送電線や携帯の電磁波は少ないながらも影響がある・・・という説は根強いですし否定しきれません。

その後3G,4G、そして5G??この時代にもこのような説が流れているとは。SNS全盛なので、その手の知識を持っていない人でも普通に拡散が可能な時代なので、昔よりも知っている人は多いかもしれません。特にムクドリの画像は大量に拡散しましたからね。twitterの場合、140文字なのですべてを伝えきれないにしろ、その内容をわかって広げているのか?悪意を持って広めているのか?わかりませんし。

こういう議論は我々素人がするものではなく、専門家同士がやってくれればよく、もし何か悪いことが出てきたらそのとき報告すれば良い気がするのですが。私もどちらが正しいとか言うつもりはありません。少なくともtwitterなどで不毛な議論はしたくないだけです。

しろなまず的新型コロナウイルス対策(COVID-19)

はい。日本でも徐々に感染が広がっています。諸外国よりマシじゃね?という意見と、検査をあまりやっていないから・・・という意見があります。個人的には、ツッコミどころはあるし、お船での失態もありますが、概ねうまく対策されているのだと思います。それは国民や海外から日本に来た人たちが、それなりの規律を守っていることが大きいのだと思います。未知のウイルスですからね。そんな簡単に対策なんてできないから、基本を徹底が大切なんでしょうね。そのうえで経済を停滞させずにオリンピックを開催・・・政府を含め舵取りが難しいと思います。

さて、諸外国のデータと日本の報道を考えたとき、マスクをしても完全ではないこと、マスクをしていても取ったり、顔を触ったりで感染することを考えると、まずは感染しそうな人混み、特に密室に入らないことが一番の対策かと。その上で、手を洗う回数を増やし、何か触ったあとは、すぐに石鹸で洗う。外出時ですぐに洗えない場合は、アルコール除菌。これが大切かと。特にスマホは汚いので、気をつけること。ドアノブなど、室内に入るときに一番触る場所も注意が必要です。

というわけで、上記だけ守って頑張ってみます。マスクはなかなか手に入らないですが、もうすぐ入るようになりそうなので、今しばらく手元のマスクを節約しながら凌ごうと思います。

アスベスト規制強化へ。大気汚染防止法改正案が閣議決定!!

アスベストは、耐火性能が高く安価だったため、よく使われていました。しかし体に悪いことが発見されたため徐々に規制が入りました。しかし比較的最近まで使われていたことはあまり知られていません。

アスベストを含む建材を使って建てられていた古い建物を解体工事すると、アスベストが飛び散ります。そのため様々な規制がありますが不十分でした。そこで環境省は規制を強化するため大気汚染防止法の改正案をまとめ3月10日に閣議決定されました。

これは業界内ではかなり脅威と捉えられています。改正案では、アスベストを使用したすべての建材を規制の対象にした上で、一定の規模以上(ほぼ全て?)の建物は「アスベストの有無にかかわらず」事前の調査をし、調査結果を都道府県に報告することを義務づけました。見た目大丈夫そう、とかで見逃しを防ぐためです。

そうなると、解体前に見積もり・・・は本当に怖くなりますね。解体代金が高くて解体やめて放置・・・も増えそうです。また調査者なども不足しそうです。良い面では、これらが普及し調査価格やアスベスト除去の工事が安価になる可能性はあります。今後調査を行える人を、三年間で30万~40万人養成する予定だそうです。

改正案が国会に提出され施行されるまでまだ時間があります。その間に対応方法を考えておいた方が良さそうです。

一般人が情報を発信しなくなった弊害

昔はニフティやPC-VANやASAHIネット、アスキーネットなどのパソコン通信が活発だったこともあり、それらのサービスが衰退しても、その頃のユーザーはインターネットに移行して積極的に情報発信していました。JWWなどの建築系ソフトも含めフリーソフトも活発に開発されました。そして市販のソフト会社も、そういった場で情報を集めたり、発信したりしていました。自社で掲示板を運営したり、ユーザー会を積極的に開催していた会社もありましたね。日本がまだ元気だった時代です。

