建築ニュース」カテゴリーアーカイブ

ウッドショックは、そう遠くない時期におさまるでしょう

ウッドショックがらみで、様々な企業から連絡があります。樹種変更がほとんどですが、値段の話もチラホラ。他国は知らないが、日本人は一斉に動き出す文化?が激しく、マスクのときもそうでしたが、深刻に捉えすぎるうえ、右に倣え的な何か・・・があるんです。実際マスクの高騰は記憶に新しいですが、それほど長くは続かなかった(半年程度か?)。その後の余り具合や一部の国産工場の惨状を見ていると何だかな・・・と感じざるを得ません。

今、業界でウッドショックといっています。実際に手に入りにくくはなっています。しかしプレカット屋さん、材木問屋さんに聞くと、入りにくくなること、高値になることは、それほど恐れていなくて「お客様に納入する期限を守れないこと」を危惧する声が大きいです。

日本は几帳面なんでしょうね。今回のウッドショックも、日本が安値で、品質管理された材木を求めすぎたことから、日本を敬遠されている・・・という話もあります。もちろん多数の業者、職人が協力して建てる木造住宅では、各材料がきちんと供給されることは重要ではあります。

しかしながら、そのあたりがゆっくりな地場工務店さんの工期が遅れながらも当初の材で施工されているところを見ると、それほどのものなのかな?と感じざるを得ません。

数年続くと根拠の無いことを言っている人が多いのも気になります。一部の情報を切り取りyoutubeでアクセス狙いの記事も多いです。もちろん今のままでは長期化しますが、そもそも中国もアメリカも需要増とはいえ、材木の価格が上がりすぎることはデメリットでしかありませんから、改善を要求しているでしょう。日本よりも適確に。現場も増産するでしょうし、何よりも新型コロナが急激におさまっているアメリカや中国において、このまま木材需要が大きくなり続ける根拠ってあるのでしょうか??恐らくそれほど急激には上がらなくなり、そのうち下がっていくでしょう。

この段階で国産材増産、国産材回帰!などと言っていると、国産マスク工場の一部のように設備投資を回収できず、材を余らすことになります。やはり早期に対策というより、慎重に考え、仕組みを作っていくことが先決です。その点ではオープンハウス、ケイアイスター不動産、三栄建築設計の三斜が国産材を安定価格で安定供給することを目的とした日本木造分譲住宅協会の取組は注目に値します。

とりあえず小さな設計事務所としては、普通に対応していきます。もちろん納期に余裕を持って。大手と闘って納入価格やスピードで勝てるわけもなく、何か特別な供給ルートなんてあるわけないわけですから。恐らく価格が安くなりすぎた木造住宅の価格を上げる良い転機になると思います。そう考えて、しっかり設計業務に打ち込むことが重要です。

国産材を使った構造設計に関しても一部ビルダーさんと組んで早期から続けてきました。今さらやることはありませんね・・・。

 

杉材だけで構造計算する訓練をお勧め

ウッドショックが、思った以上に深刻になり、今までの住宅需要が堅調だっただけに、混乱が広がっています。まあ、今までが良すぎただけとも考えられなくもないですが、ピンチには変わりがありません。流れてくる情報は、皆同じ話ばかり。youtuberもここぞとばかりに、したり顔でウッドショックを語っていますが、何一つ響きません。何しろ、全く影響がでていないと豪語する方もいるくらいですから、まだまだ状況が確定しているわけではないのかもしれません。

さて、海外需要の増加により、日本に輸入木材が入ってきにくくなり、需要を満たせないことから値上がりしている現状況。そう簡単に正常に戻りそうにないことは誰の目にも明らかです。木材問屋さんからも説明がありましたし。まあ座って待つわけにもいかないし・・・というところに、集成材で構造設計を終えた建物を柱だけでなく、梁も土台も杉で、という無茶な要望をしてきたビルダーさんがいたので、「無理です」とお答えしました。他にもいろいろありますが、これが一番無茶でした。しかしどれくらい無茶なのか・・・ということで、その物件を杉に変更したら・・・まったくお話しになりませんでした(笑)。そこで、その物件に近い形で、どうすれば計算できるかを検討してみました。作ったモデルが、こんな感じの狭小木造3階建てビルトインガレージ付です。

設計のポイントは、

・車庫上の横架材に耐力壁を持ってこない
・3階の耐力壁小さく
・長スパン横架材上に耐力壁を持ってこない
・バルコニー取り付け部外周壁は耐力壁にしない
・二次梁はできるだけ避ける。三次梁はもってのほか
・総3階、母屋下がりがない整形建物
・柱軸力はできる限り均等に
・めり込みが発生しにくい設計
・小屋梁は、スパンを長くしても、2・3階床梁に負担を増やさない

・・・などです。普段高強度の集成材やLVLを多用することに慣れているので大変です。杉は無垢材ですし、バラツキも大きいので更に注意が必要そうです。今回は無等級材で設計してみました。柱はギリギリ105角が駄目なのでオール120角としました。最大梁成は計算上300。梁せいは意外と頑張りました。梁上に柱や耐力壁があれば、すぐに設計NGになりそうです。ある程度規模がある建物なら、更に耐力壁を分散できますから、もう少し自由な設計ができそうですが、今度はスパンが飛んでしまう・・・。なかなか難しそうですね。

この内容は、動画でまとめましたので見てくださいね。時間がなかったので編集荒いです。

非常に難しい分、構造力学などに精査していないと最適化できませんので、初期の構造計算の学習には、あえて杉で設計してみるのも良いかもしれませんね。

もちろん国産材には、高性能なヒバやヒノキもありますので、これを機に国産材をもっと利用できるような環境が整えばいいな、と思っています。

WBSでウッドショックのニュース

テレビ東京のワールドビジネスサテライトで、27日にウッドショックが冒頭で報道されていました。

まず最初にシカゴの木材先物価格が20年4月に259.80ドルだったものが、21年4月23日には、1372.50ドルと約5倍になっているとの衝撃の冒頭で始まりました。

その後「世界で木材価格が高騰 家が建てられない!?」との衝撃的なキャプションのもと資料映像が流れ、日本でも中小事業者を中心に着工の遅れなどめぐり顧客とトラブルになるケースが相次ぐと紹介されました。

その理由を、アメリカで新型コロナの影響で戸建て住宅が急増していることを挙げていました。リモートワークの普及で自宅からでも仕事ができるようになり、郊外の住宅を欲しがる層が増えているようです。アメリカの新築住宅の販売件数は19年1月には60万件ほどだったものが、100万件近く、つまり1.5倍ほど2年ほどで増えているものをグラフで紹介していました。またワクチン接種の広がりで景気回復への期待感も一因といえるのでは?と解説していました。

過去のウッドショックの紹介もあり、90年代に絶滅危惧種のフクロウ保護で森林伐採規制が進み木材供給不足に陥ったり、08年のリーマンショック前の住宅建設ラッシュで木材価格が上昇した例を挙げていました。

外国産の輸入木材が高騰、入手できないということで、ほとんど空っぽの倉庫が紹介され、その影響で国産材に需要が殺到している・・・との流れで進みます。国産材も1ヶ月で三割ほど値上がり・・・とキャプションがうたれていました。

その後、製材業者の話で、木材がないので採算度外視で買っている感じとのコメントも。今後も木材が値上がりし、ひいては住宅が値上がりしていくことを示唆しているようでした。大手デベロッパーなど三社が国産木材の利用促進を目的に協会を設立する動きなども紹介されていました。

その後はWBSらしく物価上昇はどうなるか?との関連で話が進みました。

深刻な影響・・・というより現状を簡潔に紹介する程度の内容に留まり、他の業界の人がみたら、そんなに深刻・・・には感じなかったと思います。感じ方は人それぞれですが、とりあえず現状を、という感じでした。

ただ先物価格をみても、当分不足感・高騰は続くような気がします。環境に合わせて動いていくしかないので、引き続き情報入手・分析に力を入れていこうと思います。

 

材木屋さんやプレカット屋さんと情報交換

はい。日に日に深刻になる、材木不足。昨日は激務の合間を縫って情報交換を行ってきました。

プレカット屋さんの情報によると、現場レベルでの大きな問題は

・いつ、どの樹種が入荷してくるか?わからない

・全体的に不足気味で、どの樹種・製材も値上がり傾向

です。不足だから値上がり、在庫があるものに走るから、そちらも値上がり・不足に陥る・・・

ということで、どの樹種が安全に確保できるか?というのはわからないとのこと。

もちろん大量に使われる、ホワイトウッド、レッドウッド、ベイマツなど集成材にする輸入木材が不足しているという前提ですが。

その、いつ、どの樹種が・・・というのが問題で、構造設計者やビルダーはたまったものではありません。ただ値段よりも納期を優先したい場合があるので、図面にはできるだけ設計変更しやすい樹種をしていするのがポイントのようです。先日は、施主さま了解の元、柱:スギ、梁:ベイマツ、垂木・母屋・間柱等:スギで、設計仕様を書きました。もちろん変更の可能性あり、との一文を明記。その物件は平屋だったので助かりました。高強度が求められる耐震等級3の住宅などでは、指定集成材でないと設計できないことも多いので、今後が不安です。