しかし時代は進み、古きネット社会は廃れ、2chに代表される巨大掲示板を経て、まとめサイトなど広告収入さえ得られれば何でも良い、という時代に進みつつあります。ブログ文化も廃れ、SNS全盛とはいえ、電話や実際に会うコミュニケーションがLINEなどに移っただけで、やはり情報発信は減ってきています。まあアフィ的なものや政治的なものなどは、まだ比較的多いようですが・・・。twitterの気軽さが受け、積極的に活用されてはいますが、デマが多くなった気がします。またコピペも蔓延しています。正直、積極的に活用しようとは思えません。

変な発言や間違えた情報を発信すると叩かれるし、メリットを感じられないのもあるのかもしれません。しかしせっかく自由に発言出来る場がネット上に確保されたわけですから、もう少し活用したほうが良いような気がします。別に良いことを書こうと思わなくてもいいと思います。

ブログサービスや無料ホームページサービスの相次ぐ廃止で昔からの良い情報もネット上から消えつつあります。それらをうまく継承し発展させていかないと、なんか悲しい未来が思い浮かびます。実際、東日本大震災を取り上げた一般の方のブログも、かなり閉鎖されて情報がネット上から消えつつあります。JWWの良い情報も消えつつあり、JWWの良さがなくなってきています。そういった情報をまとめて保存するサービスが出来ても良いと思うのですが、商売や個人情報などを考えると難しいのかもしれません。私だって何かあったら、このブログは閉鎖するでしょうし。古い間違った情報が変な影響を与えていることだって否定はできませんので必要かどうかも謎です。

別に個人が情報を発信しなくてもいい、という考え方もありますが、多様性や、個人レベルでの技能、情報が、ネットで共有できることによって、生きるヒントや考えるネタになるのは事実です。最近は、マスクがなければ、すぐにマスクの転売やーが増える・・・などと行動や情報の画一化は目立つような気がします。

なので、いろんな人が考え書き残した事の中に何か人や後生に役に立つことがあれば、残していきたいな、と思います。そういった声が大きくなるまで頑張らねば、と思います。

 

こんなときこそWEB会議!

日本人は会議好き。会議は顔を合わせて・・・というし、その前の事前打ち合わせなど、手間がかかります。新型コロナウイルスによってその打ち合わせ・会議が軒並み中止・延期になり、事業の進行の妨げになってきています。

ただメールだけで・・・というのは難しいので、ネットで会議を行えれば・・・というのが自然の流れです。大手設計事務所に行ったとき、そのシステムが会議室に組み込まれていてビビったのですが、小さな設計事務所にはそんな設備ができるわけもありません。しかしながら無料のものや、比較的安価な物も出てきています。WEB会議などで調べると出てきます。顔をディスプレイやスマホ越しに見ながら打ち合わせができるので、好む方も多いといいます。またビジネスチャットも普及してきています。別に顔を合わすまでもないが、メールのやりとりより集中して審議ができるので、良く知っている離れた仲間内での事前打ち合わせなどに有効です。

いろいろ検討してみようと思います。

テレワーク導入か・・・

日に日に報道が深刻化し、企業の対応も多くなっている新型コロナウイルス。電通本社ビルの全5千人がテレワーク・・・などのニュースが流れるたびに、大きな体力のある会社と零細の差を感じます。

さて、私の事務所は言うまでも無く後者。主に地元民で社員を構成しているので、電車にほとんど乗る必要はない反面、テレワーク化は遅れていました。セキュリティ、守秘義務が大切だということもあります。が、パソコンで仕事が出来るのでテレワークには向くので、これから考えて行かないとな、と思います。

私のノートパソコンだけは、外部からファイアウォール越しに安全に入れる仕組みを導入しています。なので私だけはなんとかなります。この仕組みは特殊な設定と特殊なアプリを組み合わせるだけなので、会社内でセッティングすればノートパソコンならどれでも社内アクセスができるようになります。この仕組みを使うには、専用のノートパソコンを社内に配備しなければなりません。概ねデスクトップのデュアルディスプレイ構成の我が社には頭が痛い問題です。2019年以降導入のパソコンはノートパソコンでリプレイスと決定しているので、2024年までには全パソコンがノートパソコンになり、持ち帰るときの安全性、教育などが終了すれば、在宅テレワークが可能になりますが、まだまだ先のことですし、果たしてその頃には、もう少し良い仕組みが出来ているような気がするのでわかりません。

電話も話し放題の端末を揃えているので、電話打ち合わせも問題はないです。まあテレワークが必要な状況が来てはほしくないのですが、人不足でそのようなことが必要になる・・・と考え整備を進めてきました。果たして・・・。

コロナウイルス対策に「紙石けん」はいかが?