建築資材全般も取り扱う営業さんとの情報交換によると、材木だけではないとのこと。構造用合板もそのうち不足になるとのこと。それはスギなど針葉樹(合板の材料)が、材木としても使われる(当たり前だが)わけで、その製材需要が増えると足りなくなるのは彼らから言うと火を見るより明らかなようです。合板も現在の木造では大量に使われる物なので心配です。他に、現時点でその問屋さんだと、便器やエコキュート、火災警報器などが品薄になってきているそうです。またコロナ関連では非接触タイプのセンサー、スイッチなども需要増で品薄になりつつあるようです。

そんなわけで、構造材だけの問題では無くなってきているようで、住宅・リフォーム需要が比較的堅調なだけに不安です。

1級建築士学科試験合格速報

新受験制度になって、初めての1級建築士試験。新型コロナウイルス状況下でも学科試験が7月12日に行われ、本日9月8日に学科試験の合格発表がありました。6295名合格したそうです。おめでとうございます。

今年は新受験制度になり受験者が急増すると思われましたが、30409名の受験者ということで、令和元年の受験者数より約5千人増加しました。昨年まで受験が出来なかった23才以下も全体の10.6%もおり、新卒等の新たに受験資格(合格資格ではない)を得た方々も積極的に受験したことが垣間見えます。

合格率は20.7%。昨年の22.8%に比べて狭き門となりましたが、平成27~28年は19%以下だったことを考えると比較的甘い合格率だったのではないでしょうか?そのせいか、合格基準点も88点と近年希に見る低さで、合格しやすかった年といえるのではないでしょうか?また環境設備が例年に比べて難易度が高かったり、問題自体も例年に比べて難しかったようです。日建学院では合格基準点を90点としており88点以上を製図対策開始を推奨していたので、概ね予想通りということでしょう。TACは合格基準手を89点としており88点以上が受験対策開始を推奨しており、多くの準備していた人が喜べた結果となったようです。

まさか、ここまで新型コロナの収束の時間がかかると思われませんでしたが、製図試験は更なる対策が必要です。コロナ対策も十分に講じて臨んでほしいものです。

Small worlds tokyo

はい始まりました。混雑すごいんだろうな・・・

Small worlds tokyo

早い話、ミニチュア都市のテーマパークです。

事前の案内など見ましたが凄いです。行きたいです!!

 

「なまずくの耐震事件簿」のLINEスタンプ公開されました!!


なまずくの建築設計&日常スタンプ – LINE スタンプ | LINE STORE

なまずくの建築設計と日常会話で使えるスタンプです。

 

ネットラジオ「Catfishなおうち」開始しました

昨晩突如オープンさせました。youtuberもいいかな?と思ったのですが、編集大変だし、最近参入者異常に多いし・・・。

spotifyで公開しています。spotifyは音楽提供サービスというイメージが大きいと思いますが、podcastも手軽に公開できるので、最初は!ということで。

WordPressのシステムを使っているので音声ファイルは神経を使いますね・・・。正直よくわかりません。VideoStudioを使い慣れているので、編集は簡単です。万が一、youtubeに流すときも画像を簡単に付けられますからね。その代わり音声のファイル形式の選択肢は貧弱・・・。どのようにすればパケットが少なくてすむのか?かなり悩みますね。今は試行錯誤の段階です。

youtubeに比べて製作時間が短いのがいいですね。そのかわり慣れないと肉声なので喉がいたくなります。第1回配信も12分あたりから声が若干かすれてますね・・・。youtubeに比べて手を止めないで作業中にも聴ける音声の強みを活かした内容を作っていくことが課題です。それにしても自分の声を聞くのは恥ずかしいものです。

新型コロナは病気というだけでなく、経済などにも大きな影響をあたえています。一刻も早くワクチンができて沈静化することを願っています。しかし悪いことだけでなく、いろいろ考えたり、普段じゃできないことに挑戦できたり、と人間の可能性を感じますね。私も一歩進むためにネットラジオを始めます。内容は、なまあず日記styleとあまり変わらないつもりですが、音声を活かした内容にしていこうと思います。音声マニュアルなんてのも考えていますので、よろしくお付き合いくださいませ。

 

アスベスト規制強化へ。大気汚染防止法改正案が閣議決定!!