マスクや消毒液など不足気味ですが、そこまでになるか?と日々感じています。そもそも満員電車ではどちらがあっても防ぎきれないと思うのですが(汗)。体調を整え清潔にしていくしかないかと思うのですが。とりあえず花粉症向けのマスクカモーン!!!

さて、屋外で石鹸を使いたいことが出てきます。きたないものを触ったときや、油っぽくなったときとか、においがついたときとか・・・。新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザも心配ですし・・・。やっぱり水だけでは・・・というシーンもあります。そんなときに紙せっけんはいかがでしょうか??

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料]あわふわぞうさんの紙せっけん【せのおりか】5冊
価格:825円(税込、送料無料) (2020/2/19時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しろうさぎ 紙石鹸 ゆうパケット送料込み 【24付き】
価格:1200円(税込、送料無料) (2020/2/19時点)

楽天で購入

 

「紙石けん」とは、紙状に薄く伸ばした石鹸です。海外旅行などに持っていく方も多いと聞きます。最近はあまり見かけませんが、無印良品で若干話題になっていましたね。もちろんネットでも買えます。しろうさぎの紙石鹸は、安価で駄菓子屋さんなどで見たことある方もいるのでは?しろうさぎの紙石鹸は、50~100円くらいで販売されていて8枚程度入っているのでコスパがいいです。サイフに入る薄型コンパクトなのも魅力ですね。屋外で石鹸が必要!というシーンは意外と多いはず。まずは1セット買ってみてはいかがでしょうか?

駄菓子屋なまあずでも、しろうさぎの紙石鹸を近々販売を開始するそうです。低価格なので割れていたりしますが(汗)、きちんと使えます。

マスクがない!!

はい。予想では今週には潤沢にマスクが出回るとのことでした。

しかしながら過度とも思える報道などで、マスクが店に入荷しても、それを待って買う方々が多く、我々が店に行く時間帯には品切れ!というパターンに何度も遭遇します。普段なら山積みの100円ショップや、薬局にもありませんし、コンビニの棚も1箇所だけ何もない空間が・・・。

いうまでもなく、この時期は花粉シーズンであり、花粉症の皆様はマスクが欲しくて仕方がありません。インフルエンザや新型コロナウイルスのように「かからない」可能性があるものに対し、花粉症患者にとっては、花粉は「必ず反応する」ので、深刻です。心配で買い込む気持ちはわからなくはないのですが、現在は転売する方、店でもわざと高額で販売するところがあって深刻です。もちろん、そう遠くない時期に解消されるんでしょうけど、それまでに儲けたいのでしょうね。ネットオークションやメルカリなどの転売だけでなく、海外へ・・・というのもあり事情は思ったより複雑です。何より悲しいのが、楽天ショップなどネットのショップでも、不思議なショップ達が、オークションなどよりも高く販売していることです。楽天が送料問題で揺れているときに、信頼を下げることは謹んでほしいと思うのですが、商売ですからね・・・仕方がないのかもしれません。

しろなまずも、若干の備蓄があるので何とかしのいでいますが、まだ今期は買えていません(3枚入りは1回買えた)。とりあえず、高い転売屋さんや足元を見て商売している人達は相手にしないで、早く正常化することを願います。

 

東京マラソンや天皇誕生日の一般参賀の中止

新型コロナウイルスの蔓延の影響が出てきました。名物ともなった東京マラソンの一般参加は中止になりました。毎年楽しみにしていたり、今年ようやく出走権を得た人などいただろうし残念に思う人が多かったと思います。しかも参加料は返金されない・・・規約にあるようですが相当ショックだと思います。ボランティアや地元の方などの影響も大きいかと思います。東京オリンピックのマラソンは祟られているんでしょうか??他にも天皇誕生日の一般参賀が中止になるなど影響は深刻です。

小さいところでは、電車の混み具合にも影響が出てきたり、飲食店などにも影響がでているようです。ちなみに私は人生初の海外旅行(中国)が中止になりました・・・なので、みんないろいろ影響あるんだ、自分だけじゃないんだよ、と自分を納得させましょう。