アスベストは、耐火性能が高く安価だったため、よく使われていました。しかし体に悪いことが発見されたため徐々に規制が入りました。しかし比較的最近まで使われていたことはあまり知られていません。

アスベストを含む建材を使って建てられていた古い建物を解体工事すると、アスベストが飛び散ります。そのため様々な規制がありますが不十分でした。そこで環境省は規制を強化するため大気汚染防止法の改正案をまとめ3月10日に閣議決定されました。

これは業界内ではかなり脅威と捉えられています。改正案では、アスベストを使用したすべての建材を規制の対象にした上で、一定の規模以上(ほぼ全て?)の建物は「アスベストの有無にかかわらず」事前の調査をし、調査結果を都道府県に報告することを義務づけました。見た目大丈夫そう、とかで見逃しを防ぐためです。

そうなると、解体前に見積もり・・・は本当に怖くなりますね。解体代金が高くて解体やめて放置・・・も増えそうです。また調査者なども不足しそうです。良い面では、これらが普及し調査価格やアスベスト除去の工事が安価になる可能性はあります。今後調査を行える人を、三年間で30万~40万人養成する予定だそうです。

改正案が国会に提出され施行されるまでまだ時間があります。その間に対応方法を考えておいた方が良さそうです。

一級建築士試験の合格発表

異例だらけの今年度の試験の台風組の合格発表がありました。合格者の皆様おめでとうございます。

言うまでもなく台風で延期になった地域があり、先に試験が終わっていた地域との合否の差など注目されていました。

とはいえ、10月13日は29会場、12月8日は27会場とはいえ、東京等を含んでいたので再試験組のほうが人数が多かったです。とはいえ10月13日が4214人受験、12月8日が5937人受験と、とてつもなく差があったわけでもなく、比較的人数の公平さは保たれていたと思います。

では結果はどうか?10月組は、36.6%、12月組は、34.2%と予想通り、10月組のほうが合格率が2.4%も高いです。まあ例年の傾向から仕方がないのですがそこそこ差がありました。試験問題も違うわけですがギリギリ誤差の範囲かなと思います。もし誤差の範囲で落ちる・・・ということを防ぎたいなら、毎年の都道府県別の合格率の高いところでどうぞ。実際は地の利や天気も影響するのでそれでなんとかなるとは思いませんが・・・。

平成29年を除けば合格者は3500~4000の間で推移しておりました。今年は学科試験がアレだったので、製図受験者数は久しぶりに1万人を超えました。その反動もあり製図は35.2%と例年40%付近だったのに大幅に下落して合格人数のバランスをとっています。結果、合格者数は例年より少なめといった感じになります。総合合格率は12%(例年並み)だったので、相変わらずバランス重視の試験だなと思います。

男女別合格者比率は、男:女=72:28です。理系資格の中では元々女性比率が比較的高いイメージがありましたが、やっぱり少ないですね・・・。もっとも男女言っている前に、建築を目指す人を増やさなければダメなんですが。

10月組も12月組も試験内容が比較的オーソドックスだったこともあり、それほど当落に意外性はなかったようです。ただし合格発表が2月にずれ込んだことと、オリンピックで来年度の学科試験が早まることで、今年落ちて学科にリターンした人達は圧倒的に不利となります。何しろ試験制度改正で新たな若い受験者が増えますからね・・・。

 

大和ハウス工業の実務経験不足の施工管理技士 合格取り消しへ。

実はいろんな事情が込み入って業界の方々は、ライバル企業であってもたたき合いにしたくないのでしょう。重大さの割に話題があまり上がってきません。

普通に考えれば、受験資格を満たさないのに、会社がOKを出して受けさせれば「偽装」などと言われてしまうのだが、ニュースで見ると実務経験不足・・・のような「やわらかい表現」になってしまいます。実際、会社の印鑑があれば受験できると勘違いしていた人もいたみたいです。しかし表現のやわらかさに対し、受けた制裁は非常に大きく、この349名は合格取り消しのうえ、三年間受験禁止という厳しい措置が執られます。つまり事は重大なのです。

しかし、1988年から30年余りも続いていたので、果たしてその方々、偽装や実務経験不足を自覚していたかは疑問。当たり前の状態になっていたんでしょうね。でも転職者もいるでしょうし、意図的に・・・の人もいたかもしれませんので、完全に会社だけの努力で防ぎきるのは難しいかもしれません。

ちなみに、会社も従業員も得になってしまうので、この手のことが表にでにくいのが事実で、どうやってわかったのかな~と思ったら内部告発でした。内部の通報を受け、社内調査を実施した結果判明したそうです。正確性はともかく、これだけの人数が関わったとなれば、他の会社は・・・とか他の資格は・・・と思われても仕方がありません。たぶん、大手は自主的に調査をし始めると思います。

そうなると管理社会が更に進行して・・・という怖いシナリオが進行しそうです。どうなることやら・・・。